「東宝」タグアーカイブ

東宝とALPHABOATがクリエーターズオーディション!第1弾はゴジラ!原石を探せ!


映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社とALPHABOAT合同会社は、動画メディアに作品を投稿するクリエイターの中から特に優れた 才能を発掘するオーディション・プロジェクト『GEMSTONE ジェムストーン』を開始します。

『GEMSTONE』とは、東宝とALPHABOAT による YouTube を活用した人材発掘・オーディション・プ ロジェクト。様々な才能(アニメーター、イラストレーター、作曲家、シンガー、役者、タレント等)の原石 (=GEMSTONE)を発掘し、東宝と ALPHABOAT がさらなる活躍の場を提供するという企画です。

第一弾企画のテーマに選んだのは、「ゴジラ」!!!!

ゴジラの世界観にインスパイアされた自由な発想による作品、今までの常識にとらわれない作品を、映像・イ ラスト・キャラクター・音楽などジャンル不問で募集いたします。優秀者特典として、賞金(総額 300 万円) のほか、東宝プロデューサーとの新規企画開発、ALPHABOAT でのマネジメント契約の機会を提供します。

東宝と ALPHABOAT は、今後も募集企画を継続的に立ち上げ、応募者の作品を GEMSTONE の YouTube チャンネルを通して発表していき、選ばれた優秀者に対して両社サポートによる動画制作の機会や、 ALPHABOAT でのデジタルマネジメント契約の機会等を提供していきます。

映画情報どっとこむ ralph 【GEMSTONE クリエイターズオーディション】実施概要

・第 1 回テーマ:「ゴジラ」 ゴジラの世界観にインスパイアされた作品を、実写・アニメ・音楽・イラストなど、ジャンル不問で募集 します。
・応募期間:2018 年 11 月8日 ~ 2019 年 2 月 28 日
・応募作品は、3 月以降順次「GEMSTONE」公式 YouTube チャンネルで発表予定。
・賞金総額:300 万円 ・受賞者には東宝プロデューサーとの新規企画開発および ALPHABOAT でのマネジメント契約の機会を提供
・審査員は後日発表

募集要項・応募規約の詳細については以下の GEMSTONE 公式ホームページをご覧ください。
公式サイト:https://gemstoneaudition.com/


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ・・・

第1作の『ゴジラ』(1954)が公開されてから64年。
現在までに国内で計29作品が製作され、第29作目にあたる『シン・ゴジラ』(2016)で、シリーズ累計観客動員数はついに1億人を突破し、
邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成。

映画以外にも、誕生祭「ゴジラ・フェス 2018」を今年も11月3日に開催、多くの観客が詰めかけました。
明日11月9日には、アニメーション映画シリーズ最終章となる『GODZILLA 星を喰う者』、
さらに2019年にはハリウッド版『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』も公開を控えるなど世界中で注目されるキャラクターです。

***********************************

TM&©TOHO.CO.,LTD.


東宝・東映・カラー『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報盗撮行為及びアップロードに厳しく警告!


映画情報どっとこむ ralph 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報が盗撮行為及びアップロードされていることについて 東宝 東映 カラー三社から厳しい警告が鳴らされました!



警告文全文を掲載いたします。


現在、劇場で公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報を盗撮した映像がインターネット上に見られます。

劇場での映画の盗撮行為は「映画の盗撮の防止に関する法律」および「著作権法」により、禁止されています。

また、盗撮した映画本編や特報をYouTubeやTwitter、Facebook等にアップロードすることも著作権侵害にあたります。

映画盗撮防止法および著作権法に反して著作権侵害がされた場合には、最大懲役10年もしくは罰金1000万円、またはその双方が課せられる可能性がありますので、こういった行為に対しては厳しく対処していく所存です。

アップロード元は匿名でも特定が可能です。

なお、今回の盗撮被害については、本作品において共同配給業務を行う、東宝・東映・カラーの3社で協議し対応を進めております。


映画盗撮防止法 とは。

映画の盗撮によって作成された映画の複製物が多数流通し、映画産業に多大な被害が発生していることから、

2007年8月30日から施行された法律。映画の盗撮を防止するために必要な事項を定め、もって映画文化の振興及び映画産業の健全な発展に寄与することを目的としている。

この法律施行を契機に「映画館に行こう!」実行委員会(日本映画製作者連盟、外国映画輸入配給協会、モーションピクチャー・アソシエーション(MPA)、全国興行生活衛生同業組合連合会の4団体で構成)が「映画盗撮防止キャンペーン」を2007年より展開。現在では全国のほとんどの劇場で映画本編上映前にカメラ男、パトランプ男といったキャラクターが登場する「NO MORE映画泥棒」と題したキャンペーンCMが上映され、また劇場内にキャンペーンポスターが掲出されている。


映画情報どっとこむ ralph ですので!
特報・予告などは公式ホームページや本サイトのように版元からのリリースで構成されている情報サイトで見るようにしましょう!

因みに・・・
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』及び『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とは

2007年に劇場公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』から始まった映画シリーズ。

2009年には、2作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が、2012年には3作目の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が劇場公開されました。そして今回第4作目となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の特報及び公開年(2020年)を発表。

特報は7月20日(金)より、8月31日(金)までの予定で、全国の映画館(※一部劇場を除く)で上映中です。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
(C)カラー

2020年公開
総監督:庵野秀明
制作:スタジオカラー
配給:東宝 東映 カラー
製作:カラー
(C)カラー
***********************************


あの凍結ゴジラを再利用!東宝x三菱地所 超極秘プロジェクト、G(ゴジラ)棟建設発表!


映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社(本社:東京都千代田区有楽町)と、三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区大手町)は、 現在の東京駅丸の内駅前広場付近で 2016 年に凍結されたゴジラの再利用方法を共同で研究し、このほど、 東京駅日本橋口前にて開発中の「東京駅前常盤橋プロジェクト」のA棟~D棟の他に、G棟(ゴジラ棟)の建設予定があることを発表しました。

これは東京駅を舞台にヤシオリ作戦を実行し、凍結から約2年、放置しっぱなしという訳にもいかず、東宝が 三菱地所に極秘に相談。

ゴジラの再利用を両社で検討し、エンターテインメントとオフィスが融合した、 人智を超えた全く新しいオフィスビルが、2027年、常盤橋に誕生することになりました。

映画情報どっとこむ ralph
■大胆なデザイン ゴジラをそのままビルに再利用する大胆なデザインを常盤橋で立案。ゴジラの起伏を利用し、尻尾の先か ら背びれを駆け抜け、口から飛び出すジェットコースターを完備。まるで自分が熱線になったような爽快な 気分が味わえる

■消費エネルギーはすべてゴジラの体内エネルギー ビル全体で消費するエネルギーはすべてゴジラが体内で生み出す強大なエネルギーを使用。有事の際でも 安定した電力を供給します。

■安全面の配慮 ビル内部の中心温度は-196℃に保たれておりゴジラの凍結を維持。万が一、中心温度が上がった場合 に備え、テナントに巨大不明生物特設災害対策本部が入居。すぐに血液凝固剤を注入できる体制を整えてお り、安全面、環境面にも配慮しています。

■観光スポットとして 夜は背びれをライトアップし、ムード満点のデートスポットとしても使えるなど、一大観光スポットとし ても注目されます。

映画情報どっとこむ ralph
A 棟の新築工事仮囲いをゴジラが彩る「常盤橋 ゴジラ ギャラリー」だけでは終わらない、東宝と 三菱地所が仕掛ける今後の展開に是非ご注目ください。

『ゴジラ 常盤橋、上陸。』特設サイト
http://godzilla.store/event/ap2018/

※このリリースはエイプリルフールの嘘のニュースです。

映画情報どっとこむ ralph ここからは本当です!!

「常盤橋 ゴジラ ギャラリー」大好評開催中!
歴代ゴジラ全29作品のポスターが並ぶ年表や『シン・ゴジラ』のフォトスポットなどが 高さ3メートル×全長約140メートルという圧巻のスケールで展示!


<名称>
「常盤橋 ゴジラ ギャラリー」
<掲出期間> 2018年2月20日(火)~ ※約1年間を予定
<掲出場所> 「東京駅前常盤橋プロジェクト」のA棟工事仮囲い (千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目)

<歴代ゴジラ全29作品一覧>
『ゴジラ』(1954)、『ゴジラの逆襲』、『キングコング対ゴジラ』 『モスラ対ゴジラ』、『三大怪獣 地球最大の決戦』 『怪獣大戦争』、『南海の大決闘(ゴジラ・エビラ・モスラ)』 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』、『怪獣総進撃』 『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』、『ゴジラ対ヘドラ』 『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』、『ゴジラ対メガロ』 『ゴジラ対メカゴジラ』、『メカゴジラの逆襲』、『ゴジラ』(1984) 『ゴジラvsビオランテ』、『ゴジラvsキングギドラ』、『ゴジラvsモスラ』 『ゴジラVSメカゴジラ』、『ゴジラVSスペースゴジラ』、『ゴジラVSデストロイア』 『ゴジラ2000ミレニアム』、『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』、『ゴジラ×メカゴジラ』 『ゴジラXモスラXメカゴジラ 東京SOS』、『ゴジラFinaI Wars』『シン・ゴジラ』

【ゴジラ・ストア】
http://godzilla.store
【ゴジラ・ストアTwitter】
@godzilla_st
【ゴジラ・ストアTokyo Twitter】
@GodzillaS_Tokyo

***********************************

All photo: © TOHO CO., LTD.


スタジオポノックこの夏短編『小さな英雄―カニとタマゴと透明人間―』を公開と発表!


映画情報どっとこむ ralph アニメーション制作会社スタジオポノックの新作プロジェクト発表会が行われ西村義明(スタジオポノック代表取締役/プロデューサー)と、市川南(東宝株式会社 常務取締役)が登壇。
今回、発表となったのは、スタジオポノック製作・東宝配給となる新たな挑戦。
ポノック短編劇場『小さな英雄―カニとタマゴと透明人間―』の製作と公開日8月24日(金)全国公開との発表がありました。

今回の発表は昨夏、『メアリと魔女の花』(米林宏昌監督)を劇場公開して以来。

<スタジオポノック新作プロジェクト発表会>
小さな英雄―カニとタマゴと透明人間―
日時:3月/27日(火)
場所:東宝本社
登壇:
西村義明
(スタジオポノック代表取締役/プロデューサー)
市川南
(東宝株式会社 常務取締役)

映画情報どっとこむ ralph まずは30秒の特別映像が解禁に。


映画情報どっとこむ ralph ポノック新プロジェクトはポノック短編劇場というレーベルを立ち上げ、短編ならではのチャレンジを行っていくと発表その第1回目の作品は、三監督による短編3作品『小さな英雄―カニとタマゴと透明人間―』公開を8月24日に設定。

西村さん:8月24日公開。無理な挑戦はわかっていますが、2年半でメアリを製作精魂尽き果ていましたが、それでもクリエータたちは大人も子供も楽しめる作品を作りたい。精魂尽き果てているのと映画を作りたい相反するギャップを具現化するのがポノックのスタイル。
と語るとともに、配信によるアニメの大量生産にも、危機感を覚えているとし、新しいことをしないと前に進めないと思いこのプロジェクトを開始。

タイトル「小さな英雄―カニとタマゴと透明人間―」
西村さん:ポノックは 思いるのは描いているのは超能力を持った者ではなく、未来に何を提示できるのか、自分たちに勇気を与えられる、自分たちの周りにいる些細なな存在。でも一生懸命な小さな英雄。それを、今年の夏にお伝えしたいと思います。

米林宏昌監督は『カニ―二とカニーノ』
カニの兄弟の大冒険ファンタジー

百瀬義行監督は『サムライエッグ』
母と少年の愛と感動の人間ドラマ

山下明彦監督は『透明人間』

見えない男の孤独な闘い

を三者三様の新たな挑戦で描いていくそう。

映画情報どっとこむ ralph 市川常務曰く、夏は西村さんからのファミリーに見てもらいたいという願いを受けました。料金は検討中、安くなる予定です。短編を公開100スクリーンを超える今までなかったチャレンジ。三人三様で米原監督は冒険ファンタジー。百瀬監督は人間模様。山下監督はアクション。楽しみにしていてください。

と、太鼓判。

レーベル名:ポノック短編劇場
『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』

8月24日(金)全国公開。

公式サイト:ponoc.jp/eiyu

***********************************

企画・制作:スタジオポノック
スタジオポノック・日本テレビ・電通 提携作品

配給:東宝
(C)2018 STUDIO PONOC


<さよなら日劇ラストショウ>歴代ゴジラが集結! 《メカゴジラナイト》や特別ver.フィギュアの発売も!


映画情報どっとこむ ralph 2018年2月4日(日)に閉館となる「TOHOシネマズ 日劇」の最期を彩るイベント <さよなら日劇ラストショウ>では歴代ゴジラより、劇中で登場する日劇が印象的な 『ゴジラ(1984)』をはじめ、16作品が上映!

メカゴジラ4作品をオールナイトで上映する《メカゴジラナイト》の開催や、 数量限定のさよなら日劇ラストショウver.のフィギュアの発売も決定! TOHO シネマズ株式会社の運営する「TOHO シネマズ 日劇」は、2018 年 2 月 4 日(日)をもちまして閉館となります。

有楽町センタービルの開業とともに1984年「日本劇場」「日劇東宝」「日劇プラザ」の3館の劇場として再オープンして以来、2009年に「TOHO シネマズ 日劇 」と館名を変えながら 85 年間の長きに亘り、お客様や地域の皆さまにご愛顧いただきました。

そのご愛顧に感謝し、映画 史を飾った作品を選りすぐり、『さよなら日劇ラストショウ』と題し、特別上映会イベントを実施。
上映作品として、歴代ゴジラより 劇中に登場する日劇が印象的な『ゴジラ(1984)』や昨年大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』をはじめとする 16 作品がラインナップ!オールナイトイベントでは、「メカゴジラ」にスポットライトが当たった 4 作品を上映する《メカゴジラナイト》の実施も決定致しました。

会場では特別 商品として、数量限定の特別ver.のフィギュアを発売するなど、日劇のラストをゴジラが盛り上げます!

映画情報どっとこむ ralph 【さよなら日劇ラストショウ 概要】

実施日:2018年1月27日(土)~2月4日(日)
実施劇場:TOHOシネマズ 日劇

【特別料金】1,100円均一
【オールナイト】3,300円(3作品)、4,400円(4作品)
チケット販売:【vit】2018年1月22日(月) 午前(深夜)0:00~

【劇場窓口】
2018年1月22日(月) オープン時~ 『ゴジラ』

上映作品:『ゴジラ(1954)』、『ゴジラの逆襲★』、『キングコング対ゴジラ』、 『モスラ対ゴジラ★』、『ゴジラ対ヘドラ★』、『ゴジラ(1984)★』 『ゴジラvsビオランテ★』、『ゴジラvsモスラ★』、 『ゴジラvsメカゴジラ★』、『ゴジラvsスペースゴジラ★』 『ゴジラvsデストロイア★』、『ゴジラ2000ミレニアム★』、 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃★』 『ゴジラ×メカゴジラ★』、『ゴジラ FINAL WARS★』、 『シン・ゴジラ』
『ゴジラ(1954)』 TM&©TOHO CO., LTD.
『ゴジラ(1984)』 TM&©TOHO CO., LTD.


《メカゴジラナイト》
上映作品:

『ゴジラ対メカゴジラ★』
『メカゴジラの逆襲★』
『ゴジラ対メカゴジラ』 TM&©TOHO CO., LTD.
『メカゴジラの逆襲』 TM&©TOHO CO., LTD.


『ゴジラ×メカゴジラ★』
『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS★』
『ゴジラ×メカゴジラ』 TM&©TOHO CO., LTD.
『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』 TM&©TOHO CO., LTD.


※★印の作品は、フィルムでの上映となります。
※上映スケジュールは、2018年1月16日(火)に、TOHOシネマズ 日劇のホームページにて掲出。

映画情報どっとこむ ralph 特別商品:
【ムービーモンスターシリーズ ミレニアムゴジラ さよなら日劇 ラストショウ ver.】

数量限定
価格:2,700円(税込・予価)
TM&©TOHO CO., LTD.

***********************************