「東京コミコン2017」タグアーカイブ

デナイト監督・菊地凛子 東京コミコン2017『パシフィック・リム:アップライジング』映像お披露目に登壇


映画情報どっとこむ ralph 日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月に日本公開いたします。

この度、前作からの続投となる菊地凛子、初来日となるニッポンの怪獣大好きスティーヴン・S・デナイト監督が東京コミコン2017に登壇!さらに全世界未解禁となる新映像が上映され、会場を大熱狂の渦に包みました!!

『パシフィック・リム:アップライジング』全世界未解禁映像お披露目イベント
日付:12月3日(日)
場所:幕張メッセ 「東京コミコン2017」メインステージ
登壇:スティーヴン・S・デナイト監督、菊地凛子

映画情報どっとこむ ralph ”東京コミコン2017”のメインステージには、全世界に先駆け未解禁映像が上映されるとあって、3日間行われているイベント内で最大級となる約1000人が押し寄せ立ち見も溢れ出す大盛況ぶり。


今か今かと待ちわびるファンの前に、本作を絶賛製作中のなか緊急初来日したスティーヴン・S・デナイト監督が姿を現し、

デナイト監督:モシモシトーキョー!!

と日本語で呼びかけると会場からは割れんばかりの歓声があがりました。


デナイト監督:コミコンに来られたこと、そして初来日なんですが日本に来られてすごく光栄だよ。しかもそれが『パシフィック・リム:アップライジング』のことをお話しできる機会だなんて最高の気分!これ以上愛せないというくらい日本は素敵な場所だね。悲しいことに今夜帰るんだけど、みなさんに約束する!!!来年、完成した『パシフィック・リム:アップライジング』を携えて必ずまた来るよ!

と再来日をファンに約束し会場を大いに盛り上げました。

またステージ上に並べられた本作のフィギュアに

デナイト監督:出来が最高すぎて、帰りの飛行機で手にしているかもね(笑)。皆さんにも家に置いてほしいよ!

と完成度の高さに驚いた様子も見せました。

映画情報どっとこむ ralph さらに監督の初来日をお祝いするため、前作に引き続き出演を果たした菊地凛子さんが、スパンコールが散りばめられた煌びやかなワンピースに身を包み登場。

菊地さん:こんなにたくさん集まっていただき、前作のファンの方、そして会場にいて足を止めてくださった皆様、本当にありがとうございます。私もこの場所にたてることを嬉しく思っています!約10年後が舞台となるんですが、新しい戦力と共に新しい戦いに向かう、森マコとして新しい成長を意識しました。

と本作への意気込みを明かすと、

デナイト監督:リンコとの仕事はスリリングなことでもあるし大変光栄なことでもあったよ。現場にリンコがいると本当にワクワクするんだ。早く今回のリンコの演技を皆に観て欲しい!

と大絶賛!

映画情報どっとこむ ralph そして満を持して、世界に先駆け初解禁となる新映像のお披露目となり、

デナイト監督:どうしようかな、皆さん本当に見たい?本当に本当に?

と会場を煽るとボルテージはMAXに!ファンが待ちわびている様子を目に

デナイト監督:ハイ!(日本語)

と、上映へのGOサイン。

ステージ上の大スクリーンでいよいよ世界で初めてベールを脱いだ新映像を食い入るように見届けた会場中の観客の、興奮と感嘆の入り混じる大熱狂ぶりと、この映像を初めて見たという菊地さんも

菊地さん:前作の皆さんが好きな要素をすべて持ってきて、そしてより進化しているのが伝わってきましたね。絶対私も見たい!!(笑)

とコメント.

デナイト監督:(喜んでもらえて)すごく嬉しいね!

と喜びの表情を浮かべました。日本語の看板がちらちらと見え隠れする戦闘シーンでは東京を破壊、

デナイト監督:前作ギレルモ・デル・トロ監督が素晴らしい映画を作ったけど、夜間のバトルが多かったから、せっかくなら新しいものを見せたいと思って白昼にしたんだよ。ウルトラマン、マグマ大使、ジャイアントロボ、ゴジラ映画などが大好きで、KAIJU映画を作るなら東京をぼろぼろにするのは欠かせないよ。東京を破壊するとてもいいチャンスだったし、東京の人にとっては悪夢かもしれないけど、僕にとっては夢だったからね!(笑)

と日本のファンにはたまらないエピソードを披露し会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph
最後に、

菊地さん:私も一人の、パシフィック・リムファンとして公開がとても楽しみです。バトルシーンも、新しいキャラクター達も素晴らしい活躍を見せてくれるので、ぜひ期待していただいて、劇場で観て欲しいです!

と完成を楽しみにしていることをアピール!!!

デナイト監督:私も皆さんに早く見ていただきたい気持ちでいっぱいだよ。この作品を作るのは、子供のときに抱いていた夢が叶っていく体験なんだ。リンコが言ってくれたように、皆さんぜひ劇場に観に来てほしい。そうすれば、『パシフィック・リム3』を作ることができるからね!

と早くも次回作への野望を明かすと会場騒然。大盛り上がりのままイベントは幕を閉じました。


戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにしたギレルモ・デル・トロ監督は引き続き製作として参加。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャストも引き続き活躍!新キャストとして新田真剣佑も名を連ね、前作を凌駕する興奮をもたらすに違いない

『パシフィック・リム:アップライジング』
原題:PACIFIC RIM UPRISING

2018年 4月、全国ロードショーです。

公式サイト:pacificrim.jp
公式Twitter:@PacificRim_JP
公式Facebook:@PacificRimMovieJP

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、アドリア・アルホナ、ジン・ティエン ほか
全米公開:2018年3月23日(予定)

配給:東宝東和
【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.
   


東京コミコン2017にて『ULTRAMAN』フル3DCGアニメーション製作発表!


映画情報どっとこむ ralph 本日12月1日(金)から開催の「東京コミコン2017」にて 『ULTRAMAN』製作発表会が行われ、人気コミックス『ULTRAMAN』(清水栄一×下口智裕 「月刊ヒーローズ」連載)の、フル3DCGアニメーション製作が発表となりました。
監督は『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の神山健治と、『APPLESEED』『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の荒牧伸志の2人体制。制作はProduction I.G×SOLA DIGITAL ARTS。公開時期は2019年を予定。

映画情報どっとこむ ralph
神山監督:ウルトラマンが生まれた年に始まって、歴史ある作品なので、ある意味、携わるとは思っていなかったので光栄です。楽しみにしています。
荒巻監督:リアルタイムでウルトラQから観ていましたから作品に関われるのは光栄です。肩に力らが入ってしまいますね。
と、二人ともワクワクが隠しきれないご様子。

ここで『ULTRAMAN』公式ティザーPV情報も発表


モーションキャプチャーを使いながら3DCGの質感もさることながら、アクションにアニメーションを足していく感じで作っているそう。

荒巻監督:見たことない絵になると思います。

と断言!

映画情報どっとこむ ralph ウルトラマンと言えば特撮巨大ヒーロー。
神山監督:巨大化しないのが オリジナルと違うところ。等身大のヒーローをどう描いていくか。ハヤタの息子がどうヒーローになっていくのか。ドラマ部分やキャラクターを重点的に意識して作っています。

荒巻監督:ウルトラマンは特撮のヒーローでしたが、ULTRAMANはモーションキャプチャーで動いていますので、特撮のように中に人が入っているのを意識させたい。デジタル時代の特撮なんじゃないかなと。出来てきてる絵はそういう印象です。
神山監督:特撮っぽいです。新しい味ですね。

と、手書きのアニメーションより特撮風に見えるように創作中のご様子。

映画情報どっとこむ ralph ここで、原作の清水先生と下口先生が登壇。自分の作品のアニメ化への期待を問われると
清水先生:もともと両監督のファンなので、新作アニメとして楽しみにしています。

下口先生:モーションキャプチャーの撮影しているところを見せていただいたのですが、リアルタイムで動くのをみて、これは観たことのない映像になるなと。楽しみにしています。


モーションキャプチャ良いところは

荒巻監督:役者さんの演技を、芝居と感情をデジタル化しています。台詞も覚えていただいて感情をも取り込んでいます。

神山監督:良いところは、漫画のウルトラマンスーツが動く部分。手書きで芝居の部分を描くと時間がかかりすぎます。モーションキャプチャでやることで、その場で手に入れることができるんですよ。その上にアニメーターに足してもらえる。クリエーターがもう一段上を足していけるんです。


今回、ウルトラマンスーツが見せ所。
荒巻監督:全くいじってないです。原作そのままになるように注意してます。

神山監督:金属の硬い表現ができるのがCGの良さです。セルアニメよりメタルの感じが出せるかなと思っています。完成を期待してみてください。

清水先生:そのまま、ギミックをプラスしていただいて、 アニメをからのフィードバックを 使いたいともいます、

下口先生:作画から、スーツが形のままに動くのが羨ましいです。硬さ重さはアニメのほうがすぐれているので、 これから参考にさせていただきたいと思います。

と、今後は漫画の方にもアニメのギミックが生かされていきそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、サプライズ!ULTRAMANがリアルに登場!
両監督も特撮スーツの出現にワクワクが止まらないご様子で触りまくっていました!

神山健治・荒牧伸志 両監督からコメントが到着!
神山健治監督コメント

荒牧監督と共に3DCGで『ULTRAMAN』のアニメーション制作に挑戦しています。いままでにも3Dでのアニメ制作は経験がありましたが、モーションキャプチャーを使用するのは今回初めての経験です。演出の仕方、絵作りの方法論は手付けや作画のアニメ制作とは異なりますが、新しいチャレンジは作品を作っていく上で刺激になり、面白いアイディアに繋がっていくという確信があります。


荒牧伸志監督コメント
今回、『ULTRAMAN』という大きなタイトルを、さらに神山監督という強力すぎるクリエイターと一緒に作る、ということが、私には過激な緊張感と期待感をもたらしています。日本で作る3DCGアニメの作品として、CGアニメの新形態を見せたいと思っています。原作コミックのおもしろさを増幅し、ウルトラマンシリーズのファン、原作コミックのファンだけでなく、全く新しいファンも楽しめるような作品にするべく全力を投入します。

映画情報どっとこむ ralph 『ULTRAMAN』(仮)
監督:神山健治×荒牧伸志
制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS
作品内容、出演キャスト他、最新情報は順次公式サイトにて公開予定です。

アニメ『ULTRAMAN』公式サイト:
http://anime.heros-ultraman.com/

***********************************



樋口真嗣 総監督 東京コミコンで新作発表予定!直前コメントが到着


映画情報どっとこむ ralph 『ローレライ』、『日本沈没』で監督を務め、『シン・ゴジラ』では第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した樋口真嗣 総監督による最新作を、東京コミコン2017のステージで発表させていただきます。

この度、12月3日(日)、東京コミコン2017ステージにて最新作を発表される樋口真嗣 総監督より、コメントが到着しました。
12月1日(金)から3日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される東京コミコン 2017の特設ステージでは、豪華来日ゲストが登壇する等スペシャルコンテンツが並んでいるが、最終日にあたる3日(日)、『シン・ゴジラ』で第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した樋口真嗣 総監督による最新作が発表されることが決定した。11月24日には発表に先駆けシルエットビジュアルが解禁され
11月24日に解禁されたシルエットビジュアル

本日、樋口総監督自身よりコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph <樋口総監督コメント>

えー。
煽りますねえ。
なんかこういう煽られ方をすると、
それに応えなきゃってつい鼻息荒くなりがちで、鼻息荒いとつい言わなくて良いこと言っちゃいそうになるんで、細心の注意を払いながら言わせていただきますが、今一番一緒に仕事をしたいと思ってた人たちと一緒に作ってます。私なんぞよりも、その最高なメンバーの最高な組み合わせを早く教えたいです。
自分的に超ドリームです。
では数日後に。

映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する映画監督による最新作。世界が注目する中、果たして何が発表されるのか。目が離せない。

公式サイト:hisomaso.com  
公式ツイッター :@hiso_maso


東京コミコン(東京コミックコンベンション)
1970 年、ゴールデン・ステート・コミック・ブック・コンベンションとしてシェル・ドルフを中心に開催されたのが原点となるテクロノジーとポップ・カルチャーのイベント、コミコン。アメリカのサンディエゴでは毎年 7 月上旬に開催され、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画と内容も拡大され、 最大 13 万人が集まる大イベントとして世界中で話題となっている。マーベルの名誉会長を務め、「スパイダーマン」や「X-メン」などのコミックの原作者としてアメリカコミック業界に変革をもたらした 「ポップ・カルチャーの父」スタン・リーと、アップル共同創業者の一人で「テクノロジーの王」と言われているスティーブ・ウォズニアックとの出会いは、米国「シリコンバレー・コミコン」として結実。そしてウォズニアックにより「東京コミックコンベンション(略称:東京コミコン)」が提唱された。2016年12月、スタン・リーを名誉親善大使として招聘し「東京コミコン 2016」が実現。大盛況の内に幕を閉じ、今年、第二回目の開催となる「東京コミコン 2017」が開催される。

***********************************

   


スティーヴン・S・デナイト監督初来日決定!“東京コミコン2017“に降臨!『パシフィック・リム:アップライジング』


映画情報どっとこむ ralph 日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。
待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月に日本公開いたします。
この度、スティーヴン・S・デナイト監督の初来日が決定いたしました!

今回の来日では、12月1日(金)より3日間開催される、世界最大級のポップカルチャーイベント、“東京コミコン2017“のゲストとして登壇することも決定!ファンが沸き立つ一大イベントに連続して登場し、日本のカルチャーシーンが大いに盛り上がること間違いありません!

映画情報どっとこむ ralph 10月にニューヨークで行われたコミコンでは、続編となる本作のテーマなどを熱く語り、劇中でキャラクターが着用する軍服に身を包み登場したことでも、本作にかけるほとばしる想いが窺えたデナイト監督は、「最新のテクノロジーでとても素晴らしく作り上げる事が出来るし、戦闘シーンは他のどんな映画にもない戦いだよ。小さい頃から日本の巨大恐竜の作品を観ていてとても好きなんだ。ウルトラマン、マグマ大使、ゴジラとかね」

と日本が世界に誇る偉大なキャラクター達への大いなる愛を明かしており、日本の特撮・ロボットアニメへの多大なるリスペクト精神が人気を博した前作を継ぎ、現在本編を絶賛制作中のなか、他でもない日本を訪れることを心待ちにしている様子。

全世界が今か今かと完成を待ちわびる最中、ギレルモ・デル・トロ監督が認め、その意志を引き継ぐ男は、愛する国・日本で果たして何を語るのか?!注目です!

映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム:アップライジング』
戦いは終わりではなく、始まりだった-。前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?
前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにしたギレルモ・デル・トロ監督は引き続き製作として参加。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャストも引き続き活躍!新キャストとして新田真剣佑も名を連ねています!



公式サイト:
pacificrim.jp
公式Twitter:
@PacificRim_JP
公式Facebook:
www.facebook.com/PacificRimMovieJP/
***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、アドリア・アルホナ、ジン・ティエン ほか
全米公開:2018年3月23日(予定)
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和
【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.