「松尾スズキ」タグアーカイブ

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』松尾スズキ描き下ろし“海馬五郎”イラスト入りクリアファイル付ムビチケ発売!


映画情報どっとこむ ralph 「大人計画」の主宰・松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(読み方:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)が10月25日(金)にTOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開となります。

これまで作家、演出家、脚本家、映画監督、俳優など多岐にわたって活動を続けてきた喜劇人、松尾スズキが大人計画30周年という節目を経て次に挑戦するのは、「いいね!の数だけ女を抱いて、愛妻に復讐する」という、苦悩と笑いの<R18>問題作。映画化不可能と思われていたこの一大プロジェクトを実現するため、超豪華キャストとスタッフが集結。コンテンポラリーダンサーに心を奪われていく海馬の妻・綾子を演じるのは中山美穂。海馬の友人・糸井には、劇団ハイバイを主宰する劇作家、演出家、俳優の岩井秀人。さらに女優の砂山を、数々の演出家から厚い信頼を寄せられている秋山菜津子が演じています。その他にも、坂井真紀、堀田真由、大東駿介、土居志央梨ら実力派俳優がそれぞれ❝強烈で個性豊かな❞役柄に挑みます。

映画情報どっとこむ ralph この度、松尾スズキ描き下ろし“海馬五郎”イラスト入りクリアファイル付ムビチケカードが7月12日(金)より発売されることが決定しました。

クリアファイルの表面に描かれているのは松尾がこの特典のためだけに描き下ろしたオリジナルイラストで、主人公・海馬五郎がただならぬ形相でバットを振りかざす姿が描かれています。妻の浮気投稿に激怒した海馬は、果たして前代未聞の復讐計画を貫徹できるのか!?

『108~海馬五郎の復讐と冒険~』
前売り券発売情報概要
・券種:ムビチケ
・特典:松尾スズキ描き下ろし
“海馬五郎”イラスト入りクリアファイル
※数量限定につき、なくなり次第終了となります
・発売日:7/12(金)
・金額:¥1,500-(税込)
・取り扱い劇場は公式HPの「劇場情報」に掲載。

映画情報どっとこむ ralph 映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』

10月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー

公式サイト:
108-movie.com

Twitter:
@eiga108

108海馬五郎の復讐と冒険
【ストーリー】
資産1000万円を使い果たし、“いいね!”の数だけ女を抱いて愛妻に復讐!?
名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優で最愛の妻・綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への熱い恋心を綴ったその投稿を見た海馬は、あまりのショックに離婚を考える。しかも、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知りさらに大激怒。妻の”不貞”に支払わなくてはならない1000万円を、自らの”不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。妻の投稿についた108もの“いいね!”に湧き上がる怒り。“いいね!”の数だけ女を抱く、煩悩丸出し、前代未聞の復讐劇が幕をあける―。

***********************************

松尾スズキ
中山美穂
大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由
村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子
監督・脚本:松尾スズキ
主題歌:星野源「夜のボート」(Speedstar Records)
制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
製作:「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」製作委員会(バップ/ファントム・フィルム/大人計画/パイプライン)
2019年/カラー/シネマスコープ/5.1ch/102分
(C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会


松尾スズキが監督・脚本・主演の映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』主題歌は星野源に!


映画情報どっとこむ ralph この度、「大人計画」の主宰・松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(読み方:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)の公開日が10月25日(金)に決定し、併せて、本作の主題歌が決定しました。
宮藤官九郎や阿部サダヲなど多才なメンバーと共に、多岐にわたって活動してきた大人計画。主宰の松尾も、昨年には劇団とともに「松尾スズキ」として活動を始めて30周年という節目の年を迎えました。そんな松尾の次なるプロジェクトは自身が初めて監督・脚本・主演すべてを務め、「いいね!の数だけ女を抱いて、妻に復讐する」という前代未聞の<R18>問題作。

共演には、中山美穂、岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀らベテラン俳優陣と、堀田真由、大東駿介、土居志央梨ら実力派の若手俳優陣が、それぞれ“強烈で個性豊かな”役柄に挑んでいます。


そして!

この度、星野源が11年前に制作した楽曲「夜のボート」が本作の主題歌に決定しました!
「夜のボート」は、2008年に松尾スズキ作・演出の舞台「女教師は二度抱かれた」で、出演と全楽曲制作を担当していた星野源が作曲し、市川実和子と歌った劇中歌。松尾スズキ作詞、星野源作曲の「夜のボート」を、今回、映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』の主題歌として使用するためオファーを受けた星野源が、新たにレコーディングを行いました。

脚本を書き始めた時から「夜のボート」を使用したいと思っていたという松尾。特に主題歌が使われている“衝撃的なあるシーン“には力を入れており、「夜のボート」が流れる様子を想像しながら脚本を書いたといいます。

松尾が仕掛ける前代未聞の復讐劇に、大人計画で俳優として活動を共にしてきた星野の主題歌が加わり、映画の中でどのような化学反応を起こしているのか!?大いにご期待ください。

なお、「夜のボート」はリリースの予定はなく、本作でしか聞くことができない貴重な楽曲。是非劇場でお楽しみください。

星野源コメント:
松尾さんから、11年前に上演された舞台で僕が作った歌を「映画の主題歌にしたい」と連絡を頂きました。このとんでもない『108』という作品の主題歌にこの哀しい歌を選ぶあたり、松尾スズキ!って感じがしてとても好きです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』

公式サイト:
108-movie.com

Twitter:
@eiga108

108海馬五郎の復讐と冒険 ストーリー
名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への熱い恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬は、あまりのショックに離婚を考える。しかし、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知りさらに大激怒。妻の”不貞”に支払わなくてはならない1000万円を、自らの”不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。妻のSNSに投稿した写真についた108もの“いいね!”の数だけ女を抱く、煩悩丸出し、前代未聞の復讐劇が幕をあける―。

***********************************

松尾スズキ
中山美穂
大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由
村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子

監督・脚本:松尾スズキ

主題歌:星野源「夜のボート」(Speedstar Records)

制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
製作:「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」製作委員会(バップ/ファントム・フィルム/大人計画/パイプライン)
2019年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/102分
(C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会



大人計画:松尾スズキ監督・脚本・主演『108~海馬五郎の復讐と冒険~』キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 1988年に舞台「絶妙な関係」で旗揚げされ、宮藤官九郎や阿部サダヲなど多才なメンバーと共に、多岐にわたって活動を続けてきた大人計画。主宰である松尾スズキも「松尾スズキ」として活動を始めて、2018年には劇団とともに30周年を迎えました。

その松尾スズキの次なるプロジェクトは自らが初めて監督・脚本・主演を全て務め、この秋公開される映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(読み方:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)。「いいね!の数だけ女を抱いて復讐」という前代未聞のR18映画に、超豪華なキャストが勢揃いしました。
108海馬五郎の復讐と冒険
映画情報どっとこむ ralph 海馬五郎の妻で元女優の綾子を演じるのは中山美穂。
“ドクタースネーク”というコンテンポラリーダンサーとの2ショット写真をSNSに投稿したことがバレて、海馬を激怒させてしまう。不思議な魅力を放つ年下ダンサーに身も心も奪われていく綾子を大胆に演じ、大人の魅力をたっぷりと披露している。海馬のプレイボーイの友人・糸井には、劇団ハイバイを軸に劇作家、演出家、そして自らも俳優として活躍している岩井秀人。「いいね!の数だけ女を抱いて資産を使い切る」という海馬のとんでもない復讐計画に巻き込まれていく。さらに海馬の友人でパニック障害持ちの女優・砂山を、読売演劇大賞や紀伊國屋演劇賞を受賞し名だたる演出家が厚い信頼を寄せる秋山菜津子が、そして海馬の代わりに病気の父の世話を一手に引き受けることになってしまった妹役を坂井真紀が演じている。

また、なぜか海馬に綾子の動向をリークし続ける売れない女優にドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」(19)でブレイクを果たした堀田真由、復讐計画に手を貸すド派手なホストに大東駿介、自分の価値を絶対に落としたくない高級風俗嬢に『リバーズ・エッジ』(18)で体当たりの演技が話題となった土居志央梨など、実力派の若手俳優陣がそれぞれ”超個性豊かな”役柄に挑んだ。

その他、栗原類、LiLiCo、酒井若菜、福本清三、乾直樹、オクイシュージに加え、宍戸美和公、村杉蝉之介といった大人計画でお馴染みの俳優陣も名を連ねている。

映画情報どっとこむ ralph 中山美穂、岩井秀人、秋山菜津子さんからのコメントも到着しています!

●中山美穂さんのコメント
松尾監督がこの作品を構想中の頃、咄嗟に私に演らせて下さいと申し出てしまったのです。監督は実現できるかどうかと笑いながら仰っていましたが、それから1年待たずに私達は撮影に挑んでいました。楽しくて仕方のない現場でした。演出をされる松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、そして激しく演じてらっしゃいました。そんな姿がだんだんと可愛く見えてきて、作品の中でもその感じが伝わるのだと思います。とにかく笑える内容です。そしてせつない。私に演らせて頂けたことに感謝しています。

●岩井秀人さんのコメント
メジャーな作り手の誰もかれもが「コンプライアンス」を気にし、テレビの前の主婦までもが「この表現、誰かに文句言われないのかしら?」と呟くようなご時世に、「よくぞこんな映画を作った!」と言われることでしょう。でも本来「表現」って、「ワレワレの外側」にあるものに手を伸ばすためのものなのだし、そのことを思い出させてくれる作品です。だからコンプラなんてものには届かない高みのシロモノになってございます。ご覧ください! しかし松尾さんって、いつ丸くなるんでしょうね…。

●秋山菜津子 さんのコメント
舞台作品の中でいつも私に面白い役をやらせて下さる松尾さん。今回もなかなか変わった役柄を与えてくださいまして…楽しかったです。 撮影が終わって『この映画を秋山さんの代表作にして下さいね。』と松尾監督に言われたんですけど…嬉しいような ちょっと複雑な気分でした。あ、観て頂ければ分かると思うんですけど(笑)。 でも…そうですね、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です。それは確かです。

映画情報どっとこむ ralph 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』

2019年秋、全国ロードショー

公式サイト:
108-movie.com

Twitter:
https://twitter.com/eiga108



【ストーリー】
名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への熱い恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考えるが、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知りさらに大激怒。

妻の”不貞”に支払わなくてはならない資産1000万を、自らの”不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。綾子がSNSに投稿した写真についた108もの“いいね!”に湧き上がる怒り。 ”いいね!”の数だけ女を買いまくる、煩悩丸出し、前代未聞の復讐劇が幕をあける―。

***********************************

松尾スズキ
中山美穂
大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由
村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子

監督・脚本:松尾スズキ
制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
製作:「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」製作委員会(バップ/ファントム・フィルム/大人計画/パイプライン)
2019年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/102分
(C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会
   


『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ケンドーコバヤシ、安田顕らボイスキャスト追加情報&コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

監督に八木竜一・花房真、原作・監修に“ドラゴンクエストの生みの親”堀井雄二、音楽にゲームの人気を支えてきたすぎやまこういちの楽曲を使用することも決定。

先日ボイスキャスト(主人公・リュカに佐藤健、2人のヒロイン・ビアンカに有村架純、フローラに波瑠、王子・ヘンリーに坂口健太郎、リュカの父・パパスに山田孝之)も発表され、この夏一番の超大作として既に大きな話題に。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、出演だけが発表されていたボイスキャストの役名を解禁!コメントが到着しました
パパスに仕え、リュカと共に旅に出るサンチョに“ドラゴンクエスト大好き芸人”ケンドーコバヤシが、魔物の元から逃げ出したリュカとヘンリーを助ける謎の老人プサンに安田顕が、フローラの父であり、サラボナの大富豪のルドマンに松尾スズキが、リュカと共に数々の冒険に挑んでいくスラりんに山寺宏一が、リュカの母で魔物に囚われているマーサに賀来千香子が決定いたしました。5人から届いた、『ドラゴンクエスト』に出演するにあたっての熱いコメントにも注目です!

★サンチョ【ケンドーコバヤシ】
パパスに忠誠を誓い、共に世界を旅している。リュカのことを“坊ちゃん”と呼び、成長を見守っている。

【ケンドーコバヤシコメント】
お話を頂いた時、果たして僕の役はフローラなのか、ビアンカなのかと思い、背中に汗が流れた思い出があります。よくよく考えれば、フローラとビアンカ、どっちを選ぶかで同級生が喧嘩をしていたのが良き思い出です。
そんな中、ここで再び選択するのかと心臓がバクバク言う中、「サンチョです」と言われ、思わず「良かった」とつぶやいてしまいました。
私生活では人の言うことを聞かない僕ですが、サンチョを演じている間は、主人の為ならなんでもする所存です。
映画をお楽しみください。


★プサン【安田顕】
リュカとヘンリーが魔物の元から脱出する手引きする。魔物が力をつけてきていることを危惧している。


【安田顕コメント】
ドラクエ I は、小学生の頃でした。
兄がファミコンのコントローラーを握る背中越しに、ブラウン管に広がる世界に夢中になりました。最近、ドラクエX Iにプレステで夢中になる娘の背中越しに、モニターに広がる世界を見つめながら、共有できる喜びを得ました。時代を超えた伝説に参加できることに心より御礼申し上げます。重要なポジションを任せていただきました。
心より感謝申し上げます。
映画館で観る日が楽しみで仕方ありません。

★ルドマン【松尾スズキ】
サラボナの大富豪で、フローラの父。町を脅かす魔物ブオーンに手を焼いており、ブオーンを討伐できたものをフローラの婿とし、跡継ぎに迎えるという条件を出す。

【松尾スズキコメント】
若い頃、会社を辞めてプータローを決め込んでいた頃、3畳の部屋でずっぷりファミコンのドラクエにはまっておりました。ファミコンから伸びたニクロム線をテレビのアンテナに巻きつける作業も今では懐かしい思い出です。復活の呪文を書き間違えて、当時の彼女と血で血を洗う喧嘩をしたのも、また懐かしい。まさか、その頃は、それが映画化されて、自分がその出演者になるとは思いもしませんでした。胸熱というやつです。しかし、難しかった。キャラを演じる気恥ずかしさを瞬時に体から追い払うのに力が必要でしたが、楽しかったです。

★スラりん【山寺宏一】
初めてリュカの仲間となるモンスター。何時も一緒に行動をしているので息もピッタリ。

【山寺宏一コメント】
山崎総監督と八木監督のコンビとは『friends もののけ島のナキ』以来となるのですが、僕はあの作品が大好きだったのでまたご一緒できることをとても嬉しく思っています。
「ドラゴンクエスト」は「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」というゲームの中で魔王ジェイムという役を担当させていただいて以来の参加となりますが、世界中で支持されている作品の初のフル3Dアニメーション映画化に参加することが出来てとても光栄に感じています。映像を観てそのクオリティに驚きました、そして、スラりんもシンプルなフォルムなのにとても表情が豊かなので色々な声で演じました。ゲームをずっとやっていらっしゃった方達には夢のような世界がスクリーンで繰り広げられると思いますし、世界中が驚く作品になっていると思います。映画の完成が楽しみで仕方ないです。


★マーサ【賀来千香子】
リュカの母であり、パパスの妻。魔物にさらわれ、現在は消息不明。

【賀来千香子コメント】
ドラゴンクエストは、長い間、幅広い支持を得て、沢山のファンを魅了し続けている特別な作品ですよね。この壮大なストーリーに私も参加させていただける事を本当に光栄に思っています。マーサは"正しい人”という印象です。慈愛に満ち溢れ、ゆるぎない強さを秘め、不思議な能力を持った選ばれた存在—。そういう雰囲気が出せたら…、と思いました。山崎総監督をはじめ、素晴らしいスタッフに見守られ、素敵なキャストの皆様と収録をしているうちに、私自身、何かほとばしるような、不思議な感覚にとらわれました。おかげ様で私にとっても、”特別な作品”になりました。

映画情報どっとこむ ralph リュカを取り巻くキャラクター達がどのように表現されているのか?

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

8月2日(金)全国東宝系にてロードショー


公式HP:
https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE
***********************************


原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キャスト:
佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝
©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


主人公は佐藤健『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ボイスキャスト決定


映画情報どっとこむ ralph 1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。

現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

監督に八木竜一・花房真、原作・監修に“ドラゴンクエストの生みの親”堀井雄二、音楽にゲームの人気を支えてきたすぎやまこういちの楽曲を使用することも決定しており、この夏一番の超大作として既に大きな話題となっております。

映画情報どっとこむ ralph
そしてこの度、遂に本作のボイスキャストが解禁!

“父との別れ”、“運命の相手との出会い”、など多くの試練を乗り越え、“家族と共に魔王の復活を阻止するために旅をする”勇敢な主人公・リュカ役にNHK連続テレビ小説「半分、青い」での活躍も記憶に新しく、常に第一線を走り続ける佐藤健が決定!

【佐藤健コメント】
調べたところ、天空の花嫁は僕が3歳の時に発売されたようです。ゲームっ子だったぼくは多分小学生の時だったかな?夢中になって遊んでいました。今回の脚本は映画としての最後の終わり方以外は基本的にゲームに沿って進んでいきます。しかしこの普遍的なストーリーは、今読んでも決して古く感じることなく、当時と同じ様に僕の心を震わせました。まず当時、ここまで物語がしっかりとしているゲームなんてないわけで、その時点でドラゴンクエスト凄いなと改めて思ったわけですが、この時代に映画の脚本として生まれ変わってもなお色褪せぬこの魅力。あっぱれドラゴンクエストです。そんなドラゴンクエストの主人公の声を務めさせて頂くということで責任重大なわけですが、どうなのでしょう、不安です。しかし佐藤なんかに任せてらんねえよという方にも是非この映画を観に来て頂きたいのです。何故ならこの物語の主人公は僕が演じた“リュカ”ではなく、紛れもなく今の時代を生きる“あなた”なのですから。

と語るなど並々ならぬ覚悟でアフレコに臨みました!

映画情報どっとこむ ralph 更に、“リュカの二人の運命の相手”、幼い頃に共に冒険をし、成長して強く美しい女性として再会を果たすビアンカ役に有村架純。

【有村架純コメント】
長年愛されて続けている作品ですし、ファンの方々がたくさんいる中、自分が参加して良いものか不安もありましたが、ドラマチックなストーリー、プレイヤーにも寄り添った構成に惹かれ挑戦させていただきました。山崎総監督のもと、佐藤健さんと掛け合いをしながら収録できたので、現場で生まれた空気感や、リュカとビアンカの距離が少しずつ縮まっていく様子が、声を通して少しでも伝わってくれると嬉しいな、と思います。
ビアンカは、気が強くはすっぱな部分もあるけれど、心の隅でリュカを想う乙女な心も持った魅力的な女性です。寛容で肝っ玉だからこそどんなことも受け止め、立ち向かう芯の強さを大切に、ブレることのないよう演じました。


こちらも主人公の幼馴染でサラボナの町中の男性の憧れの聡明な女性・フローラに波瑠が挑みます!

【波瑠コメント】
私はそこまで色々なゲームソフトで遊んでこなかったので、プレイしたことはないのですが、やっぱりゲームをやってる友達のほとんどがドラゴンクエストが好きなので、それが印象的です。たくさんの人に愛されてきた作品だなと思います。とても豪華なキャストの皆さんの中に入るのはとても恐縮しました。たくさんの人の心の中に、それぞれのドラゴンクエストがあると思うので、丁寧に取り組みたいと思いました。今回演じるのが、全ての男性が憧れるお嬢様の役なんて、と驚きましたが、ご一緒した佐藤さんをはじめとしたキャストの皆さんに引っ張ってもらいながらどうにか収録できました。あんなに可憐なお嬢様が私の声で喋っているのはすごく不思議な感覚です。


そして、リュカと共に魔物につかまって奴隷とされてしまう王子・ヘンリーを坂口健太郎。

【坂口健太郎コメント】
ドラゴンクエストシリーズは大好きで、ほとんどの作品をやってきましたが、中でもVは、何度も繰り返し遊んだ思い出があります。ドラゴンクエストというゲームの映画化、どんな世界になるのか、想像がつきません。だからこそとても楽しみです。V自体はとても好きな作品だったので、まさか自分がヘンリーの声をさせていただけるとは。と驚きました。わがままな王子だったヘンリーが、大人になって立派な姿になる。そこを声で表現するのが難しかったです。


リュカの自慢の父親・パパスには「勇者ヨシヒコ」でドラゴンクエストファンの心を虜にした山田孝之が決定!

【山田孝之コメント】
以前「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」にも声で参加させて頂きましたが、
今回の「ユア・ストーリー」でも同様、声だけでの表現は難しいなぁと思いました。
大好きなパパスのプレッシャーは半端ではなかったです。しかし、もし私が主人公の声を演じるとなった場合、演技プランが1つしか思い浮かばないのでパパス役で助かりました。完成を非常に楽しみにしています。
ヨシ、いや、山田孝之より。


その他、ケンドーコバヤシ、安田顕、古田新太、松尾スズキ、山寺宏一、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎など超豪華俳優陣の出演が決定しています!

映画情報どっとこむ ralph まさに日本を代表する錚々たるキャスト・スタッフが集結しました。
夢のスタッフがパーティを組んで、伝説的名作に新たな生命を吹き込み、あの感動をスクリーンに鮮やかによみがえらせます!

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』
映画公式サイト:
https://dq-movie.com/
公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE



***********************************

原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キャスト :佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝

©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.