「東映」タグアーカイブ

東映・Tjoy 上映映画の応援隊長に チョコレートプラネットTT兄弟が!


映画情報どっとこむ ralph この度、“TT兄弟”ネタで話題沸騰中の人気お笑いコンビ・チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)が、お正月映画を筆頭に、映画界を更に盛り上げる応援隊長として、映画館で上映されるCMに出演が決定しました。

この劇場CMは 12/22(土)より、全国のティ・ジョイ系映画館19サイト(一部劇場では、東映配給作品に限ります)及び東映直営館にて上映されます。

<今回の劇場CM出演の経緯>
チョコレートプラネットの“TT兄弟”ネタが、「世の中にあるTを探そう」というコンセプトであり、ティ・ジョイ(T・JOY)や東映 (TOEI)の頭文字がTであることから、この度のキャスティングをオファーしました。この映像は、“TT兄弟“として初のCMとな ります。撮影は、チョコレートプラネットもよく映画を観に来るという新宿バルト9で、12月中旬の深夜に行われました。


<チョコレートプラネット コメント>
【長田】映画はもともと大好きですし、特に東映の作品の『ドラゴンボール』や『仮面ライダー』を見て育ってきたのでこのオファーが来たときはむちゃくちゃ嬉しかったです。
【松尾】“TT兄弟”はぶっちゃけた話、番組の企画として10分くらいで作ったネタだったので、まさか“TT兄弟”で劇場CMに出演できるとは思っていませんでした(笑)。なのでコスパが最強にいいんですよ!(笑)
【長田】今回はテレビではなく、大きなスクリーンで上映されるので、めちゃくちゃ恥ずかしいんですけど、なんせ銀幕デビューですからね!
【松尾】僕らも必ず観に行きます!
【長田】皆さんも映画館で是非、“T”を探してみてください!


映画情報どっとこむ ralph <上映劇場>
●ティ・ジョイ
1.全スクリーンでの幕間上映 T・ジョイPRINCE品川、T・ジョイSEIBU大泉、T・ジョイ蘇我、こうのすシネマ、T・ジョイ新潟万代、T・ジョイ長岡、梅田ブルク7、 T・ジョイ京都、T・ジョイ東広島、T・ジョイ出雲、T・ジョイ博多、T・ジョイ久留米、T・ジョイリバーウォーク北九州、T・ジョイパーク プレイス大分、T・ジョイ稚内 2.東映配給作品での幕間上映 新宿バルト9、横浜ブルク13、広島バルト11、鹿児島ミッテ10

●東映直営館
丸の内TOEI①②、渋谷TOEI①②
※ T・ジョイPRINCE品川、T・ジョイSEIBU大泉は㈱プリンスホテルとの共同運営
※ T・ジョイ稚内は最北シネマ㈱の経営
※ 新宿バルト9、広島バルト11はTOHOシネマズ㈱との共同経営 ※ 横浜ブルク13は㈱松竹マルチプレックスシアターズ㈱東急レクリエーション との共同経営
※ 鹿児島ミッテ10 は 有楽興行㈱ との共同経営

***********************************

   


2019年4月!『東映まんがまつり』が、29年ぶりに復活


映画情報どっとこむ ralph 1967年(昭42年)より、東映が子供向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ「東映まんがまつり」が、29年ぶりに復活、2019年4月に劇場公開することが決定しました。
日本全国の子供たちに夢と希望を与えた同シリーズ。テレビCMで流れる「東映まんがまつり!」の元気な子供たちの掛け声を覚えている方も多いかと思います。宮崎駿監督はじめ、名だたるアニメーター、クリエイター達も数多く参加していた「東映まんがまつり」。この伝統あるオムニバス興行シリーズの名称が29年ぶりについに復活します!注目のラインナップは、絵本、読み物がシリーズ累計500万部を超え(2018年11月現在)、NHK Eテレで12月1日よりレギュラー放送が開始される「おしりたんてい」。

2018年4月より「月刊コロコロコミック」で連載開始、10月からはテレビ東京系で始まったアニメも小学生男子の人気「爆」上昇中の「バーハンター」。2005年に開設したブログ「うちの3姉妹」が大人気となり、単行本もベストセラーに、2008年よりテレビ東京系にてアニメ放送、小学生女子に根強い人気の「うちの3姉妹」。そしてダンボール工作が動くマカフシギなアニメーション「りさいくるずー」の、豪華4本立て!

映画情報どっとこむ ralph 【東映まんがまつりとは】
1967年から始まった、夏休みなど長期休みに行われた東映の子ども向けオムニバス興行タイトルのひとつ。アニメ作品だけでなく、実写映画「フィンガー5の大冒険」や「がんばれ!!ロボコン」などさまざまなジャンルの作品が上映された。「東映まんがまつり」という呼称は1990年の春まで使われており、29年ぶりの復活となる。


【東映まんがまつり復活について】

東映アニメーション 浅間陽介プロデューサー:
いま本当に子ども向けのアニメ映画って少ないんじゃないかな、と感じることが多くなりました。今回、1960~80年代にかけて親しまれた「東映まんがまつり」の呼称を復活させた理由としては、本当の子ども向けの映画を、映画館という空間で子どもたちみんなで楽しんでいただきたいという気持ちからです。いろんな作品の詰まった玉手箱のような「東映まんがまつり」を、是非ゴールデンウィークにお楽しみいただければと思います。

映画情報どっとこむ ralph 【各作品概要】 ※各作品劇場版のタイトルは未定です


おしりたんてい
トロル作・絵の児童書で2012年よりポプラ社から刊行され、2018年11月現在、絵本6作、読み物7作があり、12月12日には絵本最新刊が発売開始となる。シリーズ累計500万部を超える大ヒットシリーズで、幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的人気を得ている。2018年12月にはNHK Eテレでテレビアニメ放送がレギュラー化。さらなる人気を博している。見た目はおしりでも、推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」がププっと事件を解決していく謎解き物語。「フーム、においますね。」が口グセで、助手のブラウンとともに難事件を解決します。インパクトのある見た目と紳士なふるまい、そして犯人をおいつめる「必殺技」で子どもたちに大人気。

原作:トロル作・絵「おしりたんてい」 ポプラ社刊
©トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会



バーハンター
バンダイ、小学館、東映アニメーションによる共同プロジェクト『バーハンター』。アニメはテレビ東京系にて毎週火曜ゆうがた5時55分~好評放送中。

〈あらすじ〉 勉強はできないが、釣りへの情熱と才能だけは誰にも負けない少年・トッタ。目標は、世界中の大物を釣り上げて父親を超えること!ある日、父親の墓の中から不思議なガジェット・バーロッドを手に入れ、爆釣に出会う。バーコードの中に広がる海から大物を釣り上げたトッタ。しかしそれもつかの間、父親が遺したメモから、さらに巨大なヤツが飛び出してきた!父親のメッセージに導かれるように、更なる大物を釣り上げるべく、トッタは爆釣の聖地・盛魚町へ…!

原案:バンダイ、原作:鈴木サバ缶/小学館(月刊コロコロコミック連載)、企画協力:東映アニメーション

©鈴木サバ缶/小学館・爆釣団・テレビ東京


うちの3姉妹
スーパー育児エッセイブログ「うちの3姉妹」のアニメ化。主婦の友社発行の単行本もシリーズ累計380万部を超える人気作!フー・スー・チーの、おかしくてキュートな3姉妹が巻き起こす、おっぺけぺーな日常と母の愛のあるツッコミ!観た人からハッピーになれる「3姉妹ワールド」へようこそ!!

原作:松本ぷりっつ 主婦の友社 刊 「うちの3姉妹」より
©松本ぷりっつ/主婦の友社


りさいくるずー
自分で作ったダンボール工作がうごいてくれたらなぁ…。こどもの夢をかなえちゃうマカフシギなアニメーション、『りさいくるずー』。ダンボールから作られた探検家コンビのヤマオリとタニオリが、ロケットにのってダンボールの星へとやってきた。足りないものは工作しちゃえばいいじゃない。ダンボール神殿に眠る伝説のたからもの目指して、冒険がはじまるぞ!

原作:coyote
©coyote

映画情報どっとこむ ralph 『東映まんがまつり』

公式サイト:
toei-mangamatsuri.jp

公式twitter:
@toei-manga

***********************************

配給:東映
宣伝:ガイエ
©2019東映まんがまつり製作委員会
   


原作:藤沢周平 主演:瑛太 オリジナル時代劇「闇の歯車」劇場上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 藤沢周平の傑作<サスペンス時代長編>、待望の映像化!
時代劇専門チャンネルは、「時代劇の灯を消すな」というスローガンのもと、これまで18作品に及ぶ本格的な時代劇作品を手掛けてまいりました。

そのいずれも時代劇のスタンダードともいえる「義理人情」の世界を描いています。

しかし、開局20周年の節目を迎え、“次の20年を見据えて”、藤沢周平が犯罪という人間のダークサイドに切り込んだ傑作サスペンス 時代小説「闇の歯車」を映像化いたします。本作は、藤沢周平作品では珍しい「サスペンス」を描いた作品です。 とある謎めいた男の呼びかけで集まった四人の男。現金強奪という犯罪に、一獲千金の夢を見た男たちの運命は、果たし て事件のあとでどう変わっていくのか?その息をもつかせぬ展開と結末にご注目ください。
豪華キャスト・スタッフが一体となって描き出す、平成最後のオリジナル時代劇!

主演には、若い世代を中心に圧倒的な支持を集める瑛太さんを起用。
【瑛太さん コメント】
藤沢周平作品は、時代劇の中でも特別な世界観を感じます。 その中で念願かない、大先輩である橋爪さんと対決することになるのがとても 楽しみです。初日に橋爪さんと目と目が合う芝居だけで、武者震いを隠せませ んでした。そして、時代劇に精通している山下監督のもとで主演を務めること は、自分にとても大きな意味を持つことになるでしょう。監督は明るく面白いが、 勢いがある。まさに「怪物」。初日の 1 カット目、威勢よすぎる掛け声「スターツ」 を聞き、〝作品に命を懸けて向き合っている”ことを感じました。刺激を与えてく れる存在でありながら、温かい目でも見てくれる。そんな監督だからこそ、キャ スト、スタッフは全力で監督についていく。そして現場全体に安心感が生まれる のでしょう。このスタッフ、キャストで作っていけば、台本を読んで想像した以上 のものが生まれていくと確信してます。


そして、その好敵手を橋爪功さんが務めます。
【橋爪功さん コメント】
時代劇専門チャンネルのオリジナル時代劇に出演するのは、「鬼平外伝 老盗 流転」「吹く風は秋」に続いて 3 作目になりますが、こうして再び声をかけてもら えることが嬉しく、楽しく演じさせていただいています。これからお年寄りの 方々が増えていく中で、シニア世代が楽しめるエンターテインメントが必要だと 感じています。今回の作品は「義理人情」ではなく「サスペンス」が主軸。たくさ ん悪党が出てきて、誰に注目したらいいのかわからないくらい、色々な視点か らお楽しみ頂けると思います。こうした新しい形の時代劇も味わって頂ければ 嬉しいです


監督は「鬼平 犯科帳 THE FINAL」「剣客商売(北大路欣也版)」「三屋清左衛門残日録」シリーズを手掛ける山下智彦監督。豪華キャスト・ス タッフが一体となって描き出す、オリジナル時代劇。

映画情報どっとこむ ralph そして、新しいウインドウ展開!

時代劇専門チャンネルの 放送に先駆けて、2019年1月19日(土)より丸の内TOEIほか全国5大都市を中心に期間限定上映を実施。
(映画ではないですが劇場公開と言うことでODS扱いで掲載)

放送は、時代劇専門チャンネルにて2019年2月9日(土)テレビ初放送となります。


物語・・・

逢魔が刻
それは、黄昏―。 人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢 うごめ くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・ 初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。 「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」 危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、 やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、 口を聞いたこともない男たちだった・・・佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。 ―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。 回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

***********************************


原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)
出演:瑛太 橋爪功 ほか
監督:山下智彦 脚本:金子成人 音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)
プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)清野正一郎(スカパー ! )目黒正之(東映)井元隆佑(東映)
劇場配給・宣伝:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー ! /東映 ほか
「闇の歯車」瑛太 
(C)2019「闇の歯車」製作委員会  写真:江森康之

瑛太 アーティスト写真
(C)Takuma Suda


東宝・東映・カラー『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報盗撮行為及びアップロードに厳しく警告!


映画情報どっとこむ ralph 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報が盗撮行為及びアップロードされていることについて 東宝 東映 カラー三社から厳しい警告が鳴らされました!



警告文全文を掲載いたします。


現在、劇場で公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報を盗撮した映像がインターネット上に見られます。

劇場での映画の盗撮行為は「映画の盗撮の防止に関する法律」および「著作権法」により、禁止されています。

また、盗撮した映画本編や特報をYouTubeやTwitter、Facebook等にアップロードすることも著作権侵害にあたります。

映画盗撮防止法および著作権法に反して著作権侵害がされた場合には、最大懲役10年もしくは罰金1000万円、またはその双方が課せられる可能性がありますので、こういった行為に対しては厳しく対処していく所存です。

アップロード元は匿名でも特定が可能です。

なお、今回の盗撮被害については、本作品において共同配給業務を行う、東宝・東映・カラーの3社で協議し対応を進めております。


映画盗撮防止法 とは。

映画の盗撮によって作成された映画の複製物が多数流通し、映画産業に多大な被害が発生していることから、

2007年8月30日から施行された法律。映画の盗撮を防止するために必要な事項を定め、もって映画文化の振興及び映画産業の健全な発展に寄与することを目的としている。

この法律施行を契機に「映画館に行こう!」実行委員会(日本映画製作者連盟、外国映画輸入配給協会、モーションピクチャー・アソシエーション(MPA)、全国興行生活衛生同業組合連合会の4団体で構成)が「映画盗撮防止キャンペーン」を2007年より展開。現在では全国のほとんどの劇場で映画本編上映前にカメラ男、パトランプ男といったキャラクターが登場する「NO MORE映画泥棒」と題したキャンペーンCMが上映され、また劇場内にキャンペーンポスターが掲出されている。


映画情報どっとこむ ralph ですので!
特報・予告などは公式ホームページや本サイトのように版元からのリリースで構成されている情報サイトで見るようにしましょう!

因みに・・・
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』及び『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とは

2007年に劇場公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』から始まった映画シリーズ。

2009年には、2作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が、2012年には3作目の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が劇場公開されました。そして今回第4作目となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報及び公開年(2020年)を発表。

特報は7月20日(金)より、8月31日(金)までの予定で、全国の映画館(※一部劇場を除く)で上映中です。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
(C)カラー

2020年公開
総監督:庵野秀明
制作:スタジオカラー
配給:東宝 東映 カラー
製作:カラー
(C)カラー
***********************************


東映じゃけぇ 何をしてもええんじゃ!な『東映の血』○○団事務所に配布!?


映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)より、衝撃のアナザービジュアルが解禁。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、 暴力団対策法成立直前の広島。役所広司演じるベテラン刑事の大上章吾、松坂桃李演じる新人刑事の日岡秀一が所属する、警 察署の面々と暴力団同士の抗争を描き、真木よう子、江口洋介、 竹野内豊、石橋蓮司など錚々たる豪華キャストが揃った 本作。そんな映画『孤狼の血』の豪華キャスト陣が勢ぞろいした衝撃のポスターが公開された。

「反社会勢力全国制覇!!」と大々的に掲げられ、まさに“暴力団撲滅ポスター”とは真逆のポスター…。


『仁義なき戦い』をは じめ、“警察・やくざ実録映画”の数々の名作を生み出してきた東映の、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界 と現代社会に対し、新たなる挑戦として映画『孤狼の血』を掲げ、”東映の血“を受け継いでいこうとする意思が感じられるポスターである。そしてなんとこのポスターを掲出してくれる事務所を大募集!


実はこの「東映の血」ポスターは4月1日エイプリルフール限定の”ネタ“ポスターでした。

映画情報どっとこむ ralph ここから本当!

映画『孤狼の血』として、先日公開された本ポスター

そのアナザービジュアルが新たに解禁。
先日公開になった大人の色気たっぷりの本ポスターとは打っ て変わって、各キャラクターの荒々しさが際立った匂い立つビジュアル。こちらのポスターは随時様々な場所で掲出されていきます。

5月12日(土) ROADSHOW
公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:池上純哉 音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕 照明:川井稔
録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会