「東京国際映画祭」タグアーカイブ

第31回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」今年のテーマは≪音楽≫!!


映画情報どっとこむ ralph 10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催となる、第31回東京国際映画祭。

第27回(2014)に国際交流基金アジアセンターとの共催で新設された「CROSSCUT ASIA」は、アジアの国や監督、テーマなど様々な切り口でアジア映画を取り上げる部門として、今年で第5回を迎えます。1~3回目は「タイ」「フィリピン」「インドネシア」と東南アジアの各国をフィーチャーし、昨年は「ネクスト!東南アジア」と題して、ブリランテ・メンドーサ(フィリピン)、トラン・アン・ユン(ベトナム)、アピチャッポン・ウィーラセタクン(タイ)ら名だたる監督たちが、自国の若手監督の作品を推薦する特集を実施しました。

本年度の「CROSSCUT ASIA」のテーマは≪音楽≫です。


【CROSSCUT ASIA #05ラララ♪東南アジア】
( CROSSCUT ASIA #05: Soundtrip to Southeast Asia) と称して、フィリピンのラップ、タイのイサーン・バンド音楽、カンボジアの歌謡曲など、東南アジア音楽に注目した様々なジャンルの作品を紹介いたします。ラインナップの目玉として、フィリピンの怪物的作家ラヴ・ディアスの新作『Season of the Devil』を上映します。
ラヴ・ディアス ※29回TIFF来日時


2009年の第22回TIFFで初めて日本に作品(短編『蝶は記憶を持たない』)が紹介されたディアスは、以降、『昔のはじまり』(14)でロカルノ国際映画祭金豹賞、2016年に『痛ましき謎への子守唄』でベルリン国際映画祭銀熊賞、『立ち去った女』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞するなど、常に作品が世界中から高く評価され、いま最も注目される監督の一人。真骨頂のモノクロ画面にアカペラの歌が鳴り響く意欲作『Season of the Devil』は、本年度のTIFF全体としても必見の注目作です。

また、フィリピンの現代社会を歌い上げるHIPHOPや、『バンコクナイツ』でも注目されたタイのイサーン・バンド音楽、カンボジアの各時代を彩るポップミュージックなど、様々な東南アジアの音楽に触れる作品も上映する予定です。昨今、大ヒット作品『グレイテスト・ショーマン』や『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』、『ボヘミアン・ラプソディ』などの公開も控えるなど、音楽・ミュージカル映画が盛り上がっていますが、東南アジアの音楽と映画の魅力を堪能できる特集になります。

映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭 開催概要
開催期間:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他


公式サイト:
https://2018.tiff-jp.net/ja/

***********************************



日本人監督初の快挙・東京国際映画祭で2冠!『僕の帰る場所』日本公開決定


映画情報どっとこむ ralph 昨年の第 30 回東京国際映画祭アジアの未来部門 にて日本人監督では初となる2冠を達成し注目された『僕の帰る場所』が、10 月上旬よりポレポレ東中野ほか全国順次公開となります。

世界的な関心事項である”移民“という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや、在日外国人の家族を取り 巻く社会を背景に描いた本作は、ミャンマー政府の厳しい検閲を通過し、企画から5年を経て完成しました。
監督は本作が長編デビューとなる新鋭・藤元明緒。演技経験のないミャンマーの人々を多数起用し、 まるでドキュメンタリーを思わせる映像は、ミャンマー人一家の生活を優しく見守りつつ、シビアな眼差しで貫かれています。東京国際映画祭「アジアの未来」部門ではグランプリにあたる「作品賞」と、監督賞にあたる「国際交流基金アジアセンター特別賞」を受賞。「ある家族の物語を繊細に語ることで、世界中の様々な家族のメタファーとなっている。フィクションを用い、現実の困難さを素晴らしく芸術的に描き、大変優れた映画的な価値と演技を持つ作品」と評されました。また、オランダ・シネマジア映画祭では子役のカウン・ミャッ・トゥ(当時 6 歳)が心揺さぶる演技で最優秀俳優賞を受賞。ほか、12 ヶ国以上 20 の映画祭で招待上映され話題を集めています。

僕の帰る場所

10 月上旬より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

www.passage-of-life.com

物語・・・
ある在日ミャンマー人家族に起きた、切なくも心温まる愛の物語
東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。入国管理局に捕まった夫アイセに代わり、ケインは一人家庭を支えていた。日本で育ち、母国語を話せない子ども達に、ケインは慣れない日本語で一生懸命愛情を注ぐが、父に会えないストレスで兄弟はいつも喧嘩ばかり。ケインはこれからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたい想いを募らせてゆくが。

***********************************


監督•脚本•編集:藤元明緒

出演:カウン・ミャッ・トゥ ケイン・ミャッ・トゥ アイセ テッ・ミャッ・ナイン 來河侑希 黒宮ニイナ 津田寛治
撮影監督:岸建太朗 / 音響:弥栄裕樹
美術:飯森則裕 / ヘアメイク:大江一代
制作担当:半田雅也 / 音楽:佐藤和生
共同プロデューサー:キタガワユウキ
プロデューサー:渡邉一孝 吉田文人

コーディネーション(ミャンマー):Aung Ko Latt Motion Pictures
協賛:坂和総合法律事務所 株式会社ビヨンドスタンダード 長崎大学多文化社会学部
協力:在ミャンマー日本大使館附属ヤンゴン日本人学校 ミャンマー映画祭実行委員会

特別協力:MYANMAR JAPON CO.,LTD.
後援:外務省 観光庁 国際機関日本アセアンセンター 一般社団法人日本ミャンマー友好協会

主催:特定非営利活動法人日本・ミャンマーメディア文化協会
企画•製作•配給:株式会社 E.x.N
宣伝:佐々木瑠郁

2017年/日本=ミャンマー/98 分/カラー/ステレオ/1:1.85/日本語・ミャンマー語/ドラマ/DCP ©E.x.N K.K.


東京国際映画祭 今年のJapan Now 部門は役所広司!アニメは湯浅政明監督を特集!


映画情報どっとこむ ralph 10 月 25 日(木)~11 月 3 日(土・祝)開催の第 31 回東京国際映画祭では、日本映画をより世界へ強く発信していく企画として、2 つの大きな日本映画の特集を実施することが決定しました。

<第 31 回東京国際映画祭 開催概要>

第 31 回東京国際映画祭
開催期間: 2018 年 10 月 25 日(木)~11 月 3 日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト: http://www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 1つ目は近年の日本映画を振り返り、現在の日本を代表する作品の数々を、映画祭独自の視点でセレクションする Japan Now 部門。

本部門では、今一番海外へ紹介したい映画人として、これまでに原田眞人監督、岩井俊二監督、また昨年は特別編として女優の安藤サクラさん、蒼井優さん、満島ひかりさん、宮﨑あおいさんの 4 名を特集いたしました。

本年度は国内外で幅広く活躍し、日本を代表する映画俳優、役所広司さんを特集。

昭和の時代の貴重な作品から最新作までを紹介する初の大規模上映となります。東京国際映画祭最優秀男優賞受賞作『CURE』(97/黒沢清監督)、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞作『Shall we ダンス?』(96/周防正行監督)、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『うなぎ』(96/今村昌平監督)、米アカデミー賞作品賞ノミネート作『バベル』(06/アレハンドロ・ゴンサレス・イリャニトゥ監督)など、出演作の多くが国内外を問わず、国際的に高く評価されています。

日本映画の「顔」と言っても過言ではない名優のこれまでの軌跡を辿りつつ、常に新しい挑戦を続ける役所広司さんの魅力を世界に発信します。

役所広司さんコメント
芝居に興味を持って、今年で40年。子供の頃から何一つ長続きしたものがない僕にとって、40年同じことを続けられるなんて奇跡です。役者という仕事は不思議で、どんなに恥をかいても、失敗だらけでも、一つの作品が終ると「ひょっとしたら、次は上手くいくかも知れない…」と思ってしまうのです。それがこの世界の毒なのでしょうかね?今回の特集上映、とても光栄です。そして、今まで自分に影響を与えてくれた全ての人に感謝します。

映画情報どっとこむ ralph 2つ目は、今年のアニメーション特集として、国内外で多くの賞を受賞し、世界中から注目を集めるアニメーション監督、湯浅政明さんを特集。昨年発表したオリジナル長編映画『夜明け告げるルーのうた』(17)は、世界最大級のアニメーション映画祭・アヌシー国際アニメーション映画祭にて、長編部門グランプリにあたるクリスタル賞を受賞。宮崎駿監督、高畑勲監督に次ぐ、日本人史上 3 人目となる快挙を果たし、これからの日本アニメを牽引する存在として期待されています。また、湯浅監督は『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』、『ドラえもん』など、日本を代表するアニメシリーズにも数多く携わっています。2017 年に公開された『夜は短し歩けよ乙女』は、第 41 回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。さらに第 41 回オタワ国際アニメーションフェスティバルでは、日本人として初めて長編部門グランプリを受賞するなど、その作品群に世界の注目が集まっています。今最も新作を待望される湯浅政明監督の特集にぜひご期待ください。

★湯浅政明監督コメント
世界中から作品が集まる国際映画祭で、まさか自分の名前のついた特集上映が実施される日がくるとは思いもしませんでした。このような機会をいただき、大変光栄ですし、とてもびっくりしています。いままで制作に携わってくださったスタッフ・キャストの皆さんの仕事が再び日の目を見る事も嬉しいですし、ぜひこの機会に、未だご覧になった事のない多くの皆様に観ていただく事ができればとても嬉しく思います。私自身も作品を振り返る機会をいただいたと思い、楽しみたいと思います。

(c)2017 ルー製作委員会

***********************************



上海・深セン・昆明で熱烈歓迎「2017 中国・日本新作映画上映」上映会開催


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金、ユニジャパン(東京国際映画祭)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭)が共同で、12月1 日(金)~3日(日)の3日間 中国の上海・深セン・昆明で開催した「2017 中国・日本新作映画上映」(中国語:2017 中国・日本新片展)が、中国の映画ファンを連日魅了し、大反響の中で閉幕しました。日本から駆け付けたゲストの現地映画ファンとの交流が行われました。


オープニングセレモニー
2017年12月1日18:00~/上海/上海大光明電影院
写真左より(敬称略)片山ゆかり(在上海日本国総領事夫人)柄博子(国際交流基金 理事)金輝(上海電影発行放映行業協会 秘書長)于志慶(上海市広播電影節目制作行業協会 秘書長)片山和之(在上海日本国総領事)呉孝明(上海市文化広播影視管理局 芸術総監)熊澤尚人(監督)白石晃士(監督)吉田大八(監督)傅文霞(上海国際影視節中心 総経理)王曄(上海国際影視節中心 副総経理)都島信成(ユニジャパン 事務局長)

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品『美しい星』
ゲスト:吉田大八監督、橋本愛
【2017年12月1日/上海/上海大光明電影院】
今回の上映会でオープニングを飾ったのは吉田大八監督の『美しい星』。12月1日上海でのオープニング上映は、「東洋一豪華な劇場」と称され由緒ある大劇場「上海大光明電影院」で行われ、吉田大八監督と女優の橋本愛さんが歓声の中1300人の観客の前に登場しました。熱心な映画ファンとのQ&Aでは作品に深く切り込む質問も起こり、『美しい星』に対するゲストとファンの熱い想いが会場を一層盛り上げました。

【吉田大八監督コメント】
上映後に登壇した際、劇場を埋めた1300人のお客さんの熱気を肌で感じることができました。質問のテンションも高く、みんな両手で挙手するからまさに主人公・大杉重一郎の執念そのものが海を越えたような気がして感無量でした(火星人のポーズ、本編参照)。この勢いとノリに応えられるような映画をもっともっと作っていきたいです。ありがとうございました!

【橋本愛さんコメント】
1300人もの観客の方々が、心から映画と自分たちを歓迎してくれていて感動しました。ただただ高揚したり、この作品の芯を捉え深く考察したりと、きっとそれぞれの味わい方でこの映画を楽しんでいただけたのではないかと思います。中国の皆さんの熱気に包まれ、大変なパワーを貰いました。感謝です。


クロージング作品『海辺のリア』
ゲスト:小林政広監督、宮川朋之プロデューサー
【2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
小林政広監督『海辺のリア』クロージング上映は最終日である12月3日(日)深センで行われました。会場には小林政広監督、宮川朋之プロデューサーが深センに駆け付け、クロージングセレモニーと作品上映後のQ&Aに出席しました。会場である「深センブロードウェイ電影センター」は今年11月にオープンした最新設備を備え、世界の優秀な作品を上映する映画ファンのためのシネコンで、熱心な日本映画ファンが会場に集合し、小林監督に質問を投げかけました。

【小林政広監督コメント】
深センは初めてでした。想像していた町とは全く違っていて、高層ビルが林立する都市でした。たった一泊の滞在でしたので、上映会場のシネコンとホテルの往復のみの移動でした。しかし上映はとても素晴らしいものでした。巨大スクリーンに圧倒されました。上映後のQA にもお客さんが熱心に参加してくれて、様々な質問が飛び交いました。『海辺のリア』の中国での上映は初めてでしたので、お客さんの反応の良さには驚きました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア『不能犯』
ゲスト:白石晃士監督
【2017年12月3日/昆明/昆明ブロードウェイ影城】
今回の上映会で上映される作品は全てチャイナ・プレミアですが、中でもこの『不能犯』は、全世界初のお披露目となるワールドプレミアとなりました。上海でのワールドプレミアを迎えた白石晃士監督は、さらに上映会最終日に雲南省・昆明の劇場で舞台挨拶とQ&Aに登壇しました。

【白石晃士監督コメント】
『不能犯』が中国でワールドプレミアになるとはまったく予想していなかったので非常に嬉しかったです。同じ中国でも、都市やお客さんの年齢でリアクションが違うのが面白かったです。びっくりするほどリアクションが大きく心から作品を楽しんでくれているのを感じました。Q&Aでは作品について核心をついた質問をしてくれる人もいて、映画を見る目が養われているのを感じました。今回の訪中を通して、中国でも自分の映画が通じるんだなという感触が得られたのが一番の収穫でした。今後話があればぜひ中国で映画を製作してみたいと思います。


『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
ゲスト:熊澤尚人監督
【『ユリゴコロ』2017年12月2日/上海/上海大光明電影院】
【『心が叫びたがってるんだ。』2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
今回2本の作品が上映された熊澤尚人監督は北京・福州での上映を終えた足で上海に駆けつけ、上海では『ユリゴコロ』、深センでは『心が叫びたがってるんだ。』のQ&Aに登壇しました。

【熊澤尚人監督のコメント】
青春映画とミステリー愛憎劇、真逆の2つの私の作品が上映されました。両作とも、上海でも深センでも観客が大変な熱意を持って集まり、驚きました。また日本で観客の反応が薄いシーンでも、泣いたり笑ったりと、その反応の違いにも驚かされました。上映後のQ&Aでは質問が止まらず、列を作ってサインや記念撮影を求められ、私の以前の監督作品も既に見ているという、その日本映画への熱量の強さを体感し、日中合作映画への意欲がますます増しました。

映画情報どっとこむ ralph 「2017 中国・日本新片展」

(日本語:「2017 中国・日本新作上映会」)
会期:2017年12月1日(金)~3日(日)
会場:(上海)上海大光明電影院、新天地UME国際影城 /(昆明)昆明百老滙影城(深セン)深圳百老滙電影中心、深圳百老滙影城cocopark店

作品:『美しい星』(吉田大八監督 ※オープニング作品)『海辺のリア』(小林政広監督 ※クロージング作品)『南瓜とマヨネーズ』(冨永昌敬監督)『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』(熊澤尚人監督)『光』(河瀨直美監督)、『覆面系ノイズ』(三木康一郎監督)『不能犯』(白石晃士監督)『武曲』(熊切和嘉監督)『彼らが本気で編むときは、』(萩上直子監督)
合計10作品、1都市での上映作品は各9作品

主催:上海国際影視節中心、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人

ユニジャパン動員数:(上海/2会場)13,816名(深セン/2会場)2,612名(昆明/1会場) 758名 総合計:17,186名
左より、白石監督、熊澤監督、吉田監督 監督の雰囲気がグラデーション!が面白い写真

***********************************



『MR.LONG /ミスター・ロン』ハートウォーミングバイオレンス予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、第 67 回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、熱烈なスタンディングオベーションで迎えら れた、話題作『MR.LONG /ミスター・ロン』が 12月16日(土)より新宿武蔵野館ほかにて公開。
主人公のロンを演じるのは傑作『牯嶺街 クーリンチェ 少年殺人事件』で主演デビューを飾り、『グリーン・デスティニー』『レッ ド・クリフ』などに出演しアート系から大作まで幅広く活躍している、アジアを代表する俳優チャン・チェン。

心を閉ざした少年ジュンを演じるのは、オーディションを勝ち抜き今後の活躍が期待されるバイ・ルンイン。

ジュンの母リリーを演じるのは中国のテレビドラマなどで活躍しているイレブン・ヤオ。

そしてリリーの過去の恋人 賢次を、『たたら侍』にて主演を務めた劇団 EXILE の青柳翔が演じる。監督は衝撃の初監督作品『弾丸ランナー』(96)、 『アンラッキー・モンキー』( 97)、 『MONDAY』( 00)、『蟹工船』(09)、『天の茶助』(15)などを精力的に発表しつづけ、 ベルリン国際映画祭常連の SABU が務める。

映画情報どっとこむ ralph 台湾の腕利きの殺し屋“ロン”が日本での任務に失敗し、追われた先の村で少年ジュンと母リリー、そしてちょっと変 わった村人たちと出会い、徐々に人間らしさを取り戻すハートウォーミングバイオレンスストーリー。 そしてこの度、予告編が解禁!

台湾の腕利きの殺し屋ロンは、日本でのミッションに失敗しボロボロになって行きついた村で、少年ジュンとシャブ 中の母リリーと出会う。お節介な村人たちに一度料理をふるまったことで、屋台を始めることを勧められるロン。言 葉の通じないロンはなすが儘に屋台を始め、大盛況に。そこには自らの状況に困惑する、少しコミカルなロンの姿が。 ジュンとともに屋台引き、リリーとジュン親子と旅行に行きさらに親交を深めるロン。しかし十数人のヤクザが押し かけ平穏な生活に絶望が訪れる。ナイフを突きつけるリリーの恋人賢次、ジュンを抱きしめるロン。そして鳴り響く 銃声。暗闇に生きる者たちに一筋の光は見えるのか? 前半のコミカルな雰囲気から一転、胸が締めつけらるような 感動を予感させる映像となっている。

野菜を炒め、麺を練り、肉を切る!

腕利きの殺し屋ロンが、手際よく料理をする姿が次々と映し出される!! 見るだけでお腹がすいてくる映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph MR.LONG /ミスター・ロン

公式 HP:
https://mr-long.jp/

STORY
ナイフの達人・殺し屋ロン。東京、六本木にいる台湾マフィアを殺す仕事を請け負うが失敗。北関東のとある田舎町へ と逃れる。日本語がまったくわからない中、少年ジュンやその母で台湾人のリリーと出会い、世話好きの住民の人情に 触れるうちに、牛肉麺(ニュウロウミェン)の屋台で腕を振ることになる。屋台は思いがけず行列店となるが、やがてそ こにヤクザの手が迫る……。
***********************************

出演:チャン・チェン 青柳翔 イレブン・ヤオ バイ・ルンイン
監督/脚本:SABU
製作:LiVEMAX FILM LDH pictures BLK2 Pictures 高雄市文化基金會 Rapid Eye Movies
配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2017 LiVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA