「板垣瑞生」タグアーカイブ

「緑黄色社会」初映画主題歌に大抜擢『初恋ロスタイム』本予告&主題歌情報解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が実写映画化『初恋ロスタイム』は、今秋9月20日(金)より全国公開することが決定しました。
『初恋ロスタイム』本ポスター この度、本作の主題歌には、若い世代から人気沸騰中のブレイク必至4ピースバンド:緑黄色社会が本作のために書き下ろした「想い人」に決定!緑黄色社会は今回が初めての映画主題歌抜擢となる。

本作は、主人公の浪人生・相葉孝司が、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇し、そこで出会った自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音ともに、毎日1時間だけ起きる、不思議な時間“ロスタイム”の切ない<秘密>に迫るラブストーリー。

今回主題歌に大抜擢された緑黄色社会は、愛知県出身の4ピースバンド。ボーカル・長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声をはじめ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、幅広いカラーバリエーションを持つ楽曲・サウンドを生み出すことで話題となり、2013年の10代限定音楽フェス『閃光ライオット』で準グランプリを獲得。昨年3月にインディーズで発売したアルバム『緑黄色社会』が、オリコン週間アルバムランキングでTOP20入りし、10代を中心に“リョクシャカ”の愛称で人気沸騰中の令和元年ブレイク必至の次世代最注目バンドです。

長屋 晴子(ながや はるこ)さん ボーカル・ギター コメント
この度、映画『初恋ロスタイム』の主題歌を担当させて頂くことになりました。映画の主題歌のお話を頂いたのは初めてだったので、大変嬉しく、そして光栄に思います。原作を読ませて頂いて、自分ではない誰かを愛しく、守りたいと思う気持ちというのは、こんなにも優しくて強いものだと感じ、誰かを想うという簡単なようで思うようにいかない気持ちをテーマに、歌詞を書き進めました。Gt.小林の作った優しく力強いメロディと合わさって、多くの人の心に届く曲が出来たと感じています。この曲を聴いて、それぞれにとっての『想い人』を浮かべたときに、優しい気持ちになってもらえたら、私はとても幸せです。

映画情報どっとこむ ralph 出演のお二人からもコメントが届いています!

◆主人公・相葉孝司役:板垣瑞生さん コメント
とても素敵な歌を作っていただきました。孝司の時音を思う気持ちとこの歌が、本当にマッチしていて驚きました。今、好きな人を想って仕事をしている人や毎日日本中で頑張っている方がいると思います。そんな全ての方々の支えになってくれる曲だと感じました。緑黄色社会さんの歌声と映画の世界観がマッチしているので、色んな方に体感していただきたいです!

◆篠宮時音役:吉柳咲良さん コメント
「想い人」は聴いた人の心があったかくなる曲だと思いました。特にサビの”貰った愛の分だけ返していこう”という歌詞がとても好きです…。“愛されながら愛してゆく”ってとても素敵な事だと思ったからです。同時に、『初恋ロスタイム』で私が演じた時音の気持ちとリンクしている部分が多い曲のように思いました。映画を観に来て下さった全ての方に優しい気持ち、愛する気持ちの大切さをこの曲からも感じて貰えれば嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『初恋ロスタイム』

公式サイト:
https://hatsukoi.jp/

公式Twitter:
@hatsukoi_movie

9月20日(金)全国ロードショー



***********************************


出演:板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真

監督:河合勇人
脚本:桑村さや香

原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)  
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会


カンザキイオリ・花譜が主題歌 堀未央奈『ホットギミック ガールミーツボーイ』予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年、『溺れるナイフ』で興行収入7億円強の大ヒットを記録し、一躍その名を世間に轟かせた山戸結希監督。去る2月に公開された映画『21世紀の女の子』では、企画・プロデュースを手掛けたことでも話題となりました。まさに、これからの映画界を牽引する次世代の映画監督:山戸監督の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)に全国公開致します。原作は、販売部数450万部を超える恋愛漫画の金字塔的作品「ホットギミック」(原作者:相原実貴)。主人公:初の心の成長を軸に展開される少し大人なストーリーで女子高校生のリアルな心情を描いた大人気少女漫画です。
主人公の成田初(なりたはつみ)に大抜擢されたのは、映画初出演にして、初主演、本作にて女優デビューとなった堀未央奈(乃木坂46)。初に心惹かれる3人の男性キャストには清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗と、若手実力派俳優たちが集結。

また、桜田ひより、上村海成と映画界の今後を担うフレッシュなキャストと反町隆史、吉岡里帆の人気、実力共に兼ね備えたキャストが脇を固めます。

この度、予告編&主題歌情報、前売り券発売情報が解禁に!

今回解禁となった”誰が私の初恋なのかーー”との印象的なメッセージから始まる予告編の前半で映し出されるのは、“3つの初恋”によって、自分に自信が持てない主人公・成田初(堀未央奈)の平凡な日常が変化していく様子。初が恋をするのは同じマンションに住む3人=初の弱みを握る同級生・橘亮輝(清水尋也)、数年ぶりに帰ってきた幼馴染・小田切梓(板垣瑞生)、初の兄・成田凌(間宮祥太朗)。恋に落ち、空虚な日常は彩りを得て、幸せな時を過ごすも、「なんで…」と涙を流す場面を皮切りに、物語は急展開。「私の初恋は消えちゃったんだね」と初の切なく零すセリフに続き、亮輝、梓、凌らの想いが交差し、それぞれの悩みもがくシーンが連続していく。

「見ていたいと今は思ってる、絶対に今は思ってる」「今この気持ちを大切にしたいーー」

不器用ながらも純粋な想いを寄せる亮輝、昔から憧れの存在だった梓、優しく見守り寄り添う凌・・・初が3人の男性との恋に揺れ動きながら、どこまでも透明で儚い初恋の先にたどり着く1つの答えとは?

みずみずしさをそのままに、恋にもがく不安定な初を体現した堀、そして、清水、板垣、間宮たちの感情迸る繊細な名演技に加え、桜田、上村、反町、吉岡らフレッシュ&豪華実力派俳優たちの本編映像も初解禁!

従来の”女の子の想いが男の子に選ばれる、選ばれるように頑張る”といった「ボーイミーツガール」の話ではなく、女の子が恋をして初めて知った喜び、痛み、迷いの先にある“自分”の意志として歩むべき道を探す「ガールミーツボーイ」としての新たな物語が誕生します。“不器用な恋”“溶けるような恋”“秘められた恋”、3つの初恋がもたらす10代のアンバランスで儚く尊いリアルな感情を独特の視点で捉え描ききった山戸監督の手腕が光る名場面が散りばめられ、従来の青春恋愛映画の物語とは一線を画した“新時代の青春恋愛映画“誕生を決定づける、より一層映画公開への期待が高まる必見の予告編となっております!
 

映画情報どっとこむ ralph そして、予告編を更に盛り上げるのは、今回情報解禁となった主題歌「夜が降り止む前に」。
作詞・作曲・編曲を手掛けたのは新世代を代表するボカロPのカンザキイオリ、

歌唱は当時14歳だった2018年10月に突如YouTubeに登場し、現在話題急上昇中の次世代バーチャルシンガー・花譜(かふ)が担当。
花譜はYouTubeデビュー後、その類まれな歌声とSNSにアップされるリアルとバーチャルが融合した映像や写真が話題を呼び、フォロワーが急増。現在YouTubeチャンネル登録者は5万人を超え、2018年12月に公開した「心臓と絡繰」は130万再生を記録している。

2人に白羽の矢を立てた山戸監督は楽曲に関して「花譜さんとカンザキさんの芽吹くような才気に、心打たれました。エンドロールの暗闇に、歌声と物語と聴く人の心が、交わる主題歌でした。」とコメントしている。

映画情報どっとこむ ralph ■ムビチケカードの発売日&前売特典も決定!

そして、本作のムビチケカード(前売券料金:一般¥1,400)が5月3日(金)より上映劇場にて発売開始となります。そしてなんと全国1万枚限定で、デザインが変わる“ギミック”クリアファイル(A4サイズ)の特典付きです。

映画情報どっとこむ ralph 『ホットギミック ガールミーツボーイ』

6月28日(金) ROADSHOW

公式HP:hotgimmick-movie.com 
公式Twitter:@hotgimmick0628
公式インスタグラム:hotgimmick_official 

ハッシュタグ:#ホットギミック #ガールミーツボーイ 


ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。
さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。
昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。
そんな3人の男性との恋に揺れ動く初が選ぶ運命は…。

***********************************


キャスト:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗  桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也  反町隆史 吉岡里帆
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
   


板垣瑞生(M!LK)と吉柳咲良 「初恋ロスタイム」特報映像到着


映画情報どっとこむ ralph 2016 年に刊行された仁科裕貴先生による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/ KADOKAWA 刊)を原作とした実写映画が今秋 9 月に公開されることとなりました。

主人公の浪人生・相葉孝司は、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静 止する>という不思議な現象に遭遇する。時刻は 12 時 15 分。授業中だった孝司だけ がなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分の他にもう一人動くことので きる少女・篠宮時音に出会う。

やがて 2 人は、毎日 12 時 15 分に 1 時間だけ起きる、 その不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、楽しむようになっていく。しかし、その“ロスタイ ム”には、ある<秘密>が隠されていたのだった。
映画情報どっとこむ ralph 気になる配役ですが・・・・

幼い頃母親を病で亡くした経験から、諦め癖のついた無気力な日々を送る浪人生・相 葉考司を演じるのは、全国ツアー各会場即売の絶大な人気を誇るボーカルダンスグループ M!LK の板垣瑞生さん。

映画デビュー作『ソロモンの偽証』で日本映画批評家大賞新人男 優賞受賞をするなど、その演技が高く評価され、今年は本作以外にも『僕に、会いたかった』、『ホットギミック』、『超・少年探偵団 NEO – Beginning-』と、3 本の出演作を控えており、本作で初主演を務めます。

ロスタイム中に動く事が出来る少女・篠宮時音には、歴代最年少で第 41 回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」グランプ リを受賞、ミュージカル「ピーターパン」10 代目主演にも大抜擢された吉柳咲良さん。

本作が初めての映像作品への出演となる吉柳は、人気女優への登竜門とも呼ばれるミュージカル「ピーターパン」を経て、一体どのような演技・ヒロイン役を見せるのか、期待が高まります。

2 人の遭遇する”ロスタイム“という現象を過去に経験し、この現象の真実を知る重要なカギを握る、本作のもうひとりの主人公とも言える医師 役を竹内涼真さんが演じます。

「ブラックペアン」以来の医師役となり、これまでの<爽やかイケメン俳優>としてのイメージとは異なり、役柄・俳優とも にフレッシュな若手キャストが等身大で演じる“ラブストーリー“を支えています。

そして、石橋杏奈さん、甲本雅裕さんら実力派俳優が脇をしっかり固めます。

監督は、かつて相米慎二監督や黒木和雄監督、崔洋一監督らのもとで助監督として経験を積み、『俺物語!!』(15)や『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)といった青春映画を数々手掛けてきた実力派で知られる河合勇人監督。

本作の「時 が止まった世界で動き出す二人の物語」という設定を、どのような良質な青春ドラマに仕上げてくれるのか。

映画情報どっとこむ ralph
“その間だけ、恋をした” 青春真っ只中の甘酸っぱさと切なさ感じる特報映像が解禁!


この度、板垣と吉柳が演じる孝司と時音が遭遇する “ロスタイム”現象と 2 人の切ない恋を予感させる特報映像が解禁となりました。 冒頭、竹内演じる青年医師が「昔ね、時間が止まったことがある」と、過去自分の身に起きた、毎日決まった時刻から 1 時間ほどの間 自分以外の世界が静止するという不思議な現象について語り始める。その時に出会った“大切な人”の存在を思い出しながら話す彼の語 り口は、“ロスタイム”の間だけの恋という、本作の物語へと引き込んでくれます。 時間が止まり2 人しか動くことのできない 1 時間の“ロスタイム”を一緒に過ごす度に、2 人の距離は徐々に近づいていき、今回の特報で は二人が顔を寄せ合うキス寸前のシーンもお披露目。その不思議な現象を“神様がくれた時間”と言う孝司は、「ロスタイムじゃないときも会 いたい」と時音に思いをぶつけるも、「もう孝司には会えない」と断られてしまう。思いつめた表情で突然別れを告げる時音に何が起きたの か。そして時折カットバックされる暗い病室の中切ない表情で花火を見つめる青年医師の姿や、“静止する時間に隠された、切ない真実― ―”という言葉、必死に自転車を漕ぐ孝司の姿など、“ロスタイム”に翻弄される 2 人の恋物語に期待が高まります。

青年医師が“ロスタイム”の時に出会った“大切な人”とは、孝司と時音の 2 人の恋の行方は…、今後の続報にご期待ください“!

「初恋ロスタイム」

2019年9月 全国ロードショー

公式サイト:
https://hatsukoi.jp/

公式 Twitter:
hatsukoi_movie

公式 Instgram:
@hatsukoi_movie

***********************************


杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
監督:河合勇人
本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
配給:KADOKAWA ●コピーライト:© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会

  


TAKAHIRO 寡黙な役!に、観客大笑い。 映画『僕に、会いたかった』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして 確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO が、満を持して映画で初めて単独主 演した感動作『僕に、会いたかった』。

記憶を失った男を島の人々の優しさが包む。家族の絆と再生を描いた感動の物語が完成披露上映会を行い、TAKAHIROさん、山口まゆさん、柴田杏花さん、板垣瑞生さん、秋山真太郎さん、小市慢太郎さん、錦織良成監督が登壇して舞台挨拶が上映前に行われました。

映画『僕に、会いたかった』完成披露上映会イベント
日時:4月3日(水)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:TAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声と大きな拍手に迎えられ、キャストと監督が登壇。

TAKAHIROさん:皆さん今日は!今日は皆さんの大切な時間を割いて、足を運んでいただきありがとうございます。今回、記憶をなくした男を演じていますが・・・是非皆さんの記憶に残る時間にしたいと思っています。

山口さん:一年前に撮影していたものが、いよいよ完成。緊張していますが・・・・・。楽しんでください。
と、つまってしまった山口さんの背中に大丈夫と優しく手をあてるTAKAHIROさん。これに茶々を入れる板垣さん。

柴田さん:皆さんにお届けできる日が来たことを凄く嬉しく思っています。この作品を通して隠岐の島に出会ったことは、財産になりました。それぐらい美しくて暖かい島が映し出されますので、楽しんでください。

板垣さん:これから、島の温かい人々が沢山出ている映画なので、心の温かさが皆さんに伝わればいいなと思っています。

秋山さん:短いですが、楽しい時間を過ごせたらと思っています。

小市さん:こんなに沢山の方にこれから観ていただけること、嬉しく思っています。

錦織監督:みなさんこんちわ!今日初めて一般の方向けに上映。緊張しています。TAKAHIROくんが単独初主演と言うことで、凄く頑張ってくれたともいます。そして、若手と、小市さんや松坂さんのようなベテランの皆さんにも支えられて、暖かい現場で撮影しました。今日は楽しんで帰ってください!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph TAKAHIROさんは今回、無精ひげで寡黙な男役を演じているとMCが言うと客席から笑い声が。。。
TAKAHIROさん:ザワザワする?確かに僕が寡黙な役を演じる。のは、とても皆さんの予想だにしないことかもしれません。今回、単独初主演で初めてのことも多かったのですが、監督と相談しながら演じましたので、安心して観て下さい。しっかり寡黙な役やってますので(笑)自分が出ている映画ですが、錦織監督の作風の映画を観客として観たような感覚でみることができたのが、今回の収穫でもあります。

と、今回、役者としてのターニングポイントになる作品になったとそう。

松坂慶子さんとの共演に
山口さん:劇中でも素敵な方ですが、帰りの空港で、お食事をご一緒していただきまして。。本当に素敵な方でした。

TAKAHIROさん:女優さんとして大御所ですが、とても気さくな方でした。息子として過ごせたこと嬉しく思っています。空港で恋バナとかした?
板垣さん:しないでしょ!

と、たしなめると、どれくらいふざけていいのか測りかねてるとTAKAHIROさん。

島留学に来た高校生役の柴田さんは、島の印象を

柴田さん:私たちは普段便利で、欲しいものはすぐ手に入る生活をしていますが、あの島では、あるもので助け合っていく。人が人を助けていく、支え愛の人間の強さや愛情を感じて。人間らしい体験が出来ました。

と、爽やかにコメント。

TAKAHIROさんと板垣さんはとても仲がよいそうで、初めて出会った時の事を実演して、笑いを取っていました。
(写真はマトリクスのまねではなく、板垣さんのマネをしています)

そんな板垣さんは、TAKAHIROさんとの釣りのシーンで

板垣さん:TAKAHIROさんは、釣りが上手で。僕は釣れなかったんですけど。実際に大きな魚を釣って、その時の顔が子供のようで。「俺、こんな大きいのつったぜ!」ってあの笑顔忘れられません。この年齢になってもこういう。。。そういう意味じゃなくて。そういう大人になりたいなと。リスペクトしてます!
TAKAHIROさん:最高の誉め言葉です。この年齢になってもね。釣りは、漁師役なので役作りの体で、ずっとやってました。

と、釣り談義が止まらないTAKAHIROさん。

小市さんは、実際にいる離島のお医者さん役で
小市さん:実際にお会いして、お話させていただきました。明るくて元気で聡明で・・・立派の医者さんだったので、プレッシャがありましたが、勉強になりました。

今回は役者だけでなくプロデューサーもこなした秋山さんは

秋山さん:いろいろ大変だったので、今日を迎えられて一安心です。お客さんの感想が気になります!
TAKAHIROさん:秋山はですね。演じつつもプロデューサーもやっていたので、誰よりも日焼けしてしまって、シーンが繋がらないので、プロデューサーがメイクさんに怒られるのを始めてみました。
秋山さん:メイクさんに凄い怒られました。

と認める秋山さん。

そして、役者としてのTAKAHIROさんを
錦織監督:TAKAHIROくんらしくないTAKAHIROが観られます。素晴らしいお芝居を考えてくれていて。ただ本番前に泣いてしまうので、まだ早い!って言うぐらい感情が豊かな方でした。俳優さんとして大きくなって欲しいですし、また仕事がしたいですね。
TAKAHIROさん:ほめ過ぎですよ!

と、満面の笑み。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、
TAKAHIROさん:とても心温まる素敵な映画になっています。SNSやネットで言葉を交わさなくてもすむこのご時世に、この映画を通して、人と人との絆や心を感じていただいて、周りの方に感謝を伝えたくなれば有難いなと思います・・・とは言え、SNSの力はすごいので、「#僕に会いたかった」で、映画を観終わったらバンバン宣伝お願いします!

と、観客にメッセージを送りイベントを締めました。

『僕に、会いたかった』

5月10 日(金)TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー


記憶を失くした漁師・徹を演じる TAKAHIRO のほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が 旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支える。監 督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成。島根県 隠岐の島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動 の人間ドラマです。

bokuai.jp

***********************************

TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 小市慢太郎 /松坂慶子 監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 編集/栗谷川 純

配給/LDH PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
2019 年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96 分


堀未央奈 初主演「ホットギミック」追加キャストに桜田ひより・上村海成・吉岡里帆


映画情報どっとこむ ralph 販売部数累計450万部超!恋愛漫画の金字塔的作品、相原実貴原作の「ホットギミック」が遂に映画化!

監督は『溺れるナイフ』の山戸結希。

主演に映画初出演にして初主演の堀未央奈(乃木坂46)を迎え、6月28日(金)に公開となります。

物語は主人公の成田(堀未央奈)が同じマンションに住む幼馴染の/清水尋也、小田切/板垣瑞生、そして兄の成田/間宮祥太朗の間で”本物の恋”を求めて揺れ動く、現代の女の子の葛藤と成長を描いたストーリー。

その追加キャスト情報を解禁。

映画情報どっとこむ ralph ■初の妹、成田茜を演じるのは話題作への出演が絶えない今後大注目の女優、桜田ひよりさん。

堀未さん演じる初とは正反対の性格であり、早熟で初よりもどこか大人っぽく見える妹、成田茜を演じるのは桜田ひよりさん。
ミスセブンティーン2018に選出され、モデルとして活躍する一方、『祈りの幕が下りる時』『ういらぶ。』(18)に出演。今後も『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』『男はつらいよ おかえり 寅さん』への出演が決定するなど、話題作への出演が絶えない女優。山戸監督作品はAimer「Ref:rain」のMVに続いて二度目。監督の世界観に寄り添っている彼女だからこそ演じることのできる茜はどのような恋愛をし、そして初の恋にどう関わってくるのか必見です。

桜田ひよりさんからのコメント
山戸監督とお仕事をさせて頂くのは、以前ご一緒したMVの撮影以来2回目となります。私の意見を尊重して頂きつつ、また繊細なところまで演出をして下さいました。とても演じやすい環境を作ってくださったので、のびのびと成田茜を演じることが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

映画情報どっとこむ ralph ■初の幼馴染、八木すばるを演じるのは朝ドラ「半分、青い。」で注目を浴びた俳優界期待の新星、上村海成さん。

初と同級生で同じマンションに住む幼馴染、八木すばるを演じるのは上村海成。2010年に「ニコ☆プチ」でモデルデビュー。

『ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン』(15)や映画『ちはやふる』(16)、ドラマ&舞台『男水!』(17)などに出演。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(18)で永野芽郁演じるヒロインの弟役を演じ、注目を浴びた今、最も期待されている俳優の一人です。本作では、名だたる俳優の中から、オーディションで役を勝ち取りました。初への恋心を秘めつつも、茜の猛烈なアプローチに不思議と惹かれていき、初と茜の間で揺れ動く心情の変化を上村さんが熱演します。

上村海成さんからのコメント
山戸監督と初めてご一緒させていただいたのですが、細かく演出していただき、納得いくまで演技に向き合うことができ、とても勉強になりました。演じることがすごく楽しいと思える現場でした。

映画情報どっとこむ ralph ■梓のモデル事務所のマネージャー・葛城リナを演じるのは演技派女優、吉岡里帆さん。

NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」(15)で一躍注目を浴び、その後も「ゆとりですがなにか」(16/NTV)「カルテット」(17/TBS)「ごめん、愛してる」(17/TBS)「きみが心に棲みついた」(18/TBS)など話題作に立て続けに出演。さらに数々のCM出演やラジオのMCも務めるなど、多岐にわたり活躍している演技派女優。

今回演じるリナは、事務所のマネージャーとして梓を支えているように見えて、実は生い立ちの似ている梓に依存し、支え合っているという複雑な役どころ。山戸監督の作品をインディーズの頃からチェックしていた吉岡が時折、影のある一面も見せるリナという女性の繊細な表情を見事に演じています。

吉岡里帆さんからのコメント
山戸監督にしか思いつかない独特な世界観。思い描いている映像を皆で具現化しようとする結束力を感じる現場でした。
繊細かつ妥協を許さない監督と一緒に、1カット、1カット噛みしめながら撮影していました。私は短い時間でしたが、
ティーンの甘酸っぱさや苦味に遠目から触れる事が出来て、大人冥利に尽きる役でした。
久しぶりの悪役、楽しかったです!

映画情報どっとこむ ralph 山戸監督のコメント

(成田茜役:桜田ひよりさんについて)
ひよりさんにトライしてもらえたからこそ、映画版の茜もまた、かけがえなく生きているたった一人の女の子になったことが、感動的でした。等身大に演じるには、演じるからこそ、難しい役なのだと思います。心から、すべて素晴らしかったです。

(八木すばる役:上村海成さんについて)
上村さんは、譲れないものを持っている、その頑なさが、すごく綺麗な役者さんだと思いました。あまりにも頭が良く、鋭敏な心身が、すばるの少年性に重なって、撮りながら楽しい才能でした。

(葛城リナ役:吉岡里帆さんについて)
この世界で、吉岡さんにしか許されない形で、一瞬一瞬をお芝居に昇華させようとする姿勢を、本当に尊敬しています。彼女の張り詰めた真面目さが、映画『ホットギミック』に、眩しいものを与えてくださったことを、今でもずっと感じています。

映画情報どっとこむ ralph 『ホットギミック』

公式サイト:
http://www.hotgimmick-movie.com/

2019年6月28日(金)公開です。

■ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。
さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。

昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。
そんな3人の男性との恋に揺れ動く初の運命は…。
***********************************


キャスト:堀 未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗 ほか
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希(『溺れるナイフ』『21世紀の女の子』他)
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会