「松重 豊」タグアーカイブ

男の妊活ミッション奮闘記!松重豊の初主演映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社文庫刊)を原作に、一般的に馴染みの薄い“男の妊活”を真正面から描きながらも、ユーモアあふれる語り口で展開される映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』が10月4日(金)より全国公開する。

この度、日本を代表する名バイプレーヤー・松重豊の待望の初主演映画としても話題の、本作の最新予告映像が解禁となった!

49歳の作家・ヒキタクニオ(松重豊)は、一回り以上年が離れた妻・サチ(北川景子)と仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチの幸せな日常が描かれる中、ある日、サチから飛び出した「ヒキタさんの子どもに会いたい」という一言がきっかけで、ヒキタの生活は一変。医師からの「精子の8割は動いていない」という衝撃の宣告を受け、ヒキタの身に起こっている現実が、解禁された予告映像で明らかになっている。

健康な精子を取り戻すため、「禁酒」や「運動」はもちろん、様々な情報を基に「桃缶を食べる」ことや「断食」、さらには「墓参りに行く」など、“男の妊活”がスタートする。「やれることは全部やる!!」と奮闘するヒキタの姿とは裏腹に、中々結果に現れない中語られる、「子どもが普通に生まれることだけで、神様が担当するくらいの奇跡なのだ」というセリフに思わず心揺さぶられる。他にも父親からの強い反対に遭うサチが「ヒキタさんとだから頑張ってるの!」と力強い言葉を放つシーン、悔しさとともに自身を殴りつけるヒキタの姿など、“妊活”を通して確かめられる夫婦の愛に、きっと多くの“感動”が待っているだろうとますます期待は高まるばかりだ。

映画情報どっとこむ ralph また併せて解禁された本ポスタービジュアルは、満開に咲いた桜並木をバックに、どんな困難が立ちはだかっても、二人で支え合い、明るく前向きに乗り越えていくであろうヒキタ夫妻の姿が印象的に仕上がっている。ユーモラスかつ抒情的に描かれる本作の公開に、是非ご注目いただきたい。
『ヒキタさん!-ご懐妊ですよ』本ポスター

映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』

10月4日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019

***********************************

出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗
脚本・監督:細川 徹
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北川景子が松重豊の二回り近い年下の妻に!映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名バイプレーヤーである松重豊の待望の初主演映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」が、今年10月、全国公開することが決定しました。

原作は作家・ヒキタクニオ氏が自らの体験を基に書き上げたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)。

一般的に馴染みの薄い“男性不妊”を真正面から描きながらも、ヒキタ氏のユーモアあふれる語り口で展開される本作は大きな話題を呼び、角田光代氏も大絶賛。この度、実写映画化が決定!

映画『ぱいかじ南海作戦』『オケ老人!』をはじめ、笑いと哀愁が入り交じる舞台でも絶大な人気を誇り、脚本家や構成作家としてもマルチに活躍する細川徹監督が、困難が立ちはだかっても、明るく前向きに乗り越えていくヒキタ夫妻の姿をユーモアを交えながら抒情的に描き出す。

映画情報どっとこむ ralph 主人公のヒキタさんを演じるのは、数多くのテレビドラマや映画、CMや舞台などで見ない日はない名バイプレーヤー松重豊。主演テレビドラマ「孤独のグルメ」が日本のみならずアジアでも大人気の松重は、本作が映画初主演となる。男性不妊という現実にショックを受けながらも、それを受け止め、夫婦で力を合わせ、全力で妊活に取り組むヒキタの姿を、時に頼もしく、時にコミカルに演じ、ユーモアたっぷりの愛おしきヒキタ像を作り上げている。

<ヒキタクニオ役:松重豊>

◆脚本を読んでみて
妊活モノというのは全く想定外の出演依頼でして、ひとくちに子作りと言っても、大変な苦労があるものだなと、読んではじめて知らされることばかりでした。

◆ヒキタさんを演じてみて
北川景子さんが奥さん役でしたので、この年齢差をどう成立させなきゃいけないのか、そればかり考えて現場に入りました。でもそこはさすが北川さん、実に自然な夫婦感を醸し出してくれました。思えば私にとって、夢のようなひとときでした。

◆撮影や共演者について
北川さんはじめ、伊東四朗さん濱田岳くん、じつにナチュラルにこの世界を包んでくださる共演者に囲まれ、ストレスを微塵も感じないスタッフワークと共に、クランクアップが恨めしいほどでした。

◆「北京国際映画祭」コンペティション部門への正式出品が決まって
こういう華やかな舞台は自分には無縁だと思っていました。北京には美味しいカフェがあって、そこに繰り出してスイーツを食べるのが今から楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph ヒキタと二回り近い年下の妻・サチを演じるのは、老若男女問わず絶大な支持を集める北川景子。松重と共演経験はあるが、夫婦役は初となる。懸命にヒキタを支え、共に困難を乗り越えていく健気な妻の姿を見事に体現した北川は、本作で新境地を開いている。

<ヒキタサチ役:北川景子>

▼脚本を読んでみて
不妊治療をテーマにしながらもコメディタッチで描かれていて面白かったです。
弱音を吐かず、懸命に夫を支えるサチさんの姿は同じ女性としても感銘を受けました。
ヒキタさんとサチさんが歩んできた道のりをいかにリアルに、ユーモアたっぷりに表現できるかが鍵になると思いました。

◆サチを演じてみて
ヒキタさんとサチさんはふた回りほど年の離れた夫婦ですが、松重さんとは何度も共演させていただいているので、信頼関係が出来上がっている状態で演じられたのは本当に良かったと思います。クランクインしてすぐに、自然と夫婦になれたような気がしました。私はこの作品に取り組んで不妊治療について詳しく知ったのですが、夫婦の心の絆と、困難にぶつかっても乗り越える強さがなければ到底できない、大変なことだと知りました。私は経験がありませんでしたが、サチさんの不妊治療に取り組む姿勢をリアルに表現したいと思いました。とても難しかったですが、この作品がたくさんの方に届いてほしいと思います。

◆撮影や共演者について
撮影はほぼ一年前。もう懐かしいです。松重さんと毎日朝から晩まで一緒にいて、本当に家族のような錯覚さえ覚えました。濱田岳くんもよく知った方なので、アットホームな現場でした。桜のシーンが印象的で、天候にも桜にも恵まれ、とても良いシーンになりました。楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph さらにヒキタ夫婦を取り巻く人々にも実力派俳優陣が集結。
ヒキタの担当編集者・杉浦を濱田岳、サチの厳格な父親・和夫を伊東四朗、ヒキタ夫妻の主治医・桑島を山中崇が演じ、随所に魅せる個性派俳優たちの名演にも注目です。

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」

10月全国公開です。

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

物語・・・
ヒキタクニオ、49歳。職業、作家。二回り近く年の離れた愛する妻・サチと仲良く2人で暮らしている。
サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。子どもは好きだけど、自分たちの子どもは作らずに2人だけで生きていくと決めていたが、ある日「ヒキタさんの子どもに会いたい」と妻は言った。
その一言がきっかけで妊活を始めるも、なかなか結果は出ず・・・クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタ自身にあることが判明!そこからヒキタ夫妻の悲喜こもごもの妊活の日々が始まる。

***********************************

映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」
松重 豊   北川景子
山中 崇  濱田 岳  伊東四朗 

脚本・監督: 細川 徹  
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊) 
    
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

柄本佑、冨永昌敬監督が登壇『素敵なダイナマイトスキャンダル』日本外国特派員協会記者会見


映画情報どっとこむ ralph 「写真時代」「NEW self」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイを、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。本作は、7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、70〜80年代のサブカルチャーを牽引する伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春グラフィティです。

3月17日の公開に先駆け、この度、日本外国特派員協会にて記者会見を行いました。

「素敵なダイナマイトスキャンダル」日本外国特派員協会 記者会見
日時:3月14日(水)
場所:公益社団法人日本外国特派員協会
登壇:柄本佑、冨永昌敬監督

映画情報どっとこむ ralph 試写した直後の外国特派員に大きな拍手で迎えられた冨永昌敬監督と柄本佑による記者会見。

Q.エッセイが元だとは信じられないような話が展開されますが、どのくらい脚色をされましたか?

監督:末井昭さんは自伝的要素のあるエッセイをたくさん書かれています。ですからネタはたくさんありましたし、本に書いてないこともお話を伺いました。すべてを描こうとすると2時間の映画に収まらない。僕としては脚色したつもりはないですが、本来は5人いた人物を1人にしてみたり、まとめた感じはあります。末井さんの周りには、触れずにはいられないような面白い人がいます。ご自身の人間観察の目が秀でているのだと思います。主人公を追いかけつつ、周りの人たち、影響を与える人たちをいかに少人数で描くか。自分では脚色したとは思っていないですが、そういう意味では脚色しましたし、脚色して面白くなったと思います。

Q.実在の人物である末井昭を演じるにあたって、どのように役を研究されましたか?

柄本さん:最初にお話を頂いた時に、末井さんのエッセイの表紙にある女装姿を見て、単純に「俺と似ているな」と思いました。監督とお会いして、「実在の人物だけど佑くんのままでいいから」言われ、顔も似ているし大丈夫だと思いました。研究という意味では本を読んで、末井さんのお話を聞いて、末井さんを見るということが研究だったのかもしれません。現場に末井さんが6日間くらいいらっしゃって最初は緊張したんですが、いるものはしょうがないというか、いらっしゃるんだから逆になるだけ末井さんを見ておこう、と。人と話したりしているところよりも、末井さんが一人で佇む姿の方が参考になったと思います。

Q.登場人物が怪我をしていたり、曇ったメガネをかけていますが、意図は?

監督:原作にヒントがありました。主人公が若い頃に働いていたキャバレーでは店長や女の子、お客さんの揉め事が多かったそうです。みんな裕福ではないし、生活のためになりふり構っていられない。体を張って仕事をしている。彼らに限らず50年前の日本にはそういう人々が大勢いたと思います。そういうなりふり構っていられない人を描くために、メガネを曇らせました。今は、メガネを拭くための専用の布があります。でも、僕の想像ですが、当時は服や指で拭いていたと思うんです。メガネはただの道具で、見えればいい。少々怪我をしても仕事は休まない。そういう人たちが、他人の視線が気になっている自意識過剰な若い頃の主人公を見る。そういう視線に晒されるという繰り返しが、彼を鍛えていったのだと思うんです。彼が成長すると、メガネが曇っている人は出てこない。昔の日本人はメガネが曇っていたのではないか、という僕の想像の説に立脚しています。

Q.これほどチャーミングな柄本さんを始めてみました。柄本さんの魅力でしょうか。それとも、末井さんにお会いしたことが影響しているのでしょうか?

柄本さん:チャーミング、だったかなあ(笑)?嬉しいですが、意識はしていませんでした。監督が男性的な方で、現場で迷いがなく、確信めいている男性的な方で、僕は内面が女子なので「安心して抱かれていればいいな」と。それが面白くて、撮影中はノンストレスでした。そういう部分がチャーミングに写っているのかもしれません。

映画情報どっとこむ ralph 芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

素敵なダイナマイトスキャンダル』。

3月17日(土) テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国公開!
dynamitemovie.jp

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。

稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************

柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子
中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬 原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)
音楽:菊地成孔 小田朋美
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.) 
配給・宣伝:東京テアトル 
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北野武監督『アウトレイジ 最終章』が第74回ベネチア国際映画祭クロージングに!


映画情報どっとこむ ralph この度、北野 武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』(10月7日全国公開)が、8月30日よりイタリアにて開催される第74回ベネチア国際映画祭の、クロージング作品に決定しました!


本作は世界最速で上映されるワールドプレミアとして、開催最終日である9月9日(土)授賞式後に映画祭の締めくくりとして上映されます。
北野監督とベネチア国際映画祭の関わりは深く、これまでに第54回ベネチア国際映画祭にて『HANA-BI』が最高賞である金獅子賞、第60回ベネチア国際映画祭にて、『座頭市』が監督賞にあたる銀獅子賞を受賞しています。また『アウトレイジ』シリーズとしては、第1作目『アウトレイジ』が第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて上映、第2作目『アウトレイジ ビヨンド』が第69回ベネチア国際映画祭コンペティション部門にて上映されており、3部作全てが世界三大映画祭にて上映される快挙となります。

北野監督からのコメント
映画祭のクロージング作品として『アウトレイジ』シリーズの最終章とはまさにぴったり、願ったり叶ったりだね。いつものことながら観客の反応が楽しみだな。

今回の決定を受け、北野監督は公式上映に参加することが決定しております。

映画情報どっとこむ ralph 『アウトレイジ』シリーズは、北野 武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、累計興収22億円超を記録した超人気シリーズです。そんな『アウトレイジ』シリーズが、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎えます。

本作でも超豪華キャストが全員暴走し、先の読めない《裏切り》《駆け引き》《騙し合い》を繰り広げます!どんな決着を見せるのか!?どうぞご期待ください。

あらすじ・・・
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

10月7日(土)、全員暴走!
outrage-movie.jp

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武 
音楽:鈴木慶一

出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野  
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『アウトレイジ 最終章』全員暴走「バカヤロー!」な予告編初解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』(10月7日全国公開)の、<予告編>と<ポスタービジュアル>が完成しました。

『アウトレイジ』シリーズは、北野 武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズです。そんな『アウトレイジ』シリーズが、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎えます。

完成した予告編は、《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下、韓国に渡った大友(ビートたけし)と、大友を慕う韓国・済州島グループの市川(大森南朋)がマシンガンを乱射する、『アウトレイジ』シリーズ史上最高にド派手で衝撃的なシーンからはじまる。

取引のために滞在した韓国の地で【花菱会】幹部・花田(ピエール瀧)がトラブルを起こし、大友と対峙する。「なめとんのか!!」と恫喝する花田に対し「なめてなんかいねーよバカヤロー!!」とブチ切れる大友。しかし、この結末は花田が張会長の手下を殺害するという最悪のシナリオに…。焦る市川と苛立つ大友の思いをよそに、このトラブルをきっかけに《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》、一触即発の状態になってしまう。

一方、【花菱会】では新会長の野村(大杉 漣)が、目障りな若頭・西野(西田敏行)を陥れようと、【張グループ】と西野が争うよう花田を焚き付けて画策し、【花菱会】内部での内紛が巻き起こる。《裏切り》・《駆け引き》・《騙し合い》が連続し、それぞれが想いを交錯させ、【張グループ】【花菱会】【山王会】【警察】が入り乱れる“全員暴走”の全面戦争へと突入。大友もまた、全ての因縁に決着をつけるべく日本へと戻り、暴走劇を繰り広げる。

映画情報どっとこむ ralph シリーズ史上最大級のスケールでおくる<全員暴走>の究極の抗争劇。

《怒号》と《大金》、《銃弾》が飛び交い、《裏切り》・《駆け引き》・《騙し合い》が連続する、アウトレイジ(極悪非道)たちの全面戦争!果たしてどんな決着をみせるのか?遂に完結する最終章公開に向け、ますます期待が高まります。

さらに、<なりきりトイサングラス付き>前売りムビチケカードの販売が決定!

発売日:7月15日(土)
価格:¥1,400-(税込)
※特典はムビチケカード1枚につき1つ。
※劇場窓口での購入者限定の非売品(一部劇場を除く)
※数量限定。なくなり次第終了 

「オレを誰だと思ってんだバカヤロー!!全員暴走だコノヤロー!!」
サングラスをかけて、アウトレイジ(極悪非道)になりきった自撮り写真を投稿して、豪華特典がもらえるキャンペーンの開催が決定!!
詳しくは
公式HPoutrage-movie.jp
をチェック!

映画情報どっとこむ ralph あらすじ
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】 vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

10月7日(土)、全員暴走スタート!

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武 
音楽:鈴木慶一
出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野  
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会  
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

杏、松重、あでやか着物姿。『百日紅』日本橋でヒット祈願


お栄役 杏さん、父・北斎役 松重豊さん、父娘あでやかに着物姿で、日本橋に登場!

百日紅ヒット祈願
浮世絵師・お栄が父・葛飾北斎や仲間たちとともに自由闊達に生きる姿が江戸の四季をとおして描かれる<爽快>浮世エンターテインメント

百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~

は、5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国公開となります。

百日紅ヒット祈願杏本作の主人公、浮世絵師のお栄を演じるのは、実力派女優の杏さん。
お栄と父娘でもあり師弟でもある天才浮世絵師・葛飾北斎を演じるのは松重豊さん。
今回で3度目の父娘役での共演を果たした二人と原 恵一監督が、映画公開劇場であるTOHOシネマズ日本橋オープン1周年を記念して登場!

自身が演じたキャラクターのように艶やかな着物に身を包み、仲通りを通りを練り歩き。
そして、福徳神社で映画ヒット祈願のトークイベントが行われました。

福徳神社 映画ヒット祈願のトークイベント
ゲスト:杏(お栄役)、松重 豊(北斎役)、原 恵一(監督)
イベント場所:コレド室町内仲通り~福徳神社
①仲通りを歩きます
②福徳神社でヒット祈願トークイベント

コレド室町内仲通りから福徳神社まで、杏さん、松重豊さん、そして、原監督が着物姿で、大勢の買い物、桜見物のお客さんの中を練り歩き。

百日紅コレド室町中通り杏&松重

福徳神社に着いたお三方は

杏さん:みなさまご足労いただきありがとうございます。天気も見事に晴れ。良い気候の中、桜が咲き。この素晴らしい環境の中で日本橋を訪れることが出来、この映画がもうすぐお届けできることが嬉しく楽しみに思っています。
杏1

松重さん:日本情緒たっぷりの作品で、声と言う形で吹き込む。初めての経験で楽しい思いをさせていただきました。そして、日本情緒たっぷりな日本橋でPR出来て嬉しく思っています。
松重豊2

原監督:いま、完成に向けて製作続けている真っ最中です。杏さんや松重さん。他キャストの力を借りて、凄く自信満々で観てもらえる作品になりつつあります。是非ご覧になっていただきたいと思います。
原恵一監督

MC:サクラフェスティバルの中を歩いていただきましたが

監督:みなさん杏さんの顔を見ると笑顔になって。今回僕がお栄は杏さんが良いっていったのでその目に狂いはなかったと思いました。

杏さん:原作者の杉浦日向子さんとかお栄や北斎もこの通りを歩いたのかなとか。近代的な建物の中でも脈々と伝わる日本の心とか文化とか根強く残っている場所だなと思いながらゆっくり歩きたいなと思ってました。

松重さん:映画の中でも北斎は食べ物を食べるシーンとかあって、先ほどウナギが串に刺さったものをいただいて。。。左手に泡の出るものが欲しかったなと・・・(笑)

MC:千年以上歴史のあるこの神社でヒット祈願した思いはいかがですか?

監督:気が引き締まりました。後は神様におすがりするということでお願いしました。

杏さん:歴史ある神社の方たちにお祈りしていただいたのでヒット確実かなと。

MC:最後の仕上げ中の監督。手ごたえは

監督:ものすごくありますね。品質保証は十分です。好きすぎる原作だったのでプレッシャーではありましたが、杉浦さんが描きたかったものを素直に画面に出しました。

MC:杏さん松重さんは声優は初めてとのこと。

杏さん:声のお仕事にも興味はありましたし、杉浦さんの大ファンでもありましたので。こういった形でかかわらせていただけて嬉しいです。また、松重さんと親子共演で来て。出来上がりが楽しみです。

松重さん:声を入れるときドラマでも共演してまして、この作品の話で盛り上がりました。声入れは画面の中の人物に寄り添っていくというのは不思議な体験でした。北斎は尊大な感じではなく、江戸に生きた絵師としての生き方が描かれているので、気負わずにやりました。

MC:杏さんは実際に浮世絵師・お栄の絵をご覧になったことがあるそうですが。

杏さん:西洋画法も取り入れていて、近代的な絵になっているのが可成り驚きました。独創性のある女性だったのだなと思いました。

MC:世界配給が決まっていますが

松重さん:日本の情緒を世界に見せて、どう感動するか。そして、それによって僕らがなにかを気付く。そういうことで日本が再発見出来たらよいなと思います。

杏さん:浮世絵を描いている様子や暮らしを海外の方にも現代の私たちも共有できたらいいなと思います。

最後に

監督:北斎は今でこそ世界的巨匠ですが。アーティストとして仕事をしていたのではなく、絵師。書きたいものを描くことしか興味がない人。そこから生まれた絵が世界的芸術として残されている。そんなところを興味深く見ていただければと思います。

松重さん:杏ちゃんの声をガイドに声を入れたのですが、聞いていくうちに杏ちゃんの声がお栄の声になっていって、アニメの吹き替えは面白いところがあるなと思います。お客さんにどう感じるか検証したいですね。

百日紅ヒット祈願杏2杏さん:アニメ作品。路傍の石一つ一つまでも、意思を持って人の手で描かれたものです。どのような江戸の風景が描き出されるのかを、スクリーンで観ていただける日を待っています。長く長く紅が続くから百日紅だそうです。長く鮮やかに咲いて皆様の目にとどまればよいなと思っています。

百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~

5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国公開です!!

sarusuberi-movie.com

物語

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる
百日紅ポスター
浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら絵師としての人生を謳歌している。今日も江戸では、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれている。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。 江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテインメント! 時を超えて現代へ紡がれる人生讃歌の傑作が誕生しました。

********************************************************************

監督:原 恵一(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』、『カラフル』)

原作:杉浦日向子「百日紅」
出演:杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、麻生久美子、筒井道隆、立川談春、入野自由、矢島晶子、藤原啓治

制作:Production I.G 配給:東京テアトル
(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
   
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ