「東京グランプリ」タグアーカイブ

「アマンダ(原題)」第31回東京国際映画祭コンペ最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞W受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!


審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加したプロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

映画情報どっとこむ ralph 美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。

「アマンダ(原題)」原題:AMANDA

は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。

ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。

今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッバイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ
撮影監督:セバスチアン・ブーフマン
音楽:アントン・サンコー

出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、

ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ 

2018 年/フランス/107 分
配給:ビターズ・エンド


第29回東京国際映画祭 コンペ部門作品募集中!


10月25日(火)~11月3日(木・祝)に開催いたします

第29回東京国際映画祭(以下TIFF)のコンペティション部門、作品募集を本日より開始いたしました。

東京国際映画祭のコンペティション部門では、現在世界の第一線で活躍する多くの監督たちが新人時代に参加する一方、数々の実績のある実力派監督の新作などもプレミア上映してまいりました。

最高賞である「東京グランプリ」を目指して、昨年度は86の国と地域から1,409作品もの応募がありました。本年も国内外問わずさらに幅広い多くの作品を募集いたします。

【募集期間:4月15日(金)~7月8日(金)】


★コンペティションエントリー規約及びエントリーフォーム
は、こちらから。

第28回受賞者と審査委員
©2015 TIFF

***********************************

                                       


第27回東京国際映画祭 受賞作品・受賞者発表!


The 27th Tokyo International Film Festival Award Winners!

第27回東京国際映画祭クロージングセレモニーにて各受賞作品および受賞者が発表されました。

東京グランプリは、「神様なんかくそくらえ」

本作はアメリカ、フランス合作。少女の青年に対する絶望的な愛の物語を軸に、ジャンキーとして生きていくノーフューチャーな若者たちを徹底したリアリズムで描くドラマです。

審査員特別賞にはブルガリアの『レッスン/授業の代償』。コンペティション部門から一般観客を対象に投票を募った観客賞に吉田大八監督の『紙の月』が選ばれ、最優秀女優賞も『紙の月』宮沢りえさんが受賞しました!

日本映画スプラッシュ 作品賞は『百円の恋』でした。

それでは、受賞リストです!
受賞作品/受賞者 (WINNER)
対象作品 (FILM)

東京グランプリ Tokyo Grand Prix

『神様なんかくそくらえ』
“Heaven Knows What”

審査員特別賞 Special Jury Prize

『ザ・レッスン/授業の代償』
“The Lesson”

最優秀監督賞 Award for Best Director

ジョシュア・サフディ、ベニー・サフディ
Joshua Safdie, Benny Safdie

『神様なんかくそくらえ』
“Heaven Knows What”

最優秀女優賞 Award for Best Actress

宮沢りえ
Rie Miyazawa

『紙の月』
“Pale Moon”

最優秀男優賞 Award for Best Actor

ロベルト・ヴィエンツキェヴィチ
Robert Wi.ckiewicz

『マイティ・エンジェル』
“The Mighty Angel”

最優秀芸術貢献賞 Award for Best Artistic Contribution

『草原の実験』
“Test”


観客賞 Audience Award

『 紙の月 』
“Pale Moon”

WOWOW賞 WOWOW Viewer’s Choice Award

『草原の実験』
“Test”

アジアの未来 作品賞 Best Asian Future Film Award

『ゼロ地帯の子どもたち』
“Borderless”

国際交流基金 特別賞
The Spirit of Asia Awardby the Japan Foundation Asia Center

ソト・クォーリーカー
Sotho Kulikar

『遺されたフィルム』
“The Last Reel”



日本映画スプラッシュ 作品賞
Japanese Film Splash, Best Picture Award


『百円の恋』
“100 Yen Love”


日本映画スプラッシュ スペシャル・メンション
Japanese Film Splash, Special Mention


『滝を見にいく』
“Ecotherapy Getaway Holiday”

“SAMURAI(サムライ)”賞SAMURAI Award

北野 武
Takeshi Kitano

ティム・バートン
Tim Burton

因みに第27回東京国際映画祭 動員数は
レッドカーペット・アリーナ等イベント:約151,000人
劇場動員数:44,706人 (上映作品数 200本;第26 回は約97本)
TIFFCOM、共催/提携企画動員数:200,000人

スタッフの皆さん、マスコミの皆さんお疲れ様でした!

********************************************************************