「村上淳」タグアーカイブ

素敵なダイナマイト級!大和撫子な女装・柄本佑に思わず“きゅん”!?ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「写真時代」、「ニューセルフ」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。

本作の公開日が、末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの2018年3月17日(土)に決定しました。

本作は、7歳の時に隣の若者とダイナマイト心中した母を常に心のどこかで意識しながら、青年時代の末井がキャバレーの看板描き、イラストレーターを経て、優しい妻、魅力的な愛人、才能溢れる先輩やカメラマンたちと出会い、伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春映画です。

スキャンダルな内容故に発禁と創刊を繰り返しながらも数々の雑誌を世に送り出し、70〜80年代のサブカルチャーを牽引した伝説の編集長であると同時に、パチンコジャーナリスト“ゴンゾーロ末井”として出演した「女装振袖姿の“玉きゅん”CM」でもお馴染みの末井昭氏。

「女装をする時は、女性用の下着をつけると気持ちがはいっておすすめだよ」

という末井氏本人のアドバイスに従って撮影に臨んだ、柄本佑による「女装振袖姿」が衝撃的なティザービジュアルが解禁!

ティザービジュアルには先日解禁となった、柄本演じる“末井昭”取り巻く素敵な人々を演じる前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子の名前も並びます。
幼くして母が心中(しかもダイナマイトで爆発)するという壮絶な体験をした末井は、いかにして伝説の編集長になったのか? これを観ずして、日本のサブカルチャーは語れない!! 映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」は2018年3月17日(土)よりテアトル新宿、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル

―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

お母さんが隣の若い男と「ダイナマイト心中」という嘘のような実話をもつ雑誌編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化!

立て!男のエキサイトマガジン「ニューセルフ」、感じる映画雑誌「ウィークエンドスーパー」、35万部の発行部数を誇った「写真時代」など、発禁と創刊を繰り返しながら数々の雑誌を世におくりだした稀代の雑誌編集長の青春グラフィティです。

2018年3月17日(土) テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!     

公式HP:
dynamitemovie.jp

***********************************

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重豊 村上 淳 尾野真千子 ほか

監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊
音楽:菊地成孔 小田朋美
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
   


『素敵なダイナマイトスキャンダル』〝ピー〟音入りの刺激的な特報が解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『素敵なダイナマイトスキャンダル』前田敦子、三浦透子、尾野真千子の豪華女優陣に加え、一癖も二癖もある男優陣が参戦!
柄本佑演じる、伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭の、若き時代の同志役に峯田和伸、毎度お世話になる刑事役に松重豊、寡黙な父親役に村上淳。
70〜80年代の狂乱のカルチャーシーンをチラ見せする、刺激的な特報が解禁!!

伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。本作の公開が、末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの2018年の3月テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!

前田敦子、三浦透子、尾野真千子の豪華女優陣の発表がありましたが、今回は男性陣キャストと特報が解禁です。


キャバレーの看板描きに情熱を燃やす末井青年の同志となる近松役に、峯田和伸。末井青年と共にアングラ芸術に燃える同志としてその個性を最大限に発揮しています。

また、エロ雑誌の編集長となった末井を度々署へ呼び出し、ヌード写真にダメ出しをする諸橋係長役に、松重豊。

訛りのある淡々とした語り口でエロ写真を細かく指摘する姿を好演、観る者の笑いを誘います。

さらに、末井の父親にして嫁が隣家の青年とダイナマイト心中してしまう末井重吉役に、村上淳。

何を思っているのかほとんど喋らない田舎の父親を、圧倒的な存在感で演じています。

映画情報どっとこむ ralph 男性陣からコメントが届いています!

【伝説の雑誌編集長:末井昭(すえい・あきら)役】 柄本 佑(30) コメント

峯田さん、松重さん、村上さんとは同じ映画に出ていても、絡みがしっかりとあるシーンというのは今回が初めてでした。撮影時はとても充実した時間を過ごしたのですが、家に帰るとドッと疲れたのを記憶しています。
紛れもなく笑い疲れです。ありがとうございました。

【若き時代の同志・近松さん役】 峯田和伸(39) コメント

撮影が始まり、主演の柄本佑さんのどんより濁った黒い瞳をみて、僕はうっとりとしました。言い知れぬ色気がありました。だから僕はそのままその気持ちを身体にのせて、静かに、だが太い幅の小便を勢いよく壁にぶつけるように、柄本さんに、この作品にぶつかっていったんだ。
今の世に放たれるべくして放たれる映画だと思います。

【毎度お世話になる刑事・諸橋役】 松重豊(54) コメント

いい意味で、映画の内容とシンクロして、猥雑な現場だったような気が。エロ本が散乱してて。今回演じた諸橋役は、妙な訛りがある人なんですが、監督から特定の方言ではなくという指定があり、なんかテキトーな人物で演じたと思います。柄本佑くんは、ひと月前に、今回と同じロケ現場で柄本明さんと撮影してまして、ま、関係ないですけど、素敵なダイナマイト親子だな、と。

【寡黙な父親・重吉】 村上淳(44) コメント

ようやく念願の冨永組に参加することができました。驚きとシンプルな興奮の連続でした。それは監督の緻密で高い演出。要求。かつ妥協もしないという。本作はこのことがきちんと写っている。主演の柄本佑くんのスクリーンでの在り方の素晴らしさ。どうぞよろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル
―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

お母さんが隣の若い男と「ダイナマイト心中」という嘘のような実話をもつ稀代の雑誌編集長・末井昭氏
の生い立ちをベースにした青春グラフィティ。

2018年3月 テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!
 
公式HP:dynamitemovie.jp

***********************************

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子 ほか
監督・脚本:冨永昌敬  原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊   
音楽:菊地成孔 小田朋美  
配給・宣伝:東京テアトル
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
     


「月と雷」初音映莉子、高良健吾の大人の色香漂うラブシーン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・角田光代の同名小説の安藤尋監督作が実写映画化した『月と雷』が、いよいよ10月7日よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

一か所に定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語。「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる作品です。
“家族愛”を知らない主人公・泰子役に数々の映画、舞台で活躍する実力派女優・初音映莉子、人懐っこくてなんだか憎めない青年・智を高良健吾が演じています。また、不思議な魅力で男たちから絶えず愛情を注がれるも、継続的で深い関係を築けない智の母・直子を草刈民代が演じました。

そして!

この度解禁となったラブシーン映像には、20年ぶりに再会した泰子と智の一夜の様子が収められています。

幼い頃、半年にも満たない期間だがともに暮らした2人。大人になったある日、突然目の前に現れ、あいかわらず人懐っこい笑顔を浮かべる智を泰子は困惑しつつ受け入れる。​

眠りについていた智に「あれ、したいな。子供んときしてくれたやつ」と、背中をくっつけて寝そべるようねだる。そして離れていた時間を埋めるかのように2人は距離を縮めていく。​

映画情報どっとこむ ralph 本作には数度ラブシーンが登場するが、このシーンについて

安藤監督:女性主導のラブシーンにしたかった。

と語っている。『海を感じる時』『花芯』など、数々の作品で美しいラブシーンを描いてきた監督。


安藤監督:女性が主役の、意思を持った上でのシーンにしたかったんです。個人個人の魂のまじわりというか、感情の交換が現れるシーンなので、男性主体で始まるものではない。家族とは全然違う赤の他人だけれども双子、というようなふたりにしかわからない関係性を意識しながら撮影しました。​

と、本作でのこだわりについてもコメントしています。
『月と雷』

公式サイト:
http://tsukitokaminari.com/
公式Twitter:
@tsukitokaminari
公式Facebook:
@tsukitokaminari/

映画情報どっとこむ ralph あてもないけど、生きていく…。 ​
 “普通”の人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅-。​

「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を 重ねていく―。」​
結婚を控え、そう考えていた泰子の前に ​
現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人 の息子、智。​
20年前、愛人・直子と智が転がり込んでき たことで、泰子の家族は壊れたはずだった。​
根無し草 のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪 気にかき回し始める。​
「邪魔しないであたしの人生」、 そう普通の幸せを願っているはずなのに……。 ​
泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・ 直子を訪ねて行くことで、​
“普通の幸せ”を求めていたはずの自分の人生が、少しずつ変わっていくのに気づき始める。​

これは、一つどころに定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、 ​
そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語である。​

***********************************

初音映莉子 高良健吾
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己
草刈民代

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋

脚本 本調有香 音楽 大友良英 製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ

制作プロダクション アグン・インク
配給 スールキートス
(C)2012角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会


20年前と今の写真が楽しめる『AMY SAID エイミー・セッド』展をテアトル新宿


映画情報どっとこむ ralph 俳優のマネージメント会社ディケイドが 設立25周年を記念して自らが企画・製作した

AMY SAID エイミー・セッド

9月30日(土)よりテアトル新宿、10月28日(土)より渋谷・ユーロスペースにて公開を記念して、9月15日(金)より、同作でも描かれている”20年前”をテーマとした、映画『AMY SAID エイミー・セッド』展をテアトル新宿にて開催することが決定しました。
映画『AMY SAID エイミー・セッド』展 概要
期間:9月15日(金)〜10月5日(予定)
場所:テアトル新宿(東京都新宿区新宿3-14-20 B1)
内容:
・俳優の今と昔の写真パネル展
三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳、浦浜アリサ、柿木アミナ、飯田芳ら計15名(予定)のキャストの”20年前”と”今”の写真が楽しめるパネル展
・俳優のマネージメント会社ディケイドの創立から現在までの歴史が一挙にわかる、過去25年のデータベース展
過去出演作の台本、DVD、「Hot-Dog PRESS」をはじめ 90年代を象徴するカルチャー雑誌へのインタビュー記事の展示
・映画『AMY SAID エイミー・セッド』 インスタボードの設置

映画情報どっとこむ ralph 本作は、かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ日々それぞれの人生に追われ疲れた40代の男女8名が、20年前の「ある日」を邂逅する一夜を描いた大人の青春群像劇。

主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、渡辺真起子、中村優子、山本浩司、大西信満、村上淳ら実力派俳優が集結した、俳優と俳優の個性がぶつかり合うアンサンブルとなりました。

9月15日(金)からテアトル新宿内において実施される映画『AMY SAID エイミー・セッド』展では、キャストの20年前と今の写真を展示したパネル展、本作のキャストも多数所属する俳優のマネージメント会社ディケイドの25年の歴史がわかる過去出演作の台本やDVDの展示、「Hot-Dog PRESS」など90年代を象徴する雑誌(同社俳優掲載誌)や90年代の懐かしグッズなどが期間限定で展示されます。

主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、大橋トリオ、村上淳らキャスト陣の20年前の秘蔵写真も展示される大変貴重な機会となっております。

映画情報どっとこむ ralph AMY SAID エイミー・セッド

9月30日(土)よりテアトル新宿、10月28日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開

公式HP:
http://amy-said.com



映画研究会のファムファタル的存在だったエミ(柿木アミナ)が突然彼等の人生からいなくなって20年。その命日に久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠 己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営す る木塚(テイ龍進)。「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」突然の直子の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出す。
***********************************

三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳

音楽:janand naomi テーマ曲:「AMY SAID」(⼤大橋トリオ)
監督/脚本:村本⼤志
脚本:狗飼恭子、
企画・製作:佐伯真吾 プロデュサー:関友彦、田中和磨
制作:株式会社コギトワークス
日本/2016/カラー/96分
配給:ディケイド
宣伝:フリーストーン
©2017「AMY SAID」製作委員会  


瀬々敬久監督『ヘヴンズ ストーリー』今年もアンコール上映決定!遂にBlu-rayリリースも!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督の伝説的映画『ヘヴンズ ストーリー』、公開から7年・・・・

毎年恒例となっているK’s cinema(新宿)での『ヘヴンズ ストーリー』アンコール上映。今年も2017年12月2日より開催が決定。
映画館ならではの大スクリーンと音響で4時間38分の体験を!

開催期間:2017年12月2日(土)~12月8日(金)
上映開始時間:連日15:30~

※豪華ゲスト来館予定! 詳細はK’s cinema公式HP等にて発表されます!
映画情報どっとこむ ralph さらに遂にBlu-ray・DVD化決定!

2010年10月に劇場公開され、日本のみならず全世界で話題を呼んだ瀬々敬久監督作品『ヘヴンズ ストーリー』が、2017年12月6日(水)に遂にBlu-ray・DVDとなって発売されることが決定しました。

邦画ファンから長らくパッケージ化が待たれていた本作。劇場公開から7年以上の時を経て、待望の初パッケージ化。

本作は、複数の殺人事件をきっかけに、被害者家族や加害者を中心とする20人以上の登場人物が、からみ合い、つながり合う、全9章・4時間38分にも及ぶ大巨編。得体の知れぬ憎しみが覆う世界に向けて、日常の中にある「罪と罰」と言うべき大きな命題に挑み、復讐の先にある再生を描ききった意欲作。


本作にて第61回ベルリン国際映画祭で「国際批評家連盟賞」と「NETPAC賞」をW受賞。
熱狂的なファンを持ち、公開から7年経つ現在も毎年アンコール上映が開催されている、まさにエポックメイキングな作品だ。
出演は、寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコを中心に、菜葉菜、江口のりこ、大島葉子、吹越満、片岡礼子、嶋田久作、菅田俊、光石研、津田寛治、根岸季衣、渡辺真起子、長澤奈央、佐藤浩市、柄本明といった、そうそうたる実力派俳優陣が名を連ねています。

Blu-ray・DVDの特典として、撮影中のスチル写真を多数使った特製ブックレット、新規の映像特典の収録も予定されている。

映画情報どっとこむ ralph そして今回のBlu-ray・DVD発売決定にあたり、瀬々敬久監督よりコメントが届きました!

瀬々敬久監督 コメント
『ヘヴンズ ストーリー』はこれまで7年の間、上映されてきました。その間、見に来ていただいた方々、そして上映に携わっていただいた方々、ありがとうございます。この7年の間で、時代も少し変わりました。映像の需要は配信へと進み、モノとして映像を所有するということがいつ終わるかもしれないというのが趨勢です。そんな時流の中、これが最後の機会とも考え、この映画をDVDやブルーレイとして、それぞれの場所で見ていただけるよう決めました。映画上映にこだわってきましたが、これを機会に『ヘヴンズ ストーリー』の、また新しい体験が広がっていくことを期待します。なお上映は、今後も続けていきたいと思っています。そして、決して一元化でなく様々な選択肢のある状況を、引き続き目指していきたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 『ヘヴンズ ストーリー』

「世界が憎しみで壊れてしまう前に。」

8歳の少女サトは、両親と姉を殺され、祖父に引き取られる。
サトはテレビ画面の中で「法律が許しても、僕がこの手で犯人を殺してやります」と強く言い放つ人を見た。妻子を殺されたトモキだった。
その日から、サトにとってトモキは英雄になった…。

Blu-ray・DVD商品情報
「ヘヴンズ ストーリー Blu-ray」
(PCXP-50532)¥5,800+税
Blu-ray2枚組

「ヘヴンズ ストーリー DVD」
(PCBP-53669)¥4,800+税
DVD2枚組

発売日:2017年12月6日(水) Blu-ray&DVD発売 (DVD上・下巻 同時レンタル開始)
収録時間:本編278分+特典映像

【Blu-ray・DVD共通封入特典】
特製アウターケース/32Pブックレット(撮影中スチル写真ほか掲載)
【Blu-ray・DVD共通映像特典】 
新規撮影映像特典(予定)
※特典内容は予定です。変更になる可能性もございます。
※特典情報は詳細が決定次第、随時更新いたします。

***********************************

キャスト
寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコ
菜葉菜、栗原堅一、江口のりこ、大島葉子、吹越満、片岡礼子、嶋田久作、菅田俊、光石研、津田寛治
根岸季衣、渡辺真起子、長澤奈央、本多叶奈、佐藤浩市、柄本明、人形舞台 yumehina、百鬼どんどろ ほか


監督:瀬々敬久 
脚本:佐藤有記
音楽:安川午朗 撮影:鍋島淳裕、斉藤幸一、花村也寸志 
照明:福田裕佐
美術:野々垣聡、田中浩二、金林剛 録音:黄永昌、高田伸也 
整音:鈴木昭彦 編集:今井俊裕
助監督:海野敦、菊地健雄 
製作担当:藤川佳三 
エンディング曲:Tenko「生まれる前の物語」
企画:浅野博貴 
製作:小林洋一、吉村和文、岡田博、林瑞峰、須田諭一 
プロデューサー:朝倉大介、坂口一直
製作:ヘヴンズ プロジェクト 
助成:文化芸術振興費補助金 
配給・宣伝:ムヴィオラ

発売元・販売元:ポニーキャニオン

(C) 2010ヘヴンズ プロジェクト