「東出昌大」タグアーカイブ

旅の案内人に小泉今日子&東出昌大 日本の美しさ”を巡る旅『ピース・ニッポン』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 数年間に一度だけ、”一期一会”でしか出会えない神々が宿る美しい瞬間があります。

本作は8年の歳月をかけてその瞬間を追い求め、全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化。空からとらえた見たことの無い絶景の数々、そして知っているようで知らなかった日本人特有の精神やルーツも紐解いていく、壮大で、ドラマチックな映画が誕生しました!

紅葉の中虹色に輝く那智の滝、雲海に浮かぶ竹田城、そして熊本地震により崩落する前の天空の道ーー。後世に遺したい景色を厳選した、111分の日本を巡る旅へ、観客を誘います。

映画情報どっとこむ ralph 新たな日本に出逢う壮大な旅のナビゲーターを務めるのは、小泉今日子さんと東出昌大さん。

東出昌大さんは映画作品のナレーション担当は本作が初となる。後世に遺したい”本当の日本の美しさ”を巡る旅への案内人として、日本を代表する映画俳優として第一線で活躍する二人が作品に華を添えます。

音楽は海外でも高い評価を受けているアンビエント・アーティストの岡野弘幹が手がけ、日本の大自然と精神を見事に表現しています。さらに、映画の劇中歌には竹内まりや「いのちの歌」が決定!その他にも、劇中には細野晴臣「悲しみのラッキースター」から「ボレロ」「星に願いを」まで、日本の名曲から世界的スタンダード・ナンバーまで、様々な楽曲が映画に一層の彩りを与えています。


映画情報どっとこむ ralph 監督は、映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」、「TAJOMARU」のほか、今井美樹、布袋寅泰、GLAY、といった多数の有名アーティストの音楽クリップを手掛けてきた中野裕之さん。

中野裕之監督からのコメント
この映画は、日本を映像や写真や音声で後世に遺すプロジェクトが作り上げた、日本の美しい映像を見ながら、
日本人の精神の歴史や全国の美景を一度に見ることができる、いわば日本のベスト盤です。お寺と神社の違いを、海外の人と同じくらい知らない世代が増えました。一度見るとプチ日本通。活性化したい地方を支援し、日本に恋する人を増やして日本を元気にしたいと思って8年間撮影しました。全国の撮影者が一期一会で出会った美しい日本を見て恋してください


映画情報どっとこむ ralph 神道と仏教が混交していく中で、日本人が持つようになった特有の精神や自然感にフォーカスする「日本の精神」、世界に類を見ない豊かな気候風土が生み出す変化を巡る「日本の四季」、そして、日本列島を南から北へ、簡単には出会うことができない奇跡のような瞬間を紡いでいく「一期一会の旅」。

3部構成の贅沢な旅を通して、日本の美しさを発見し、日本に恋してください。日本人のDNAを呼び覚ます111分、まさに日本の”ベスト盤”とも言える作品に仕上がりに!

2020年東京オリンピックに向かって“日本”が益々世界から注目されるにあたり、「日本人にもっと日本のことを知ってほしい、そしてもっと日本に恋してほしい。」そんな想いで製作された本作、本当の美しい日本を捉えた極上の映像体験を、是非劇場の大スクリーンで体感してください!


ピース・ニッポン・プロジェクトについて
ピース・ニッポン・プロジェクトは、日本を映像や写真という目に見える形で後世に遺すプロジェクトです。天災の多い日本だからこそ、日々変わっていく美しい町並みや自然を遺したい。本作は、そんな膨大な映像の中から、美しさを追い求めて撮影された映像のみを厳選して作られた作品です

ピース・ニッポン

peacenippon.jp

***********************************


ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大  
出演:渡辺大 及川さきの

監督:中野裕之

劇中歌:竹内まりや「いのちの歌」  

エグゼクティブ・プロデューサー:林郁 
プロデューサー:中野裕之  六彌太恭行  小長井千晶  竹川潤一 
音楽:岡野弘幹 
メインテーマコーラス:Aika・human note
脚本:柴崎明久  中野裕之   
撮影:日本を愛する全国の映像作家たち  
タイトルディレクション:葛西 薫  
歴史監修:磯田道史 制作協力:アクアジオグラフィック株式会社 株式会社デビッドワッツ  
制作プロダクション:ピースデリック有限会社
配給:ファントム・フィルム
製作:PEACE NIPPON PROJECT LLC
(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC (2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/111分)

*4K上映は一部4K上映対応劇場のみ


WANIMA 初の映画主題歌!! 最新曲「Drive」が映画『OVER DRIVE』の主題歌に決定!!コメントあり!


映画情報どっとこむ ralph 8月25日(土)、26日(日)の2DAYSで計7万人規模となる、埼玉メットライフドームでのワンマン公演の初開催を発表したばかりの、熊本県出身の大人気スリーピースロックバンド:WANIMA。

そんな彼らの最新曲「Drive」が6月1日(金)公開の映画『OVER DRIVE』の主題歌に決定したことが発表となりました!

WANIMA初となる映画主題歌である「Drive」は、メンバー自ら映画本篇を見て書き下ろされた完全オリジナルの最新曲で、【過去への後悔】【未来への不安に思い悩む日々から抜け出して、その先へ進もうとする姿】を描いた力強い一曲となっています。


【WANIMA新曲「Drive」】
●タイトル:「Drive」
●作詞:KENTA 作曲:KENTA 編曲:WANIMA


そんな一曲をふんだんに使用した、映画の最新予告映像も解禁!!


映画情報どっとこむ ralph そして!
起用に関して、WANIMAさん、羽住監督、東出さん、新田さんからコメントが到着しました!

WANIMAからのコメント
完成前の本編を観させて頂き、キモチもカラダも熱くなったままメンバー3人でスタジオに直行し「Drive」を創り始めました。主題歌を担当させて頂き、控えめに言って非常に嬉しく思います!!これからも諦めず決めつけず全力で限界突破しながら音楽を通じて応援していきます!!映画館でともに開催お願い致します!!

羽住監督コメント
完成前の本編を観てもらい、試写室から出て来た時の、「これからスタジオに入って、すぐに曲を作ります!」という3人の言葉と表情が、とても力強かったのが印象的でした。登場人物それぞれが壁にぶつかりながらも自分の信じた道を進んで行く、この映画の熱いテーマを、この素晴らしい主題歌が観客達の心のど真ん中に届けてくれると信じています!

東出昌大コメント
爆音で流したスピーカーから、WANIMAが飛び出して来ました。ラリーのもつ疾走感、緊張感、悔しさ、逆境に立ち向かうたぎる情熱、全ての感情と価値を、この曲も代弁してくれた様に思います。撮影のあの熱い日々を思い出しました。映画と共に、劇場で鑑賞出来る日を、楽しみにしております。

新田真剣佑コメント
がむしゃらに夢に向かって走り続ける人、頑張っている人への最高の応援ソング。悩みやつらい過去を乗り越え、一歩前に踏み出した先には、目指したゴールがある。理屈じゃなく、心にストレートに響く曲だと思います。

映画情報どっとこむ ralph
WANIMAが主題歌を務める映画『OVER DRIVE』は、公道をアクセル全開で駆け抜ける自動車競技「ラリー」を舞台に、若者たちの勝利への闘いと絆が描かれたエンターテインメントの新領域。

『海猿』や『暗殺教室』を手掛けた日本映画界の気鋭・羽住英一郎監督の最新作。
主演に東出昌大、共演に新田真剣佑や森川葵、北村匠海など今話題の実力派俳優たちが顔をそろえています。


映画『OVER DRIVE

6月1日(金)より全国東宝系でロードショー

公式HP:
http://overdrive-movie.jp


***********************************

監督:羽住英一郎
キャスト:東出昌大、新田真剣佑、森川 葵、北村匠海、町田啓太、要 潤、吉田鋼太郎ほか

脚本:桑村さや香
音楽:佐藤直紀
©2018「OVER DRIVE」製作委員会


主演:東出昌大×監督:濱口竜介×原作:柴崎友香映画『寝ても覚めても』公開日決定


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大と濱口竜介監督がタッグを組み、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。
公開日が9月1日(土)に決定。ティザービジュアルが完成しました。

本作は、二人の同じ顔をした男と、その間で揺れ動く女を描いた恋愛映画。

ティザービジュアルでは、”愛してしまう。「あなた」をー。”というコピーのもと、朝子が、眠っている男を愛おしそうに見つめている。しかし、「違う名前。違うぬくもり。でも同じ顔。運命の人は二人いた」と、同じ顔の二人の男の存在を匂わせている。

彼は誰なのか?彼女は誰を愛しているのかー?

一筋縄ではいかない物語を予感させるビジュアルになっている。


映画情報どっとこむ ralph 主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じています。

そして、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)、仲本工事、田中美佐子らが脇を固め、
tofubeatsが初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろすなど、最高の原作、キャストが集結。

そして!

メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞しその名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。監督自ら熱望した「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たす。人は、人のどこを好きになるのか?愛する人への“本当の想い”とはー。

スリリングな展開が観るものに衝撃を与える本作は、恋愛を経験したことのある誰もが心を揺さぶられる「大人の恋愛映画」だ。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

東京。カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。真っ直ぐに想いを伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていき・・・ふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats

製作:『寝ても覚めても』製作委員会
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド

制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス


瀬々敬久監督 アナーキーな青春群像劇『菊とギロチン』特報到着!公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々監督が本作を企画したのは、なんと三十年前。
長年企画を温め続け、「この映画を何としてもつくりたい」という監督の想いに賛同した多くの会社や個人の支援によってついに完成させた入魂作『菊とギロチン』。
舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。登場するのは、かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たち。

様々な過去を背負った女たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っている若者たちと運命的に出会い、立場は違えど、「自由な世界に生きること」を願う彼らが次第に心を通わせ、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む――という内容。

同時代に「女相撲」と「ギロチン社」が実在したという興味深い史実をベースに、瀬々監督と「空族」の相澤虎之助が書き上げた胸にズシンと響くオリジナルストーリーを、本作が初主演となる木竜麻生、東出昌大、寛一郎と演技力は折り紙つきの韓英恵というフレッシュな魅力触れる主要キャストが演じている今年有数の話題作だ。

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、特報が完成、初めてその映像が公開された!冒頭は、女力士姿も初々しい木竜麻生演じるヒロイン・花菊の「強くなりてぇ!」という心の底からの叫び。


偶然目にした女相撲一座の強さに魅了され、乱暴な夫から逃げ出して一座に入り、自分も強くなりたいと願う花菊の必死さが伝わる。そして、「ギロチン社」メンバーで実在した詩人の中濱鐵を演じる東出昌大が、同じく中心メンバーで純粋な夢に殉じる古田大次郎役の寛一郎に「女一人助けられなくて、何が革命だ!」と声を絞り出すシーンの迫力、韓英恵扮する過去のある女力士・十勝川と中濱の互いを求める熱情あふれるショットなど、約30秒ながら特報映像は本編の熱量を想像させてくれる。


さらに主要キャストの魅力だけでなく、黒澤明の『羅生門』や溝口健二作品に参加してきた日本映画界の至宝、美術監修の馬場正男らによる当時の混沌を見事に再現したセットや、『ヘヴンズ ストーリー』『彼女の人生は間違いじゃない』の撮影・鍋島淳裕の臨場感あるカメラと見所はたっぷり。また、実際の女相撲をよく知る関係者も感動したという力士役の女優たちが全力で体当たりした女相撲シーンも必見だ。

打楽器がリズムを畳み掛け、映画タイトルデザインの巨匠・赤松陽構造による迫力ある題字がラストを飾る特報映像。もがき、泥だらけになり、時にかっこ悪い姿をさらしながらも、自由を追い求め、世界に風穴をあけたいと願った若者たちのアナーキーなエネルギーが溢れ出してくる。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開です!

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太

ナレーション:永瀬正敏 
189分 配給:トランスフォーマー
©2018「菊とギロチン」合同製作舎 


主演:東出昌大×監督:濱口竜介『寝ても覚めても』日仏共同製作、海外セールス決定!


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大と濱口竜介監督がタッグを組み、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。

この度、河瀬直美監督『あん』、黒沢清監督『岸辺の旅』、深田晃司監督『淵に立つ』などのプロデューサーとして知られる澤田正道氏が本作のコー・プロデューサーとして名を連ね、海外セールスを大手MK2が担当、本作が国際映画として製作されていることがわかりました。

現在開催中のベルリン国際映画祭のマーケットでも情報解禁され、すでに『ハッピーアワー』でロカルノ国際映画祭をはじめ国際的に高い評価を得た濱口監督の商業デビュー作とあって、世界中の映画関係者から注目を浴びています。

映画情報どっとこむ ralph フランスを拠点に活躍する映画プロデューサー澤田正道氏は、河瀬直美監督『2つ目の窓』(2014年)、『あん』(2015年)、黒沢清監督『岸辺の旅』(2015年/ある視点部門監督賞受賞)、深田晃司監督『淵に立つ』(2016年/ある視点部門審査員受賞)、河瀬直美監督『光』(2017年)と、手がけた作品が4年連続でカンヌ国際映画祭に正式出品されるなど、日本の才能を世界に広めてきた第一人者。その彼が、濱口監督の才能に惚れ込み、本作への参加を決めた。

そして、本作の海外セールスを担当するのはMK2。オリヴィエ・アサイヤス、ジャ・ジャンクー、グザヴィエ・ドラン、ヨルゴス・ランティモスなど鬼才たちの映画の共同制作、海外セールスを手がけ、また、チャップリン、トリュフォー、キアロスタミ、キェシロフスキ、デヴィット・リンチ、バスター・キートンなどの名作の数々をリストアし上映してきたフランスが誇る映画会社。新たな才能発掘には定評があり世界のバイヤーから絶大な信頼を寄せられているMK2が、濱口監督の新作と聞いて本作に飛びついた。


ベルリン国際映画祭よりコメント到着!

澤田正道氏コメント
私はフランスにいて新しい才能との出会いには常に興奮を覚えます。濱口監督の『ハッピーアワー』5時間17分を思わず一気に見てしまった時の喜びは3つ星のレストランで3時間を過ごすより豊かでした。私は偶然にも本作の原作「寝ても覚めても」を読んでいて、この映画的語り方に惹かれていました。その偶然性も重なり作品が私を呼び寄せてくれた予感がします。世界に向けて日本の新しい世代の先端を走り続けてほしい作家です。

MK2 ジュリエット・シュラメックコメント
濱口竜介監督『寝ても覚めても』の脚本を読んで、私は興奮し、すぐに参加を決めました。MK2は常に新たな才能との出会いを大切にしてきました。今回、近年稀に見る、日本の若き“将来の巨匠”の作品にコミットできることをとても嬉しく思います。

映画情報どっとこむ ralph 寝ても覚めても

晩夏、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

本作は、ミステリアスな自由人・麦(読み:ばく)と、優しくて誠実なサラリーマン・亮平という、同じ顔をしたふたりの男と、その間で揺れ動く女性・朝子の8年間を描く恋愛映画。

濱口監督が、原作が持つストーリーの荒唐無稽さと緻密な生活描写に惚れ込み自ら映画化を熱望、メガホンを取っています。

東出昌大は、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・麦と亮平という初の一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じています。

瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子といった豪華キャストが脇を固めている。

あらすじ・・・
大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(読み:ばく)と運命的な恋に落ちる。しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。
戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが―。

www.bitters.co.jp/netemosametemo

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか
瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会
製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / comme des cinéma