「松重豊」タグアーカイブ

松重豊、メイプル超合金が『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』大ヒット祈願 at 神田明神


映画情報どっとこむ ralph この度、本作の公開を直前に控え、最大の敵・ドラゴンハンター“グリメル”役の声優を務めた松重豊が登壇し、大ヒット祈願イベントを実施いたしました!松重は、アニメーション作品初の悪役挑戦ながらも、「白髪の大男の悪い奴っていうのは、まさに実写でも演じられるくらいぴったりなはまり役!」と自信を伺わせ、本作で絶対的な存在感を放っている。そして本作を鑑賞したファンからも「雰囲気ぴったり!」「声が渋くて素敵!」と絶賛の声が上がっている。そしてさらに、“主人公:ヒック”と彼の相棒の“ドラゴン:トゥース”の友情も大きな見どころの本作にちなみ、芸能界最強のコンビのメイプル超合金・カズレーザーと安藤なつも登場!本作の大ヒットを祈願し、アニメの聖地・神田明神へなんと龍踊りで応援に駆け付けました!コンビ愛満点の彼らの舞には松重もびっくり?!また、3人には2020年の豊富を祈願絵馬に記しました!


映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公開記念 大ヒット祈願イベント
日時:12月9日(月)
場所 :神田明神
登壇:松重豊、メイプル超合金 カズレーザー&安藤なつ(特別ゲスト)

映画情報どっとこむ ralph 神田明神でまずは大ヒット祈祷
『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』御祈祷 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』御祈祷 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』御祈祷 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』御祈祷 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』御祈祷
映画情報どっとこむ ralph 初のアニメーション作品での悪役に挑戦した松重は「なぜ僕がボイスキャストに選ばれたのか?と思って画を観たら、グリメルは白髪の長身の悪い奴だった。もし実写でやったら、僕がオーディションで受かるかもという役柄です」とグリメルとのそっくりぶりを自認。作品については「まさに老若男女楽しめる作品。友情、冒険、別れ、悲しみ、愛と色々な要素が詰まっている。シリーズ3作目にして最終戦を迎えるというカタルシスもある」と猛プッシュしていた。


一方、メイプル超合金は大ヒット祈願を込めた龍踊の一員として、映画になぞらえてバイキングの兜を着用して粛々とした舞を見せながらの登場。

お笑い要素ゼロの本格的な龍踊にカズレーザーは「今年一番、謎の仕事」と笑わせ、安藤も「後ろにいるカズレーザーの気配すら感じないくらい無の境地だった」と真剣そのもので「龍踊自体がカッコいいので、いい経験をさせてもらった」と笑いゼロの感想。カズレーザーも「縁起ものですからね!」と体験を喜んでいた。
2人の登場に苦笑いの松重だったが「龍踊しかり、世の中にいるわけがないドラゴンという生き物が、世界共通のイメージを持って息づいているのが面白い」と『ヒックとドラゴン』シリーズの普遍性を分析。またアフレコ収録について「英語版のリップに合わせてセリフを言うのが難しかった。口の動きに合わせてセリフを早く言ったり、遅く言ったり」と吹き替え業ならではの苦労を告白。ドラゴンハンターという役柄には「僕はこれまで映画の中で何人も人を殺しているし、宇宙人やゾンビもやってきました。その範疇でいえばドラゴンハンターもあり!」とさすがの余裕を見せていた。

日本中の人々を熱狂の渦に巻き込んだラグビー日本代表チームで “ONE TEAM”が話題となっているが、映画の内容にちなんで「絆を感じた」エピソード披露という企画になると、松重はヒット主演ドラマ・シリーズ「孤独のグルメ」を挙げて「長いことやっているので、スタッフとの絆も強くなりました」とシミジミ。新婚の安藤は「自宅にたこ焼き機が5台あって、旦那さまから『何台か捨てないか?』という依頼があった。でもこれは申し訳ないけれど、捨てられない。まだ置かせてもらっています」とたこ焼きとの謎の絆を発表。カズレーザーは「一緒に住んでいる6人との絆かな?」とルームシェア中の芸人仲間との絆を明かした。

映画情報どっとこむ ralph イベント終盤には、3人で巨大絵馬にそれぞれの願いを書き込むことに。ヒット祈願だけに明るい言葉が並ぶのかと思いきや、松重は「諦める」、カズレーザーは「ぺこぱM-1 4位」、安藤は「不老不死」と個性的すぎる願い。松重は「人生長くないし、五輪のチケットも外れたし。諦めるのは大事。昔は願望のようなものがあったけれど、受け入れることが大事。他人にも自分にも期待しない。そういう生き方です」と悟りの境地で、すかさずカズレーザーから「この文字単体で見たら、誰もヒット祈願とは思いませんよ!」とツッコまれていた。

最後に松重は「自分が声を当てていることを忘れるくらい物語に没入したし、どんな年齢の人が観ても面白い作品。どこから切り取っても味わいがあり、CG技術も凄くて画がクリア。キャラクターの動きも役者がやるよりリアル。僕らも失業の危機を感じます」とアピールしていた。
映画情報どっとこむ ralph 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』

公式HP:
hicdragon.jp

公式twitter:
@Dreamworks_JP


<ストーリー> 
“ヒック”と“トゥース”たちが暮らすバーク島、定員オーバー!新たな聖地を求めて旅立つ、壮大な<引っ越し>アドベンチャー!
かつてドラゴンは人間の敵だった。弱虫のバイキングの少年“ヒック”と傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。
だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバー!亡き父の跡を継ぎ、バイキングのリーダーに成長したヒックは、島を旅立ち、みんなと新天地を探し求める決断をする。
しかし、大移動の旅の途中、最凶のドラゴンハンターに命を狙われ、“トゥース”の前には、謎の白いメスドラゴン“ライト・フューリー”が姿を現す。
そして彼らが辿り着いたのは、人間は住めないドラゴンたちだけの<隠された王国>だった―! “ヒック”と“トゥース”は別れる運命なのか?今、人間とドラゴンの友情
が試されるー。
***********************************

声の出演(字幕・吹替):ヒック:ジェイ・バルチェル(田谷隼)/アスティ:アメリカ・フェレーラ(寿美菜子)
ヴァルカ:ケイト・ブランシェット(深見梨加)/ストイック:ジェラルド・バトラー(田中正彦)andグリメル:F・マーレイ・エイブラハム(松重豊)
製作総指揮:ディーン・デュボア、クリス・サンダース 
製作:ボニー・アーノルド(『トイ・ストーリー』)
監督&脚本:ディーン・デュボア(『リロ&スティッチ』、『ヒックとドラゴン』シリーズ)
原作:『ヒックとドラゴン』クレシッダ・コーウェル著(小峰書店刊)
配給:配給:東宝東和、ギャガ
© 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新田真剣佑×北村匠海ダブル主演『サヨナラまでの30分』予告編、本ポスター、追加キャスト情報解禁


映画情報どっとこむ ralph 新田真剣佑×北村匠海ダブル主演完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月24日に公開となります。

この度、待望の予告編映像が解禁となりました!

歓声の中、振りむくアキ(新田真剣佑)の印象的な表情で幕を開ける映像。熱狂する野外フェスの様子を映し出しながら「この世界からいなくなったアイツが、僕たちの世界を変えたんだ。」というまるでひと時のキセキを振り返るような颯太(北村匠海)のナレーションが重なる。

人付き合いが苦手な颯太の前に現れたアイツ、1年前に死んだミュージシャンのアキ(新田真剣佑)。「お前しかいないんだよ、俺のこと見えるの。お願い、体貸して?」彼が遺したカセットテープを拾ったことから颯太にだけ見えるようになったアキ。そのカセットテープが再生される30分だけ、2人は1つの体を共有する。
アキの目的は、自分がいなくなったことでバラバラになって解散したバンド「ECHOLL」の再結成、そして音楽を辞めてしまった恋人:カナ(久保田紗友)の笑顔を取り戻すこと。颯太の体を借りて歌うアキ。そんなことはもちろん知らず、最初は戸惑いつつも、やがて颯太を受け入れ始めるかつての仲間たち。人付き合いが苦手だったはずの颯太もバンドメンバーと心を通わせていく。しかし、アキがいなくなり音楽をやめたカナだけはそこに帰ってこない。そんな中、カナは颯太が歌う姿にアキを重ねてしまい、悲しみから抜け出すことが出来ない。颯太の体を使ってカナに再会するアキだったが、次第に颯太自身がカナに惹かれはじめていることを察する。

特殊な三角関係が紡ぐ切ない恋模様に胸を掻き立てられる中、次第に颯太と入れ替わる時間が短くなっていることに気づくアキ。「忘れたくない」とアキを思って涙を流すカナ。アキと颯太の奏でる歌がカナに届く時、世界が大きく変わり始める―。
楽曲面では、先日解禁したリード曲「瞬間(sayonara ver.)」に加え、もうひとつのリード曲であり、アキと颯太が歌う「もう二度と」がこの映像で初解禁!「瞬間(sayonara ver.)」とは対照的にバラード調の「もう二度と」は、まるで喪失感をすくい取るかのような切ない一曲となっている。

「”サヨナラ”がくれた、僕たちの”はじまり”の物語」と銘打たれている通り、エモーショナルで心揺さぶられ、期待が高まる予告編が完成した。



映画情報どっとこむ ralph ★本ポスタービジュアルも併せて解禁!★
熱唱するアキと切なく涙を溜めた颯太。それぞれの表情を印象的に配置し、カナ・ヤマケン(葉山奨之)・重田(上杉柊平)・森(清原翔)たちの青春感にあふれ、躍動する瞬間や本作のキーアイテムであるカセットテープが散りばめられている。「アイツが彼女に会うたびに、僕も彼女を好きになる。」というコピーが示す通り、ビターな三角関係もほのめかされているビジュアルだ。
『サヨナラまでの30分』本ポスター
★追加キャストも併せて解禁!★
さらに、20代を中心とした本作メインキャストを支える追加キャストも解禁となった!喪失感を抱えるカナに明るく寄り添う母・村瀬しのぶ役に牧瀬里穂、就活に苦戦する颯太を見守り、そっと背中を押す父・窪田修一役に筒井道隆、バンド「ECHOLL」を応援し、地元のフェスを主催する音楽プロデューサー・吉井冨士男役に松重豊が出演。若者たちの瑞々しいキセキを描く本作に、さらなる深みをもたらしている。
『サヨナラまでの30分』追加キャスト写真
映画情報どっとこむ ralph ★サウンドトラック発売情報も解禁!★
青春映画としてだけではなく、音楽映画としての側面も持つ本作。この度、オリジナルサウンドトラックが、アーティスト名:ECHOLL / Rayons、タイトル:「サヨナラまでの 30 分」として2020年1月22日(水)に発売することが決定。「瞬間(sayonara ver.)」、「もう二度と」など映画内で聴ける劇中バンド”ECHOLL”のナンバーと作曲家/ピアニストRayonsによる劇伴曲を収録。商品の仕様や収録曲などの詳細は後日発表予定。さらに12月2日(水)から「もう二度と」がアルバムから先行配信されることが決定し、本日 19 日よりiTunes プリオーダーがスタートする。

映画情報どっとこむ ralph 『サヨナラまでの30分』

2020年1月24日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com

公式twitter:
@sayonara_30min

サヨナラまでの30分
【STORY】
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。
***********************************

新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔
牧瀬里穂 筒井道隆 / 松重豊

監督:萩原健太郎  脚本:大島里美  
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦  企画・プロデュース:井手陽子 
音楽:Rayons 音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース 
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松重豊、アニメーション作品初の悪役に挑戦! 『ヒックとドラゴン  聖地への冒険』


映画情報どっとこむ ralph 『ボス・ベイビー』で世界中に笑いと感動を届けたドリームワークスが“人間とドラゴン”の新たな冒険を史上空前のスケールで描く、世界54か国で№1メガヒットを記録した待望の最新作『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』が、12月20日より全国公開いたします!

そして!!!

この度、本作の本予告映像が到着!

ドラゴンが増え続け定員オーバーとなった、バイキングとドラゴンたちが共存するバーク島。
父の跡を継ぎバイキングのリーダーとなった“ヒック”は、相棒のドラゴン“トゥース”たちと共に新たな聖地を求めて引っ越しすることを決意するが、史上最凶のドラゴンハンター:グリメルが彼らを待ち受けていた!
大海原を飛び回るたくさんの個性豊かなドラゴンたちのダイナミックな飛行シーンは、観るものすべてを冒険の旅へと誘うワクワクがいっぱいの仕上がりに!
そして、トゥースの前には美しいドラゴン、“ライト・フューリー”が現れ、2匹が心惹かれ合うシーンも収録。
ヒック達は、ドラゴンハンターの手を逃れ、<幻の聖地>にたどり着くことができるのか?
また、トゥースの恋の行方は?!人間とドラゴンの新たな冒険ファンタジーから目が離せない!

映画情報どっとこむ ralph 「ドラゴンと人間は敵だ!」と息巻く本作の最大の敵、ドラゴンハンター“グリメル”役には、俳優の松重豊が抜擢!
グリメル(声・松重さん)ヒックとドラゴン 聖地への冒険 ヒックとドラゴン 聖地への冒険
実写作品では数々の悪役も演じてきた松重だが、アニメーション作品での悪役は初の挑戦となる!
松重は、「悪人を演じる方が実写ではやりやすいが、アニメ作品ではビジュアル的な悪さをどう声で表現するべきなのか、いろいろ考えた」と
初のアニメ悪役への難しさを語りながらも、「白髪の大男の悪い奴っていうのは、まさに実写でも演じられるくらいぴったりなはまり役!」と自信を伺わせた。
自身とグリメルのビジュアルも共通点だという自信もあってか、予告映像では、「ドラゴンを皆殺しにしてやる!」などのインパクト絶大なセリフも難なくこなし、絶対的な存在感を放っている!




2010年8月に日本公開され大ヒットを記録した『ヒックとドラゴン』で、バイキング一族の少年ヒックが伝説のドラゴン、ナイト・フューリー“トゥース”を助けたことにより、争いをやめ共存する道をみつけた人間とドラゴンたち。

その後、バイキングの長に成長したヒックと相棒トゥースたちが暮らすバーク島は、急激な人口&ドラゴン増加で、遂に定員オーバーに!
ヒックとトゥースとその仲間たちが新たな聖地を求めて旅立つ、誰も見たことのない壮大な<引越し>アドベンチャーがこの冬、幕を開けます!

映画情報どっとこむ ralph 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』

公式HP:
hicdragon.jp
公式twitter:
@Dreamworks_JP

『ヒックとドラゴン-聖地への冒険』ポスター かつてドラゴンは人間の敵だった。弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、
バーク島で平和に暮らしていた。

だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバー!
亡き父の跡を継ぎ、若きリーダーに成長したヒックは、島を旅立ち、みんなと新天地を探し求める決断をする。
しかし、大移動の旅の途中、最凶のドラゴンハンターに命を狙われ、“トゥース”の前には白い謎のドラゴン“ライト・フューリー”が姿を現す…。

そして彼らが辿り着いたのは、人間は住めないドラゴンたちだけの<隠された王国>だった―!
“ヒック”と“トゥース”は別れる運命なのか?今、人間とドラゴンの友情が試されるー。

***********************************

製作総指揮:ディーン・デュボア、クリス・サンダース
製作:ボニー・アーノルド(『トイ・ストーリー』)
監督&脚本:ディーン・デュボア(『リロ&スティッチ』、『ヒックとドラゴン』シリーズ)
原作:『ヒックとドラゴン』クレシッダ・コーウェル著(小峰書店刊)
配給:配給:東宝東和、ギャガ
© 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演:松重豊 記憶の三谷幸喜に宣戦布告!映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に“男の妊活”を描いたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』が映画化!映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』が10月4日(金)より全国公開。
10月5日(土)に新宿ピカデリーにて公開記念舞台挨拶を実施。主演の松重豊をはじめ、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督が登壇しました。
松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督1005 公開記念舞台挨拶 (1)
『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』公開記念舞台挨拶
日程:10月5日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督

映画情報どっとこむ ralph 意外なことに本作が初の映画主演作という松重豊さんは、

松重さん:朝早くからこんなにたくさんの方に来ていただいてありがたい限り。
1005 公開記念舞台挨拶 (松重豊) と感無量の面持ち。

松重さん:今まで百何十本という作品に携わってきましたが、台本は転売などされないためにクランクアップの日に破り捨てていたんです。でも、この作品の台本は宣伝などもありずっとカバンの中にありました。今日終わったら破り捨てるつもりだったのですが、だんだん愛着がわいてきて。僕の棺桶に入れてもらおうかなと思っています(笑)

と本作への思いを語りました。

松重さん演じるヒキタの一回り以上年下の妻・サチ役の北川景子さんは

北川さん:不妊治療がテーマではあるのですが、例えばご結婚されていない方や不妊治療の経験がない方など色々な方に楽しんでいただける作品なので、幅広い層の方に見ていただきたいなと思っていたら、今日は男性も女性も、若い方もお子さんもいらっしゃって。たくさんの方にこの映画が届いたんだとうれしい限りです。
松重豊、北川景子1005 公開記念舞台挨拶 (3)[1]
と老若男女様々な観客が詰めかけた満員の客席を前に喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 濱田岳さんは、主人公のヒキタとは違い、“受精大臣”というあだ名をつけられるほど子だくさんの担当編集者・杉浦役。

濱田さん:“受精大臣”という役名は参りましたよね~、なんて品のない!(笑) 本当に温かくて悪人が出てこない作品なので、唯一のヒールとしてヒキタさんを追い込んでやろうと思ってやっていました(笑)

と場内の笑いを誘うと、濱田さんとはこれまで上司と部下、先生と生徒といった関係の役が多かったと話す松重さんは、

松重さん:立場が対等な役だとこの男の小意地の悪さがものすごく鼻につきまして(笑)芝居はうまいし、違う現場では西田敏行さんらも手玉に取って!同年代だったら本当に嫌な奴だろうな、皆さん気を付けてくださいね!

と話すと、

濱田さん:なーんで営業妨害するんですか!あーびっくりしちゃうわ!

と返し、抜群の掛け合いを見せる二人によってさらに会場は盛り上がり!


ヒキタ夫妻の担当医を演じた山中崇さんは、撮影中の印象に残ったエピソードとして、

山中さん:撮影最終日に、ヒキタさんとサチさんが夫婦になっていく姿を見て、お二人が愛おしくて。よかったなぁ、すてきな夫婦だなぁと思ったら、オールアップのカットがかかった時に感極まって泣いてしまったんですね。そしたら松重さんが「お前、泣くの!?」って(笑)

と回答。

松重さん:劇中の先生役の時は難しい医学用語を冷静に話す先生だったのに、カットがかかったら泣き始めて、大丈夫かなこの人は…と(笑)

とこちらも抜群の掛け合いで会場を盛り上げました。

また、サチの厳格な父親を演じた伊東四朗さんは、

伊藤さん:皆さんはご不満かもしれませんね。私が(北川さんの)お父さんではなく、おじいちゃんじゃないの!?って!お父さんです!実生活では娘がいないので、うれしかったですね。

と昨年の撮影を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、本作の物語の中でのターニングポイントとなる『ヒキタさんの子どもに会いたい』というサチの一言にかけて、“忘れられない一言”についての質問が。松重さんが挙げたのは、本作の撮影時に北川さんから言われた『そんなに年離れてましたっけ?』という一言。

松重さん:この作品が始まる前に、北川さんと夫婦役に見えるか悩んでいた時に言われて。その一言に乗せられて今日まで来ました!

と語りました。北川さんは、19歳の時に森田芳光監督から言われたという『女優を辞めないでくださいね』という一言を挙げ、
1005 公開記念舞台挨拶 (北川景子) 北川さん:当時は若いし、やる気もあるし、辞めないよ?という感じだったのですが、壁にぶつかった時に立ち返る言葉になっていきました。

と明かし、

濱田さん:演じる役柄のプレッシャーや難しさに悩んでいた時に、西田敏行さんから『僕はあなたのファンなので、のびのびしている姿を見せてください』と言われて。素直にうれしかったですし、頑張れと背中を押していただいた気がしました!

というエピソードを披露。

山中さん:20代半ばの時に、人のオーラを見る占い師の方に『あなたは物事に真面目だけどオーラがない!人にとっての踏み台よ!』と言われたことが忘れられないです。ちょっとトラウマだったりします。

と明かし、会場からは大きな笑いが起きていました。

伊東さんが挙げたのは、21歳の大学生の時に「アルバイトを辞めて芸能界に入ります」と言ったときの父親の『ふうん』という一言。

伊東さん:今思うとそこには「大変だぞ芸能界は」とか「早く稼ぐようになって俺をラクにさせてくれ」とか、万感の思いが『ふうん』に込められていた。

と語りました。


また、ここで、本作が11月7日から行われる第39回ハワイ国際映画祭のスポットライト・オン・ジャパン部門への招待が決定したことがMCから発表され、

松重さん:ハワイには行ったことないんですよ。ハワイ!やった!と思ってマネージャーに確認したら、「いや行きません」と言われて…

と少し残念がりながらも、北川さんとともに「ハワイの方にも楽しんでいただけたら」と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・細川監督から、

細川監督:妊活・不妊治療というセンシティブで難しいテーマだけに、映画が出来上がるまでにとても時間がかかりました。でも難しいからこそ映画にしたい。笑ったり泣いたりしてもらえる作品が作れたことが感激です。もしかしたら「見づらいかも」と思っている方がいるかもしれないので、「そんなことないよ」って言っていただけると嬉しいです!

と本作への思いが語られると、

松重さん:興行成績とか動員とか意識せずに来たのですが・・・・昔、三谷幸喜さんと一緒に芝居をやっていまして、今ほど『記憶にございません』のあの男が目の上のたんこぶだったことはない!なんとか三谷幸喜をここでぶっつぶしてやりたい!(笑)

と意外な因縁を語り、場内は再度爆笑の渦に。

松重さん:老若男女問わず、いろんな人がいろんな楽しみ方ができる映画だと思っています。気持ちが明るく、前向きになる映画です。ぜひ周りの方に宣伝していただけたら。

と語り、映画さながらの温かい空気に包まれた舞台挨拶となりました。

『ヒキタさん!-ご懐妊ですよ』本ポスター
映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019

49歳の作家・ヒキタクニオ(松重豊)は、一回り以上年が離れた妻・サチ(北川景子)と仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチ。そんなある日、サチから飛び出した「ヒキタさんの子どもに会いたい」という一言がきっかけで、ヒキタの生活は一変する…。医師からの「精子の8割は動いていない」という衝撃の宣告を受け、“男の妊活”がスタートするが…。

***********************************

出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗
脚本・監督:細川 徹
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北川景子さんがいるつもりでヨガ体験!松重豊 映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』プレミアムヨガイベント


映画情報どっとこむ ralph 作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社文庫刊)を原作に、一般的に馴染みの薄い“男の妊活”を真正面から描きながらも、ユーモアあふれる語り口で展開される映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』(東急レクリエーション配給)が10月4日(金)より全国公開する。
『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』 公開を目前に控えた9月26日(木)に、本作の主演:松重豊、そして細川徹監督を迎え、プレミアムヨガイベントを実施した。ヨガイベントの前のトークセッションでは、妊活の名医としてご活躍されている浅田義正先生とLAVAトップインストラクター・井上佳穂理とともに、<夫婦円満>」をテーマにトークを展開しました。
映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』プレミアムヨガイベント
映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』プレミアムヨガイベント 実施概要 
日時:9月26日(木)
場所:ザ・ガーデンルーム
登壇:松重豊、細川徹監督、浅田義正(浅田レディースクリニック院長)、井上佳穂理(LAVAトップインストラクター)

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影現場での様子を伺うと、

松重さん:撮影の待ち時間には北川さんと二人で楽しいおしゃべりをしていましたよ。そういったコミュニケーションの時間が(役としても)夫婦円満の秘訣と言っても良いかと思いますね。

と共演者同士の親睦について語る一方、

松重さん:撮影中は監督さんにOKもらうという点であまり私情を挟みたくはないので、俳優部としてもそれほどベタベタしたくはないという意識があります。それで、むしろ映画撮影が終わって、宣伝で地方を回ったりすると仲良くなっていきますね。

と監督をいじりながらも、監督との仲の良さを伺わせた。


また、ご自身の<夫婦円満の秘訣>をお伺いすると、

松重さん:家に帰ると普通の主婦が「つまんないこのドラマ」ってストレートに感想を言ってくれる環境はむしろありがたく感じています。

と、俳優ならではの目線で温かなエピソードを答えてくれた。

さらに、30年以上の長い付き合いであるにも関わらず

松重さん:ボディタッチというスキンシップは今も変わらずよくします。

と驚きのエピソードを披露し、会場は笑いに包まれた。

また映画本編では、夫婦共通の趣味としてジョギングに挑戦するというストーリーが展開されることから、<夫婦共通の趣味>を聞かれると、

松重さん:子供が巣立って、今は夫婦二人での時間が増えてからは、野菜作りのように土に向かうのが趣味になりましたね。

と夫婦の仲睦まじいエピソードを語ってくれた。

映画情報どっとこむ ralph その後<夫婦共通の趣味>のピッタリということで、特別ヨガレッスン“円満ヨガ”に挑戦した松重さんと監督のお二人。
映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』プレミアムヨガイベント 会場に集まったご夫婦・カップルの一般のお客さんとともにじっくり汗をかいていた。体験を振り返って

松重さん:隣が監督だったので、隣に北川さんがいることを想像しながらヨガをしました。パートナーと二人でできるヨガがあることを初めて知り、夫婦共通のとてもいい趣味になると思いました。

とヨガを絶賛して、温かな雰囲気の中、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』

10月4日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019

『ヒキタさん!-ご懐妊ですよ』本ポスター 49歳の作家・ヒキタクニオ(松重豊)は、一回り以上年が離れた妻・サチ(北川景子)と仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチ。そんなある日、サチから飛び出した「ヒキタさんの子どもに会いたい」という一言がきっかけで、ヒキタの生活は一変する…。医師からの「精子の8割は動いていない」という衝撃の宣告を受け、“男の妊活”がスタートするが…。

***********************************

出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗 
脚本・監督:細川 徹
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松重豊は北川景子に怒られたい!?映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』


映画情報どっとこむ ralph 作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社文庫刊)を原作に、一般的に馴染みの薄い“男の妊活”を真正面から描きながらも、ユーモアあふれる語り口で展開される映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』(東急レクリエーション配給)が10月4日(金)より全国公開いたします。

この度、10月4日(金)の公開を前に、主演の松重豊をはじめ、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川監督が登壇する完成披露上映会を実施しました。
松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督『ヒキタさん!』完成披露上映会
映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』完成披露上映会
日時:9月10日(火)
場所:丸の内ピカデリー1 
登壇:松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督

映画情報どっとこむ ralph 本作が自身初の映画主演作という松重豊さんは、

松重さん:この年まで俳優をやっていると「初主演」という響きに気恥ずかしいものがあり、役を演じているには脇役だろうが変わらないわけですが、しかも男の妊活やアラフィフといったテーマで、刑事ものなどはこれまでもやってきましたけど、本当に知らないことが多くて、勉強にもなる映画だと思う。

と照れ笑いを浮かべた。過去に親子役や上司と部下など何度か松重さんとは共演してきた北川景子さん。今回は初の夫婦役での共演となるが、かなりの年の差夫婦だ。

北川さん:(年の差を)松重さんは気にされていると聞きましたけど、自分は全然気になっていなくて。

と笑顔。

松重さん:Wikipediaで調べたら二回り違うんですよ!愕然としました、「全然夫婦に見えないじゃないか」と言われたらどうしよう・・・と。

と当時の不安を語ると、

細川監督:衣装合わせや撮影初日にも「(夫婦に)見える?見える?と心配されてましたよね。

と暴露されていた。
そんな不安げな松重さんとは対照的に

北川さん:打ち合わせとかはせず、初日から夫婦の空気感が作れたと思います。

と語り、

細川監督:カットをかけないでいると自然にアドリブが続いてくんですよね。その時にこの二人は夫婦に見えるって確信したのを覚えてます。

と二人の生み出す夫婦役への太鼓判を押した。


映画情報どっとこむ ralph また、松重さん、北川さんとともに今まで共演作品の多かった濱田岳さんは、今回松重さん演じるヒキタの担当編集者を演じている。

濱田さん:こんなに松重さんと近い距離感で台詞のキャッチボールが出来たのは初めて。サウナのシーンも松重さんと一緒に調べたり、楽しい時間でした。

と語ると、

松重さん:いつもは僕が上司役で怒鳴ったりする役なので・・・・あれ?岳どこいった?」濱田「いるよ!!

と身長差でいじるなど見事な掛け合いを見せ、会場の笑いを誘った。


ヒキタ夫妻の担当医を演じた山中崇さんは、

山中さん:ハートフルなお話の裏で、【妊活や不妊治療の現実】もしっかりとリアルに描かれています。

と話し、サチの厳格な父親を演じた伊東四朗さんは

伊藤さん:劇中の中でも色々きつい言葉を投げていたけど、いまだに彼(松重)には、いい感情を持ってません!憎らしい男だねぇ。

と最愛の娘を嫁に出した男親の複雑な感情を舞台上でも再現。この愛溢れる婿いびりに、

松重さん:先輩、いじめないでくださいよ~(笑)

とタジタジだった。


実際は年の差がありながら、二人三脚で進んでいくヒキタ夫婦は、現代の夫婦の理想の姿かもしれない。

北川さん:10個以上も年下のサチがしっかりして、夫を支えているように見えるんですけど、笑ってドーンとして構えているのが頼れる夫の姿だと思いましたね。暗い雰囲気を作らずニュートラル。ずーっと変わらないところが男性としても夫としても素敵だと思います。現場での松重さんもニュートラルで、ヒキタさんの共通点かなと思いますね。

と。それを受け

松重さん:僕の中にも年下の女性に怒られたいっていう願望があったんだなと(笑)。撮影現場でも北川さんがいらっしゃるときはとても雰囲気が良くて。彼女が一日早くクランクアップしたんですが、その翌日は朝から一気に怒号が飛ぶ現場になって…我々はそれをサチロスと呼んでました(笑)。

と思わぬエピソードを明かしてくれた。

映画情報どっとこむ ralph また長く結婚生活で妻と連れ添っている松重さんと伊東さんのお二人に【良い夫婦でいるためのルール】を聞いてみたところ、

松重さん:言葉のキャッチボール、くだらない会話でいいんです。会話をする、キャッチボールを続けている関係かどうかではないでしょうか。

と語り、

伊東さん:当たり前だと思わないこと。ご飯をつくってくれるのも、掃除洗濯してくれるのも、妻がそこにいてくれるのも当たり前のことではない。元々は赤の他人だったという、すごい“縁”という接着剤があったんです。それを忘れないこと。

と語った。その答えを受けた

北川さん:この映画の中も、松重さんも伊東さんも、それぞれの夫婦の空気感があるんだと思います。私はまだ(結婚して)3年半と少しくらいなんですけど、まだ探り合っているところがあるかと思うので、これからも細く長くで続けていけたらいいなと思いました。

とコメントし、観客も深くうなずいていた。

松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督『ヒキタさん!』完成披露上映会
最後に・・・

松重さん:子供を作ろうと思った人は世の中にはいっぱいいると思いますし、でも不妊治療まで踏み込んだ人は少ないかもしれません。この映画をやって、じつは僕も私もという声をすごく聞きました。みんなに悩みを打ち明けることもなく閉ざしている人もいるかもしれませんけど、身近な問題だなとこの映画をやってわかりました。この映画は不妊がテーマだといって難しいものでもないし、観た人がどう思ってどう感じているかがすごく面白い映画です。

と語り、温かい空気の中イベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ!』

10月4日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019

『ヒキタさん!-ご懐妊ですよ』本ポスター 49歳の作家・ヒキタクニオ(松重豊)は、一回り以上年が離れた妻・サチ(北川景子)と仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチ。そんなある日、サチから飛び出した「ヒキタさんの子どもに会いたい」という一言がきっかけで、ヒキタの生活は一変する…。医師からの「精子の8割は動いていない」という衝撃の宣告を受け、“男の妊活”がスタートするが…。

***********************************

出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗 
脚本・監督:細川 徹
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社文庫刊)
配給:東急レクリエーション
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』公開決定&ビジュアル・特報解禁


映画情報どっとこむ ralph 今年で生誕110年を迎え空前の盛り上がりを見せる昭和の文豪・太宰治。彼の未完の遺作「グッド・バイ」が、喜劇として生まれ変わり、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のタイトルで2020年2月14日(金)より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定しました。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~(組)
また、本作のティザーチラシと特報も完成。
ティザーチラシでは、女がほっとけない<ダメ男>の田島が愛人たちから引っ張りだこになって困り果てる様子を、<パワフル女>のキヌ子が何か企んでいるような不敵な笑みを浮かべて見ている様子が、何やらワケありな様子を醸し出している。

一報、特報では、「僕が狂っていたんです」と愛人たちと別れる術を連行に相談する田島の途方に暮れた様子や、夫婦を演じることになりレトロモダンな洋服に身を包んだキヌ子が、すまし顔で「田島の家内でございます」と愛人に挨拶する姿が切り取られているだけでなく、なぜか喪服を着た愛人たちが楽し気に踊る様子も垣間見られ、洒脱なコメディを期待させるシーンの数々が30秒に詰まっている。



映画情報どっとこむ ralph キャスト・監督コメントが届いています。

【大泉洋(田島周二役)】
脚本が面白くて読んでいる途中でマネージャーに「面白い!ドキドキする!こういう作品に出たかった!」とメールしたのを覚えています。今回、(撮影に入る前に)成島さんがご病気もなさったということもあり、撮影時に、<笑う>ということがいかに大事かと改めて感じたと話して下さいまして、そのため<笑い>というものをとても重視した映画になっていると思います。コメディもお上手なんだな、と改めて思いました。とにかく成島さんの演出が面白く、いつも笑っていました。小池さんのことは傍から見ていても「この人、すごいな」と思っていて、まさか自分がこんなにしっかりとお仕事できると思っていなかったので嬉しかったです。小池さんは、今回のキヌ子もそうですが、<いっちゃってる役>を演じているのがいいですよね。今回の作品では彼女の美しさを存分に成島さんが引き出していて、改めて綺麗な人だなーと思いました。撮影以外でも延々と漫才のようなやりとりをしていたから、共演していて楽しかったです。僕が演じた田島という男が、どんどん愛人を作ってしまい、彼女たちとお別れしていくというお話で、どうやって女性と“グッドバイ”していくのか、その度に田島がどうなってしまうのか、というところを楽しんでもらえたらと思います。

【小池栄子(永井キヌ子役)】
成島さんが私が出演した舞台「グッドバイ」をとても気に入ってくれていたのですが、゛本当に映画化してくれるんだ゛と驚き、そんな監督の熱意が嬉しく、ホントに頭が下がる思いでした。また、成島さんがコメディを撮るというのも新鮮だなとワクワクしました。
(5作目となる成島組は)とても穏やかで明るい現場でした。本読み・リハーサルといつものように丁寧に作ってくださり、初日からスムーズで、とにかく信頼している監督ですので、いつも通り行くぞ!という気持ちでした。
(大泉さんとの共演は)毎日楽しかったです。母性本能をくすぐられる魅力的なダメーな田島でしたが、役者さんとしては何でも受け止めてくださるので、安心しきってました。
チャーミングな人が沢山出てくる、チャーミングな作品を大いに楽しんでください。

【水川あさみ(大櫛加代役)】
ケラさんの書いた「グッドバイ」の脚本を元に作ったという事で、人物像のユニークな部分がより浮き立っていて思わず吹き出してしまうようなやりとりとフィクションで描かれている部分のバランスが何とも心地よく、心奪われました。人物像の面白さや、掛け合いの面白さ、沢山の女が翻弄された姿を面白おかしく観て頂ければ嬉しいです。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~水川あさみ [大櫛加代]
【橋本愛(水原ケイ子役)】
戦後の混沌とした時代が背景にありながらも、愉快で軽妙な物語に惹かれました。読み進めていくうちに希望に溢れたテーマを発見し、心が震えたのを覚えています。キヌ子さんの存在に、私は大きな人生賛歌を感じました。生きるだけの魅力がこの世界にはあるはずだと、一人でも思ってもらえたら嬉しいです。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~橋本愛 [水原ケイ子]
【緒川たまき(青木保子役)】
「おとなしく控えめな性格の戦争未亡人が、やがて楽天的に人生を謳歌する明るい女性へと変わっていく」というのが舞台版の保子でしたが、映画版ではそこに、「アンバランスな情熱を内に秘めた官能的な要素」が加味されています。男性からすれば、「現実にはちょっと危険すぎて関わらないほうがいい」タイプの女性かもしれません。『グッドバイ』は、保子も含めて登場人物全員が溢れんばかりのエネルギーを内に秘めて織りなすラブ・コメディ、そして、逞しくもまぶしい人間賛歌に満ちあふれた映画だと思います。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~緒川たまき [青木保子]
【木村多江(田島静江役)】
舞台を拝見していたので内容は知っていましたが、舞台とはまた違って可愛らしい脚本でした。どう妻を演じられるか、台本からは想像できず心配になりましたが、(成島監督は)ご一緒したい監督でしたので、とても嬉しかったです。リハーサルや撮影中、私も好きな監督の視点に、何とか近づきたいと久々に悩みました。おとぼけな登場人物たちと、日本映画を回顧するようなひとときを、楽しんでいただきたいです。

【濱田岳(清川伸彦役)】
この、太宰の世界観。この脚本ならではのコミカルな空気。そして、これをあの成島出監督がお撮りになるのかと思って読むだけで、楽しく、可笑しく、ワクワクしたのを覚えています。
さらに、このキャストの中に参加できると再確認した時、不安と緊張が湧き上がりました。
今ではこんな素敵な映画に参加できた事を幸せに思っております。そんな作品をお客様にも楽しんでいただけたら幸いです。

【松重豊(漆山連行役)】
太宰作品もKERAさんが料理することで、こんなにも生き生きとした現代喜劇に仕上がるのだと感心しました。大泉君(演じる田島と)と小池さん(演じるキヌ子)の関係は、過去の文豪の作品にありがちな、今に置き換えると極めてブッ飛んだ関係性です。そこをどう演じられたか、僕が観客として最も楽しみにしているところです。
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~松重豊 [漆山連行]
【成島出監督】
「ラブコメがやりたかったのだ」というケラさんの言葉が真っすぐに響きました。大人が楽しめる洒脱なコメディを観たい。その欲望に忠実に映画を作りました。私も『ロマンチックな恋愛狂騒劇』=スクリューボールコメディってやつを昔からやりたかったのです。主役はこの二人(大泉洋・小池栄子)しかない、と最初から思っていました。今は『喜劇役者』という言葉が死語になってしまいましたが、この二人はまさに『喜劇役者』ですから。シチュエーションコメディではなくヒューマンコメディを撮りたいと思いました。やっぱり人間が一番面白いから。登場人物の過ちと欲望によってすべてのドタバタが起きていきます。だからみんなが憎めなく、どこか愛おしい。そこを楽しんでいただければ、と思います。

映画情報どっとこむ ralph 『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

2020年2月14日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:
good-bye-movie.jp

公式Twitter:
@Movie_good_bye

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~ 戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸雑誌の編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る女だったのだ。男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“夫婦”の企みが始まった。

原作は、昭和の文豪・太宰治の未完の遺作を、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。観客を笑いと多幸感で包み込み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。

なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を演じるのは、「ノーサイド・ゲーム(TBS)」も絶好調の大泉洋。ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を演じるのは、舞台版で同役を演じ読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した小池栄子。

嘘夫婦が別れを告げに行く愛人役は、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまきが、それぞれ生き生きと演じる。更に、離れて暮らす妻・田島静江を木村多江、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦を濱田岳が演じ、“夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役として松重豊が出演する。監督は、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。

その他、皆川猿時、田中要次、池谷のぶえ、犬山イヌコ、水澤紳吾、戸田恵子が顔を並べ、日本映画界・演劇界を担う実力派俳優・監督が、昭和の文豪の未完の遺作を、70年以上の時を経て新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる。夫婦の計略を見届けたとき、あなたの人生ももっと愉快に輝きだす―!

***********************************


出演:大泉洋 小池栄子/水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江/皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ 犬山イヌコ 水澤紳吾/戸田恵子・濱田岳/松重豊

監督:成島出(『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』)
原作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より)
音楽:安川午朗
脚本:奥寺佐渡子
製作:木下グループ
配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:キノフィルムズ 松竹撮影所
2019年/日本/日本語/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1ch/106分/映倫区分:一般
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

予習はばっちり!ずん飯尾『引っ越し大名!』クイズを出題する特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズをはじめ、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し続ける土橋章宏の原作を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め映画化した『引っ越し大名!』が8月30(金)に公開する。

引っ越し大名!_星野源
すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題の引っ越し(=国替え)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。
本作はそのエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の片桐春之介(星野源)らをはじめとした姫路藩の藩士たちが、あらん限りの知恵と工夫で引っ越しを乗り切ろうと奮闘する笑いと感動の物語だ。

この度、本作にも姫路藩士の高橋四郎役として出演するお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹がナレーションを務める特別映像が解禁となった!
今回解禁される映像では本作の主人公の春之介のあだ名から、舞台となる姫路城についてまで、『引っ越し大名!』に関するバラエティ豊かな4択クイズが飯尾より出題される。春之介のように「愚か者!こんなことも知らないのか!」と叱られることのないよう、この映像で予習をして映画公開に備えられえる映像となっている!

ナレーションを終えた飯尾は、「楽しい映像だったので、(収録も)楽しくさせていただきました」と言いながらも、映像内で自身のギャグ「ペッコリ45度」を声だけで披露したことに対して「恥ずかしかった」と照れ笑い。
映画自体はエンターテインメント作品としての娯楽映画だが、飯尾の出演シーンは「現実を突きつけられる真面目なシーン」のため、映画を観ると「全編を通して明るい映画です(笑)」とギャップを楽しんだよう。
さらに撮影時は「外撮影はカンカン照りで暑かったんですが、休憩時間に星野源くんが絶妙なタイミングで『アイスにしましょう!』と言ってくれたのが助かりました(笑)」と振り返った。

最後に「普段から引っ越しはテンポよくと言いますが、映画もテンポがよくて、人のいい人の葛藤がコミカルに描かれていて、すごく楽しい作品」と魅力を語った。


映画情報どっとこむ ralph また、合わせて本作に登場する個性豊かな登場人物のキャラクターポスターも解禁!

今回お披露目となったのは春之介(星野源)、鷹村源右衛門(高橋一生)、於蘭(高畑充希)、山里一郎太(小澤征悦)、中西監物(濱田岳)、藤原修蔵(西村まさ彦)、本村三右衛門(松重豊)、松平直矩(及川光博)ら8名。
星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博『引っ越し大名!』
ビジュアルとともに、「引っ越しは…戦でござる!」「女抜きで引っ越しができるとお思いですか?」など、各登場人物がお国の一大事である引っ越しにどのように絡んでいくのかがわかるような、印象的な台詞が添えられている。

移動人数10,000人!移動距離600km!予算も圧倒的に足りない中、失敗すれば即切腹!
絶体絶命の状況で引っ越しの総責任者を任された春之介はいかにしてピンチを乗り越えていくのか!? ますます期待がかかる。

映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』

8月30日(金)全国公開

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

引っ越し大名!ポスタービジュアル
***********************************

監督:犬童一心 
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
主題歌:ユニコーン「でんでん」作詞:川西幸一/奥田民生 作曲:奥田民生(Ki/oon Music)
配給:松竹 
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ