「松たか子」タグアーカイブ

中島哲也監督 × 岡田准一 映画『来る』製作決定!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph
中島哲也監督
『嫌われ松子の一生』や『告白』中島監督の最新作が、『渇き。』以来5年の時を経て遂に製作決定!

そのタイトルは・・・『来る』。

最新作の題材に選んだのは、「第22回日本ホラー大賞」にて宮部みゆきらの大絶賛コメントを浴びて大賞を受賞した、澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫刊)。

映画情報どっとこむ ralph この怪作の主演を託されたのは、『海賊とよばれた男』(16)で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、近年数多くの映画に出演し、名実ともに国民的俳優となったおかだ岡田じゅんいち准一。中島監督とのタッグは、本作が初!

岡田准一【野崎 役】さんからのコメント
今回、初めて中島哲也監督とお仕事させていただくことを光栄に思っております。同世代の妻夫木聡さん、初めてご一緒させていただく松たか子さん、小松菜奈さん、何度かご一緒させていただいている黒木華さん。皆様と中島監督の世界でお芝居ができることを今から楽しみにしております。中島監督のホラーということで、怖くて脚本を読むのも大変ですが、作品の中で野崎として生きていけるように頑張ります。


そして、妻夫木扮する【田原秀樹】の妻役にくろき黒木はる華。

黒木華 【田原香奈 役】さんからのコメント
今回の香奈という役は、自分にとって大変大きく今までにない挑戦になります。難しい所もあると思いますが、監督と、共演の方々と共に、自分に無いものと在るものも含めて、最大限に楽しめればと思います。


岡田扮する【野崎】と共に“それ”と戦うことになった女性にこまつなな小松菜奈。

小松菜奈【比嘉真琴 役】さんからのコメント
中島監督とは私が女優として映画初出演の「渇き。」以来になります。再び中島監督とお仕事出来ることは嬉しさと怖さがあるのは正直な気持ちです。今回私が演じる真琴は、一風変わったキャラクターですが強さと弱さ、正義感、女性らしさを兼ね備えたとても人間味ある人だと思いました。また内面の役作り含め、今回はビジュアルも監督はじめスタッフの方々と相談しながら作りあげたので、現場に入って監督、共演者の方々と共存する中でどんな真琴が生まれるか今からワクワクします。そして、真っ直ぐぶつかっていきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph さらに、映画『告白』の主人公としても記憶に新しいまつ松たかこ子が、最強の霊媒師役で参加。

松たか子【比嘉琴子 役】さんからのコメント
中島監督に再び声をかけていただき、嬉しい気持ちと、何をどうすればいいのかわからない思いの両方で胸がいっぱいです。でも、魅力的な出演者の皆さんとご一緒できることを、本当に楽しみにしています。撮影が始まるまでに、ゼロになることを恐れず、今のこのいっぱいな心をからっぽにして、現場に向かいたいと思います。


そして正体不明の“それ”に狙われるきっかけとなった重要な役どころを演じるのは、『悪人』(10)と『怒り』(17)でそれぞれ日本アカデミー賞最優秀主演男優賞と最優秀助演男優賞を受賞し、俳優としてますますその動向が注目されるつまぶ妻夫木聡さん。中島監督作品への参加は、『パコと魔法の絵本』、『渇き。』(14)に続き3回目。

妻夫木聡【田原秀樹 役】さんからのコメント
中島監督がみせるホラーとはどういうものか、僕自身とてもワクワクした気持ちでいます。
中島監督の作り上げる世界は幻想的でもあり現実的でもあり、いろんな感情が渦巻いたその世界の中で生きることをいつも楽しませて頂いています。本当に怖いものはもしかしたら…と思うような結末は新しいホラーの形となることを確信しています。楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph 中島監督は、原作小説を読んですぐに「映画化したい」と快諾し、1年以上にわたり脚本を執筆。

劇団「ハイバイ」を主宰し、岸田國士戯曲賞、向田邦子賞をW受賞した気鋭の劇作家・岩井秀人も共同脚本として参加。原作の魅力はそのままに、中島監督でしか撮ることのできない映画の企画が立ち上がりました。企画・プロデュースは、『悪人』『モテキ』『君の名は。』等、数々のヒット作を世に放ち続けるかわむら川村げんき元気。中島監督と川村プロデューサーは、『告白』(10)以来、2回目のタッグ。


「来る」

2019年 全国東宝系にてロードショー!

公式サイト: 
http://kuru-movie.jp/

物語・・・
愛する妻・かな香奈(くろき黒木はる華)と結婚式を終え、幸せな未来に胸を膨らますたはら田原ひでき秀樹(つまぶ妻夫き木さとし聡)。そんな彼の会社にある日、謎の訪問者が。取り次いだ後輩いわく、「チサさんの件で」とのことだが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる―。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘の名=知紗。まだ二人しか知らないはずの名がなぜ―。訪問者の正体はわからぬまま。“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる―。
2年の月日が流れ、「イクメンパパ」として知紗を溺愛する秀樹の周囲で不可解な出来事が起こりだす…。
“何かに狙われているのでは?”と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライターののざき野崎(おかだ岡田じゅんいち准一)と、その恋人で強い霊感を持つま真こと琴(こまつなな小松菜奈)を紹介してもらうことに。だが、真琴も“それ”を感知した途端、その強大さを思い知るのだった。
 そしてついに “それ”にカタをつけるため、真琴の姉で、国内一の霊媒師・ことこ琴子(まつ松たかこ子)をはじめとした神社の神職、沖縄のユタなど、全国から猛者達が次々に集結してくる。クリスマスの夜。「…来る」、琴子が告げ、遂に“それ”との戦いが幕を開けるー。

***********************************

監督・脚本: 中島哲也
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
撮影スケジュー:2018年2月上旬~4月中旬頃
製作プロダクション:東宝映画 ギークサイト
配給: 東宝
©2019「来る」製作委員会


松たか子が歌う「つなぐもの」『嘘を愛する女』主題歌MV到着!


映画情報どっとこむ ralph 長澤まさみと高橋一生が出演する映画『嘘を愛する女』(1月20日公開)の本編映像を使用した松たか子が歌う主題歌「つなぐもの」のMVが、この度解禁。
松たか子が8年ぶりにリリースしたオリジナルアルバム『明日はどこから』に収録された新曲「つなぐもの」は、作詞を松たか子のデビュー曲「明日春が来たら」を手掛けた坂元裕二、作曲を松たか子ということもあり、アルバム収録曲の中でも話題の1曲となっている。その新曲「つなぐもの」のミュージックビデオは、主題歌に起用されている映画「嘘を愛する女」の映像で全編構成されている。さらにこのミュージックビデオでしか見ることのできない公開前の映像がふんだんに使用されています。


嘘を愛する女

1月20日(土)全国ロードショー

公式サイト:
http://usoai.jp/

物語・・・

その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。

「一体、彼は誰ですか?」

くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利―。

やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。

なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?

そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。

***********************************

監督:中江和仁
脚本:中江和仁・近藤希実
製作:「嘘を愛する女」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝
出演:長澤まさみ 高橋一生 DAIGO 川栄李奈 黒木瞳 吉田鋼太郎
Ⓒ2018「嘘を愛する女」製作委員会
   


拭くのがもったいない?!ジヌのトイレットペーパー!


4月4日(土)より公開の松尾スズキ監督x主演・松田龍平が『恋の門』以来10年ぶりのタッグを組む話題の映画

ジヌよさらば~かむろば村へ~

この度、本作の公開を記念して、ジヌ(お金)のデザインをあしらった、本作オリジナルのトイレットペーパーをご存知ですか!?
ペーパーと共に写真に写りこんでいるのは、かむろば村の守り神であるおがむろ様です。

ペーパーと共に写真に写りこんでいるのは、かむろば村の守り神であるおがむろ様です。
ペーパーと共に写真に写りこんでいるのは、かむろば村の守り神であるおがむろ様です。

このトイレットペーパーは・・・・

タイトルにちなんで、“ジヌ(お金)”をさらばすることを劇場でお客様にも体験していただく為につくられたもの。

2月中旬頃より新宿ピカデリー他、MOVIXの本作の上映劇場にて設置されています。
(設置時期は劇場により異なります。無くなり次第終了)

いつも通りトイレで用を足した人は驚きを隠せないようで、「びっくり!」「ワロタww」などの声と共に、設置されたペーパーを写真に撮ってtwitterに投稿する人が続出、トイレでパシャパシャと怪奇音が鳴り響いているそうです。

このアイデアに、他の劇場からも設置したいとの要望が殺到し、急遽、増産が決定!

©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむらば村へ』
©2015
いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむらば村へ』

監督である松尾スズキさんは、「拭いて流してほしい。」とその想いを吐露してます。

ジヌよさらば~かむろば村へ~

4月4日(土)より 新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー!
http://www.jinuyo-saraba.com/

********************************************************************

ジヌよさらばポスター監督・脚本・出演/松尾スズキ  
原作/いがらしみきお「かむろば村へ」(小学館 ビッグコミックス スペシャル刊)
出演/松田龍平、阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、片桐はいり、中村優子、村杉蝉之介、伊勢志摩、オクイシュージ、モロ師岡、荒川良々、皆川猿時、西田敏行
特別協力/福島県柳津町 
特別協賛/福島民報社  
配給/キノフィルムズ
(C)2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会 

現金に触るだけで失神してしまう、前代未聞の深刻な“お金恐怖症”になってしまった元銀行マン・タケ(松田龍平)は、一円も使わずに生きていくために、過疎化が進む小さな寒村“かむろば村”へやってきた。お金を使わない生活を闇雲に実行しようとするタケを、奇妙な生き物を見るように眺める村人たちは濃い顔ぶればかり。異常に世話焼きな村長・与三郎(阿部サダヲ)、与三郎の美人妻・亜希子(松たか子)、高齢化率40%の村では希少だけどどこかアヤシイ女子高生・青葉(二階堂ふみ)、自他ともに認める村の“神様”で、写真が趣味のなかぬっさん(西田敏行)。彼らに助けられながら、危なっかしいながらも奇蹟的に一円も使わない生活を続け、村に慣れ始めた頃、見るからに怪しい風体の男・多治見(松尾スズキ)が現れる。与三郎に露骨な嫌がらせをしかける多治見だが、実は与三郎には不穏な過去があるようで・・・!? 一方で、迫りくる村長選挙を巡る陰謀が発覚し、タケの生活は思わぬ方向へ向かいだす・・・!


『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』予告編&場面写真到着! 


監督・松尾スズキ、主演・松田龍平が『恋の門』以来10年ぶりのタッグを組む話題の映画

ジヌよさらば ~かむろば村へ~

この度、本作の予告編と画像シーンが到着!
©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむらば村へ』
©2015
いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむらば村へ』
ジヌよさらばs4
注目のアーティストOKAMOTO‘Sの手掛ける主題歌「ZEROMAN」も本予告編をもちまして解禁となりました!

予告編内容
都会生活の中でお金恐怖症に陥った元銀行員のタケ(松田龍平)はお金と縁を切り、一銭も使わない生活を送ろうと人里離れた何にもないはずの過疎の村、かむろば村への移住を決意します。

しかし、そこで出会う人たちは一癖も二癖もある人たちばかりでした。

かむろば村の村長、与三郎(阿部サダヲ)、与三郎の美人妻・亜希子(松たか子)、過疎の村に咲く一輪の花、女子校生の青葉(二階堂ふみ)や、自他ともに認める村の神様“なかぬっさん”(西田敏行)らに加えて新たに映像に登場するのは、パンキッシュな風貌のいそ子(片桐はいり)、物語をにわかに騒がしくする男・多治見(松尾スズキ)、タケから金を奪おうとするチンピラ・青木(荒川良々)、村長選挙を巡って陰謀を企てる村の助役・伊吉(杉村蝉之助)と隣町の議員・青砥(皆川猿時)など個性的なキャラクターのオンパレード!タケの “お金”と決別した生活はいったいどうなるのでしょうか……。

本作の為に書き下ろされた疾走感のある主題歌OKAMOTO‘Sの「ZEROMAN」も本予告編にて解禁となりました!


2015年4月4日(土)より、シュールに全国公開です!
http://www.jinuyo-saraba.com/

物語は・・・
銀行マンとしての資質がなかったのか、深刻な<お金恐怖症>に陥ったタケ(松田龍平)は過疎化が進む小さな村“かむろば村”へ逃げるようにやってきた。財産は100万円で手に入れた空き家だけ。
ガスも水道も携帯電話も要らない!現金は使わない!と宣言したものの、暖房の無いボロ家で暮らし始めた初日に風邪をひく始末。
ジヌよさらばs2 農業を始める気なら田舎暮らしこそ現金や携帯電話が必要なのに、と村人たちにあきれられる毎日だ。
田舎暮らしを甘くみていたタケだが面倒見のいい村長・与三郎(阿部サダヲ)が経営する村唯一のスーパーで雇ってもらうことになりバイト代は食糧の現物支給で。田んぼや畑の仕事を村人たちに教えてもらいつつ、なんとか物々交換と自給自足生活になじみ始めたある日、怪しい男(松尾スズキ)が村に現れ……。
ジヌよさらばs5 ジヌよさらばs6
********************************************************************

監督・脚本・出演/松尾スズキ
原作/いがらしみきお「かむろば村へ」(小学館 ビッグコミックス スペシャル刊)

出演/松田龍平、阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、片桐はいり、中村優子、村杉蝉之介、伊勢志摩、オクイシュージ、モロ師岡、荒川良々、皆川猿時、西田敏行

特別協力/福島県柳津町 特別協賛/福島民報社  
配給/キノフィルムズ
(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会



OKAMOTO’Sの新曲「ZEROMAN」が『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』主題歌に決定!


“お金恐怖症”に陥った元銀行マンがお金と決別宣言!
「なにも売らない なにも買わない ただ生きていく」生活とは?

新作映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~

が2015年4月4日(土)公開となります。

この度、OKAMOTO’Sの新曲「ZEROMAN」が、本作の主題歌に決定いたしました!OKAMOTO’Sが長編映画主題歌を担当するのは今回が初だそうです。

主題歌は、松尾監督本人が出した歌詞のアイデアをベースにOKAMOTO’Sのショウが仕上げるというスタイルで、この映画がもつ現代社会を風刺したシニカルな世界観にそった歌詞/サウンドを意識した新曲「ZEROMAN」が完成しました。

OKAMOTO'S
ボーカルのオカモトショウよりコメントも到着してます!

Voxオカモトショウ:

今回、OKAMOTO’Sが豪華な顔ぶれの中で『ジヌよさらば~かむろば村へ~』にたずさわる事ができ、とても感激しています。

主題歌制作にあたり、松尾スズキ監督とミーティングをした時に素晴らしい詩と、そして“パンク”でいきたいというテーマを頂き、その詩に繰り返し書かれていた「ZEROMAN」という言葉に導かれ、バンドで楽曲のイメージを膨らませていきました。

ミーティングの時に「“ゼロ”っていうのはなにもない、なにもいらないようで、“ゼロ”があるってことだと思うんだよね」という監督の話にも感化され、この映画を締めくくるに相応しい楽曲に仕上がったと思います。

―オカモトショウ(OKAMOTO’S)

ジヌよさらば ~かむろば村へ~

2015年4月4日(土)より、全国公開!

公式HP:http://www.jinuyo-saraba.com/

********************************************************************

ジヌよさらばポスター 物語・・・
銀行マンとしての資質がなかったのか、深刻な<お金恐怖症>に陥ったタケ(松田龍平)は過疎化が進む小さな村“かむろば村”へ逃げるようにやってきた。財産は100万円で手に入れた空き家だけ。
ガスも水道も携帯電話も要らない!現金は使わない!と宣言したものの、暖房の無いボロ家で暮らし始めた初日に風邪をひく始末。
農業を始める気なら田舎暮らしこそ現金や携帯電話が必要なのに、と村人たちにあきれられる毎日だ。
田舎暮らしを甘くみていたタケだが面倒見のいい村長・与三郎(阿部サダヲ)が経営する村唯一のスーパーで雇ってもらうことになりバイト代は食糧の現物支給で。田んぼや畑の仕事を村人たちに教えてもらいつつ、なんとか物々交換と自給自足生活になじみ始めたある日、怪しい男(松尾スズキ)が村に現れ……。

監督・脚本・出演/松尾スズキ
原作/いがらしみきお「かむろば村へ」(小学館 ビッグコミックス スペシャル刊)

出演/松田龍平、阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、片桐はいり、中村優子、
村杉蝉之介、伊勢志摩、オクイシュージ、モロ師岡、荒川良々、皆川猿時、西田敏行

特別協力/福島県柳津町 特別協賛/福島民報社  
配給/キノフィルムズ
(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会