「村上虹郎」タグアーカイブ

オダギリジョー長編初監督 柄本明x村上虹郎『ある船頭の話』全国公開決定!


映画情報どっとこむ ralph オダギリジョー長編初監督作品が1月11日(金)にクランクアップ。
タイトルは『ある船頭の話』に決定し、日本を代表する豪華キャスト陣もこの度解禁です。

主演は柄本明さん、共演に村上虹郎さんを迎え、9月より新宿武蔵野館ほかにて全国公開の運びとなりました。

橋の建設が進む山村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチ(柄本明)は、村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前にひとりの少女が現れ、トイチの人生は大きく変わっていく―。主人公の船頭トイチ役に、日本を代表する名優、柄本明。主演としては2008年公開『石内尋常高等小学校 花は散れども』(新藤兼人監督)以来、11年振りとなる。そして人懐っこい笑顔でトイチのもとに遊びに来る村人・源三役には、映画・テレビ・舞台と出演作が目白押しの若手実力派・村上虹郎。その他にも日本を代表する顔ぶれが出演(詳細は後日発表予定)。主な撮影は昨年の7~8月と今年1月に行われ、先日1月11日(金)にオールアップとなった。


映画情報どっとこむ ralph 『ある船頭の話』クランクアップコメント

●オダギリジョー監督
人が生きる上で、便利な物が増えていくのは必然だと思います。しかし同時に、文明の発展の陰で消え行く物も多いのではないでしょうか。便利になっていく一方で失ってしまう大切な何か。資本主義が競争社会を生み出し、いつの間にか変わってしまった『幸せ』の定義。一人の船頭を通して見つめる『本当に人間らしい生き方とは?』美しい日本の原風景を季節と共に切り取り描きたいと思っています。


●柄本明さん
オダギリジョー監督に船頭の役を頂きました。一生懸命演りました。見て頂ければ幸いです。


●村上虹郎さん
灼熱の日差しに焼かれながらも、雄大な川の上で柄本さんが漕いてくださる舟にたくさん乗りました。これでもかと言わんばかりの魅力的な集団の一員として、両極の季節を跨ぎ、夏はあの生き物とあんな事をして、冬はただただ寒くて死にそうで。柄本さんとは、この頃作品でお逢いし過ぎて毎度なんだよお前って煙たがられ、この作品でもずっと話しかけている役なのでそろそろ嫌われそうですが、時々話す英語がいきなりすぎたり、急にぽろっと哲学が出てきたり。とても贅沢です。容赦無く移りゆく景色と時間を優美に描くオダギリさんの脚本が、どう彩られているのか。おたのしみに。

映画情報どっとこむ ralph 国境を越えて集結、個性派スタッフにも注目!

撮影監督にクリストファー・ドイルさん、衣装デザインはワダエミさん、そして音楽はティグラン・ハマシアンさん!!

俳優として海外でも精力的に活動してきたオダギリジョーのもとに、超豪華な国際派スタッフが集結。撮影監督は『ブエノスアイレス』『恋する惑星』などで知られるクリストファー・ドイルさん、衣装デザインには『乱』(黒澤明監督)で米アカデミー賞®を受賞したワダエミさん、そして世界を舞台に活躍するアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンさんが映画音楽に初挑戦。オダギリジョーさん本人が長年温めてきたオリジナル脚本で2019年の映画界に新たな光を灯す。
映画情報どっとこむ ralph 完成はこの春を予定です!

ある船頭の話

9月 新宿武蔵野館ほか全国公開

公式HP:
http://aru-sendou.jp

<STORY>
とある川で、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチ(柄本明)。村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は、 黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごしていた。川上では橋が建設中で、人々は皆完成を心待ちにしている。 そんな折、トイチの前に現れる一人の少女。彼女はトイチの人生を大きく変えて行くことになる……。

***********************************


脚本・監督:オダギリジョー
撮影監督:クリストファー・ドイル 『恋する惑星』『ブエノスアイレス』『宵闇真珠』
衣装デザイン:ワダエミ 『乱』『サムライマラソン』
音楽:ティグラン・ハマシアン ※初映画音楽
出演:柄本明、村上虹郎 他

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2019「ある船頭の話」製作委員会
  


佐久間由衣が隠れビッチじゃ誰も太刀打ちできない!映画『”隠れビッチ”やってました。』


映画情報どっとこむ ralph あらいぴろよ氏のベストセラーコミック「“隠れビッチ”やってました。」(光文社)が、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督により映画化されることが決定しました。

タイトルになっている“隠れビッチ”というのは、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、メイクはシンプル、髪色は暗め、肌の露出も15%程、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性の事。

彼女たちは従来の「肉食系女子」のようにハンティング意欲が旺盛である事は周囲に悟られず、一見コンサバなごく普通の女性と見せかけて、あらゆる種類の思わせぶりな態度をとりながら男性の心を揺さぶる天才。決して自分からは告白をせず、相手から告白をされるまで罠を仕掛け続ける。本作は、そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品です。

出演は、本作が映画初主演となる佐久間由衣(連続テレビ小説「ひよっこ2」)に加えて、村上虹郎(『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、日曜劇場「この世界の片隅に」)、大後寿々花(『桐島、部活やめるってよ』、『悼む人』)、森山未來(『怒り』、大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」)など、新進俳優から実力派まで、異色のキャストが揃っています。
映画情報どっとこむ ralph メガホンをとった三木監督は

三木監督:
「“隠れビッチ”やってました。」原作を目にした時、タイトルからどれだけブッとんだ女性の話だろうかと思ったら、読んでみると、行動や発言はめちゃくちゃなんですが、何か身近なものを感じたのです。主人公、ひろみの感情は、実は誰でも心の奥に秘めているものなのでは?と思ったのです。今回、映画化するにあたって、そんな誰でも持っている、心の奥に秘めた部分を丁寧に描きました。強い部分もあれば、弱い部分もある。正しい人間でもあれば、ビッチな人間でもある。誰もが心の奥に隠している黒い部分を針で突くような作品、そして、そんな自分を理解し前に少しでも向いて歩こうと思えるような作品になればと思って作りました。
主人公のひろみを誰に託すかと考えた時、新鮮さが重要だと思ったのです。どこかで見たようなキャラクターにしたくない。なので、まだ、あまり色のない、未知数な人物を求めたのです。彼女はぴったりでした。初々しくて、新鮮で、ぎこちなくて、力強い。彼女の、新鮮で、見たことのない演技に注目してください。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph また、主演の佐久間由衣さんは

佐久間さん:
この作品は、主人公の恋愛模様を描きながらも、そこだけに留まらず「ちょっとした寂しさを抱えて生きる現代の大人の成長物語」だと台本を読んで感じました。私自身、今回が映画初主演という事もあり、監督や共演者の皆さんといった沢山の方に、役柄同様に支えられながら、新たな経験を積ませて頂きました。主人公・ひろみは、色々な戦略で男性を翻弄する役柄ですが、演じる時には、愛したい。でも愛し方がわからない主人公の寂しさやコンプレックス、彼女の感情の深い心の穴である部分を理解しようと精一杯努めました。原作者であり、主人公のモデルにもなった、あらいぴろよさんの話も参考にさせて頂きながら、全てのシーンを大切にそして思い切り演じさせて頂きました。私にとって既にとても大切な作品です。


と語り、シェアハウスで主人公・ひろみとその友人・彩と一緒にシェアハウスをしている、バイセクシャルの晃を演じた村上虹郎さんは、

村上さん:“隠れビッチ”というキャラクターを知り、女性って怖いなと(笑)!でも悪意があって男性を翻弄しているわけではなく、日常の寂しさや心の穴を埋めようとする女性や、自信が持てない女性たちの普遍的な物語だと思います。僕は、主人公・ひろみとその友人・彩とシェアハウスをしている、バイセクシャルの晃役なのですが、みんなの食事の支度から、駄目な恋愛を繰り返す女子2人の心のケアまでお世話する、“お母さん”みたいな役割を楽しんで演じました。


と撮影を振り返った。

また、“隠れビッチ”とは異なるも、自信のなさから駄目な恋愛を繰り返す女性・彩を演じた大後寿々花は、本作の印象を

大後さん:私が演じた主人公の友人・彩は、外向きは仕事もプライベートも充実しているように見えて、実は自分に自信がなくて、気になる相手には嫌われないために体を許してしまうような恋愛を繰り返してしまう女性です。“隠れビッチ”とは真逆で、純粋に恋愛をしたいのに上手くいかないタイプ。ひろみや、彩の恋愛模様を見ていると「2人共、素直に自分の気持ちを伝えたらいいのに」と思うかもしれませんが、自分は気持ちを人に伝えられているだろうか・・と振り返る事につながると思います。佐久間さんや村上さんとは初共演でしたが、和気あいあいとした雰囲気の中で撮影を終える事ができました。

とコメント。

主人公を見守る男性・三沢役の森山未來さんは、

森山さん:セントラルアーツのプロデューサーである黒澤満さんの作品に、こうやってまた関わらせていただけたことを光栄に思います。これは“もし佐久間由衣ちゃんがナチュラルに隠れビッチをやっていたとしたら誰も太刀打ちできないでしょ”、という映画です。僕も彼女に打ち砕かれた死屍累々の一人です。

と、“隠れビッチ”のモテ戦術の恐ろしさを笑顔で語った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『”隠れビッチ”やってました。』

本作は昨年の12月にクランクアップしていて、2019年の公開を予定しています!

HP: kakurebitch.jp

あらすじ
笑えて、悩んで、切なさに身悶える!歪んだ心の処方箋
異性からモテ続ける事で、「認められたい欲求」を満たしてきた主人公・ひろみ。自分が傷つかずに、相手の気持ちだけを弄びながら、恋愛の美味しい所だけを楽しみ、体の関係は断る―というゲームのようなやり口に、ひろみのシェアハウス仲間であるバイセクシャルの晃と恋愛に失敗してばかりの彩は驚いていた。服の露出は少な目、鎖骨がちらりとのぞく透け感のあるワンピースが戦闘服。どこにでもいる女性に見えるのに、計算しつくした仕草と会話で、男性を落とすハンターぶりから、彩は「あんたは“隠れビッチ”ね!」と名付ける。そんなある日、同じ職場に気になる相手が現れ、ひろみは初めて自分の本音と向き合う。「男に頼ってばかりではだめ。人間になりなさい」そんな晃からの叱咤を受け、ひろみは<自分に必要なもの>を探しはじめるが……。

2019年公開予定


***********************************


原作:あらいぴろよ 「“隠れビッチ”やってました。」(発刊:光文社)
出演:佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、森山未來
監督:三木康一郎 (『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』)
配給:キノフィルムズ
©『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社
  


行定勲監督「自分が『チワワちゃん』を映画化したかった!」二宮健監督とのトークイベントで


映画情報どっとこむ ralph 「ヘルタースケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」が若手実力派キャストと弱冠27歳の新鋭・二宮健監督の手によって映画化!

新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』が1月18日(金)に全国公開となった。本作の監督である二宮監督は、公開前から同じく岡崎京子作品を実写化した行定勲監督との対談を熱望していたことから、本日1月27日(日)、遂にその願いが叶い、新宿バルト9にて二宮監督、行定監督によるスペシャルトークイベントが開催された。

映画『チワワちゃん』公開記念舞台挨拶
日時:1月27日(日)
場所:新宿バルト9
登壇:二宮健監督、行定勲監督、森直人(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 司会として登壇した映画評論家の森直人から作品の感想について聞かれ

行定監督:巧みだね。映像が饒舌過ぎないかと思いながらも(笑)

と冗談を交えつつ好評価。
森さんから実は行定監督も「チワワちゃん」を映画化したがっていたという話が明かされると、

ベルリンで『リバーズ・エッジ』が公開された後に岡崎先生に『チワワちゃん』を映画化させて欲しいと言いに行こうと思っていて、その頃に二宮と会ったらチワワをやるって言われて(笑)

とコメント。
更に主演の吉田志織さんに対しても、

行定監督:吉田志織は昔ワークショップで教えたことがあって。ある時会ったらチワワを演じたって言われまして。その時はあんまり出ないんだなと思ったんですね、チワワ不在で描くんだろうなと。そしたら何このチワワちゃん(笑)俺好きになっちゃったもん。(笑)

と二宮監督に続いて、主演の吉田さんとも接点があって悔しさが滲む行定監督。
作品を現代的なアプローチで描いたことに対しては、

行定監督:SNSで繋がってんだけど何も分かってなかったんじゃないかていうのが、確かに今の人達が観た時に重なっていくものがあると思う。

とコメント。自身が描くなら90年代で描いただろうと語る行定監督に対し、二宮監督は初めて原作を読んだのが3、4年前だと語り、

森監督:91年生まれで90年代を正直知らないんですよね。だから単純に自分の世代の話に置き換えられちゃったし、自分に重なっちゃったというか。丁度20代前半で、このまま遊んでいる訳にもいかないなと思ってる時に読んだので。今しか出来ないぞって気がしましたね。

と語った。

逆に行定監督のリバーズ・エッジをどう思ったのかという質問に

二宮監督:チワワの撮影準備中に観たんですよね。映画化するっていう情報も準備中に知ったのでビックリしちゃって。てっきり『ヘルタースケルター』の次は『チワワちゃん』だと思ってたんで。

と行定監督が「チワワちゃん」の映画化に驚いたのと同様に、自身も驚いたとコメント。

実際に作品を観た感想を聞かれると、

森監督:行定さんは職人として真っ当にやり切ったから、僕は好きにしようってある意味背中を押して貰えたというか。これがあるなら『チワワちゃん』を現代にしても大丈夫だなと自信を持てましたね。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 行定監督の映画作りは引き算的で二宮監督は足し算的に思えるという森さんの質問に対して

二宮監督:チワワちゃんは引いたら原作のページが無くなっちゃう(笑)前半はオリジナルストーリーで後半は原作に忠実なんですよね。映画にするんだったらチワワちゃんと皆が過ごした時間って一体何だったのっていう部分を象徴的にやってそれが後半に効いてくるものをやりたいなと。30ページの漫画だったら成立するけど、映画だとそこをやらなきゃと思ったので。僕の青春に対する記憶も憧れも全部置いていこうと思ってやりましたね。

と自身の演出の狙いを明かした。

また『チワワちゃん』に出演した役者達に対してどう思ったかという質問に対しては行定監督が良い役者が揃っていたとコメント。

行定監督:次使おうとも思った役者もいたし、気になっていた役者でも、寛 一 郎くんは違う顔を見た気がしました。(村上)虹郎もいいよね、自由じゃないのがいい(笑)本人傍若無人なのにあんな繊細なキャラクターを演じていて(笑)それがとても良かったです。成田君もキャラクター的に難しいのに上手かった。でも何よりチワワちゃんですね。良かった。

とそれぞれの演技を絶賛した。

行定監督絶賛のチワワちゃんのオーディションには特に力を入れたと語る二宮監督が、行定監督ならどうオーディションしますかと尋ねると、

行定監督:多分、おっぱい(笑)肉体は絶対重要だと思っていて、それが余すことなく披露されてますよね。

とコメント。それに対して

二宮監督:原作では巨乳で身長が低い設定なんですよね。でも吉田さんはそうじゃないので、チワワが喋る時は常に位置関係で上にいるようにしてましたね。身長を感じさせないようにしつつ、それによってチワワちゃんに抑圧されてる皆、みたいなのもやりたくて。

と思わぬ裏話も飛び出した。

映画情報どっとこむ ralph 青春の幻影を描いた本作について

行定監督:27歳で撮るかと(笑)あれはおっさんが撮るものだよ。おっさんが青春の幻影を追い求めてるものなんだよ!

とちょっぴり恨み節(笑)コメント。

それに対し
二宮監督:いや僕でも青春が終わっていく感じはしますから(笑)。後、そういう青春の終わりってものを感じなきゃっていう義務感がどっかで芽生えて。終わっていくのにお前なにやってんのと。自分は映画を撮る事しか出来ないから、じゃあ青春を終わらせる映画を撮らなきゃという使命感がありました!

と映画化に懸けた思いを熱く語った。

最後に

行定監督が二宮監督に対して、

行定監督:器用貧乏になって欲しくないなと思いますね。俺もだけどプロデューサー的な能力があるからならないと思うんだけど。これからは砂漠を歩いて行くような感じになると思うので、いいオアシス、いい人を見つけてね、補給しながらやっていって貰えればと思いますね(笑)

とコメントし、イベントを締めくくった。


チワワちゃん

公開中です!是非!
チワワちゃん役の吉田志織さん注目です!

公式HP:
chiwawa-movie.jp

***********************************

門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美、古川琴音、篠原悠伸、上遠野太洸、松本妃代、松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”©Kobalt Music Publising Ltd ©2017Dirty Hit

製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15
2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分
©2019『チワワちゃん』製作委員会


カメラマン浅野忠信の痛烈な一言!! 戸惑うチワワ!映画『チワワちゃん』本編映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』が全国公開中!!


SNS上では作品を鑑賞した方々から絶賛の声が相次いでいて、

「一瞬の眩しさが幻みたいな女の子だった……愛に飢えてて いつも笑ってるけどすごい寂しそうで、儚げなチワワちゃんの存在感に泣いた」、

「チワワちゃんとその周りの人達が繰り広げる極彩色の青春が見てて眩しかったしどこか寂しい感じがしました」、

「オープニング最高すぎて中毒になる映像ドラッグ」、

「チワワちゃんめちゃくちゃよかった〜〜脳内麻薬がやべえことになった、いますぐもっかい観たい、いや何度も観たい」

など、作品への賞賛とタイトルロールであるチワワの魅力に対する声が数多く見受けられる!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、そんなチワワを浅野忠信演じるベテランカメラマン・サカタが強烈に口撃するシーンが解禁となった!

カメラマン・浅野忠信の痛烈な一言!! 戸惑うチワワ本編映像解禁!!

映像では撮影スタジオで村上虹郎演じるナガイとチワワがじゃれ合う中、サカタが颯爽と登場。
圧倒的な存在感で無言の空間を作り出すとチワワを無言で見つめるサカタ。
そこまで常に笑顔だったチワワの顔からいつもの笑顔が消え、初めて素の表情が垣間見える。
そしていざ撮影が始まり何枚か立て続けに撮影したあと、サカタはチワワに、「今、人より少し可愛いってだけで俺の前に立ってるけど、10年後、20年後君は何をやっているのかな?」と痛烈な言葉をぶつける。

面食らったチワワは何かを言い返そうとするも「考えているわけないよね」と更に重ねて追い詰めるシーンとなっている。

果たしてこの後この2人の関係性がどうなっていくのか



映画情報どっとこむ ralph 映画『チワワちゃん

公式HP:
chiwawa-movie.jp

チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。
主人公のミキ役には、『愛の渦』(2014)のヒロインで注目を浴び、以後、実力派若手女優として数々の作品に出演し続けている門脇 麦。チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には若手最注目俳優
の成田 凌、ヨシダの親友カツオ役には2017年に俳優デビューを果たし既に注目作品に引っ張りだこの寛 一 郎、チワワちゃんの親友ユミ役には、同年代女性から支持されモデル
・女優として活躍する玉城ティナ、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には、映画・TV・舞台と幅広く活動している村上虹郎と20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演しています!

***********************************


門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美 古川琴音 篠原悠伸 上遠野太洸 松本妃代 松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ cASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”
cKobalt Music Publising Ltd c2017Dirty Hit
製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15

2019年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP 5.1ch/104分
c2019『チワワちゃん』製作委員会


『チワワちゃん』吉田志織600万を持って夜の都会を逃走!本編映像初解禁


映画情報どっとこむ ralph 漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。
時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により門脇 麦主演にて映画化!

『チワワちゃん』は2019年1月18日(金)に公開となります!

チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。
チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には成田 凌、ヨシダの親友カツオ役に寛 一 郎、チワワちゃんの親友ユミ役には、玉城ティナ、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には、村上虹郎と20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演しています!

そして!
この度、チワワたちがクラブで600万を奪って逃げだす疾走感満載な本編映像が解禁となりました!!

クラブミュージックをBGMに、若者たちが走る姿を激しくカットの切り替わる映像で映し出し、映画冒頭から観客のテンションを上げていきます!
果たして彼らは逃げ切れるのか、そして盗んだ600万の行方は…!?。この後の展開に期待が高まる映像となっています!

映画情報どっとこむ ralph チワワちゃん

公式HP: chiwawa-movie.jp

SNSが普及した現代の東京。ありったけの若さを謳歌する男女のグループ。そのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって発見された。残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もチワワの本名も境遇も本性も知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった。


***********************************

門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美 古川琴音 篠原悠伸 上遠野太洸 松本妃代 松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”©Kobalt Music Publising Ltd ©2017Dirty Hit
製作「チワワちゃん」製作委員会 企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15
2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分
©2019『チワワちゃん』製作委員会