「松村克弥監督」タグアーカイブ

井手麻渡、渡辺大、小島梨里杏、城之内正明 登壇『ある町の高い煙突』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 煙害を防ぐために、世界一の大煙突建設の悲願を達成する為に奔走した若者たちと、それに向き合った鉱山会社の努力と精神。地球規模での環境問題が深刻化し、CSR(企業の社会的責任)が重要視されるようになった21世紀の今こそ、その原点として一人でも多くの方に届けたい感動の実話。『ある町の高い煙突』はいよいよ6月22日より全国公開となりました。

そして、全国公開初日の6月22日(土)に初日舞台挨拶が行われ、主演の井手麻渡さん、渡辺大さん、小島梨里杏さん、城之内正明さん、松村克弥監督が登壇しました。

ある町の高い煙突
日程:2019年6月22日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:井手麻渡、渡辺大、小島梨里杏、城之内正明、松村克弥監督

映画情報どっとこむ ralph 雨模様となった東京有楽町。
それでも老舗劇場は大勢の観客で満員となり、上映が終わると、大きな拍手が沸き起こりました。
主人公・関根三郎を演じる井手さんはかなり緊張気味。

井出さん:本日はお忙しい中、劇場まで足を運んでいただいてありがとうございます。朝早くから並んでいただいた方もいらっしゃったみたいで、本当にありがとうございます。
とご挨拶。続けて日立鉱山で煙害補償を行う加屋淳平を演じた渡辺さんは堂に入ったもので、

渡辺さん:こういう作品に似合うような、しっとりした天気だなと。いい意味で捉えています。短い時間ですが、皆さんとお話ができたらなと思います。
と笑顔を見せた。

さらに三郎と心を通わせる加屋の妹・千穂を演じた小島さんは

小島さん:今日は朝早くからたくさんの方が集まっていただいてうれしいです。昨年の夏、暑い中、皆さんと頑張って撮った作品が形となって。皆さんのもとに届くことがすごくうれしいです!
とし、村民の孫作を演じた城之内さんは茨城出身でもあり

城之内さん:ステージから見ても、お客さまがこんなにもたくさん入ってくださっていて。本当にうれしいなと思います!茨城の日立で先行上映をやったんですけど、すぐに席が完売して。日立の人たちの興味、団結力はすごいんだなと思いました!
と語ってくれました。そして、

松村監督:ここ有楽町スバル座は、子どもの頃から来ていて。憧れの劇場でした。このステージに立つことが出来て。しかも満席で。本当にうれしいです!
と感無量なご様子。

映画情報どっとこむ ralph 其々ひところ挨拶が終わると、トークセッションに。

井手さんは、名優・仲代達矢さんが主宰する無名塾に所属する若手俳優。劇中では、師匠とあおぐ仲代さんとの共演シーンもあり

井出さん:とても緊張しました。普段、一緒にお芝居をさせていただいていますが、無名塾の外でご一緒させていただく機会をいただいて感謝しています。
とコメント。さらに「仲代さんからはどのような言葉が?」と尋ねられると、

井出さん:よく頑張った、とおっしゃっていただいて。誇りに思ってます。

と付け加えた。

本作について

城之内さん:今回のこの映画は公害のお話ですが、現代の町対企業とか、いろいろとあると思うんですが、そうやっていろいろと置き換えて観られると思います。いろんな感想が聞けたらいいなと思います!
と語り、
小島さん:現代にこそ観て欲しい映画が出来あがったと思っています。千穂を演じさせていただいて、現場では物理的な三郎さんとの距離を感じたんです。だからより大切な人が愛おしくなるというか。心の距離が縮まるんじゃないかな、という、温かいものを感じさせていただきました。少しでもそういうところが届いたらうれしいです。
と、感想を述べ、

さらに客席に子どもたちの姿を見つけた
渡辺さん:今日、うれしかったのがいろんな客層の方々が観てくださったということ。子どもも来てくれてうれしいです。なんでかというと、おそらく僕たちの世代もそうなんですけど、あまり煙突というものに触れたことがないからなんです。町からだんだんと煙突が消えていっていますが、でもこういう作品を観た後ならば、例えばおじいちゃんおばあちゃんから孫へという具合に、話が語り継がれていくと思うんです。そういう役割をこの作品が担っていると思います。映画というのはそういうもので、僕もけっこう昔の作品をやるんですが、そういう時に、祖父母から話を聞いたりしました。そういう架け橋になる作品になればいいなと思います。

と会場に呼びかける。

そして
井手さん:初めて映画に主演させていただきまして。撮影現場の中心にいて、スタッフがひとつひとつ丁寧に、煙突を作るように一個一個積み上げていって、作品を作っているんだなということを実感いたしました。今日改めて思いましたが、作品というものはお客さんが入って、観ていただくことで完成するんだなということを実感するとともに、皆さまに感謝しています。

と晴れやかな表情を見せた。

最後に・・・

松村監督:僕は茨城を舞台とした映画をいろいろと作ってきました。今回も茨城が舞台ではあるんですけど、100年前にエコロジーを成し遂げた、奇跡の物語でした。これは現代にも通じる映画だと思います。これから国内だけでなく、世界にも発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

と決意を語った。

映画情報どっとこむ ralph ある町の高い煙突

大ヒット上映中!!

ある町の高い煙突
【STORY】

「この美しい村は大きく変わるかもしれません…」

1910年、茨城県久慈郡入四間の裕福な地主の家に生まれ育った関根三郎はある日、隣村の日立鉱山による煙害が発生しているという話を耳にする。村の権力者である三郎の祖父・兵馬は事態を重く見て、分家の恒吉を連れて鉱山会社へ掛け合いに行くが、「補償はするが煙害は我慢してくれ」と一方的。受験を控えた三郎を心配した兵馬はある夜、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨てて、煙害と闘うことを決意する…JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語。

***********************************


出演:井手麻渡 渡辺大 小島梨里杏 吉川晃司 仲代達矢 大和田伸也 小林綾子 渡辺裕之 六平直政 伊嵜充則 石井正則 螢雪次朗 斎藤洋介 遠山景織子 篠原篤 城之内正明 大和田健介 たくみ稜

原作:新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫・刊) 
企画協力:文藝春秋  ナレーション:阿川佐和子

エグゼクティブプロデューサー:鈴木一良 宮本澄江  
脚本:渡辺善則  
監督・脚本:松村克弥  
プロデューサー:亀 和夫 城之内景子

製作:Kムーブ  制作協力:マウンテンゲートプロダクション Yプロダクション 
配給:エレファントハウス/Kムーブ
2019年/日本映画/カラー/130分/シネマスコープサイズ/5.1ch

(C)2019 Kムーブ  


井手麻渡、渡辺大、城之内正明ら『ある町の高い煙突』茨城先行公開舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 文豪・新田次郎の小説を原作に、約100年前に茨城県日立市で、開発を進める鉱山会社とその煙害に苦しむ住民が、対立の末に協力し、世界一高い煙突の建設する史実を描いた映画『ある町の高い煙突』。

本作が地元・茨城県内で6月14日(金)に先行公開を迎えたが、15日(土)には、ユナイテッド・シネマ水戸で舞台挨拶が行われ、主演の井手麻渡をはじめ、渡辺大、城之内正明、松村克弥監督が駆け付け、会場は大きな盛り上がりを見せた。

ある町の高い煙突_.先行公開舞台挨拶
日付:6月15日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ水戸
登壇:井手麻渡、渡辺大、城之内正明、松村克弥監督

映画情報どっとこむ ralph あいにくの天気にもかかわらず、映画館は朝から超満員! キャストと監督が登壇すると、会場は大きな拍手に包まれた。

本作で映画初主演を果たし

井手さん:毎日、現場の中心にいさせていただき、役者として今までにない経験をさせていただきました。監督、大さん、城之内さんをはじめ、みなさんに助けていただき何とか乗り切ることができましたし、地元・茨城のみなさん、ボランティアで協力してくださったみなさん、誰一人が欠けても、この映画はできなかったと思います。

と感謝の思いを口に。


渡辺さんは劇中、ゲートルを巻いているが、20代前半で映画『男たちの大和/YAMATO』で年少兵を演じた頃を思い出したそうで

渡辺さん:懐かしかったです。僕も初めて主演を務めたのは24歳くらいの時。井手くんがこうやって主演をしていて、それを支えられる立場になったのかと思うと、無駄に歳をとったわけじゃないと証明できたのかな。今年で34歳ですが、そういう役回りになったんだな…。

と感慨深げだった。


劇中、吉川晃司さんが演じる鉱山の社主・木原と対峙する場面があるが、

渡辺さん:吉川さんは、セリフはあまりないけど、少ない言葉でドスンと攻めてくる。井手くんとタッグを組んで、迫力に負けないようにとガンガン攻めましたが、緊張しました。

と振り返った。

城之内さんが演じた孫作は劇中、井手さん演じる三郎と激しい格闘を繰り広げたかと思えば、渡辺さん演じる加屋には銃を突きつけるシーンも!

城之内さん:悪いことばっかりしてますね。三郎とのシーンは(拳が)当たっているように見えず、5~6回、撮り直したんですが、最後の1回で実際に当たってしまって…。

と申し訳なさそうに懺悔。

井手さん:まだお詫びをいただいてないですが…(笑)

とまぜっかえし、会場は笑いに包まれた。

また、公害問題や男たちの友情といった部分に加え、映画では、三郎と加屋の妹・千穂(小島梨里杏)との淡い恋模様も描かれている。このシーンについて、

井手さん:僕の撮影の初日が浴衣でのデートシーンで、クランクインで緊張していたんですが、僕の緊張と三郎の緊張がマッチしていればいいなと思っていました。

と述懐。


松村監督は、三郎と千穂の海辺でのシーンについても言及。原作者・新田次郎の息子で「国家の品格」などのベストセラーでも知られる藤原正彦さんが、映画を見て「素晴らしい」とこのシーンを絶賛していたと明かし、井手さん照れくさそうに笑みを浮かべていた。

昭和38年生まれの松村監督は、幼い頃から東京で大気汚染などの公害を体験していて、

松村監督:新田さんが原作を書いたのも昭和40年代。新田さんは『日本は世界一の公害大国だ』と語り、そのアンチテーゼを込めて。100年前に公害を克服した人たちの勇気と愛を描いたんですが、これがフィクションではなく、実話だということが本当にすごいことだと思います。

と熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 締めの挨拶で、

井手さん:映画で僕と加屋さんは、直で対話していきます。いま、直接話し合い、ぶつかり合って解決するということが希薄な現代において、メッセージ性の強い映画になっていると思います。

と呼びかける。

渡辺さん:村民とのやり取りで『この煙突を建ててくれたら100年、忘れることはないでしょう』というやりとりが出てきますが、それからちょうど100年が経ってこの作品ができました。100年以上経っても忘れられない物語になっていると思います。

と胸を張り、

城之内さん:1993年に煙突が倒れて3分の1の高さになってしまい、若い世代はもう煙突のことを知らないかもしれません。知らない世代も、156メートルの煙突を知っている人たちも、全員でこの映画を発信していただけたら。

と呼びかけた。

そして、

松村監督:この煙突は日立であり、茨城、いや、日本の誇りだと思います。その素晴らしさをこの映画で全国、世界に広めたいし、世界の映画祭も目指したいと思います。

と力強く語り、会場は温かい拍手に包まれた。


『ある町の高い煙突』

ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくばにて先行公開中。
6月22日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー

【STORY】

「この美しい村は大きく変わるかもしれません…」

1910年、茨城県久慈郡入四間の裕福な地主の家に生まれ育った関根三郎はある日、隣村の日立鉱山による煙害が発生しているという話を耳にする。村の権力者である三郎の祖父・兵馬は事態を重く見て、分家の恒吉を連れて鉱山会社へ掛け合いに行くが、「補償はするが煙害は我慢してくれ」と一方的。受験を控えた三郎を心配した兵馬はある夜、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨てて、煙害と闘うことを決意する…JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語。

***********************************


出演:井手麻渡 渡辺大 小島梨里杏 吉川晃司 仲代達矢 大和田伸也 小林綾子 渡辺裕之 六平直政 伊嵜充則 石井正則 螢雪次朗 斎藤洋介 遠山景織子 篠原篤 城之内正明 大和田健介 たくみ稜

原作:新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫・刊) 
企画協力:文藝春秋  ナレーション:阿川佐和子

エグゼクティブプロデューサー:鈴木一良 宮本澄江  
脚本:渡辺善則  
監督・脚本:松村克弥  
プロデューサー:亀 和夫 城之内景子

製作:Kムーブ  制作協力:マウンテンゲートプロダクション Yプロダクション 
配給:エレファントハウス/Kムーブ
2019年/日本映画/カラー/130分/シネマスコープサイズ/5.1ch

(C)2019 Kムーブ  


どういう生き方をしたいか?阿川佐和子・松村克弥監督『ある町の高い煙突』試写会でトーク


映画情報どっとこむ ralph いまから100年前に起きた実話をもとに、文豪・新田次郎が執筆した小説を映画化した『ある町の高い煙突』の試写会が6月7日(金)、東京・飯田橋の神楽座にて行われ、本作で実写映画のナレーションに初めて挑戦した阿川佐和子さんと松村克弥監督が舞台挨拶に登壇し、映画の魅力や収録時のエピソードについて語った。


日程:2019年6月7日(金)
場所:神楽座
登壇者: 阿川佐和子、松村克弥監督

映画情報どっとこむ ralph もともと、映画の元になった茨城県の日立鉱山での煙突建設のエピソードについて「知らなかった」という阿川さんだが、物語に深い感銘を受けたよう。特に煙害対策、そして煙突の建設計画の中心を担ったのが若者たちであったことに言及。

阿川さん:富国強兵を掲げて、重工業に力を入れて強くならないと欧米列強に負けちゃうという中で、農民の愚痴を聞いてる暇なんてないという時代ですよね。そんな中、大企業を相手にするのは若者にとって果てしもない戦いだったと思います。企業が発展を続けるの中で、いち人間として『自分たちがやっていることは誰かを傷つけているんじゃないか?』と思いを馳せるなんてこと、普通はできなくなってくると思うけど、なんでそれが可能だったのか?いまの時代にも反映することができる、ひとりの人間として『どういう生き方をしたいか?』が問われる映画だと思います。

と熱く語る。

松村監督は阿川さんの言葉に嬉しそうにうなずき、同じことを原作小説執筆当時に新田次郎がテレビで言っていたと紹介。

松村監督:ちょうど水俣病やイタイイタイ病が出てきた時期で、『いまの企業は臭いものにふたをして、カムフラージュしようとするけど、(日立鉱山は)科学的アプローチと人間的善意で環境問題に向かっていった。そこに心打たれた』と言っていました。その精神を映画で表現できればと思いました。

と語る。


映画情報どっとこむ ralph ナレーションの仕事に関して、

阿川さん:好きではあるけどオファーがあまり来ないんです(苦笑)最初と最後しか仕事してません(笑)

と謙遜するが、

松村監督:この作品のイメージにぴったりでした。シビアで客観的なナレーション、ハートフルで温かいナレーションの両面ができる方なので、ぜひやっていただきたいと思いました。

とオファーの理由を説明。ちなみに収録では、阿川さんの方から監督に

阿川さん:もう一度やらせてください」と録り直しをお願いするほどの熱心さを見せていたという。

映画の冒頭部分では落ち着いた口調で当時の時代背景を説明し、映画の最後では優しいナレーションで物語に温かさと彩りを加えているが、

阿川さん:監督に『最初は淡々と、最後はちょっと変えて』と言われました。あ、色っぽくはなりませんので(笑)

と茶目っ気たっぷりに語り、会場は笑いに包まれた。


松村監督は、製作費の調達など、準備に3年以上の歳月をかけて、ようやく本作を完成までこぎつけたが

松村監督:毎回そうです。原作は決してベストセラーじゃないし、ヒットドラマの映画化でもないですから難しいです。

と準備段階での苦労を明かしつつ

松村監督:撮影はスムーズで天候にも恵まれ、俳優陣も迫真の演技をしてくれました。(主演の)井手麻渡くんはオーディションで選びましたが、仲代達矢さんの無名塾の俳優で、基礎はみっちりとできているし、明治・大正のDNAを受け継いだ美青年、昔風のイケメンだと思います。

と井手さんをはじめとするキャスト・スタッフ陣の奮闘を讃え、感謝を口にした。


阿川さんはこうしたモノづくりの現状についても言及し、

阿川さん:いまは、どこもカツカツで大変ですが、エンターテイメントの世界は特に何かを『作りたい』と思っても、それがみなさんまでたどり着かない場合もあり、一生懸命に丁寧に作った映画でも(興行的には)還元できるかできないかというところにあります。でも、日本人はこれからどうなるのか?これからどう生きていこうか?と思っている日本人にとって、『そうだ、こういう気概をちゃんと取り戻さないとといけない!』という気持ちになるには、この映画は本当に心を打つものがあると思います。なつかしい気持ち、日本人というものをもう一度、考える上でお役に立つ映画だと思います。

と再び本作の意義を熱弁!

松村監督:100年前の物語ですが、環境破壊やエコロジーというテーマは不変。時代が進む中で悪くなっていくことって多いけど、公害に関しては以前よりも数段よくなってるんですね。この映画は、その先駆けとして煙突を作って環境を守った人たちの物語。広めていただければ幸いです。

と呼びかけ、会場は温かい拍手に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 『ある町の高い煙突』

6月22日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー

ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくば 6月14日(金)先行公開


STORY

「この美しい村は大きく変わるかもしれません…」

1910年、茨城県久慈郡入四間の裕福な地主の家に生まれ育った関根三郎はある日、隣村の日立鉱山による煙害が発生しているという話を耳にする。村の権力者である三郎の祖父・兵馬は事態を重く見て、分家の恒吉を連れて鉱山会社へ掛け合いに行くが、「補償はするが煙害は我慢してくれ」と一方的。受験を控えた三郎を心配した兵馬はある夜、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨てて、煙害と闘うことを決意する…JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語。
***********************************


出演:井手麻渡 渡辺大 小島梨里杏 吉川晃司 仲代達矢 大和田伸也 小林綾子 渡辺裕之 六平直政 伊嵜充則 石井正則 螢雪次朗 斎藤洋介 遠山景織子 篠原篤 城之内正明 大和田健介 たくみ稜

原作:新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫・刊) 
企画協力:文藝春秋  ナレーション:阿川佐和子

エグゼクティブプロデューサー:鈴木一良 宮本澄江  
脚本:渡辺善則  
監督・脚本:松村克弥  
プロデューサー:亀 和夫 城之内景子

製作:Kムーブ  制作協力:マウンテンゲートプロダクション Yプロダクション 
配給:エレファントハウス/Kムーブ
2019年/日本映画/カラー/130分/シネマスコープサイズ/5.1ch

(C)2019 Kムーブ  


井手麻渡 x 渡辺大 松村克弥監督「ある町の高い煙突」キービジュアル&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 原作は昭和の文豪・新田次郎、日立鉱山の煙害とたたかった地元村民が起こした奇跡を著した「ある町の高い煙突」。

煙害による大気汚染に苦しんだ地元住民と国策として休むことなく稼働し続ける鉱山を巡り、命をかけて日立鉱山と向き合った若者たちの実話を、『天心』『サクラ花─桜花最期の特攻─』の松村克弥監督が映像化!

煙害を防ぐために、世界一の大煙突建設の悲願を達成する為に奔走した若者たちと、それに向き合った鉱山会社の努力と精神。地球規模での環境問題が深刻化し、CSR(企業の社会的責任)が重要視されるようになった21世紀の今こそ、その原点として一人でも多くの方に届けたい感動の実話。

『ある町の高い煙突』は2019年6月に公開することが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph この度、キービジュアルを解禁させていただく運びとなりました!

今回解禁しますキービジュアルでは、背景に茨城県・日立鉱山の大煙突として、100年以上前に当時高さ世界一を目指して建設された煙突が描かれています。そして、煙害とたたかう地元住民の代表として奔走する関根三郎(井手麻渡)、となりに住民と対峙しながらも解決の道をさぐる日立鉱山の担当課長、加屋淳平(渡辺大)。三郎と淡い想いを寄せあう加屋の妹・千穂(小島梨里杏)、日立鉱山の社長として決断を迫られる木原吉之助(吉川晃司)、村の名士で煙害への憤りを孫に託す三郎の祖父・兵馬(仲代達矢)。

その表情からは立場の違うそれぞれの複雑な心境を思わせます。さらに、伊嵜充則、螢雪次朗、小林綾子、石井正則、大和田伸也(友情出演)、六平直政、渡辺裕之、斎藤洋介ら、日本のエンターテイメントを支える実力派俳優が集結した一枚となっています。

映画情報どっとこむ ralph メイン写真となる、住民代表の三郎(井手麻渡)と鉱山代表(渡辺大)の堅い握手は解決へ向け最後まで維持されるのか…。


ある町の高い煙突

2019年6月 有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー

<ストーリー>

「この美しい村は大きく変わるかもしれません…」

1910年、茨城県久慈郡入四間の裕福な地主の家に生まれ育った関根三郎はある日、隣村の日立鉱山による煙害が発生しているという話を耳にする。村の権力者である三郎の祖父・兵馬は事態を重く見て、分家の恒吉を連れて鉱山会社へ掛け合いに行くが、「補償はするが煙害は我慢してくれ」と一方的。受験を控えた三郎を心配した兵馬はある夜、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨てて、煙害と闘うことを決意する…
JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語。

***********************************


出演:井手麻渡 渡辺大 小島梨里杏 吉川晃司 仲代達矢 大和田伸也 小林綾子 渡辺裕之 六平直政 伊嵜充則 石井正則 螢雪次朗 斎藤洋介 遠山景織子 篠原篤 城之内正明 大和田健介 たくみ稜

原作:新田次郎『ある町の高い煙突』(文春文庫・刊)
企画協力:文藝春秋  ナレーション:阿川佐和子
エグゼクティブプロデューサー:鈴木一良 宮本澄江
脚本:渡辺善則
監督・脚本:松村克弥
プロデューサー:亀 和夫 城之内景子
製作:Kムーブ  制作協力:マウンテンゲートプロダクション Yプロダクション 配給:エレファントハウス/Kムーブ
製作著作:(C)2019 Kムーブ
2019年/日本映画/カラー/130分/シネマスコープサイズ/5.1ch