「松坂桃李」タグアーカイブ

松坂桃李“娼夫” リョウが出会う様々な欲望を抱く客の女性たち「娼年」


映画情報どっとこむ ralph 石田衣良の恋愛小説が、2016 年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化「娼年」4月6日(金)より全国公開となります。

そして!

この度、松坂桃李演じる“娼夫” リョウが出会う様々な欲望をいだく客の女性たちの場面写真が解禁となります。

女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のオーナー・静香がリョウに、

「女性の欲望はあまりにも広くて、予測不能で圧倒されてしまう」

と語るシーンがあるのですが、まさに様々な女性がそれぞれの欲望や想いを抱えて、
・桜井ユキ 白崎恵役
・馬渕英里何 イツキ役
・荻野友里 主婦役
・佐々木心音 紀子役
・大谷麻衣 ヒロミ役
・江波杏子 老女役

写真上段左から、佐々木心音(紀子役)、桜井ユキ(白崎恵役)、馬渕英里何(イツキ役)
下段左から、荻野友里(主婦役)、江波杏子(老女役)、大谷麻衣(ヒロミ役)

が客として登場。

映画情報どっとこむ ralph また、本作では、リョウと女性たちの物語が展開するたびに東京の主要な都市が映し出される。

その意図について三浦大輔監督は、風景を描くことはできなかった舞台と比べ、

三浦監督:映画では、それが可能なので、作品にリアリティを与える意味でも、東京のいろいろな街を切り取りたかった思いがありました。その効果も相まって、最終的には、現実と非現実がちょうど良いバラン スで混在している作品になったと思っています。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph 新宿、表参道、池袋、渋谷、鶯谷、そして熱海と、街に溶け込みな がら待ち合わせに向かうリョウと女性たち。そのときの心情にも思いを馳せながら風景も楽しんでほしい。 また、2月10日(土)より販売開始となった特典付きムビチケカードは、メイジャー通販では即日売り切れとなり、急遽、取り扱い数を増やすことになった。

映画館窓口での販売も好調。上映映画館、特典付きムビチケカード取り扱い映画館は今 後も追加が予定されています。

映画情報どっとこむ ralph
娼年クラブパッションメンバー

これは、映画史における「事件」になる―。困難と言われた映画化に、「“性描写”に関しては⼀切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂が、「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るように、監督、 スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。「娼夫」になる領を通して描かれる性、その性を通してひとり ひとりの奥深くに潜む人間ドラマに⼀層、期待が高まる。

娼年

4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

物語・・・
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を 送っている。

ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は 御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、 「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。

最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性 ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

公式HP:
http://shonen-movie.com/
Twitter:
@shonen_movie

***********************************

松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太
桜井ユキ ⼩柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔

原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会


松坂桃李に 見つめられたら、最期。『不能犯』 冒頭映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 俳優・松坂桃李【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメント映画『不能犯』が2月1日(木)より公開となりました。
この度、本作の大ヒットを記念して、上映開始5分あなたの心(マインド)が支配される?!
宇相吹ワールドに引きずり込まれる冒頭映像が解禁!


とある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと、“願い”を叶えてくれるSNSで噂の男がいる。
ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという…。

そんな噂話が囁かれる中、ニヤリと不気味な笑みを浮かべる男が映し出されるところから始まる本映像。
次のシーンでは、沢尻演じる多田刑事と上司である多田になかなか認めてもらえない新人刑事・百々瀬の普段の聞き込み~犯人逮捕の様子が映し出されているほか、松坂演じる宇相吹が劇中で初めて犯行に及ぶ様子が収められている。今作で初めて挑戦したという沢尻のアクションや現場では姉のように慕っていたという新田との息の合った演技、「人生でここまで口角をあげたことはない」と豪語する原作の宇相吹のトレードマークである「ニタァ」という不気味な笑い方を完全再現するなど徹底的な役つくりをし、日々迫力を増していったという松坂の怪演は必見!!
劇中一人目の被害者となる木島(水上剣星)がマインドコントロールされ、宇相吹の術中に落ちていくシーンの一部始終が納められている。
たった5分程の映像ながらも、宇相吹の瞳に引きずり込まれ、思わずマインドハックされてしまうような、息をのむ内容となっています!

 

映画情報どっとこむ ralph さらに!

主題歌「愚か者たち」を手掛けるGLIM SPANKY。

自身のラジオレギュラー番組『GLIM SPANKY RADIO INSTANT NATION』(JFN系列)に、主演の松坂桃李さん、白石晃士監督を呼んでの4人でトークを繰り広げています!

2月11日(日)~2月17日(土)まで全国JFN系列でオンエアされる本番組では映画『不能犯』について、音楽について、ここでしか聴けないトークも!!お聴き逃しなく!

JFN系列『GLIM SPANKY RADIO INSTANT NATION』
リンクはこちら

<オンエア日詳細>
JFN系列『GLIM SPANKY RADIO INSTANT NATION』
2/11(日)FM福井(24:00~24:30)
2/12(月)FM岩手(19:00~19:30)
2/12(月)FM滋賀(20:30~20:55)
2/13(火)FM OH!(5:30~5:55)
2/13(火)FM長崎(20:30~20:55)
2/13(火)FM徳島(21:00~21:30)
2/14(水)FM山形(20:30~20:55)
2/15(木)FM三重(20:00~20:30)
2/15(木)FM山陰(20:00~20:30)
2/15(木)Kiss-FM(21:00~21:30)
2/16(金)FM山口(19:30~19:55)
2/16(金)FM高知(20:00~20:30)
2/16(金)FM鹿児島(21:30~21:55)
2/17(土)FM長野(20:00~20:30)
2/17(土)FM宮崎(21:00~21:30)
2/17(土)FM新潟(26:00~26:25)
2/17(土)FM仙台(27:30~28:00)

映画情報どっとこむ ralph 【不能犯】とは─
〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

公式サイト:
http://funohan.jp/ 

公式twitter:
@FunohanMovie

あらすじ・・・

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。
彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故。
宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。
多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。

彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士  
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会  


松坂桃李主演 『娼年』“娼夫”リョウの場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛⼩説「娼年」が、2016年 の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となります。

この度、 “娼夫” リョウの場面写真が公開されます。 また、2月10日(土)より、特典付きムビチケカードが発売されます。

原作は2001年の直木賞候補となった石田衣良の恋愛⼩説。女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公リョウの姿を繊細な表現で描き、多くの女性から共感を集めた。

そして 遂に、2016年の伝説の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビは、困難と言われた映画化に挑んだ。 今回、松坂桃李演じる”娼夫”リョウの場面写真が公開となる。

1点は、客の女性に穏やかにやさしく微笑むリョウを切り取ったもの。
もう1点は、緊張した面持ちで相手の女性の話に 聞き入っている姿。
どちらも、大学生活や女性との関係に退屈しバーテンダーのアルバイトに明け暮れ、「女なんてつまん ないよ」と言っていた頃の領とは全く違う表情を⾒せている。客の女性たちの心の奥底に潜む想いを受け止め、彼女たち の欲望を解放していくことで、少しずつ”娼夫”リョウが洗練されていく様子が垣間⾒られる。

映画情報どっとこむ ralph 本作では、リョウが”娼夫”の仕事を通じて、娼夫としても人としても成⻑していく姿を描き出していく。そんな変化をときに は鮮烈に、ときには繊細に表現する松坂桃李の演技に注目したい。

また、2月10日(土)より、特典付きムビチケカード(1400円)が発売される。特典は、場面写真2点のほか、ス ペシャルショット1点をあわせたオリジナルポストカード3枚セット(数量限定)となる。
取り扱い映画館などの詳細は、 映画公式サイトへ。

映画情報どっとこむ ralph これは、映画史における「事件」になる―。困難と言われた映画化に、「“性描写”に関しては⼀切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂が、「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るように、監督、 スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。「娼夫」になる領を通して描かれる性、その性を通してひとり ひとりの奥深くに潜む人間ドラマに⼀層、期待が高まる。

娼年

4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

物語・・・
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を 送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める⽥嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は 御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専⽤コールクラブ、 「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。
最初こそ⼾惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性 ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを⾒つけていく。

公式HP:
http://shonen-movie.com/
Twitter:
@shonen_movie

***********************************

松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太
桜井ユキ ⼩柳友馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔

原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会


映画『孤狼の血』中村倫也 演じる尾谷組構成員、永川恭二の新場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』から、中村倫也さん演じる尾谷組構成員、永川恭二の新場面写真が解禁。

新キャスト解禁時にも今までとは違う雰囲気が大きな話題となった中村倫也さんですが、今回初解禁となった場面写真では今まで演じてきた役柄からは想像もつかないほど、危険な香りが!!

中村倫也が本作で演じる永川は、役所広司演じる大上章吾に、にらみを利かせるほど血気盛んな若者。

白石和彌監督曰く、まさしく「狂犬」である という永川だが、中村自身は「アウトローなりの正義」感を持つと語るキャラクター。

今回解禁になった場面写真では、ギラついた目で拳銃を携えた姿が!
さらに電話ボックスの中でタバコを吸う場面写真はまさにアウトローな 雰囲気が漂います!
今までも様々なキャラクターを演じ、時にはその“怪演”も話題になる中村倫也ですが、自身も「こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でした」と語るほど、本人にとって新境地となっている本役柄。「男の世界」に身を浸し、新たな魅力たっぷりの その姿に注目です!

映画情報どっとこむ ralph
孤狼の血

2018年5月12日(土)ROADSHOW。

映画情報どっとこむ2018年一押し作品です!!!

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜 査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会
   


「娼年」松坂桃李:リョウ君がいるコールクラブ「Le Club Passion」メンバー場面写解禁


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、 2016年の舞台と同じ松坂桃李さんx三浦大輔監督のコンビで映画化。
4月6日(金)より全国公開となります。

この度、松坂桃李さんが演じる“娼夫” リョウが働く女性専⽤コールクラブ「Le Club Passion」のメンバーの場面写真が解禁 となります。

女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公リョウの姿を繊細な表現で描き、多くの女性から共感を集めた小説。

そして!!!あの2016年の伝説の舞台と同じ松坂桃李さんx三浦大輔監督のコンビで映画化!!

今回、公開される場面写真は、“娼夫”リョウが働く女性専⽤コールクラブ、「Le Club Passion」のメンバーたち。

映画情報どっとこむ ralph 大学生活や女性との関係にも充実感を感じられず、大学にも行かずにバーでのバイトに明け暮れる森中領。ある日、 領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也 (小柳友)が、御堂静香(真飛聖)をバーに連れてきた。

女なんてつまんないよ

とつぶやく領に興味を持った静香は、仕事終わりの彼を待ち受け、自分の家に招き入れ、“情熱の試験“を受けさせる。それは、実は静香が手がける女性専⽤コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験だった。

そのとき、領の目の前に現れたのが、耳が聴こえない謎の女性・咲良(冨手麻妙)。

入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。ある日、静香から、クラブのトップクラスの売上を誇る猪塚健太さん演じる平戸東(ひらとあずま、通称︓アズマ)を紹介される。

猪塚健太さんは舞台版「娼年」に続いての出演です。

これは、映画史における「事件」になる―。困難と言われた映画化に、「“性描写”に関しては⼀切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂さんが、

松坂さん:舞台同様、無になりました。

と語るように、監督、スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。


「娼夫」になる領を通して描かれる性、その性を通してひとりひとりの奥深くに潜む人間ドラマを是非。

公式HP︓
http://shonen-movie.com/

Twitter
@shonen_movie

映画情報どっとこむ ralph 試写してきました!
その直後に、別の映画の舞台挨拶だったので、リョウ君に見えてしまいました・・・。

賛否はあると思いますが
松坂さんのファンの大人は必見!?。(R18+)

男性は感情移入すると、めっちゃつかれるかも。
そして相当自信がない限り・・・カップルでは行かない事!
いろんな面で絶対勝てない。(T_T)

松坂桃李 カッコ良いです。

***********************************

松坂桃李 真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督︓三浦大輔
原作︓石田衣良「娼年」(集英社⽂庫刊)
製作幹事︓ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション︓ホリプロ
企画製作・配給︓ファントム・フィルム
レイティング︓ R18+
(C)石田衣良/集英社
2017映画『娼年』製作委員会