「松坂慶子」タグアーカイブ

映画『人魚の眠る家』原作者・東野圭吾が大絶賛コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説の映画化「人魚の眠る家」が11月16日(金)全国公開いたします。
この度、本作を見た原作者である東野圭吾のコメント全文を公開するとともに、コメント入り幕間映像と場面写真を一挙公開いたします。

原作者・東野圭吾が大絶賛!コメント入り幕間映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph さらに、コメント全文も公開!

【原作者・東野圭吾先生 コメント全文】​
自分の愛する存在が、健やかに眠っているようにしか見えないのに、もう命はありませんと宣告されたらどう感じるか。そしてどうするか。単純そうで複雑なこの問題に向き合うことから、私の執筆作業は始まりました。自分は受け入れられるだろうか、自分が受け入れられたとしても、受け入れられないという者たちがいたらどうすればいいのか。物語を進めれば進めるほどに次々と難問が立ちはだかります。

今回は、あらすじを立てて肉付けしていく、という書き方はできませんでした。壁に当たるたびに立ち止まり、苦悶しました。書き上げた今も、何らかの答えに到達できたという自信はありません。ただし、エンタテイメント作家としての役割だけは果たせたのではないかと自負しておりました。​

この物語を映画化したいという話を聞き、驚きました。拙作が映像化されることは多いのですが、この重たいテーマだけは敬遠されるだろうと予想していたからです。​

映画を観て、自分の認識が間違っていたのだと気づきました。

やはり映像のプロは違いました。プロの役者は違いました。描かれているテーマは重く、ドラマは深く、派手なアクションシーンはありません。しかし間違いなく一級品の娯楽作品になっていました。私が密かに自負していた原作の「売り」を、見事に再現してもらっていました。原作者が泣いたらかっこ悪いという思いから懸命に涙は堪えましたが、皆さんは遠慮なく泣いてくださって結構です。

映画情報どっとこむ ralph わが子を抱きしめる篠原涼子、西島秀俊との仮面夫婦…場面写真一挙解禁!

解禁となる場面写真は全6点。

わが子を抱きしめる篠原涼子演じる薫子、
離婚間近の西島秀俊演じる夫・和昌と微妙な距離を保ちながら冷め切った雰囲気漂う夫婦の姿、
坂口健太郎演じる星野。
その星野が研究する最新技術を眠りつづける娘の治療として取り入れる提案された薫子が希望を見出すシーン、
など過酷な運命を背負うことになった夫婦の姿が切り取られています。


人魚の眠る家

11月16日(金)全国公開

娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の元に、ある日突然、悲報が届く。
「娘がプールで溺れた」。
愛するわが子は意識不明のまま、回復の見込みはないという。深く眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すのだが、そのことが次第に運命の歯車を狂
***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会
   


篠原涼子が、かつて見せたことのない狂気の表情『人魚の眠る家』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を映画化。 11月16日(金)全国公開 いたします。


事故に合い昏睡状態の娘を前に「この子は…生きています!」と懇願するように叫ぶ母・薫子(篠原涼子)。極限の状況下で医師からは、娘を生かすのか、死を受け入れるのか、夫婦は究極の選択を迫られる。夫・和昌(西島秀俊)は、
最先端技術を使った前例のない延命措置を提案。

奇跡を信じた夫婦の決断は、やがて家族(田中泯、松坂慶子)や技術研究者(坂口健太郎)とその恋人(川栄李奈)らを巻き込み、彼らの運命を狂わせていく。

原作者・東野圭吾先生が映画化に向けて

東野先生:どれほど不気味で悲しく、美しい映像になるのか、そしてどんな愛と狂気が見られるのか、今からとても楽しみです。


とコメントしている本作の特報映像が完成!

映画情報どっとこむ ralph 特報映像には、絶望から希望を見出す夫婦の姿、豪華キャスト陣の鬼気迫る演技が緊張感あふれる映像とともにおさめられているて・・・。

そして篠原涼子が、かつて見せたことのない狂気の表情で語る「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。」その衝撃的な問いかけは何を意味するのか。愛する人へ捧げたその無償の行為は、善か、悪か、愛か、欲望か?

今年度最大の衝撃と感涙のミステリーが、ついに幕を開ける。




人魚の眠る家

11月16日(金)全国公開


***********************************

監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。『人魚の眠る家』第1弾ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を篠原涼子さん、西島秀俊さんで映画化。


この度、本作の第1弾ビジュアルが完成しました。公開日は11月16日(金)に決定しました。

そして、追加キャストとして、篠原涼子演じる播磨薫子の妹・美晴役に山口紗弥加さん。薫子の娘・瑞穂に向き合う医師・進藤に田中哲司さんが発表となりました。

映画情報どっとこむ ralph 第1弾ビジュアルの制作意図

水面から柔らかな光が差し込む水中に、ひとり佇む主人公・播磨薫子(篠原涼子)。胸には、安らかに眠るわが子を抱いているようだ。慈愛に満ちた微笑みを浮かべるその姿は聖母のようで、まっすぐにこちらを見つめるその瞳は、愁いを帯びながらも強い意志を感じさせる。

「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。」

衝撃的な問いかけは何を意味するのか。愛する人へ捧げたその無償の行為は、善か、悪か、愛か、欲望か?


東野圭吾の禁断のミステリーが、ついに幕を開ける。

人魚の眠る家

2018年11月16日(金)公開です。

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子 山口紗弥加 田中哲司

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


『人魚の眠る家』第2弾キャストに坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を篠原涼子、西島秀俊で映画化。 11月に全国公開となります。

この度、新たなるキャストの出演情報が解禁。それは・・・

坂口健太郎は、西島秀俊演じる播磨和昌が経営する会社に勤務する研究員を演じ、川栄李奈はその恋人役。田中泯は播磨和昌の父親役。松坂慶子は、篠原涼子演じる播磨薫子の母親役を演じます。詳細は・・・

映画情報どっとこむ ralph 坂口健太郎​
星野祐也(ほしの・ゆうや)役​
IT系機器メーカー・ハリマテクスの研究員。​社長である播磨和昌から、​研究分野の最新技術を娘の治療に生かせるか​相談を受ける。​

​コメント​
僕が演じた星野という研究者は、命に対しての選択を迫られる家族の側で、少しずつ純粋に、そして盲目的になっていきます。正解がない現実を星野なりの苦悩をしながら生きる姿を是非ご覧ください。 ​坂口健太郎は、西島秀俊演じる播磨和昌が経営する会社に勤務する研究員を演じています。


川栄李奈​
川嶋真緒(かわしま・まお)役​
動物病院の助手。星野の恋人で、結婚の約束をしている。研究にのめり込んでいく星野を心配する。​

コメント​
原作を読んで、とても深いテーマだと感じ、その中で真緒の生き方や在り方を上手く表現できればいいなと思いました。真緒は物語の中では播磨家を客観的に見ている登場人物の1人です。恋人の星野のことを一番に考え待ち続ける、心が広く優しい女性です。現場では、とても難しい役に挑まれた篠原涼子さんの、母親の強さや感情の表現を間近で見ることができ、とても勉強になりました。守るべきものがある全ての方に見ていただきたいです。​

映画情報どっとこむ ralph 田中泯​
播磨多津朗(はりま・たつろう)役​
和昌の父親。ハリマテクスの創業者。すでに現役を引退し隠遁生活を送っている。孫娘を襲った悲劇に心を痛めつつ、和昌の行動に苦言を呈す。​

コメント​
動いている物が生き物だ、イノチある物だと子供は思った。「動く」生き物の世界と同時に「眠る」ことが生きかえるための休息であることを子供は急速に勉強をした。幾年かたって子供はカクレンボという遊びの中で、一人息を潜めて「動かない」でいる自分を発見する。その時、カラダの中に走り回る自分がいること、ドキドキしている自分がいることを発見する。​僕は赤ん坊の時から自分のカラダの外側に興味を持って生きてきた。今も生き続けている僕は、子供の頃からのイキテイル当事者であろうとしている。そして誰かが、そのドキドキを見つけてくれるのを待っている… それをもしかしたら人生とよぶのかもしれない。イノチとは、僕の中側でいつまでもドキドキとしている僕自身のことなのではないだろうか。​植物も動物も一緒だ。カラダの中にイノチがある。​


松坂慶子​
千鶴子(ちづこ)役​
薫子の母親。孫娘の瑞穂をプールに連れて行った先で​事故が起きてしまい、強く責任を感じている。​薫子とともに意識を失った瑞穂の生活を支える。​

コメント​
19歳で初めて松竹の映画に出演し、本作でついに​本格的な“おばあちゃん”役デビューをさせてもらいました。​最初は戸惑ったものの、孫役の3人から「おばあちゃん!」​と慕ってもらって。堤監督とも初めてご一緒させて頂きました。​いい状態で仕事できるよう常に配慮して下さるとても素敵な監督さんで、今回私は責任を感じる役どころでもあり、いろんな意味で皆さんに助けて頂いた現場になりました。​

映画情報どっとこむ ralph 幼い娘に起きた突然の事故、眠り続ける少女の命を巡り、激しくぶつかり合う豪華キャストの熱演に期待です!

人魚の眠る家

2018年11月全国公開

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


RADWIMPSがチェン・カイコー監督x染谷将太『空海―KU-KAI―』の全世界公開版本編での主題歌に


映画情報どっとこむ ralph 12月22日(金)中国全土約50,000スクリーンにて公開。(日本の総スクリーン数が4500弱なので中国恐るべし!2016年末時点)

そして!日本では来年2月24日(土)に公開となる映画『空海―KU-KAI―』の主題歌が、世界中のファンを魅了するバンドRADWIMPSに決定!!『君の名は。』以来となる映画主題歌、日本そして中国…全世界公開版本編での主題歌となります!!

監督と綿密なディスカッションを重ね、本作のために書き下ろされた主題歌「Mountain Top」が完成。儚くも壮大な楽曲が、国境言葉の壁を越え、作品世界をさらに大きく彩ります。

映画情報どっとこむ ralph RADWIMPS 野田洋次郎さんからのコメント
今回、チェン監督の映画『空海-KU-KAI-』に参加させて頂きました。楽曲のディスカッションをするため日本でお会いした際、監督のビジョン、エネルギーやパッションがその語り口から溢れでてくるのが印象的でした。監督がこの作品で描きたかった熱量に負けないよう、僕たちも楽曲を作らせて頂きました。その圧倒的なセットやキャスト、映像技術が駆使されていますがストーリーの根幹は何百、何千年と変わることのない人間の本質的な美しさ、醜さ、理性と本能の間で絶えず揺れ続ける様でした。歴史大作ではありますが『今』の僕たちの物語だと思いました。この映画を完成させた監督に敬意を表します。僕が今まで見たことのない映画がここにありました。是非、お楽しみください。
RADWIMPS Official HP
http://radwimps.jp/

映画情報どっとこむ ralph チェン・カイコー監督からのコメント
映画『空海―KU-KAI―』は、運命的で、台風のような作品になっている。そのように喩えるなら、野田洋次郎の歌はまるで、暴風雨の後の虹のように響く。虹は、強い風や雷鳴の激しさに揺らぐことなく、焦がされた世界を静かな美しさで彩るのだ。

プロデューサー KADOKAWA 椿宜和さんからのコメント
クランクアップ間近の昨年末、製作総指揮のひとり角川歴彦が撮影現場を訪問しました。折しも、中国では『君の名は。』が大ヒット公開中で、監督との会話の中でその話題になり角川がその場でRADWIMPSが手がけた『君の名は。』の楽曲を聴かせたことがきっかけとなりました。監督が楽曲をとても興味を持った様子をみて、角川が「興味があれば、彼らに主題曲の依頼をしてみたらどうか」と提案しました。数日後、監督から「彼らと組んでみたい」という連絡がきたのです。監督RADWIMPSのミーティングが東京で実現しました。彼らは監督が多く語らずとも、この作品の根底に流れるテーマを深く理解しているようで、監督は『組める』と確信を掴んだようでした。その後、多くのやりとりの中で完成した楽曲を聴いて、監督が一貫して追求する芸術性とこの作品特有のエンタテインメント性の両面をドラマチックに昇華する素晴らしい楽曲だと感じました。その効果こそチェン・カイコー監督が希望していたものでしたので、最高のコラボレーションが生まれたと思います。

映画情報どっとこむ ralph 日中共同製作映画として史上最大の本格ビッグプロジェクト『空海―KU-KAI―』。

監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデングローブ賞など多数の受賞歴を誇る、世界的巨匠チェン・カイコー。原作は、「陰陽師」「神々の山嶺」などのベストセラー作家夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴(うたげ)す」。主人公の若き天才僧侶・空海を演じるのは、本作が海外作品初主演となる染谷将太。空海の相棒となる稀代の詩人・白楽天には、中国内で絶大な人気を誇る、若手実力派人気俳優ホアン・シュアン。そして本作の最重要人物、傾国の美女とも呼ばれた中国唐代の皇妃・楊貴妃には、類まれなる美貌と実力を持ち合わせた女優チャン・ロンロン。さらに、空海と白楽天が追う怪事件のカギを握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂には阿部寛。その他、松坂慶子や火野正平など、若手からベテランまで日中オールスター俳優がチェン・カイコー監督の下に集結、絢爛豪華な世界観を作り上げます。


空海―KU-KAI―

物語・・・
1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海。あるきっかけで知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った、鍵を握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。

極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」――。楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂は何を知っていたのか…?空海と白楽天、二人が辿り着いた真実とは…?海を渡った若き天才僧侶・空海と、中国が生んだ稀代の詩人・白楽天。二人はやがて、歴史に隠された哀しき運命と対峙することとなる。

公式HP:
http://ku-kai-movie.jp/

公式Twitter:
kukai_movie

***********************************

染谷将太 ホアン・シュアン
チャン・ロンロン/火野正平/松坂慶子 
キティ・チャン/チン・ハオ/リウ・ハオラン/チャン・ルーイー
阿部寛
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)
主題歌:RADWIMPS「Mountain Top」(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
監督:チェン・カイコー(陳凱歌)

撮影:2016年7月31日~2017年1月4日 
配給:東宝(株)  KADOKAWA
製作:KADOKAWA/新麗伝媒(New Class Media)/英皇電影(エンペラー・モーションピクチャーズ)/北京二十一世紀盛凱影視文化交流
©2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film