「東京国際映画祭」タグアーカイブ

第32回東京国際映画祭オープニング作品に『男はつらいよ』50周年記念作が決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月28日(月)~11月5日(火)に開催する第32回東京国際映画祭。

本年度のオープニング作品が決定しました。

オープニング作品は、12月27日に公開となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』。

男はつらいよ お帰り-寅さん 第一作目の公開から今年で50年を迎え、シリーズで50作目となる、『男はつらいよ』の奇跡の最新作が東京国際映画祭の開幕を飾ることが決定致しました。「一人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス世界記録を今も保持している、まさに日本が世界に誇る映画シリーズ。1997年の『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、本作が実に22年ぶりの新作となり、寅さんの甥の満男(吉岡秀隆)と、満男の初恋の相手イズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そして「くるまや」を囲むいつもの面々のいまが描かれます。世界中が待ち望んだ、あの寅さんが奇跡の帰郷を果たします。日本での公開に先駆けて、東京国際映画祭で世界に向けて「ただいま」とお披露目致します。

東京国際映画祭フェスティバル・ディレクター久松猛朗:
この映画のエンドロールを観ながら自然と涙がこぼれました。毎年お盆とお正月にこのシリーズの最新作をどれほどワクワクしながら待ちわびたことでしょう。正に国民的映画シリーズであったと思います。そして、振り返ってみると、日本の女優史でもあったことに気づきました。そのシリーズが山田洋次監督の魔術で新作として蘇りました。この映画を第32回東京国際映画祭のオープニング作品として世界にお披露目できることを心より嬉しく思います。

山田洋次監督:
寅さんシリーズの第50作となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』が東京国際映画祭オープニング作品に選ばれたことを嬉しく思います。先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんの台詞にあるように「生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ」と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、一人でも多くの観客の〝心の希望″となることを切に願います。

映画情報どっとこむ ralph 『男はつらいよ お帰り 寅さん』

お帰り、寅さん―

寅さんの甥・満男と、満男がかつて想いを寄せたイズミのその後の物語。
20数年ぶりに再会を果たす二人、そして、くるまやの人々。
懐かしい人たちとの再会、そんな折に何かつけて思い出されるのは寅さんだった…。

12月27日(金)全国公開

男はつらいよ お帰り-寅さん 出演:渥美清 / 倍賞千恵子 吉岡秀隆 後藤久美子 前田吟 池脇千鶴 夏木マリ 浅丘ルリ子

美保純 佐藤蛾次郎 桜田ひより 北山雅康 カンニング竹山 濱田マリ 出川哲朗 松野太紀

林家たま平 立川志らく 小林稔侍 笹野高史 橋爪功

原作・監督:山田洋次
脚本:山田洋次 朝原雄三
音楽:山本直純 山本純ノ介
主題歌:「男はつらいよ」渥美清 / オープニング 桑田佳祐
制作・配給:松竹株式会社
©2019松竹株式会社

映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間:2019年10月28日(月)~11月5日(火)
会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************



特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」来日ゲスト決定


映画情報どっとこむ ralph このたび、国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポットライトを当てる特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」を実施いたします。

東京国際映画祭(TIFF)は国際交流基金アジアセンターと共にさまざまな切り口で東南アジア映画を紹介し、映画を軸とした相互交流を深めてきました。今回は、その集大成として、東南アジアの地域を越えて世界に挑戦し映画ファンを魅了し続ける巨匠たちの原点から最新作、注目の若手監督の意欲作を一挙上映します。

■上映作品について
今回の全10プログラムのうち、ジャパンプレミアとなるのは、ガリン・ヌグロホ(インドネシア)の『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』。現代インドネシア映画のパイオニアであり、多数の映画賞に輝いている映画監督です。中部ジャワに根付く男性の女形舞踊芸能を題材とする本作は、ヴェネチア映画祭に出品される一方、インドネシア国内の一部地域では、性的マイノリティに関する表現をめぐり上映禁止となり波紋を呼びました。このほか、フィリピン映画に新風を巻き起こすブリランテ・メンドーサ、日本でも熱狂的な人気を集めるアピチャッポン・ウィーラセタクン(タイ)、斎藤工主演作『家族のレシピ』が話題を呼んだエリック・クー(シンガポール)、そして自国の真実を探求し続けるリティ・パン(カンボジア)による傑作を上映。カミラ・アンディニ(インドネシア)、ナワポン・タムロンラタナリット(タイ)、エドウィン(インドネシア)ら「次世代の巨匠」の意欲作もご覧いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 上映にあわせて、豪華顔ぶれが来日し、シンポジウムや連日トークも行います。

下記、本イベントの概要となります。
(※上映期間は7月4日~10日、プレイベントとして7月3日にシンポジウムを実施いたします)

【シンポジウム日程・会場】 
7月3日(水)16:00~19:45 (二部構成)
会場:東京芸術劇場 ギャラリー1(※入場無料、要事前申込)

☆第一部 「映画分野における次世代グローバル人材育成について」
スピーカー:市山尚三(映画プロデューサー)、藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)、
安岡卓治(映画プロデューサー、日本映画大学教授) 
☆第二部 「映画制作におけるコラボレーションの未来図」
スピーカー:エリック・クー、ガリン・ヌグロホ、ブリランテ・メンドーサほか


【特集上映日程・会場】
7月4日(木)~7月10日(水)
会場:有楽町スバル座
※上映時間などの詳細は公式サイトをご覧ください

【上映チケット】
6月8日(土)よりローソンチケットにて発売。
前売り券、当日券ともに、全席自動指定。

***********************************



チャン・ツィイーが 第32回東京国際映画祭 コンペティション部門 審査委員長に決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月28日(月)~11月5日(火)開催の第32回東京国際映画祭では、映画祭の顔となるコンペティション部門の審査委員長が、世界的に活躍する中国の女優、チャン・ツィイーが務めることが決定しました!


チャン・ツィイーコメント
初めて東京に来たのは、長編映画のデビュー作とともに、中国から旅に出た若い俳優の時でした。『初恋のきた道』への歓迎の温かさにとても感動し、日本が映画制作に込める愛情と情熱を直に目の当たりにしたことを覚えています。私の長編映画デビュー作が、日本、そして世界中の映画ファンに好評を得たという経験は、この(映画という)視覚的な方法が物語を語る力、普遍的に感じられる悲しみと喜びを表現する力というものを教えてくれました。若い俳優にとって、これは素晴らしい体験でした。今回東京国際映画祭にご招待いただき、日本の映画ファンと一緒に過ごすことができることは大きな喜びであり、また審査委員長として、名だたる映画人とともに素晴らしい作品を見つけ、称えることができるという格別な経験ができることを光栄に思います。                             

久松猛朗フェスティバル・ディレクターコメント
この度、第32回東京国際映画祭の審査委員長に女優のチャン・ツィイーさんをお迎え出来ることを心より嬉しく思います。彼女は、言うまでもなく、中国のみならず世界で活躍する女優の一人ですが、長編映画デビュー作『初恋のきた道』で彼女を見た時の衝撃は未だに忘れられません。また彼女は鈴木清順監督の『オペレッタ狸御殿』にも主演され、日本人が非常に親しみを感じる女優でもあります。今回、東京国際映画祭で彼女と一緒にお仕事を出来ることは本当に楽しみですし、それが双方にとって実りあるものになることを心より願っています。

All photo by Kazuko WAKAYAMA

映画情報どっとこむ ralph <第32回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間: 2019年10月28日(月)~11月5日(火)
会場: 六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
http://www.tiff-jp.net

***********************************



2018年超絶話題のゾンビ映画『カメラを止めるな!』東京国際映画祭 上田慎一郎監督登壇Q&A


映画情報どっとこむ ralph 2018年超絶話題のゾンビ映画『カメラを止めるな!』。
この度、第31回東京国際映画祭におきまして、10月31日(水)Japan Now部門での公式上映後、Q&Aに上田慎一郎監督が登壇しました。
10月31日(水)21:05上映回  
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇者:上田慎一郎(監督) 
司会:安藤紘平(東京国際映画祭Japan Now部門 プログラミング・アドバイザー)

映画情報どっとこむ ralph ハロウィーンで賑わう六本木の夜に熱々!の上映131日目!満員御礼のTOHOシネマズ六本木ヒルズのSC1に、Japan Nowプログラミングアドバイザーの安藤紘平と上田監督が登場すると、「Greatest!」の歓声、われんばかりの拍手で迎えられました。

Q(安藤PA):はじめの37分をワンカットで撮影し、後半は編集を駆使しているこの構造は最初から?

上田監督:そうですね、最初にワンカットを撮り、舞台裏のドタバタという構造があったのですけれど、ワンカットで撮影することは映画制作者にとってのロマン。撮影時間が長くなるほど難しくなっていく。スタッフキャストが力を合わせないと取れないという難しさがロマン。一方、後半はモンタージュを尽くし、時間の省略やテンポの緩急を変えるなど編集のマジックを尽くして、対象的な30分となったということが、映画の「オイシイ」ところです。意図せずですけれども、映画の醍醐味というものを詰め込んだ一本になっていると思います。


Q:映画を作る情熱、愛情を感じます

上田監督::嬉しいですね。自分の好きな映画、好きなものを詰め込んで作った映画で、自分の力を使い切ったんです(笑)引き出しにあるものを出し切ったので、ここから仕入れないと(笑)。映像業界などプロの人たちが熱を持って面白いと広めてくれたことで昔はみんなアマチュアだったのだと思いましたが、一般の会社員の方が見て「とても悔しかった」とか「羨ましかった」と書いているのを見て「ハッ」としました。どういうことなんだろう、と。多分それは映像を作るといた枝葉を取っ払ったら、ひとつのことをひたむきに頑張るということが残るから、自分はこんなに頑張れてるか、楽しめてるかについて、そういう思いを抱いてくれているのかな、と思いました。スポーツでもなんでも通用するベーシックなエンタテインメントを、ひとつの映画として構造をきっちりとやったから楽しめているのかもしれない。インディーズ映画で作ったので、世界で公開されるとか全く思わず、世界を視野に入れて作っていないので、それが60カ国以上で上映し賞も沢山いただいて、世界中どこに行っても仲間はずれにならないことにもびっくりしています。


Q(観客から):主人公の監督が役者から注文出て不本意ながら受け入れるシチュエーション。上田監督は実際に打ち合わせや顔合わせで役者からの注文を受けて変えたとか、飲めなかったエピソードがあれば教えてください。

上田監督:自分の経験から来ていることはたくさん。出資者の愛人の一般の人に役を作れとか(会場爆笑)、そういう無茶苦茶なことを言われて「なるほど、わっかりました」と言ったことはあります。ただ僕は、そういう無茶振りとかが来た時は、「わ、やだな」と思うと同時にチャンスだとも思ってる。自分が描いた100点でやっても100点にしかならない。掻き混ぜてくれる暴投が来た時にただ単に拒否反応を起こすのではなく、どうこの球を返すかを楽しめるタイプではあります。

映画情報どっとこむ ralph
『カメラを止めるな!』

セル商品  【初回限定特典】特製ブックレット(Blu-ray&DVD共通)
★Blu-ray 品番:VPXT-71653 POS :4988021716536  価格:4,800円+税/1枚組 (本編96分+特典映像約135分/デジパック仕様Disc1枚)
【本編】片面2層/カラー/1080pHigh Definitionビスタ/音声:1. 日本語リニアPCM2.0ch、 2.日本語リニアPCM2.0ch(音声ガイド) 、3.日本語リニアPCM2.0ch(上田監督&キャストオーディオコメンタリー)、 4.日本語リニアPCM2.0ch(上田監督&ふくだみゆきオーディオコメンタリー) / 字幕:1.日本語字幕

【特典映像】(135分予定)
・メイキング(コメント、ワークショップ映像、クランクアップ打ち上げほか)
・未公開シーン
・国内外舞台挨拶集
・「ENBU OF THE DEAD」A&Bパターン
・「ONE CUT OF THE DEAD」GoProバージョン
・「ポン!」~護身術教材ビデオより~
・浅森咲希奈のカメ止めダンス!~踊ってみた~
・日本版予告編
・海外版予告編

★DVD 品番:VPBT-14756  POS :4988021147569  
価格:3,800円+税/1枚組(本編96分+特典映像約45分/デジパック仕様Disc1枚)
【本編】片面2層/カラー/ビスタ/音声:1.日本語ドルビーデジタル2.0ch、2.日本語ドルビーデジタル2.0ch(音声ガイド)、3.日本語ドルビーデジタル2.0ch(上田監督&キャストオーディオコメンタリー)、4.日本語ドルビーデジタル2.0ch(上田監督&ふくだみゆきオーディオコメンタリー) /字幕:1.日本語字幕

【特典映像】(45分予定)
・メイキング(コメント、ワークショップ映像、クランクアップ打ち上げ)
・日本版予告編

レンタル商品 価格:8,000円+税(一般) 本編のみ ※DVDのみ  品番:VPBT-22993  
*ジャケット及び仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。


ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。“37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”―――を撮ったヤツらの話。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本・編集 :上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助
主題歌:「Keep Rolling」歌:謙遜ラヴァーズ feat.山本真由美|音楽:鈴木伸宏&伊藤翔磨 永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治 
2017年/日本 
©ENBUゼミナール 
全国劇場公開作品
発売元・販売元:バップ


篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎らに大熱狂「人魚の眠る家」東京国際映画祭でレッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれ、発行部数100万部突破のベストセラー「人魚の眠る家」を映画化。

篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが11月16日(金)に公開となります。

この度、第31回東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペットイベントが10月29日(月)に行われ、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、堤幸彦監督が登場&ファンサービス!!黄色い歓声が飛び交う大熱狂イベントとなりました。


日 程:10月29 日(月)

【レッドカーペットセレモニー】
17:10〜 18:15@六本木ヒルズアリーナ
登壇者:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、堤幸彦監督

【GALAスクリーニング】
18:45~19:30 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯、堤幸彦監督

映画情報どっとこむ ralph 主演に篠原涼子を迎えた映画『人魚の眠る家』が11月16日に公開する。
それに伴い、10月29日に現在開催中の東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペットイベントを六本木ヒルズアリーナで開催し、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、そして堤幸彦監督が登壇した。

本作の予告編が流れた巨大LEDパネルが左右に開き、キャストと監督が登場すると、会場は悲鳴にも似た大きな歓声に包まれた。

篠原さん:とても切ないテーマではありますが、東野圭吾先生の原作なので、クライマックスまでどうなるかわからない、ハラハラする見応えのある作品になっています。
という挨拶から始まると、篠原さん演じる薫子の夫として共演した

西島さん:とても深い深い、狂気すら帯びる母の愛がテーマの素晴らしい感動作で、遂にワールドプレミアでみなさんにみてもらえることに非常に興奮しています。
とワールドプレミアを無事に迎えられた喜びを語った。

続いて播磨夫妻の娘・瑞穂の延命治療に協力する技術者・星野を演じた坂口健太郎さんが紹介されると、観客の女性陣からはこの日一番の黄色い声援が!

坂口さん:作品を初めて見たときにいろんな感情が自分の中に残ったので、観客のみなさまにもいろんな感情で見てもらえたら嬉しいです。
とコメント。

星野の恋人・真緒を演じた川栄さんは

川栄さん:私自身この映画を観て本当号泣してしまって、こんな素晴らしい作品に出演してお芝居をできたことが光栄です。
と感涙必至の作品であることをアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 出演のオファーをもらった当初は実は出演をためらっていたという篠原さんは、なぜ本作への出演を決めたのかと聞かれると、

篠原さん:いろんな思いがあったけれど主人がこんな素晴らしい作品をやらないのは損だよ、と背中を押してくれて、それでもう一度ちゃんと読んでみようと思いました。

と俳優であり夫の市村正親さんに背中を押されたことがきっかけとなり、改めて原作を読み直した結果、本作に出演したいという気持ちが固まったという秘話を明かした。

そして話題は、母親である薫子が我が子を守りたいという強い気持ちゆえに常軌を逸した行動をとる衝撃のラストシーンについての話題へ。鬼気迫る演技をしていた篠原さんを、

西島さん:段取りの段階で号泣していて、撮影も2日くらいこのシーンの撮影をしていたので大丈夫かなと心配だったんですが、篠原さんをはじめ、現場のみんながすさまじい集中力で、子役の子もカットがかかっても泣きやまないくらいのめりこんでいて…みんなで抱き合いながら、お互い慰めながら撮影していました。

と撮影当時の様子を振り返ると、薫子の妹・美晴役として現場にいた

山口さん:薫子の感情の爆発を目の当たりにしていたら途中息ができず、めまいを起こしてしまうくらい大変でした。でもとにかく素晴らしくて、今思い出しても目頭が熱くなります。
と撮影後は自身もぐったりしてしまうほど壮絶な撮影だった様子を明かした。

堤監督:クライマックスシーンが素晴らしく、客観的に冷静にみないといけない立場だが、今回はそうできなかったほど、キャストの演技が素晴らしかった。生きること死ぬことにまつわるテーマ、メッセージが伝わる作品になっています。
と締めくくり、篠原さん&西島さん、川栄さん&坂口さん、山口さん&堤監督のペアで男性陣が女性陣をエスコートする形でレッドカーペットへ!
そして大歓声の中、サインや握手を求めるファンとの交流を楽しみながらレッドカーペットを歩きました。


完成披露舞台挨拶へ続く


映画情報どっとこむ ralph 「人魚の眠る家」

公式サイト: ningyo-movie.jp


【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

映画情報どっとこむ ralph
第31回東京国際映画祭 TIFF
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子 音楽:アレクシス・フレンチ  
主題歌:絢香「あいことば」(A stAtion)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会
©TIFF