「松本梨香」タグアーカイブ

松本梨香 ・ 林明日香 劇場版ポケットモンスター 大ヒット御礼熱唱!横浜赤レンガ倉庫で


映画情報どっとこむ ralph 夏はポケモン!現在、大ヒット上映中のポケモン映画20周年記念作品「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。

7月15日(土)に全国368スクリーンで公開され、週末映画ランキング初登場第1位(7月18日 興行通信社調べ)、ぴあ映画初日満足度ランキング第1位(7月15日 ぴあ調べ)を記録。

連日、子供たちやその家族のみならず、久しぶりにポケモン映画を観る20~30代の男女など幅広い層が劇場に来場。さらには、サトシとピカチュウの「出会い」と「約束」を描いた感動の物語に、劇場へ2回、3回と訪れるリピーターも続出。8月9日(水)までの公開から26日間で、観客動員195万人、興行収入22.7億円を突破!!

現在、横浜みなとみらいエリア一帯で、イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」が開催され、期間中、1500匹以上のピカチュウが横浜をにぎわせています。

ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!
会期:8月9日(水)~15日(火) 
会場:横浜みなとみらいエリア

そして!

本日8月10日(木)横浜赤レンガ倉庫にて行われた、ずぶぬれスプラッシュショー「水のカーニバル」のステージに、サプライズで、主人公・サトシ役の松本梨香と、エンディング主題歌を担当した林明日香が登場しました!!
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」大ヒット御礼イベント
日時:8月10日(木)
会場:横浜赤レンガ倉庫
ゲスト:松本梨香(サトシ役)、林明日香(エンディング主題歌)、ピカチュウ(着ぐるみ)

映画情報どっとこむ ralph 「ピカチュウ大量発生チュウ!」は、横浜市と株式会社ポケモンが協力して開くイベントで、今年で4回目。

今回は観客動員200万人突破目前ということで、映画の大ヒットに感謝を込めて、会場に集まった1500人の観客の前で、サプライズで、松本がオープニング主題歌「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」を、林が、エンディング主題歌「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」と、2003年公開の映画「七夜の願い星 ジラーチ」の主題歌「小さきもの」を披露しました。

横浜出身の松本は、念願のピカチュウ大量発生チュウイベントに初めて参加し、登場から大興奮。そして、松本が「めざせポケモンマスター」を歌うと、サビでは1500人の観客が大合唱。ウォーターキャノンから発射される約2tの水にずぶぬれになりながら、熱狂しました。

映画情報どっとこむ ralph 松本梨香さんコメント

みなさん、地元、横浜にようこそ。今回初めて、(ピカチュウ大量発生チュウイベントに)参加できてめちゃくちゃうれしいです。この歌でポケモンが始まり、あっという間に20年が経ちました。毎日毎日この歌を歌っていて、この歌を歌わない日はこの20年間で1日もなかったと思います。今回、この歌が映画のオープニングになると聞いた時は、本当に、やったー!と思いました。

今回、このような形でこの歌をみなさんにお届けできたことがすごくうれしいです。(横浜で歌ったことについて)地元なので、めちゃくちゃうれしいです。20年、がんばってきてよかったな、と思います。ありがとうございます。

林明日香さんコメント

(松本)梨香さんと、ポケモンの映画に14年ぶりに関わることができて、本当にうれしいです。

それにも増して、私は松本梨香さんという人が、本当にサトシのような人で、優しくて大好きです。梨香さんの事を語ると日が暮れてしまうんじゃないかという程、大好きです。




物語
全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。

マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。

「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

全国東宝系にて大ヒット上映中!!

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長  
脚本:米村正二  アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合  
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二 
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝
オープニング主題歌:松本梨香「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」(SMEレコーズ)
エンディング主題歌:林明日香「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」(EPICレコードジャパン)

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  ©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト
      


ピカ泣! パリ:Japan Expo『劇場版ポケットモンスターキミにきめた!』ワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph いよいよ今月15日に公開を迎える「劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」。

7月2日(日)に完成披露試写会が行われたばかりの本作は、ポケモン映画20周年記念作品にふさわしい、サトシとピカチュウの「出会い」と「約束」を描いた感動超大作として早くも話題ですが、このたび、フランス・パリで開催中の「Japan Expo Paris 2017」にて、現地時間7月6日(木)、ワールドプレミアが開催されました。
パリで3,000人が映画で“号泣”ならぬ“ピカ泣”!!

~ Japan Expo Paris 2017 ~
会期:7月6日(木)~9日(日) 
会場:パリ ノール・ヴィルパント展示会場
(Parc des Expositions de Paris-Nord-Villepinte 93420 Villepinte France)

~『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』ワールドプレミア~
日時:7月6日(木)17:20上映/19:10舞台挨拶 
場所:Japan Expo内YUZUステージ
ゲスト:湯山邦彦監督、松本梨香(サトシ役)、ピカチュウ

映画情報どっとこむ ralph Japan Expoは世界最大規模の日本カルチャーイベントで、マンガ、アニメ、ゲーム、音楽、ファッション、映画などのポップカルチャー並びに、文化芸能や着物、日本食等の料理、文学、伝統文化など、幅広いジャンルの日本文化を発信しています。2016年は23万人以上を動員。18回目の開催を迎え、動員数24万人を見込む今年の目玉企画は、日本アニメ100周年を全力でお祝いする特別企画「Anime100(アニメ・サン)」で、過去100年の日本アニメの中から100作品を取り上げて紹介する大規模展示等も行われ、現地のアニメファンを中心に盛り上がりを見せています。

その「Japan Expo Paris 2017」のオープニングナイトイベントとして、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」ワールドプレミアが、期間中、唯一の新作長編映画上映イベントとして開催されました。

日本での公開を前に、ポケモン映画が海外でお披露目されるのは今回が初めての試みということで、6月1日(木)にパリで行われたJapanExpo記者会見で情報が発表されてから、現地ではワールドプレミアの問い合わせが殺到。急遽、整理券を配布することになりましたが、当日、会場がオープンするのと同時に、イベントを楽しみにしていた来場者たちがチケット窓口に集まり、立ち見が出るほどの3,000人が集結する大盛況となりました。

映画情報どっとこむ ralph 今回のワールドプレミア実施に関わったJapan Expo創立者のトマ・シルデ氏によると、

シルデ:フランスでも人気の高いポケモン映画の最新作をオープニングイベントとして迎えることができて、Japan Expoに来場したファンにとってはこれ以上ない体験になった。

とのこと。

本作は、いまやすっかり最高のパートナーとなっているサトシとピカチュウの「出会い」と「約束」の物語。ポケモン映画を初めて観る人はもちろん、ふたりを知る人ならなおさら、涙なくしては観られない感動の物語となっていることもあり、フランスでも“号泣”ならぬ“ピカ泣”する人が続出していました。
上映後の舞台挨拶では歴代のポケモン映画を監督してきた湯山邦彦監督、サトシの声を務める松本梨香、そしてピカチュウが登壇すると、映画を観たばかりの観客から大歓声で迎えられ、湯山監督がフランス語で

湯山監督:初めまして!私が湯山です。元気ですか?

と話すと、会場からは割れんばかりの大きな声で「元気です!」と返ってくるなど、場内の雰囲気は序盤から上々。

湯山監督:フランスのお客さんは、笑ったり手を叩いたり、反応がハッキリしていて面白かった

と上映中に場内で一緒に映画を観ていた感想を語った。松本梨香も、通常は吹替版でポケモン映画を観ているフランスの観客を前に

松本さん:世界中で各地の声優さんたちが今日もサトシをお客さんに届けてくれている。世界中のサトシに“ありがとう”と伝えたい。そして、今日はみんなに生の声を届けたいです!準備はいいかな?ポケモン、ゲットだぜ!

と場内を盛り上げると、予想を越える観客の反応に松本の目にもうっすらと涙が…。
映画のオープニング主題歌「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」を歌う頃には、場内の盛り上がりはピークに!最後は3,000人の観客と一緒に「キミにきめた!」コールをして、会場が国境を越えて一つになりました。舞台挨拶後のお客さんからは「全てのポケモン映画を観てきたけど、今回のが1番!トレビアン!」、「ポケモン映画だけど、お父さんが泣いてた。また家族全員で観に行きたい!」など、絶賛の声が相次いだ。

映画情報どっとこむ ralph また、世界中で社会現象となり、ローンチから早くも一周年を迎えた『Pokémon GO』では、現地時間6日(木)【=日本時間7月7日(金)】に、テレビアニメシリーズの主人公サトシが20年前の放送開始時に身に着けていた帽子(オリジナルキャップ)をかぶったピカチュウが全世界で登場することが発表されました。

Japan Expoの会場でも、直前の発表に興奮するユーザーが見受けられ、ポケモン映画で初となるワールドプレミアを開催したこの日、フランス、そして世界がポケモン映画の20周年を祝福しました。

劇場版ポケットモンスターキミにきめた!

2017年7月15日(土)全国ロードショー

ストーリー
全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

***********************************

サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太

原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長  
脚本:米村正二  
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合  
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二 
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝

オープニング主題歌:松本梨香「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」(SMEレコーズ)
エンディング主題歌:林明日香「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」(EPICレコードジャパン)

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト


ファン推しポケモン映画ナンバーワンは水の都のあれに決定!


映画情報どっとこむ ralph 7月15日(土)公開の映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、今やパートナーとして堅い絆で結ばれているサトシとピカチュウが、本当のパートナーとなるまでの冒険を描いた成長の物語。

20年前に放送されたテレビアニメの第一話で、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウに会いに行くという約束の続きを、完全オリジナルストーリーで描いた本作。涙なくしては観られない、20周年記念作品と呼ぶに相応しい感動超大作となりました。

そんな20周年記念作品を盛り上げるべく実施された、ファン感涙の人気投票企画「推しポケモン映画ナンバーワンは キミにきめた!」。

1998年公開の劇場版1作目「ミュウツーの逆襲」から、昨年公開の「ボルケニオンと機巧のマギアナ」までの長編映画19作品の中から、自分の推し映画の投票をTwitterとポケモン映画公式サイトの投稿フォームで募りました。

映画情報どっとこむ ralph そしてなんと、ポケモン映画の第1作目でいまだにファンの多い「ミュウツーの逆襲」や、主題歌「小さきもの」が印象深い「七夜の願い星ジラーチ」など、多くの名作を抑えて見事ナンバーワンに輝いたのは…「劇場版ポケットモンスター水の都の護神 ラティアスとラティオス」でした!!

「水の都の護神 ラティアスとラティオス」は、2002年に公開されたポケモン映画5作目となる長編作品。当時のCG技術とアニメーションが見事に融合した美しい映像とアコーディオンが奏でる軽快な音楽が印象的で大人からの支持も高く、一度見たら忘れられない感動作品です。

今年の映画でジョーイ役を演じる中川翔子さんからも、作品へのメッセージをいただいています!

中川さん:あの頃感。美しい水の街の描写とアコーディオンの音色!いのちは美しくも儚いものであることサトシ、セレナより先にき、き、キッス、、!!ラティああああああ!!!

ファンからも「ラティアスに恋をしてしまうほど素敵な映画。音楽もストーリーも作画も満点!ラティオスラティアス兄弟が大好きなポケモンになりました!(男性)」「ラストに衝撃を受け、悲しみもあるけど勇気をもらえた作品。音楽もとても素敵で、最初から感動しっぱなしでした。(女性)」など多くのメッセージが寄せられました。

ナンバーワンとなった「水の都の護神 ラティアスとラティオス」は、テレビ東京で7月16日(日)25時35分から放送!さらに、テレビ東京系列および全国各局でも放送決定!

映画情報どっとこむ ralph 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公開記念 夏のポケモン特番3連発
① <推しポケモン映画ナンバーワンはキミにきめた!> 
◆テレビ東京 7月16日(日)25:35~27:20
 (=7月17日(月)1:35~3:20)
 ◇ほか順次全国で放送予定

②<地上波で初放送!『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』>
 ◆テレビ東京   7月8日(土)12:30~ 
◆テレビ大阪   7月9日(日)11:00~
 ◆テレビ愛知   7月8日(土)12:35~ 
◆テレビ北海道  7月8日(土)19:00~
 ◆テレビせとうち 7月8日(土)12:00~ 
◆TVQ九州放送 7月9日(日)13:00~
 ◇ほか全国33局で放送決定!

③<映画公開直前に盛り上がろう!超スペシャル番組『キミにきめた!を観て 友情&本気スイッチ!!』>
 ◆テレビ東京系列 7月13日(木)17:55~19:25

詳しくは映画公式サイトをご確認下さい www.pokemon-movie.jp

映画情報どっとこむ ralph そして・・・

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」7月15日(土)公開!


あなたはふたりの出会いを知っていますか?
記念すべき20作目を飾るのは、全てのファンが待ち望んでいた感動の物語。

を是非劇場で!

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江
ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 監督:湯山邦彦 エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長
脚本:米村正二 アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘 総作画監督:一石小百合 音響監督:三間雅文 音楽:宮崎慎二
製作:ピカチュウプロジェクト 配給:東宝
公開日:2017年7月15日(土)全国ロードショー
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト


キミの推しポケモンは!?夏の劇場版公開に向け特番3連発キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 今年の4月1日(土)にテレビアニメの初回放送から20年目を迎え、夏の公開7月15日(土)までのカウントダウンが始まった、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。
3月に解禁した第一弾予告映像がYouTubeで350万回再生に達するなど、ポケモンが大好きな子供たちだけではなく、かつての「ポケモン映画経験者」など幅広い年齢層から、記念すべき20作目への期待が寄せられています。


そんな20周年記念作品を盛り上げるべく、ポケモンファン感涙の特番企画が続々と決定しました!

1998年公開の劇場版1作目「ミュウツーの逆襲」から、昨年公開の「ボルケニオンと機巧のマギアナ」までの19作品の中から、自分の推し映画の投票を募り、人気のあった作品を映画公開2日目の7月16日(日)25時35分(=7月17日(月)1時35分)からテレビ東京で放送します(他全国各地区でも放送予定。選ばれた作品はポケモン映画公式サイトでお知らせします)。

投票方法は、ポケモン映画公式サイト、もしくはTwitterでハッシュタグ「#キミにきめた #推しポケモン映画 #(投票する映画タイトル)」をつけてツイートするだけ(期間は6月23日24時まで)。しかも投稿されたメッセージは放送中に紹介される可能性もあります!昨年の映画公開時に実施した、映画館でもらえるポケモンを投票形式で決定する「ポケモン総選挙720」に続く投票企画で、ポケモンファン感涙の企画となっております!

映画情報どっとこむ ralph 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公開記念 夏のポケモン特番3連発

①<推しポケモン映画ナンバーワンはキミにきめた!> 
これまでに公開された長編19作品の中から人気の作品を放送。キミの推すベストポケモン映画を投票して決めよう!
※投票期間:6月16日(金)24:00(=6月17日(土)0:00)~6月23日(金)24:00
◆テレビ東京 7月16日(日)25:35~27:20(=7月17日(月)1:35~3:20) ※ほか順次全国で放送予定
投票可能なポケモン映画一覧
1998年「ミュウツーの逆襲」
1999年「幻のポケモン ルギア爆誕」
2000年「結晶塔の帝王 エンテイ」
2001年「セレビィ 時を超えた遭遇(であい)」
2002年「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
2003年「七夜の願い星 ジラーチ」
2004年「裂空の訪問者 デオキシス」
2005年「ミュウと波導の勇者 ルカリオ」
2006年「ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子 マナフィ」
2007年「ディアルガVSパルキアVSダークライ」
2008年「ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ」
2009年「アルセウス 超克の時空へ」
2010年「幻影の覇者 ゾロアーク」
2011年「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/ビクティニと白き英雄 レシラム」
※「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」と「ビクティニと白き英雄 レシラム」は個別に投票が可能
2012年「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」
2013年「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」
2014年「破壊の繭とディアンシー」
2015年「光輪(リング)の超魔神 フーパ」
2016年「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」


②<『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』> 全国地上波で初放送!>
◆テレビ東京   7月8日(土)12:30~ 
◆テレビ大阪   7月9日(日)11:00~
◆テレビ愛知   7月8日(土)12:35~ 
◆テレビ北海道  7月8日(土)19:00~
◆テレビせとうち 7月8日(土)12:00~ 
◆TVQ九州放送 7月9日(日)13:00~ 
◇ほか全国33局で放送決定!

③<映画公開直前に盛り上がろう!超スペシャル番組 『キミにきめた!を観て 友情&本気スイッチ』>
 ◆テレビ東京系列 7月13日(木)17:55~19:25
※詳しくは映画公式サイトをご確認下さい(www.pokemon-movie.jp)
ポケモン映画の数だけ、思い出の数がある・・・。

映画情報どっとこむ ralph そして7月15日公開、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。

20年前に放送されたアニメ初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。

「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」

とふたりが誓った約束の続きが、完全オリジナルストーリーで描かれる本作。

まだ誰も見たことのない映画の内容に早くもファンの中では話題沸騰となっています。そんな本作で描かれるのは「世界一のポケモンマスター」を目指し、ホウオウに会うため旅立ったサトシとピカチュウが、本当のパートナーになるまでの成長物語。共に旅をする仲間やライバル、そして今年の映画で初めて登場する幻のポケモンもお目見えし、まさに劇場版でしか観ることのできない、20作目に相応しい感動超大作となります。

ものがたり・・・
全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

2017年7月15日(土)全国ロードショー

***********************************


特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太

サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ 
ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長  
脚本:米村正二  
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合  
音響監督:三間雅文  
音楽:宮崎慎二 
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト
     


パリ「Japan Expo」で劇場版ポケットモンスターワールドプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph 今年の4月1日(土)にテレビアニメの初回放送から20年目を迎え、早くも夏の公開までのカウントダウンが始まった、映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。

2017年7月15日(土)全国ロードショーよなります!

3月に解禁した第一弾予告映像がYouTubeで340万回再生に達するなど、ポケモンが大好きな子供たちだけではなく、かつての「ポケモン映画経験者」など幅広い年齢層から、記念すべき20作目への期待が寄せられています。

そんな、今年の夏の興行を席巻すること間違いなしの「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」がこの度、フランス・パリで行われる「Japan Expo」でワールドプレミアを開催することが、本日行われた記者会見でJapan Expo創始者のトマ・シルデから発表されました!

映画情報どっとこむ ralph イベント概要
名称:「Pokémon, le film : Je te choisis !」avant première mondiale
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」ワールドプレミア
会場:パリ・ノール・ヴィルパント展示会会場 YUZUステージ
実施日:7月6日(木)


CEO トマ・シルデ氏 コメント
ポケモン映画20周年記念作品のワールドプレミアを、Japan Expoで開催してくれることを光栄に思います。しかも20作目となる本作は、サシャ(フランスでの主人公名。日本では「サトシ」)とピカチュウの出会いから始まる物語ということで、Japan Expoのお客さまにもきっと喜んでもらえると思います

映画情報どっとこむ ralph 「Japan Expo」は2000年からフランス・パリやマルセイユ、アメリカ・サンマテオなどで開催している、漫画、アニメ、ゲーム、音楽などの日本文化をテーマにした総合博覧会で、今年で18年目を迎えます。昨年の来場者は23万人を超え、世界最大規模の日本ポップカルチャーイベントとして名高く、2009年にはヨーロッパで日本文化を普及させた功績を称えられ、日本の外務省から外務大臣賞を贈られました。そしてこの度、ゲーム、アニメ、映画、そして更には『ポケモン GO』の大ヒットにより、ポケモンが社会現象となっているフランスで、7月6日(木)から9日(日)に開催される第18回「Japan Expo」のオープニングナイトに、4000人収容のYUZUステージで、この日のためだけに用意された仏語字幕版でのワールドプレミア開催が決定。Japan Expoでの新作長編映画の上映イベントは、本作のみとなります。

劇場版1作目から携わっている湯山邦彦監督と、主人公・サトシ役の松本梨香も渡仏して、上映後のトークイベントを予定しています。ポケモン映画、20作目にして初めてのワールドプレミア。20作目から始まる新たな一歩を象徴する記念すべきイベントにご期待下さい!
映画情報どっとこむ ralph
監督・湯山邦彦 コメント
20年間の積み重ねを凝縮した、懐かしくて新しい…、そんなポケモン愛がつまった映画を目指した本作ですが、フランスのファンの前でワールドプレミアを開催できるということで、大変嬉しく思っています。またとない機会ですので、フランスの皆さん、一緒に楽しみましょう!

サトシ役・松本梨香 コメント
ワールドプレミア、素敵すぎる(^_^) 20年走り続けさせてくれたポケモン。そのご褒美なんじゃないかって、聞いた時に嬉しく思いました。フランスのみんなと「めざせポケモンマスター」を
一緒に歌えるのを楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!


2017年7月15日(土)全国ロードショー

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太

サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長
脚本:米村正二  
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二  
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト