「板垣瑞生」タグアーカイブ

『五億円のじんせい』主演・望月歩×ゲスト・板垣瑞生(M!LK)トークショー


映画情報どっとこむ ralph GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。

約 400 本の中から見事グランプリ を受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』がユーロスペース他にて公開中です。

公開記念トークショーとして、7月22日(月)渋谷・ユーロスペースにて、主演の望月歩さんと『ソロモンの偽証』で共演後、若手実力派として ともに注目を集め、プライベートでも親交のある板垣瑞生さん(M!LK)をゲストに迎え、トークショーを行いました。
『五億円のじんせい』望月歩×板垣瑞生(M!LK)
『五億円のじんせい』主演・望月歩×ゲスト・板垣瑞生(M!LK)トークショー
日付:7月22日(月)
場所:渋谷・ユーロスペース
登壇:望月歩、板垣瑞生(M!LK)

映画情報どっとこむ ralph 公開から3日、満席の会場に登場した主演の望月歩さんと板垣瑞生さん。

連日トークを行っている望月さんは
『五億円のじんせい』望月歩 望月さん:今日は瑞生が来ているので いつもより大きい声でしゃべれそう!

と話すと、

板垣さん:今日は僕のほうが緊張してます!自分が出ていない映画でこうしてトークをするのは初めてなので、低姿勢で来てます(笑)

と笑いを交えながらも緊張の面持ち。 板垣さんは映画をどう見たか?と問われると

板垣さん:映画のワンシーン、ここがいいな、この人の表情がいいなというのはあるけれど、どの人が出 てきても生きている感じがするというのはなかなかない、数少ない映画。『ソロモンの偽証』という命を懸けた作品で一緒した歩がこの作品で 主演をするのはうれしかった、これは友達としての思い。

と語る一方で

板垣さん:言わないでおこうかなと思ったんだけど、不覚にも悔しかった。生と死 という重いテーマをポップにやるのはすごく大変だと思います。望来ちゃんをやりきった歩が役者として素晴らしいなと思いました。

と手放しの絶賛を送った。 一方、その言葉をうけた

望月さん:うれしいんですけど・・・・今日久々に会って…芸能人ぽくなってんなと。マイクの持ち方とか

とまさかの 塩対応!

板垣さん:ちょっと待てよ!傷ついた言葉でした!!

と返すと、そのやり取りに場内も爆笑の渦に。

板垣さん:「答えがある映画じゃないと思ってる。僕はこの映画を見て、心が元気になりました!!

と熱く感想を語るものの

望月さん:ありがとう。。。

と塩対応は変わらず、

板垣さん:そんな刺さんないかな~、俺の言葉!!

と返しまた笑いが起きていた。


さらに板垣さんは本作の予告編を目にして「絶対見に行くよ」と望月さんに伝えていたそうで、

望月さん:来ると思っていなかった人から連絡がきた、見ていてくれたんだとうれしくなりました。連絡してきたときに名前が違ってたんですよね…

と恨み節。板垣さんは全く気付 いていなかったようで「ごめん!!!」と平謝りし、二人の睦まじい様子に場内も温かい笑いに包まれていた。

映画情報どっとこむ ralph これからの日本映画界を背負う若手実力派として注目を集めるお二人。
今後の目標を問われ

望月さん:(板垣さんと)また共演したいかといわれるとそうでもないなぁ、まだ会う時じゃないなぁと思っていたんですけど、今日こんなまじめな話を聞いて、いつかまた共演したいなと思いました。

板垣さん:この映画を見て、僕は望月歩と共演したい!早く共演したい!と思いました。今回出させてもらいたかったくらい。 (二人が出会った)ソロモンで共演したみんなとも。一人の役者として恥ずかしくないように頑張りたい。

と語った。


ユーロスペースでは連日イベントが行われており、7月23日(火)18:40の回上映終了後には物語のキーパーソンを演じる森岡龍さん&望月 歩さん&文晟豪監督トーク、7月24日(水)18:40の回上映終了後には望月歩さん&文晟豪監督によるティーチイン、7月25日(木)には11:30 /13:50/16:20/18:40全回終了後に望月歩さんティーチイン&サイン会を予定している。


映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

ユーロスペース他にて絶賛公開中

善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。17 歳になり五億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来 は、とある出来事をきっかけに SNS で自殺を宣言。そこへ見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届 く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれなが ら、思わぬ発見が彼を待っていた。

***********************************

  
監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美

出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3 年 A 組-今から皆さんは、人質です-」) 山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美

主題歌:「みらい」ZAO 製作:畠中達郎 田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元 協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子 助監督:久保 朝洋 撮影:田島茂 照明:山田和弥 録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平 ヘア・メイク:有路涼子 スクリプター:松 本月 編集:脇本一美 制作担当:芳野峻大 音楽:谷口尚久 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 宣伝:ミラクルヴォイス
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT 助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

2019 年/日本/112 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
配給 NEW CINEMA PROJECT
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT
  


間宮祥太朗「何しろ、堀未央奈が可愛いです!」『ホットギミック』完成披露で吐露


映画情報どっとこむ ralph 次世代の映画監督:山戸監督の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)に全国公開となります。

ので、新宿バルト9の特設ステージにて行われた第一部完成披露イベントでは超巨大タマゴから堀未央奈が登場!
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ

そして、第2部の完成披露舞台挨拶は劇場に舞台を移し、堀未央奈さん・清水尋也さん・板垣瑞生さん・間宮祥太朗さん・山戸結希監督に加え、桜田ひよりさん、上村海成さん、吉岡里帆さんも登壇。

本作で描かれる“3つの初恋(不器用な恋・溶けるような恋・秘められた恋)”にかけ、“3つの出来事(不器用だったなと 思う出来事・とろけるような思いをした出来事・秘密にしている出来事)”を発表しました!


日時:6月12日(水)
場所:①完成披露特設ステージイベント@新宿バルト9
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督

場所:②完成披露舞台挨拶
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督

映画情報どっとこむ ralph 温かな拍手の中、キャストと監督が登場。今回生中継もしていると言うことで、みなさんアピール!

堀さん:今日はお集まりいただき、ありがとうございます。目いっぱい楽しんでくださると嬉しいです!

清水さん:無事今日と言う日を迎えられホッとしています。感謝の気持ちでいっぱいです!

板垣さん:お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。素敵な時間になるようによろしくお願いいたします。

間宮さん:(板垣さんのウチワを持つ観客に)その圧倒的顔降臨!って、瑞生の顔が5個並んでるのが気になって・・・。よろしくお願いいたします。

ここから、第二部から合流のキャストのみなさん

桜田さん:今日は短い時間ですがよろしくお願いします。

上村さん:肌寒い中、足をお運びいただきありがとうございます。

吉岡さん:会場の熱量にメチャクチャ驚いています!今日はよろしくお願いします!

山戸監督:心込めて創った作品を沢山の皆さんに観ていただけて、嬉しいです。

と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 堀さんは、上海国際映画祭でアジア新人部門の優秀女優賞を受賞したばかり。
堀さん:ノミネートして頂いたと聞いて、実感がわかなかったのですが、皆さんが喜んでくださって。映画祭に行かせていただいて、世界中の人に「ホットギミック」の良さを知っていただけるように、背負って頑張りたいなと思いました。(拍手)

初主演の堀さんの演技は?

山戸監督:初主演の彼女に演じていただけて、堀未央奈さん以外ありえないと感じました。輝いてくださりました。

と、辛口監督からお褒めの言葉。実は乃木坂46のPV撮影の時からに出会ったそうで

堀さん:映画の撮影で、改めてしっかりお話をさせていただいて、山戸監督は女の子の最前線で戦おうとしてくださる強い方だと感じました。私も、お芝居もそうですが、PRもどんどん頑張ろうと強く思います。

と語りました。

新時代の恋愛映画と評されている本作を

清水さん:本作は女の子のものだと思っています。こうしてみても女性のお客様が多いですし。恋愛における傷やトラウマ、空っぽな心だったり。ちょっとヒリってするかもしれないけど、確実に良い方向に向かうと思うし、なにか、絆創膏・傷薬になる映画。力を秘めていますね。

板垣さん:今までの青春恋愛映画を飛び越えるような映画。いろんな映画の中でも、この映画で人生が変わる人もいるだろうなと思います。そして、何より、監督が命を削って作った映画です。その姿を見て一生懸命やりましたので、一人でも多くの人に観ていただきたいです。

落ち着いているのに熱めのメッセージが続き

間宮さん:凄いしっとりしてるね。(笑)何しろ、堀未央奈が可愛いです!間違いない。女の子の映画では
ありますが、男から見て中学校の時の思春期の女子のわからない部分がこの映画でちょっとわかった気がします。音楽の入れ方やカットのつなぎ方が斬新で。新しい映画になってます。

桜田さんと上村さんは現場でも一緒のシーンが多く

桜田さん:二人のシーンが多かったので、距離を縮めるためにも空き時間はたわいもない話をしました。

村上さん:記憶にも残ってない。とぁいもない話でした。

桜田さん:そんな感じでした!

吉岡さんは複雑な役を演じていて、

吉岡さん:完成したのを見て、こんなにキラキラしてたんだ!と思いました。私の役は家族愛でもなく恋愛でもなく。ゆがんだ所有欲みたいな愛情で。。。堀さんの危うさや透明感やピュアさが立ってくれればいいなと演じました。ちょっと堀さんが羨ましかったです。

映画情報どっとこむ ralph ここで、本作で描かれる“3つの初恋(不器用な恋・溶けるような恋・秘められた恋)”にかけ、“3つの出来事(不器用だったなと 思う出来事・とろけるような思いをした出来事・秘密にしている出来事)”をフリップで発表!


山戸監督:秘密は・・・ホットギミックミック2を撮りたい!
堀さん:嬉しいです!
間宮さん:キャスト入れ替わってたらどうする?
板垣さん:あのオレンジは俺だけだから!
山戸監督:でも頭皮に悪いから・・・
板垣さん:ホント?あとで、お話を

吉岡さん:とろけるような思い。ピザが間で熱々ピザを作りました!

板垣さん:とろけるような。中学生の頃の甘酸っぱい話。何もできなくて、手を握っただけで嬉しくって・・・。かわいいでしょ!

上村さん:秘密・・その作品が受賞しまして。。。。

桜田さん:とろけるような思い。朝起きた時に愛犬が私を見つめていたこと。
堀さん:メチャクチャわかる!とろけます~。

間宮さん:秘密。実は意外と健康志向。基本ご飯は16穀+麦。アバンギャルドで売っていこうとしたのですが・・

清水さん:秘密、料理が下手。

堀さん:秘密・・・側転の練習を始めました。アクション女優を目指しているので。ミラ・ジョヴォヴィッチさんが憧れなので。
間宮さん:グンってなってる!
と、絵の真似をしてみせると、堀画伯が描いた絵を皆でチェック!
『ホットギミック』堀未央奈画伯の絵
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

山戸監督:日本で初めて、皆さんに観ていただきます。胸がいっぱいです。自分では認めたくないのですが、私の現場は、相当過酷と言われていて。。。最もしつこい監督の部類に入っていて。誰もできないと言わずに付き合って演じてくれて。。。毎日ずっとくらいついてくれて、皆さんの真剣さがスクリーンに張り付いていると思います。1秒も瞬きしないように。日本中で孤独を抱えている女の子たちのために真剣に作った映画です。

堀さん:この映画は、主人公がどんどん成長していく映画で、今恋をしている方もこれからしていく方も絶対に観終わた後に何かを胸に感じて帰っていただけると思います。熱い思いを感じ取っていただければと思います。
フォトセッションはお客様と一緒に!


『ホットギミック ガールミーツボーイ』

公開日:6月28日(金)公開 

 

公式HP:hotgimmick-movie.com 

公式Twitter:
@hotgimmick0628

公式インスタグラム:
@hotgimmick_official

ハッシュタグ:#ホットギミック #ガールミーツボーイ


ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。

さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。
昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。

そんな3人の男性との恋に揺れ動く初が選ぶ運命は…。


***********************************


キャスト:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗  桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也  反町隆史 吉岡里帆
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)  監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)

(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会


卵の中から女優:堀未央奈誕生!『ホットギミック ガールミーツボーイ』特設ステージイベント


映画情報どっとこむ ralph 次世代の映画監督:山戸監督の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)に全国公開となります。

第 1 部の完成披露イベントで、主演の堀未央奈、清水尋也、板垣 瑞生、間宮祥太朗、そして山戸結希監督が新宿バルト9の特設ステージに登場!

“本作の誕生”と“女優:堀未央奈” の誕生ということで、なんと堀未央奈は超巨大タマゴから登場する演出。山戸監督は、感極まって。。

『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
日時:6月12日(水)
場所:①完成披露特設ステージイベント@新宿バルト9
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・山戸結希監督

場所:②完成披露舞台挨拶 @新宿バルト9
登壇:堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひより・上村海成・吉岡里帆・山戸結希監督

映画情報どっとこむ ralph 多くのマスコミと今か今かと待つ観客の前に、階段から清水尋也さん・板垣瑞生さん・間宮祥太朗さんが登場すると、大歓声が!!
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ そして、監督もステージに登壇するも、主役の堀未央奈さんがいません。

すると巨大な卵があらわれ、
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 中から堀さんがビーナスのように登場!
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
“女優:堀未央奈” の誕生と言う演出だそう!

映画情報どっとこむ ralph 『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀さん:今日はお集まりいただきありがとうございます。今日はよろしくお願いします!卵の中にいるときは、乃木坂46のライブ以上に緊張して。。。でも、キャストの皆さんが殻を破ってくださったので、楽しく誕生できました!

との、ご挨拶。

清水さん:無事にこの日を迎えられて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。堀未央奈と言う女優の誕生に携われて幸せです。
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
板垣さん:本当に素敵な映画なので。色々な人に届くと嬉しいです。現場での堀さん凄かったので、これから先、またどこかの作品でご一緒出来ればと。
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
間宮さん:卵よかったっすよね!凄い良かった(堀さん:ありがとうございます!)生まれましたよ!無事!
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
山戸さん:本日は・・卵もよかったですし、よろしくお願いいたします。
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 久しぶりに、キャストに会ってみて
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀さん:撮影の時よりも皆さんの雰囲気が大人びていて、こうやって再開して、無事完成披露迎えられてうれしいですし、今後のプロモーションも皆で頑張ろうと思います。

新時代恋愛映画誕生への監督の思いは?

山戸監督:ティーン向けの恋愛映画だから。。
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ (感極まる監督。フォローする優しい間宮さん)
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 山戸監督:ティーンの女の子向け映画だからと言って妥協は一切していません。キャストやスタッフの皆さんが尽力した映画です。日本の女の子には新しい恋愛映画が必要だと思っています。それは上の世代任せではなく、私たち世代が日本の女の子向けの映画を誕生させられたこと嬉しく思いますし、多くの方にご覧いただけるのが嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ 堀さん:『ホットギミック ガールミーツボーイ』今までの、恋愛映画とは違った、いろんな方に、いろんな形で届くメッセージ性の強い映画になっていまして。主人公に共感しながら思いを馳せながら観ていただければ嬉しいです!

と、メッセージを送り
『ホットギミック』新宿バルト9特設ステージ
劇場での舞台挨拶に向かうのでした。



ホットギミック ガールミーツボーイ

公開日:6月28日(金)公開 

 

公式HP:hotgimmick-movie.com 

公式Twitter:
@hotgimmick0628

公式インスタグラム:
@hotgimmick_official

ハッシュタグ:#ホットギミック #ガールミーツボーイ

「ホットギミック」ポスター ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。

さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。
昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。

そんな3人の男性との恋に揺れ動く初が選ぶ運命は…。

***********************************


キャスト:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗  桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也  反町隆史 吉岡里帆
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)  監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)

(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会


高杉真宙、佐野岳からコメント到着 映画「超・少年探偵団NEO −Beginning−」公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 江戸川乱歩の大ベストセラー『少年探偵団』シリーズを原案とした、新感覚学園ミステリー映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』の公開が、2019年10月25日(金)に決定!

本作の主人公は、少年探偵団初代団長・小林少年のひ孫である芳狼(高杉真宙)。親友のワタリ(佐野岳)や明智小五郎のひ孫である小夜(堀田真由)とともに平穏な学園生活を送っていたが、ある日を境に学園に次々と起こる怪事件に巻き込まれることに。同学園のミステリー同好会の部長・クロサキ(長村航希)、同じくミステリー同好会に所属する夢野正太郎(板垣瑞生)、塚原舜(前田旺志郎)という個性豊かな3人も、怪事件の謎解きにはまっていき、学園ミステリーは加速していきます。

今回”初”解禁となるオフショット写真と、主演の高杉真宙さんを始め、佐野岳さん、堀田真由さん、長村航希さん、板垣瑞生さん、前田旺志郎さんからのコメントが到着しました!


映画情報どっとこむ ralph 【高杉真宙さん】
『超・少年探偵団NEO −Beginning−」公開決定うれしいです。撮影から時間が経っていますがいよいよ公開決定で、やっとという感じがします。 先日、初号を観させていただきましたが、芳狼という青年は過去に複雑な気持ちを持っている役だったので、監督とよく話し合いながら挑みました。小さな頃に読んでいた少年探偵団をこうやって演じられるのが嬉しく慎重に進めていったのを覚えています。

【佐野岳さん】
当初は、あの江戸川乱歩の人気シリーズが『超』や『NEO』という文字と共に新しく生まれ変わるという事でプレッシャーを感じましたが、現場では監督の話を伺ったり、キャストやスタッフとのコミュニケーションを経て、リスペクトを込めて全く新しい少年探偵団をつくれたらと思い臨みました。撮影から約2年がたち、ようやくみなさんに観ていただける事をとても嬉しく思います。そして、高杉真宙くんとの久々の共演という事で、お互いの成長も観ていただけたらと思います。この作品は、笑いあり、友情あり、アクションあり、勿論ミステリーありと、老若男女、幅広い方々に楽しんでいただける作品になっていると思います。物語が進むうちに、小林芳狼の瞳に変化があるのですが、ワタリなりにも芳狼の変化に伴って芳狼を見守る瞳が変化する様に心がけて演じました。個性豊かなメンバーが絡み合って、不器用ながら一歩ずつ進んでいく超・少年探偵団NEOのみんなを観ると前向きになれる気がしました。是非大切な人と劇場で観ていただきたいです。

【堀田真由さん】
いよいよ皆さんに観ていただけるのかと思うとすごく嬉しいです。試写会で観させて頂いた時アニメーションや音が加わり想像以上にかっこいい仕上がりになっていて益々、楽しみになりました。私が演じた明智小夜は、幼馴染の芳狼やワタリくんのような男の子が周りにいる環境で育ってきた故の気の強さをうまく出していけたらなと監督と相談しながら演じさせていただきました。また、小夜のもう1つの顔であるアイドルカットがスクリーンいっぱいに映ることは私自身とっても気恥ずかしいですが皆さんには暖かい目でみていただけると嬉しいです。誰もが童心の気持ちを取り戻し懐かしい記憶を呼び起こすそんな作品になっていると思います。ぜひ、沢山の方に観ていただけますように!

【長村航希さん】
やっと、やっとです!皆さんに届けられることがとても嬉しいです。なーんにも考えないでラクに観に来て下さい!初号試写は板垣くんと隣合わせで観たのですが2人でケラケラ笑ってしまいました。同じミステリー同好会の旺志郎くんも一緒に観たかった!クロサキは一見うるさくて嫌なヤツに見えますが、本当に可愛い高校生です。人との付き合い方がちょっと下手くそだけど、素直で良いやつなんです。きっと皆さんの周りに似たような人が1人はいると思いますが、邪険にせず相手してあげて下さい!(笑)

【板垣瑞生さん】
この作品が皆さんの目にどう映るかとても楽しみです!!!少年探偵団が実際にこの世界にいたと思って没頭して笑って見てくれる、そんな世界にしたくて一生懸命みんなで頑張ったので是非劇場で見てくださると嬉しいです。すごく未来を感じる作品になっていると思います。そんな大それたテーマじゃないかもしれませんが、子供の頃のワクワクをとっても感じてキラキラした気持ちになりました!!!自分が演じた夢野正太郎を実際映画を通して見て、最高だなって笑笑思いました。学校にいたらすげー友達になりたい変なやつを思って演じたので、皆さんのそんな人になれたら良いなと思います笑笑

【前田旺志郎さん】
実際に撮影したのが2017年の4月だったのでついに公開される!という感じです(笑)。今まで演じたことがないくらいユニークな役に挑戦させていただいたので自分自身はすごく楽しかったのですが、いざ公開と言われるとどう思われるかなと考えてしまい少し心配です。。。ただ、全力でふざけて楽しく撮影した姿を早く見て欲しいとも思っています。撮影現場では、僕とクロサキ役の長村くんと正太郎役の瑞生は本当にずっと一緒にいてベラベラと話をしていたのですが、それをすごく思い出しました。クロサキと同様に長村くんは普段からずっと面白く、役を離れてもリスペクトしていたので、その実際の雰囲気もクロサキと塚原の関係性をすごくよく作ったなと思いました。塚原は自分の中では珍しい役だったこともあり、現場が始まる前は不安な部分もあったんですが、現場の雰囲気がめちゃくちゃ良くて、楽しくふざけることができました(笑)。ミステリー同好会でたくさん笑っていただけたらうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』

公式サイト:http://SBD-NEO.com/
公式SNS:Twitter(@sbd_neo)
Instagram(@sbd_neo)
1936年に雑誌『少年倶楽部』での連載が始まり、全26巻のシリーズが刊行された江戸川乱歩の大ベストセラー『少年探偵団』シリーズ。これまで数多くの映画やTVドラマが作られてきた人気作である本シリーズを原案に、新たな物語として生まれ変わる。この物語の主公、小林芳狼は少年探偵団初代団長・小林少年のひ孫なのであるー。そんな芳狼の目の前に10年間行方を眩ましていた怪人二十面相が姿を現す。そして二十面相は「約束の時は近い」とだけ言い残し去って行くのだった。果たして二十面相の言う『約束』の真意とは…?揺れ動く芳狼の周りで次々と巻きこまれる怪事件の数々。学園七不思議の一つ”青毛布の者”騒動、中等部生徒失踪事件、突如現れる謎の電人。そして芳狼自身も知らない秘められた能力が覚醒する—。奔走する芳狼を支えるのは、明智小五郎のひ孫である小夜や幼馴染みのワタリを始めとした個性豊かなメンバー達。全ての謎が絡み合い、答えが見つかるとき、今こそあの「少年探偵団」が復活する!その名も「超・少年探偵団NEO」!!

***********************************

高杉真宙佐野岳 堀田真由長村航希 板垣瑞生 前田旺志郎
原案:江戸川乱歩『少年探偵団』シリーズ
監督:芦塚慎太郎 脚本:赤尾でこ 芦塚慎太郎
音楽:丸山漠 (a crowd of rebellion)
主題歌:a crowd of rebellion「Calling」(Warner Music Japan Inc.)
製作:PROJECT SBD-NEO 制作プロダクション:ファインエンターテイメント VFXプロダクション:白組 怪人二十面相デザイン:天野喜孝
宣伝:MUSA
配給:coyote
配給協力:アーク・フィルムズ
©2019 PROJECT SBD-NEO


堀未央奈 3つの初恋の写真一挙解禁 山戸結希監督『ホットギミック ガールミーツボーイ』


映画情報どっとこむ ralph 山戸結希の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』が6月28日(金)に全国公開となる。


主人公の成田初(なりたはつみ)役に大抜擢されたのは、映画初出演にして、初主演、本作にて女優デビューとなった堀未央奈(乃木坂46)。

初に心惹かれる3人の男性キャストには清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗と、若手実力派俳優たちが集結。

また、桜田ひより、上村海成と映画界の今後を担うフレッシュなキャストと反町隆史、吉岡里帆の人気、実力共に兼ね備えたキャストたちが脇を固める。

不器用な恋。溶けるような恋。秘められた恋。 
3つの初恋の果てに、彼女が選んだ自分の進むべき1つの答えとは――。
本作は平凡な女子高生・成田初に訪れた”3つの初恋”の物語。同じマンションに住む3人の魅力的な男性が1人の純朴な少女に恋をするという夢物語を幻想的に映しながらも、恋をするからこそ、自分自身の存在に向き合っていく“ガールミーツボーイ”としての物語、10代の不安定でリアルな感情が描かれた“新時代の青春恋愛映画”となっている。

映画情報どっとこむ ralph この度、初✕亮輝=不器用な恋、初✕梓=溶けるような恋、初✕凌=秘められた恋、3つの初恋それぞれの個性が垣間見える場面写真が解禁となった。

1枚目は、
秘密を握られたことから、初が亮輝からちょっかいを出されている場面の一部始終が収められている。初へ寄せる一途な恋心とは裏腹に、傲慢な態度を取ってしまう亮輝の不器用さが浮き彫りとなっており、また自分に自身が持てず遠慮しがちな初の性格も感じ取ることができる。

2枚目は、
人気雑誌のモデルとして活躍する梓の華やかな世界へと足を踏み入れた初の姿が捉えられたもの。端正な顔立ちで優しげな雰囲気をまといながらも、どこか危うさを感じさせる梓の表情が印象的だ。物語を急展開させるきっかけとなる重要なシーンから切り取られている。

3枚目は、
初と凌の場面写真。常に初を気にかける凌の優しさがにじみ出た1枚となっているが、その眼差しは家族ともまた違った愛情を感じさせる。兄でありながら、初に想いを寄せる凌にはある秘密が…。

ありのままの自分にずっと一途な想いを抱いてくれる亮輝、モデルとして活躍し幼い頃からずっと憧れの存在である梓、兄として寄り添い、知られざる秘密を抱えながらも絶えず愛情を注ぐ凌。初が3人の男性との恋に揺れ動き、悩みもがきながらたどり着く、どこまでも透明で儚い初恋の答えとは?

映画情報どっとこむ ralph 恋に落ちて知った喜び、切なさ、迷い・・・すべての恋愛感情が1つ1つの恋に閉じ込められた本作は、“1本で3本分の 恋愛映画の見応え!”圧倒的な映像美とスケールで描かれた“新時代の青春恋愛映画”がもたらす新たな“胸キュン”を是非、劇場で体感して頂きたい。


『ホットギミック ガールミーツボーイ』

6月28日(金) ROADSHOW

公式HP:hotgimmick-movie.com 
公式Twitter:@hotgimmick0628
公式インスタグラム:hotgimmick_official 

ハッシュタグ:#ホットギミック #ガールミーツボーイ 


ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった。
さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。
昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。
そんな3人の男性との恋に揺れ動く初が選ぶ運命は…。

***********************************


キャスト:
堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗 桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也
反町隆史 吉岡里帆

原作:相原実貴「ホットギミック」
(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)

監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会