「松江哲明監督」タグアーカイブ

芦田愛菜が司会進行!おじ3優しい気持ちに『映画 山田孝之3D』初日


映画情報どっとこむ ralph 生誕33年。山田孝之の過去、現在、そして未来——
「山田孝之」とは何者なのか。彼の思考にダイブする、脳内スペクタクル3D映画、『映画 山田孝之3D』がいよいよ公開となり初日舞台挨拶が・・・なんとTOHOシネマズ 新宿で行われMCに芦田愛菜さんが山田孝之さん、松江哲明監督、山下敦弘監督を掌で回すというイベントが行われました。
『映画 山田孝之3D』公開記念舞台挨拶
日付:6月17日(土)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:山田孝之、芦田愛菜、松江哲明監督、山下敦弘監督
   
映画情報どっとこむ ralph 芦田愛菜さんが発案者という本作

芦田さん:公開ができてよかったです。どうしても山田孝之さんを山下監督で撮っていただきたくて、私が間に入らせていただいた感じなんです。山田孝之を好きになってもらえる映画になっていると思います。

と、発案者としての感想を述べ、続いて芦田さんがMCに挑戦!

MC芦田:公開したご感想を!
山田さん:どうしても止めたかったのですが・・・全国でスクリーンが破かれないか心配です!

MC芦田:山田さんとの日々は?
山下監督:赤羽から始まって。。大変でしたが、いろんな景色を見せていただいて。カンヌにも行けましたし、今日もTOHOシネマズ。凄いところに連れて行ってくれましたね。山田君には感謝してます

松江:赤羽から始まって・・・中学生が教室の隅でやってるのこそこそ話が深夜にやっていて、いつの間にか全校生徒の前で発表!って感じです。

MC芦田:見どころは?

山下監督:見どころは・・・見どころというより見方ですが・・・ちゃんと見ないでください、シンプルな映画ですが情報量多いので、考えすぎると脳が疲れちゃうので。感じてください。

映画情報どっとこむ ralph MC芦田:なぜ3D?

松江監督:山田君との3年間を映画にしたくて。普通の映画ではなく「実録山田」が面白かったので、ああいうのを映像化するのに3Dかなと。
MC芦田:サブタイトルが山田孝之前告白。後悔はありませんか?

山田さん:後悔しかないです。実験でやってみたのがこうなりましたので。話しすぎました。公開止めたかったです。

MC芦田:自分のことを知ろうとする山田孝之が格好いいと思いました!ちなみに今の山田さんにとって賞を取る気持ちは?

山田さん:賞のことしか考えてません。まずは日本アカデミー呼んでもらいたい。18年やってて一度も声がかからない。どんな手を使っても賞を取りたいと思います。(笑)

MC芦田:おすすめシーンは

松江監督:そうですね。自分と山田孝之とつながる瞬間があると思いますのでそこですね。

山下監督:山田君に見つめられると正しく思います。半径5mでは正しいと思わせる山田力ですね。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・

山下監督:よくわからない力で着ちゃいました3年間山田君を見続けた結晶です!映画を浴びて!見るより体感してください。

松江監督:いま、凄く作り手が実験しにくいんですね。実験的に出来たものがどう広がるのか。ある意味贅沢な作品です、
山田さん:自分の思うこと喋っているだけですが、こんな人ですがわかると思います。芦田さんの司会は優しい気持ちになります。

映画 山田孝之3D

体感公開中!

公式サイト

***********************************

配給:東宝映像事業部
©2017「映画 山田孝之3D」製作委員会
   


杉並ヒーロー映画祭2017 全上映作品発表


映画情報どっとこむ ralph ”杉並ヒーロー映画祭2017全上映作品が6月11日、12日の2日間で決定。今年で2回目となる映画祭です。
1日目のコンペティションは、「ヒーロー」をテーマに日本全国から集まった自主制作映画9本を上映。審査員には、今冬公開予定『勝手にふるえてろ』大九明子監督、『3泊4日、5時の鐘』三澤拓哉監督。

2日目は、「ヒーロー」×「音楽」をテーマに日本・アメリカ・ポルトガル映画の特別上映を行う。プリンス史上最高傑作のライブビデオ『サイン・オブ・ザ・タイムズ』、前野健太主演のドキュメンタリー『ライブテープ』などを上映しますなお2日目当日、松江哲明監督によるトークショーも開催する。

映画情報どっとこむ ralph 『杉並ヒーロー映画祭2017』

1日目:2017年6月11日(日) 12:30~20:00 会場:座・高円寺2
コンペティション&講評会
ゲスト審査員:大九明子監督、三澤拓哉監督
料金
– 前半(12:45-14:45):\1,200-
– 後半(15:00-17:10):\1,200-
-講評会(17:45-20:00):チケットをお持ちの方全員

2日目:2017年6月12日(月) 12:30~20:45 会場:座・高円寺2

・第1部『アマリア』:\1,500-
・第2部『サイン・オブ・ザ・タイムズ』:\1,500-
・第3部『ライブテープ』+トークショー:\1,500-
主催・後援
主催:NPO法人COSMO FEST
後援:杉並区
ホームページ

映画情報どっとこむ ralph 6月11日(日)1日目:コンペティション・講評会

【ゲスト審査員】
大九 明子 三澤 拓哉


【ノミネート作品】
ノミネート作品は、計9本がNPO法人COSMO FESTにより選出されました。『作品名』/監督名は以下のとおりです。

『ACTOR』/土屋哲彦監督
『くたばれ!サムライカメン』/佐野航監督
『サマータイムエンジェル』/川野浩司監督
『さよならアインシュタイン』/白木修太監督
『ジャスト・ア・ヴァージン』/鴨井奨平監督
『それも恋』/今野雅夫監督
『Drum boy』/高橋U祐監督
『ミズノの帰還』/佃光監督
『レンタル戦隊入善町商工会青年部』/宮坂和秀監督
(上映作品順)

映画情報どっとこむ ralph 6月12日(月)2日目:「ヒーロー」×「音楽」映画特集

第1部
『アマリア』/カルロス・コエリョ
第2部
『サインオブザタイムズ』(日本語字幕)/プリンス
第3部
『ライブテープ』/ 松江監督トークショー

***********************************



カンヌ映画祭 正式応募作品『映画 山田孝之3D』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 生誕33年。山田孝之の過去、現在、そして未来。

様々な顔と数々の名演で人々を魅了し続ける、俳優「山田孝之」。俳優として変化し続け、私たちを煙に巻き続ける「山田孝之」とは何者なのか。

彼の思考にダイブする、脳内スペクタクル3D映画、『映画 山田孝之3D』の公開が2017年6月16日(金)に決定しました。

映画情報の解禁に合わせて、ポスタービジュアルおよび予告編一挙解禁です!

イリュージョンのような言葉と映像で「山田孝之」を3Dで体感する作品。観客を奇妙で恍惚な「山田孝之ワールド」へと誘います。

本作は、テレビ東京他で放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけとして、俳優・山田孝之×監督・松江哲明&山下敦弘によって生み出されました。さらには、「山田孝之のカンヌ映画祭」にも登場した芦田愛菜が友情出演。ドキュメンタリードラマの中でも掲げていた「カンヌ映画祭で賞を獲る」という目標を継続。最終話(3/24オンエア)にて、本年度のカンヌ映画祭にも「正式応募」を果たしました。

全世界の人々に向けた、想像を超える摩訶不思議な映画体験——



映画情報どっとこむ ralph 山田さん、松江監督、山下監督からのコメントが届いてます!

山田孝之コメント
2016年、僕と山下さんは手を取り合い、衝突を重ね、決別し、再び手を取り合い一つの映画を完成させました。この映画には僕の今までの人生とこれからの全てが詰め込まれています。それを引き出せたのは山下さんとの関係無しでは成せないことでした。
そして、その全てを見届けてくれた芦田さん。
僕は芦田さんと出会ったことでたくさん失い、たくさん発見することができました。いつか芦田さんのような大人になるため、山田孝之は現実をぶち壊し続けて生きていきます。

松江哲明監督コメント
山下くんから「山田くんが自分を題材にした映画を撮りたいと言ってるんだけど」と相談され、カメラ目線でこれまでの人生を語る山田孝之を見た時、この映画は彼の脳内にダイブするようなドキュメンタリーにしなければならないと覚悟を決めました。山田くんが目からビームを発しながら訴えてくるからです、「もっと飛べ!」と。僕の勘違い、または洗脳されていただけかもしれませんが、3Dだからこそ効く体感映画が完成してしまったと自負しています。あの目力に注意してご覧ください。

山下敦弘監督コメント
山田孝之くんとこの三年間いろいろなことがありました。
「真剣じゃないと芝居が出来ない」から始まり、しまいにはナパーム爆破してからの逃亡…。
山田くんとは二度と映画は作れないんじゃないかと諦めていましたが、この度、芦田愛菜さんのおかげで一本の映画を作ることが出来ました。これは人間、山田孝之と山下敦弘のけじめとしての映画です。
どうか皆さま劇場で見届けてください。この映画を芦田愛菜さんに捧げます。

映画情報どっとこむ ralph また前売券として山田孝之肖像画(by漫☆画太郎)スマホ用壁紙を特典としたムビチケオンラインが限定発売。また、5月17日発売「山田孝之のカンヌ映画祭」Blu-ray&DVD BOXには初回限定で本映画の舞台挨拶付き上映に抽選で333名様をご招待する応募抽選券はがきが封入されることも決定!

◎前売情報
3月24日(金)25時30分よりムビチケオンライン限定発売!
特典:山田孝之肖像画(by漫☆画太郎)スマホ用壁紙
料金:一般¥1,800(税込/3D鑑賞料金含む)
取扱い詳細は、ムビチケサイト(https://mvtk.jp)まで。

劇場:
[北海道]札幌シネマフロンティア 
[東京]TOHOシネマズ 新宿 
[東京]池袋HUMAXシネマズ
[愛知]TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
[大阪]TOHOシネマズ 梅田 
[福岡]T・ジョイ博多

映画情報どっとこむ ralph 『映画 山田孝之3D』

2017年6月16日(金)公開です!

公式サイト 

***********************************


出演:山田孝之  
友情出演:芦田愛菜
監督:松江哲明 山下敦弘
制作:テレビ東京 C&Iエンタテインメント
配給:東宝映像事業部
©2017「映画 山田孝之」製作委員会
     


ナ・ホンジン監督オールナイト 松江哲明監督らトークショー


映画情報どっとこむ ralph 『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督最新作で、2016年カンヌ国際映画祭で上映されるや観る人を震撼させ、昨年韓国で観客動員数700万人に迫る大ヒットを記録した究極のサスペンス・スリラー『哭声/コクソン』 が、3月11日よりシネマート新宿ほか全国13館で公開され、監督の過去作の成績を上回る大ヒットスタートを切りました! 『チェイサー』(全国20館)対比101%、『哀しき獣』(全国12館)対比164%となっております。
これを記念して、3月18日(土)に初めて開催されるナ・ホンジン監督オールナイトにおいて、松江哲明監督、岡本敦史さん(映画秘宝編集部)、山崎圭司さん(映画ライター)と監督を愛する映画の達人が揃い、本作や監督作品の魅力に迫るトークショーを行いました。

ナ・ホンジン監督オールナイト トークショー
日時:3月18日(土)
会場:シネマート新宿
登壇:松江哲明監督、岡本敦史(映画秘宝編集部)、山崎圭司(映画ライター)

映画情報どっとこむ ralph 山崎さん:公開前、韓国でこの映画が大ヒットして羨ましいねって話をしてたんですが、日本でもヒットして素晴らしいです。自分が作った訳じゃないけど(笑)。

と切りだす。この日にシネマート新宿で本作を見直したという

松江監督:過去の2作品ともすごく好きなんですが、最初に『哭声/コクソン』を観た時にまず思ったのは、“この人は前の2作で本領を発揮してなかったんだな”ということでした。それまでの2作を通じての印象は、韓国の実録犯罪系、韓国ノワールの中で犯罪者の気持ちを伝えてくれるヤバい映画を作るというものだったんですがが、この映画を観た後で2作品を見直したら印象が全く変わってしまったんです。この人はもしかしてデヴィッド・リンチをやりたいのかな?って。それでナ・ホンジンはこの後のキャリアをどうするんだろう?と。「ツイン・ピークス」みたいにおかしな映画ばっかり作っていくのかなって想像してしまいます。

と語った。

岡本さん:『哭声/コクソン』と前の2本で描かれることは全く違うけど、改めて見直すとこの映画に受け継がれる要素がここにあるんだなというのが見えてくると思います。

を語る。松江監督は、3作品に共通して人を殴る道具にとても“イヤなもの”を使っていると指摘し、

松江監督:『哭声/コクソン』で襲撃に行くための道具をトラックの荷台に詰め込むのにチェーンソーとかハンマーは分かるけど、なんで“牛の骨”を入れるんだと(笑) 『哀しき獣』でも牛骨でボコボコにするというのがありましたけど、あれは画期的でいいですよね。

とトリビアともいえる共通点を明かした。

映画情報どっとこむ ralph 岡本さん:クリスチャンであるナ・ホンジンには宗教というはっきりとしたテーマがあって、今まではあまり見えなかったけど、『哭声/コクソン』ではっきり描かれたことでそれが明確になりました。

と語ると、

松江監督:『殺人の追憶』とか『カエル少年失踪殺人事件』みたいな未解決事件モノなのかと思って『チェイサー』を観てたんです。でも『哭声/コクソン』を観たことで、韓国社会がどうこうというのを超えて、人間が生きていく上でどうにもならないことがあるという“不条理”そのものをぶつけてくる。人間というのはそういうものなんだという絶望を肯定していて、この監督には困ったな・・・と思ったんです。そして『哭声/コクソン』で神の視点にまで行ってしまった。この映画を観て2作品の印象が変わってしまったというのはそこなんです。

と具体的に語る。

岡本さん:この人は別に悪いことをしている訳じゃないのになんでこんな災難に遇わないといけないのか、どうすれば救われるのかというのは敬虔であればあるほどなぜだと考えてしまうと思うんです。その挑戦が映画を撮るごとにどんどんエスカレートしていくのは、ウィリアム・ピーター・ブラッティ(「エクソシスト」原作者)に似てますよね。彼はそんな問いかけをし続けて自分を傷つけるような作品をずっと作ってきました。

と語る。山崎氏は、『哀しき獣』公開時に監督が語ったこととして、監督はハードボイルドな映画が大好きだといい、見終わった後に男がタバコを1本吸ってため息を付けるような映画が作りたいんです!とプロデューサーに熱弁したというエピソードを明かす。

松江監督:神様がいるかもと思う人は、悪魔もいるはずだと考えがちですよね」と返しつつ、「でもこの映画を観る限り、作った人が神様を信じているようには見えないですけど(笑)

とツッコミを入れた。

映画情報どっとこむ ralph 松江監督:こういう映画は観た後にあれこれ正解を探したくなるけど、正解を見つけたら負けのような気もするんです。僕もドキュメンタリーを作っているので、ドキュメンタリーは特に人間の感情で動いていくから整理整頓しきれないところがあるというのは分かります。その中でもギリギリ物語としては伝わるなというものを見つけて、編集して作るのがドキュメンタリーの編集です。『哭声/コクソン』は、國村隼さんとかスターが出てるからどうしてもそこで観てしまうけど、どこか整理整頓のポイントなのかとキャラクターを追いかけてしまうと、つじつまが合わないんです。何回か見直す中で、逆に僕がこれだ!と思ったのは“健康食品”です!もうそこしか信じないぞ、と(笑)

と新たなる解釈を披露。

岡本さん:観るたびに解釈がどんどん変わっていくんですよね。人に話を聞いても話を聞いているうちに気付きもあるかもしれないし・・・。

と付け足す。

山崎さん:主人公のジョングをとりまく人達の言ってることには惑わしがあって、言ってることは両極端でありながらひとつであるとか、なかなか小癪だな・・・と。

と付け加えた。

松江監督:作り手として、自分達の言うことを余り信じてくれるなよという想いがあるんです。僕が好きなのは、作り手もよく分からないけど観客を通してコミュニケートしたいという狙いが伝わる作品で、『哭声/コクソン』もそういう映画だと思います。だから、この映画がヒットするのは素晴らしいことで、だからこそ監督は正解を言っちゃいけないし、観る側を試すというか“考えろよ”というのは映画に限らず生きていく上でもすごく大事だと思っています。

と持論を語った。

山崎さん:この映画のきっかけになったという監督が経験した近しい人の死について真面目に考えて、2年にも渡る緻密なリサーチを経て、作った映画がこれっていうこの娯楽魂はすごいものがありますよね。

と返した。その他、『チェイサー』や『哀しき獣』の製作秘話やネタバレ全開トークや監督の人となりなど、たっぷり話が繰り広げられた。

映画情報どっとこむ ralph 哭声/コクソン

公式サイト:http://kokuson.com/ 
公式Twitter:@ kokuson_movie 

物語・・・
平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングが娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像てきない結末へと走り出す―

***********************************

監督:ナ・ホンジン
出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ
2016年/韓国/シネマスコープ/DCP5.1ch/156分 
©2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION
  


『変態だ』に前野健太で松江哲明監督が特別映像第2弾製作!


映画情報どっとこむ TJ この度、企画・みうらじゅん、監督・安齋肇の夢のコラボレーションで製作された12月10日公開の青春映画『変態だ』より、特別動画が配信開始となります。

特別動画を手掛けたのは、なんと「ライブテープ」「東京ドリフター」で、前野健太を起用していた松江哲明監督!

つい先日には東京国際映画祭で「変態だ」と「俺たち文科系プロレスDDT」が同時上映される(同時上映「星くず兄弟の新たな伝説」)という、切っても切れない縁の中、なんと映画の特別動画として松江哲明監督が前野健太とともに4本の動画を制作しました!

動画は撮影後に前野健太がお世話になった4名の元を訪ね、そして歌うというもの。
この機会にぜひ、ご視聴ください。

映画情報どっとこむ TJ 【第1弾配信】

映画「変態だ」~前野健太、みうらじゅんに会いに行く~


映画「変態だ」~前野健太、白石茉莉奈に会いに行く~


映画情報どっとこむ TJ 【第2弾配信】11月12日0時配信開始

映画「変態だ」特別動画~前野健太、安齋肇に会いに行く~


映画「変態だ」特別動画~前野健太、月船さららに会いに行く~


映画情報どっとこむ TJ 映画「変態だ」

%e5%a4%89%e6%85%8b%e3%81%a0物語・・・
一浪の末、都内の二流大学に進学した男(前野健太)。
特別な才能があるわけでもない普通の男は、偶然入ることになったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだす。
やがて結婚し、妻(白石茉莉奈)と生まれたばかりの息子とのごくごく普通家族生活を送っているが、実は学生時代から続く妻以外の女・薫子(月船さらら)との愛人関係を断てずにいた。
そんなある日、地方の雪山でのライブ公演の仕事が入り、愛人を連れて旅行気分で出かける男。そしてステージに立ったその時、彼の目に飛び込んだのは、妻の姿!?雪山を舞台に物語は衝撃のラストに向けて走り出す。


12月10日(土)より新宿ピカデリー他、全国順次公開

公式サイト:hentaida.jp

***********************************

出演:前野健太、月船さらら、白石茉莉奈 他
監督:安齋 肇/企画・原作:みうらじゅん(原作「変態だ」小説新潮掲載)
脚本:みうらじゅん、松久 淳/制作:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ
2015/日本/75分
(c)松竹ブロードキャスティング