「松坂桃李」タグアーカイブ

『パディントン2』日本公開決定!松坂桃李ら声優陣の続投も決定!


映画情報どっとこむ ralph かわいすぎる映像&松坂桃李ら豪華声優陣の続投も決定!

全世界で大ヒットを記録し、日本でも2016年1月に公開され“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』が、続編『パディントン2』として2018年1月に日本公開が決定!特報映像が解禁となりました!


解禁された映像には、紳士な佇まい、クリクリした目、そして思わずさわりたくなるようなもふもふした毛並みのパディントンの姿が再び!大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日にプレゼントを買うため、“窓拭きバイト”に挑戦するも、洗剤を頭からかぶってしまう相変わらずの“おっちょこちょいな”一面はもちろん、不思議な出来事が街中で起こるなか、お馴染みのブラウン一家とともに大事件を追いかけるパディントンの可愛らしい姿に、再び日本中が笑いと感動に包まれます!


映画情報どっとこむ ralph 前作でニコール・キッドマン演じるミリセントに命を狙われたパディントンでしたが、続編でまたしても身の危険にさらされてしまいます。今作でパディントンを狙う敵役、フェニックス・ブキャナンを演じるのは、英国の人気俳優、ヒュー・グラント。<虚栄心が強く、チャーミングで、かつては人気だったが最近は落ち目の俳優>というブキャナンを、グラントがどう演じるのか注目されます。

映画情報どっとこむ ralph さらに、前作に引き続き、超豪華日本語版声優陣の続投も決定!

パディントンのように礼儀正しく、好青年でありながら、チャーミングな印象がパディントンにぴったりな松坂桃李さんはじめ、親切なブラウンさん一家の父・ブラウンさん役に古田新太さん、母・ブラウン夫人役に斉藤由貴さん、そして一家の長女でしっかり者の勉強家ジュディに三戸なつめさんが、再び声をあてます。各キャストから、続投への喜びのコメントも届きました!

パディントン:松坂桃李コメント
日本公開が決まり、素直に嬉しいです。
アフレコはこれからになりますが、紳士でおっちょこちょいなパディントンが今回はどんなことをしてくれるのか、成長しているのか、相変わらずなのか、
今から楽しみで仕方ありません。皆様にパディントンのパワーアップした世界をお届けできるよう、全力で言葉を吹き込んでいきます。

ブラウンさん:古田新太コメント
またあの礼儀正しい彼に会えるのか。これは楽しみだ。いろんなスマイル、トラブル、サプライズを起こしてくれるのだろうな。お父さんとしては、イライラとワクワクしかないな。

ブラウン夫人:斉藤由貴コメント
パディントンのpart2が製作されるとのこと、また声の参加ができること、とても嬉しいです。
ミセスブラウンは優しくて温かいお母さんであると同時にアーティストで、独特の美的センスの持ち主で、ちょっと変わり者で(笑)大好きなタイプです。ある意味、共通点も多いし、なんというか共感出来るところが多く、親しみを感じています。イギリスの持つ独特な品の良い空気感が作品全体を包み、パディントンの紳士ぶりが作品を観る側の背中をしゃんとさせ、なのに同時にそのおっちょこちょいぶりにホッとさせられ…この作品に関わることで、私もいろんな「心のプレゼント」をいただけます。今回はどんな素敵なプレゼントをいただけるのか、今から楽しみです! 

ジュディ:三戸なつめコメント
パディントン2が日本でも始まると聞いた時からすごく楽しみにしていました!本当におめでとうございます!あの可愛いパディントンにまた会えるのが楽しみでしかたありません!そして今回もジュディの吹き替え声優をさせていただける事とても嬉しく思います。パディントン2ではどんなジュディを演じられるか、ワクワクしてます。口グセのキモイ病はなくなったかな?とかトニーとは今も仲良くやってるのかな?とか考えるだけで口元が緩みます。たくさんの方にパディントンを見ていただけるように頑張ります!宜しくお願い致します!

映画情報どっとこむ ralph 『パディントン2』あらすじ

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている…!

2018年1月 全国ロードショー!

公式サイト:paddington-movie.jp 

***********************************


吉高由里子『ユリゴコロ』主題歌 Rihwa の「ミチシルベ」に決定


映画情報どっとこむ ralph 主演に吉高由里子を迎え、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたし、出版業界の事件と呼ばれる“まほかるブーム”を巻き起こした沼田まほかるのベストセラー原作の映画化『ユリゴコロ』。
松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶に加え木村多江、そして、松山ケンイチと、人気・実力を兼ね備えた豪華俳優陣の出演が集い、熊澤尚人監督が、これまでの作品とは一線を画す美しき衝撃作に挑みます。

この度『ユリゴコロ』の主題歌がシンガーソングライターRihwaの「ミチシルベ」に決定!!
壮大なスケールのストリングス、そして悲しくもどこか温かいピアノの旋律に、Rihwaのハイトーンで伸びやかな歌声と映画の為に書き下ろした切ないストーリーを紡ぐ歌詞がとても印象的な楽曲となっています。

今回、主題歌を担当することが決定した際、スタッフとハイタッチで喜んだというRihwaは曲を作るにあたり

Rihwaさん:愛することや生きていく上での困難、誰にも理解してもらえない孤独を映画を見た後に、音楽を通して共感していただけるような曲作りを目指した。

とのこと。

映画情報どっとこむ ralph この主題歌決定について主演の吉高さんは

吉高さん:映画の雰囲気や世界観に沿った素敵な言葉が歌詞に散りばめられていて、これは美紗子の気持ち、これは洋介の気持ちなのかなと想像しました。壮大なラブストーリーを感じさせる曲を主題歌に書き下ろして頂き、とても嬉しい気持ちです。

とコメントを寄せています。また、

熊澤監督:Sarah McLachlan の楽曲のような、ソウルフルな女性ヴォーカルが主題歌のイメージとしてありました。Rihwa さんから発せられる力強い声質が、そのイメージと私の中で重なったのが、ぜひお願いしたいと思った決め手です。 「吉高さん演じる美紗子の目線と松坂さん演じる亮介の目線、どちらの気持ちも代弁している楽曲を書き下ろして欲しい。」それが私からのお願いでしたが、非常に映画とシンクロした、期待以上の楽曲を作り上げて頂き本当に嬉しく思っています。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph ユリゴコロ 
-それはいのちの拠りどころ。-

容赦ない愛と宿命の物語が、いま静かに動き始める。

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。

そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。

誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。

数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。

yurigokoro-movie.jp


吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李ら ネタばれNGミステリー『ユリゴコロ』会見
eigajoho.com/?p=76496



***********************************

吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫)  
脚本・監督:熊澤尚人  
企画・製作幹事:日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
製作:「ユリゴコロ」製作委員会 
配給:東映/日活
©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員会


吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李ら ネタばれNGミステリー『ユリゴコロ』キックオフ


映画情報どっとこむ ralph 沼田まほかるのベストセラー・ミステリー『ユリゴコロ』を熊澤尚人監督で完全映画化。

美しき衝撃作を吉高由里子さん、松坂桃李さん、佐津川愛美さん、清野菜名さんに加え、木村多江さん、そして松山ケンイチさんで制作。9月23日(土)より全国公開となります。
過去と現代、二つの物語が同時進行する本作は、昨日7月8日に全撮影を終了。その完成に先立ちキックオフ会見が行われました。

『ユリゴコロ』キックオフ会見
日程:7月9日
場所:東京国際フォーラム
登壇:吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、木村多江、熊澤尚人監督

映画情報どっとこむ ralph
熊澤監督:昨日の夜8時くらいにクランプアップしました!やっと現代編と過去編あがりましたので、これから完成に向けて頑張りますのでご期待ください。

熊澤監督が、本作のオファーを受けたときの気持ちと過去編と現代編を別に撮影したことに関して。
熊沢監督:映像化を何チームも狙っていてアプローチしていた原作そういわれていたのですが、どうしても映画にしたくて。こういう形で撮影しました。俳優陣の知力も体力も奪う撮影が続き、難しい映像化をすばらしい俳優陣の演技で不可能が可能になりました。

と、キャストの頑張りを称賛。

台本を貰って
吉高さん:脚本を読むのに時間がかかる方ですがあっという間に読んだ作品。殺人をする役をやってこなかったので、興味がわいて是非やりたいなと。現代パートと合わさってどういう相乗効果が生まれるのか早く見たいですね。今、こうして並んでますが・・・全然親近感わかないです。それぐらい交わってないので、早く映像が見たいです!

松山さん:僕も由里子ちゃんも佐津川さんも去年の9、月10月の撮影で久し振りに話していて、有意義な撮影を思い出しているところです。出来上がる作品を楽しみにしています。ミステリー台本。今まで演じてきたものと違いますが、僕の好きな90年代の臭いがして好感が持てて。由里子ちゃんだし、熊澤さんだし・・すごく、新しいもの得られるんじゃないかなと。オファー受けました。過去編先に撮って楽でしたよね。気にしないで自由で!好き勝手やりましたから。

佐津川さん:すごく吉高さんの役にも自分の役にも共感してしまって。魅力的で演じると病みそうかなと思いましたが、是非この作品の中に入りたかったんです。

と、昨年10月に撮影が終わっている過去パートの方々。

映画情報どっとこむ ralph 一方、現代パートは昨日クランクアップ。

松坂さん:昨日撮影終わりました!僕は過去編のダイジェストは観ないで撮影に臨みました。台本のト書きで想像しながらワクワクしながら臨みました。ミステリーですが、いろいろな愛のある作品です。撮影終わって実感しています。

清野さん:台本を読んでいると、松坂さんの役に同調して同じ心拍数になるくらいのめりこみました。精神的ミステリー。恋人役は不安でしたが、松坂さんの演技の熱量を浴びて、高揚しましたし、自分との精神的格闘でもありました。そんな撮影時に桃李さんにリードしていただきました。

木村さん:脚本をいただいて、行間から匂い立つものがあって。過去編のダイジェストが素晴らい空気感が出来上がっていて、現代編での空気感を撮影に入りました。過去・現代の相乗効果が生まれると確信しています。
映画情報どっとこむ ralph 過去パートの印象は?
吉高さん:共演者がどんどんクランクアップしていってしまって(笑)う・・・何も言えない。で、ずっと長い時間いてくれたのが松山さんで・・待合室で一人じゃないのは、ほっとしました。

松山さん:由里子ちゃん。ずっと前から癖の強い女の子だなと思っていて。そういうの大好きで。今回ちゃんと共演出来て嬉しかったです。ミステリーなのにギャグ?なシーンもあるし。二人ともずっとすっぽんぽんなところもあるしね。

吉高さん:ずっとすっぽんぽんでしたね。。。ずっと金太郎!
どういうシーンになったのかは、彼らにもわかっていないようなので、映画をチェックするしかなさそう。

吉高さん:佐津川さんの目が凄くって。すごいパワー貰いました。

佐津川さん:拒食症の役だったので、ダイエットして、撮影時も血の気が無いように食べてなくて、でも、ハードな時に吉高さんが、サラダとゆで卵買ってきてくれて。好き!って思いました!優しいんです。大好き!


一方で昨日終わったばかりの現代編。撮影の状況は?

松坂さん:割りとタイトで、凝縮した感じで行われました。結構大変なシーンも夜が明けるぞ!が多くて。ですよね。監督。なかなか嵐がやってくるような現場でしたが、楽しかったです。内容が言えないんですけど!あれがこうであれがそうでこう!みたいな。楽しかったです。

清野さん:オムレツ作りました!作ったやつがケータリングの脇に置いてあったんですけど。。。(松坂さん:誰も食べてくれなかったね)

と、ちょっと残念そう。
木村さん:監督が朝にはなりませんからって!だんだん外青白くなってきて・・・久し振りに「いつか終わるいつか終わる」って心の中で唱えました。内容は。。あれはこうしてこうなんですけど。過去編に負けないぞ!という気持ちがうまく気持ちが一つになりました。いろいろな桃李君が見られますのでご期待ください!

最後に
吉高さん:現代パート昨日撮影終了のほやほや。過去パートと現代パートが2か月後に化学反応を起こしているのか期待しています。9月23日。劇場に足をお運びください!


ストーリー

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

yurigokoro-movie.jp

***********************************

吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫)  
脚本・監督:熊澤尚人  
企画・製作幹事:日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
製作:「ユリゴコロ」製作委員会 
配給:東映/日活  
©沼田まほかる/双葉社 
©2017「ユリゴコロ」製作委員会 


『孤狼の血』制作現場から役所広司 松坂桃李 江口洋介コメント


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年春公開予定の映画『孤狼の血』より、主演である役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、江口洋介の製作現場でのコメント、写真素材が解禁されました。

監督は、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総なめにした白石和彌。

<警察小説×『仁義なき戦い』>との呼び声高い本作に、今から目が離せません!

撮影場所は物語同様、広島県呉市。昭和63年当時を彷彿とさせる町並みの中で、4月17日よりクランクインし、5月20日にクランクアップ。

映画情報どっとこむ ralph 今回、主人公である大上章吾を演じる主演の役所広司さんは撮影を無事終えた感想について、
役所さん:楽しかったですね。白石監督も終盤に差し掛かるにつれ て(撮影が)粘り強くなってきて、現場が深夜までかかる日も増えましたけど、ずっといい雰囲気だったし、俳優・スタッフ全員が「これはいい映画になるぞ」と いう手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか

と、撮影現場の充実さや仕上がりを期待させるコメントを残した。

同じく、撮影を終えての感想を聞かれた、大上章吾の部下で、日岡秀一を演じる松坂桃李さんは、
松坂さん:とにかく楽しかったです。これまでなかなか体験するこ とのなかった“攻めた現場”でした。その日の現場がどういう感じで進むのか、想像のつかない日々でした。白石監督とは2作目となりましたが、今回は前作 よりもかなりがっつりご一緒することができ、いやー“やっぱり変態だなあ”と思いました(笑)。

松坂さん:でもそんな白石監督の“攻める”感じが僕は大好きなので、非常に充実した撮影となりました

と、非常に現場の雰囲気の良さが伝わってくるコメントを残した。

映画情報どっとこむ ralph 5月14日に行われました、真木よう子さん演じる高木里佳子がママを務めるクラブでの撮影シーンについて、尾谷組の若頭である一之瀬守孝を演じる江口洋介さんは、

江口さん:ここから戦いが始まるかのような、少しでも引いたら負けという緊迫感がありました。それぞれの組織が対立する縮図のようなシーンでした。 『仁義なき戦い』や『ゴッドファーザー』といった名作で見られた人間の生き様が、白石監督の手腕で実に巧妙に、むしろ新鮮に映っていると思います

と、コメント。
さらに、撮影を終えて、

江口さん:完成が楽しみな現場となりました。シーン全て刺激的で“台本を超えているな”という手応えを感じていましたし、全てのシーン が繋がったら、『仁義なき戦い』とはまた違った魅力を持ついい作品になると思います。混乱した時代の中で、自分の精神を貫き通す男たちの生き様がどう 届くのか、今から興味深く思います。

と、今から公開が待ちきれなくなってしまうようなコメント。

映画情報どっとこむ ralph 広島県呉市にて、約1ヶ月に渡った撮影は、5月20日(土)に無事クランクアップ。

キャスト陣、製作陣含め皆、手応えを感じているという本作は2018年春全国 公開予定。
物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化しー。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年春、待望の映画化!


過去記事:
白石和彌監督最新作『孤狼の血』製作発表記者会見
eigajoho.com/?p=67993


***********************************

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 田口トモロヲ 石橋蓮司 江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(KADOKAWA)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会
   


『彼女がその名を知らない鳥たち』WALNUTデザインステッカー付ムビチケ決定!


映画情報どっとこむ ralph ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかるの 20 万部を超える人気ミステリー小説、「彼女がその名を知らない鳥たち」が同名でついに映画化。10月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー 。

メガホンを取るのは、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。
ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑みます。

映画情報どっとこむ ralph この度、7月1日(土)より、『彼女がその名を知らない鳥たち』オリジナル【“かの鳥さん”ステッカー】付きムビチケカードが、各劇場及びメイジャーオンライン(http://major-j.com/)にて発売開始となります!(※数量限定、一部劇場を除く)かの鳥さんが咥えている本作のカギを握るミステリーアイテムであるダイヤのピアスを付けた十和子(蒼井優)の物憂げなシーンの場面写真も合わせて解禁です!
「かの鳥」さんのデザインを手がけたのは、COACHなどの有名ファッションブランドでのイラスト起用をはじめ世界各国のミュージシャンのグッズデザインなど幅広く活躍するイラストレーター・アーティストWALNUT。

共感度0、不快度100の究極の愛の物語であり、行方不明の元恋人を巡るミステリーでもある、一筋縄ではいかない本作を表現し、可愛げのない表情が特徴的の「かの鳥」さんは、蒼井優演じる十和子の持ち物で、劇中の重要なミステリーアイテムとなるダイヤのピアスを咥えているところをイメージして生み出されました。


本作についてWALNUTさんは

★WALNUT さんコメント
こんな蒼井優さん見たことない!!夢見がちなラブストーリーに感情移入できなくなってしまった大人のための、滑稽で不気味で不愉快極まりない、最高に切ない愛の物語。
映画情報どっとこむ ralph ★ムビチケカード情報
彼女がその名を知らない鳥たち』オリジナル【“かの鳥さん”ステッカー】付きムビチケカード(¥1,400)は
7月1日(土)より各劇場及びメイジャーオンライン(http://major-j.com/)にて発売開始。
※劇場一般¥1,800のところ ※数量限定 ※一部劇場を除く

物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める

公式サイト:
http://kanotori.com
公式twitter:
@kanotori_movie
公式Facebook:
@kanotori.movie

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】