「松坂桃李」タグアーカイブ

MISIA「LOVED」が主題歌に決定 松坂桃李主演「居眠り磐音」コメントも到着


映画情報どっとこむ ralph 全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英の最高傑作にして初の映画化 松坂桃李主演「居眠り磐音」が5月17日(金)より全国公開となります。

この度、本作の主題歌がMISIAの「LOVED」に決定し、同曲を使用した最新の本予告映像も初解禁となりました!

MISIA「LOVED」が主題歌に決定! 同曲を使用した最新の主題歌入り本予告映像も併せて初解禁!

最新曲「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」が大ヒットを記録し、昨年末の第60回輝く!日本レコード大賞最優秀歌唱賞 受賞や第69回NHK紅白歌合戦への出場で、さらなる話題を呼んだMISIAが、本作の主題歌を担当することが決定致しました。主題歌として起用された楽曲は、MISIA最新アルバムに収録の「LOVED」。作詞作曲はアーティストの米倉利紀が手掛ける。

併せて解禁となった主題歌入り最新本予告映像では、 ”あなたを好きになれて良かった” ”それぞれ今を生きてゆくよ” といったストレートな歌詞が、本作の磐音(松坂桃李)と奈緒(芳根京子)のそれぞれを想いながらも哀しい別れを決断してし まう切ない恋模様とリンクしており、よりいっそう劇中シーンの優しくも切ない世界観を作り出しています。


映画情報どっとこむ ralph <MISIAコメント>
多くの方に愛されている この作品の映画化。 その映画のエンディングで流れる歌として、 この歌を選んでいただき大変嬉しいです。 いち早く作品を観させていただきましたが、 松坂桃李さん演じる磐音の柔らかで優しい眼差しの奥に陰る悲しみが切なく 涙がこぼれました。 「LOVED」は「恋愛」をし「失恋」をし 「愛」だけを心に残した人の歌です。 その心を伝えられるよう大切に大切に歌いました。 これから映画をご覧になる皆さんはきっと、 松坂桃李さん演じる磐音、またこの物語に登場する人々の悲しみや切なさ、 愛、そして狂おしい願いのようなものを感じられると思います。 その時歌で、 この素晴らしい映画の世界観を伝えるお手伝いを出来ていたら幸いです。 是非映画館に足を運び、ご覧ください。

<松坂桃李コメント>
MISIAさんの楽曲を聴かせて頂いた時、エンドロールで流れている画が瞬時に浮かんできました。 そして、歌詞の言葉一つ一つが「居眠り磐音」の世界観と寄り添っており感動しました。特に「すれ違い背を向けた その数だけ 愛おしくなる」という歌詞は、磐音と奈緒の悲恋を、その後の磐音が背負っているものは「痛みに学ぶ 真実抱きしめて」という歌 詞に全て込められているように感じます。この曲を聴きながら撮影に臨みたかったくらいです。 繰り返し聴いて、この作品を伝えていく上での養分としていきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『居眠り磐音』

5月17日(金)全国公開

公式サイト:
iwane-movie.jp

公式Twitter:
@iwane_movie


<STORY>
友を斬り、愛する人を失った。―― 男は、哀しみを知る剣で、悪を斬る。 主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、 祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となったー。 江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両 替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加 え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。 そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、 哀しみを胸に悪に立ち向かう―。

***********************************

原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子
柄本佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 ピエール瀧 陣内孝則 石丸謙二郎 西村まさ彦
谷原章介 中村梅雀 柄本明ほか
監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見優
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
    


本田翼が松坂桃李の妻役に!『新聞記者』キャスト情報解禁!コメントも到着


映画情報どっとこむ ralph 6月28 日より公開される、一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問い かける衝撃作『新聞記者』。

本作は、東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』 を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。

主演は、新聞記者の吉岡エリカ役を演じるシム・ウンギョンと、内閣特別調査室に務める若き官僚・杉原 拓海を演じる松坂桃李。

この度、彼らの脇を固めるキャスト情報が解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李さん演じる杉原の妻・奈津美役に、映画、テレビドラマと近年、女優としての活躍 が目覚ましい本田翼さん。松坂桃李さんとは初共演。

本田翼さんからのコメント
女優として成長著しい本田さんにこの難役をやっていただくことで想像し得ない時間が生まれるという確信がありました。 彼女の持っている母性と才能が発揮された瞬間が切りとれて、『新聞記者』という映画により深みをもたせてくれたと思います。


吉岡(シム・ウンギョン)の同僚の新聞記者・ 倉持大輔役に、主演作はもちろん数多くの作品で印象を残す注目の若手俳優、岡山天音さん。

岡山天音さんからのコメント
彼の出演する作品を見ていて、一つ一つの芝居において、常に一石を投じようとする俳優としての姿勢を感じ、 この映画の持つメッセージ性を豊かにしてくれると思いました。


杉原の元 上司で内閣府に勤務する神崎俊尚役に、近年の日本映画の良作にこの人ありの高橋和也さん。

高橋和也さんからのコメント
「優しい人」の代名詞である役柄を演じていただく上で、その説得力と存在感がなければならなかった。 そういう意味において高橋さんはぴったりだと思いました。

その妻・ 伸子役に着実な演技で幅広い役柄を演じる西田尚美さん。

西田尚美さんからのコメント
明と暗を演じ分ける演技力がこの配役には必要だった。とりわけ切ない運命を背負ってしまった妻を演じていただく上で 普遍的に愛される女優である西田さんしか浮かばなかった。

さらに、吉岡の上司、社会部デスクの陣野和 正役に北村有起哉さん。

北村有起哉さんからのコメント
主人公の上司であり、かつ、新聞記者というプロフェッショナルな職業を演じて頂くため繊細な芝居が要求される難役。 変幻自在に芝居を操る北村さんの存在感を持ってすれば、この難役は演じていただけると思った。

杉原の上司で内閣参事官の多田智也役に田中哲司さんが出演。

田中哲司さんからのコメント
多田という配役は、人間の持っている「怖さ」を象徴すべき存在であり、物語の軸を担う存在でもある。 数々のキャリアを積まれ、静けさの中に迫力のある演技をされる田中哲司さんなら、多田という役を膨らませてくださると考えた。

信念にまっすぐな二人の前にそれぞれ立ちふさがる壁として、中間管理職をベテランならではの味わいで演じています。

映画情報どっとこむ ralph 個性豊かな実力派俳優が揃い、新聞社と内閣特別調査室、それぞれに於いて、気の抜けない緊張感が続く 物語に、より一層の深みを与えている本作。

新聞記者

公式:
shimbunkisha.jp

6月28日 ( 金 ) 全国公開 !!
***********************************

シム・ウンギョン 松坂桃李
本田翼 岡山天音 郭智博 長田成哉 宮野陽名 / 高橋努 西田尚美 高橋和也 / 北村有起哉 田中哲司

監督:藤井道人『デイアンドナイト』

脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人 音楽:岩代太郎 原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊) 河村光庸 企画・製作:河村光庸
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:高石明彦 製作幹事:VAP
制作プロダクション:The icon
宣伝:KICCORIT
制作:スターサンズ
配給:スターサンズ イオンエンターテイメント
製作:2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
    


松坂桃李:磐音の運命を導く木村文乃、芳根京子の場面写真到着『居眠り磐音』


映画情報どっとこむ ralph 全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英の最高傑作にして初の映画化「居眠り磐音」が5月17日(金)より全国公開となります。

本作は <平成で最も売れている時代小説>シリーズとして多くの時代小説ファンの心を掴み、シリーズ累計発行部数2000 万部を突破した名作「居眠り磐音」を原作とする時代劇エンターテインメント。 主人公・坂崎磐音役には、今年第42回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞や第61回ブルーリボン賞助演男優賞、第92 回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞など数々の映画賞を受賞し、更に注目が集まる俳優・松坂桃李が“時代劇初主演”を務めます。


そしてこの度、磐音の運命を導く2人の女性の姿を捉えた新たな場面写真が解禁となりました!

浪人暮らしをしている坂崎磐音(松坂桃李)が江戸で身を寄せる金兵衛 長屋の娘役・おこんを木村文乃が演じます。美人で気風がよく世話好きな深川娘・おこんは、穏やかで優しいが、剣も立つ磐音に少しずつ惹かれていきます。

そして、磐音と祝言を間近に控えながら悲しい運命に翻弄され、それでも磐音の事を一途に思い続ける小林奈緒を演じるのは、芳根京子。

おこんの快活さ、奈緒の一途さが表情から感じられるビジュアルが公開となりました!

磐音とおこんが対峙する敵の姿とは?
そして、幸せそうな磐音と奈緒を引き裂 く運命とは!?立場や境遇が異なる女性たちが「磐音」にどのような影響を与 え、その運命を導いていくのかー今後の3人の行方に期待が高まるビジュアルです!

映画情報どっとこむ ralph 『居眠り磐音』

5月17日(金)全国公開

公式サイト:
iwane-movie.jp

公式Twitter:
@iwane_movie


友を斬り、愛する人を失った。―― 男は、哀しみを知る剣で、悪を斬る。

主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を 失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。 すべてを失い、浪人の身となったー。 江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜 は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい 人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持た れるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な 人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう―。

***********************************

原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子
柄本佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 ピエール瀧 陣内孝則 石丸謙二郎 西村まさ彦
谷原章介 中村梅雀 柄本明ほか

監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見優
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹 ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
撮影:2018年3月~4月 大分県杵築市、京都近郊にて撮影


時代劇初主演の松坂桃李”本格殺陣シーン”に挑戦!映画『居眠り磐音』 予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英の最高傑作にして初の映画化 作品「居眠り磐音」が5月17日(金)より全国公開となります。本作は <平成で最も売れている時代小説>シリーズとして多くの時代小説ファンの心を掴み、シリーズ累計発行部数2000 万部を突破した名作「居眠り磐音」を原作とする時代劇エンターテインメント。
そしてこの度、最新の本予告映像と本ポスタービジュアルを解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 昼はうなぎ屋で働く心優しい浪人― 夜は両替屋の用心棒として悪と戦い、大切な人を守る― 全く違う二面性を持つ主人公・磐音の切ないほどに、強く、優しい、姿に注目!

今回解禁された本予告の冒頭からは軽快な音楽と共に、「眠狂四郎」「丹下左 膳」「座頭市」「椿三十郎」など数々の時代劇の名作の名が映し出される。そんな歴 史ある中で“改元後初の時代劇作品”となるのが、本作「居眠り磐音」。新時代の NEW英雄・磐音(松坂桃李)が、浪人として昼はうなぎ屋・夜は用心棒として江 戸で暮らす様子。 さらに、心優しい一面を持ちながらも胸に秘めた哀しい過去を 背負って悪と戦い、誰よりも強く生きる姿が描かれています。そして、磐音の暮らし を支えるおこん(木村文乃)や陰謀を企てる有楽斎(柄本明)の緊迫感、磐音 をずっと想い続ける許婚・奈緒(芳根京子)の表情・涙からも物語の切なさが伝 わってきます。また、ナレーションを務めるのは特報映像に続き遠藤憲一です。


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する豪華俳優陣が大集結した本ビジュアルも公開!
優しい眼差しと哀しい過去を背負った磐音の切なさを感じさせるー 「この男、切ないほどに、強く、優しい。」のコピーの通り、坂崎磐音(松坂桃李)の 人柄を表した本ビジュアルとなっております。 そして、元気で明るい表情のおこん(木村文乃)、磐音を一途に思い続ける奈 緒の表情(芳根京子)を始め、柄本佑・杉野遥亮・佐々木蔵之介・ピエール瀧・ 陣内孝則・石丸謙二郎・西村まさ彦・谷原章介・中村梅雀・柄本明ら本作を彩る 豪華キャスト13名が扮する、劇中の姿も収められています!

映画『居眠り磐音』

5月17日(金)全国ロードショー

公式サイト:
iwane-movie.jp

公式Twitter:
@iwane_movie

<STORY>
友を斬り、愛する人を失った。―― 男は、哀しみを知る剣で、悪を斬る。
主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を 失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。 すべてを失い、浪人の身となったー。 江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜 は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい 人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持た れるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な 人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう―。

***********************************

『居眠り磐音』 原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子 柄本佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 ピエール瀧 陣内孝則 石丸謙二郎 西村まさ彦 谷原章介 中村梅雀 柄本明ほか

監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見優 製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

撮影:2018年3月~4月 大分県杵築市、京都近郊にて撮影

 


映画化の「蜜蜂と遠雷」ピアニスト発表!「春と修羅」の作曲は藤倉大!


映画情報どっとこむ ralph 史上初の快挙となる<直木賞>(第156回)と<本屋大賞>(2017年)のW受賞を果たし、現代を代表する作家の一人、恩田陸の新たな代表作となった名作「蜜蜂と遠雷」が豪華キャスト、スタッフ陣により実写映画化され、公開日が10月4日(金)に決定した!

既に発表され話題となったキャスト陣には今を彩る豪華俳優陣の“競演”が実現!今最も輝く女優の一人となった松岡茉優が主演を務める。

共演の明石役には映画・ドラマ・舞台と活躍する松坂桃李。マサル役にはハリウッドデビューも果たした期待の若手・森崎ウィン。そして謎の少年・塵を演じるのは、新星・鈴鹿央士が大抜擢された。監督・脚本・編集は『愚行録』で長編監督デビューを果たし、新藤兼人賞銀賞を受賞した今もっとも注目される新鋭・石川 慶監督と日本映画界が注目するキャスト、スタッフ陣が集結した。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、“実写化不可能”と言われた『蜜蜂と遠雷』内で奏でられるピアノの音を担当する、日本を代表する一線級のピアニスト達が解禁となった。

松岡演じる【栄伝亜夜】には、感性豊かな音楽性と独創性で世界の数々の桧舞台で聴衆を魅了している実力派ソリストであり、昨今は後進の指導でもその多才ぶりを発揮する河村尚子。

松坂演じる【高島明石】には国内外のコンクールで活躍をみせ、2015年に行われたアイスショー「Fantasy on Ice」で羽生結弦と共演した実績を持つ福間洸太朗。

森崎演じる【マサル・カルロス・レヴィ・アナトール】には自身もマサル同様に海外で育ち、その才能を幼いころから発揮させ、2018年には国際NGO「難民を助ける会」の創立40周年チャリティーコンサートにて、皇后さまの前で演奏もした金子三勇士。

そして鈴鹿演じる【風間塵】には若干18歳にして国際コンクールで優勝した天才藤田真央が参加し収録を行った。
まさに映画史上最も贅沢な演奏陣がそろいました。


<河村尚子>
ミュンヘン国際コンクール第2位、クララ・ハスキル国際コンクール優勝。ドイツを拠点に、リサイタルのほか、ウィーン響、バイエルン放送響等にソリストとして迎えられ、日本でもヤノフスキ指揮ベルリン放送響、ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィル等のツアーに参加。文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞等、受賞多数。CDは「ショパン:24の前奏曲&幻想ポロネーズ」など(RCA Red Seal)。現在ドイツ・フォルクヴァング芸術大学教授。

■コメント
恩田陸さんは、演奏家がピアノに向かうまでの心の機微、不可思議で魔法のようなピアノ音楽の姿を、リアルかつ細やかに描かれています。映像と音を伴うことで、音楽を志す若者たちの熱い精神がより鮮やかに伝わりますように!

<福間洸太朗>
パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学にて学ぶ。20歳でクリーヴランド国際コンクール優勝。カーネギーホール、ベルリンコンツェルトハウス、サントリーホールでリサイタル他、クリーヴランド管、モスクワフィル、イスラエルフィル、NHK交響楽団などと共演、一流フィギュアスケーターやバレエダンサーとの共演など幅広く活動する。CDは10枚以上リリース。テレビ朝日系「徹子の部屋」や「題名のない音楽会」などにも出演。

■コメント
このプロジェクトに参加させていただき、大変光栄です。録音前に小説を読み返し、家庭を持つ社会人としてコンクールに挑戦する高島明石の音を追求してみました。聴く人へ勇気と癒しを与えることが、明石と私の願いです。

<金子三勇士>
1989年、日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校に入学。2001年、11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学(特別才能育成コース)に入学し、2006年に全課程取得とともに帰国、東京音楽大学付属高等学校に編入する。同大学、大学院を修了。2008年バルトーク国際ピアノコンクール優勝の他、 数々のコンクールで優勝。第22回出光音楽賞他を受賞。スタインウェイ・アーティスト。

■コメント
国際コンクールの本選には、まず選ばない難曲をあえてぶつけてきたマサル。彼に同化して弾いたプロコフィエフの協奏曲がどのような映像作品に昇華したのか、一番楽しみにしている一人です。

<藤田真央>
2017年弱冠18歳で第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝し、世界の注目を浴びる。2018年には、ルール音楽祭でリサイタルを行った他、ヴェルビエ音楽祭にアカデミー生として参加。スイス、並びにパリのルイ・ヴィトン財団主催New Generationシリーズに招かれた。今シーズンもオーケストラと共演を重ねる他、10月には紀尾井ホールでのリサイタルなどを予定している。現在、20歳。特別特待奨学生として東京音楽大学2年 ピアノ演奏家コース・エクセレンスに在学中。

■コメント
「蜜蜂と遠雷」は、発売されてすぐに読みました。音楽を文章でここまで表現できるものなのかと、とても感動しました。今回担当させていただいた風間塵くんのように、私も“音楽の神様”に愛されるピアニストであり続けたいです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、宮沢賢治の同名の詩をモチーフにし、作中でコンクール曲となっているオリジナル楽曲「春と修羅」の作曲を国際的に評価の高い作曲家・藤倉大が務めた。藤倉は15歳で英国留学をし、現代音楽の作曲家としてロンドンを拠点に国際舞台で活躍している。本物を追求したからこそ成し得た 至極の“音”が響き渡る本作で、これまでに体験したことのない映画音楽の世界へと酔いしれること間違いない。
<藤倉大>
1977年大阪生まれ。15歳で渡英しジョージ・ベンジャミンらに師事。ザルツブルク音楽祭、BBCプロムス、シカゴ響などから作品を委嘱され、国際的な共同委嘱もますます増えている。2019年はオペラ〈ソラリス〉組曲版世界初演、アーティスティック・ディレクターを務める新しい音のフェス「ボンクリ2019」などが控える。2017年ヴェネツィア・ビエンナーレ音楽部門銀獅子賞受賞。録音多数。Minabel Recordsを主宰。

■コメント
この度は「蜜蜂と遠雷」に出てくる架空の作曲家の作品の作曲をすることができ、その上に4人の全く違う今をときめくピアニストに演奏していただき大変嬉しいです。原作の著者恩田陸さんはこの架空の作品の描写を長く詳しく書いており、その表現全てを実際に反映し、なおかつ僕の音楽になっていて、一人一人のピアニストの個性がバッチリ出る曲、と言うものを目指しました。映画を観るのが待ち遠しいです。

映画情報どっとこむ ralph また、今回の解禁に合わせて劇中の演奏シーンの場面写真も到着。

コンクールが舞台となる本作でピアニストという表現の難しい役を繊細かつ、感情的に演じきったキャスト4人の見事な演技にも注目だ。
各界の最高峰が揃い“本物”を追求した本作にご期待頂きたい。

さらに、今年のゴールデン・ウィークに行われるクラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ」音楽祭では本作とコラボした<映画「蜜蜂と遠雷」ノベルティ付きセット券>の発売が決定した。

本作のピアノ演奏を担当する福間洸太朗、金子三勇士の出演公演、そして、「春と修羅」の作曲をした藤倉大プロデュース・出演公演の3公演をまとめてお買い求めできる内容となっており、公開を前に本作の世界観を一足早く堪能するチャンスとなっている。

映画『蜜蜂と遠雷』

あらすじ                                                
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江(よしがえ)国際ピアノコンクール。ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。
かつて国内外のジュニアコンクールを制覇し、天才少女として名を馳せていた栄伝(えいでん)亜夜(あや)(松岡茉優)。しかし13歳の時、最大の理解者であった母が突然死去する。以来、長らくピアノが弾けなかった彼女が20歳となった今、ふたたびコンクールへの出場を決心した。
音大出身だが楽器店に勤務しながら、今はサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石(松坂桃李)は、自身の才能に限界を感じながらも、妻や息子をはじめ家族の応援を背に最後の挑戦としてエントリーすることに。ある深い怒りと疑念を心の奥底に抱いている。
完璧な演奏技術と感性を持ち、名門ジュリアード音楽院在籍中のマサル・C・レヴィ=アナトール(森崎ウィン)は、優勝候補と目されている。幼少期を過ごしていた日本で、ある少女の誘いでピアノ教室を訪れたのが、音楽との出会いだった。
フランスのパリで行われたオーディションに突如現れた謎の16歳の少年・風間 塵(じん)(鈴鹿央士) 彼は先頃亡くなった世界最高峰のピアニストからの「推薦状」を持っていた。その演奏を聴いた瞬間、名だたる審査員一同は圧倒され、

<凄まじく、悍ましい…悪魔のような>完璧な技術に、かつて経験したことのない衝撃的な感情を抱く。推薦状には、「君たちに「カザマ ジン」という『ギフト』をお贈りする。」と書かれていた。

熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。その先に待ち受ける運命とは。

***********************************


原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎刊)
キャスト:松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン 鈴鹿央士(新人)
ピアニスト:河村尚子,福間洸太朗,金子三勇士,藤田真央
作曲:藤倉大

監督・脚本・編集:石川 慶
配給:東宝
©2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会