「東野圭吾」タグアーカイブ

東野圭吾 中国で再び映画化!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』日本公開決定


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計1,200万部!昨年公開した山田涼介、西田敏行出演の映画版は興収10億円突破の大ヒットを記録し第41回日本アカデミー賞で優秀作品賞を含む6部門を受賞!

ベストセラー作家・東野圭吾の数ある作品の中で最も泣ける感動作として映画界、出版界の話題をさらった「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(角川文庫刊)。日本中の心を温めた名作が中国で再び映画化され、タイトルは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で2018年にKADOKAWA配給で日本公開されることが決定しました。
人気男性ユニットTFBOYSのワン・ジュンカイ、2017年版中国美人ランキングで1位を獲得したディルラバ・ディルムラット、『山河ノスタルジア』のドン・ズージェンら、若手スターが集結。

さらに中国を代表する世界的アクションスター、ジャッキー・チェンも出演と豪華な顔ぶれとなりました。監督を務めたのは第12回東京フィルメックスのコンペティション部門に出品された『ミスター・ツリー』のハン・ジェ。


日本同様中国での東野圭吾人気はすさまじく、「中国で最も稼ぐ外国人作家ランキング」で長年トップに君臨し続けた「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリングを抑え、2017年に1位に輝きました。

中国では「ナミヤ~」は約850万部の大ヒットとなり、ミステリー・ファン以外にも東野圭吾を知らしめたエポックメイキングな作品。日中の人々の心を捉えて離さない、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』再映画化にぜひご期待下さい。

2018年全国ロードショー。

***********************************

原作:東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(角川文庫刊)

監督:ハン・ジェ

出演:ワン・ジュンカイ ディルラバ・ディルムラット ドン・ズージェン リ・ホンチ グァン・シャオトン ハオ・レイ チン・ハオ

原題:解憂雑貨店 英題:Namiya

配給:KADOKAWA 109分 2017香港=中国=日本

© 2017 EMPEROR FILM PRODUCTION COMPANY LIMITED WANDA MEDIA CO., LTD. SHANGHAI PMF PICTURES CO., LTD KADOKAWA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED


新参者参上キャンペーン実施中!阿部寛『祈りの幕が下りる時』


映画情報どっとこむ ralph 阿部寛演じる日本橋署に異動してきた鋭い洞察眼を持つ凄腕の刑事・加賀恭一郎が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すサスペンス要素と、様々な人との触れ合いを通して謎を解明していくヒューマンドラマ要素が話題となった東野圭吾原作の「新参者」。

そして、その最新作『祈りの幕が下りる時』2018年1月27日公開をもって感動のフィナーレを迎えます。

これまで加賀の類稀なる推理力で数々の事件が解決されてきましたが、実は未だ明かされていない謎が残り続けていました。

それは、

加賀恭一郎(阿部寛)の母は何故息子を残し失踪したのか?
日本橋に留まる理由とは?
加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか――。

これまでの作品で何度も触れられていながらも解き明かされなかった“最大の謎”が、映画『祈りの幕が下りる時』で遂に明らかになります。

映画情報どっとこむ ralph そんな本作の公開を記念して・・・・

プレゼントキャンペーンを映画公式サイトにて実施中です!

その名も「新参者参上キャンペーン」。

一部映画館のロビーに設置している阿部寛扮する加賀恭一郎の等身大パネルと一緒に、「新参者ポーズ」で写真を撮影し、ハッシュタグ(#新参者参上)とともにツイートすると、「新参者」の聖地日本橋・人形町の豪華特選品と映画『祈りの幕が下りる時』オリジナルグッズが入った福袋を抽選で20名様にプレゼント! お正月は是非映画館へ! そして縁起の良い特選品満載の福袋が当たるキャンペーンに是非ご参加ください。

映画情報どっとこむ ralph 新参者参上キャンペーン

対象期間;
2017年11月3日(金・祝)~2018年3月31日(土)23:59まで

キャンペーンページURL
http://inorinomaku-movie.jp/sanjo/

特選品
■すき焼割下木樽醤油仕込み
天然醸造の醤油、白双糖、利尻産昆布など材料にこだわり、深い旨味とすっきりとした甘さに芳醇な香りを醸し出す逸品です。
【提供元】(株)人形町今半

■時代小紋帆布ショルダーバッグ(青)
職人手作りの和雑貨を扱うセレクトショップ「日本橋ゆうま」より。伝統の小紋柄ショルダーバックです。
【提供元】日本橋ゆうま

■「日本橋大店と富士山」QUOカード(500円券)
コンビニ・書店・ドラッグストア等で使えるQUOカードです。日本橋周辺を描いた歌川広重の浮世絵デザイン。
【提供元】(株)クオカード

■あまから(手焼き煎餅)&あまあま(ざらめ)セット
ドラマ「新参者」第1話の舞台となった手焼き煎餅店です。ドラマにも登場した、あまからとあまあまをお楽しみください。
【提供元】(株)にんぎょう町草加屋

■人気のゼイタク煎餅4袋詰め合わせ
たまごの風味たっぷりのやさしい味。戦時中貴重品だった卵や砂糖を使った「贅沢な」お菓子ということからゼイタク煎餅という名がつきました。ゼイタク煎餅各種より、特に人気の4種をセットにしました。
【提供元】(株) 重盛永信堂

■山本海苔店日本橋本店限定 バラエティ詰合せ
日本橋のデザインが施された「日本橋本店限定焼海苔」と、上質な2枚の海苔で具材をサンドした「おつまみ海苔」を詰め合わせました。日本橋にゆかりの深いこのお店ならではの商品です。
【提供元】(株)山本海苔店

■茅乃屋ギフト
和・洋幅広くお使いいただけるおだし、素材の食感を感じられる「食べるポン酢」、“練り”と“すり”でクリーミーに仕上げたドレッシングのセットです。
【提供元】コレド室町

■東京名所缶 梅ぼ志飴
お馴染みの「榮太樓飴」を、情緒漂う日本橋界隈の名所を描いた缶入に仕立てました。梅ぼ志飴には現代の日本橋が描かれています。
【提供元】(株)榮太樓總本鋪

■東京西川「AiR」【エアーポータブル】ネックピロー/【エアーポータブル】クッション
人気のAiRシリーズのネックピローと持ち歩きやすく軽量・コンパクトなAiRクッションです。
【提供元】東京西川

■BAR暖炉ロゴ入りステンレスタンブラー
木の温もりを感じられる柔らかい雰囲気で、歴史があり下町情緒溢れる人形町の路地裏にたたずむ隠れ家オーセンティックバー「暖炉」のロゴ入りタンブラーです。
【提供元】BAR暖炉

映画情報どっとこむ ralph 祈りの幕が下りる時

2018年1月27日(土)全国ロードショー!!

公式サイト:
http://inorinomaku-movie.jp/

***********************************

原作:東野圭吾「祈りの幕が下りる時」(講談社文庫)

監督:福澤克雄
主題歌:JUJU(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
出演:阿部 寛 松嶋菜々子
溝端淳平 田中麗奈 / キムラ緑子 烏丸せつこ
春風亭昇太 音尾琢真 飯豊まりえ 上杉祥三 中島ひろ子 桜田ひより / 及川光博
伊藤 蘭 小日向文世 山﨑 努

©2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会
 


篠原涼子 x 西島秀俊 初共演「人魚の眠る家」映画製作発表!コメントあり


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾さん原作の話題の小説「人魚の眠る家」を主演、篠原涼子さん。共演に西島秀俊さんで映画化することが決定されることが発表となりました!

今、“大人の女性“、”大人の男性”として輝いている二人が、映画での初共演を果たします!

離婚寸前の仮面夫婦の元に、ある日突然、悲報が届く。「娘がプールで溺れた―」。

愛するわが子は意識不明のまま、医師から脳死を宣告され、その死を受け入れるのか、生かすのか、二人は究極の選択を迫られる。

ただ深く眠り続ける娘を前に夫婦が下した決断とは!?その先に待っているのは、悲劇か、奇跡か―。

過酷な運命に翻弄されながら、狂気ともいえる行動でわが子を守り抜こうとする母親役を篠原涼子さんが挑みます。

そして子を思う親として、妻の常軌を逸した姿に深く苦悩していく父親役に西島秀俊さん。

メガホンを取るのは、『トリック』シリーズや『SPEC』シリーズなど、時代の空気を掴むエンターテイメント作を放つ一方、『明日の記憶』や『天空の蜂』など硬派で骨太な人間ドラマも手掛ける日本映画界の鬼才・堤幸彦。堤監督の集大成ともいえる意欲作です!

映画情報どっとこむ ralph 篠原さん、西島さんさん、堤監督からコメントが届いています!

播磨薫子 役:篠原涼子さん
初めて原作を読んだときから、同世代の子どもを持つ親として自分だったらどう向き合うのか?薫子の様に強くなれるだろうか?なかなか答えの出ないテーマの作品だと、ずっと心の中に残っていました。そんな作品に堤監督、旦那さん役の西島秀俊さんを始めとするスタッフ、キャストの方々と共に向き合えるのは運命かもしれません。映画の中で答えを見つけたいと思います。

播磨和昌 役:西島秀俊さん
愛する子供の命の選択を迫られるという東野圭吾さんの意欲的な作品に、主演の篠原涼子さんと、夫役として本作でご一緒できることが今から楽しみです。初参加となる堤組で、この深い人間ドラマに真正面からぶつかっていきたいと思います。

堤幸彦監督からのコメント
原作に描かれていることはたいへん難易度の高い内容ですが、それはどの夫婦にも親子にも突きつけられる究極の問題であり、だからこそ挑戦すべき作品だと確信しています。考えれば考えるほど“他人事”ではない。心して取りかかります。

映画情報どっとこむ ralph 残酷な状況下で迫られる究極の選択、先の読めない怒涛の展開、根底から揺るがされる善悪の価値観。そして、すべての理屈と常識を超えていく、愛という感情の脆さと強さ。東野圭吾が、真正面から人を描くヒューマンミステリーの最後に待っているのは、希望―。2018年、この究極の愛に日本中が涙すること必至の感動大作が誕生します。

人魚の眠る家

2018年 11月全国公開です。

物語・・・
二人の子供を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)と会社を経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。すでに別居状態の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら、離婚することになっていた。そんなある日、二人の元に悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。医師からは「脳死」という宣告が下され、回復の見込みはないという。脳死を受け入れ臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つのか…究極の選択を迫られた二人は、話し合いの末に臓器提供を決断する。ところが別れの瞬間、娘の手が一瞬動いたのを見た薫子は、娘が死んでいるという現実を受け入れられず、一転して臓器提供を拒否する。そんな娘と妻のためにと和昌は、自らが経営する会社の最先端技術を使い、前例のない延命治療を決意。その甲斐あってか、娘はただ眠っているかのように美しく、肌つやも良くなり、体も徐々に成長してゆく。しかしその決断は、やがて薫子の狂気を呼び覚ましてゆく。そんな妻の姿を目の当たりにした和昌は、果たして自分の選択が正しかったのか、本当に娘は生きているのか深く苦悩していく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった二人の先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

***********************************

監 督: 堤 幸彦
脚 本: 篠﨑絵里子
原 作: 東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎刊)
出 演: 篠原涼子、西島秀俊 ※主演は篠原涼子さんとなります。
配 給: 松竹
製作スケジュール: 2018年1月 クランクイン、2月クランクアップ(予定) 都内近郊での撮影を予定


櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰『ラプラスの魔女』の超豪華追加キャスト発表!!映像も解禁


映画情報どっとこむ ralph 先日、東野圭吾デビュー30周年の記念作品「ラプラスの魔女」が超豪華キャスト&スタッフで三池崇史監督が映画化することが発表になりましたが、11月1日映像初解禁&豪華追加キャスト発表となりました!

そして、今回が初共演となる櫻井翔さん、広瀬すずさん、福士蒼汰さんに続き・・・、

豊川悦司さん、玉木宏さん、志田未来さん、佐藤江梨子さん、TAOさん、高嶋政伸さん、檀れいさん、リリー・フランキーさんというまさしく全員が主役級のキャストが勢揃い!この超豪華チームが2018年日本映画に旋風を巻き起こします!!

更に、最新映像、ポスター、ちらしビジュアルが11月3日(金)より全国劇場で放映、掲載になる前に初解禁することになりました。


【櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰】のスタイリッシュな衝撃をもたらすミステリー超大作が遂に動き始めます!
映画情報どっとこむ ralph ●青江 修介(あおえ・しゅうすけ)役・・・櫻井翔(主演)(35)
「自然科学的に絶対に不可能な事件」の調査を警察から依頼され、
真相に迫る生真面目な大学教授。地球化学者の専門家。

●羽原 円華(うはら・まどか)役・・・広瀬すず(19)
自然現象を次々と言い当て、青江を翻弄する謎の女。

●甘粕 謙人(あまかす・けんと)役・・・福士蒼汰(24)
羽原円華が探している青年。
          
●桐宮 玲(きりみや・れい)役・・・TAO(32)
羽原円華のボディーガード。

●武尾 徹(たけお・とおる)役・・・高嶋政伸(51)
羽原円華のボディーガード。

●奥西 哲子(おくにし・てつこ)役・・・志田未来(24)
青江修介の助手。

●水城 千佐都(みずき・ちさと)役・・・佐藤江梨子(35)
硫化水素中毒死した水城義郎の妻。

●羽原 美奈(うはら・みな)役・・檀れい(46)
羽原円華の母親。円華の幼少期に死去。

●中岡 祐二(なかおか・ゆうじ)役・・・玉木宏(37)
不可解な事件を追う警視庁麻布北署の刑事。

●羽原 全太朗(うはら・ぜんたろう)役・・・リリー・フランキー(53)
羽原円華の父親であり、脳神経外科の医師。

●甘粕 才生(あまかす・さいせい)役・・・豊川悦司(55)
甘粕謙人の父親であり、元映画監督。


映画情報どっとこむ ralph ストーリー

かつてフランスの天才数学者ピエール=シモン・ラプラスは言った。
ある瞬間の全物質の力学的状態とエネルギーを知り、計算できる知性が存在するならば、その知性には未来が全て見えているはずであると。
全てを知り、未来を予見する者…神にも等しいその存在を、のちの学者は[ラプラスの悪魔]と呼んだ。

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。

もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。

青江は封鎖された事件現場の地形や地質、気象などを念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定する。ところが、事件現場に現れた1人の女・羽原円華(広瀬すず)が、青江の目の前で、その場で次に起こる自然現象を言い当てていく。それは奇跡か、偶然か…。なりゆきで円華と行動を共にすることなった青江は、彼女が失踪した甘粕(福士蒼汰)という青年を探していることを知る。一方、警察は「円華には、なにか不思議な力が備わっている」として事件への関与を疑い始めた。そして、ついに第三の事件が発生する…。

映画公式サイト:
www.laplace-movie.jp/

***********************************

出演:櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO/玉木宏
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 

監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:東野圭吾「ラプラスの魔女」(KADOKAWA 刊)

配給:東宝(株)
制作プロダクション:東宝映画 OLM
制作協力:楽映舎
撮影期間:2017年3月中旬~4月末(東宝スタジオほか)
Ⓒ2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会


監督:三池崇史


木村拓哉が初の刑事役!初東野圭吾作品!「マスカレード・ホテル」映画化決定


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾原作のベストセラー小説『マスカレード・ホテル』の映画化が決定しました。

検事、総理大臣、天才外科医など数々の職業を演じてきた木村拓哉さんが初の刑事役!

潜入捜査先で共に事件の真相に迫るホテルマン役には初共演の長澤まさみさん。

原作の「マスカレード・ホテル」は、シリーズ累計275万部を突破した東野圭吾先生作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。先日発売された最新作「マスカレード・ナイト」も話題を呼んでいます。

発売直後から各社映像化権を巡り争奪戦となりましたが、なかなか実現しなかった本作ですが、発売から6年の歳月を経て、遂に木村拓哉さん、長澤まさみさんという最高のキャストで実写化です。

作品の舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。
次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”を剥がそうとする木村拓哉演じる警視庁捜査一課の刑事。その“仮面”を守ろうとする長澤まさみ演じるホテルマン。この水と油の異色のバディが屈指の難事件に挑む、超豪華ミステリーの誕生です。

木村拓哉さんが、捜査一課のエリート新田浩介役として、連続殺人事件の次なる舞台として予告されたホテル・コルテシア東京にホテルマンに扮して潜入捜査に挑みます。また、東野圭吾作品初出演となります。そして、コルテシア東京に勤務し、新田の教育係に任命されるフロントクラーク・山岸尚美役には長澤まさみさん。

監督を務めるのは、「HERO」シリーズの鈴木雅之さん。
脚本は、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚さんが務めます。

映画情報どっとこむ ralph 木村 拓哉(きむら・たくや)さんからのコメント

新田の職業は刑事ですが、今回は潜入捜査であり、ホテルマンでもあるので、そのバランスが非常に面白いと思っています。ホテルマンの制服に袖を通すと、自然と背筋が伸び、この作品に関わっている間は、ずっと姿勢が良いと思います(笑)長澤さんは非常に表現豊かな方なので、どのようなシーンを一緒に構築できるかとても楽しみに
しています。『マスカレード・ホテル』という非常に面白い原作を、如何に自分たちが体現できるかプレッシャーはありますが、全力で頑張ります。

長澤 まさみ(ながさわ・まさみ)さんからのコメント

原作を読んで、刑事とホテルマンの心情にハラハラドキドキしてあっという間に読んでしまいました。仕事に対して真摯に付き合う姿勢は、今の自分にとても響きました。山岸尚美という役は、正義感が強いのが彼女のプライドだと思うので、それを意識して演じたいと思います。また、木村拓哉さんと共演するのは初めてなので、とても楽しみです!

監督:鈴木雅之(すずき・まさゆき)さんからのコメント

【代表作】「HERO」シリーズ、映画『本能寺ホテル』ほか
ホテルという世界を想像する事はものを作る気持ちを刺激します。それはそこに集まる得体の知れない人々がいるからで、今回はとても怪しくチョイと魅力的な人々がやって来る、そのことにワクワクします。そして、その最たる人が刑事です。そんな刑事とホテルマンという我々が想像するには水と油な2人が、お互いを知っていく事や、マスカレードと言う“仮面の世界”の面白さとその仮面の内側を知る事の喜び、そんなところが今回の楽しみなところです。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
都内で起こった3件の殺人事件。すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。
警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。

しかし犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に「犯人逮捕が第一優先」の刑事として利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、「お客様の安全が第一優先」のホテルマンとして利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。果たして謎の真犯人の正体とは・・・。

***********************************

配給:東宝(株)
製作プロダクション:シネバザール
撮影期間:2017年10月7日~11月中旬予定(東宝スタジオほか)
Ⓒ2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会
Ⓒ東野圭吾/集英社