「松坂桃李」タグアーカイブ

吉高由里子主演『ユリゴコロ』に松坂桃李、松山ケンイチら追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 主演に吉高由里子を迎え、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたした沼田まほかるのベストセラー『ユリゴコロ』を原作に熊澤尚人監督が映画化。

ある一家で見つかる、殺人者の告白文が綴られた一冊のノート。そしてその登場人物、吉高由里子演じる美紗子を中心に過去と現在が交錯しながら、登場人物たちが愛と宿命の渦に翻弄されていく物語。

そしてこの度、松坂桃李 松山ケンイチ、清野菜名、木村多江、清原果耶、佐津川愛美、木村多江ら追加キャスト発表!

映画情報どっとこむ ralph その中で、熊澤尚人とは『親指さがし』以来、2度目のタッグとなる松山ケンイチは、吉高由里子演じる美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介役に。

誰にも言えない罪、心の傷を抱えながら生きる、色気と繊細さが同居したキャラクター。松山が、その圧倒的な表現力と存在感で演じます。

松坂桃李は、物語が動き出すきっかけとなる一冊のノートを見つけ、その秘密に迫っていく男・亮介役に。余命わずかな父の書斎で見つけた、殺人者の記憶が綴られたショッキングなノート。「これは事実か創作か?」「いったい誰が、何のために書いたのか?」「自らの家族とどんな関係があるのか?」数々の疑念を抱きながらも強烈にそのノートに惹き寄せられ、自らの運命を狂わせていく役どころです。

宿命に翻弄されるキャラクターをどのように生き、どんな姿を見せてくれるのか。


さらに、ある日突然に亮介(松坂桃李)の前から姿を消してしまう婚約者・千絵役には清野菜名。

そして、千絵(清野菜名)の元同僚で、彼女からある伝言を預かり亮介(松坂桃李)の前へ姿を現す謎多き人物・細谷役を、木村多江。

また、生まれながらに“人間の死”へ本能的な衝動を感じ、そこから逃れる術を持たなかった美紗子(吉高由里子)の若き日を清原果耶。

美紗子(吉高由里子)が特別な感情を抱く友人・みつ子役を、佐津川愛美が演じるなど、女優陣が本作を鮮やかに彩り、豪華キャスト陣がズラリと集結。

映画情報どっとこむ ralph
映画『ユリゴコロ

公開日は9月23日(土)。

ノートに綴られた物語へ出演する吉高由里子・松山ケンイチ・佐津川愛美・清原果耶は昨年9月初旬~10月中旬に撮影を終了。ノートの秘密へ迫る<現在パート>へ出演する松坂桃李・木村多江・清野菜名らは本年6月下旬から撮影に入ります。過去と現在が交錯する物語をコントラスト強く表現するため、画のトーン、現場スタッフなどを変更。撮影時期もあえてずらし、二部作的スケール感の制作体制を敷いています。

yurigokoro-movie.jp

***********************************


吉高由里子
松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫)  
脚本・監督:熊澤尚人  
企画・製作幹事:日活 
制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
製作:「ユリゴコロ」製作委員会 
配給:東映/日活
©沼田まほかる/双葉社 
©2017「ユリゴコロ」製作委員会 


白石和彌監督最新作『孤狼の血』製作発表記者会見


映画情報どっとこむ ralph この度、柚月裕子先生の小説が『孤狼の血』が映画化。その製作が決定し、製作発表記者会見が行われました。

監督は『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総嘗めした白石和彌。

主演を務めるのは日本を代表する俳優 役所広司。

更に松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介ほか日本を代表するキャストで映像化されることが発表となりました。


製作発表会見のご案内
日程:4月3日(月)
場所:グランドハイアット東京 グランドボールルーム
登壇:役所広司、松坂桃李、真木よう子、石橋蓮司、江口洋介、白石和彌監督、原作者 柚月裕子

映画情報どっとこむ ralph 物語の舞台は暴対法成立以前の広島・呉原市。暴力団系列の金融会社社員失踪事件をきっかけに捜査する警察。暴力団組織間の激しい抗争を描いている本作は、≪警察小説 × 『仁義なき戦い』≫と評されています。

原作の柚月先生と白石監督がまず登壇。

孤狼の血を書くきっかけを聞かれた柚月先生は
柚月先生:東映さんの『仁義なき戦い』が大好きで、いつかこんな熱い物語を執筆したいと思っていて実現できました。映画化に関しては、ミステリーの部分と昨今の表現コードで描くことが出来るのかとの思いはありました。リサーチは、人物取材は難しくて、書籍を読み込んで行いました。脚本を読んで、役所さんの大上怖い!って思いました。
白石監督:柚月先生の孤狼の血が映画化されることだけでもわくわくしていましたが、僕自身が監督できるということで興奮しています!本を読んで昭和の男たちの情念がぶつかり合った熱き物語が日本で最近描けなくなった作品だなと思っていたら、こんな美人の先生で、そちらが衝撃的でした。いま、作ることが出来なくなった作品。ですが韓国ノアールが海外で作られているのが悔しくて。その核心でやりたいことが出来る作品に巡り合えたなと思っています。コンプライアンスとかで逃げずに撮影したいと思います。

と、監督の熱き思いを語られて記者会見はスタートしました。

映画情報どっとこむ ralph
役所さん:捜査のためなら悪魔にでも魂を売る刑事役、このテイストなら白石監督しか日本にはいないと思っています。広島の呉弁に悪戦苦闘しています。脚本を読ましていただいて、原作のハードボイルドに足して、白石さんのテイストが加わって、さらにアウトローな激しいものになっています。しかし、警察もやくざも一生懸命生きていて、人間臭くユーモアもあって、大上の正義がどう伝わるのか楽しみです。

松坂さん:白石さんとは先日まで一緒にやっていてとんでもない方だなと思っていました。こんなに胸熱くなる作品で監督とご一緒出来て光栄です。そして、本作ではバディーとしてがっつり共演できる役所さんに必死に食らいついていくつもりです。

役所さん、松坂さんのやり取りでは、CM共演の話で盛り上がり、監督が時間の余裕を作ってくれたら飲みに行きたいとの発言に「絶対作ります!」とすかさず回答する監督。


映画情報どっとこむ ralph 真木さん:男の人の映画でカッコいいなと。。私が男優ならやくざの方でやりたかったですけど、今回の役も割と気合の入った女性なので格好の良い女を演じたいと思っています。脚本を読んだら役所さんの役柄がかっこよくて楽しみにしています!

石橋さん:台本をいただいた時に自分の役名が難しくて読めませんでした。組長を演じます。(役作りを聞かれると)警察の方の心を忖度しまして。。。争いごとの内容に安心安全に協力していきたいと思います!

と、ボケに徹する強面の石橋さん。

江口さん:今回若頭をやらせていただきます。かなり刺激的な作品になるのではと思っています。(役作りに関して)現場や人にインタビューするのは難しい役柄なので・・・なんとなく街を歩きながら、そういう人を見つけて観察してます(笑)仁義なきから時代を経て、今。どういう立ち位置なのか・・・・と考えつつ。広島弁を聞いている感じです。

しかしながら、すでに役が入っているのか終始苦虫をかじっているような表情の江口さんでした。

映画情報どっとこむ ralph
白石監督:最高のキャストです。早く呉に乗り込んで撮影で暴れたいなと思っています!

と4月の中旬からのクランクインが待てないご様子の監督でした!

平成の時代に敢て、血湧き肉躍る昭和の男たちの熱き物語を打ち出すことは暴挙なのか?
新たなる日本映画の幕開けなのか。日本映画界を代表するスタッフ・キャストを集り、東映が贈る渾身の作品が、ついに始動―。

『孤狼の血

2018年 SPRING ROADSHOW

***********************************

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 田口トモロヲ 石橋蓮司 江口洋介ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(KADOKAWA)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


白石和彌監督が大人ラブストーリー『彼女がその名を知らない鳥たち』


映画情報どっとこむ ralph ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかる先生の 20 万部を超える人気ミステリー小説、「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫・刊)がついに映画化『彼女がその名を知らない鳥たち』。通称を“かの鳥”と、するようです。

監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌さん。

ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑みます。

先日発表された主演の蒼井優、阿部サダヲの二人に続き、松坂桃李、竹野内豊をはじめ、

村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅうといった豪華な全キャスト情報が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李さん演じる水島は、高級デパートの時計売り場主任。端正なルックスと柔らかな物腰、一見誠実そうな風貌ながら、その実、自分の性欲のためだけに動いており、ロマンティックな夢や趣味を臆面もなく語るが内容は薄っぺら。十和子と不倫関係となる最低の男です。

松坂桃李さんのコメント

【自身の役柄について】
「水島真と書いて、ペラペラぺラ男と読む。薄っぺらい男だと思いました。」

【白石組初参加の感想】

「油断のできない現場でした。台本を読んだだけでは想像ができないことが現場で次々と襲い掛かってくる。巻き起こるんじゃなくて襲い掛かって来るんです。すごく面白い体験でした。」

【蒼井優さんとの初共演について】
「蒼井さんは「すごい」の一言。数々の作品の先頭に立って、走って、何かを残して続けてきた人のすごさを、お芝居を通して体感できました。とても貴重で有難かったです。僕は映像作品で初めての濡れ場だったのですが、相手が蒼井さんというのはとても光栄でした。」

映画情報どっとこむ ralph 竹野内豊さん演じる黒崎は、十和子の昔の恋人であり、スマートで羽振りもよく女性を喜ばせる所作に長けているが、上昇志向が強く、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない男。十和子と別れる時に、彼女の体にも心にも残る手ひどい仕打ちをした、水島に引けを取らない最低の男です。

竹野内豊さんのコメント

【自身の役柄について】
「救いようのない人物でしたので、役柄に対し共感出来る要素は一つもなかったです。黒崎を演じるにあたり、この人は幼少期からどの様な人間関係の中で、どんな人生を辿って生きて来たのか、時折ふと思い浮かべていました。そして、初めて白石監督とお会いした時、役柄について相談した所「黒崎は最低で最高です!!」と意味不明な事を仰っていて、この人面白いなーと思いチャレンジしてみたくなったんです。救いようのない役に挑む事で、白石監督に私が救ってもらいたかったのかも知れません(笑)」

【蒼井優さんとの初共演について】
「僭越ながら、表現の場は様々な誘惑も多く、自意識過剰になって必要以上な欲をつい出したくなりがちで、私自身、大切な事を見失った苦い経験が幾度となくありました。蒼井さんは役者である前に、人として生きて行く指針をご自身の中にしっかり持っていらっしゃる方。だからこそスクリーンの中に映る蒼井さんは偽りが見えない…そう思います。近い未来で、また別の役柄を演じる蒼井さんをぜひ目の前で拝見したいです。」

映画情報どっとこむ ralph 白石和彌監督コメント

「今ノリに乗ってる松坂さんにこれ以上ない軽薄な男の役をお願いしました。とても誠実に演じて頂き、薄っぺらい男が不思議と奥深く魅力的な人間になりました。クズはクズなんですが。松坂桃李、さすがです。
竹野内さんもいつもとは真逆な男の役でしたが、これほど最低なクズが似合うとは思いませんでした。編集で何度も見ながらニヤついてしまいました。私の映画に出てくるクズなキャラクターの中でも断トツの酷い男です。それでもカッコイイ竹野内豊をスクリーンで見て頂けると嬉しいです」

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。

そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。

どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

公式サイト:kanotori.com

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎刊)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会 
2017/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】
    


MOVIX仙台に松坂桃李、菅田将暉ら登壇!「キセキ -あの日のソビト-」


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く、2つの夢を追いかける本当にあったキセキの青春物語、映画「キセキ -あの日のソビト-」。

このたび、劇場にキャストを呼ぶ投票キャンペーン「キセキを呼ぼうキャンペーン」で1位に輝いたMOVIX仙台にて、大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、ヒデの兄であり、プロデューサーを務める・ジン役の松坂桃李さんと、グリーンボーイズのリーダー・ヒデ役の菅田将暉さん、グリーンボーイズのナビを演じる横浜流星さん、同じくクニ役の成田凌さん、ソウ役の杉野遥亮さんが登壇しました。

映画『キセキ ―あの日のソビト―』大ヒット御礼舞台挨拶
日程:2月12日(日) 
場所:MOVIX仙台
登壇:松坂桃李、菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮

映画情報どっとこむ ralph 「道」合唱の中、客席を合間をぬってキャストが登場!登壇者が現れるなり、会場を埋め尽くすほどの観客の大きな歓声が起こりました!


松坂さん:本当に仙台の皆さん有難うございますッ。4万5千票、すさまじいですね。

菅田さん:(真・黄緑のスーツ着用)今日はグリーンでなく、ずんだカラーです。“ずんだまさき”です。

横浜さん:本日は最後まで楽しんでいきましょう!

成田さん:4万5千強票を代表して、今日ここにいる運のいいみなさん、その票分楽しんでいきましょう。

杉野さん:今日は寒い中足を運んでいただき、有難うございます!短い時間ですが楽しい時間を過ごしましょう。

監督:仙台の皆さん呼んで頂き、有難うございます!。

映画情報どっとこむ ralph 仙台でこれが好きだったというもの上げてほしいという質問に、

菅田さん、成田さん:ずんだシェイクがめちゃくちゃ美味しくて、芸名変えようと思った。

とご満悦。

映画公開を受けて反響に対する質問に

監督:40年ぶりに幼馴染から家族で見ましたよと連絡がきました。

と感慨深い様子。


戦国武将キャラ「ねこまさむね」くんからさらなるヒット祈願として触れるとキセキが起こる”と言われる愛刀で、キャストがまさかの正座で注入される展開へ!

最後はなぜか“喝”を受けた杉野遥亮だけ、斬られる効果音が発生!

杉野さん:超痛かった~

と苦笑い。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

菅田さん:ずっとグリーンボーイズとして“道”を歌いたいと思っていて、今日初めてみんなで歌えていい最後になったと思いました。

松坂さん:心から感謝しています。今日ここで一旦、舞台挨拶が終わりますが、皆さんの応援と愛情の支えで、ここ仙台で(舞台挨拶が)できたことを嬉しく思います。

映画情報どっとこむ ralph 追加情報・・・・

実はこの日、舞台公演のため1回目の舞台挨拶の登壇は予定のない横浜は_等身大パネルでの参加予定だったのですが・・・・

滑り込みで舞台挨拶終盤に登場!

登壇中のキャストとハイタッチで舞台に登壇!!
思わぬサプライズで会場がさらはさらにヒートアップ! 横浜が揃ったところで改めてアカペラで「道」をパフォーマンスするダブルサプライズにファンは大盛り上がり!

松坂さん:(1回目の舞台挨拶に)間に合ったことがキセキ!

横浜さん:ありがとうごございます、間に合ってよかったです!

と笑顔でファンに答えたそうです。

キセキ ―あの日のソビト―

は1月28日より全国にて大ヒット公開中。公開館数172スクリーンながらも興行収入10億円超えが確実視されています!




公式HP:
kiseki-movie.com

公式Twitter/公式Instagram:
@kiseki_movie

過去記事:
キセキの大合唱に迎えられ、松坂桃李、菅田将暉ら登壇!『キセキ』初日!
eigajoho.com/?p=61960


***********************************

出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹 / 麻生祐未、小林薫

監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし
音楽:GReeeeN 主題歌:GReeeeN「ソビト」(ユニバーサル ミュージック)
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
製作: 「キセキ -あ日ソビト-」製作委員会
製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
配給:東映
(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会
    


松坂桃李、菅田将暉 が正座!父との対峙シーン解禁『キセキ』


映画情報どっとこむ ralph GeeeeN名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉ダブル主演で描く輝石 物語、映画「キセキ -あの日のソビト-」は、全国大ヒット上映中ですが・・・。

この度、緊張感張りつめるジン(松坂桃李)とヒデ(菅田将暉)父親と対峙シーン場面写真が解禁

誰もが知る国民的大ヒットソング「キセキ」。人々心を掴んで離さないこ曲誕生裏に何があったか!?

本作、名曲誕生にまつわる本当にあったキセキ物語。松坂桃李 演じるジンと菅田将暉演じるヒデ、二人兄弟を中心に家族と仲間と間で起こる様々な迷 いと衝突中で、自分進むべき道を切り開いていく姿を描き出した青春ストーリー。

厳格な父と優しい母もとに生まれたジン(松坂桃李)とヒデ(菅田将暉)兄弟。メタルバン ド「ハイスピード」としてメジャーデビューを目指し、音楽で生きていくことを決意したジン、 音楽を一切認めない父・誠一と衝突し家を出る。

医師誠一、息子たちにも人を助ける仕事に就いてほしいと願い、ヒデはその望みに報いようと努力するが、仲間と音楽魅力に純粋に引き寄せられ・・・。両親期待に応えたいし、父が音楽活動を許すはずもない。で も自分夢も叶えたい。ジンがヒデ思いと自身願いを実現させるために考え出した秘策、それがメンバー顔出し一切NGでCDをリリースすることだった。顔出し無し歯医者 と両立ため、そして怖い父親対策だった。

劇中に、父・誠一が、ジンを殴る、ジンに掴みかかるを母親が割って入って止める、さらに日本刀を手にするなど、まさに恐ろしい修羅場もあり、

松坂さん:小林さんがスタンバイしているセットに行く異空間に入っていくような不思議な感覚で(笑)、ここから先覚悟して本気でいけよと気が引き締まりました。

と振り返ります。

映画情報どっとこむ ralph そして、ジンとヒデがそれぞれ父親と一 対一で話すシーンは台本にも書かれていないのに、二人とも正座しています。


松坂さん:後で(菅田正座しているシーンを観て)驚きました。僕も菅田も小林さん威厳ある父 親感に圧倒されたかもしれません。ふたりがあらためて兄弟なんだと実感できました。

と話しています。

父親役小林さんは

小林さん:息子たちから見た父親怖い人だったかもしれないけど、昭和的な男「人生厳しいもんだ」とい うところで生きているから、他人に対しても厳しく接さざるを得ないんだと思う。そういう一面も感じてもらえたらいいです。

そんな父親と対照的に、天性明るさで一家を温かく照らす母親、麻生祐未が演じている。妻として夫考えを尊重しつ つ、音楽道を進むふたり息子を優しく見守る。

父親ふたりにとって大きく立ちだかる壁に違いないが、

松坂さん:ジンも「親に認めてもらいたい」という思いもあったかなと 思います。

と松坂自分自身に重る。俳優業に反対した父親と喧嘩して家を出たという似た経験を持つ松坂、映画 中ジンと父親やり取りを観て、あらためて、自分が親に認められたい気持ちをずっと持っていたことに気づかされたよう。

菅田さん:二兎を追うもが二兎を得てしまったすごい人たち話。でも本当にすごい、それが両親ことを一 番に考えた選択ということ。僕そこに、希望を感じました。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 顔出し無しでデビューした息子たちに果たして親子関係変化がどように描かれるかも注目です。

全国大ヒット上映中!



過去記事:
キセキの大合唱に迎えられ、松坂桃李、菅田将暉ら登壇!『キセキ』初日!

http://eigajoho.com/?p=61960

***********************************

出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹 / 麻生祐未、小林薫

監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし
音楽:GReeeeN 主題歌:GReeeeN「ソビト」(ユニバーサル ミュージック)
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
製作: 「キセキ -あ日ソビト-」製作委員会
製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
配給:東映
(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会