「松平健」タグアーカイブ

細田善彦x松平健 映画「武蔵-むさし-」のイラストキャラクター誕生 武蔵君、小次郎君 等々


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(土)全国公開の時代劇映画「武蔵-むさし-」の2頭身イラストキャラクターが誕生した。

「すごく堅いイメージがある『武蔵―むさしー』の登場人物を親しんでもらう為に、元気で楽しく、かっこいいキャラクターを作りたかった」という三上監督。

前作「蠢動-しゅんどう-」に感動したイラストレーターの富永商太氏がそれに賛同して描いた。
元々、城郭等のイラストを描いている富永氏は刀や着物の細部まで描きこんだ。

二刀を構える武蔵、
燕返しをする小次郎、
馬に乗る伝七郎、
武蔵の姉の吟

このキャラクターは公式グッズやスタンプに活用する予定だそう。

映画情報どっとこむ ralph
映画「武蔵-むさし-」は、史実に基づき巌流島の決闘にいたる「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物達を描く。
オールロケ、リアルな殺陣、十二名の豪華俳優陣の本格正統時代劇映画。
佐々木小次郎役に松平健をはじめとして、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水綋治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮ら。そして、武蔵役に細田善彦が出演。

「武蔵-むさし-」

は5月8日に東京で完成披露試写会。5月25日より全国ロードショー。

***********************************


キャスト
新免武蔵 ………… 細田 善彦
佐々木小次郎 ……… 松平 健
沢村大学 ………… 目黒 祐樹
ユキ ……………… 水野 真紀
太木慧道 …………… 若林 豪
板倉勝重 ………… 中原 丈雄
吉岡七左衛門 …… 清水 綋治
吉岡清十郎 ……… 原田 龍二
吟 ……………… 遠藤 久美子
吉岡伝七郎 ……… 武智 健二

長岡興長 ………… 半田 健人
大島直治 ………… 木之元 亮
(以上12名が主演。以下は準キャストです)

新免無二斎 …… 須藤正裕
サエ ………… 瀬戸さおり
後藤又三 ……… 黒木真二
平野義平 ……… 鈴木有史
倫 ……………… 秋月成美
松尾十郎 ………… 真木仁
武田忠次 ………… 勝亦正
藤木浩助 ………… 太田聡
今屋三郎 ……… 横山恒平
宍戸 …………… 児玉純一
吉岡亦七郎 …… 小林郁大
ナレーター ……… 増田晋


スタッフ
プロデューサー・脚本・監督・編集……三上 康雄
武術・殺陣創案……中村佳夫
監督助手・所作……中川邦史朗
撮影……江部公美
照明……山口晴弘
録音……尾崎聡
音響効果……伊藤進一
音楽創案・構成……三上康雄
津軽三味線指揮……小田島徳旺
現場制作統括……堂庭章

スペック
2019年/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/120分
国内配給 : アークエンタテイメント
海外配給 : 東映 “MUSASHI”
Ⓒ 2019 三上康雄事務所


松平健、細田善彦ら12名登壇 映画「武蔵-むさし-」完成披露試写会決定!


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(土)ロードショーの映画「武蔵-むさし-」の完成披露試写会の全容が発表となりチケット販売の開始の報が届きました。

5月8日(水)の18時より有楽町朝日ホールで上映開始(17時開場)、20時の終映後に佐々木小次郎役の松平健をはじめとして、武蔵役の細田善彦、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水綋治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮の主要キャスト12名が全員登壇予定です。
まるで、昭和の大河ドラマや時代劇大作映画の制作発表を彷彿させるような豪華俳優陣が同じ舞台に立ちます。

司会は三上康雄監督自身が行います。

「当日、会ったばかりの司会の方より、撮影現場で共に過ごしたぼくのほうが話しやすいと思います。もちろん、お叱り覚悟で、ご本人の前で撮影時のエピソードもばらすつもりです(笑)。気さくで楽しい雰囲気にして、お客さんに楽しんでいただきたい」

とのこと。

また、この完成披露試写会でしか手に入らない「武蔵-むさし-」グッズも、当日、会場で販売するそうです。

映画情報どっとこむ ralph 完成披露試写会のチケットは、4/13の10時より、チケットぴあで発売。

URL :
http://w.pia.jp/t/musashi/
(Pコード : 559-799)

映画情報どっとこむ ralph なお、東映より“MUSASHI”として海外配給される「武蔵-むさし-」。

ポスタービジュアルは国内版では「なぜ、戦う?」がメインコピーですが、

海外版では下部の画像を剣を構える武蔵と小次郎の画像にし、

ANSWER TO BE FOUND IN SWORDS
(答えは剣の中に見つかる)


をメインコピーにしています。

映画情報どっとこむ ralph 『武蔵-むさし-』

公式サイト
https://www.musashi-movie.jp

ものがたり
幼き頃、父に徹底的に鍛えられた武蔵。二十一歳、剣術の名門、吉岡家に挑むため、京に来た。 当主、吉岡清十郎との試合のつもりが、弟の伝七郎、そして、一門数十名と
の一乗寺下がり松での決闘と熾烈な戦いを繰りひろげることになる。 その頃、細川家の重臣、沢村大学は、京の愛宕山で佐々木小次郎と出会う。
武蔵は鎖鎌の宍戸、槍の道栄とも戦う。
そして、ついには、細川家の剣術指南となった小次郎と雌雄を決することとなる。

***********************************


キャスト
新免武蔵 ………… 細田 善彦
佐々木小次郎 ……… 松平 健
沢村大学 ………… 目黒 祐樹
ユキ ……………… 水野 真紀
太木慧道 …………… 若林 豪
板倉勝重 ………… 中原 丈雄
吉岡七左衛門 …… 清水 綋治
吉岡清十郎 ……… 原田 龍二
吟 ……………… 遠藤 久美子
吉岡伝七郎 ……… 武智 健二

長岡興長 ………… 半田 健人
大島直治 ………… 木之元 亮
(以上12名が主演。以下は準キャストです)

新免無二斎 …… 須藤正裕
サエ ………… 瀬戸さおり
後藤又三 ……… 黒木真二
平野義平 ……… 鈴木有史
倫 ……………… 秋月成美
松尾十郎 ………… 真木仁
武田忠次 ………… 勝亦正
藤木浩助 ………… 太田聡
今屋三郎 ……… 横山恒平
宍戸 …………… 児玉純一
吉岡亦七郎 …… 小林郁大
ナレーター ……… 増田晋


スタッフ
プロデューサー・脚本・監督・編集……三上 康雄
武術・殺陣創案……中村佳夫
監督助手・所作……中川邦史朗
撮影……江部公美
照明……山口晴弘
録音……尾崎聡
音響効果……伊藤進一
音楽創案・構成……三上康雄
津軽三味線指揮……小田島徳旺
現場制作統括……堂庭章

スペック
2019年/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/120分
国内配給 : アークエンタテイメント
海外配給 : 東映 “MUSASHI”
Ⓒ 2019 三上康雄事務所


松平健の佐々木小次郎、最強の円熟の達人「武蔵-むさし-」の予告篇で燕返しを公開


映画情報どっとこむ ralph 5月25日ロードショーの三上康雄監督の「武蔵-むさし-」の本予告篇が到着。

アクションシーンが満載。佐々木小次郎の燕返しも公開されています。


映画情報どっとこむ ralph 本作では史実に基づき、小次郎の年齢を50歳半ばに設定。若さみなぎる武蔵と円熟の小次郎が巌流島で雌雄を決することになります。

三上監督:吉川英治先生の宮本武蔵を正史と思っている方々に、念入りに調べた史実を知ってもらいたい。小次郎は50代半ばの円熟の剣の達人。その小次郎に武蔵は勝てるのか?勝てるとしたらどのように?という緊迫感をお届けしたい。武蔵が戦う相手は最強でなければならない。だから、松平さんしか小次郎は考えられない。
と語っています。

松平健:武蔵との対決だけが注目されがちな小次郎だけれど、戦いに赴いた理由など、小次郎の背景が描かれていて演じ甲斐があった。非常に印象深い作品となった
と語っています。

映画情報どっとこむ ralph 今回は、この本予告篇だけではなく、吉岡清十郎役の原田龍二、
小次郎の妻・ユキ役の水野真紀をはじめてとして、
若林豪、目黒祐樹、清水綋治、中原丈雄らの時代劇映画に欠かせぬ屈指の俳優陣の画像も公開。

映画情報どっとこむ ralph 『武蔵-むさし-』

公式サイト
https://www.musashi-movie.jp


ものがたり
幼き頃、父に徹底的に鍛えられた武蔵。二十一歳、剣術の名門、吉岡家に挑むため、京に来た。 当主、吉岡清十郎との試合のつもりが、弟の伝七郎、そして、一門数十名との一乗寺下がり松での決闘と熾烈な戦いを繰りひろげることになる。 その頃、細川家の重臣、沢村大学は、京の愛宕山で佐々木小次郎と出会う。
武蔵は鎖鎌の宍戸、槍の道栄とも戦う。
そして、ついには、細川家の剣術指南となった小次郎と雌雄を決することとなる。

***********************************


キャスト
新免武蔵 ………… 細田 善彦
佐々木小次郎 ……… 松平 健
沢村大学 ………… 目黒 祐樹
ユキ ……………… 水野 真紀
太木慧道 …………… 若林 豪
板倉勝重 ………… 中原 丈雄
吉岡七左衛門 …… 清水 綋治
吉岡清十郎 ……… 原田 龍二
吟 ……………… 遠藤 久美子
吉岡伝七郎 ……… 武智 健二

長岡興長 ………… 半田 健人
大島直治 ………… 木之元 亮
(以上12名が主演。以下は準キャストです)

新免無二斎 …… 須藤正裕
サエ ………… 瀬戸さおり
後藤又三 ……… 黒木真二
平野義平 ……… 鈴木有史
倫 ……………… 秋月成美
松尾十郎 ………… 真木仁
武田忠次 ………… 勝亦正
藤木浩助 ………… 太田聡
今屋三郎 ……… 横山恒平
宍戸 …………… 児玉純一
吉岡亦七郎 …… 小林郁大
ナレーター ……… 増田晋


スタッフ
プロデューサー・脚本・監督・編集……三上 康雄
武術・殺陣創案……中村佳夫
監督助手・所作……中川邦史朗
撮影……江部公美
照明……山口晴弘
録音……尾崎聡
音響効果……伊藤進一
音楽創案・構成……三上康雄
津軽三味線指揮……小田島徳旺
現場制作統括……堂庭章

スペック
2019年/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/120分
国内配給 : アークエンタテイメント
海外配給 : 東映 “MUSASHI”
Ⓒ 2019 三上康雄事務所


武蔵:細田善彦vs小次郎:松平健 映画「武蔵-むさし-」本ポスタービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 史実に基づくオリジナルストーリーで、オールロケ、リアルな殺陣の本物の武蔵に徹底的に描く三上康雄監督の本格正統時代劇映画「武蔵-むさし-」。5月25日ロードショーとなります。

今回、その本ポスターとメインビジュアルを2月26日に公開。

「武蔵-むさし-」では、円熟の達人・佐々木小次郎役に松平健をはじめ、武蔵役に細田善彦、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水綋治、原田龍二、遠藤久美子らの平成を代表する屈指の時代劇スター陣が出演。

公開されたメインビジュアルでは、「なぜ、戦う?」というコピーのとおり、武蔵と小次郎の姿を初公開しています。


さらに、東映・国際部による海外配給も決定。
“MUSASHI”として全世界に公開されます。



映画情報どっとこむ ralph 佐々木小次郎の松平健さんと三上監督からコメントも到着!

佐々木小次郎:松平健さんコメント

「武蔵との対決だけが注目されがちな小次郎だけれど、戦いに赴いた理由など、小次郎の背景が描かれていて演じ甲斐があった。非常に印象深い作品となった」

脚本・監督・編集:三上康雄さんコメント

「複層化する群像劇を、日本映画界に欠かせぬ俳優陣、時代劇映画に精通したスタッフ、オールロケのリアルな映像、武道をベースにした迫力の殺陣シーン、オリジナルの刀の製作等、とことん本物にこだわり、徹底して描きました。史実を事細かく調べると歴史のうねりという一本の太い線となり、武道を探求すると武蔵の勝因が理解できました。本作では、歴史のうねりを縦軸に、武蔵の正義、吉岡一門の正義、小次郎の正義、細川家の正義、公儀の正義の激突を横軸に、過去、誰もが描かなかった「本物の武蔵」の映画をとことん体感してください。」
映画情報どっとこむ ralph 武蔵-むさし-

公式サイト:
https://www.musashi-movie.jp


物語・・・
幼き頃、父に徹底的に鍛えられた武蔵。二十一歳、剣術の名門、吉岡家に挑むため、京に来た。 当主、吉岡清十郎との試合のつもりが、弟の伝七郎、そして、一門数十名との一乗寺下がり松での決闘と熾烈な戦いを繰りひろげることになる。 その頃、細川家の重臣、沢村大学は、京の愛宕山で佐々木小次郎と出会う。

武蔵は鎖鎌の宍戸、槍の道栄とも戦う。
そして、ついには、細川家の剣術指南となった小次郎と雌雄を決することとなる。

***********************************


キャスト
新免武蔵 ………… 細田 善彦
佐々木小次郎 ……… 松平 健
沢村大学 ………… 目黒 祐樹
ユキ ……………… 水野 真紀
太木慧道 …………… 若林 豪
板倉勝重 ………… 中原 丈雄
吉岡七左衛門 …… 清水 綋治
吉岡清十郎 ……… 原田 龍二
吟 ……………… 遠藤 久美子
吉岡伝七郎 ……… 武智 健二
長岡興長 ………… 半田 健人
大島直治 ………… 木之元 亮
(以上12名が主演。以下は準キャストです)

新免無二斎 …… 須藤正裕
サエ ………… 瀬戸さおり
後藤又三 ……… 黒木真二
平野義平 ……… 鈴木有史
倫 ……………… 秋月成美
松尾十郎 ………… 真木仁
武田忠次 ………… 勝亦正
藤木浩助 ………… 太田聡
今屋三郎 ……… 横山恒平
宍戸 …………… 児玉純一
吉岡亦七郎 …… 小林郁大
ナレーター ……… 増田晋

スタッフ
プロデューサー・脚本・監督・編集……三上 康雄
殺陣創案……中村佳夫
監督助手・所作……中川邦史朗
撮影……江部公美
照明……山口晴弘
録音……尾崎聡 音響効果……伊藤進一
音楽……三上康雄
津軽三味線指揮……小田島徳旺

スペック
2019年/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/120分
国内配給 : アークエンタテイメント
海外配給 : 東映 “MUSASHI”
Ⓒ 2019 三上康雄事務所


細田善彦 VS 松平健『武蔵ーむさしー』映画化決定!コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 若き武蔵(細田善彦)対 剣を極めた小次郎(松平健) 史実に基づくオリジナルストーリー! 武蔵と小次郎、そして多くの人々の生きざまと戦いのすべて! 正義と正義が激突する本格正統時代劇が誕生!!

監督は映画「蠢動―しゅんどう―」で、時代劇映画ファンの圧倒的な支持を受け、日本映画監督協会の新人監督賞にノミネートされた三上康雄。過去、何回も小説、映画化された「宮本武蔵」ではなく、今作「武蔵―むさし―」は史実に基づくオリジナルストーリーとして描く。

壮大なスケールと多くの人物による重厚な物語を、製作、脚本、編集も兼ねて挑む意欲作。

若き武蔵と老境に達し剣を極めた小次郎。物語の軸となるのは、二人の人物。

孤高の剣豪、武蔵には NHK 大河ドラマ「真田丸」映画「終の信託」など、映画、テレビ、舞台、CM 等でお馴 染みの細田善彦さん。

細田善彦(武蔵)さんからのコメント:

これまで何人もの名優の方々が演じてきた武蔵を、映画初の主役を演じる機会をいただけて、光栄であると同時 に身が引き締まる思いです。 かつて巌流島で、武蔵が小次郎と最期の決闘を果たしたのは 29 歳の頃と言われています。 図らずも同じ 29 歳の今、一所懸命に武蔵の成長物語に挑みます!

映画情報どっとこむ ralph そして、小次郎には、いままでの小次郎のイメージを覆す松平健さん。

松平健(小次郎)さんからのコメント:

今作でも武蔵対小次郎の舟島での決闘はクライマックスの最大の見せ場となりますが、単に武蔵と剣を交えるだけでなく、そこに至るまでに小次郎が思い続けた戦の度に多くの民が亡くなる時代は終わらせ、民への幸せを願 い立ち上がった一人の男の生きざまをご覧頂きたい。今まで見た事のない佐々木小次郎をお見せ致します。

映画情報どっとこむ ralph ☆骨太のストーリー

正義と正義が激突する本格正統派時代劇!! 吉岡一門(清十郎、伝七郎、一乗寺の決闘)、鎖鎌の宍戸、槍の奥蔵院道宋、巌流佐々木小次郎、それぞれの戦 いの中、武蔵、そしてかかわる人々は何を感じ、何を考え、どう動いたのか? 歴史のうねりを縦軸に、武蔵の正義、吉岡一門の正義、小次郎の正義、細川家の正義、公儀の正義、男たちの正義のはざまで翻弄される女たち、それぞれの正義の激突を横軸に、過去、誰もが描かなかった群像劇を壮大なスケールで映画化。

夏に完成後、海外の映画祭に出品したのち、2019 年の初夏にロードショーを予定している。 題材が海外でも評価が高い宮本武蔵ゆえに「蠢動―しゅんどう―」以上に海外の映画祭への出品、公開が期待されます。

2019 年初夏 全国一斉ロードショー

***********************************

主演 細田 善彦、松平 健

製作・監督・脚本・編集 三上 康雄
Ⓒ2018 株式会社 三上康雄事務所