「東亜優」タグアーカイブ

太田慶監督「狂える世界のためのレクイエム」初日決定!


映画情報どっとこむ ralph 「狂える世界のためのレクイエム」を2018年2月17日(土)より東京/下北沢トリウッドにて公開が決定しました!

本作はカナザワ映画祭2016「期待の新人監督」枠に入選上映された作品。

映画会社のサラリーマンでありながら脚本・監督・編集を一人で担ったのは太田慶。
二十数年間サラリーマン生活を続けながら、映画美学校「脚本コース」に通って書き上げた脚本が「長編シナリオ課題優秀作品」に選出。「この脚本はどうしても自分で監督したい」と太田監督は自主制作での映画化を決行。勝手が分からない映画製作を運と突破力で乗り越え、初長編監督作品を完成させたそう。

ボーイ・ミーツ・ガール。

だが男は「通り魔」、女は「テロリスト」だった。
男は女の為に、この世界を滅ぼすことを誓い、「一人一殺」のテロを決行することになるが・・・。職を失った利明はナイフを手に街に出るが、歩道橋から飛び降りようとしている女・千里を思わず助けてしまう。「あなたが、このくだらない世界を滅ぼしてくれるなら生きてあげてもいいわ」と言う千里の為に、利明はテロリストになることを決意する…。
主人公、利明役には、これから期待される怪優、阿部隼也、ヒロイン千里役には「仮面ライダーアマゾンズ」の東亜優、その他、2017年12月公開『やがて水に歸る』(榎戸耕史監督)で主演をつとめた永里健太朗、コント赤信号の小宮孝泰らが出演しています。


映画情報どっとこむ ralph キャストさんからコメントが届いています。

阿部隼也さんからのコメント

平成の年号が変わるのが先か上映が先か、撮影から早三年、そればかりを考えてようやく先に上映を向かえることが出来ました。監督や共演者の皆さん、スタッフなど、現場は優秀な人達ばかりでした。もしかしたら現場のパワーを借りて大傑作になっているかもしれません。「違うだろぉぉぉぉ!」とヤフーレビュー等で袋叩きにされるかもしれません。様々な意見が出るかと思いますが、どうか皆さん、スターウォーズに勝たせてください。一回で良いんでこの場だけでもSF大作に勝たせてください。


東亜優さんからのコメント

公開が決まり嬉しいです。撮影からは随分と時間が経ちました。悩み途方に暮れた撮影期間が懐かしいです。斬新な映画です。自殺少女が通り魔に遭遇し、テロ目論んだりヨガしたり太極拳したり・・・ラストの仕掛けにビックリしてください。


小宮孝泰さんからのコメント

正直言って、手間のかかる映画だった。監督の太田慶さんは映画好きとはいっても、撮るのは初めて。そんな訳でスタッフはベテランを集めた。でも、出演者は玉石混交。当然現場では喧々諤々。時には大声が上がることもあった。個人的には、私のお腹にナイフが刺さる場面で、リハーサルで準備するように厳命しておいた仕掛け付きの小道具が用意されておらず、あやうく本物のナイフで刺される寸前だった夜があった。ちょうどにわか雨も降り出して緊張感が増し、私も遂にキレてしまった。監督は泣きそうな顔で押し黙っていた。メイクさんが機転を利かして特殊小道具を作ってくれたのでその場は納まったが、チーム全体の違和感は拭えなかった。ご覧になれば分かると思うが、未熟な部分も多い映画である。でも出来の悪い子ほど可愛いの例え通り、私としては愛すべき作品である。是非あばたもえくぼ探しを楽しみに見て下さい。

映画情報どっとこむ ralph 『狂える世界のためのレクイエム』

公式TW:
@kuruerusekai



物語・・・
派遣切りで職を失った青年・利明はバタフライナイフを手に街に出るが、歩道橋から飛び降りよ うとしている女・千里を思わず助けてしまう。「あなたが、このくだらない世界を滅ぼしてくれるなら生きてあげてもいいわ」と言う千里のために、利明はテロリストになることを決意する。
千里は、オタク青年やチンピラヤクザをスカウトしてテロ仲間に引き込む。ライバルの出現に危機感を覚えた利明は、千里に自分をアピールしようとテロの先陣を志願し、「一人一殺」のテロを決行することになる。だが、「世界」は思いもよらぬ方向にねじれていくのだった…。

***********************************

出演:阿部隼也、東亜優、山村真也、永里健太朗、小宮孝泰
監督・脚本・編集:太田慶 プロデューサー:髙橋邦夫
撮影:石山稔 照明:小林敦 録音:宋晋端 音楽:真野勉
配給:「狂える世界のためのレクイエム」 ©太田慶 2015年/日本/カラー/Blu-ray/88分 


『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2 製作発表記者会見


映画情報どっとこむ ralph 本日4月6日深夜24時(4月7日0時)に配信開始となるAmazonオリジナル『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2の製作発表記者会見が行われ、主要キャストの前嶋曜さん、白本彩奈さん、藤田富さん、谷口賢志さん、武田玲奈さん、東亜優さん、白倉伸一郎さんによる記者会見が行われました。また、仮面ライダーアマゾンさんたちによるミニヒーローショーも行われ特撮ファンクラブ当選者と記者たちで埋まった会場は大盛り上がりとなりました!

Amazonオリジナル『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2 製作発表記者会見

開催日時:2017年4月6日(木)
会場:品川グランドホール
登壇:前嶋曜、白本彩奈、藤田富、谷口賢志、武田玲奈、東亜優
白倉伸一郎(製作プロデューサー/東映株式会社取締役)

ヒーローショー出演:
仮面ライダーアマゾンネオ、カラスアマゾン、仮面ライダーアマゾンニューオメガ、仮面ライダーアマゾンアルファ

映画情報どっとこむ ralph 90秒の特別映像上映から始まったイベント!


映像で度肝を抜かれた後、行われたミニヒーローショー!
果たして、この状況は!!

そして、プロデューサー・キャストによる舞台挨拶、まずは白倉プロデューサーが

白倉さん:1stシーズンでは敵はT朝にあり!と申しましたが、シーズン2は敵はシーズン1です。

と、熱く語るプロデューサー。

映画情報どっとこむ ralph 今回から加わるお二人は決まった時のことを。

前嶋さん:初芝居で初オーディションで、当たって砕けるつもりで受けた作品。主演が決まった時はバイト中で・・・ただただ信じられませんでした。仮面ライダーになることが夢だったので嬉しかったです。

谷口さん:ジュノンボーイもバイトするんだね。

と、突っ込まれる前嶋さん。

白本さん:私は2次審査のときに、まだ呑気に学校にいて・・・1次審査の時から、まともな役じゃないなと・・思っていたのですが、やりたい役だったので、遅刻したらだめだと思って、電車に乗って・・・合格の通知したときは嬉しかったです。可愛い役かなと思って台本読んだら死んでました!

と、ホンワカな見た目と違って意外とぶっちゃけキャラの14歳。

前作からの皆さん、

藤田さん:シーズン2にも出られて光栄です。5年後なので。成長したところを見せるために頑張りました。

谷口さん:出ない出ないと言ってきたのに・・ですが、2やるときは決着つけて。新しいライダーとかヒロインとか入れたくないですよねってインタビューで言っていたら、まさにその形になってしまいました。ですので、早くこいつを殺したいなと。

武田さん:5年後ということで、一番強くたくましく成長していると思います。注目です。戦いたいと思っていたので、このような形になってよかったです。

東さん:自分が出るのか不安でした。

と、語るキャスト陣。

映画情報どっとこむ ralph
撮影の雰囲気を聞かれ

前嶋さん:撮影現場は僕で変わっていて、初演技で、指導が入るので、毎回10テイクくらいで、現場の雰囲気が変わっちゃったと思って、申し訳ない感じがしていました。が、みんな励ましてくれて。温かい現場でした。役どころは、心に闇を抱えていて、人間だと信じてるけど。心の隅には何者なのか葛藤していて影のある人物です、

かなり恐縮気味のヒーロー。一方で・・目がODDEYEにしてきていた白本さん
白本さん:かわいいヒロインイメージしてたのが、シグマタイプとしてアマゾンになって、死んだまま無感情で、回を重ねる毎に変化のある役。セリフがほとんどないですが、そこに魂を込めて演じました。

藤田さん:5年間が紐解かれていきます。そこに2人に絡んでいきます。
仁さんと話してなかったのですが、今回はアドバイスいただいたり。のびのび楽しい現場でした


谷口さん:現場はサイコーで、僕が人気があるんで待ってました!って。スタッフのりのりで、僕にだったらなんでもさせていいや!と思っているので。すごいことになっています。今回自信あります、ハードル上げときます。

武田さん:シーズン1でもアクションやりたくて、今回アクションも増えて、経験がなくて不慣れで、アクション部のみなさんに教えていただいて。形になったかなと。宮原華音ちゃんのアクションは凄いなと実感しました!!

東さん:内緒なので役どころは言えませんが、撮影現場では色々うらやましいなと思っていました。久し振りの現場は懐かしい、温かくてよい現場だなと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 記者からの質問

Q:新しいキャストをどう思いましたか?

藤田さん:実は悔しかったですが、食ってやる覚悟で入ったのですが、凄く悩んでいて助けたくなっちゃって。前島君がやって素敵な作品になったなと思います!


谷口さん:ジュノンボーイで仮面ライダーですよ!殺したい!そういう役です!かなりのテイクを費やしていて・・・今では彼に天下を取らせたいです。ほめないですけど・・・殺したいです!

と役がらに合わせて回答!

Q:千翼とゆにイユの純愛物語について・・・

白倉P:つきつめていくと純愛と違うかもしれませんが、千翼がイユ。純粋すぎるから、切なくも、悲劇的な純粋さを描いていきます、純粋な思いが世界を揺るがす、それが大きなテーマになっています。


映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
シーズン1 から5 年後の世界。千翼がアマゾンであるイユと出会い、次第に惹かれ始めたことにより、前代未聞の異色コンビ“恋する仮面ライダー”と“死より蘇りし少女”は、いつしか混乱の渦中へと巻き込まれ―。
さらに新旧キャストを交えながら、前作を遥かに超えるスケールで物語は展開。

【続編】ではなく、【新章】と呼ぶに相応しい、シーズン1 よりさらにハードで胸を打たれるアマゾンズの新しい世界は注目必至。


出演:前嶋 曜 白本彩奈 藤田 富 谷口賢志 武田玲奈 東 亜優
三浦孝太 籾木芳仁 赤楚衛二 俊藤光利 小松利昌 神尾佑
原作:石ノ森章太郎
脚本:小林靖子
監督:石田秀範・田﨑竜太
アクション監督:田渕景也(Gocoo)
音楽:蓜島邦明
©2017「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会
©石森プロ•東映

映画情報どっとこむ ralph そして・・・
3 月25 日(土)に公開となり大ヒット公開中の『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』にも「仮面ライダーアマゾン」より仮面ライダーアマゾン、2016年より「仮面ライダーアマゾンズ」よりアマゾンオメガ、アマゾンアルファが登場しているんです!



物語・・・
は、大空を覆いつくさんばかりの超巨大浮遊要塞が突然飛来し、総攻撃を開始、世界の大都市が壊滅状態に陥るところ からスタートする。

仮面ライダーエグゼイド、宇宙戦隊キュウレンジャーが迎え撃つも、圧倒的な大きさと数を有する謎の敵にまったく歯が立たない。だが、その窮地を救うヒーローたちが現れる。敵はどこから、一体何のために来たのか?命を落としたはず の者たちが、なぜ現れたのか?そして、勝利の行方は…?

この途方もない強敵に打ち勝つ鍵は、ヒーローたちが新たな力を手にすること。異空間でレベルアップを繰り返し、「最強」を超 えた「最強」のヒーローが誕生する時、想像を絶する奇跡が起きる!!

©:2017「超スーパーヒーロー大戦」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 AG・東映
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

***********************************


赤澤燈、東亜優登壇!映画『カニを喰べる。』の初日舞台挨拶!


ダメ男二人のおかしくも切ない青春ロードムービー
カニを喰べる。 映画『カニを喰べる。

の初日舞台挨拶が新宿K’s cinemaにて行われ、主演の赤澤燈ほか、東亜優、毛利安孝監督が登壇しました。

『カニを喰べる。』初日舞台挨拶
日付: 3月21日(土)
場所:新宿K’s cinema
登壇者:赤澤燈/東亜優/毛利安孝監督

赤澤燈 染ちゃん(染谷俊之)と共に全力を尽くして臨んだ作品!!!だそうです!

カニを喰べる。初日舞台挨拶
はじめに主演の

赤澤燈さん:ようやく初日を迎えることができ、大変嬉しく思います。亜優ちゃん(東)と毛利監督とお会いするのが久しぶりなので、少し人見知りをしています(笑)。

とはにかんでみせる一幕も。
さらに赤澤は撮影中の様子について聞かれると

赤澤さん:染ちゃん(染谷)と共演数も多くプライベートでもよく会うので撮影中もずっとワチャワチャしていました。

東さん:(2人は)常に隣どおしに座っていて、入り込む隙がありませんでした。

これには思わず赤澤も苦笑いで答えるしかなかった。そんな2人を主演に起用した

毛利監督:最初の段階で、ボケはどっちでツッコミはどっちと質問しました。そうしたらWボケとかWツッコミと返ってきたので、このままで良いやって思いました(笑)2人の持っている素の雰囲気を大事にしました。

と印象を述べ、その言葉からはあらためて2人の仲の良さが垣間見えた。

本作は、万年モラトリアムな2人がふとした思いつきで富山までカニを食べに行き、その道中に様々な過去に出会うロードムービーとなっている。実際にこんな2人がまわりにいたらどうしますかとの質問に、

赤澤さん:ちょっと羨ましいですね。お仕事で忙しくしている時にそんな2人を見たら怒りが沸くかもしれませんが」と本音をポロリ。一方、

東さん:失うものがない自由だから、逆に不安とか心細い感じがして、ついつい応援したくなります。否定はしません(笑)。

と器の広さを見せる発言に会場からは拍手が沸き起こりました。また、毛利監督は撮影の前に主演の染谷俊之と赤澤燈の写真をインターネットからひろい自宅の壁に貼り、イメージを膨らませていたことを告白。しかしながら

毛利監督:ロードムービーを撮りたくて企画を進めていましたが、まさか2人とも免許を持っていないとは知らず・・

と会場の笑いを誘った。

途中、タイトルの『カニを喰べる。』になぞらえ登壇者が描いたカニの絵を観客に披露する演出もあり、その中で普段から絵を描くのが好きという東の渾身の1枚に、

赤澤さん:(自分の絵を)出しづらいですね。

と複雑な表情をみせました。さらに、舞台挨拶では登壇ができなかった染谷俊之からのビデオメッセージが届くと、劇中同様のほんわかした空気感に会場が包まれました。

最後に・・・
赤澤さん:染ちゃんと一緒に、その時々の全力を尽くして臨んだ作品です。僕自身も本当に大好きな作品になりましたし、気構えることなくその時々の気分で見方が変わると思うので、何回でも劇場に足を運んでいただきたいと思います。

と語り、最後まで染谷と一緒に作り上げた作品であることを強調し、和やかな雰囲気のまま舞台挨拶が終了した。

公式サイト:http://www.kani-movie.com



********************************************************************

定職にも就かず、日雇いのアルバイトで生計を立てている田宮治(染谷俊之)は、ある日いつものようにパチンコ屋から出ると、中学時代の旧友で田宮と共に野球部に所属していた青島豪志(赤澤燈)と再開する。青島もまた、やりたいことが見つからずにその日暮しの生活をしていた。

再会するや否や青島は突然、かつての野球部の先輩・長谷川の地元である富山へカニを食べに行くことを提案する。お金も具体的な計画もないまま軽トラックを走らせ、一路富山へ向かう2人。
カニを喰べる。1
道中、ガソリン代すら持っていない2人は、立ち寄った廃校の体育館で今井町知子(東亜優)と名乗る女性と出会う。町知子は、2人にとって憧れの存在であった中学時代のマネージャーである金子真沙美に瓜二つだった。突然の出会いに困惑する田宮と青島。そして何故か町知子も一緒に富山までカニを食べに行くと言い出すのだったが・・。
カニを喰べる。
出演:染谷俊之 赤澤燈
東亜優 水澤紳吾 中里ひろみ 谷口千明
監督・脚本:毛利安孝
製作:村田亮/長田安正/菅谷英一
撮影:西村博光 録音:光地拓郎
編集:佐藤崇 助監督:洲鎌雅和
製作担当:三島翔一 衣装:森内陽子 ヘアメイク:平岡美樹
製作:「カニを喰べる。」製作委員会
(サモワール/ユナイテッドエンタテインメント/グループファーストエース)
製作プロダクション:サモワール
宣伝・配給:ユナイテッドエンタテインメント
(C)2015「カニを喰べる。」製作委員会
2015年/日本/カラー/84分


染谷俊之と赤澤燈W主演 映画『カニを喰べる。』が公開決定


ダメ男二人のおかしくも切ない青春ロードムービー
カニを喰べる。 映画『カニを喰べる。

が3月21日(土)より新宿K’s cinemaにて公開することとなり、合わせてキービジュアルも解禁となりました。

舞台で活躍中の若手イケメン俳優 染谷俊之さんと赤澤燈さんがW主演。

本作は、万年モラトリアムなダメ男2人が、ふと「カニを食べたい」という思いつきからポンコツの軽トラで旅をすることになり、その道すがらすっかり大人になった同級生や2人の憧れのマドンナだった女性など、様々な‘‘過去’’と出会うことで、自分を見つめなおしていく、そんなおかしくも切ない青春ロードムービーです。

カニを喰べる。
W主演には、舞台を中心に活躍し、2015年も映画や多くの舞台への出演が決まっている染谷俊之さんが務め、今までに演じたことのない、定職にも就かず日雇いのアルバイトで生計を立てているというダメ男役を熱演。

もう1人の主演には、映画・舞台とその活躍の場を広げ、今後の活躍が楽しみな赤澤燈さんが務めています。染谷さんと同じく、その日暮しの生活をしているダメ男役を好演し、新たな魅力を発揮しています。



更に物語のキーパーソンとなる2人の憧れの女性を演じるのは、映画『赤い文化住宅の初子』、『ねこにみかん』などの東亜優さんが、同級生の大滝役には映画『ぼっちゃん』の主演を務め、数々の映画賞を受賞した水澤紳吾さんが脇を固めています。

メガフォンをとるのは黒沢清さんや廣木隆一さんなどの現場でキャリアを積み、本作が長編2作目となる毛利安孝監督。
カニを喰べる。1
なお、本作の公開を記念して、キャスト登壇による舞台挨拶の開催も予定されているようです。

映画『カニを喰べる。 』

3月21日(土)より新宿K’s cinemaにて公開です。

公式サイト:http://www.kani-movie.com

sub4
********************************************************************

物語・・・
定職にも就かず、日雇いのアルバイトで生計を立てている田宮治(染谷俊之)は、ある日いつものようにパチンコ屋から出ると、中学時代の旧友で田宮と共に野球部に所属していた青島豪志(赤澤燈)と再開する。青島もまた、やりたいことが見つからずにその日暮しの生活をしていた。
再会するや否や青島は突然、かつての野球部の先輩・長谷川の地元である富山へカニを食べに行くことを提案する。お金も具体的な計画もないまま軽トラックを走らせ、一路富山へ向かう2人。道中、ガソリン代すら持っていない2人は、立ち寄った廃校の体育館で今井町知子(東亜優)と名乗る女性と出会う。町知子は、2人にとって憧れの存在であった中学時代のマネージャーである金子真沙美に瓜二つだった。
突然の出会いに困惑する田宮と青島。そして何故か町知子も一緒に富山までカニを食べに行くと言い出すのだったが・・。

出演:染谷俊之 赤澤燈
東亜優 水澤紳吾 中里ひろみ 谷口千明

監督・脚本:毛利安孝
製作:村田亮/長田安正/菅谷英一 プロデューサー:村田亮
撮影:西村博光 録音:光地拓郎 
編集:佐藤崇 
助監督:洲鎌雅和
製作担当:三島翔一 
衣装:森内陽子 ヘアメイク:平岡美樹
製作:「カニを喰べる。」製作委員会
(サモワール/ユナイテッドエンタテインメント/グループファーストエース)
製作プロダクション:サモワール 配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
(C)2015「カニを喰べる。」製作委員会 2015年/日本/カラー/84分