「松本若菜」タグアーカイブ

内田慈、松本若菜ら一夜限りのライブ!坂下雄一郎監督最新作『ピンカートンに会いにいく』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 『東京ウィンドオーケストラ』、『エキストランド』の坂下雄一郎監督待望の最新作『ピンカートンに会いにいく』。

完成披露試写会イベントが、坂下雄一郎監督を筆頭に主演陣11人を含め総勢12人!登壇の豪華舞台挨拶を実施!

作品への熱い想いをたっぷりと語って頂くと共に、何と!“伝説の5人組アイドル=ピンカートン”の再結成時を演じた女性主演陣5人:内田慈さん、松本若菜さん、山田真歩さん、水野小論さん、岩野未知さんが一夜限りの主題歌Revolution nowをLIVEで披露しました!

そして!20年前の彼女らを演じた小川あんさん、岡本夏美さん、柴田杏花さん、芋生悠さん、鈴木まはなさんも登壇してイベントを行いました。

日時:1月10日(水) 
会場:スペースFS汐留
登壇:内田慈、松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知、小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生悠、鈴木まはな、田村健太郎、坂下雄一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 会場が暗転。
緞帳が上がると、そこには伝説の5人組アイドル=ピンカートンが!一夜限りの主題歌ライブがスタート。会場はペンライトで応援!

映画情報どっとこむ ralph 少女時代の5人も呼び込まれ、トークイベントがスタート。

内田さん:来てくださって、ありがとうございます。

松本さん:サプライズで踊らせていただきまして、年末3日間練習しました!

山田さん:練習した甲斐がありました!

水野さん:盛り上げていただきありがとうございます。今日のお客様は心に残るお客様となりました。

岩野さん:役者なので、人前で歌うのは初めてで。裏では緊張しましたが、出た瞬間にワーってなってました!

と、ライブの興奮が冷めやらぬご様子の大人組。

田中さん:(ライブ)観ようと思ってたのですが・・・トイレに行ってる間に終わってしまって・・・・(T T)

一夜限りのライブを見逃してしょんぼり?。

一方で少女時代グループはライブを袖で見ていて

小川さん:楽しそうでした。わたしたちも踊りたかったです。

と言う小川さんに岡本さんは「やめて!」と懇願。

MCが「では初日に」発言も、舞台が小さいので・・・・どうなるのか。記者としては観てみたいところ。

岡本さん:いよいよ公開が近づき、皆さんに観ていたでけて嬉しいです。

柴田さん:久しぶりにピンカートンの曲を聞いてテンションが上がっています。

芋生さん:当時18歳で日焼けしていて、色白の水野さんとつながるかと心配していましたが。大人の方々と其々がマッチしていて観ていて楽しかったです。

鈴木さん:わたしは、文句文句の役で20年後も変わらないんだなと(笑)

坂下監督:(消え入りそうな声で)皆で頑張った作品がお披露目できて本当にうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph 元アイドル役を演じて
内田さん:実は元アイドル役が多いんです。5-6回目。チョット旬が過ぎてる感がですかね。今回は仲間がいたので心強かったです。

松本さん:思い描いていたアイドルと違うプライベートなところが描かれていて。当時のアイドルの掛け合いとかが面白かったです。怖いなって。で、私は元アイドルと言うよりは等身大の女性を演じました。

山田さん:初めてのアイドル役。忘れてなければ。グループなんで、15歳チームも、35歳チームもワイワイ仲良くやって、チームの強みで恥ずかしいこともできてしまう(笑)。。アイドルっていいなと思いました。

と、語ります。撮影現場での思い出は・・・

小川さん:坂下さんの顔が変化しないので・・・なかなか・・・。OKのとかは朗らかなので、わかるのですが・・・・。

と、話す小川さんに岡本さんも

岡本さん:お声が小さいので。。指示を聞くのが大変でした。

と、実は子供チームも大人チームも、監督の無表情と小さな声に苦労したそう。

そんな監督になぜアイドル映画を?と問うと

監督:もともと、原作ものを撮る予定だったのですが、出来なくなって。オリジナルの作品を作ることになってひねり出したのがこの作品です。
と話す監督に「声が小さい」と総ツッコミのキャスト陣!そして、女性の多い中で演じた田村さんは

田村さん:20年分の愛がある役。全部プラスにとらえて、この人たちがピンカートンなんだと(引く大人組に)気持ち悪いこと言ってないよ!全体的に楽しかったです。
と、困惑。ドンピシャの配役だったとMC。

この後、20年ぶりに会うとしたら・・・の問いに答えるなど、全体的に和気藹々なイベントに。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

坂下監督:遂にお披露目できてうれしいです。

内田さん:この作品は、チラシがポップですがコメディー映画!とは言いたくないところもあります。崖っぷち感だとか。共有できる気持ちで一緒に生きて行こうよと思っていただけたらと思います。

と、イベントを締めました!


シャープかつオフ・ビートな“一度見たら癖になる”独特のユーモア・センスと“イタい”のになぜか胸が熱くなる?優れたエンターテインメント性にハマった、マスコミの皆様からも作品への絶賛の声が多く寄せられている本作が、いよいよ、2018年1月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。
誰もが一度は感じたことがあるだろう「こんなはずじゃなかった」という思い。目を背けたいみっともない自分。過去のわだかまり…。“こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?”不完全燃焼のまま過ぎていった日々からの返り咲きに挑む、“イタいけど愛すべき、”崖っぷちアラフォー女子たちの大勝負”を描いた新感覚エンターテインメント・ヒューマン・コメディ!その絶妙な旨味&香りに是非ご注目。


ピンカートンに会いにいく

2018年1月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!!

公式ホームページ:
www.pinkerton-movie.com 

物語・・・
かつて、ブレイク寸前で突然解散してしまった伝説の5人組アイドル「ピンカートン」。20年が過ぎ、リーダーだった優子は今も売れない女優を続けていた。
ある日、優子の元にレコード会社の松本と名乗る男からかかってきた電話。それは「ピンカートン再結成」の誘いだったのだ。所属事務所もクビになり、気づけば人生も半ば。崖っぷちに追い込まれた優子は、再起をかけ松本と一緒に元メンバーに会いに行くが、メンバーのうち3人はすでに芸能界を去り、返事はつれない。
さらに一番人気だった葵の行方がわからず、彼女を知る人たちを訪ねて回るのだが…。プライドだけが肥大した“こじらせ女子”まっしぐらの優子は、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越え、「ピンカートン」を再結成させることができるのか!?
***********************************

監督・脚本:坂下雄一郎
音楽:池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)
出演:内田 慈、松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知、田村健太郎 小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生 悠、鈴木まはな
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:松竹撮影所/ランプ
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
<2017年/日本/ビスタ/5.1ch/86分> 
©松竹ブロードキャスティング

    


『ピンカートンに会いにいく』本予告映像完成+場面写真お届け+前売特典


映画情報どっとこむ ralph “こじらせ系アラフォー女子アイドル再結成!?坂下雄一郎監督待望の最新作『ピンカートンに会いにいく』は2018年1月20日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開。そして、その本予告映像が完成しました!
誰もが一度は感じたことがあるだろう「こんなはずじゃなかった」という思い。

目を背けたい、みっともない自分。過去のわだかまり…。“こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?”不完全燃焼のまま過ぎていった日々からの返り咲きに挑む、“イタいけど愛すべき、”崖っぷちアラフォー女子たちの大勝負”遂に始動!“イタい”のになぜか胸が熱くなる?新感覚エンターテインメント・ヒューマン・コメディ!

映画情報どっとこむ ralph 主演を務めたのは、舞台を中心に活動し、TV「ハロー張りネズミ」(17)や映画『恋人たち』(15)、『下衆の愛』(15)などでも個性的な存在感を披露している実力派・内田慈。元アイドルのプライドにすがりながら口を開けば悪態をつく“こじらせ女子”を怪演し、本作が映画初主演となる。共演には『愚行録』(17)、『結婚』(17)などで清廉な印象を残し、TV「コウノドリ」(17)にも出演する松本若菜が再結成のカギを握る葵役を演じているほか、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(14)や『アズミ・ハルコは行方不明』(16)、『島々清しゃ』(17)など話題作の続く山田真歩、『東京ウィンドオーケストラ』(16)の水野小論、『恋人たち』(15)の岩野未知がピンカートンの元メンバーを好演。

映画情報どっとこむ ralph そして・・・
ピンカートンの現役時代を演じたのは、小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生 悠、鈴木まはなといった、いま注目の若手女優陣。
さらに数々の舞台に出演し、TV「女囚セブン」(17)、映画『銀の匙 Silver Spoon』(14)、『恋とさよならとハワイ』(17)の田村健太郎が、再結成のキッカケを作る松本役を演じ、頼りないけれどイザという時には熱い思いをぶちまける愛すべきキャラクターを生み出し好演。

ピンカートンに会いにいく

2018年1月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!!

公式ホームページ:
www.pinkerton-movie.com

前売り特典(イタいあなたに贈る絆創膏)

物語・・・
かつて、ブレイク寸前で突然解散してしまった伝説の5人組アイドル「ピンカートン」。20年が過ぎ、リーダーだった優子は今も売れない女優を続けていた。ある日、優子の元にレコード会社の松本と名乗る男からかかってきた電話。それは「ピンカートン再結成」の誘いだったのだ。所属事務所もクビになり、気づけば人生も半ば。崖っぷちに追い込まれた優子は、再起をかけ松本と一緒に元メンバーに会いに行くが、メンバーのうち3人はすでに芸能界を去り、返事はつれない。さらに一番人気だった葵の行方がわからず、彼女を知る人たちを訪ねて回るのだが…。プライドだけが肥大した“こじらせ女子”まっしぐらの優子は、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越え、「ピンカートン」を再結成させることができるのか!?

***********************************

製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:松竹撮影所/ランプ
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
<2017年/日本/ビスタ/5.1ch/86分>
©松竹ブロードキャスティング

監督・脚本:坂下雄一郎音楽:池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)
出演:内田 慈、松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知、田村健太郎 小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生 悠、鈴木まはな

配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
     


戸塚純貴 映画『ケアニン』、中国・ドイツでも上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 第 4 回シルクロード国際映画祭、 第 12 回デュッセルドルフ日本映画週間に選出

映画『ケアニン』製作委員会は、新人介護福祉士の成長を描いた映画『ケアニン~あなたでよかった~』が、2017年11月28日から中国・福州(福建省)で開催されている第4回シルクロード国際映画祭の日本映画週間、及び 2018年1月12日からドイツ・デュッセルドルフで開催される第12回デュッセルドルフ日本映画週間での上映作品に選出されました。また、デュッセルドルフ日本映画週間ではオープニング作品として上映されます。

映画『ケアニン~あなたでよかった~』は、2017 年 6 月に劇場公開。先進的な取り組みで注目を集めている神奈川県藤沢市の施設「おたがいさん(株式会社あおいけあ)」をはじめ、複数の介護業界団体への取材を元に作り上げたオリジナルストーリーが「介護の本質を前向きに描いている」と話題になり、2017 年 10 月から始まった自主上映会は既に全国 150ヵ所以上での開催が決まっています。そんな中、評判は国内に留まらず、日本と同様に高齢化が深刻な問題となっている中国やドイツでも注目を呼び、上映が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 出演者・スタッフからのコメント

主演:戸塚純貴
中国、ドイツと名誉ある映画祭への参加をとても光栄に思います。この映画で国を超え、形を変え、拭えない高齢化の深
刻な問題とその向き合い方を考えるきっかけになれたら幸いです。
全ての心優しき「ケアニン」へ…

監督:鈴木浩介
この映画のお話をいただいて直ぐにモデルとなった介護施設を見学した時、職員さんと利用者さんの笑顔がとても素敵で
した。そしてその施設のご近所さんも一緒になって人生の先輩たちを見守る。これこそ世界モデルとなって世界中が笑顔
であふれることでしょう。本作もその空気感を少しでも感じてもらえれば幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ケアニン~あなたでよかった~

全国順次公開中!!

公式HP:
http://www.care-movie.com

物語・・・
大森圭(男性・21)は新人の介護福祉士。高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、漠然とした理由で介護
の専門学校へ入学。
卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模介護施設。
認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることに
なったのは、認知症の星川敬子 79 歳。
試行錯誤しながらも、先輩スタッフたちの協力もあり、少しずつ敬子との関係性を深めていく。「なんとなく」で始めた介
護の仕事に、いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが…。

***********************************


キャスト: 戸塚純貴、松本若菜、山崎一、水野久美、藤原令子、菜葉菜、小市慢太郎
監督 : 鈴木浩介
初公開日: 2017 年 6 月 17 日
上映時間: 105 分
制作国 : 日本
©映画『ケアニン』製作委員会
     


戸塚純貴 誕生日!!『ケアニン~あなたでよかった~』東京舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画「ケアニン~あなたでよかった~」の東京での公開記念舞台挨拶が丸の内TOEIで行われ、主演の戸塚純貴をはじめ共演の水野久美、松本若菜、山崎一、鈴木浩介監督、本作の監修を務めた加藤忠相、主題歌を担当した香川裕光が舞台挨拶に登壇した。


映画『ケアニン~あなたでよかった~』東京舞台挨拶
日時:7月22日(土)
場所:丸の内TOEI
登壇:戸塚純貴、水野久美、松本若菜、山崎一、香川裕光(主題歌)加藤忠相(映画監修)、鈴木浩介監督

映画情報どっとこむ ralph 主人公の新人介護福祉士・大森圭を演じて

戸塚さん:介護というものに対して前向きなイメージがあまりなかった、仕事が忙しいから人に預けちゃう、色々な家庭の事情とか窮屈なイメージがあった。

と率直に介護へのイメージを語った。続けて、
戸塚さん:ですが撮影を通して、実際に加藤さんが藤沢で運営している小規模介護施設『あおいけあ』さんに伺ったところ、普段と変わらない生活をしているおじいちゃんやおばあちゃんがいて、介護のイメージが前向きなイメージにガラリと変わりました。

と自身の作品を通しての心境の変化を語った。


認知症という難しい役どころを演じた水野さん。感想を聞くと、

水野さん:何も考えないでやりました!たまたま自身の年齢と演じた星川敬子の年齢が同じで、もし本当に自分が認知症になればどんな風になるのかな?と不思議な感覚で演じました。

と撮影を振り返りました。さらに

水野さん:皆様がこの映画をご覧になって心に残る大切な何かを感じて頂きたかったので、一生懸命演じました。もし、認知症になっても頑張りましょう!、とっても素敵ですよ!

と会場の笑いを誘いながらも作品への熱い思いを語った。

圭の先輩介護福祉士を演じて

松本さん:最初に台本を読んだ時、両親のことが思い浮かび涙が止まらなくなった。この作品は介護する側の人を演じるために松本若菜の部分を押し殺して望みました。

と役作りにおける葛藤を語った。また敬子の息子役を演じた山崎さんは

山﨑さん:親子のシーンの台本を読んだだけで、泣けて泣けて、自分は全国の息子の代表としてこの役を演じようと決意した。

と役作りを振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また、監修を務めて

加藤さん:この映画は介護の作品という特別なものではなく、自分の映画として持ち帰ってほしい。介護の仕事と聞くと専門職であり、ものすごく難しい仕事という認識になりがちだが、実際の目の前のじいちゃん、ばあちゃんにとっては仕事ではなく生活。その生活をちゃんと支える仕事。この映画はその感覚をしっかり持っている作品になっていると思います。

と熱く映画に関して語りました。

鈴木監督:自分も年齢を重ねるごとに様々なジャンルの作品を取ってきた、この作品はこの年齢になったからこそ、両親のことなど色々な思いを重ねて完成することができた。この歳でこの作品を撮れて良かったと思います。

と本作への率直な思いを語った。

実は本日7月22日は主演を演じた戸塚さんの誕生日ということもあり、会場には本作で圭と敬子の心を通わせるキッカケにもなったオレンジをあしらったバースデイケーキと花束が運び込まれ・・・・。
それに本作の主題歌を担当した香川のギターによるハッピーバースデイソングも加わり会場は一気にお祝いムードに包まれました。


最後に

戸塚さん:この映画は是非、沢山の若い世代の方たちに観て欲しい。そして普段なかなか考えないような身の回りの人の大切さを考えるキッカケになる作品になってほしい。

と作品への熱い思いを語り舞台挨拶を締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph “介護”というテーマに縛られず、すべての人が共感し、笑って泣けて人生に前向きになれる作品。

映画『ケアニン~あなたでよかった~

は、2017年、初夏公開予定。

公式サイト:
http://www.care-movie.com

大森圭(男性・21)は新人の介護福祉士。高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、漠然とした理由で介護の専門学校へ入学。卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模多機能施設。認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、悩む日々が続くなか、圭が初めてメインで担当をすることになったのは、認知症を発症した星川敬子79歳。試行錯誤しながらも、先輩スタッフたちの協力もあり、少しずつ敬子との関係性を深めていく。

「なんとなく」で始めた介護の仕事に、いつしか本気で向き合うようになっていく圭だったが・・・。

***********************************

出演:戸塚純貴 藤原令子 山崎一/水野久美
松本若菜 菜 葉 菜 小市慢太郎 ほか

監督:鈴木浩介
原案・エグゼクティブプロデューサー:山国秀幸
脚本:藤原磨実也
プロデューサー:吉見秀樹/金延宏明/長田安正/柳瀬太郎
特別協力:加藤忠相(あおいけあ)
特別協賛:UAゼンセン日本介護クラフトユニオン
協力:全国社会福祉法人経営者協議会/全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会/公益社団法人 全国老人福祉施設協議会/公益社団法人 全国老人保健施設協会/公益社団法人 日本介護福祉士会/公益社団法人 日本介護福祉士養成施設協会/NPO法人 未来をつくるkaigoカフェ/一般社団法人『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会

製作:「ケアニン」製作委員会(ワンダーラボラトリー、HORIZON、ノブピクチャーズ、ユナイテッドエンタテインメント、ライブラリーコンテンツサービス、
)配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
©2017「ケアニン」製作委員会
2017年/日本/カラー/104分
   


ディーンに騙されたい女子続出!?映画『結婚』週末好調スタート!


映画情報どっとこむ ralph 公開前からマスコミ試写や先行上映会で、ディーンの詐欺師姿にメロメロになった女子が続出していた『結婚』が6月24日(土)より角川シネマ新宿ほかにて全国公開となり、35館の小規模公開ながらも、週末(土・日)1,400万を超える好調スタートとなりました!
本作はディーン・フジオカ主演、直木賞作家・井上荒野の同名恋愛小説を実写映画化した大人のラブストーリー。女性に夢を与え、愛されてきたディーンが、女性の夢を破り、それでも愛される魅惑の〈結婚詐欺師〉古海健児を体当たりで演じています。

初日・2日目に行われた豪華キャストによる舞台挨拶も全回満員御礼。
キャストファンの熱い声援で大いに盛り上がり、中には『古海、振込先教えて!』と書かれたウチワを持参するファンも。客層は男女比1:9で、20~50代の幅広い年齢層の女性が来場しており、レディースデーに大いに期待ができます。
角川シネマ有楽町で行った初日アンケートによると、満足度は「とても良かった」「良かった」が74%と高く、「もう1回観たい」が67%で、リピーターにも期待ができます。

また、7月2日(日)には大ヒット舞台挨拶を予定。公開から3週連続で入場者プレゼント配布も決定しており、さらなる動員が見込まれます。

セカンド上映も続々決まっており、現状全国56館での上映が決定。

2週目以降も、さらに数字を伸ばすことは間違いなさそうです。

映画情報どっとこむ ralph 弊社のカメラ記者のTJが言うには・・・
本当にディーンさん肌がきれい!で、英語の方が発言が強気って言ってました!映画は大人ファンタジーですって。結婚詐欺なのに?

そんな、初日舞台過去記事は・・・

『結婚』初日舞台挨拶れぽ
eigajoho.com/?p=75148


ディーン・フジオカ 流暢な英語で映画『結婚』記者会見at外国特派員協会
eigajoho.com/?p=74709


映画『結婚』 大ヒット公開中

<あらすじ> 
結婚しよう──それが、彼の別れの言葉。
完璧なヴィジュアルに知性的な会話、何よりも匂い立つその色気で女性たちを虜にする男がいる。彼の名は古海健児(うるみけんじ)、結婚詐欺師だ。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。騙された女たちは、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが……。「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と哀しみ―。彼らが持つ孤独と欲望の行き着く先とは!? そして古海の本当の目的とは!? スタイリッシュな映像で描き出す、大人のための愛の物語。

***********************************

出演:ディーン・フジオカ 柊子  中村映里子 松本若菜 安藤玉恵 古舘寛治 萬田久子 貫地谷しほり
原作:井上荒野「結婚」(角川文庫刊) 
監督:西谷真一 
脚本:尾崎将也
主題歌:DEAN FUJIOKA「Permanent Vacation」(A-Sketch)
製作:「結婚」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2017「結婚」製作委員会