「東出昌大」タグアーカイブ

映画『コンフィデンスマンJP』”ウラオモテ”のあるティザービジュアルが初解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『コンフィデンスマンJP』のティザービジュアルが初解禁しました!! 

今回解禁となり12月14日(金)よりチラシにて全国劇場に配布されるティザービジュアルは、長澤まさみ演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人のコンフィデンスマンを中心に展開する二転三転する物語、そして3人を含めたウラオモテのある登場人物たちを形容するかのような両面仕様のデザインに!

紳士的なボクちゃんとリチャードが写りこむサングラスをかけ、大量の札束が舞う中で満面の笑みを浮かべるダー子の姿が描かれ、まるで彼女を軸に世界が廻っているように見える面。

ヌンチャクを構え、香港の“あの大スター”を想起させるボクちゃん、両手を上げて紳士とはかけ離れた無邪気な様子で喜ぶリチャードが写りこんだサングラスを外し、凛とした眼差しで次の“オサカナ”(ターゲット)あるいは世界を狙うダー子の姿が描かれた面。

真実と嘘は一体。何が嘘で、何が本当なのか、どっちがオモテで、どっちがウラなのか。それを決めるのはあなた次第!?ドラマ以上に観るものを欺く映画版「コンフィデンスマンJP」の始まりを予感させる、オシャレで、豪華で、スタイリッシュなティザービジュアルが完成しました!!
また、映画公開日が2019年5月17日(金)に決定!!信用詐欺がテーマなだけに、映画化がウソだと思っていた方も多く見受けられましたが、本当に映画が公開されます!!香港を舞台にした壮大なスケール感と、登場人物たちの思惑が交錯する騙し合いに、ご期待ください!!

映画情報どっとこむ ralph 第1回 子猫ちゃんたちの集い~忘年会編~ 12月19日(水)開催決定!!

全国にいる、ダー子の子猫ちゃんたち集まれ!!12月7日(金)より告知を開始しております自称子猫ちゃん筆頭の五十嵐と共に、今年を振り返るファンミーティングイベント、「第1回子猫ちゃんたちの集い 忘年会編」が12月19日(水)都内某所にて開催決定!!

五十嵐役を演じる小手伸也や、本作のメガホンをとった田中亮監督、さらには来年公開の映画に登場するダー子の弟子も参戦決定!!五十嵐の生副音声付きドラマ振り返り上映のほか、映画最新情報もちょこっと知れちゃうかも!?


映画情報どっとこむ ralph コンフィデンスマンJP
映画公式サイト:
http://confidenceman-movie.com 
公式Twitter (映画・ドラマ共通) :
https://twitter.com/confidencemanJP


“目に見えるものが真実とは限らない。何が本当で、何が嘘か?”
「人に欺かれるのではない。自分が己を欺くのである。」(ゲーテ)騙されるのは敵か味方か? ウソをついているのは誰なのか?そして最後に笑うのは?

『コンフィデンスマンJP』は“欲望”や“金”をテーマに、一見平凡で善良そうな姿をした3人の信用詐欺師達(=コンフィデンスマン)が、金融業界、不動産業界、芸能界など、様々な業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る、痛快エンターテインメントコメディー作品です。

天才的な知能と抜群の集中力を持ち合わせながら、いい加減で詰めが甘く、その不完全さ故にどこか憎めない主人公ダー子役に長澤まさみ。真っ当に生きていきたいと思うものの、小心者でいつもダー子に振り回されてばかり。騙すことも得意だが、お人好しゆえに騙されることもあるボクちゃん役に東出昌大。百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン。変装や言葉遣い、根っからの品の良さを活かし、どんな世界の人間にも見える特技を持つリチャード役に、小日向文世。
そしてドラマに引き続き本作の脚本を担当するのは、第29回日本アカデミー賞にて最優秀脚本賞を受賞した『ALWAYS 三丁目の夕日』をはじめ、偏屈で毒舌な弁護士による法廷劇を描いた人気ドラマ『リーガル・ハイ』や卓球の混合ダブルスを組んだ男女の“新感覚ロマンティックコメディー”として昨年大ヒットした『ミックス。』を手がけた古沢良太。二転三転する壮絶な騙しあい、ド肝を抜くトリックの連続で見るものに息をつかせないストーリーを展開していきます。2019年5月17日、あなたは必ず騙される!!


***********************************

監督:田中亮
脚本:古沢良太
出演:長澤まさみ、東出昌大、小手伸也・小日向文世
制作プロダクション:FILM
配給:東宝
製作:フジテレビ・東宝・FNS27社 
©2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会


TAMA映画賞で『寝ても覚めても』作品賞、最優秀男優賞:東出昌大、最優秀新進女優賞:伊藤沙莉!


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大を主演に迎え、濱口竜介監督が、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』が全国ロングランヒット公開中。さらに、カンヌ、トロント、サンセバスチャン、釜山、ニューヨークと国際映画祭でも常に好評を博し、世界では30カ国以上で公開が決定しています。


この度、11/17(土)、18(日)2日間に渡り第10回TAMA映画賞の授賞式(17日)、最優秀男優賞受賞記念表彰式&トーク(18日)が行われた。

授賞式では海外キャンペーン中の濱口竜介監督より喜びのビデオメッセージが届けられ、さらに最優秀新進女優賞を受賞した伊藤沙莉さんが、濱口監督の代理で登壇したエグゼクティブ・プロデューサーの福嶋更一郎さんと共に挨拶に立ち、翌18日には、最優秀男優賞受賞記念表彰式に東出昌大さんが登壇しました。

第10回TAMA映画賞の授賞式(17日)
最優秀男優賞受賞記念表彰式&トーク18(日)

場所:パルテノン多摩
登壇:東出昌大、伊藤沙莉、福嶋更一郎
ビデオメッセージ:濱口竜介監督

映画情報どっとこむ ralph 17日の授賞式、『寝ても覚めても』では作品賞、最優秀男優賞(東出昌大)、最優秀新進女優賞(伊藤沙莉)の3部門での受賞となった。会場に来ることが出来なかった濱口監督からはビデオメッセージ

濱口監督:僕の過去作も上映して頂いている、お付き合いのとても長い映画賞。そんなTAMA映画賞で作品賞ということで、本当に嬉しく思っています。ありがとうございます。東出さん、伊藤さんおめでとうございます!

と寄せられました。

そして監督に代わって授賞式に出席した『寝ても覚めても』のエグゼクティブ・プロデューサーの福嶋更一郎さんのからも感謝の言葉が述べられました。

先に最優秀新進女優賞を受賞した、本作出演者の伊藤沙莉も再び登場し、現場ではどんな演出がなされたのかと聞かれると

伊藤さん:いらないものを排除するような棒読みの演出が新鮮でした。あと関西弁は難しかったです。私、周りからも言われるんですけど、関西っぽいみたいなんです。でも千葉出身でなんの方言もないんですよね。

と会場を笑いに!

映画情報どっとこむ ralph 18日最優秀男優賞を受賞した東出昌大さんの表彰式と記念のトークイベントが行われ・・・。

東出さんは自身の主演舞台のため、授賞式への参加は叶わなかったが、この日の会場は東出の為に集まった観客で満席。
当日に補助席を追加で売り出すほどの人気ぶり。壇上に現れた東出を盛大な拍手で出迎えた観客に、東出も笑顔に。

TAMA映画賞受賞理由、静から動まで役柄を幅広く演じたことについて

東出さん:濱口竜介監督の独特の演出法によって、役者の芝居っぽさを排することを準備期間に行なっていました。日常と地続きの部分にリアリティがある、そういう何気無い部分を大事にされている監督です。

オーバーなリアクションが多くない演技について

東出さん:お芝居しすぎないことがリアルなことだと立ち返えりました。僕な好きな作品はそういうものが多いです。

と当時を振り返った。

また、亮平と麦のどちらが演じやすかったかと問われると

東出さん:亮平は春代と出会う場面で、春代に気を使っているようで、実は朝子にも気を使っている、周りに気を使う人なんです。亮平は優しいなぁ、と演じながら思っていました。なので麦の遠慮のなさ、周りに気を使わない感じはある意味で演じやすかもと思います。

と回答した。

イベントの後半には客席より生の声を聞き質問を受けた。『寝ても覚めても』で思い入れのあるシーンについて聞かれると

東出さん:最後のワンカット、初めて監督に「レンズを見てください」と言われたんです。どうしてレンズを見てと言ったのか、後から監督に聞いたら「あの時の2人の顔を観客に見せたかったんです」と言われて、映画を映画的に撮られてる方だなと思いました。

としました。さらに、演技を通して伝えたいことは何かと問われると

東出さん:これと言うのはないが、観てよかったと言ってもらえることが力になります。観てくれる人がいなかったら役者じゃないし、お客さんが一人でも全力で観てくれれば活力になる、観てくださる方の活力になれば。

と笑顔で答えた。

表彰式では「今トークを聞いていただいたばかりなので、授賞スピーチもなにもないんですが」と会場に笑いを誘いつつも今後の活躍を観客の前で硬く誓った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『寝ても覚めても
英題: ASAKOⅠ&Ⅱ

あらすじ・・・
東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、
戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。
亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

www.netemosametemo.jp


濱口竜介監督特集上映アンコール
『寝ても覚めても』の公開に合わせて9月にキネカ大森にて開催された濱口竜介監督の特集上映「濱口竜介アーリー・ワークス」が、好評につきアンコール決定!『寝ても覚めても』とともに、過去作『ハッピーアワー』『親密さ』他計10作品が11月10日〜23日まで、渋谷シアター・イメージフォーラムにて上映中。

最終日23日『何食わぬ顔』12:15の回と、『寝ても覚めても』14:35の回の各回上映後には濱口竜介監督ティーチインも開催予定!
<詳細>
イメージフォーラム

***********************************


出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINÉMAS 製作幹事:メ?テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
   


黒木華、野村周平 らが10年後の自分へ向けてメッセージとは!?『ビブリア古書堂の事件手帖』初日


映画情報どっとこむ ralph 鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。

その店主である篠川栞子が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく、三上延先生・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの実写映画化。『ビブリア古書堂の事件手帖』が11月1日(木)に公開となり、TOHOシネマズ日比谷にて初日舞台挨拶が行われました。

今回登壇したのはW主演となる黒木華さん、野村周平さんをはじめ、成田凌さん、夏帆さん、東出昌大さん、三島有紀子監督。

日時:11月1日(木) 
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:黒木華、野村周平、成田凌、夏帆、東出昌大、三島有紀子監督

映画情報どっとこむ ralph キャストと監督は、会場は大きな拍手に包まれ、主演を務めた黒木は「初日を迎えられて嬉しいです」と公開の喜びを語った。野村も「どういう感想が来るのかとても楽しみです」と挨拶し、成田は自身の役柄に絡めて「上映後ということで心なしか冷ややかな視線を感じます(笑)」と会場の笑いを誘った。

三島監督:企画が始まったのが4年位前で、やっと産み落とすことができ、とても幸せです。

と無事公開を迎えられたた喜びを笑顔で語った。

演じた感想や、ここを観てほしいというポイントはありますか?という質問に

黒木さん:本の知識と推理力がすごいという役だったので、本の読み聞かせをするシーンでも本の知識がある前提ですらすら話さなければいけないのが大変でした。後は原作のイラストのイメージとどう合わせるかというのは監督と相談しましたね。

とコメント。

野村さん:比較的自分に近い役でしたね。監督から太陽みたいにしていて下さいと言われたので、現場で太陽みたいにしていたら“うるさい”と怒られました(笑)

と答えると、

三島監督:あったかいイメージでと伝えたつもりだったのですが、ギラギラの太陽でした!(笑)

と会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph その後、

成田さん:役には見た目から入っていきましたね。今日の衣装も少し稲垣に寄せました。

と答えると、今度は

野村さん:サウナとか岩盤浴で着るやつでしょ(笑)

とツッコミを入れ、監督とキャストの仲睦まじい様子を見ることが出来た。また、

夏帆さん:過去から現在へ思いが伝わるというテーマだったので、現代へきちんとバトンを渡せるように心がけました。

と劇中での自身の役回りを意識したと語り、

東出さん:劇中で人に太宰治をお勧めする役だったので、役の為に必要なんだと言いながら文学作品を沢山読めたのは役得でしたね。

と読書家で知られる東出さんらしいご回答。


登場人物が本や人との出会いから人生が変わるほど影響を受けることに因んで、今までで自分の人生を変えた人や物はありますか?という質問を受けて・・・

黒木さん:野田秀樹さん。野田さんとの出会いですかね。自分の人生のはじまりなので。環境が変わっていくきっかけと、お芝居が好きなんだな、仕事としてやっていけるのかなと思ったきっかけですね。

と語った。

成田さん:名優・津川雅彦さん。津川さんですかね。僕の目を見ててって言われただけなんですけど。

と津川さんとのやり取りが自身の始まりであると語った。

三島監督:父が三島由紀夫を好きだったので私の名前を“有紀子”とつけたんですが、その結果、文学好きになって今日ここに立っているので、そういう意味では父ですかね。その父親から解放されたのは坂口安吾の【堕落論】でして。“人間は生きてるだけで堕ちていくものだ”という文章を読んで生きて行こうと思えたので、そういう意味では坂口安吾かもしれません。

と本作の監督らしい回答を述べた。

映画情報どっとこむ ralph 続いて本が過去と今を繋ぎ、人の思いが受け継がれていく本作とは逆に、今と未来を繋ぐべく、キャストと監督がそれぞれ“10年後の自分へ向けてメッセージ”を書いたフリップを披露。

三島監督が《生きてる?撮ってる?》
夏帆さんが《健康第一》、
成田さんが《体調管理しっかりな。》

と健康に関する真面目な回答を披露したのに対し、

東出さんは1人だけ《最大何cmの岩魚釣った?》と趣味の回答を披露し、会場の笑いを誘った。

一方W主演である黒木さんと野村さんは、
野村さんが“10年後も落ち着いていたくない”という逆説的な意味を込めて《落ち着いていますか?》と回答したのに対し、
黒木さんは《好きな人たちと好きなことを。》

黒木さん:10年後は無理していたくない・・・。

と野村さんと真逆の回答。劇中の栞子と大輔のような掛け合いに会場からは笑いが起こり、すかさず

野村さん:栞子と大輔を演じるということはこういうことです(笑)

とコメントすると更なる笑いが会場を包んだ。

イベント終盤のフォトセッションでは、劇中で主人公・栞子が祖父から受け継ぐ、まだページが切り落とされていない貴重なアンカット本が出てくることに因んで、ステージに巨大アンカット本が登場!キャストと監督全員でテープカットならぬ、“アンカット本カット”が行われ、公開初日の晴れ舞台を観客と共に盛大に祝った。
最後に・・・

まだ観ていない観客へのメッセージを求められた

野村さん:セットや光のこだわりが素晴らしいので、そうした所も楽しんで欲しいです。

とコメント。

黒木さん:本が人と人を繋いでいく姿に私自身も感動しています。是非周りの方にもお勧めして欲しいです。

と語った。

三島監督:人の想いが届くって本当に奇蹟的な事だと思っています。皆さんの“想い”が届いた瞬間を思い出して帰って頂けたらと思います。

と挨拶すると会場は大きな拍手に包まれ、イベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『ビブリア古書堂の事件手帖』


すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった―。

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを―

***********************************

原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊) 出演:黒木華 野村周平/成田凌/夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈 
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA
主題歌:サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会 


釜山熱狂!東出昌大、唐田えりか『寝ても覚めても』釜山国際映画祭 FOAも受賞!


映画情報どっとこむ ralph 現在、全国にて大ヒット上映中の『寝ても覚めても』。初日からメイン劇場であるテアトル新宿では立見が出るなど全回満席の大ヒットスタートを切り、世界では20ヶ国以上で公開が決まっている。SNSでも「今年一番の傑作!」「この映画凄すぎ!」「また観たくて身体震える…」などの感想と共に「もう5度目の鑑賞…」といった『寝ても覚めても』中毒者が出るほどの、ファンを作っている。

その『寝ても覚めても』が、カンヌ国際映画祭、トロント国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭に続き、アジア最大級の映画祭である、第23回釜山国際映画祭(10月4日開幕)に出品され、主演の東出昌大とヒロインの唐田えりかが正式上映後のQ&Aに登壇。前日の海雲台グランドホテルで行われたマリ・クレール・アジア・スター・アワード 授賞式では2人揃って「フェイス・オブ・アジア」賞を受賞した。

『寝ても覚めても』釜山国際映画祭参加行事
10月5日(金)
・マリ・クレール・アジア・スター・アワード授賞式 19:30~21:00
@海雲台グランドホテル(グランド・ボールルーム)
フェイス・オブ・アジア受賞者:東出昌大、唐田えりか

10月6日(土)
『寝ても覚めても』公式
上映後Q&A @CGV Centum City 3(CGVセンタムシティ スクリーン3)
登壇者:東出昌大、唐田えりか

映画情報どっとこむ ralph ★マリ・クレール・アジア・スター・アワード2人揃って受賞!!

5日に行われたマリ・クレールAsia Star Awardでは『寝ても覚めても』で東出さん、唐田さんが揃ってフェイス・オブ・アジア賞を受賞。韓国語で挨拶をした。日本でもTAMA映画賞での最優秀作品賞、東出さんの最優秀男優賞の受賞がアナウンスされたばかりだが、それに続く韓国での受賞の知らせと共に、韓国プレミアに花を添えました。

受賞のコメント

東出さん:こんにちは。東出昌大です。このような映えある賞を頂き大変光栄に思います。ただ一言、アジアで仕事したいです。賞をありがとうございます。

唐田:こんにちは。初めまして。唐田えりかです。今日はとてもとても嬉しいです。また、釜山国際映画祭に参加出来るように、頑張ります!ありがとうございました。


映画情報どっとこむ ralph ★白熱のQ&A

10月6日(土)15:29(日本同時刻)にはアジアの風部門に出品された『寝ても覚めても』公式上映後に、東出さん、唐田さんによるQ&Aを行いました。

台風直撃のため、残念ながら野外舞台挨拶は中止となりましたが、チケット発売3分で完売した「寝ても覚めても」の上映は、悪天候のなか、いち早く本作や東出昌大さん、唐田えりかさんを見たいと駆け付けた。


エンドロールが終了すると、客席で観客と一緒に鑑賞していた東出、唐田が登壇。
二人とも韓国語で自己紹介すると、大きな拍手が沸き起こった。客席からのQ&Aを受け付ける際に、東出、唐田え自身が質問者を選ぶというスタイルに、客席の熱は一層ヒートアップした!

一人二役の演じ分けはどうだったか?という質問に

東出さん:濱口監督から撮影に入る前に、演じ分けないで下さい、という指示をもらいました。演じ分けたという意識はなく、麦という人物と亮平という人物の二人を同時進行で撮影していたという感じです。

と回答。

またそれぞれの役柄と自分自身の似ている点があるかと問われると

東出さん:麦を動物に例えると猫で、亮平は犬だと思います。僕自身はどちらかというと猫なので、そういった意味では麦に似ているのかもしれません。

と話します。一方の唐田さんは

唐田さん:私は脚本を読んだ時から朝子に共感しましたし、演じているうちに何か芯の部分がどんどん朝子に近づいていった気がしました。とにかく何も考えずに朝子を生きた、という感じです。

と寝ても覚めても“寝ても覚めても”の朝子状態だったことを明かした。

それに対し、そばで唐田さんを見守っていて

東出さん:唐田さんは何も考えずに、と言っていましたが、何かゾーンに入ったような感じで演じているのを傍で見て感じていました。 まさに濱口映画のミューズ誕生といった感じでした。

と本作でヒロインデビューを大絶賛。

今回、釜山国際映画祭初参加の二人。
韓国のお客さんにメッセージをと言われ
東出さん:韓国が好きで、プライベートでも何度も来ていますが、初めての釜山で、『寝ても覚めても』を観てもらえてとても嬉しいです。日本でもこの作品は観る人によって感想が十人十色なので、映画に対して熱心な韓国のお客さんからどのような反応が得られるのか、とても興味深いです。カンヌでフランス人のジャーナリストに”日本では婚約者が他の男性と出て行ったらあんなに怒るのか?”という質問を投げかけられて、やはり文化が違うな、と思ったのですが、韓国の人は日本の人と同じような気持ちになってくれるのでは、と思っています。

とし、

唐田さん:ひょっとしたら、観た人は朝子に共感できないかもしれませんが、この映画を観て何か感じとってもらえれば嬉しいです。

と答えた。

30分のQ&A時間を延長しても質問は引きも切らず、最後に司会者がQ&A終了を告げると、二人にサインを求める観客が殺到し、二人の退場もままならないほどの熱気で溢れたQ&Aだった。

韓国では来年のホワイトデーの公開を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph 【映画『寝ても覚めても』情報】
二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。主演・東出昌大が、
同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかが
ヒロイン・朝子を演じる。濱口監督自ら熱望した芥川賞作家の柴崎友香の小説「寝ても覚めても」の映画化で、
満を持して商業映画デビューを果たし、初の世界三大映画祭への出品ながら、
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。

世界20か国以上での上映が決定し、トロント国際映画祭では満席の上映となった。
今後はサン・セバスチャン国際映画祭、ニューヨーク映画祭、釜山国際映画祭への出品も決定している。

瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、
tofubeats が初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろした『RIVER』にも注目が集まっている。
本件、ぜひご紹介ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。

<あらすじ>東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、
戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。
亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 ほか全国大ヒット公開中!
www.netemosametemo.jp

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督: 濱口竜介 原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊) 音楽:tofubeats
英題: ASAKOⅠ&Ⅱ 2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ?テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
    


東出昌大・唐田えりかが韓国のファンを魅了第23回釜山国際映画祭レッドカーペット『寝ても覚めても』


映画情報どっとこむ ralph 現在、全国で大ヒット上映中の『寝ても覚めても』。初日からメイン劇場であるテアトル新宿では立見を含む全回満席の大ヒットスタートを切り、世界では20ヶ国以上で公開が決まっています。

そんな本作は、カンヌ国際映画祭、トロント国際映画祭、サンセバスチャン国際映画祭、ニューヨーク映画祭、ロンドン映画祭と多くの映画祭に出品していますが、本日10月4日に開幕したアジア最大級の映画祭である、第23回釜山国際映画祭で正式上映されます。

そして、釜山国際映画祭のレッドカーペットに主演・東出昌大さん、ヒロイン・唐田えりかさんが登場。
韓国のファンを魅了しました。東出さんも唐田さんも同映画祭への参加は今回が初だそう。
映画情報どっとこむ ralph 空港到着時から大きな歓声で迎えられ、ホテルチェックインの時でも人だかりができるほど、韓国でも大人気の東出昌大さん。
会場に着くと、カンヌ映画祭ディレクターのクリスチャン・ジュヌとも再会を果たした。

日本でも大舞台での舞台挨拶に慣れているふたりだが、さすがに満席の会場をみると、「オー!凄い!」と感嘆の声をあげた。
レッドカーペット登壇時、ふたりの名前が読みあげられると満席の会場からは割れんばかりの拍手と大きな歓声が響き渡った。ゆっくりとレッドカーペットを歩き、随所で手を振ると会場からはさらなる大きな歓声が上がった。
チャン・ドンゴン、ヒョンビン、イ・ナヨン、ナム・ジュヒョク、坂本龍一ら豪華スターが列席したオープニングセレモニーの中でもひときわ華やかな二人のレッドカーペットとなった。会場にはプライベートで駆けつけた本作の出演者・渡辺大知(黒猫チェルシー)が二人に歓声を送るという一幕も。

映画情報どっとこむ ralph 釜山国際映画祭レッドカーペット後コメントをどうぞ!

東出昌大さん
モデルをやっていたので、随分とレッドカーペット的なものは歩いてきましたけど、やはりアジアの最大級の釜山映画祭、色んな国の俳優さん、監督さん、映画祭の方々がいて凄く華やかだな、と感じました。

唐田えりか
韓国でも活動してきたので、釜山映画祭のオープニングセレモニーのレッドカーペットを歩くことができたのはとても嬉しかったです。いつも映画とかで観ている俳優さんたちを間近に見ることができて楽しかったです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『寝ても覚めても

www.netemosametemo.jp 

テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷シネクイントほか全国大ヒット公開中!


二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。主演・東出昌大が、
同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかが
ヒロイン・朝子を演じる。濱口監督自ら熱望した芥川賞作家の柴崎友香の小説「寝ても覚めても」の映画化で、
満を持して商業映画デビューを果たし、初の世界三大映画祭への出品ながら、
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。

世界20か国以上での上映が決定し、トロント国際映画祭では満席の上映となった。
今後はサン・セバスチャン国際映画祭、ニューヨーク映画祭、釜山国際映画祭への出品も決定している。

瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、
tofubeats が初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろした『RIVER』にも注目が集まっている。
本件、ぜひご紹介ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。
<あらすじ>東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、
戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。
亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督: 濱口竜介 原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊) 音楽:tofubeats
英題: ASAKOⅠ&Ⅱ 2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINEMAS 
製作幹事:メ?テレ、ビターズ・エンド 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS