「松重豊」タグアーカイブ

映画『引っ越し大名!』追加キャスト第2弾到着!超個性派俳優集結!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。

『のぼうの城』を手掛けた犬童一心がメガホンを取り、主演に星野源、共演に高橋一生、高畑充希で映画化、『引っ越し大名!』として8月30日(金)に全国公開いたします!
本作のテーマはなんと“引っ越し”!(国替え)。すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題です。そんな引っ越しを幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。その大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、星野源演じる引きこもり侍の主人公・片桐春之介を含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力、涙と笑いの物語です。

映画情報どっとこむ ralph 星野源演じる主人公・春之介の脇を固める高橋一生、高畑充希のほか、小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、そして本作のタイトルにもなっている”引っ越し大名”を演じるのは及川光博と、すでに強力な実力派キャストが発表されている本作ですが、この度さらに本作を彩る、追加キャスト第2弾を解禁いたします!
春之介の母親・波津は、可憐な容姿は健在ながらも、近年はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣演じる主人公の母親役など多くの作品で優しい母親を演じる富田靖子が扮し、本作でも突然引っ越し奉行へ取り立てられた息子を優しく見守ります。江戸留守居役として、及川光博演じる松平直矩に国替えの命が下ったことを慌てて知らせる仲田小兵衛は、ドラマ「獣になれない私たち」で関西弁でまくしたてるパワハラ社長で話題になった山内圭哉が演じます。引っ越し費用の工面と節約を春之介に迫る勘定奉行には、人気ドラマシリーズ「HERO」やドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」など、個性派ながらも名脇役として活躍する正名僕蔵。

そして、2017年から2年連続で紅白歌合戦に出場し、ひめじ観光大使を務める演歌歌手の丘みどりも姫路を舞台にした映画ということで特別出演しています。また、家臣たちも個性派揃い。高橋四郎役にお笑いコンビずんの飯尾和樹、蛭田源右衛門役には『運命じゃない人』(2005)で主演を務め注目を浴びてから数多くのドラマに脇役として出演する中村靖日、小野田真之役には『踊る大捜査線』シリーズのスリーアミーゴスの一人として世に知られている斉藤暁など各ジャンルからバラエティ豊かな面々が参加しました。春之介が引っ越し費用を借りに行く商人・和泉屋の若旦那役にはドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」で本田翼とW主演を務めた岡山天音、松平直矩の小姓・綾瀬主水には「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season月 下弦の月」に出演するなど舞台を中心に活躍の場を広げている松岡広大ら若手俳優の活躍も輝きます。

春之介たちが引っ越しの準備を進めるなか、不穏な動きを見せる隠密の頭・田中衆三郎役には『空飛ぶタイヤ』(2018)や『居眠り磐音』(5月17日公開)、現在放送中のドラマ「あなたの番です」に出演している和田聰宏、高畑充希演じる於蘭の息子・音松役は子役の鳥越壮真、家臣の戸田采女にはドラマ「リーガル・ハイ」の井出役で注目を集めた矢野聖人が演じます。そして、向井理が春之介たち姫路藩の面々に国替えを言い渡した黒幕・柳沢吉保役として友情出演しています。

柳沢吉保は徳川五代将軍・綱吉の身の回りの世話をする小納戸役として寵愛を受け、異例の大出世を遂げたと言われる実在の人物。実は超美形だったという史実も残っており、果たして彼はどんな恨みがあって松平直矩に国替えを言い渡すのか、期待が高まります!

映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie


<STORY>
引っ越しは戦ござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。藩まるごと1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

***********************************


出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか

原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心
配給:松竹
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会 


松重豊 第9回北京国際映画祭で『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』ワールドプレミア& レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名バイプレーヤー松重豊の待望の初主演映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(東急レクリエーション配給)が10月4日(金)より全国公開となります。

この度、本作『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』がアジア最大級の映画祭である第9回北京国際映画祭に正式出品され、日本での公開に先駆け、4月13日(土)にワールドプレミア上映として世界にお披露目されました。上映後の舞台挨拶およびレッドーカーペットセレモニーに主演の松重豊と細川徹監督、前田浩子プロデューサーが参加しました。

『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』第9回北京国際映画祭
日時: 4月13日(土)
<ワールドプレミア上映後 舞台挨拶>15:50~(現地時間:14:50~)
<レッドーカーペット>19:00~(現地時間18:00~)
場所:
<本編上映・舞台挨拶>中国映画資料館 HALL1 
<記者会見>中国映画資料館 特設エリア
登壇:松重豊、細川徹監督、前田浩子プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
上映後、客席を埋め尽くす1000人の観客からの盛大な拍手の中、松重と細川監督、前田プロデューサーが舞台上に登壇。

松重さん:私は松重豊です。映画は面白かったですか?皆さん、今日はありがとうございます。

と中国語で挨拶。

質疑応答タイムに入ると、本作が映画初主演となる松重に対して「これまでと違ったことはありましたか?」との質問が。

松重さん:主演も脇役も意識をして仕事をしたことはなく、ただ、やっぱり主演ということでクランクインからアップまで誰も余計な緊張をすることなく、リラックスして集中できる時間を作れるように、空間作りを心がけました。

と主演としての心遣いについて明かしました。一方、妻役の北川景子さんとの共演については

松重さん:北川さんとは共演経験はありましたが、実年齢が24歳離れているのにまさかの夫婦役で、主演以上の驚きでした。この年の差をどう埋めればいいのか、それがこの映画に入る時の一番の難題でした。

とコメントした後、

松重さん:でも、映画を観て、“どこから見ても夫婦にしか見えないよ”と言われることが一番の喜びです!

と笑顔を見せ、客席からは大きな笑いが起こりました。


続いて観客からは、劇中で松重さんと北川さんが演じる夫婦が飼っているクラゲの意味について質問があり、

細川監督:近づいたり、離れたり。ふわふわしている夫婦の揺らいでいく関係を表しています。

と回答。“男性不妊”というこの映画が扱うテーマについて、

前田プロデューサー:不妊治療というと大抵女の人がするものだと思われてしまいますが、男の人に原因があることもある。特に日本では不妊治療をあまり人に知られたくない、コンプレックスのように感じる人が多いと思いますが、これは誰にでも起こりうる“加齢”が原因だということを伝えたかった。苦しいことを二人で乗り越えながら、夫婦が家族になっていくラブストーリーになっています。

と本作を製作するに至った思いを明かしました。

それを受けて

松重さん:この映画は妊娠に向かっていく夫婦と、それを取り巻く人々の心の変化を描いている物語です。そこを一番楽しんでほしい。

とコメントし、本作の魅力を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 劇中での松重のある行動について「あれは実際に実演しているのか?」と聞かれ

松重さん:“本当にこの人はこれをやっているのだろうか?”と思わせるのが演技の一番の楽しみ。本当にやっているかどうかはご想像にお任せします(笑)

とコメントし、「北京で美味しいものを食べる予定は?」と聞かれ

松重さん:喫茶店のジャスミンミルクレープがすごく美味しい!昨日も残り1個だったところを僕が食べました!

と明かしました。

さらに、主演ドラマ「孤独のグルメ」の影響もあり、中国でも絶大な人気を誇る松重さん。片道3時間かけて北京に来たという熱心なファンの観客からは「役者という仕事は大変な思いをすることもあって辞めようと思ったこともあったと思いますが、松重さんが辞めないで良かったです。ありがとうございます!」と熱い思いが届けられ、それを聞いて、

松重さん:シェイシェイ!こうやって中国に来て、映画を楽しんで観ていただいて、皆さんの笑顔を見ると、もうちょっとこの仕事を頑張って続けてみようかなという気持ちで本当にいっぱいです!

と笑顔を見せました。

映画情報どっとこむ ralph 【レッドカーペット】
多くのマスコミと観客で埋め尽くされたレッドカーペットには、タキシードを身にまとった松重と監督、前田プロデューサーが登場。ここでも会場から大きな歓声と「マツシゲサン」コールが沸き起こりました。中国の熱いファンたち一人ひとりに手を振る松重の姿が印象的でした。
松重はこの北京入りにあわせて、中国で最大級のSNSである「Weibo」をスタート。
開設して1日も経たないうちに6万人近いフォロワーを集め、2日間でまたたくまに10万人フォロワーを突破。中国での松重人気の高さを証明しました。

北京でも大好評だった映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』は10月4日(金)より全国公開。

公式サイト:
hikitasan-gokainin.com

10月4日(金)全国ロードショー

【STORY】
ヒキタクニオ、49歳。職業、作家。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。二回り近く年下の妻・サチと仲良く2人で暮らしている。子ども好きだが、2人だけでやっていこうと思っていた。そんなある日の妻の突然の一言、「ヒキタさんの子どもに会いたい」ですべてが変わる。
この一言で始まった2人の妊活だが、なかなか結果は出ず・・・クリニックで検査すると驚きの事実が判明する。なんと、不妊の原因はヒキタ自身にあったのだ!!「まさか、俺!?」
アラフィフ作家・ヒキタクニオ。まさかの妊活始めます。


***********************************

出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗
脚本・監督:細川 徹
配給:東急レクリエーション
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊) 
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会  
  


松重豊&北川景子演じる仲良し年の差夫婦『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』初映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名バイプレーヤー・松重豊の待望の初主演映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』が10月より全国公開となります。

原作は、作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)。一般的に馴染みの薄い“男の妊活”を真正面から描きながらも、ユーモアあふれる語り口で展開される作品は大きな話題を呼び、この度映画化が決定!
男性不妊という現実にショックを受けながらもそれを受け止め、全力で妊活に取り組む主人公・ヒキタクニオを松重豊が魅力たっぷりに演じ、そんなヒキタを懸命に支え、励ます妻・サチを北川景子が演じています。どんな困難が立ちはだかっても、二人で支え合い、明るく前向きに乗り越えていくヒキタ夫妻の姿がユーモラスかつ抒情的に描かれる本作は、来週13日から開催される第9回北京国際映画祭のコンペティション部門への正式出品が決定し、10月の日本公開に先駆け、世界へ向けての初お披露目となり、世界中から熱い視線が注がれています。

そしてこの度、本作の特報映像とティザーポスタービジュアルが解禁となります。

映画情報どっとこむ ralph ★特報映像解禁!「妻の一言で、すべてが変わった。」
49歳の作家・ヒキタクニオは、二回り近く年下の妻・サチと仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチの幸せな日常が描かれる中、ある日、サチから突然の一言が飛び出す―「ヒキタさんの子どもに会いたい」
この一言がきっかけでヒキタの生活は一変し、“男の妊活”がスタート!しかし、映像のラストでは、クリニックで医師から検査結果を見せられ、ソファにうなだれながら「大変な事になってるぞ」とつぶやくヒキタの姿が。


果たして、ヒキタの身に何が起こっているのか?今後の展開から目が離せない内容となっています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、ティザーポスタービジュアルも解禁!
道端に仲良く佇むヒキタ夫妻が念願の“ご懐妊”に向けて、これからどのように歩んでいくのか?この先の物語を想像せずにはいられない印象的なビジュアルとなっております。


ヒキタさん! ご懐妊ですよ

公式サイト:
hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019



***********************************


出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗 
脚本・監督:細川 徹  
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)
配給:東急レクリエーション 
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会
  


『引っ越し大名』こと松平直矩は、及川光博!他、追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓した土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。その小説を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め、また、星野源、高橋一生、高畑充希ら豪華キャストによって映画化される『引っ越し大名!』が8月30日に全国公開となります。

本作のテーマはなんと“引っ越し”!参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題の国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。そんな大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の主人公含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。
映画化発表時より、タイトルにもなっていて物語のきっかけとなる実在の「引っ越し大名」を誰が演じるのか、原作ファンなどの間で話題になっていましたが、いよいよ、解禁です! 引っ越し大名こと松平直矩役は、及川光博に決定いたしました! 生涯7回もの国替えを幕府から命じられた不運の大名である松平直矩を、大名の風格漂う及川が時に熱く、時にコミカルさも加えながら演じ、新しい大名を生み出しました。


そして、春之介と共に引っ越しに奮闘する姫路藩士たちを演じる超豪華キャストも解禁です!

多額の費用工面に協力する勘定頭・中西監物役には濱田岳。冷酷な上司との狭間で葛藤しながらも春之介を支えます。 勤勉で将来有望な藩士・山里一郎太役には小澤征悦。春之介との熱き友情で物語を盛り上げます。 次席家老・藤原修三役には西村まさ彦。春之介に飄々とプレッシャーをかける役どころを表情豊かに演じます。 春之介を引っ越し奉行に命じる国家老・本村三右衛門役には松重豊。圧倒的な存在感で映画のスケールを大きなものに昇華しています。 この度、邦画界を代表する豪華キャストが集結し、映画「引っ越し大名!」を鮮やかに彩ります。

映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』
引っ越しは戦ござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。
藩まるごと1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。
 国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月!
 果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

***********************************

出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊) 
監督:犬童一心
配給:松竹
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会


大森南朋、AKIRA ら9名登壇!映画『この道』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 童謡の誕生から100年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生と、秀才音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画『この道』が、いよいよ今週11日(金)より全国公開となりました。

そして、映画公開を記念して、北原白秋を演じた大森南朋さんと山田耕筰を演じたAKIRAさん。

貫地谷しほりさん、松本若菜さん、小島藤子さん、羽田美智子さん、柳沢慎吾さん、松重豊さん、佐々部清監督らが登壇し、公開記念舞台挨拶を行いました。


『この道』公開直前スペシャルトークイベント
日時:1月12日(土)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:
大森南朋、AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子、羽田美智子、柳沢慎吾、松重豊、佐々部清監督

映画情報どっとこむ ralph 盛大な拍手の中、登場した監督と豪華キャストたちの登場に暖かな拍手が。

まず、本作の主演・北原白秋を演じた大森さんは

大森さん:今日は寒い中ここまで足を運んでいただいてありがとうございます。今日は楽しんでください。

と挨拶。続けて、同じく主演の山田耕筰を演じたAKIRAさんからは

AKIRAさん:外は少し雪が少し降っていましたけど、皆さんが来てくださって嬉しいです。

とメッセージが語られました。白秋の妻を演じた貫地谷しほりさんは、

貫地谷さん:本日は来てくださってありがとうございます。短い時間ですが、今日は楽しく過ごしたいと思っています。
白秋の最初の妻を演じた松本さんは

松本さん:皆さんこんにちわ。松本若菜です。雪が降っていると聞いてびっくりしました。なのに、こんなにたくさんの方にお越しいただけて嬉しいです。ありがとうございます。

と話すのは。そして、

小島さん:初めまして小島藤子です。寒い中足を運んでいただきありがとうございます。今日はよろしくお願いいたします。

羽田さん:去年の今頃撮影しておりました。そして昨日無事に公開することができました。本当に皆さんお集まりいただきありがとうございます。

と挨拶。また、本作では白秋と耕筰を引き合わせた鈴木三重吉を演じた柳沢さんから

柳沢さん:どうも、皆さんこんにちは!どうもありがとう。三連休の頭、寒い中こんなにたくさんの人が来てくれて嬉しいです。ありがとうございます!心あっためて楽しんで観てください。ではどうじょ!

とパワー全開で挨拶がされ会場も大爆笑。

与謝野鉄幹を演じた松重豊さんは

松重さん:先輩にあっためていただきました(笑)。今日はこの映画を観てほっこりとあたたかくなって帰ってください。

と話しました。本作を手掛けた監督は、

佐々部監督:ありがとうございます。映画のスタートは上映日からなので皆さんどうかよろしくお願いいたします。

と集まった観客がメッセージを送りました。また台湾での上映が決定した本作。

大森さん:昨日から映画上映スタートできて嬉しいです。今日もたくさんお客さんいらっしゃっていただいて。台湾でもやっていただけるんなんて、僕もさっき聞いて驚きました。みんなで台湾行って観れたら良いですね。台湾の方はどんなリアクションをしていただけるんですかね。

AKIRAさん:ちょうど去年の今くらいから撮影が始まって、無事公開できてよかったです。台湾公演・・公演じゃないですね、ライブじゃないですもんね。撮影中もよく、EXILEが抜けてないと監督に言われていました。台湾上映が決まって嬉しく思います。

とAKIRAさんも続いて喜びを語り、

佐々部監督:この映画は僕の監督作品で18本目です。ずっと続けてこれて嬉しいです。

と公開を迎え自身の思いを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 今回、白秋3番目の妻・菊子を演じた貫地谷さんは、大森さん演じる白秋とAKIRAさん演じる耕筰が激しくぶつかり合うシーンを目の当、そのシーンの撮影時について

貫地谷さん:私はそばで見ているだけでしたが、大森さんとAKIRAさんが、すごく紳士的に取っ組み合いの段取りを組んでいて、すごく面白いな、素敵な方だなと思いました(笑)。

大森さん:バカにしてる?

とツッコミ!

貫地谷さん:先輩なんですが、大森さんの演じる白秋が可愛いんです。この後観ていただけばわかります!

と観客へアピール。

また、白秋を惑わすおしゃれな女性、俊子を演じた松本さんは

松本さん:本当に俊子さんはおしゃれな方で、当時なかなかない、今でいう古着のようなカラフルなお洋服とかお着物を着ていました。白秋さんとは危ない関係の俊子ですが、私は二人の、冒頭の耳かきのシーンがしっとりとしていて当時の情景が感じられて一番好きです。やっぱり白秋さん可愛いんです。

と大森さんとの共演シーンの思い出を語ります。
さらに、映画の導入部分、耕筰に取材をする記者を演じた小島さんは

小島さん:私はAKIRAさんとのシーンだったんですが、当時山田耕筰さんに取材するなんてとても貴重な機会だったと思います。このシーンだけ、他のシーンに比べると色味も加工されていたりしてとても印象的です。

と作品を観た感想を話しました。そして、白秋と耕筰を結びつける文学者の鈴木三重吉を演じた柳沢さんは役作りについて聞かれると

柳沢さん:最初監督には、早口にならないくれと言われていました。監督はモニターではなくキャメラの横で役者の演技を見るんですが、ある日の撮影では監督がいなくて。どうやら風邪を引かれたそうだったんですが、現場まで来られモニターで演技を見てくれていました。僕は全部監督に捧げました。いつも監督は茶目っ気たっぷりで、あばよーって挨拶してくれるんです。

とたっぷり監督とのエピソードを披露。
そのマシンガントークで会場の笑いを誘い、与謝野鉄幹・晶子の夫婦を演じた松重さんと羽田さんは

松重さん:僕たち夫婦は何で絆ができたか、どう鈴木三重吉から自分たちを守って役を成立させるかという・・こんな風にすぐ柳沢さんが出てくるので、横で自分たちの芝居に集中しなければいけないのが大変でした(笑)」、

羽田さん:本当にそうですよね・・たまに松重さん『あとはもう任せた!』って私におっしゃる時もありましたよね・・(笑)

とそれぞれ撮影時の柳沢さんの様子を明かし会場を盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、14日の成人の日を目前に控え、北原白秋と山田耕筰の20歳の頃の写真が、さらに本作キャストの20歳の頃の写真がスクリーンに映し出されると会場からは歓声が。若々しい青年時代が眩しい大森さん。一方、ドレッドヘアーで目を細めるAKIRAさんの写真(19歳)には一同騒然。

大森さん:AKIRAくんやばくない?(笑)

と驚きを隠せない様子。

大森さん:(自身の顔写真を見ながら)ニヤニヤすんなよと言いたいですが・・それよりAKIRAさんの写真にびっくりです。

と語り、

AKIRAさん:上映前に良くないですね(笑)。この時期の写真って残ってないんですよね、これがギリギリでした。自分の”この道”まだ見つかってない時期の写真です。

と映画のタイトルとかけ当時の自分を振り返り会場を盛り上げました。続いて、今と変わらず美しい20歳の頃の写真を披露した貫地谷さんと松本さん。

貫地谷さん:運動した方がいいよと言いたいです。

と当時の自分へ告げ、松本さんは、当時流行っていた細眉に

松本さん:もうやだ〜今すぐその眉毛やめなさいと言いたいです。

と照れながら話しました。

そして、ショートカットの羽田さんの写真には「まだ芸能界入って間もない頃でした。柳沢さんと共演してましたよね。」と当時の思い出を話し、柳沢さんもご自身の話に「懐かしいな〜」と感慨深い様子。さらに柳沢さんからは昔からお馴染みの甲子園ネタも披露され会場は大盛り上がり!
先輩たちの写真を見て

小島さん:時代を感じるというか・・(笑)。皆さんお綺麗でかっこよくてステキでした!

と笑顔で語りました。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

大森さん:こうして映画館に人が集まってくれることが一番嬉しいですし、いいと思ったら周りの皆さんに勧めてください。AKIRAくんとは、あの頃じゃなくて大人になってから会えてよかったです(笑)。

AKIRAさん:今日はありがとうございました。上映前に刺激的な写真見せてしまてすみませんでした(笑)。この映画はあたたかい映画です。日本の童謡を生んだ北原白秋とその白秋を取り巻く人たちの素敵な話がたくさん詰まっています。素敵だなと思っていただけたら、拡散してください。

と観客へメッセージがおくられイベントは大盛況のうちに幕を閉じました。


映画『この道』

ストーリー
九州柳川から文学を志し上京した北原白秋。隣家の美人妻・俊子に気もそぞろ。逢瀬を俊子の夫に見つかり姦通罪で入獄。白秋の才能を眠らすまいと与謝野夫妻が奔走し釈放されるが、恩も顧みずのうのうと俊子と結婚。その刹那、俊子は家出、白秋は入水自殺を図るが蟹に足を噛まれ断念。そんなおバカな白秋と洋行帰りの音楽家・山田耕作に鈴木三重吉は童謡創作の白羽の矢を立てる。才能がぶつかり反目する二人だが、関東大震災の惨状を前に打ちひしがれた子供たちを元気づけるため、手を取り合い数々の童謡を世に出す。しかし、戦争の暗雲が垂れ込める中、子供たちを戦場に送り出す軍歌を創るよう命ぜられた二人は苦悩の淵に・・・。

©2019映画「この道」製作委員会

***********************************