「東京テアトル」タグアーカイブ

菅田将暉、太賀 出演発表! YOSHI x 森立嗣監督『タロウのバカ』


映画情報どっとこむ ralph 森立嗣監督が、15 年余り温めてきた自身の脚本によるオリジナル最新作『タロウのバカ』が今秋、テアトル新宿ほかにて公開となります。

大ヒットロングラン上映中の『日日是好日』や、2月22日に公開を控える次作『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』とは真逆のイメージに振 り切った、集大成的な作品。大森は自身で監督・脚本・編集を務めた。 この度、本作『タロウのバカ』に日本映画界を牽引する実力派俳優の 菅田将暉と太賀が出演していることが明らかになった。合わせて解禁されたティザービジュアルは奇妙な覆面を被った 3 人の少年の姿が写し出されている。既に発表済みの主演 YOSHI(ヨシ)を含め、菅田将暉、太賀の顔は見えない。不穏な空気が漂う 3 人の少年の佇まい。少年の手には鉄パイプや拳銃らしき物が見える。そもそも彼らは何者なのか?

ただならぬ事態が巻き起こりそうな予感が伝わってくるビジュアルだ。 本作は少年タロウの物語。彼は生まれてから一度も学校に行ったことがない。自分の年齢すら知らない。 母親、家族、社会。

タロウは誰からも振り向かれない。それでも自由に生きている。そんなタロウは年上の少年 エージ、スギオと出会い、初めて「世界」を知ることになるが・・・。 主人公タロウ役は大森立嗣監督が300人以上の候補者の中から大抜擢した異端児YOSHI。撮影当時若 干15歳のYOSHIは初めての演技ながら、菅田&太賀と堂々と渡り合い、鮮烈な映画デビューを果たした。 YOSHI 自身の自由奔放なキャラクターとも重なる“タロウ”は、唯一無二の存在としてスクリーンで輝きを放 っている。タロウに慕われ、共に行動するエージ役に菅田将暉、スギオ役に太賀が扮している。彼らの役柄 はまだ詳しくは明らかにされていない。

今回解禁となったインパクトある覆面ビジュアルおよび「世界を壊し 常識を覆す 3 人の少年を 目撃せよ」というキャッチコピーの強烈なイメージ。

世界を挑発する問題作
『タロウのバカ』

www.taro-baka.jp
は今秋、テアトル新宿ほかにて公開となる。


***********************************


監督・脚本・編集:大森立嗣

出演:YOSHI、菅田将暉、太賀
製作幹事:ハピネット、ハーベストフィルム
配給:東京テアトル
(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会


伊藤亜由美・深川栄洋監督・森谷雄P登壇!『そらのレストラン』公開記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 洞爺湖を舞台に2012年1月に公開された『しあわせのパン』、空知を舞台に2014年10月に公開された『ぶどうのなみだ』に続く、大泉洋主演の北海道映画シリーズ第三弾となる映画『そらのレストラン』が公開中です。

そして本日2月15日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開記念トークショーが行われ、伊藤亜由美さん、深川栄洋監督、森谷雄プロデューサーが登壇しました。

『そらのレストラン』公開記念トークショー
日時:2月15日(金)
場所:ヒューマントラストシネマ有楽町
登壇:
伊藤亜由美(企画・制作、クリエイティブオフィスキュー代表取締役)、深川栄洋監督、森谷雄(プロデューサー、アットムービー代表取締役)


映画情報どっとこむ ralph 本作の企画・制作を務めた伊藤亜由美さん、深川栄洋監督、森谷雄プロデューサーが温かい拍手の中登場。
最初に・・・

伊藤さん:今日は金曜の夜なのに、飲みたい気持ちを抑えて来てくださりありがとうございます。

と感謝を伝え、

深川監督:短い時間ですが最後まで楽しんでいってください。

との挨拶からスタート。


ずいぶん前から構想があったという本作について

伊藤さん:森谷さんとは『しあわせのパン』の構想の時からなので、2008年から本作のことを話していて、2人でロケハンをしたりと完成まで10年もかかりました!

と感慨深く話しました。

森谷P:3部作もついにここまで来たかと、『そらのレストラン』の公開日を迎えたときには感無量でした。

と本作への想いを語りました。

伊藤さん:映画を見たら分かると思うんですけど、劇中のような男子の“わちゃわちゃ”感が大好きで、チームナックスも映画のような“わちゃわちゃ”を経ておじさんになりました(笑)。楽屋ではいつもあんな感じなんですよ。それで大人になっても”わちゃわちゃ“してるのが好きで、それを撮るなら男性の監督がいいなって。

と話しました。それに対して

深川監督:最初草案を読んでる時は、どう読んでいいか分からなかったです。でも、チームナックスってこういう感じだったのかなとだんだん感じ始めました。でも、おじさんたちの”わちゃわちゃ“を誰が見るんだろうと半分くらい思ってました(笑)

と自虐的に本作を語りました。



また好きなシーンについて聞かれ

伊藤さん:男たちが岡田君演じる神戸を迎え入れて食べるシーンで、手前側の風吹さんと本上さんと凛ちゃんにフォーカスを当てながら、奥の方には男たちがふざけ合ってるところも活かしていて。なんか日本映画だなって、小津さんの作品みたいで。

と熱量をこめて語りました。

それを受けて

深川監督:現場ではそこ(男たちがふざけ合っているところは)いらないでしょと言われたけど、説得して実現しました。あのショットで男の世界と女の世界が同時間に見れないかなと思って作らせていただきました。

とこだわりを語りました。

続けて、

深川監督:あのシーンは撮影の最初の方のシーンで、全員が揃う初めての日だったんですけど、5人揃うと話を聞かなくなるという。それで役者が芝居をやりづらい環境を作ろうかなと、そうすると役者にも火がつくんですよ。

と演出方法について語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、もう一度見てもらいたいシーンについて聞かれ

深川監督:せたなの他では見ることができない地形や広大な土地に注目していただきたいです。海に面しているのに、崖の上に牧場があるなど、“せたな”でしか撮れない映像となっています。是非もう一度見てください!

と見どころを語り、イベントは幕を閉じました。

映画『そらのレストラン

全国公開中!

公式サイト:
http://sorares-movie.jp/


STORY
北海道せたなで暮らす亘理(わたる)と妻のこと絵と一人娘の潮莉(しおり)。彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。そこに東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

***********************************

監督・脚本:深川栄洋
脚本:土城温美
音楽:平井真美子

出演:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、安藤玉恵、庄野凛、鈴井貴之(友情出演)、風吹ジュン、小日向文世

配給:東京テアトル
©2018『そらのレストラン』製作委員会
  


千眼美子主演『僕の彼女は魔法使い』本編動画&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 千眼美子主演『僕の彼女は魔法使い』。
公開日は2019年2月22日(金)となりますが、本作の本編動画&場面写真が解禁となりました!

今回、解禁となる動画では本作の見どころのひとつである魔法シーンをご覧いただけます!

制服姿の主人公・風花(千眼美子)が魔法の杖を一振りすると無数の光が発せられ、なんと空飛ぶ魔法使いの箒に早変わり!
目の前で起こったことに驚きを隠せない優一(梅崎快人)。
そんな優一に対し、屈託のない笑顔で「さあ、乗って!」と魔法の箒に腰掛ける風花。
優一は言われるがまま、不安げな面持ちで彼女の後ろに座る。
そして、魔法の力でゆっくりと宙を浮き始める風花の箒!
「うわわわわ・・・!?」と足をばたつかせ慌てて風花にしがみつく優一だったが、魔法の力で急上昇!
暗闇に消え行く二人は果たして何処まで行ってしまうのか!?雲?月?その後の展開が非常に気になる映像が解禁!


併せて、場面写真解禁!

海の見える公園での二人の出会いのシーンを皮切りに、今回動画が解禁となった箒のシーンや、魔法陣でのバトルシーン等々。


僕の彼女は魔法使い

2019年2月22日(金)全国ROADSHOW


【STORY】
「やっとみつけた!」――高校3年生のある日、優一のクラスに転校生の風花が現れる。そのときから、優一のまわりで不思議な現象が起きはじめる。そう、風花は魔法使い。しかも世界で最後の“白魔術の継承者”だったのだ。優一は戸惑いながらも次第に心惹かれていく。しかし、ある事件をきっかけに突然、風花は姿を消してしまう。それから5年後、二人は偶然に再会を果たすが――それは時空を超えた“白魔術と黒魔術の戦い”の始まりだった。

***********************************

製作総指揮・原案:大川隆法

千眼美子

梅崎快人 春宮みずき 佐伯日菜子 高杉 亘 不破万作

監督:清田英樹 脚本/チーム・アリプロ
音楽:水澤有一
製作:幸福の科学出版
製作協力:ARI Production ニュースター・プロダクション

制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給/日活 配給協力:東京テアトル

©2019 IRH Press


黒沢清監督 x 前田敦子『旅のおわり世界のはじまり』オールキャストが解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本・ウズベキスタン国交樹立25周年・ナボイ劇場完成70周年記念 国際共同製作作品

2019年初夏公開の黒沢清監督最新作『旅のおわり世界のはじまり』のオールキャストが解禁となりました!

国内外の映画人からリスペクトされ、多くのフォロワーを生み続けるカリスマ映画作家・黒沢清監督が、シルクロードの中心”ウズベキスタン”で、1ヶ月に渡り全編オールロケ撮影に挑んだ待望の最新作。監督が脚本を書き下ろした本作は、言葉も通じない未知の国に飛び込んだ、一人の女性の成長を描く旅の物語。

主人公の葉子を、黒沢清監督が厚い信頼を寄せる女優・前田敦子さんが演じている。今回解禁されたティザーポスターに登場する新たに発表されたキャストは、黒沢組への参加が『贖罪』(12)ぶりとなる加瀬亮さん、『予兆 散歩する侵略者』(17)につづく染谷将太さん、黒沢組初となる柄本時生。彼ら3人がウズベキスタン取材で、主人公・葉子と行動を共にする番組クルーのスタッフを演じている。さらに、現地の通訳兼コーディネーター役としてウズベキスタン俳優のアディズ・ラジャボフさんが出演する。

映画情報どっとこむ ralph 前田演じる主人公・葉子と行動を共にする番組クルーのカメラマン・岩尾役を演じる加瀬亮さんは

加瀬さん:言葉もわからない異国の地でたくさんのハプニングに見舞われました。そのたびに飄々と見えながらもどんな時もあきらめない監督や共演者たちに大きな刺激をもらいました。想像もしてなかった新鮮な脚本。共演者はクセ者揃い。しかもウズベキスタンロケ。面白くないはずがありません。再び黒沢組に参加できてとても嬉しかったです。

とコメントし、ディレクター・吉岡役の染谷将太さんは

染谷さん:黒沢組にまた参加させて頂きニヤニヤが止まりませんでした。ウズベキスタンという国に飛び込みますと、自然と我々が異物になっておりました。文化の違う我々が異物となり、撮影隊という景色が異物となり、そんなマジックを黒沢監督に見せられているような感覚でした。素敵な世界を楽しみにしていてください。

と語る。AD佐々木役を演じる柄本時生さんは

柄本さん:以前から黒沢監督のファンだったので、黒沢組を体験できるのは本当に貴重で、まさに“映画”という感じの現場で夢のような時間を過ごさせてもらいました。日本の共演者の皆さんは、元々知り合いだったので、とても楽しくお仕事をさせて頂きました。

とコメントする。

海外作品へ初出演となったウズベキスタンの国民的人気俳優で“ウズベキスタンのトムハ”ことアディズ・ラジャボフは、

ラジャボフさん:映画撮影のプロセスはいつも魔法です。素晴らしい作品を作るために、たくさんの方が働くのです。今回、日本映画を代表する”映画に魅了された”方々と共に仕事をする機会は、私にとって“まさに魔法のような時間”で、とても豊かな経験となりました。

とコメント。

前田敦子さんは、慣れない土地での撮影で苦楽を共にした共演者に対して、

前田さん:空港に着いた瞬間から、黒沢監督の演出がはじまっているんじゃないか?と4人で話していました。そのぐらい、まったく未知の国だったので、行動するときも一緒に固まって動いたり、オフの日もみんなでご飯に行ったり、いろんな場所へ行きました。(4人とも)生きてきた年数が少しずつ違いますが、みんなで“初めて”をたくさん経験できたので、絆になりました。私にとっては最高の環境でした。

と話し、長期の海外撮影を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回解禁された現地撮影時のメイキング映像を使用した“製作快調!特報” は、黒沢清監督がウズベキスタンの荒野で、本番スタートをかけるところから映像がはじまり、市場で、加瀬、染谷、柄本らキャストに演出する風景や、前田とモニターをチェックする様子、「キープして、もう1回やらせてください」とこだわりを見せる、貴重なメイキングシーンが収められている。



監督過去作品63タイトル超!あらゆるジャンルを横断してきた黒沢清監督が「これまでのどれにも似ていない作品」と明言する新たな挑戦!

日本・ウズベキスタン国交樹立25周年・ナボイ劇場完成70周年記念 国際共同製作作品

映画『旅のおわり世界のはじまり』

は、2019年、初夏公開。

公式サイト
tabisekamovie.com

遠い空の下、“新しい自分”に出会う─
テレビ番組のリポーターとして美しい国“ウズベキスタン”を訪れた葉子は、この国にいる“伝説の怪魚”を探すため、番組クルーと様々な地を訪れる。ある日の収録が終わり、彼女はひとり見知らぬ街を彷徨ううち、導かれるように路地裏につながれたヤギと巡り合う。それは、目前に広がる“世界”との対話のはじまりだった──。

***********************************

監督・脚本:黒沢 清
キャスト:前田敦子、染谷将太、柄本時生、アジズ・ラジャボフ、加瀬 亮
配給・宣伝:東京テアトル
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり


コミックス・ウェーブ・フィルム最新作『詩季織々』この夏公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名は。』 『秒速5センチメートル』のコミックス・ウェーブ・フィルムが贈る最新作『詩季織々』2018年夏、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほかにて公開されることが決定しました。

本作は、中国の3都市を舞台に、失したくない大切な思い出を胸に、大人になった若者たちの、過去と今を紡いだ3つの短編(「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」)からなる珠玉の青春アンソロジー。
『詩季織々』陽だまりの朝食


中国で数々のアニメーション作品を制作し、中国のアニメ業界をリードするブランドHaoliners(ハオライナーズ)の代表も務めるリ・ハオリン(李豪凌)監督が、10年近く前に『秒速5センチメートル』を観て新海監督に憧れ、熱烈なオファーをCWFに送り続けたことにより、本プロジェクトが始動。

リ・ハオリンを総監督に、実写映画出身でアニメ初挑戦となるイシャオシン(易小星)、そして、CGチーフとして長年に渡り新海作品を支え続けてきた竹内良貴を監督に起用。

竹内監督は、劇場公開作品として初監督に挑みます。

監督全員が30代前半と、日本と中国の若き才能が集結。
自らの思いを重ね合わせ描くのは、中国の暮らしの基となる【衣食住行】。
詩的にして鮮烈な風景描写のもとで描き出された切なくも温かいストーリーは観客の感情を優しく深く揺さぶり、時代や国境を越えて誰もが共感できるアニメーションが完成しました。

公式HP:
http://shikioriori.jp/

公式twitter:
@shikioriori2018

***********************************

監督:リ・ハオリン、イシャオシン、竹内良貴
2018年/日本/カラー
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
配給:東京テアトル