「李闘士男監督」タグアーカイブ

榮倉奈々、安田顕らご利益のあるワニとフォトセッション『妻ふり 』完成披露試写会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』が榮倉奈々、安田顕で実写映画化。6月8日(金)全国公開となります。

そして、その完成を記念して試写会&舞台挨拶が榮倉奈々さん、安田顕さん、大谷亮平さん、野々すみ花さん、李闘士男監督が登壇して行われました。


完成披露試写会舞台挨拶
日時:5月15日(火)
場所:109シネマズ二子玉川
登壇:榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花、李闘士男監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の観客の拍手に迎えられ、W主演の榮倉奈々と安田顕、大谷亮平、野々すみ花、李闘士男監督が登場。

榮倉さん:上映前に舞台に立つのは不思議です。映画を観る前に私たちを⾒るのも不思議かと思いますが、楽しい時間を過ごしてください。

との挨拶からイベントはスタート。

安田さん:上映前ということで、すべてのあらすじを言っていきます!

と会場を沸かせ、

大谷さん:ゆったりとしたほのぼのした映画です。

野々さん:映画館の舞台に立つのが初めて。数日間の話ですが、日常のようで深い映画です。

と分析。


まず、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」というタイトルについて、

李監督:いまだに正確にタイトルが言えない!

榮倉さん:「Yahoo!知恵袋」の投稿が膨らんで、映画化という流れが現代っぽいなと思いました。SNSやメディアが広がっていて。コメディかと思って脚本を読んだら予想外の産物が多くて・・・

と振られ

安田さん:出来上がった作品を観たとき、わぁ、やられたと思いました。こんなになるんだーって

と作品の感想を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そんなタイトルから、「“私は必ず〇〇します”というような、⾃分で決めている事やこだわりなどはありますか︖」と問いかけに、

榮倉さん:ないです。必ず○○するというと、そのことにとらわれすぎて、他のことがうまくいかないんです。何かにこだわりを持つことは極力やめています。

安田さん:セリフを外で覚えるのですが、台本を開くと恥ずかしいから、携帯にセリフを打っちゃいます。

と意外にデジタル派!かと思いきや

榮倉さん:写真に撮るとかじゃなく︖

と手間がかかることをつっこまれました。


撮影中のエピソードとして、15パターンの“死んだふり”の苦労やリアクションの⼤変さを語りつつ、榮倉さんと安田さんともに“死んだふり”の後のシーンが⼤好きだそう。

他にも、安田さんが女子だけのバッティングセンターのシーンを印象的と言い、榮倉さんが男性2人が会社で話すシーンがお気に入りと語っていました。


本作は、結婚3年目を迎えた夫婦が《本当の夫婦》になっていく過程を描いた映画。

理想の夫婦像を聞かれ、

安田さん:長生きした上で若⼲僕が先に死にたい。幸せに囲まれ看取られながら『いい人生だったよ、ありがとう』と言って死にたい。残されるのは絶対に嫌!

と関白宣言を思い出させる想いを力説しました。一方で

榮倉さん:いつまでも食卓を囲む夫婦がいいな。

と笑顔。

映画情報どっとこむ ralph 本作でたびたび登場するワニについて、熱川バナナワニ園の園長によると、ワニは“幸せを運ぶ神様”という別名があるとのこと。李監督が、本作の製作中に、プロデューサー、脚本家、榮倉さん、野々さんが次々に結婚、メイクさんも赤ちゃんができた、と説明すると、一同が幸せの連発だったことに改めて驚かせていました。

そんな撮影で使った“ご利益のある”ワニとともにフォトセッション!

最後に・・・・

安田さん:心より感謝申し上げます。よかったなと思っていただければ、ぜひ、口コミのほどよろしくお願いします。

榮倉さん:今日⾒終えたら家族に『良かったよ』と、話題の1つになったらうれしいです。私はこの映画が大好きです!

とイベント締めました。


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー

映画公式サイト:
tsumafuri.jp
#妻ふり

物語・・・
こんな“死んだふり”という入口から予測できない味わい深いラストへとたどり着く。結婚3年目の夫婦が、⾒つけだし た〈本当の夫婦〉になるための答えとは―。その真実を知ったとき、まさかの感があなたを襲う︕︖そんな、泣いて笑って、観 た後には最高に愛おしい気持ちになれるハートフル・コメディが誕生した。

予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえが口から血を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安田顕 大⾕亮平 野々すみ花

原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘⼠男『神様はバリにいる』

脚本:坪田⽂「コウノドリ」
主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


榮倉奈々、李闘士男監督、ワニが沖縄国際映画祭レッドカーペットに!『妻ふり』


映画情報どっとこむ ralph 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』で実写映画化! 6 月8日(⾦)全国公開となります。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』(4/19-22開催)の特別招待作品として、昨日のプレミア上映に続き、本日 4月22日、レッドカーペットに榮倉奈々と李闘士男監督とワニが登場しました!

島せんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』那覇国際通りレッドカーペット


日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り
登壇:榮倉奈々、李闘士男監督、ワニ

映画情報どっとこむ ralph 正午から開始の予定だった『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』 レッドカーペットだったが、直前に、おりからの雨脚が強くなり、雷が鳴り響いたため、 ⼀時中断のアナウンスが!!!!

14時15分に天候が少し回復し小雨になったところで再開。

榮倉さんのテレビ特別番組の生放送出演が終了した15時過ぎに、榮倉奈々さんと李闘士男監督がレッドカーペットで!更に安田顕ではなく・・・・ 劇中で実際に榮倉さん演じるちえを喰ってしまった!?ワニが登場。
那覇国際通りの沿道を埋め尽くしたファンからの大歓声に、シャネルのドレスを着た榮倉さんが何度もにこやかに⼿を振り、約150mにわたるレッドカーペットを歩きファンとの交流も!
世界中からメディアが来ていて、その取材に応じたり、「奈々ちゃーん︕︕」という⻩⾊い声援にこたえて 振り返ったり、ファンとの自撮りに応じるなど、終始リラックスした様子でした。

体⻑2m20cmというワニを抱えてレッドカーペットを歩ききった李闘士男監督と榮倉奈々 は、「妻ふり観てねー︕」とコメント、レッドカーペットの感想を聞くと「サイコー︕」と嬉しそう に答えていました。

映画情報どっとこむ ralph
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー

映画公式サイト:tsumafuri.jp
#妻ふり

物語・・・
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえ
が口から⾎を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時は
ワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗で
すね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安田顕 大谷亮平 野々すみ花
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘士男『神様はバリにいる』
脚本:坪田文「コウノドリ」 主題歌︓チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会


8Kスーパーハイビジョンで中井貴一が!


TIFF_2013いよいよ10月17日より第26回東京国際映画祭が開催されます!

そしてこの度、特別企画としてNHKが中心となって開発を進めている「8Kスーパーハイビジョン」が東京国際映画祭に登場。中井貴一さん他による舞台挨拶が行うわれます!

日時:10月18日(金)
★8Kショートムービー『美人の多い料理店』アジアプレミア
開始:16:00 上映(33分)~舞台挨拶
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ Screen3
登壇者(予定):李闘士男(監督)、中井貴一(俳優)

★超高精細映像の冒険~8Kドラマ『コーラス』
開始:18:45 上映(27分)~舞台挨拶
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ Screen3
登壇者(予定):岩松了(劇作家・演出家)、清水靖晃(作曲家)


今の普通のハイビジョンTVの16倍の高精細の8Kスーパーハイビジョンが観られるイベントは以下。

「8Kスーパーハイビジョン スペシャル・プレゼンテーション byTIFF×NHK 」
日時: 10月18日(金)・19日(土)・20日(日)
会場: TOHOシネマズ六本木ヒルズ Screen3

上映プログラムはA、B、C、Dの4種。

▽プログラムA:
8Kショートムービー『美人の多い料理店』アジアプレミア (33分)

「デトロイト・メタル・シティ」などで知られる李闘士男監督が、世界初の8Kスーパーハイビジョンによる短編映画に挑戦。“美女”と“料理”をテーマに、超高精細映像による表現に挑んだ。5月のカンヌ映画祭での上映に続いて国内初上映。
(出演=中井貴一・大島蓉子・香椎由宇)

▽プログラムB:
8Kシアターの可能性 (40 分)

音楽ステージやファッションショー、スポーツなどのハイライト集。
『Tokyo Girls Collection』『オペラ・リゴレット』『ロンドン・オリンピック』『NHK 紅白歌合戦』

▽プログラムC:
超高精細映像の冒険~8Kドラマ『コーラス』 (27 分)

あるアパートを舞台に繰り広げられる群像劇を、各部屋を見渡せるアパート断面の1カットで見せる、超高精細映像ならではの実験的ドラマ。細部まで緻密に造形された6部屋を舞台に、ある男の人生をめぐる虚構のドラマが展開する。時間と空間を越えた8Kならではの超高精細映像と、広大な音の世界をご堪能ください。(作=岩松了 音楽=清水靖晃)

▽プログラムD:
8Kコンテンツの現在 (60 分)

きらびやかな祭りから美しい水中の映像やコマ撮りアニメまで、バラエティに富んだスーパーハイビジョンのコンテンツの数々を紹介します。
『リオのカーニバル2013』『美ら海散歩』『デザインあ・解散!』『スペースシャトル最後の打ち上げ』

ぜひこの機会に、8Kの魅力を体感してみて下さい!

第26回東京国際映画祭は10月17日(木)より10月29日(木)が開催されます!


********************************************************************


<8Kスーパーハイビジョンとは>
「8Kスーパーハイビジョン」は、4Kの4倍・現行ハイビジョンの16倍もの超高細画像と22.2マルチチャンネルによる次世代のための超高臨場感システムで、日本では2016年に実用化試験放送、2020年に本放送の開始が目指されています。
新たな映像制作の可能性と、来るべき「8Kシアター」の未来像を、今回東京国際映画祭から世界へ向けて発信いたします。