「林原めぐみ」タグアーカイブ

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』ゲスト声優・市村正親がミュウツー再び!&最新予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 1998年公開、記念すべきポケモン映画シリーズ1作目となる「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」。

人間の手によって生み出されたミュウツーが心に抱える「葛藤」、そして自分を生み出した人間への「逆襲」という、ファミリー向けの作品としては異例のテーマを掲げた作品だったにも関わらず、公開されるやいなやアニメーション映画として1998年の年間興行収入ランキング1位に輝くなど記録的な大ヒットとなりました。

その後、世界各国で次々と封切られ、日本のみならず世界中が夢中に!全米においては、日本映画興行収入歴代1位の記録を未だに保持するなど、ポケモン映画シリーズの中でも燦然と輝く伝説的な作品となっています。そんな伝説の映画がフル3DCGとなり、「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」として7月12日(金)に公開となります。

そしてこの度、本日より全国の映画館で掲出される最新ビジュアルと最新予告映像が解禁となりました。さらに日本を代表する名優・市村正親がゲスト声優として、帰ってくることが明らかに…!
1998年公開のポケモン映画第1作に引き続き、最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン・ミュウツー役を演じます。

予告映像では、今まではその全貌をみることのできなかったフル3DCG版のサトシとピカチュウ、多くのポケモンたちのビジュアルが初解禁となりました!これまでのポケモン映画とは一味違った、新しい姿を垣間見ることができ、当時熱狂した人も、まだ「ミュウツーの逆襲」を観たことがない人も、公開が待ちきれない大迫力の映像となっています。

予告① 


特報② 


映画情報どっとこむ ralph また本発表に際し、市村正親のコメントが到着。
二度目の出演となるポケモン映画への意気込みや、ミュウツー役への思いが詰まったコメントになっています。

市村正親コメント
みなさんの伝説である、あのミュウツーがさらに進化して帰ってきます。今回、新たに自分の中の“ミュウツー魂”を呼び起こして演じました。21年ぶりに蘇った今回の「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」はポケモン映画初となる全編フル3DCGで描かれています。1作目を観た人も、観ていない人も…すべての人に伝説のポケモン“ミュウツー”のパワーをお届けしたい!来たれ、映画館に!

映画情報どっとこむ ralph 「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」

7月12日(金)全国東宝系にてロードショー!

公式サイトURL:ポケモン映画公式サイト 
www.pokemon-movie.jp


ストーリー
全世界に告ぐ――原点にして、最高峰。

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。「ここはどこだ…。わたしは誰だ…。」最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン。その名もミュウツー。存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していく――。
「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」ついに、あの完全不朽の名作がフル3DCG映像で、2019年夏、世界中にSTRIKES BACK!!

***********************************


キャスト・スタッフ クレジット
声の出演:サトシ/松本梨香 ピカチュウ/大谷育江
ムサシ/林原めぐみ コジロウ/三木眞一郎 ニャース/犬山イヌコ ナレーション/石塚運昇
特別出演/市村正親
原案:田尻 智
監督:湯山邦彦・榊原幹典
脚本:首藤剛志
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト


地球を守ってきた最強声優陣集結、コメントも!『パシフィック・リム:アップライジング』


映画情報どっとこむ ralph 日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月13日(金)に日本公開いたします。

この度、数々のロボットを乗りこなし地球を、日本を守ってきた史上最強布陣が集結!
空前絶後の超絶豪華な第一弾日本語吹替キャストを発表となりました!!
前作でパイロットの座を勝ち取り人類を救う英雄となった菊地凛子演じる森マコには林原めぐみさん、

林原さん:まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました。

KAIJUの脳とのドリフトという荒業で勝利への突破口を切り開き本作でも物語を重要なカギとなるニュート博士には古谷徹さん、

古谷さん:再びニュート博士を演じられて嬉しいです!チャーリー・デイは喜怒哀楽が激しい個性的な演技をする俳優さんで、演じがいがあります。ますます磨きがかかった僕の怪演にご期待ください!

気難しくも天才的な分析を見せ本作でも獅子奮迅の活躍を見せるハーマン博士には三ツ矢雄二さんが前作に引き続き続投決定!!

三ツ矢さん:パート2なので、あれからどんな話が続くのか、楽しみにしていました。思いの外、たくさん喋っていて、体力を使いました。ちょっとクセのある変わったキャラクターなので、なにか味がでるといいな、と思っていましたが、セリフの量が多くて、しゃべるのだけで必死になってしまい、自分の個性で勝負、という感じになってしまいました。日本の専売特許だった『カイジュウ』が世界ブランドとして登場します。大人も子供も楽しめる作品です。ぜひご覧になって下さい。

日本声優界を代表する方々が再び集結なんです!


そして本作からの新キャストは、主人公ジェイク・ペントコストには、「マクロスF」早乙女アルト役/「機動戦士ガンダム00」グラハム・エーカー役の中村悠一さん!そのジェイクの相棒でありエースパイロットのネイサン・ランバート役には『ワイルド・スピード ICE BREAK』でもスコット・イーストウッドの吹替を担当し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』で古代進の声を務める小野大輔さん!イェーガーは2人のパイロットが神経接続し意思統一する”ドリフト”によって操縦することのできる胸アツシステムを搭載しており、一心同体となってイェーガーに乗り込む超強力タッグのコンビネーションを中村悠一&小野大輔がどう演じるかに注目が集まります!

中村さん:デル・トロ監督とはまた違った「わかってるなぁ」感満載の本作、収録も楽しみながら、キャスト一同全力で挑ませて頂きました。イェーガーやKAIJUが入り乱れる迫力の映像は是非とも劇場で観ていただきたいです!

小野さん:前作のスケールの大きさ、面白さ、想いをバッチリ引き継いだ今作。とにかく熱くて楽しかったです。ぜひ劇場で心を1つにして、共にイェーガーに乗り込んでいただければと思います。

とコメントを寄せ、東京を蹂躙するKAIJUとの激戦に臨んだ熱い想いを明かしています。

映画情報どっとこむ ralph そのほか、本作から参戦する新キャスト達として、独自にイェーガーを作り上げる謎の少女アマーラ役には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ララァ・スン役早見沙織さん!

早見さん:「パシフィック・リム」の続編に出演させて頂けることをとても嬉しく思います。臨場感溢れるイェーガーのアクションシーンは、アフレコの時も手に汗握りました。ぜひスクリーンで、大迫力の映像をお楽しみくださいませ。

イェーガーの整備や指揮ラインの管理でパイロットを支えるジュールス役には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」真希波・マリ・イラストリアス役の坂本真綾さん!

坂本さん;ジュールスはとにかく美しいです。同じ女性から見ても惚れそうなほど。公開がスタートしたら私もぜひ劇場の大きなスクリーンで、改めてじっくり楽しみたいと思っています!

そして、イェーガーの開発に尽力するシャオ産業の才媛・リーウェン役には魏涼子さん、

魏さん:華やかな声優の皆様に囲まれて収録する事が出来、とても幸せな時間でした。ここだけの話、一ヵ所だけ中国語でガヤを収録してもらえましたが、使って頂けるかな…!?どうぞお楽しみに~!


新たな司令官的な役割を担い辣腕を振るうチュアン役には子安武人さんと、

子安さん:ロボット・怪獣・SF・バトル。大好きな要素テンコ盛り、面白いに決まってる!頭カラッポで興奮しまくろう!!


映画情報どっとこむ ralph 盤石すぎる布陣!しかし、今回発表はあくまで”第一弾”だそうです。

ということは第二弾待ち遠しい!

字幕で観るか?日本語版で観るか?迷う? 両方観ちゃいましょ!

パシフィック・リム:アップライジング

公式サイト:
pacificrim.jp

公式Twitter:
twitter.com/PacificRim_JP

戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!先日、主要キャストと監督の来日、さらにファン待望のジャパンプレミアの開催が発表され大きな話題を集め、2018年の春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか

全米公開:2018年3月23日(予定) 
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】© Legendary 2018. All Rights Reserved.
   


キミの推しポケモンは!?夏の劇場版公開に向け特番3連発キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 今年の4月1日(土)にテレビアニメの初回放送から20年目を迎え、夏の公開7月15日(土)までのカウントダウンが始まった、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。
3月に解禁した第一弾予告映像がYouTubeで350万回再生に達するなど、ポケモンが大好きな子供たちだけではなく、かつての「ポケモン映画経験者」など幅広い年齢層から、記念すべき20作目への期待が寄せられています。


そんな20周年記念作品を盛り上げるべく、ポケモンファン感涙の特番企画が続々と決定しました!

1998年公開の劇場版1作目「ミュウツーの逆襲」から、昨年公開の「ボルケニオンと機巧のマギアナ」までの19作品の中から、自分の推し映画の投票を募り、人気のあった作品を映画公開2日目の7月16日(日)25時35分(=7月17日(月)1時35分)からテレビ東京で放送します(他全国各地区でも放送予定。選ばれた作品はポケモン映画公式サイトでお知らせします)。

投票方法は、ポケモン映画公式サイト、もしくはTwitterでハッシュタグ「#キミにきめた #推しポケモン映画 #(投票する映画タイトル)」をつけてツイートするだけ(期間は6月23日24時まで)。しかも投稿されたメッセージは放送中に紹介される可能性もあります!昨年の映画公開時に実施した、映画館でもらえるポケモンを投票形式で決定する「ポケモン総選挙720」に続く投票企画で、ポケモンファン感涙の企画となっております!

映画情報どっとこむ ralph 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公開記念 夏のポケモン特番3連発

①<推しポケモン映画ナンバーワンはキミにきめた!> 
これまでに公開された長編19作品の中から人気の作品を放送。キミの推すベストポケモン映画を投票して決めよう!
※投票期間:6月16日(金)24:00(=6月17日(土)0:00)~6月23日(金)24:00
◆テレビ東京 7月16日(日)25:35~27:20(=7月17日(月)1:35~3:20) ※ほか順次全国で放送予定
投票可能なポケモン映画一覧
1998年「ミュウツーの逆襲」
1999年「幻のポケモン ルギア爆誕」
2000年「結晶塔の帝王 エンテイ」
2001年「セレビィ 時を超えた遭遇(であい)」
2002年「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
2003年「七夜の願い星 ジラーチ」
2004年「裂空の訪問者 デオキシス」
2005年「ミュウと波導の勇者 ルカリオ」
2006年「ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子 マナフィ」
2007年「ディアルガVSパルキアVSダークライ」
2008年「ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ」
2009年「アルセウス 超克の時空へ」
2010年「幻影の覇者 ゾロアーク」
2011年「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/ビクティニと白き英雄 レシラム」
※「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」と「ビクティニと白き英雄 レシラム」は個別に投票が可能
2012年「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」
2013年「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」
2014年「破壊の繭とディアンシー」
2015年「光輪(リング)の超魔神 フーパ」
2016年「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」


②<『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』> 全国地上波で初放送!>
◆テレビ東京   7月8日(土)12:30~ 
◆テレビ大阪   7月9日(日)11:00~
◆テレビ愛知   7月8日(土)12:35~ 
◆テレビ北海道  7月8日(土)19:00~
◆テレビせとうち 7月8日(土)12:00~ 
◆TVQ九州放送 7月9日(日)13:00~ 
◇ほか全国33局で放送決定!

③<映画公開直前に盛り上がろう!超スペシャル番組 『キミにきめた!を観て 友情&本気スイッチ』>
 ◆テレビ東京系列 7月13日(木)17:55~19:25
※詳しくは映画公式サイトをご確認下さい(www.pokemon-movie.jp)
ポケモン映画の数だけ、思い出の数がある・・・。

映画情報どっとこむ ralph そして7月15日公開、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。

20年前に放送されたアニメ初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。

「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」

とふたりが誓った約束の続きが、完全オリジナルストーリーで描かれる本作。

まだ誰も見たことのない映画の内容に早くもファンの中では話題沸騰となっています。そんな本作で描かれるのは「世界一のポケモンマスター」を目指し、ホウオウに会うため旅立ったサトシとピカチュウが、本当のパートナーになるまでの成長物語。共に旅をする仲間やライバル、そして今年の映画で初めて登場する幻のポケモンもお目見えし、まさに劇場版でしか観ることのできない、20作目に相応しい感動超大作となります。

ものがたり・・・
全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

2017年7月15日(土)全国ロードショー

***********************************


特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太

サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ 
ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長  
脚本:米村正二  
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合  
音響監督:三間雅文  
音楽:宮崎慎二 
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト
     


パリ「Japan Expo」で劇場版ポケットモンスターワールドプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph 今年の4月1日(土)にテレビアニメの初回放送から20年目を迎え、早くも夏の公開までのカウントダウンが始まった、映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。

2017年7月15日(土)全国ロードショーよなります!

3月に解禁した第一弾予告映像がYouTubeで340万回再生に達するなど、ポケモンが大好きな子供たちだけではなく、かつての「ポケモン映画経験者」など幅広い年齢層から、記念すべき20作目への期待が寄せられています。

そんな、今年の夏の興行を席巻すること間違いなしの「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」がこの度、フランス・パリで行われる「Japan Expo」でワールドプレミアを開催することが、本日行われた記者会見でJapan Expo創始者のトマ・シルデから発表されました!

映画情報どっとこむ ralph イベント概要
名称:「Pokémon, le film : Je te choisis !」avant première mondiale
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」ワールドプレミア
会場:パリ・ノール・ヴィルパント展示会会場 YUZUステージ
実施日:7月6日(木)


CEO トマ・シルデ氏 コメント
ポケモン映画20周年記念作品のワールドプレミアを、Japan Expoで開催してくれることを光栄に思います。しかも20作目となる本作は、サシャ(フランスでの主人公名。日本では「サトシ」)とピカチュウの出会いから始まる物語ということで、Japan Expoのお客さまにもきっと喜んでもらえると思います

映画情報どっとこむ ralph 「Japan Expo」は2000年からフランス・パリやマルセイユ、アメリカ・サンマテオなどで開催している、漫画、アニメ、ゲーム、音楽などの日本文化をテーマにした総合博覧会で、今年で18年目を迎えます。昨年の来場者は23万人を超え、世界最大規模の日本ポップカルチャーイベントとして名高く、2009年にはヨーロッパで日本文化を普及させた功績を称えられ、日本の外務省から外務大臣賞を贈られました。そしてこの度、ゲーム、アニメ、映画、そして更には『ポケモン GO』の大ヒットにより、ポケモンが社会現象となっているフランスで、7月6日(木)から9日(日)に開催される第18回「Japan Expo」のオープニングナイトに、4000人収容のYUZUステージで、この日のためだけに用意された仏語字幕版でのワールドプレミア開催が決定。Japan Expoでの新作長編映画の上映イベントは、本作のみとなります。

劇場版1作目から携わっている湯山邦彦監督と、主人公・サトシ役の松本梨香も渡仏して、上映後のトークイベントを予定しています。ポケモン映画、20作目にして初めてのワールドプレミア。20作目から始まる新たな一歩を象徴する記念すべきイベントにご期待下さい!
映画情報どっとこむ ralph
監督・湯山邦彦 コメント
20年間の積み重ねを凝縮した、懐かしくて新しい…、そんなポケモン愛がつまった映画を目指した本作ですが、フランスのファンの前でワールドプレミアを開催できるということで、大変嬉しく思っています。またとない機会ですので、フランスの皆さん、一緒に楽しみましょう!

サトシ役・松本梨香 コメント
ワールドプレミア、素敵すぎる(^_^) 20年走り続けさせてくれたポケモン。そのご褒美なんじゃないかって、聞いた時に嬉しく思いました。フランスのみんなと「めざせポケモンマスター」を
一緒に歌えるのを楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!


2017年7月15日(土)全国ロードショー

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太

サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長
脚本:米村正二  
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二  
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト
    


林原めぐみさんがナレ予告解禁『LUCY/ルーシー』


映画『LUCY/ルーシー』が、8月29日(金)より公開となりますが
『LUCY/ルーシー』ポスタービジュアル この度、人気声優・林原めぐみさんのナレーション入りTVCM映像を解禁となりました!!!

ナタリー・ポートマン(『レオン』)、アンヌ・パリロー(『ニキータ』)やミラ・ジョボヴィッチ(『フィフス・エレメント』『ジャンヌ・ダルク』)など、後世に残るヒロインを描き続けてきたベッソン監督が手掛ける最新作は、脳が100%へ向かって覚醒することで、人智を超えた能力を発揮するヒロイン・ルーシーが活躍するアクション・エンターテインメント。

LUCY_sub3
LUCY_sub1『アベンジャーズ』のスカーレット・ヨハンソンが最強のヒロイン・ルーシーとしてアクションシーンを華麗に演じ、さらに、モーガン・フリーマンが、ルーシーの存在を見守る脳科学者役として脇を固めています。

今回公開されるTVCM映像「制御不能編」は新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの綾波レイ役など、強く儚い女性を数多く演じてきた林原めぐみさんがナレーションを担当。

林原さんは「私の脳は、目覚めてしまった。」と、スカーレット・ヨハンソン演じるルーシーの視点でナレーション。覚醒が進むにつれ、暴走し、未知なる領域に足を踏み入れていくルーシーとして、「私の人間性が失われていくー。」と語りかけ、強い印象を残しております。

LUCY
本映像は8月23日(金)より地上波にてオンエア開始予定です。

では、ご覧ください!



『LUCY/ルーシー』
8月29日(金) TOHOシネマズ 日本橋 他、全国ロードショー

公式サイト:http://lucymovie.jp/

********************************************************************


【STORY】

人類の脳は10%しか機能していない。
100%に向かって覚醒した彼女は、破滅か、それとも、救いか。

ごく普通の生活を送っていた女性ルーシーは、ある日マフィアの闇取引に巻き込まれてしまう。
密輸のため、彼女は体内にある物質の入った袋を埋めこまれるが、体内で漏れ出すアクシデントによって、彼女の脳は突如覚醒し始めるのだった。

「頭脳拡張20%」――驚異的なスピードで言語をマスターする。
「頭脳拡張40%」――目に見えない電波をコントロールし始める。


脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中、次々に人智を超えた能力を発揮するルーシー。しかし一方で、次第に人間性を失っていく彼女は自分自身でさえもコントロール不能な状態となって暴走していく。彼女の存在は人類を救うのか、それとも破滅へと導いてしまうのか。

――やがてルーシーの脳は100%覚醒へと近づいていくのだった。

監督・脚本:リュック・ベッソン
出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン 他
(c)2014 Universal Pictures
年齢区分:PG12
配給:東宝東和