「板尾創路監督」タグアーカイブ

映画『火花』山形国際ムービーフェスティバルに 板尾創路監督が登場!


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路さんの手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開となります。

そして先日完成披露試写会が行われ感動の声が続々と寄せられ始めている中、11月10日(金)から開幕した第13回山形国際ムービーフェスティバルに『火花』が招待作品として参加しました!

第13回山形国際ムービーフェスティバル招待作品『火花』
11月10日オープニングセレモニー
11月11日上映舞台挨拶
登壇:板尾創路監督

映画情報どっとこむ ralph 前回の映画祭でもNetflix版の「火花」全10話を3日間に亘り上映するなど『火花』の応援体制が整っていることから今回の映画祭への参加が決定。

今回、スタッフ・キャストを代表して10日に実施されたオープニングセレモニーと本日の舞台挨拶に板尾創路監督が登場。

監督が特別上映に駆け付けたファンと一緒に映画を鑑賞したいとのことで急遽、客席で映画を鑑賞することに。

MCの呼び込みで客席から舞台上に登壇すると大きな歓声が上がり・・・

板尾監督:今回は客席でお客さんと一緒に観たので、それぞれのリアクションに注目して観ていました。隣に座っていたおばさんが笑ってくれていて嬉しかったです。山形にはドラマの撮影や、若いころの舞台公演でも何度か来たことがあります。昔、ドラマで山形のさくらんぼ農家の役をやったのですが山形の方言があまりにも難しくて…。でも、すごく親しみやすい、かわいらしい方言だなというイメージがあります。昨日も山形の名産である玉こんにゃくを食べて、本当においしかったです。映画祭の実行委員のかたも本当に日本映画を盛り上げようとしてくれている素晴らしい人たちばかりで、来年になったらすぐにでも山形を訪れたいです。

『火花は』自分でも観るたびに感動するタイミングが変わる映画だと思っています。今日はエンドロールで映画に出演してくれた、たくさんの芸人たちの名前が出てくるのを観て泣きそうになりました。なので1回といわず、2回、3回と楽しんでいただければ光栄です。

映画情報どっとこむ ralph 映画を観た山形のファンからも板尾監督に大きな賞賛の拍手が送られ、映画『火花』の感動の波が今、日本中に広がります!

映画『火花』

11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー


物語・・・

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に
「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。
しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

***********************************

出演:菅田将暉、桐谷健太 木村文乃 川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)


『火花』ロケ地吉祥寺駅前広場のイルミネーション点灯式に板尾創路監督登場!


映画情報どっとこむ ralph ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路の手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開となります。

そしてに『火花』で徳永と神谷がともに才能を磨き合った街、吉祥寺にて駅前広場のイルミネーション点灯式が開催されました!
今回、吉祥寺が映画『火花』のロケ地であったことから武蔵野市とのコラボが実現!駅前広場のイルミネーション点灯式にスタッフ・キャストを代表して板尾創路監督が登場しました!

吉祥寺駅前広場のイルミネーション点灯式
日付:11月3日(金・祝)
ゲスト:板尾創路監督

映画情報どっとこむ ralph 会場に集まった200人の観客と一緒にカウントダウンを行い、高さ13mの巨大ツリーをはじめ、吉祥寺の駅前のイルミネーションがきらびやかに輝くと大きな歓声が上がりました。

今日11月3日は武蔵野市制70周年の記念すべき日で、吉祥寺駅前広場のイルミネーションは昭和62年(1987年)の吉祥寺駅前広場の完成を機にスタートし今年で31年目を迎えます。徳永と神谷のように夢を追いかける若者たちの街・吉祥寺の夜を、今年は“火花”のような温かみのあるイルミネーションが照らします!

板尾創路監督コメント
「こうしたイルミネーションの点灯式に参加するのは初めてだったのですが、無事に点灯して本当に良かったです。映画『火花』は原作の舞台が吉祥寺ということで撮影でも何度か足を運ばせてもらいました。吉祥寺は若い人が多くて元気で楽しそうな原作のイメージ通りの街だと感じています。駅前の交番で徳永(菅田将暉)と神谷(桐谷健太)が待ち合わせをするシーンを撮影したのですが、やはり人気者の二人ということでギャラリーが増えてしまったのを見て、警察の方が撮影の合間に二人を交番の奥にかくまってくれました。吉祥寺は本当にいい人が多い街だなぁと思いました。勇気がもらえる、心が温かくなる本当にいい作品が撮れたと思っております。特に漫才シーンで感動できると思うので、吉祥寺オデヲンでも公開されますので是非、ご覧になっていただければと思います。」

映画情報どっとこむ ralph 11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー

物語・・・
若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。

しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。


漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】を若手No.1俳優・菅田将暉が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人【神谷】を演技派俳優・桐谷健太が演じることでも話題沸騰の本作!ヒロイン【真樹】には話題作への出演が続く女優・木村文乃、さらに「漫才コンビのツッコミ役は、ボケ役よりも高度なお笑いの技術が要求されるため、経験者を入れたい」という板尾監督のこだわりにより、【徳永】と漫才コンビ「スパークス」を組む【山下】役には川谷修士(2丁拳銃)、【神谷】と漫才コンビ「あほんだら」を組む【大林】役には三浦誠己といった二人がキャスティングされ、本格的な漫才シーンにも注目が集まっています。

***********************************

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)
出演:菅田将暉、桐谷健太
木村文乃
川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範


『火花』京都国際映画祭 桐谷健太、三浦誠己、板尾創路監督 レッドカーペットに参加


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路の手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開されます。

京都国際映画祭2017オープニングイベント
日付:10月12日
場所:京都・西本願寺
参加者:桐谷健太、三浦誠己、板尾創路監督

そして10月12日に京都・西本願寺にて開幕した京都国際映画祭2017のオープニングイベントに、主演の桐谷健太、相方大林役を演じた三浦誠己、板尾創路監督が登場!

国宝に指定されている唐門の前でフォトセッションとマスコミの取材を受け
神谷役:桐谷健太コメント

「『火花』は僕にとっても大切で素敵な作品になりました。一人でも多くの方に見ていただけたら嬉しいなと思います。大阪出身で京都もよく来ていたので、(京都国際映画祭で)関西の方たちにいち早く映画を観ていただけることになって本当に嬉しいです。京都の人は笑いに厳しいと伺っているので、この映画をみてどう感じていただけたのか感想を聞いてみたいです。」

大林役:三浦誠己コメント

「本当に素晴らしい映画になっています。最高に魅力的な相方(桐谷さん)と“あほんだら”というコンビで漫才をやらせていただきまして、全幅の信頼を寄せている板尾監督に傑作を作っていただきました。いくらハードルを上げても足りないくらいの傑作になっておりますので、みなさん是非劇場でご覧になってください。」

板尾創路監督コメント

「とりあえず雨が降らなくてよかったです(笑)京都国際映画祭でお披露目ということで、皆さんに観ていただける機会をいただいてすごく感動しております。観ていただいた方全員に感動が届くとうれしいです。僕を含め、スタッフ・キャスト全員が自信をもって送り出せる作品に仕上がっておりますのでよろしくお願いいたします。」


その後、行われたレッドカーペットウォーキングでは、京都独特の荘厳な雰囲気が漂う中、西本願寺の境内に敷かれた真っ赤なカーペットを一歩一歩踏みしめるように歩き、チーム『火花』が京都国際映画祭の開幕に花を添えた華々しいイベントとなりました。


映画情報どっとこむ ralph 映画『火花』

11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー

漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】を若手No.1俳優・菅田将暉が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人【神谷】を演技派俳優・桐谷健太が演じることでも話題沸騰の本作!ヒロイン【真樹】には話題作への出演が続く女優・木村文乃、さらに「漫才コンビのツッコミ役は、ボケ役よりも高度なお笑いの技術が要求されるため、経験者を入れたい」という板尾監督のこだわりにより、【徳永】と漫才コンビ「スパークス」を組む【山下】役には川谷修士(2丁拳銃)、【神谷】と漫才コンビ「あほんだら」を組む【大林】役には三浦誠己といった二人がキャスティングされ、本格的な漫才シーンにも注目が集まっています。

さらに先日、エンドロールを彩る映画の主題歌に、菅田将暉と桐谷健太の主演二人が歌いあげたビートたけしの名曲「浅草キッド」が使用されることも発表され公開を前に大きな話題となっています。

物語・・・
若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。

しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

***********************************


出演:菅田将暉、桐谷健太
木村文乃
川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)