「東京テアトル株式会社」タグアーカイブ

白石和彌監督、白石晃士監督が小林勇貴監督にエール『全員死刑』R15イベントで


映画情報どっとこむ ralph 被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件。自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに小林勇貴監督が映画化。

そして本日11月14日(火)、京橋テアトル試写室にてR15指定!禁断のトークイベントを行いました。
会場には、若干27歳にして日活実録犯罪映画シリーズというビックプロジェクトに名を連ね、『全員死刑』にて満を持して商業映画監督デビューする、脅威の新人・小林勇貴監督が登壇!

そして、その小林監督にエールを送るべく、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』など、現在『彼女がその名を知らない鳥たち』も絶賛公開中、来年5月に『孤狼の血』が控える今大注目の映画監督、白石和彌監督。

さらに日本一ディープな映画誌『映画秘宝』の創刊に携わり、現在も編集に携わる田野辺尚人、

さらにさらに、今回、このイベントに一般客として応募し参加し緊急サプライズゲストとして招集された、映画『貞子 vs 伽椰子』の監督、白石晃士監督(来年2018年に間宮祥太朗さんも出演される映画『不能犯』の監督を務めてます。)がゲストに登場!果たして、小林勇貴監督は、映画人たちのお墨付きもらえたのか!?
日付11月14日(火) 
時間20:00~20:40
場所京橋テアトル試写室
登壇:小林勇貴監督、白石和彌監督、田野辺尚人(洋泉社)、サプライズゲスト・白石晃士監督
MC:大場しょう太(東京テアトル株式会社)

映画情報どっとこむ ralph 11月17日に発売される小林勇貴監督の自叙伝「実録・不良映画術」のお話からイベントはスタート。

出版元である、洋泉社の

田野辺さん:ぜひ買ってお読みなさい、と申したい。小林勇貴がどうやって映画を作ってきたのか、この本を読めば全部わかります。私の上司は一日で読んだと言っていました。320ページ。この厚さです。1600円。安い本ではありませんけど、内容は非常に濃い、面白い本です。繰り返しますが、今週の金曜日11月17日に発売いたします。まずはこの本をよろしくお願いします。

と猛烈にアピール。『全員死刑』が誕生するまでの小林監督のすべてがつまった自著に対して、

小林監督:めちゃくちゃ楽しかったです。すごくいいタイミングで書かせてもらえて、ラッキーでしたね。

と手ごたえをのぞかせました。

映画情報どっとこむ ralph
ここからはゲストの白石和彌監督と、飛び入り緊急ゲストの白石晃士監督のW白石監督を交えて、小林監督初商業作品『全員死刑』についての話に。

白石(和)監督は今回の映画をみて

白石(和)監督:今まで小林監督がやってきた自主映画とは明らかに違うステージで、それがどう作用していくのかと思っていて。自主映画からプロの世界に入るとうまくいくパターンもあれば失敗するパターンもあるので、どうなるのか若干危惧はしていたんですけど、やっぱり(プロデューサーの)西村さんを始め、皆さんが上手くやってくれたんでしょうね。小林監督が堂々とした振る舞いでやっていたんだなというのが映画を観ていても感じたので、うれしかったですね。僕も原作は読んでいて、こんなどうしようもない人たちをどう映画にするんだろうと思っていたんですけど、上手いことやりきって成立させていたなぁと思いましたね。本当に勢いがあるな、と思いました。面白かったです。

と、商業デビュー作で堂々とした振る舞いを見せた小林監督を絶賛。

そして、今回のイベントには自らハガキで応募し、見事当選した白石晃士監督がゲストとして緊急参戦!!! 鑑賞したての白石(晃)監督に、直後の新鮮な感想を尋ねると、

白石(晃)監督:27歳ですよね。スピルバーグが『ジョーズ』を録った年ですね。単純にうらやましいです。この作品を27歳で創れて。本当に小林監督は人徳というか、マンパワーというか、周りの人たちを巻き込んで映画を創るって言うのが、すごいですね。そして、それを映画に反映させている。私には無いものをもっていらっしゃるのでとにかくうらやましい。あと、冒頭がとにかくエロイな、と。とてもいい冒頭でしたね。ヒロインの女の子が、とにかく可愛いかったので、いきなりあんな可愛い女の子と仕事ができるなんて…とにかくうらやましいなと思いました。映画の熱がちゃんとお客様に伝わってそれが伝染して盛り上がっていて、とても良い形だなと思いました。本当に…おめでとうございます(笑)

と、悔しさを少し覗かせつつ、小林監督と映画を大絶賛。

原作を読んでいたということで“もし自身が映画化するとしたらどうするか?”という質問に対し、

白石(和)監督:みんなバカじゃないですか(笑)彼らなりの美学なども感じられなかったので、(どのように映画化したらいいか)わからなかったですね。ここまで突き抜けてやるのが、この作品の方法なので、なるほどな、と思いました。僕は正直食指が動かなかったです。(笑)先日ばったり西村監督に会ったんですが、西村監督がとにかくベタぼれしてるんですよ、小林勇貴に(笑) なので、これからどうなってくのか楽しみですね。堂々と思いっきりやらかしている感じがちゃんとありましたね。

と自身の感想を述べるとともに、小林監督に太鼓判を押しました。
映画情報どっとこむ ralph 小林監督は、白石(晃)監督に対し、

小林監督:『貞子 vs 伽椰子』とかいろいろ観て、キャラクターの造形が大好きで、ものすごく嫉妬というか、勉強していて、思ったのは、イラスト化しやすいほどのキャラにはすごく魅力があるなと気づいたんです。なので、タカノリとかドロちゃんとか、今回の映画も、ある種マンガみたいになるように今回やりました。

と、白石(晃)監督に影響を受けている部分を告白。すると、

白石(晃)監督:映画映えするキャラクターまで押し上げたいという気持ちが表れているなと思いました。今回のキャラクターもみんな最低なんですが、すごく愛せるキャラになっている。それが小林監督の才能なのかなという風に感じました。

と、白石(晃)監督からもその才能に太鼓判が。

ここで

田野辺さん:みなさん最後のお願いです。11月18日19日に絶対見てください。映画は公開二日間が勝負です。お願いです。購入した前売り券を無駄にしないよう絶対にこの二日間のどちらかで観てください。

と観客の皆さまにお願い。そして、ここでW白石監督より、新作映画『孤狼の血』と『不能犯』のお知らせもありつつ、トークは終了。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

小林監督:本当に皆さんありがとうございます。何度でも観に来てください。何度でもぶっ殺(さら)います!!!!今日は本当にありがとうございました!!!!!

と小林監督らしい勢いのあるコメントで締め、大盛り上がりの中イベントは終了しました。


全員死刑

2017年11月18日(土)全国ロードショー

物語・・・
家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。

しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳
音楽:中
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会