「松山ケンイチ」タグアーカイブ

池松壮亮、一ノ瀬ワタル、星田英利、古舘寛治が、サラリーマンの聖地・新橋に、サプライズ登場!


映画情報どっとこむ ralph 漫画家・新井英樹による人気コミックを、主演・池松壮亮×監督・真利子哲也で放つ映画『宮本から君へ』(9月27日全国公開)。その公開直前となった9月18日に、池松壮亮、一ノ瀬ワタル、星田英利、古舘寛治らキャストがサラリーマンの聖地・新橋SL広場前で、本作宣伝のためのグッズ&チラシ配りをサプライズで敢行した。
『宮本から君へ』池松壮亮ら新橋に登場 帰路や飲み会に急ぐサラリーマンが交差する、夜6時を過ぎた新橋SL広場前。そこに現れたのは、映画公式Twitterを通して集まった有志8人。雨が降るあいにくの空模様となったが、チラシ配りをはじめた瞬間、雨が止まり宮本ばりの“熱血営業マン”と化して、新橋のサラリーマンたちに熱く果敢にアタックしていった。
『宮本から君へ』池松壮亮ら新橋に登場 『宮本から君へ』池松壮亮ら新橋に登場 『宮本から君へ』池松壮亮ら新橋に登場 『宮本から君へ』池松壮亮ら新橋に登場 『宮本から君へ』池松壮亮ら新橋に登場
足早に去る新橋サラリーマンへチラシを手渡すだけでも苦戦を強いられる“熱血営業マン”たちの前に現れたのは、なんと主演の池松壮亮、一ノ瀬ワタル、星田英利、古舘寛治ら映画『宮本から君へ』出演キャストの面々!このサプライズに熱血営業マンはもとより、新橋SL広場前のサラリーマンたちも騒然となった。池松をはじめとするキャスト陣は、有志8人と円陣を組んで気合を再注入し、チラシ配りに参加。池松は握手やサインに応じるなど神対応。古舘から「池松君がチラシを配ると聞いたら、それは行かざるを得ない」と言われた池松は「確かに宣伝スタッフに『来てくれると思うから他のキャストの方々にも声をかけてみるのはどうですか?』と言ったのは僕です」と照れつつ「チラシ配りは初めての体験。雨が降っていてあまり良くない状況でしたが、これをきっかけに映画が広がってくれれば」と期待。星田は「コイツ、本気だなと思った」と、どんな宣伝にも手を抜かない池松の本作にかける思いを称えていた。そんな池松から「チラシ配りを一番頑張っていた」と一ノ瀬。しかし一ノ瀬は「雨も降ってきたし、なかなか受け取ってもらえなくて何度も冷たい目で見られた」と残念そう。それに池松は「俺でも、怖くて目を合わせられないよ!」とツッコみ、星田からは「宮本~!宮本~!と叫びながら走り回っていたから、宮本という人を探している怖い人だと思われたんじゃないの?」とイジられていた。

他のキャスト陣が駆けつけてくれたことに池松は「公開も近づいて色々な宣伝活動をしてきたけど、こうやって皆さんに後押ししてもらえて嬉しい。映画公開に向けてパワーをもらった気がする」とシミジミ。それに対して古舘は「完成した映画がつまらなかったら来ていなかった。ここまで作品が面白くなっているのは稀有なこと。だから僕は今日参加しました」と『宮本から君へ』の完成度に太鼓判。星田は「観ないと損をする作品。作品を観たときに全身に鳥肌が立って、池松君には『おめでとう』というメールをしたくらい。今日だってハグをしました。この映画に携わった人たち全員に『やりやがったな!』と言いたい」と大絶賛。一ノ瀬も「この映画は誰かの人生を変えるはず。そんな作品に出演できたことを光栄に思います」と嬉しそうだった。
3人からのエールに池松は「泣けてくるくらい嬉しい。今日は僕一人じゃなくてよかった」と感激し「この作品は一見、やったやりかえしたという物語に見えるけれど、その先にあるのは同時代を生きる人々への人間讃歌です。傲慢なタイトルで傲慢な主人公だけれど、今を生きるすべての人に、プレゼントとして受け取ってもらいたい」と期待を込めていた。

さらに、池松、一ノ瀬、星田、古舘は、同じ時間帯に行われた本作の試写会場にも駆けつけ、鑑賞後の観客にセキセイ文具から提供された記念品を配布し、直接感謝の気持ちを伝えると、観客は歓喜に包まれていた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『宮本から君へ』

9月27日(金)全国公開

『宮本から君へ』
あらすじ
文具メーカーで働く営業マン宮本浩は、笑顔がうまくつくれない、気の利いたお世辞も言えない、なのに、人一倍正義感が強い超不器用な人間。会社の先輩の友人である、自立した女・中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二が現れる。裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は裕二に「この女は俺が守る」と言い放つ。この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子には、ひとときの幸福の時間が訪れる。しかし、二人の間に、人生最大の試練が立ちはだかるのだった・・。

究極の愛の試練に立ち向かうべく、宮本が”絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!

***********************************

原作: 新井英樹 『宮本から君へ』 百万年書房/太田出版刊
監督:真利子哲也
脚本:真利子哲也、港岳彦
出演:池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル 柄本時生 星田英利 古舘寛治 ピエール瀧 佐藤二朗 松山ケンイチ
主題歌:宮本浩次「Do you remember?」(ユニバーサルシグマ) レコーディングメンバー Vocal:宮本浩次、Guitar:横山健、Bass:Jun Gray、Drums:Jah-Rah




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ゲキ×シネと『プロメア』とのコラボ上映イベント第二弾の実施が決定!中島かずき&今石洋之&新谷真弓登壇も!


映画情報どっとこむ ralph この度、ゲキ×シネと『プロメア』とのコラボ上映イベント第二弾の実施が決定しました!

ゲキ×シネは劇団☆新感線の人気舞台の映像を映画館で楽しむ話題の映像エンターテインメント(現在『髑髏城の七人』花鳥風月極が全国好評上映中!)。中島かずきは劇団☆新感線の座付き作家として数々の舞台脚本を手掛けており、今回『プロメア』とコラボする『蒼の乱』(2014年上演)も中島が脚本を手掛けました。
蒼の乱×プロメア_コラボ画像[1] 松山ケンイチ、早乙女太一も同舞台に出演しており、『プロメア』の主人公ガロとリオのキャスティングに際しては、本作や、同じく2人が共演したWOWOWの土曜オリジナルドラマ「ふたがしら」(2015)での演技が念頭にあってオファーがなされました。前回行われた『蛮幽鬼』と『プロメア』とのコラボイベントが好評だったことから実現した今回の第二弾イベント。今石監督、中島かずき、新谷真弓(『プロメア』ルチア・フェックス役)によるここでしか聞けないアニメや舞台の裏話は必聴。8月23日(金)からは前日譚「ガロ」編/「リオ」編付き上映もスタートするなど、益々盛り上がりをみせる『プロメア』にこれからもご注目頂きたい!

映画情報どっとこむ ralph 【 ゲキ×シネ×プロメア二夜目のチャンピオン祭 概要 】
◆場所:新宿バルト9 スクリーン9
◆上映作品 ゲキ×シネ『蒼の乱』、『プロメア』(前日譚付き)
◆日程:8/30(金)16時~『蒼の乱』+19時05分~舞台挨拶+19時45分~『プロメア』(前日譚付き)※22時まで
◆登壇者:中島かずき、今石洋之監督、新谷真弓
◆チケット:4,000円(税込) ※2作通し券となります※特別興行価格のみの販売となります※各種割引・ムビチケ等は使用不可となります

<販売情報>
8月22(木)24:00(=23日(金)0時)販売開始。
オンラインチケット予約KINEZO EXPRESSにて販売
(PC)
http://kinezo.jp/pc/event_schedule/wald9
(スマートフォン)
http://kinezo.jp/sp/index.php?FID=top/event_list&ush=140feb4
※KINEZO EXPRESSのご利用には事前に「オンラインチケット予約KINEZO」の無料会員登録が必要です。
※販売日より上映日3日前まではクレジットカード決済のみご利用可能です。現金・モバイルSuica・U-NEXTポイント決済ご利用のお客様は上映日の2日前よりご利用頂けますが、満席になり次第販売は終了となります。
※販売日より上映日3日前まではクレジットカード決済のご利用となります。(ムビチケ使用不可)
※現金・モバイルSuica・U-NEXTポイント決済ご利用のお客様は上映日の2日前よりご利用頂けますが、満席になり次第販売は終了となります。
※残席がある場合のみ、同日劇場OPEN時より劇場窓口でも販売致します。

映画情報どっとこむ ralph 『プロメア』

公式HP:
promare-movie.com  
  
公式Twitter:
@promare_movie

***********************************


【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太 佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき

監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー
美術監督:久保友孝
色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助
編集:植松淳一 音楽:澤野弘之
音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER  製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『プロメア』入場者特典は本編の前日譚!超先行試聴シリアルコード付き


映画情報どっとこむ ralph 人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきは、常に驚きと勇気を与え、多くの話題をさらってきました。そんな二人が構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ 待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)より公開!
プロメア 本作の声優には、主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に大河ドラマからコメディ映画まで幅広く活躍する国民的俳優の松山ケンイチさん、ガロの宿敵となるリオ役に舞台、映画やドラマと近年注目作への出演がめざましい早乙女太一さんのW主演が実現!さらにガロの上司であるクレイ役に日本を代表する俳優の堺雅人さんが務め、その脇を固めるケンドーコバヤシさん、古田新太さんなど超豪華キャスト陣の参加も話題となっております!さらに、主題歌とエンディング主題歌は、Superflyさんが本作の世界観をイメージした描き下ろし楽曲で、魂を揺さぶるような楽曲が本作をより熱く鮮やかに燃え上がらせます!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、本作の第一弾入場者特典が、『プロメア』前日譚となる、このためにだけ制作された全編新作カットから成る完全オリジナル短編アニメーション『ガロ編』が超先行視聴できるシリアルコード付きキャラクターカードに決定しました!

『プロメア』第一弾特典 カードの絵柄はガロ、アイナ、レミー、ルチア、バリスの〈バーニングレスキュー〉メンバーに加え、ウォンテッドと記載されたマッドバーニッシュのリーダー、リオに自治共和国プロメポリスの司政官、クレイ・フォーサイトの全8種類。IDカード風のデザインで、カードに記載された、シリアルコードによって約10分の『ガロ編』を視聴することが出来ます!

更に、第二弾特典も近日発表されるとのことで、今後の特典の内容にも期待が高まります!

映画情報どっとこむ ralph 【プロメア 第一弾入場者特典『ガロ編』 概要】

特典名:映画『プロメア』前日譚!完全新作アニメーション『ガロ編』 超先行視聴!!シリアルコード付きキャラクターカード
配布開始日:5月23日(木)前夜祭上映~ ※前夜祭上映の無い劇場は24日からの配布となります。
カードの種類:ガロ、リオ、クレイ、アイナ、レミー、ルチア、イグニス、バリス(合計8タイプ)

※1回にご入場につき1枚となります。
※ランダム配布の為、絵柄はお選びいただけません。
※数に限りがございます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『プロメア』

公式HP:
promare-movie.com

公式Twitter
https://twitter.com/promare_movie

映画『プロメア』
5月24日(金)世界大炎上‼

『プロメア』本ポスター
ストーリー
世界大炎上―― 全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の出現だった。あれから30年――攻撃的な一部の面々が〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロ(松山ケンイチ)と〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオ(早乙女太一)。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は̶̶。


***********************************


【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太 佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香

【スタッフ】
原作:TRIGGER・中島かずき 
監督:今石洋之
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー 美術監督:久保友孝 
色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一
音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり 
タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松山ケンイチ・早乙女太一・堺雅人・佐倉綾音 他出演『プロメア』公開直前SP!TOKYO MXにて公開記念特番決定!


映画情報どっとこむ ralph 完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)より公開します!

そしてこの度、公開に先駆け、TOKYO MXにて「映画『プロメア』公開記念SP」と題した特番を5月18日(土)21:00より放送することが解禁となりました!

「映画『プロメア』公開記念SP」では、ダブル主演を務める松山ケンイチ(ガロ役)&早乙女太一(リオ役)によるスペシャル対談をはじめ、『プロメア』の熱い魅力をたっぷりとお届け致します。本作にも参加している大人気声優の佐倉綾音(アイナ役)と稲田徹(バリス役)がMCとなり本作の見どころを徹底的に紹介、番組を盛り上げます!さらに本作を手掛けた今石洋之監督と脚本を担当した中島かずきの独占インタビューなど最新情報満載の内容となる模様。そして、そんなお二人からなんと本邦初公開となる冒頭5分30秒の本編映像をこの番組限定で特別に大公開!さらに本OAは、ニコニコ生放送でも同時配信が決定しております!

公開を直前に控え、松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人のアフレコ現場や、本作主題歌を担当しているSuperflyからのメッセージなど、『プロメア』公開を待ちわびるファンの皆さんにも、これから『プロメア』を知っていただく皆さんにも満足いただける“新時代にふさわしいバトルエンタテインメント大作『プロメア』”の世界をぜひお楽しみ下さい!

◆放送情報 映画『プロメア』公開直前SP
【放送局】TOKYO MX
【放送日時】5月18日(土)21:00~
【出演】松山ケンイチ 早乙女太一 堺雅人 佐倉綾音 稲田徹 今石洋之 中島かずき  ほか

ニコニコ生放送 同時配信情報:配信ページ
https://live.nicovideo.jp/watch/lv320078933

映画情報どっとこむ ralph 映画『プロメア』

公式HP
promare-movie.com

公式Twitter
@promare_movie

世界大炎上――突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>の炎によって世界の半分が焼失してから30年、一部の攻撃的な面々は<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。彼らが引き起こす火災を鎮火すべく、司政官クレイにより結成された高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロは、<マッドバーニッシュ>のリーダーであるリオと出会い、激しくぶつかり合う。
そんな中、リオからバーニッシュをめぐる衝撃の真実を告げられることに。さらにガロたちは地球規模で進められている“ある計画”の存在を知ることになる――。

***********************************

【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき 
監督:今石洋之
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー 美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)

アニメーション制作:TRIGGER  製作:XFLAG 配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池松壮亮×蒼井優で映画化『宮本から君へ』新キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 現在もなお熱狂的に支持される伝説の漫画『宮本から君へ』が、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、真利子哲也監督により映画化。この度、映画版の新キャストが発表となりました。

映画では、原作の後半をベースに、池松壮亮が演じる“宮本浩”と蒼井優が演じる“中野靖子”の前に立ちはだかる「究極の愛の試練」を二人が克服していく姿が描かれる。

映画『宮本から君へ』新キャスト発表![1] 左上から:松山ケンイチ(神保和夫)、蒼井優(中野靖子)、池松壮亮(宮本浩)、井浦新(風間裕二)

左下から:星田英利(小田三紀彦)、一ノ瀬ワタル(真淵拓馬)、佐藤二朗(大野平八郎)、柄本時夫(田島薫)、古舘寛治(岡崎正蔵)


この二人の関係をつなぐ重要キャラクター・風間裕二を演じるのは、幅広い演技力で多くの作品に出演し高く評価され、今年は2本の主演作が控える井浦新。

裕二は、どうしようもない遊び人だが、靖子の心に棲みつく元恋人。宮本と靖子の間で、奔放に振る舞いながらも、二人の距離を近づけていく大切な役割を担っている。井浦は、本作の出演について「撮影時、この作品が放つ生命感溢れる熱量に吹き飛ばされまいと、全身全霊で現場にしがみついていた。その中心で熱苦しいほどのエネルギーを生み出している池松君と蒼井さんのぶつかり合いは、正に鬼神の如く、その凄まじさを余すことなく味わえたことが、大きな喜びでした。関わったシーンでの撮影では毎回がクライマックス、しかし初号を観たら始まりから終わりまで全編がクライマックスに漲っていた。なんてべらぼうな映画だ。」とコメントする。

映画情報どっとこむ ralph また、本作では、漫画「宮本から君へ」が今も熱く支持される理由となっており、本当に映画化できるのか?と注目される“高層マンションの階段での決闘シーン”も描かれる。その決闘シーンで、宮本が立ち向かう怪物・真淵拓馬を演じるのは、一ノ瀬ワタル。

格闘家としての現役時代に出演した『クローズZEROII』をきっかけに俳優の道へ、日本人俳優として規格外の体格を活かし『キングダム』、『HiGH&LOW』シリーズなど様々な作品に出演する。

本作では、ラグビー部に所属する巨漢にして怪力の持ち主で、紳士的な表と、欲望に忠実な裏の二つの顔をもつ難しい役柄を完璧に演じきっている。だれが拓馬を演じるのか?原作ファンの間で最も注目されるキャラクターだけに、一ノ瀬は、体重を33kg増量し「絶対に勝てそうにない体」を作り上げ撮影に挑み、

「映画「宮本から君へ」がいよいよ公開します。僕が原作に出会った直後にこの役をやれるチャンスを頂き運命的なものを感じました。真淵拓馬は絶対に自分にしか出来ないという自信と強い想いがあります。より拓馬に近付く為2ヶ月間で30kg以上の増量もしました。この作品を撮り終わったら死んでも良いと覚悟して挑んだ作品です。ありったけの魂を込めました。この映画、観てください!!!!!!!!」

と気合い十分。

映画情報どっとこむ ralph このほか、真淵拓馬の父で、宮本の得意先の部長である真淵敬三をピエール瀧、真淵敬三の親友・大野平八郎を、新井英樹の原作漫画の大ファンであることから出演を即決し、映画にドラマなど様々な組から引っ張りだこの名優・佐藤二朗が演じており、

「僕が新井英樹作品を大好きな理由の1つが、何かを引きかえに描いてるとしか思えない、壮絶で豊饒なキャラクターたちだ。今回、そのキャラクターの1人を演じられることに悦びと畏れを感じつつ、皆で渾身の思いで拵えた作品です。是非、劇場でご覧ください。」

とコメント。


また、真利子哲也監督は

「ついに実写化の舵が切られ、分厚くて重たい定本を握りしめ、ボロボロになるまで読み込み書き込み、かなり手強いこの原作をどうやったら映画にできるか、みんなで真剣に向き合いました。やがて一癖も二癖もある役者たちが集まってきて、現場はより一層の執念と活気で溢れました。今、このタイミングにしか映画にできない自負がありました。ここで失敗したらもう誰も映像化できないという勝手な責任感もありました。宮本に負けず劣らず、這いつくばって完成させた映画をでっかいスクリーンで観たときの、理屈抜きで気持ちが開放されたあの感触。子供に返ったみたいに老いも若きも男も女も、みんな一緒になって朝まで語らって歌ってました。この映画の顔ぶれに微塵も悔いはありません。」

と新しく加わった俳優を含めキャスティングに悔いなしと、熱く語る。


映画情報どっとこむ ralph 原作コミックは、社会に蔓延する様々なテーマを、容赦ない人間描写と圧倒的な世界観で描き続けてきた漫画家・新井英樹が熱血営業マン・宮本浩、七転八倒の記録を描いた作品。

1990年にモーニング(講談社)で連載をスタートし、1992年に<第38回小学館漫画賞青年一般部門>を受賞。2009年には『定本宮本から君へ』(全4巻)が太田出版より出版され、いまもなお俳優やミュージシャン、漫画家など各界から熱烈な支持者を生み続けている。金なし!コネなし!勝ち目なし!・・・でも情熱だけは半端ない!熱血営業マン・宮本浩が“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた“極限の人間讃歌”が描かれるエンターテイメント!

『宮本から君へ』
今秋、全国公開。

映画公式FB

※映画公式HPは5月末オープン予定

***********************************


原作:新井英樹『宮本から君へ』百万年書房/太田出版刊

監督:真利子哲也
脚本:真利子哲也、港岳彦

出演:池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル 柄本時生 星田英利 古舘寛治 ピエール瀧 佐藤二朗 松山ケンイチ
配給:スターサンズ、KADOKAWA
(C)2019「宮本から君へ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ファミ通まさかの“アニメ”で47頁 映画『プロメア』のTRIGGER&今石監督特集 


映画情報どっとこむ ralph 6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ 待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)より公開となります!
プロメア さらに本作の声優キャストとして松山ケンイチさん、早乙女太一さんのW主演が実現!堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんと超豪華声優陣の発表も続き、更に主題歌アーティストとしてSuperflyの参加が発表されるなど、公開までの期待がどんどん高まっています!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、老舗ゲーム雑誌の「週刊ファミ通」(発行:Gzブレイン)が、5月16日(木)発売号で、ゲーム雑誌として超異例のアニメーションスタジオTRIGGER&今石監督特集を47ページの超特大ボリュームで掲載することが分かりました!ゲーム以外のコンテンツでこのボリュームは、30年以上の歴史を誇るファミ通の歴史においても過去最大、並外れた大特集となっています。
映画『プロメア』老舗ゲーム雑誌“ファミ通特集内画像[1] ▲「週刊ファミ通」2019年5月30日号(5月16日発売)

当初2ページ程度で始まったという本企画でしたが、担当曰く『プロメア』の熱に浮かされ、気付いたら47ページなっていた…とのこと。今回、その想いの象徴とも言える特集の冒頭ページも公開されました!

「週刊ファミ通にゲーム以外の情報がこんなにもたくさん載るのは、ちょっとした事件だ。我々も、今石監督と、TRIGGER作品の持つ熱に浮かされたのかもしれない。熱さに感化されたのかもしれない」by週刊ファミ通編集部

観たものを熱狂させ、何雑誌なのか分からなくなってしまう程の特集を組ませてしまうほどの“熱さ”を持った映画プロメア。
ファミ通からの特大の熱を受け、世界大炎上待ったなし!!益々燃え上がる本作からもう目が離せません!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『プロメア』

5月24日(金)世界大炎上‼

公式HP:
promare-movie.com
公式Twitter:
@promare_movie
世界大炎上――突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の炎によって世界の半分が焼失してから30年、一部の攻撃的な面々は〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。彼らが引き起こす火災を鎮火すべく、司政官クレイにより結成された高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロは、〈マッドバーニッシュ〉のリーダーであるリオと出会い、激しくぶつかり合う。そんな中、リオからバーニッシュをめぐる衝撃の真実を告げられることに。さらにガロたちは地球規模で進められている“ある計画”の存在を知ることになる――。

***********************************

【キャスト】
松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】
原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー 美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG 
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

最後のピースがはまった!「キルラキル」本能字四天王、再繍結 !柚木涼香、プロメア参戦!


映画情報どっとこむ ralph 「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)のTVシリーズを手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、TRIGGER制作の待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)より公開!

さらに本作の声優キャストとして松山ケンイチさん、早乙女太一さんのW主演が実現!
堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんと超豪華声優陣の発表も続き、更に主題歌アーティストとしてSuperflyの参加が発表されるなど、公開までの期待がどんどん高まっています!

そしてこの度、「キルラキル」で主人公・纏 流子と相対するライバル・鬼龍院 皐月を演じた柚木涼香が『プロメア』に参加していることが分かり、SNS上で大きな反響を呼んでいます!
本作では「天元突破グレンラガン」(2007)の主要キャラクター・カミナを演じた小西克幸を始め、纏 流子を演じた小清水亜美など過去の今石×中島作品への参加経験があるメンバーが多数参加しています。中でも「キルラキル」の中で圧倒的な存在感を誇る生徒会四天王(吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、檜山修之)全員が本作に参加していることから、生徒会長・鬼龍院 皐月を演じた柚木の参加はファンから待ち望まれていました。

映画情報どっとこむ ralph また今回W主演として声優を務めた松山、早乙女、そして堺は劇団☆新感線への出演経験があることから、脚本の中島らスタッフ陣の第一希望でキャスティングされており、今回の柚木の参加によって今石×中島作品のオールスターともいえるキャスト陣がより一層豪華なものとなりました!本作で柚木が演じるのは堺が演じるクレイ・フォーサイトの秘書ビアル・コロッサス。クールな大人の女性といった雰囲気のキャラクターですが、果たして劇中でどのような活躍を見せるのか…? SNSでも「プロメア、キルラキル生徒会メンバー勢揃いやんけ!」、「本能字学園の王もプロメア参戦や…」、「プロメア、絶対クレイラスボス説はミスリードで秘書のビアルがラスボスで松ケンvs柚ねえという新感線vsキルラの構図やるやつじゃないですか……」などその活躍に期待する声が数多く寄せられています!

また柚木からも「キリッとしたビジュアルが最高にクール!熱いトリガー作品に再び参加できて胸踊りました!」とのコメントが届いています!

更に、4月6日(土)からは「キルラキル」の再放送がTOKYO MXにて毎週土曜21時00分からスタートしており、ファンからは「1話から他のアニメの最終回以上の勢い。

これが、失速せずに2クールやるから、もう面白くないわけがないんだよなあ·····。」、「何度見ても胸焼けする濃さの1話だなぁ(笑)」、「キルラキルの1話は100回観ても飽きないほど面白いぞ!ちなみにその後も全部面白いから全人類はキルラキルから逃げるな!」など熱い反応が多数!

映画情報どっとこむ ralph 公開に向けて益々燃え上がる『プロメア』から目が離せません!!!

5月24日(金)世界大炎上‼

公式HP:
promare-movie.com

公式Twitter:
@promare_movie

ストーリー
世界大炎上。
全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の出現だった。あれから30年――攻撃的な一部の面々が〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。

対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロ(松山ケンイチ)と〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオ(早乙女太一)。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は̶̶。

***********************************


【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき

監督:今石洋之
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト

美術:でほぎゃらりー
美術監督:久保友孝 
色彩設計:垣田由紀子
3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 
編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 
音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じ込めて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松山ケンイチ・早乙女太一サプライズ登壇!AnimeJapan2019 『プロメア』スペシャルステージ


映画情報どっとこむ ralph 「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)を手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、製作TRIGGERの完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)全国公開いたします!

新たな情報が解禁される度に大きな盛り上がりを見せる本作は、声優キャストとして松山ケンイチさん、早乙女太一さんをW主演に迎え、堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんと超豪華声優陣が参戦しています!

この度、3月23日(土)から4日間開催されている、世界最大級のアニメイベント、AnimeJapan2019にて『プロメア』のスペシャルステージが行われ、松山ケンイチ(ガロ・ティモス役)さん、早乙女太一(リオ・フォーティア役)さん、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)さん、稲田徹(バリス・トラス役)さん、今石洋之監督、中島かずき(脚本)さんが登壇しました!

AnimeJapan2019 『プロメア』スペシャルステージ 
日時:3月24日(日) 
場所:東京ビッグサイト AnimeJapan COBALTBLUEステージ
登壇:松山ケンイチ(ガロ・ティモス役)、早乙女太一(リオ・フォーティア役)、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)、稲田徹(バリス・トラス役)、今石洋之(監督)、中島かずき(脚本)

映画情報どっとこむ ralph 24日(日)に行われたスペシャルステージイベントには、公開を待ち望む約1000人のファンが集結し早くも、その期待の高さが伺えます。

イベントが始まると、今石洋之監督と、脚本を手掛けた中島かずきさん、本作に声優として参加している佐倉綾音(アイナ役)さん、稲田徹(バリス役)さんが登壇!

ファンからの盛大な拍手で迎えられました。


そして、会場のお客様にはサプライズのW主演の松山ケンイチ(ガロ役)さんと早乙女太一(リオ役)さんも登場!
知らされていなかったファンからは歓声が上がり、会場のボルテージは作品の熱さに負けないぐらいの熱気に満ち溢れました。今回、AnimeJapanに初参加となった松山さんは

松山さん:熱いお迎えありがとうございます!お客さんとして来たかったな(笑)熱気があって感動しました!
と興奮した様子で語り、同じくAnimeJapan初参加となった早乙女さんも

早乙女さん:ここに来られて嬉しいです。向こう(ステージ外)が気になって、うずうずしています!
と会場の盛り上がりに喜びの様子をみせました。

本作は今石監督×中島かずきさんの初のオリジナル劇場作品ということで、

今石監督:長い時間かけて構想を重ね、過去最高に手間暇掛かった作品です。

と話し、

中島さん:劇場版なので、劇団☆新感線でご一緒していた松山さん、早乙女さんに声優をお願いしました。本当に第一希望が通って、AnimeJapanで2人と一緒に出るのは不思議な気持ち。声優も含めて新しいチャレンジです。

とこの豪華声優のキャスティングが実現した経緯を語り、会場を盛り上げました。

また、ご自身が演じたキャラクターについて

松山さん:勇気を与える熱を持ったキャラクターです。

と熱血漢・ガロについて語り、早乙女はオファーを貰った経緯を聞かれると

松山さん:とても、嬉しかったです。舞台中にお話しを貰って、すぐにやります!と返事をしました。

と作品に参加できた喜びを語りました。

また、TRIGGER作品の常連でもありイベントでは自身が演じるバリスの格好で登場した稲田さんは

稲田さん:もし、この作品に出られなかったら(悔しくて)作品を観ることは出来なかった。今回、参加できたのでいい形で作品を観ることが出来ます!

と作品への熱い思いを話しました。

また、佐倉綾音さんはトリガー作品でオーディションを受けたことがないと話し、更に声が大きい人が受かる!という噂話しを暴露し会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、AnimeJapan参加が叶わなかった堺雅人さんの声の演技についても言及し、

松山さん:3人でアフレコが出来たのですが、本当に芝居をしているような感じで出来た。堺さんの芝居の幅が広すぎて驚いた。

と絶賛!
早乙女さん:叫んだ時の演技が凄かった。3人の中で“誰が一番叫ぶか選手権”ぐらい叫んだのですが(笑)堺さんが一番凄かった。

と堺さんの演技に圧倒されたと話しました。

また、アフレコ現場でのエピソードも披露され、

松山さん:休憩中に3人でニコニコ話していたのに、収録が始まると堺さんが凄い顔をしていた。笑ってはいるんですが、狂気を感じるぐらいです(笑)

と現場での裏話も披露しました。

映画情報どっとこむ ralph イベント終盤では『プロメア』のサントラ発売の決定や、「キルラキル」再放送の決定にBlue-rayBOXの発売が決定したことも解禁され、会場につめかけたファンから割れんばかりの拍手が起こるなど終始盛り上がりをみせました。

『キルラキル』Blu-ray Disc BOX 6月26日(水)発売決定!!
4月6日(土)~TOKYO MXにて再放送決定!!


「キルラキル」Blu-ray Disc BOX6月26日(水)発売決定!
■発売日:2019年6月26日(水)
■形態:完全生産限定版 Blu-ray Disc BOX
■仕様:DISC5枚組
■価格:\28,000+税
■品番:ANZX-12651~12655
■収録内容
★収録話:TV放送全24話+TV未放送の第25話(計25話)
〈完全生産限定版特典〉
★新規描き下ろしBOXジャケットイラスト
★特製ブックレット
★映像特典:PV・CM集
発売:アニプレックス 販売:ソニー・ミュージックマーケティング
※特典内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
「キルラキル」TOKYO MXにて再放送決定!
■日時:2019年4月6日より毎週土曜日21:00~
■放送局:TOKYO MX
※放送日時は都合により変更となる可能性がございます。



映画「プロメア」 オリジナルサウンドトラックCD発売決定!

監督:今石洋之×脚本:中島かずき×アニメーション制作:TRIGGERによる初の完全オリジナル劇場アニメーション
『プロメア』のオリジナルサウンドトラックの発売が決定しました。
■発売日:2019年5月24日(金)
■価格:\3,000+税
■品番:SVWC-70414
■初回仕様限定盤特典:
★三方背ケース
★特製ブックレット
発売:アニプレックス
販売:ソニー・ミュージックマーケティング
※特典内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松山さん:今石さん、中島さんらしい作品ですが、その中に新しい演出、新しい要素が入っています。そこを楽しんでいただけたらと思います。ガロは大人な部分と子供な部分を持ち合わせていますが、いいバランスで持っているキャラクターだと思うので、是非そういう部分も楽しんでいただけたらと思います。

と、作品への期待を語り、イベントは幕を閉じました。

映画『プロメア』

公式:
promare-movie.com

公式Twitter
@promare_movie


***********************************


キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 
音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
アニメーション制作:TRIGGER  
製作:XFLAG 
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ