「板垣瑞生」タグアーカイブ

竹内涼真 後輩に優しい配慮。『初恋ロスタイム』完成披露上映会&舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が実写映画化。
映画『初恋ロスタイム』が9月20日(金)より全国公開となります。

この度、公開まで後一カ月を切った9月2日(月)に新宿バルト9で本作の完成披露上映会が行われ、板垣瑞生さん、吉柳咲良さん、竹内涼真さん、石橋杏奈さん、河合監督が登壇して舞台挨拶がおこなわれました。さらに、主題歌【想い人】を緑黄色社会(長屋晴子さん、小林壱誓さん、peppeさん、穴見真吾さん)
映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会
『初恋ロスタイム』完成披露上映会
日時:9月2日(月)
場所:新宿バルト9
登壇:板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、石橋杏奈、緑黄色社会(長屋晴子、小林壱誓、peppe、穴見真吾)、河合勇人監督

映画情報どっとこむ ralph キャストと監督が現れると会場は大歓声!
MCから初主演作についての感想を聞かれ

板垣さん:全然実感が無いです(笑)。今まで色んな人の背中を見てきたんですが、今回自分がその役割をやらせて頂いて、名誉なことだし、素敵な事をさせて頂いているんだなと実感しました。色々な取材の中でも初主演ということを仰って頂いたのですが、改めて映画って全員で作るものなんだなと思いました。今回主演というものをやらせて頂いて、観て下さるお客さんも含めて一緒に映画を作っている一員のような気がしています。

とコメント。本作が初の映像作品となった吉柳さんは

吉柳さん:映像作品の作り方も分からなかったので、撮影初日から緊張や不安もあったんですが、板垣さんをはじめたくさんの方に助けて頂いて、100%の力を出し切ることが出来たと思うので、こうやって皆さんにこの映画をお見せできるのが嬉しいなって思います。

と15歳とは思えないしっかりしたコメントで会場を湧かせた。吉柳さんが受けたホリプロスカウトキャラバンを見ていたという竹内さんは

竹内さん:たまたまオーディションを見ていたんですが、物怖じしない感じがかっこいいなと思っていたらグランプリになって。共演したい人を聞かれて“竹内涼真くん”と言ってくれていたのも聞いていてすごく嬉しかったので、こんなに早く共演が実現して本当に嬉しかったです!

と共演の喜びを語った。また板垣さんとの共演については

竹内さん:映画の中で一番絡んでいる時間が長くて、一緒に話し合いながら一つのシーンを作り上げられたのが楽しかったです。歳は離れているんですが、意見交換しながら出来たので、いい撮影期間だったなと思います。

とコメント。これに対して

板垣さん:アドリブで動きたい時に相談したら、監督も含めて段取りをやってくれたり、カメラワークを変えてくれたり本当に助けられました!

と先輩である竹内さんとの共演について嬉しそうに語りました。竹内さんの妻を演じた石橋さんは

石橋さん:初共演で夫婦役だったんですが、お芝居も空気感もナチュラルで入りやすくて、お芝居もしやすくて、楽しかったです。

と語った。
板垣さんと吉柳さんというフレッシュな2人を演出した感想を聞かれ

河合監督:吉柳さんはオーディションの頃から見ていましたので、日々成長していく姿が楽しくて、感慨深いものがありました。竹内さんがいらっしゃると吉柳さんがそわそわしたりして、そんな姿も見れて可愛らしかったですね。板垣さんは最初吉柳さんとぶつかり合う芝居が多かったのでドキドキしながら見ていたんですが、芝居をしていく中でお互い意見を言いだして、だんだん芝居が面白くなっていったなと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph ここで主題歌【想い人】を本作の為に書き下ろした緑黄色社会がステージに登場し、ボーカルの長屋さんが
映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会 長屋さん:今回の【想い人】という楽曲は、原作や映画を観させて頂いて、人を想いあう大切な気持ちというものを私達なりに表現させて頂きました。人を想いあうという気持ちは以前から形にしたいテーマだったので、映画の力を借りて今回形に出来たことを嬉しく思います。

と挨拶。キャストの見守る中アコースティックバージョンの【想い人】を生披露すると、会場からは大きな拍手が起こった。
映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会
曲を聞いた板垣さんは感動を中々言葉に出来ずにいると、

竹内さん:ちょっと感動したでしょ(笑)2人は撮影を本当に頑張っていて、映画の最初と最後で表情も全く違いますし。僕が聞いていても映画のワンシーンが流れる感じがしました。

と優しくフォロー。

板垣さん:この曲が劇中で流れる時にすごく良い演出が入っていますし、この映画を観て頂いた後に聞いて頂くとまた違うので、一緒に観て欲しいし聞いてほしいなと思いました。

とコメント。

吉柳さん:生で聞けてすごく感動していて、本当に『初恋ロスタイム』で時音という役を頂けて、こんなに素敵なキャストの皆様スタッフの皆様に囲まれて、この場に立つことが出来て改めてすごく幸せだなと思いました。ありがとうございました。

と泣きながら語り、会場全体が暖かい空気と拍手に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

竹内さん:今【想い人】を聞いて、もっとこの映画を知って頂くためにもうひと頑張りしなきゃなと思いました。さっき2人が涙した理由はすごく撮影を頑張ったからで、咲ちゃんは初映画で緊張するし、その中で乗り越えた気持ちと完成披露を迎えられた気持ちで高まったんだなと思いました。2人の成長も汲み取って観て頂けたらなと思います。

とコメント。

吉柳さん:初映像作品で不安もあった中100%の力を出しきれたのは、たくさんの方々の力があったからで、一人ではこんな素敵な場所には立てなかったと思います。私はオーディションでこの世界に入ったんですが、そこにたどり着くまで一歩踏み出せる勇気が出なかったりもしました。この映画は一歩踏み出す勇気の大事さを伝えてくれている映画でもあるので、この作品が一歩を踏み出すきっかけになればいいなと、曲を聞いて改めて思いました。

と語った。

板垣さん:頑張る事ってこんなにカッコ悪くてこんなにカッコ良いんだと思える、素敵な音楽とキャストで作った本当に素敵な映画です。皆さんにどう届いていくのか楽しみで仕方がないので、是非素敵だなとか、伝えたいなと思って頂けたら発信して頂けますとありがたいです。

と本作への想いを語りました。

『初恋ロスタイム』本ポスター
『初恋ロスタイム』

9月20日(金)全国ロードショー

公式サイト 
https://hatsukoi.jp/ 

公式Twitter:
https://twitter.com/hatsukoi_movie 

主人公の浪人生・相葉孝司は、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇する。時刻は12時15分。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音に出会う。やがて2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、楽しむようになっていく。しかし、その“ロスタイム”には、ある<秘密>が隠されていたのだった。

***********************************

出演:板垣瑞生 吉柳咲良
石橋杏奈 甲本雅裕
竹内涼真
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会








良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヤング ポール監督、楠野一郎 登壇!『ゴーストマスター』カリコレ クロージング上映トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『ゴーストマスター』はヤング ポール監督の長編デビュー作でありながら、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭、プチョン・ファンタスティック国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭など海外映画祭への出品が続々と決定している異色作です。

本日8月9日(金)、今年で6回目を迎えるミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション®2019」 (略して「カリコレ®2019」) のクロージング上映として、本作『ゴーストマスター』が初上映、上映後にはヤングポール監督と脚本を務めた楠野一郎が登壇したトークイベントを開催しました。
ゴーストマスター_カリコレ クロージング
「カリコレ®2019」クロージング上映 『ゴーストマスター』トークイベント
日時:8月9日(金)
場所:新宿シネマカリテ 
登壇:ヤング ポール監督、楠野一郎(脚本)  
MC:村山章(映画ライター)

映画情報どっとこむ ralph クロージング上映は満席でスタート。上映をお客様と一緒に観ていたヤング ポール監督は、「ウケるか心配だったシーンで、笑い声が聞こえて嬉しかったです。」とお客様の反応への喜びを語った。

本作を企画するにあたり、ヤング ポール監督は「企画を考えていた時期は、鬱屈した生活をしていた。映画製作現場の思いや現状が描きたかった。」と本作を企画した時の気持ちを語った。続いて、脚本の楠野との出会いを聞かれた監督は、プロデューサーを通じ楠野から脚本を受ける条件として「壁ドンで、人を殺すというアイディアを脚本に入れ込めるなら(受ける)」と提示されたので、「会う前に電話でそんなこと言われるなんて」と当時の驚きを振り返った。

1つのジャンルに絞られない本作の魅力について、ヤング ポール監督は「ホラーというジャンルを根本にしていたが、作品としてツギハギがキーワードの映画だなと思っていた。いろんなものが組み合わさっているけど、本作は青春映画だと思っている。映画に憧れている青年の光と影みたいなものもあった。抑圧されている人と言うか、いま不満や不安を抱えている、やりたいことができないという誰しもが抱える悩みを大切に描きたかった。」と説明した。

 「究極の映画愛。」とキャッチコピーでもうたっている本作は、『スペースバンパイア』『プレデター』『椿三十郎』など、様々な映画へのオマージュ満載に盛り込まれており、元ネタになった作品についてヤング ポール監督は「いろいろな作品から受けた影響を表現したかった。」と自身の映画への愛が作品に反映されていると語り、脚本の楠野からも「『スペースバンパイア』の影響を受けまくった。本当に面白い作品なので、TSUTAYAで借りてぜひ観て欲しい。」

 トークイベント中に、本日解禁となったBase Ball Bearの小出祐介が立ち上げた音楽プロジェクト【マテリアルクラブ】が書きおろした本作の主題歌「Fear」について、「映画を観た後、気持ちよく劇場を出るには主題歌は本当に重要だと思って拘りたかった。楽曲としてクオリティが高く、必然性のあるものを主題歌にしたくて。小出さんから提案された曲がラップで驚いたけど、本当にカッコいい!と思って。エンドロールでかかる曲だけど、この作品の世界を広げてくれたと思いました。」と主題歌採用の経緯を説明した。
 トークイベントが中盤に差し掛かったタイミングで、サプライズとして劇中で監督役を演じた川瀬陽太さんが飛び入りゲストとして途中参加。

 撮影中の裏話として、極度の緊張で撮影初日に監督が倒れ、W主演の三浦貴大さんや成海璃子さんが「大丈夫かな?」と心配していたことを暴露。「あれは何だったんですかね?」と言う監督に、川瀬さんから「緊張だよ!競馬で言うとかかっていたという状態。」と返され場内は大爆笑。監督は「どうしちゃったんでしょうね…。」と照れながら言い訳をした。

 その後、会場からの質疑応答、サイン入り台本のプレゼント抽選会を実施した。

最後の挨拶として、「ヤング ポール監督の記念すべきデビュー作です。みなさん応援よろしくお願いします。」(川瀬)、「みなさんの口コミやSNSでの発信が作品のヒットにつながると思います。ぜひ応援よろしくお願いします。。」(楠野)、「この『ゴーストマスター』を気に入ってもらい、たくさんの人に見ていただけたら嬉しいです。」(ヤング ポール監督)と語り、トークイベントは大きな拍手の中終了した。

映画情報どっとこむ ralph 『ゴーストマスター』

12月6日(金)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

ゴーストマスター
あらすじ
とある “壁ドン”映画の撮影現場で、監督やスタッフからこき使われる、助監督・黒沢明。名前だけは“巨匠”で“一流”だが、断れない性格で要領の悪い、B級ホラーを愛するただの気弱な映画オタクだ。いつか自分が監督として撮ることを夢見て、書き温めていた脚本「ゴーストマスター」が心の支えで、常に肌身離さずに持ち歩いていた。しかし、あまりに過酷すぎる撮影現場でうっ積した黒沢の不満と怨念のような映画愛がこの“脚本”に悪霊を宿し、撮影現場を阿鼻叫喚の地獄へと変えていく・・・

■ヤング ポール監督
1985年生。アメリカ人の父と日本人の母を持つ。黒沢清監督に師事し、レインダンス国際映画祭「今注目すべき7人の日本人インデペンデント映画監督」に選出されるなど、長編映画デビューが待たれていた新鋭監督。

■楠野一郎
脚本家、構成作家、演劇ユニット「プロペラ犬」共同主宰(水野美紀、楠野一郎)
主な映画の脚本担当作品は『東京喰種 トーキョーグール』『天空の蜂』など。

***********************************

三浦貴大  成海璃子
板垣瑞生 永尾まりや 原嶋元久 寺中寿之 篠原信一
川瀬陽太 柴本幸 森下能幸 手塚とおる 麿赤兒
監督:ヤング ポール
脚本:楠野一郎 ヤング ポール 音楽:渡邊琢磨
撮影:戸田義久
特殊スタイリスト:百武朋

制作プロダクション:セディックインターナショナル マグネタイズ 
製作:カルチュア・エンタテインメント TSUTAYA Digital Entertainment
配給:S・D・P
©2019「ゴーストマスター」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『五億円のじんせい』主演・望月歩×ゲスト・板垣瑞生(M!LK)トークショー


映画情報どっとこむ ralph GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。

約 400 本の中から見事グランプリ を受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』がユーロスペース他にて公開中です。

公開記念トークショーとして、7月22日(月)渋谷・ユーロスペースにて、主演の望月歩さんと『ソロモンの偽証』で共演後、若手実力派として ともに注目を集め、プライベートでも親交のある板垣瑞生さん(M!LK)をゲストに迎え、トークショーを行いました。
『五億円のじんせい』望月歩×板垣瑞生(M!LK)
『五億円のじんせい』主演・望月歩×ゲスト・板垣瑞生(M!LK)トークショー
日付:7月22日(月)
場所:渋谷・ユーロスペース
登壇:望月歩、板垣瑞生(M!LK)

映画情報どっとこむ ralph 公開から3日、満席の会場に登場した主演の望月歩さんと板垣瑞生さん。

連日トークを行っている望月さんは
『五億円のじんせい』望月歩 望月さん:今日は瑞生が来ているので いつもより大きい声でしゃべれそう!

と話すと、

板垣さん:今日は僕のほうが緊張してます!自分が出ていない映画でこうしてトークをするのは初めてなので、低姿勢で来てます(笑)

と笑いを交えながらも緊張の面持ち。 板垣さんは映画をどう見たか?と問われると

板垣さん:映画のワンシーン、ここがいいな、この人の表情がいいなというのはあるけれど、どの人が出 てきても生きている感じがするというのはなかなかない、数少ない映画。『ソロモンの偽証』という命を懸けた作品で一緒した歩がこの作品で 主演をするのはうれしかった、これは友達としての思い。

と語る一方で

板垣さん:言わないでおこうかなと思ったんだけど、不覚にも悔しかった。生と死 という重いテーマをポップにやるのはすごく大変だと思います。望来ちゃんをやりきった歩が役者として素晴らしいなと思いました。

と手放しの絶賛を送った。 一方、その言葉をうけた

望月さん:うれしいんですけど・・・・今日久々に会って…芸能人ぽくなってんなと。マイクの持ち方とか

とまさかの 塩対応!

板垣さん:ちょっと待てよ!傷ついた言葉でした!!

と返すと、そのやり取りに場内も爆笑の渦に。

板垣さん:「答えがある映画じゃないと思ってる。僕はこの映画を見て、心が元気になりました!!

と熱く感想を語るものの

望月さん:ありがとう。。。

と塩対応は変わらず、

板垣さん:そんな刺さんないかな~、俺の言葉!!

と返しまた笑いが起きていた。


さらに板垣さんは本作の予告編を目にして「絶対見に行くよ」と望月さんに伝えていたそうで、

望月さん:来ると思っていなかった人から連絡がきた、見ていてくれたんだとうれしくなりました。連絡してきたときに名前が違ってたんですよね…

と恨み節。板垣さんは全く気付 いていなかったようで「ごめん!!!」と平謝りし、二人の睦まじい様子に場内も温かい笑いに包まれていた。

映画情報どっとこむ ralph これからの日本映画界を背負う若手実力派として注目を集めるお二人。
今後の目標を問われ

望月さん:(板垣さんと)また共演したいかといわれるとそうでもないなぁ、まだ会う時じゃないなぁと思っていたんですけど、今日こんなまじめな話を聞いて、いつかまた共演したいなと思いました。

板垣さん:この映画を見て、僕は望月歩と共演したい!早く共演したい!と思いました。今回出させてもらいたかったくらい。 (二人が出会った)ソロモンで共演したみんなとも。一人の役者として恥ずかしくないように頑張りたい。

と語った。


ユーロスペースでは連日イベントが行われており、7月23日(火)18:40の回上映終了後には物語のキーパーソンを演じる森岡龍さん&望月 歩さん&文晟豪監督トーク、7月24日(水)18:40の回上映終了後には望月歩さん&文晟豪監督によるティーチイン、7月25日(木)には11:30 /13:50/16:20/18:40全回終了後に望月歩さんティーチイン&サイン会を予定している。


映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

ユーロスペース他にて絶賛公開中

善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。17 歳になり五億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来 は、とある出来事をきっかけに SNS で自殺を宣言。そこへ見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届 く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれなが ら、思わぬ発見が彼を待っていた。

***********************************

  
監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美

出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3 年 A 組-今から皆さんは、人質です-」) 山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美

主題歌:「みらい」ZAO 製作:畠中達郎 田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元 協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子 助監督:久保 朝洋 撮影:田島茂 照明:山田和弥 録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平 ヘア・メイク:有路涼子 スクリプター:松 本月 編集:脇本一美 制作担当:芳野峻大 音楽:谷口尚久 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 宣伝:ミラクルヴォイス
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT 助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

2019 年/日本/112 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
配給 NEW CINEMA PROJECT
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

間宮祥太朗「何しろ、堀未央奈が可愛いです!」『ホットギミック』完成披露で吐露


映画情報どっとこむ ralph 次世代の映画監督:山戸監督の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)に全国公開となります。

ので、新宿バルト9の特設ステージにて行われた第一部完成披露イベントでは超巨大タマゴから堀未央奈が登場!
堀未央奈『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ

そして、第2部の完成披露舞台挨拶は劇場に舞台を移し、堀未央奈さん・清水尋也さん・板垣瑞生さん・間宮祥太朗さん・山戸結希監督に加え、桜田ひよりさん、上村海成さん、吉岡里帆さんも登壇。

本作で描かれる“3つの初恋(不器用な恋・溶けるような恋・秘められた恋)”にかけ、“3つの出来事(不器用だったなと 思う出来事・とろけるような思いをした出来事・秘密にしている出来事)”を発表しました!

堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9舞台挨拶
日時:6月12日(水)
場所:①完成披露特設ステージイベント@新宿バルト9
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督

場所:②完成披露舞台挨拶
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督

映画情報どっとこむ ralph 温かな拍手の中、キャストと監督が登場。今回生中継もしていると言うことで、みなさんアピール!
堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督 堀未央奈・清水尋也・間宮祥太朗・桜田ひより
堀さん:今日はお集まりいただき、ありがとうございます。目いっぱい楽しんでくださると嬉しいです!
堀未央奈『ホットギミック』舞台挨拶
清水さん:無事今日と言う日を迎えられホッとしています。感謝の気持ちでいっぱいです!
清水尋也『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
板垣さん:お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。素敵な時間になるようによろしくお願いいたします。
板垣瑞生『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
間宮さん:(板垣さんのウチワを持つ観客に)その圧倒的顔降臨!って、瑞生の顔が5個並んでるのが気になって・・・。よろしくお願いいたします。
間宮祥太朗『ホットギミック』完成披露舞台挨拶 板垣瑞生・間宮祥太朗『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
ここから、第二部から合流のキャストのみなさん

桜田さん:今日は短い時間ですがよろしくお願いします。
桜田ひより『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
上村さん:肌寒い中、足をお運びいただきありがとうございます。
上村海成『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
吉岡さん:会場の熱量にメチャクチャ驚いています!今日はよろしくお願いします!
吉岡里帆 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
山戸監督:心込めて創った作品を沢山の皆さんに観ていただけて、嬉しいです。
山戸結希監督 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 堀さんは、上海国際映画祭でアジア新人部門の優秀女優賞を受賞したばかり。
堀未央奈『ホットギミック』完成披露舞台挨拶 堀さん:ノミネートして頂いたと聞いて、実感がわかなかったのですが、皆さんが喜んでくださって。映画祭に行かせていただいて、世界中の人に「ホットギミック」の良さを知っていただけるように、背負って頑張りたいなと思いました。(拍手)

初主演の堀さんの演技は?

山戸監督:初主演の彼女に演じていただけて、堀未央奈さん以外ありえないと感じました。輝いてくださりました。

と、辛口監督からお褒めの言葉。実は乃木坂46のPV撮影の時からに出会ったそうで

堀さん:映画の撮影で、改めてしっかりお話をさせていただいて、山戸監督は女の子の最前線で戦おうとしてくださる強い方だと感じました。私も、お芝居もそうですが、PRもどんどん頑張ろうと強く思います。

と語りました。

新時代の恋愛映画と評されている本作を

清水さん:本作は女の子のものだと思っています。こうしてみても女性のお客様が多いですし。恋愛における傷やトラウマ、空っぽな心だったり。ちょっとヒリってするかもしれないけど、確実に良い方向に向かうと思うし、なにか、絆創膏・傷薬になる映画。力を秘めていますね。

板垣さん:今までの青春恋愛映画を飛び越えるような映画。いろんな映画の中でも、この映画で人生が変わる人もいるだろうなと思います。そして、何より、監督が命を削って作った映画です。その姿を見て一生懸命やりましたので、一人でも多くの人に観ていただきたいです。

落ち着いているのに熱めのメッセージが続き

間宮さん:凄いしっとりしてるね。(笑)何しろ、堀未央奈が可愛いです!間違いない。女の子の映画では
ありますが、男から見て中学校の時の思春期の女子のわからない部分がこの映画でちょっとわかった気がします。音楽の入れ方やカットのつなぎ方が斬新で。新しい映画になってます。
堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
桜田さんと上村さんは現場でも一緒のシーンが多く

桜田さん:二人のシーンが多かったので、距離を縮めるためにも空き時間はたわいもない話をしました。

村上さん:記憶にも残ってない。とぁいもない話でした。

桜田さん:そんな感じでした!
桜田ひより・上村海成 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
吉岡さんは複雑な役を演じていて、

吉岡さん:完成したのを見て、こんなにキラキラしてたんだ!と思いました。私の役は家族愛でもなく恋愛でもなく。ゆがんだ所有欲みたいな愛情で。。。堀さんの危うさや透明感やピュアさが立ってくれればいいなと演じました。ちょっと堀さんが羨ましかったです。

映画情報どっとこむ ralph ここで、本作で描かれる“3つの初恋(不器用な恋・溶けるような恋・秘められた恋)”にかけ、“3つの出来事(不器用だったなと 思う出来事・とろけるような思いをした出来事・秘密にしている出来事)”をフリップで発表!
堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶

山戸監督:秘密は・・・ホットギミックミック2を撮りたい!
山戸結希監督 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶 堀さん:嬉しいです!
間宮さん:キャスト入れ替わってたらどうする?
板垣さん:あのオレンジは俺だけだから!
山戸監督:でも頭皮に悪いから・・・
板垣さん:ホント?あとで、お話を

吉岡さん:とろけるような思い。ピザが間で熱々ピザを作りました!
吉岡里帆『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
板垣さん:とろけるような。中学生の頃の甘酸っぱい話。何もできなくて、手を握っただけで嬉しくって・・・。かわいいでしょ!
板垣瑞生『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
上村さん:秘密・・その作品が受賞しまして。。。。
上村海成 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
桜田さん:とろけるような思い。朝起きた時に愛犬が私を見つめていたこと。
桜田ひより『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
堀さん:メチャクチャわかる!とろけます~。
堀未央奈『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
間宮さん:秘密。実は意外と健康志向。基本ご飯は16穀+麦。アバンギャルドで売っていこうとしたのですが・・
間宮祥太朗『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
清水さん:秘密、料理が下手。
清水尋也『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
堀さん:秘密・・・側転の練習を始めました。アクション女優を目指しているので。ミラ・ジョヴォヴィッチさんが憧れなので。
堀未央奈『ホットギミック』完成披露舞台挨拶 間宮さん:グンってなってる!
堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆『ホットギミック』完成披露舞台挨拶 と、絵の真似をしてみせると、堀画伯が描いた絵を皆でチェック!
『ホットギミック』堀未央奈画伯の絵
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

山戸監督:日本で初めて、皆さんに観ていただきます。胸がいっぱいです。自分では認めたくないのですが、私の現場は、相当過酷と言われていて。。。最もしつこい監督の部類に入っていて。誰もできないと言わずに付き合って演じてくれて。。。毎日ずっとくらいついてくれて、皆さんの真剣さがスクリーンに張り付いていると思います。1秒も瞬きしないように。日本中で孤独を抱えている女の子たちのために真剣に作った映画です。
山戸結希監督 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶
堀さん:この映画は、主人公がどんどん成長していく映画で、今恋をしている方もこれからしていく方も絶対に観終わた後に何かを胸に感じて帰っていただけると思います。熱い思いを感じ取っていただければと思います。
堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶 フォトセッションはお客様と一緒に!
堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督 『ホットギミック』完成披露舞台挨拶

『ホットギミック ガールミーツボーイ』

公開日:6月28日(金)公開 

 

公式HP:hotgimmick-movie.com 

公式Twitter:
@hotgimmick0628

公式インスタグラム:
@hotgimmick_official

ハッシュタグ:#ホットギミック #ガールミーツボーイ


ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。

さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。
昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。

そんな3人の男性との恋に揺れ動く初が選ぶ運命は…。


***********************************


キャスト:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗  桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也  反町隆史 吉岡里帆
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)  監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)

(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

卵の中から女優:堀未央奈誕生!『ホットギミック ガールミーツボーイ』特設ステージイベント


映画情報どっとこむ ralph 次世代の映画監督:山戸監督の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)に全国公開となります。

第 1 部の完成披露イベントで、主演の堀未央奈、清水尋也、板垣 瑞生、間宮祥太朗、そして山戸結希監督が新宿バルト9の特設ステージに登場!

“本作の誕生”と“女優:堀未央奈” の誕生ということで、なんと堀未央奈は超巨大タマゴから登場する演出。山戸監督は、感極まって。。

堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
日時:6月12日(水)
場所:①完成披露特設ステージイベント@新宿バルト9
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督

場所:②完成披露舞台挨拶 @新宿バルト9
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督

映画情報どっとこむ ralph 多くのマスコミと今か今かと待つ観客の前に、階段から清水尋也さん・板垣瑞生さん・間宮祥太朗さんが登場すると、大歓声が!!
清水尋也『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 板垣瑞生『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 間宮祥太朗『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ そして、監督もステージに登壇するも、主役の堀未央奈さんがいません。

すると巨大な卵があらわれ、
清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀未央奈_巨大卵から登場!『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀未央奈_巨大卵から登場!『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 中から堀さんがビーナスのように登場!
堀未央奈『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
“女優:堀未央奈” の誕生と言う演出だそう!

映画情報どっとこむ ralph 堀未央奈『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀さん:今日はお集まりいただきありがとうございます。今日はよろしくお願いします!卵の中にいるときは、乃木坂46のライブ以上に緊張して。。。でも、キャストの皆さんが殻を破ってくださったので、楽しく誕生できました!

との、ご挨拶。

清水さん:無事にこの日を迎えられて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。堀未央奈と言う女優の誕生に携われて幸せです。
清水尋也『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
板垣さん:本当に素敵な映画なので。色々な人に届くと嬉しいです。現場での堀さん凄かったので、これから先、またどこかの作品でご一緒出来ればと。
板垣瑞生『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
間宮さん:卵よかったっすよね!凄い良かった(堀さん:ありがとうございます!)生まれましたよ!無事!
間宮祥太朗『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
山戸さん:本日は・・卵もよかったですし、よろしくお願いいたします。
山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 久しぶりに、キャストに会ってみて
堀未央奈『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀さん:撮影の時よりも皆さんの雰囲気が大人びていて、こうやって再開して、無事完成披露迎えられてうれしいですし、今後のプロモーションも皆で頑張ろうと思います。

新時代恋愛映画誕生への監督の思いは?

山戸監督:ティーン向けの恋愛映画だから。。
間宮祥太朗・山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ (感極まる監督。フォローする優しい間宮さん)
山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 山戸監督:ティーンの女の子向け映画だからと言って妥協は一切していません。キャストやスタッフの皆さんが尽力した映画です。日本の女の子には新しい恋愛映画が必要だと思っています。それは上の世代任せではなく、私たち世代が日本の女の子向けの映画を誕生させられたこと嬉しく思いますし、多くの方にご覧いただけるのが嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀さん:『ホットギミック ガールミーツボーイ』今までの、恋愛映画とは違った、いろんな方に、いろんな形で届くメッセージ性の強い映画になっていまして。主人公に共感しながら思いを馳せながら観ていただければ嬉しいです!

と、メッセージを送り
堀未央奈『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
劇場での舞台挨拶に向かうのでした。



ホットギミック ガールミーツボーイ

公開日:6月28日(金)公開 

 

公式HP:hotgimmick-movie.com 

公式Twitter:
@hotgimmick0628

公式インスタグラム:
@hotgimmick_official

ハッシュタグ:#ホットギミック #ガールミーツボーイ

堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督「ホットギミック」ポスター ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。

さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。
昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。

そんな3人の男性との恋に揺れ動く初が選ぶ運命は…。

***********************************


キャスト:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗  桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也  反町隆史 吉岡里帆
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)  監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)

(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ