「松田美由紀」タグアーカイブ

締め切り迫る!『オフィス作』ワークショップオーディション


映画情報どっとこむ ralph オフィス作さんが、3年ぶりに、俳優・女優、次世代のスター発掘を目的に、ワークショップオーディションを行います!
経験の有無は問わず!ただし!3日間全日程の参加が必須です!

たくさんの才能に出会えることを、スタッフさん一同楽しみにしているとのことですので、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか!!

応募は郵送のみ。7月20日(木)必着です!

映画情報どっとこむ ralph 応募の概要は以下の通りです。

【募集対象】
16歳〜25歳の男女
※事務所の所属・無所属は問いません。
※未成年の方は保護者の承諾が必要です。

【参加費用】
30,000円(税込)
※全日程を通しての受講料になります。1日ごとのお申込みは受け付けできません。
※全日程の参加必須。途中返金はいたしかねます。
※参加費用は、指定の期日までに事前入金となります(書類選考通過者には別途連絡)。

※会場までの交通費および宿泊費はご自身でご負担ください。

【応募方法・郵送先・締切】
7月20日(木)必着
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-54-6
「OFFICE作 ワークショップオーディション係」宛
オフィス作HPにてチェックして下さい!

【日程・会場】
2017年8月25日(金)、26日(土)、27日(日)@都内某所
※3日間全日程の参加が必須となります。
※詳細は書類審査通過者にのみ連絡。

映画情報どっとこむ ralph ワークショップの内容は以下の通りです!

■1日目:8月25日(金)
講師:沖田修一(映画監督・脚本家)
主な作品:「南極料理人」「キツツキと雨」「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る」等。

■2日目:8月26日(土)
講師:蓬莱竜太(劇作家・演出家/劇団「モダンスイマーズ」作・演出)
主な作品:「まほろば」(第53回岸田國士戯曲賞)「楽園」「夜光ホテル」「母と惑星について、および自転する女 たちの記録」(第20回鶴屋南北戯曲賞)、赤坂歌舞伎「夢幻恋双紙
(ゆめまぼろしかこいぞうし)赤目の転生」等。

■3日目:8月27日(日)
講師:石井則仁(振付家/舞踏家/DEVIATE.CO芸術監督)
過去に様々なDance Companyの国内外の公演に参加する傍ら、故 蜷川幸雄や宮本亜門の演劇作品にも出演。2010年世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し、21カ国60都市以上で公演を行う。

講師:松田美由紀(女優・写真家・オフィス作代表) 近作に映画『2つ目の窓』(第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品)『ちはやふる 上の句/下の句』ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『楽園』舞台『コメディ・トゥナイト!』等。

【オーディションを経た所属実績】
2013年9月開催 第1回:藤原季節、吉村界人


【注意事項】
・研究生として採用は若干名の予定です。採用なしの場合もあります。

***********************************





伊藤、山本、溝端ら登壇!『ボクは坊さん。』完成披露試写会


映画『ボクは坊さん。』の完成披露試写会が9月30日(水)開催され、主演の伊藤淳史はじめ、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形ら出演者と、主人公のモデルで原作者である栄福寺の白川密成住職、真壁幸紀監督による舞台挨拶となりました。

さらにサプライズゲストで主題歌を歌う吉田山田が「Today,Tonight」のフルバージョンを初お披露目しました。

ボクは坊さん完成披露試写会ph 日時:9月30日(水) 
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
イベント登壇者:
伊藤淳史、山本美月、
溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形
白川密成(原作者)、真壁幸紀監督

ゲスト:吉田山田

ボクは坊さん完成披露試写会
伊藤さん:お忙しい中ありがとうございます。お坊さんは特別な存在だと思っていたけど、お坊さんも普通の人間で普通の日常生活があって、そこに魅力が詰まっていると感じました。
ボクは坊さん完成披露試写会_伊藤淳史
山本さん:生と死を見つめていますが、私はどちらも経験したことがなかったのでとても難しかったのですが、大人真面目な?お二人に助けられて演じられました。映画の中で白無垢を着ていますが、ウェディングドレス派だった私もお寺での結婚式を挙げるという神聖で結婚の誓いを感じられて。白無垢もいいなと思いました。
ボクは坊さん完成披露試写会_山本美月
溝端さん:今治で撮影させていただいて、その場の温かい空気感の画を撮影となりました。
ボクは坊さん完成披露試写会_溝端淳平
白川和尚:この映画の舞台に僕は住んでいます。その優しい自然抱かれたお寺で、こういう営みが残っているのだなと言うのが伝えられたらと思います。仏教の面白いPOPな部分を描きながら人間の生き死にを丁寧に描いていただいてます。
ボクは坊さん完成披露試写会_白川密成
真壁監督:本当に恵まれたキャストとスタッフに恵まれたなと改めて感じます。世界遺産の高野山での撮影は感慨深くて。高野山に傷が付かないようにと言うプレッシャーも感じながら行いました。
ボクは坊さん完成披露試写会_真壁幸紀監督
伊藤さん演じる光円の高野山大学同級生のお坊さんを演じた濱田さん。

濱田さん:ボクは撮影が数日しかなかったんですが、チョロっとやって来てはお坊さん体験をし、チョロっとやって来ては今治で美味しいみかんを食べ、いいとこどりさせてもらいました。

と話して会場を笑わせると、坊さん修行シーンで、

伊藤さん:高野山の護摩行のシーン、すっごく熱くてビックリしたよね。
濱田さん:キャンプファイヤーとはわけが違う!修行な感じしましたね。
伊藤さん:撮影の苦労ほどは使われていませんが・・・注目してください。
ボクは坊さん完成披露試写会_伊藤x濱田2
伊藤の幼なじみ“真治”を演じる溝端は、生まれ故郷が高野山のふもとだそうで、

溝端さん:伊藤さん何にもない田舎とか言ったよね〜。
伊藤さん:言ってない言ってない!

山本さん:溝端さんは私が表紙をやってる雑誌を目立つところに置いて、「ここに本人いますよー」とか言うんですよ。

と本屋のシーンでのいたずらエピソードを披露。

IMG_5389
劇中では伊藤、山本、溝端が幼なじみの設定。でも実際には伊藤さん31歳、溝端さん26歳、山本さん24歳。

伊藤さん:美月ちゃんとは7歳も差があるんですよ!最初設定を聞いた時は“俺、大丈夫か?”って。でも、年齢差があっても上手くいったのは、そんなことを感じさせないくらい僕に対する遠慮もなくツッコミを入れてくれた2人のおかげですね(笑)。

年の差がありながら演じた“同級生&幼なじみの仲の良さ”が伝わってくる掛け合い。

ボクは坊さん完成披露試写会3 伊藤さんの母親役を演じたベテラン松田美由紀は撮影時を振り返り、

松田さん:お遍路さんたちが来た時に、ザワザワと撮影してて嫌な気持ちになってほしくなかったので、お遍路さんみんなと話して、私の周りに人だかりができたりしていました。

と撮影の裏話を披露。また檀家の長老役を演じたイッセー尾形さんが、

ボクは坊さん完成披露試写会_イッセー尾形
イッセーさん:撮影が進むにつれて、伊藤さんがどんどん本当のお坊さんのようになっていっていくんですよ。

伊藤さん:イッセーさんが、僕の立っている背中を見て“本当のお坊さんのようになったね”と言ってくださったのが、今まで人生で褒められた中で三本の指に入るくらい嬉しかったです。

舞台挨拶の最後には、吉田山田が主題歌「Today,Tonight」のフルバージョンを初お披露目しました。
ボクは坊さん完成披露試写会吉田山田
高野山開創1200年という記念イヤーにあたる今年、お坊さんを題材にした映画で温かい気持ちを。

ボクは坊さん。 』

公式HP:bosan.jp

********************************************************************

ボクは坊さん。ポスター出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形 
監督:真壁幸紀 
脚本:平田研也  
原作:白川密成『ボクは坊さん。』(ミシマ社)
主題歌:「Today,Tonight」吉田山田(ポニーキャニオン) 
企画・制作プロダクション:ROBOT 
製作:映画「ボクは坊さん。」製作委員会  
配給:ファントム・フィルム 
(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会
   


伊藤淳史主演『ボクは坊さん。』公開日決定!


「坊さんワールド」-そこは、日々笑いがあり、思わず流れる涙もある、摩訶不思議な世界。

『ALWAYS 三丁目の夕日』スタッフが「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載を映画化。
高野山開創1200年記念。

ボクは坊さん。

が10月24日(土)より、公開となることが決定しました。10月17日(土)、四国エリア先行ロードショーとなります。

ボクは坊さん。
ボクは坊さん。ポスター原作者は、書店員の仕事を辞め、24歳の若さで愛媛県今治市にある四国八十八ヶ所霊場五十七番札所の栄福寺住職になった白川密成さん。「コメディドラマを観るように読んで欲しい」との思いで書かれた白川さんの体験記の中には、身近なのにあまり知ることのないお坊さん生活の様々な興味深いエピソードに溢れている。

お坊さんだって、普通の人間。時には悩んで、人生につまづいて、、、知られざる「坊さんワールド」は、笑って泣けて、そして心癒される世界です。

物語・・・
24歳、ボクは突然、住職になった。

ボクは坊さん。1 白方光円、24歳。突然の祖父の死をきっかけに書店員の仕事を辞め、四国八十八ヶ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になったばかり。この寺で生まれ育ったけれど、住職として足を踏み入れた“坊さんワールド”は想像以上に奥深いものだった!

初めて見る坊さん専用グッズや、個性豊かな僧侶との出会いにワクワクしたり、檀家の人たちとの関係に悩んだり。お葬式や結婚式で人々の人生の節目を見守るのはもちろん、地域の“顔”としての役割もお坊さんには必要。

ボクは坊さん。4職業柄、人の生死に立ち合うことで“生きるとは何か? 死ぬとは何か?”と考えたりもする。
坊さんとしての道を歩み始めたばかりの光円に何ができるのか。何が伝えられるのか。


光円は試行錯誤を繰り返しながら、人としても成長していく……。

ボクは坊さん。

公式HP:Bosan.jp

********************************************************************

出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形

監督:真壁幸紀 脚本:平田研也 
原作:白川密成『ボクは坊さん。』(ミシマ社)
音楽:平井真美子 
主題歌:「Today,Tonight」吉田山田(ポニーキャニオン)
企画・制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「ボクは坊さん。」製作委員会  
配給:ファントム・フィルム
(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会
 


『2つ目の窓』カンヌ国際映画祭からコメント


カンヌ国際映画祭・公式上映作品。世界が絶賛した河瀨直美の最新作にして最高傑作が、日本公開へ。

『2つ目の窓』

7月26日(土)全国ロードショー
公式サイト :futatsume-no-mado.com

「この世界は、美しい」と語る河瀨直美が贈る、繋がっていく命の奇跡。
この夏、「映画の力」をもう一度、信じたくなる―。

2つ目の窓メイン
現在行われている第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品中の本作。

河瀨監督と共に出演者村上虹郎、吉永淳、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳が公式会見に登場。会見で語られたコメントも到着しました!

登壇者:河瀨直美監督、村上虹郎、吉永淳、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳

【フォトコール】
現地時間 5月20日(火)12:00~
日本時間 5月20日(火)19:00~
【公式会見】
現地時間 5月20日(火)12:30~
日本時間 5月20日(火)19:30~

フォトコール後に行われた公式会見に河瀨監督と主演村上虹郎、吉永淳が登壇。

2つ目の窓_カンヌ国際映画祭02
河瀨監督コメント
(MC:賞にかける思い?)
こ組賞にかける思い世界一だと思っています。こ作品に関わった人たち技術や想いとても素晴らしく、こ映画で自分たち欲望を満たすでなく、大切なもを伝えたい。記録と言うよりも、自分自身歩みが嘘でなかったという証になればいいと思っています。
(MC:自然美について)
自然本当に美しい。それと同時に怖さもあります。日本3年前に大災害を経験しました。現在も故郷に戻れない人がたくさんいます。そういった自然驚異にさらされながらも故郷にこだわるなぜなか、ということを知りたかった。こ映画自然驚異に耐える人間底力を表現しました。奄美に神と人間間を生きるユタ神様がいます。(松田さんが演じたこ役)とても難しい役だけど、素晴らしい生き様を映画に刻み付けてくれました。

村上虹郎さんコメント
映画もカンヌも初めてで、監督に出会えて本当に良かったです。現場つらかったけれど、みんなに出会えてよかった。時間があまりなくて旅行みたいでカンヌに来ちゃったって感じです。ホテルもすごいところに泊まれて良かったです。

吉永淳さんコメント
初めてカンヌあこがれ舞台で、今ここに立っていても実感がわきません。河瀨監督作品に出演させていただき、スタッフやキャストみなさんに杏子という人物を生かしていただきました。そおかげでここにいることに大変感謝しています。

会見終りに、会見場に顔を見せていた松田美由紀、渡辺真起子、村上淳を監督が呼び込み、記者みなさんに紹介する場面も。初大舞台に緊張を隠せない吉永淳緊張あまり涙を見せる初々しさをみせていたようです。

2つ目の窓_カンヌ国際映画祭_オフィシャルスチール01
授賞結果、5月24日(土)に行われる授賞式で発表となります。

2つ目の窓
7月26日(土)全国ロードショー
公式サイト :futatsume-no-mado.com

カンヌ国際映画祭_写真(c) Kazuko Wakayama
********************************************************************


作品紹介 :神の島・奄美大島を舞台に、二人の少年少女の初恋と成長を通して描かれるのは、限りある時間の中で人が持つべき「生きる覚悟」と、人生に真摯に向き合う者たちの愛と無常。

魂が浄化されるような壮大な自然の中で、生きとし生けるものすべてに宿る「希望」が胸を打つ。

出演:村上虹郎、吉永淳、杉本哲太、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳、榊英雄、常田富士男

監督・脚本:河瀨直美  
企画・制作プロダクション:組画   
配給:アスミック・エース
(C)2014“FUTATSUME NO MADO” JFP, CDC, ARTE FC, LM.


映画『ホットロード』キャスト相関図発表


こんなに誰かを好きになったのは、初めてだった
この夏必見!!究極の愛の物語

映画『ホットロード』


能年玲奈と三代目J Soul Brothersのボーカル、登坂広臣が出演で話題の本作。
監督は『ソラニン』三木孝浩監督。尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」が、原作の世界観を彩り、ふたりの純愛だけでなく、母と娘の愛をみつめた、命の再生の物語となっているようです。

ホットロード場面画像
そしてこの度、新たにキャストを一斉発表です。

Nightsのリーダー、玉美トオル役に鈴木亮平、トオルの恋人役に太田莉菜。

Nightsのメンバーに落合モトキ、山田裕貴。

和希が通う中学校の先生役に鷲尾真知子、利重剛。

医者役に野間口徹。そして春山の母親役に松田美由紀。

先に発表している和希役・能年玲奈、春山役・登坂広臣、和希のママ役・木村佳乃、鈴木役・小澤征悦、 絵里役・竹富聖花と合わせて主要キャストが揃いました!

キャスト相関図
『ホットロード』キャスト相関図
映画『ホットロード』

8月16日(土)より、全国公開です。

公式HP: http://www.hotroad-movie.jp



********************************************************************


映画『ホットロード』

ストーリー
亡き父親の写真が1枚もない家でママと暮らす14歳の少女・宮市和希は、自分が望まれて生まれてきた子どもではないことに心を痛めている。ある日、学校に馴染めずにいた親友に誘われるまま、夜の湘南で出会ったのは、Nights(ナイツ)という不良チームの少年、春山洋志。

はじめは傷つけ合っていたふたりだが、和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも、急速に春山に惹かれてゆく。

春山もまた和希の純粋さに惹かれるが、Nightsのリーダーとなったことで、敵対するチームとの抗争に巻き込まれてしまう――。

ホットロードポスター
ホットロードポスター

出演:
能年玲奈 登坂広臣     『ホットロード』原作⇒
木村佳乃 小澤征悦
鈴木亮平 太田莉菜 竹富聖花
落合モトキ 山田裕貴
鷲尾真知子 野間口徹 利重剛
松田美由紀

原作: 紡木たく「ホットロード」
集英社文庫<コミック版>
監督: 三木孝浩
『僕等がいた』『陽だまりの彼女』
配給:松竹
(C) 2014『ホットロード』製作委員会
(C)紡木たく/集英社