「松本穂香」タグアーカイブ

松本穂香・ふくだももこ監督 全州国際映画祭にて『 おいしい家族 』上映&舞台挨拶Q&A


映画情報どっとこむ ralph ふくだももこ監督作品、9月20日に『おいしい家族』が公開となります。

そして、韓国で開催されている韓国三大映画祭のひとつ「第20回全州(チョンジュ)国際映画祭」シネマフェスト部門にて、正式招待作品として上映され、主演の松本穂香さんとふくだももこ監督が訪韓。

昨日は二人でレットカーペットを歩き、


本日5月3日には上映及び舞台挨拶を行いました。

日付:5月3日(金)
場所:第20回全州(チョンジュ)国際映画祭
登壇:松本穂香、ふくだももこ監督

映画情報どっとこむ ralph 客席には若年層の観客が多く、実家に帰ると父が母の服を着ていたことをきっかけに起こるストーリー展開と、随所に盛り込まれるウィットに富んだ「ふくだももこ節」に、上映中は耐えず笑いが起こりほがらかな雰囲気のまま上映が終了。

初めての全州(チョンジュ)国際映画祭への参加となる松本穂香とふくだももこ監督から韓国語でご挨拶。

松本さん:主人公を演じた松本穂香です。大切な人と見てほしい、おいしい映画になりました。
と挨拶すると、続けて

ふくだ監督:この作品は私の思うユートピアを描きました。
と韓国語でご挨拶。観客からは暖かな拍手が湧いた。

映画情報どっとこむ ralph 上映後のQ&Aでは観客から様々な分野においての質問が相次いだ。
松本さん演じる主人公・橙花(とうか)は、東京で働くキャリアウーマン。
母の三回忌に故郷に帰ると父が亡き母の服を着ていたという事実を知るという変わった役どころ。どういった気持ちで役を演じたのかという質問に対し

松本さん:彼女は実家を出て、東京で色んな経験をして傷ついた心で戻ってきたんです。すると自分がいない間に家族は変わってしまっていた。置いてきぼりになってしまった気持ちを素直に受け入れられないでいるんです。

とコメント。それを受けて

ふくだ監督:橙花は、自分のまわりにいる自由奔放なキャラクターに反発するんですが、そんな橙花を悪者のように見せたくなかったんです。でも松本さんはそんな橙花をとても愛らしく演じてくれました。映画を見た皆さんが橙花を嫌なやつだと追わず、キュートだと思って頂けたらそれは全て松本さんのお芝居のおかげだと思っています。

と松本の演技を大絶賛。

また映画に目の肥えた観客からは作品に関して、“色使い”に意味を込めているように感じたが何か意味があるのか?との問いに。

ふくだ監督:登場人物の名前に色を入れてるんです。主人公の橙花はオレンジ、父は青治で青など。名前に色を入れることでその人が着る服の色や趣味興味などキャラクターを分けています。日本語の綴りがわからないにも関わらずそこまで考えてくれて、ありがとうございます!

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の最後には・・・

福田監督:この映画には、この世界のみんなが隣にいる人、それは家族でも友達でも知らない人でも良いんですが、そんなただ隣に居る人に優しくすれば世界ってもっと良くなるんじゃないかというメッセージをこめました。そんな私の思想がみなさんにも伝わると嬉しいです。本当に来ていただいてありがとうござしました!

と監督からコメントがあり舞台挨拶が終了となった。


今回の映画祭体験を振り返り
松本さん:韓国のみなさんに暖かく迎えて頂き、とても嬉しかったです。上映後のQ&Aでも、みなさんが深く作品を見てくれていることが強く伝わりました。まるで『おいしい家族』の世界観のように、人種や国籍なんて関係ないんだということを 映画を通じて感じる事ができました。

とコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 韓国三大映画祭の一つ、全州(チョンジュ)国際映画祭とは。

全州(チョンジュ)国際映画祭は2000年に始まった映画祭で、今年で20回目。全州は、韓国南西部に位置する全羅北道の州都であり、昔の韓国の街並みが色濃く残っているような街並みで、韓国映画発祥の地とも言われている。そんな全州で開かれる本映画祭は、作家性の強い作品が集まるのが特徴で、アジアを代表するインディペンデント映画祭としても注目を集めている。今回招待されたのは、シネマフェスト部門で、日本からは過去に同部門に『焼肉ドラゴン』、『俳優 亀岡拓次』、『勝手にふるえてろ』などが招待され、会場をわかせた。映画祭は、5月2日(木)から 5月11日(土)まで開催。主演の松本穂香と監督のふくだももこが招待を受けた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『 おいしい家族 』

2019年9月20日(金)全国公開

主演は、日曜劇場「この世界の片隅に」(TBS/18)にてヒロインすず役を務め、2018年度「VOGUE JAPAN Women of the Year」 を受賞、今年度のJR SKISKI2018-19のメインキャストを務める話題の若手女優・松本穂香。デビュー以降数々の映画・ドラマに出演し、女優としての実力はすでに折り紙付きの松本が本作で長編映画初主演をつとめる。

松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

***********************************


出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 

監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之
製作:新井重人 松井智 
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝 金井隆治 
プロデューサー:谷戸豊 清家優輝
アソシエイトプロデューサー:山野邊雅祥 撮影:高橋草太 
照明:山本浩資 録音:原川慎平 美術:大原清孝 
編集:宮島竜治 音楽プロデューサー:岡田こずえ 
宣伝プロデューサー:滝口彩香 衣裳:江森明日佳 
ヘアメイク:佐藤美和 VFX:野間実
音響効果:井上奈津子 助監督:古畑耕平 
制作担当:竹田和史  製作:日活/ハピネット
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
企画・配給:日活  
(c)2019「おいしい家族」製作委員会
  


松本穂香 ふくだももこ監督 全州国際映画祭でレッドカーペットに登場!『 おいしい家族 』


映画情報どっとこむ ralph 第40回すばる文学賞受賞・ndjc2015選出など、文学・映像両才能を持ち合わせた新鋭作家ふくだももこさんの長編初監督作品が9月20日に公開となります。

その公開に先立ち、韓国三大映画祭のひとつ「第20回全州(チョンジュ)国際映画祭」シネマフェスト部門にて、正式招待された本作。

映画祭の開幕日(5/2(木))にレッドーカーペット&オープニングセレモニーイベントが行われ、韓国の大勢のファンの前に主演 松本穂香さんとふくだももこ監督が登場!

黒のレースに包まれたドレスで登場した松本さんは、実は今回が初めての国際映画祭レッドカーペット。
「アニョハセヨ」「ありがとうございます」と観客に声をかけながら歩き。
日本人スタッフを見つけると「最高です!!」と元気一杯に語った。

「おいしい家族」の上映は明日に控えており、上映後には松本穂香さんとふくだ監督のQ&Aが予定されています。

映画情報どっとこむ ralph 韓国三大映画祭の一つ、全州(チョンジュ)国際映画祭とは。

全州(チョンジュ)国際映画祭は2000年に始まった映画祭で、今年で20回目。全州は、韓国南西部に位置する全羅北道の州都であり、昔の韓国の街並みが色濃く残っているような街並みで、韓国映画発祥の地とも言われている。そんな全州で開かれる本映画祭は、作家性の強い作品が集まるのが特徴で、アジアを代表するインディペンデント映画祭としても注目を集めている。今回招待されたのは、シネマフェスト部門で、日本からは過去に同部門に『焼肉ドラゴン』、『俳優 亀岡拓次』、『勝手にふるえてろ』などが招待され、会場をわかせた。映画祭は、5月2日(木)から 5月11日(土)まで開催。主演の松本穂香と監督のふくだももこが招待を受けた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『 おいしい家族 』

2019年9月20日(金)全国公開

主演は、日曜劇場「この世界の片隅に」(TBS/18)にてヒロインすず役を務め、2018年度「VOGUE JAPAN Women of the Year」 を受賞、今年度のJR SKISKI2018-19のメインキャストを務める話題の若手女優・松本穂香。デビュー以降数々の映画・ドラマに出演し、女優としての実力はすでに折り紙付きの松本が本作で長編映画初主演をつとめる。

松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

***********************************


出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 

監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之
製作:新井重人 松井智 
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝 金井隆治 
プロデューサー:谷戸豊 清家優輝
アソシエイトプロデューサー:山野邊雅祥 撮影:高橋草太 
照明:山本浩資 録音:原川慎平 美術:大原清孝 
編集:宮島竜治 音楽プロデューサー:岡田こずえ 
宣伝プロデューサー:滝口彩香 衣裳:江森明日佳 
ヘアメイク:佐藤美和 VFX:野間実
音響効果:井上奈津子 助監督:古畑耕平 
制作担当:竹田和史  製作:日活/ハピネット
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
企画・配給:日活  
(c)2019「おいしい家族」製作委員会
  


片寄涼太の劇中ボイス3種が再生コースター&グラス「きみと、波にのれたら」ムビチケ発売!


映画情報どっとこむ ralph 6/21(金)より全国ロードショー「きみと、波にのれたら」TOHO animation STORE限定商品

片寄涼太演じる“港の作中ボイス”が再生される「コースター」&「グラス」セット付ムビチケを販売!

「TOHO animation STORE」(㈱東宝ステラ、本社:東京都千代田区有楽町)は、2019年6月21日(金)公開のアニメーション映画「きみと、波にのれたら」より、TOHO animation STORE(以下、TaS)限定グッズ「ボイスコースター&グラス」付ムビチケの予約を開始致しました。

「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」などの湯浅政明監督長編オリジナル最新作「きみと、波にのれたら」――作中に出てくるマスコット“スナメリ”デザインの「ラバーコースター」は、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が演じる「雛罌粟 港 (ひなげし みなと)」の劇中ボイス3種が再生される機能付き、更にキービジュアルを使用した涼やかなデザインの「グラス」もセットでお届けします。

映画情報どっとこむ ralph 【商品詳細】 
商品名:「きみと、波にのれたら」 全国共通前売券(ムビチケ)+ ボイスラバーコースター&グラスセット
価格:4,000円(税込)
発売日:2019年6月初旬お届け予定
仕様:ラバーボイスコースター 約95mm×12mm ABS・ラバーなど LR1130 3個入/グラス 約117×68mm 容量300ml ソーダガラス

ボイス3種
①「10年20年、ひな子がおばあさんになっても、ひな子が一人で波にのれるまで」
②「ひな子を助けるし、応援し続けるよ。」
③「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」

商品ページ

映画情報どっとこむ ralph 『きみと、波にのれたら』

公開時期:2019年6月21日(金)全国ロードショー
https://kimi-nami.com/


【ストーリー】
小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動 をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。

お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れ人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」

死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だったが…。
奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、 再び姿を見せた港の本当の目的とは?
***********************************

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
音楽:大島ミチル
配給:東宝
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
   


ふくだももこ監督 x 松本穂香『おいしい家族』特報と本ビジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 新鋭作家ふくだももこの初長編作品『おいしい家族』が9月20日に公開となります。

そして、特報と本ビジュアルが完成し、解禁となりました。

今回完成した特報は、松本穂香演じる主人公・橙花(とうか)が久々に実家に帰えると、「父さん、母さんになろうと思う。」と衝撃的な告白を受けるが、島のみんなに祝福されながら海辺を歩く、花嫁衣裳の父(板尾創路)とパートナーとなった紋付き袴姿の和生(浜野謙太)が笑顔で手を振る姿が映し出され温かい感動を予感させる内容。


そして、ポスタービジュアルは、松本穂香演じる主人公・橙花(とうか)の右側に、オレンジの打掛に角隠しの花嫁姿の板尾演じる父・青治(せいじ)と、その隣に弟の翠(笠松将)、そして左側には紋付き袴姿の浜野演じる和生(かずお)、その隣には、和生の連れ子の女子高生・ダリア(モトーラ世理奈)らなど、年齢も性別も、国籍も、血縁関係を越えた人々が幸せそうな笑顔で並ぶ家族写真風のビジュアルが完成しました。
映画情報どっとこむ ralph 第40回すばる文学賞受賞・ndjc2015選出 ふくだももこ長編初監督作品

映画『 おいしい家族 』

2019年9月20日(金)全国公開

主演は、松本穂香。

デビュー以降数々の映画・ドラマに出演し、女優としての実力はすでに折り紙付きの松本が本作で長編映画初主演をつとめる。

松本演じる主人公・橙花(とうか)は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお/浜野謙太)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

***********************************


出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 
監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之
製作:新井重人 松井智 エグゼクティブプロデューサー:福家康孝 金井隆治 プロデューサー:谷戸豊 清家優輝
アソシエイトプロデューサー:山野邊雅祥 撮影:高橋草太 照明:山本浩資 録音:原川慎平 美術:大原清孝 
編集:宮島竜治 音楽プロデューサー:岡田こずえ 宣伝プロデューサー:滝口彩香 衣裳:江森明日佳 ヘアメイク:佐藤美和 VFX:野間実 音響効果:井上奈津子 助監督:古畑耕平 制作担当:竹田和史
製作:日活/ハピネット
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
企画・配給:日活  
©2019「おいしい家族」製作委員会


松本穂香、初海外映画祭へモスクワ国際映画祭 舞台挨拶・Q&A 映画『わたしは光をにぎっている』


映画情報どっとこむ ralph この度、現地時間4/24(水)※日本時間4/25(木)に、映画『わたしは光をにぎっている』が、モスクワ国際映画祭の特別招待作品として上映されました。上映時の舞台挨拶・Q&Aには、主演の松本穂香、中川龍太郎監督、木ノ内輝プロデューサーが登壇しました。

モスクワ国際映画祭 舞台挨拶・QA
日付:4月24日
登壇:松本穂香、中川龍太郎監督、木ノ内輝プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph プログラマーのEvgenia氏から「前作『四月の永い夢』に続き本作を上映し監督と主演の松本さんを招聘できたこと喜びを感じ、また今後の新作への期待したい」という温かい言葉で、上映前の舞台挨拶がスタート。

中川監督:ドーブライ ビーチェル(こんばんは)

とロシア語で挨拶し、会場は一気に和やかな雰囲気に包まれた。今回の上映に関して

中川監督:2年前にこのモスクワ国際映画祭で『四月の永い夢』を上映していただいた際に、たくさんの方から反響があったことが、この2年間自分にとって映画を作るにあたりとても大きな励みとなりました」と語り、モスクワ映画祭での経験が映画製作の大きな支えになったことを明かした。

続けて、

中川監督:ロシアには、尊敬している映画監督や小説家が沢山いて、そういった国で上映していただけることはとても光栄なことだと思っています。この映画は、日本の古い町が取り壊されていく様を描いているのですが、ロシアにも似たような問題があるのではと思います。この映画を通して、古い街や空間を守っていくという事はどういうことかということを皆さんで話し合ってみたいと思いました。

と国境を越えたテーマ性をアピールした。


そして、本作で主演を務めた松本穂香さんは、今回初めての海外映画祭への渡航ということで、緊張した面持ちで、観客へ向けて挨拶。

松本さん:海外の映画祭に参加するのは初めてなので、とてもドキドキしています。私は主人公の澪という女性を演じました。素敵な映画になっていると思いますので、最後まで楽しんでいってください。

という言葉を受けて、観客からは温かい拍手が送られた。そして、プロデューサーの木ノ内氏からも、監督同様に、2作品連続での出品にあたり敬意を表し

木下P:中川監督の今後の新作もモスクワで継続的にご覧頂けたら嬉しく思います。

と今後の展望を語った。

上映後のQ&Aは、観客との距離感も近く、多くの質問があり1時間ほどのトークが繰り広げられた。

1問目の質問では、「監督にとって、映画とは?今までどんな影響を受けたか?」という難易度の高い問いが飛び、これには

中川監督:重たい質問を頂いてしまいました・・。

と苦笑いしながらも、

中川監督:少年時代、アンドレイ・タルコフスキーやボリス・バルネットの映画など多くのロシアはじめ世界の映画を観てきて、スクリーンは世界の窓だと思っていました。映画館という狭い空間にいながら、すでに失われたもの、まだ見ぬ世界を見せてくれたんだと思います。閉塞感を感じていた僕の人生を開いてくれました。

と映画の原体験を語った。また、松本さんの演技に関して、

中川監督:今回は松本さんのそのままの魅力を引き出したかったので、彼女にお任せしていました。

観客からは「静かな人生を送る主人公の澪という女性の芯の強さを感じ、素晴らしい演技だと思いました」という感想も。それに対し

松本さん:とても自由に演じさせて頂きました。

と笑顔で応じていた。

前作『四月の永い夢』を同映画祭で鑑賞している観客も数多くおり、新作を期待する声も多く、上映後も監督や松本は観客からサインを求められ、会場は終始アットホームな雰囲気に包まれていた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『わたしは光をにぎっている
2019年、全国ロードショー

公式サイト:
phantom-film.com/watashi_hikari/


物語・・・
宮川澪は、20歳。
両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが・・・。

イントロ
本作の主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で、主人公の同僚・澄子役を演じ、一躍脚光を浴びた松本穂香。TBSドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」(18)では主人公すず役を務め、『チワワちゃん』(19)、『君と月夜に光輝く』(19)、『きみと、波にのれたら』(19)※声優として出演、『おいしい家族』(19)、『酔うと化け物になる父がつらい』(19)など出演作が続き、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの実力派若手女優です。本作のメガホンをとった中川龍太郎監督は、1990年生まれの若干29歳の新進気鋭監督。東京国際映画祭の公式部門のひとつである日本のインディペンデント映画を積極的に紹介する「日本映画スプラッシュ」で、『愛の小さな歴史』(14)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(15)と2年連続の出品を最年少にて果たし、注目を浴びました。今回は、第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した前作『四月の永い夢』(17)に続いて、2作品連続で同映画祭への出品された(第41回モスクワ国際映画祭の特別招待作品)

***********************************

監督:中川龍太郎
脚本:中川龍太郎 末木はるみ  佐近圭太郎 脚本協力: 石井将 角屋拓海
出演:松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人/光石研/樫山文枝
配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema