「村田唯」タグアーカイブ

天野友二朗監督が再び放つ独特な映像表現『脂肪の塊』上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 女性同士の同性愛、トラウマによる記憶喪失、記憶の再生、殺人、死体損壊、死体遺棄など、印象的かつ衝撃的な映像表現を多数含む本作が、アップリンク渋谷他、東京・大阪など各地劇場での上映が決定。


人間が持つ弱さやトラウマ、愛や孤独、狂気などに焦点を当て、恐怖と切なさが入り混じった独特な映像表現が織りなされる。

監督は、監督・脚本・作曲などをマルチにこなす20代新鋭 天野友二朗。

本作『脂肪の塊』は、昨年完成した天野監督による自主製作映画2作目だが、いわゆる「自主製作映画」から予想される完成度の領域を大きく上回る作品として仕上がっている。トラウマによる記憶喪失と記憶再生を、「夢の中に出てくる青いバケツ」を用いて斬新に映像表現したことで、『シューイチ』他TV出演多数の精神科医 名越康文氏からも高く評価される。「この映画が、これまで見た中で一番怖かった」と評され、鑑賞後、眠れなくなる者が続出したといういわくつきの作品です。

映画情報どっとこむ ralph <上映劇場情報>

アップリンク渋谷:
 4/6(土)~4/19(金) 2週間上映予定
十三シアターセブン:
 5/11(土)~5/17(金) 1週間上映予定
下北沢トリウッド:
 5/25(土)~5/31(金) 1週間上映予定

『脂肪の塊』公式HP
https://shibonokatamari.net/

『脂肪の塊』公式twitter
@chunk_of_meat

あらすじ・・・

会社員として働くレズビアンの女性、沢村花子(みやび)は、連日悪夢にうなされていた。
毎晩夢に出てくる青いバケツと真っ赤な血。
花子は、友人の伊藤ユキ(田山由起)に、そのことを相談する。
花子は、一ヶ月くらい前から記憶があいまいだという。
そんな自分を優しく受け入れるユキを見て、花子は女性同士の肉体関係を持ってしまう。
しかし、なぜか初めてではない不思議な感覚が…。

そこに絡んでくる連続殺人犯の男、野村邦夫(髙野春樹)。
そして、花子に接近するストーカー癖を持つ凶悪犯、根岸吾郎(米元信太郎)。

全てがつながったとき、驚愕の真実が明かされる。
果たして、青いバケツに隠された真実とは、何なのか?

***********************************

キャスト:
みやび,田山由起,髙野春樹,米元信太郎,カトウシンスケ,村田唯,大野大輔
監督:天野友二朗
2018年2月完成 99min・ステレオ・カラー
©T&Y FILMS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」短編映画5作品の合評上映会


映画情報どっとこむ ralph 特定非営利活動法人映像産業振興機構(略称:VIPO、理事長:松谷孝征、東京都中央区)が、日本における商業映画監督の育成への取り組みとして、2006年度より企画・運営する、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」において、今年度の製作実地研修で完成した短編映画5作品の「合評上映会」が都内にて開催されました。

日時:2月5日(水)
場所:丸の内TOEI
登壇:眞田康平監督、山元環監督、板橋基之監督、岡本美樹子監督、川上信也監督、石田法嗣、村田唯、斎藤洋介、佐野和宏、田中奏生、田口浩正、濱田マリ、小川未祐、MEGUMI、横溝菜帆、森優理斗、須藤蓮、永瀬未留

映画情報どっとこむ ralph 映像産業振興機構(VIPO)が企画・実施する「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」で製作された短編映画5作品が、一般公開に先駆けて合評上映会でお披露目された。舞台挨拶に登壇した5人の若手監督は、少し緊張しつつも観客の反応を楽しんでいる様子だった。

上映された5作品は、眞田康平監督『サヨナラ家族』、山元環監督『うちうちの面達は』、板橋基之監督『くもり ときどき 晴れ』、岡本美樹子監督『はずれ家族のサーヤ』、川上信也監督『最後の審判』。

いずれも35ミリフィルムで撮影・編集された約30分の短編。

合評上映会は、文化庁内藤審議官の挨拶ではじまり

内藤審議官:このプロジェクトは未来を担う若手映画作家を発掘、支援する目的で開かれ、今回が13回目になります。短編映画制作をプロのもとで学び、慣れない35ミリフィルムで撮影し、実際に短編映画を作ってもらいました。今回は過去最多の80名から選ばれた5名。この5人の新しい才能をぜひご支援いただきたい。

とプロジェクトの概要を説明し、若手監督たちへのエールを送った。

映画情報どっとこむ ralph 1作品目の『サヨナラ家族』の眞田康平監督は

眞田康平監督:父が亡くなった実体験を元にしていて、父が亡くなったとき自分の体が半分に分かれてしまったような気がして。でも悲しいのは家族みんな一緒だからそれをそのまま描こうと思いました。それぞれが身内の死を受け入れていくときにどうするのかなということを考え映画にしました。

と物語を思いついたきっかけを語り、

眞田康平監督:暗い話ばっかり撮っていますが、次は長編が撮りたいです。

と次回作への意欲を見せた。

続いて2作品目『うちうちの面達は』の山元環監督は

山元環監督:この作品を撮ってコメディって難しいなって教訓を学びました。これまで野外での撮影が多かったのですが、今回は家の中にこだわって撮ったので、お客さんに楽しんで観てもらうにはどうすればいいのかなと考えさせられました。

と振り返った。今後は

山元環監督:観た人に笑ったり感動してもらいたい。観客に伝わる、シンプルに観て良いなと思ってもらえるエンターテイメント作品を撮りたい。

と今後の野望を口にした。

映画情報どっとこむ ralph 3作品目『くもり ときどき 晴れ』の板橋基之監督は

板橋基之監督:家族はどんなかたちでも家族だということを描きました。友人が数十年ぶりに父親に会いに行ったらボケていたという話を聞いて、それを元にしました。

とこの映画を撮ったきっかけを明かした。

板橋基之監督:毎年1本はつくると決めていて。今度は長編を撮りたいです。美味しいもののでてくる映画とかいいですね。

と次回作への構想も覗かせた。

4作品目『はずれ家族のサーヤ』の岡本美樹子監督は

岡本美樹子監督:私とこの映画の母親役は同い年で、母にも恋愛したい人がいたり、子供がいても自分のやりたいことがある人で。大事なものがあっても見ない振りをして自分のしたいことを優先してしまうところがあって。そういう人は他にもいるとおもうんですが、第三者の目線で観てほしくてこの映画を撮りました。

とこの映画を撮ったきっかけを語り、今後は

岡本美樹子監督:人間は追い詰められたらグロイ部分とか出てくるとおもうけれど、人間って愛があって素敵だなと思ってもらえるような作品を撮りたいです。

と抱負を語った。

5作品目『最後の審判』の川上信也監督は

川上信也監督:これまで多くのCMは作ってきたんですけど、CMは基本30秒なので、30分という尺の作品でどうやって観客を飽きさせず、映画に引き込めるようにすればいいのか?っていう点を考えながら作りました。

と制作の苦労を語り、

川上信也監督:今はネットフリックスや配信などいろいろあるけれど、その中でも“映画”を作っていきたいです。

と今後の意気込みを語った。

映画情報どっとこむ ralph スーパーバイザーの土川氏は「例年よりもレベルが高かったと感じた。商業映画を作るポテンシャルは持っている」と賛辞を送り、「5作品のうち4作品が家族がテーマだったこと、その他の応募作品も家族がテーマな作品が多かったのも特徴」と続け、「皆長編を撮る才能はすでにある。後は覚悟が必要だ」と檄を飛ばした。

3/2(土)より、有楽町スバル座を皮切りに、名古屋(3/8〜)、大阪(3/16〜)にて一般公開

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ