「李相日」タグアーカイブ

尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司『ブルーハーツが聴こえる』BD&DVD発売決定


映画情報どっとこむ ralph ザ・ブルーハーツの名曲が映画になった!超豪華キャストと人気クリエイターのコラボレーションで贈る映画『ブルーハーツが聴こえる』、豪華版ブルーレイとDVD発売決定しました!


1980年代後半から1990年代前半にかけて日本中を席捲した、THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。音楽界はもちろん様々なジャンルにおいて今なお多大な影響を与え映画界では2015年のバンド結成30周年を機に彼らに衝撃を受けた6人の気鋭監督による奇跡の企画、映画『ブルーハーツが聴こえる』が製作された。

本作に集結した監督陣は、飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、李相日の6名。

それぞれが思い入れのある楽曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」をチョイスし各々の自由な解釈で映像化、ブルーハーツに全力のオマージュを捧げながらバリエーションに富んだ作品を生み出した。

それぞれの作品に登場するキャストたちもまた、この上ない豪華な面々が集まっている。主演キャスト陣には尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司といった錚々たるメンツが。

さらに東京03の角田晃広、高橋メアリージュン、加藤雅也、西村雅彦、要潤、新井浩文、水原希子、小池栄子、三浦貴大、E-girlsの石井杏奈ら、旬な実力派俳優たちがその脇をかためている。日本映画界を背負う俳優たちの競演は大きな見どころです。

映画情報どっとこむ ralph 「ハンマー(48億のブルース)」
出演:尾野真千子 角田晃 広荻原みのり 伊藤沙莉
監督:飯塚健(『荒川アンダーザブリッジTHE MOVIE』)
ある日、アンティークショップに勤める28歳の一希は、同棲中の彼氏の浮気現場を目撃してしまう。職場の先輩・久保と、店に入り浸る女子高生二人の仲間達はヘコむ彼女を放っておけない。
一希自身も踏ん切りをつけられない自分に苛立っていた…。

「人にやさしく」
出演:市原隼人 高橋メアリージュン 浅利陽介 加藤雅也 西村雅彦
監督:下山天(『L-エル-』)
遥か未来、刑務所惑星を目指す囚人護送船を流星群が襲った。
彷徨う宇宙船には謎の若い男・女・凶悪兄弟・静かな老紳士・看守のわずかな生存者がいた。
生存帰還の万策尽きた極限下でサバイバルを繰り広げる彼らに希望はあるのか?

「ラブレター」
出演:斎藤工 要潤 山本舞香
監督:井口昇(『ヌイグルマーZ』)
脚本家の大輔は、自身の高校時代の物語を書いてるうちにトイレから当時へタイムスリップしてしまう。片思いの相手であり、亡くなったはずの美少女・彩乃と再会した大輔は、彼女を再び死なせまいと奮闘するが…。可笑しくも泣ける初恋ファンタジー。

「少年の詩」
出演:優香 内川蓮生 新井浩文
監督:清水崇(『呪怨』シリーズ)
1987年、クリスマス。団地に住む鍵っ子の健は朝から母親と喧嘩して一人ぼっちの
誕生日を迎えようとしていた。TVに映る憧れのヒーローも虚しく感じる…彼は、頭を悩ませる重大な秘密を抱えていた。そんな彼にあるプレゼントが届く―。

「ジョウネツノバラ」
出演:永瀬正敏 水原希子
監督:工藤伸一
最愛の女性を亡くしてしまい、狂おしいほどの喪失感にとらわれた男。彼はその女性をいつまでも自分のそばにおいておきたいと願い、亡き骸を奪い去るという暴挙にでる。しかしそれを隠しきれない現実の中、驚くべき手段をとる。男の願いは何か―。

「1001のバイオリン」
出演:豊川悦司 小池栄子 三浦貴大
監督:李相日(『怒り』)
福島原発の元作業員・達也は、震災のあと、家族4人で東京に移り住んでいたが、
就職先も決まらず煮え切らない日々を送っていた。そんな中、後輩の安男を連れ福島の立ち入り禁止区域へ行き、残してきた飼い犬のタロウ探しに奔走するのだが―。

映画情報どっとこむ ralph 2018年2月2日(金)発売 ※DVDレンタル同日開始
商品の情報です!!

ブルーハーツが聴こえる

<ブルーレイ【特典DVD付き2枚組】>
品番:PCXE.50798 価格:¥5,800+税
収録時間:本編159分+特典映像
特典映像:・予告篇 ・メイキング映像 ・舞台挨拶映像 ・フォトライブラリー

<DVD>
品番:PCBE.55828 価格:¥3,800+税
収録時間:本編159分+特典映像
特典映像:予告篇

※収録内容は変更になる可能性があります。

発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン
オリジナル音源提供:株式会社トライエム、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

(C)TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight

映画情報どっとこむ ralph よかったら過去記事もどうぞ!

市原隼人・斎藤工・豊川悦司ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶
2017年4月8日
eigajoho.com/68458



尾野真千子 永瀬正敏 角田晃広 伊藤沙莉 ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶2
2017年4月8日
eigajoho.com/?p=68475



***********************************


4月8日・9日週末『ブルーハーツが聴こえる』キャスト&監督の連続舞台挨拶決定


映画情報どっとこむ ralph 先日の完成披露プレミア上映会にて、満席の観客の前で大いに盛り上がりをみせた映画『ブルーハーツが聴こえる』が、4月8日に初日を迎え、いよいよ全国での公開となります。

そして、初日と公開2日目の新宿バルト9舞台挨拶に豪華キャスト&監督が集結が決定しました!!
6作品で構成された作品の特徴を生かし、各作品が連続で舞台挨拶を実施します。

映画情報どっとこむ ralph 初日及び公開2日目舞台挨拶全スケジュール

場所:新宿バルト9
日程:4月8日(土)

<第一弾>
10:00の回上映終了後『人にやさしく』&『ラブレター』&『1001のバイオリン』
■登壇者(予定)
『人にやさしく』:市原隼人、下山天監督(敬称略)

『ラブレター』:斎藤工、井口昇監督(敬称略)

『1001のバイオリン』:李相日監督(敬称略)

<第二弾>
14:00の回上映終了後『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』
■登壇者(予定)
『ハンマー(48億のブルース)』:尾野真千子、角田晃広、伊藤沙莉、飯塚健監督(敬称略)

『ジョウネツノバラ』:永瀬正敏、工藤伸一監督(敬称略)

映画情報どっとこむ ralph 日程:4月9日(日)

<第三弾>
15:35の回上映終了後『少年の詩』

■登壇者(予定)
『少年の詩』:優香、内川蓮生、清水崇監督(敬称略)

映画情報どっとこむ ralph 【チケット情報】
通常料金
劇場HPにてご確認ください。

◆◆チケット購入方法◆◆
インターネット販売(KINEZO EXPRESS)および新宿バルト9劇場窓口にて販売。
【KINEZO EXPRESS】
4月1日(土)AM0:00(=3月31日(金)24:00)より発売
※販売日より上映日3日前まではクレジットカード決済のみのご利用となります。
現金・モバイルSuica・U-NEXTポイント決済ご利用のお客様は上映日より2日前より
ご利用頂けますが、満席になり次第販売は終了となります。

【劇場窓口販売】
4月1日(土)劇場オープン時より発売
※オンライン販売で残席がある場合のみ。

チケットの購入はこちらから


注意事項——————————————————————-

※舞台挨拶付き上映の回は全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶付きの上映をご鑑賞いただくには、舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大

監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日

配給:日活/ティ・ジョイ
宣伝協力:MUSA

(c)TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight
    


スクリーンで蘇る!『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』大絶賛コメント続々


映画情報どっとこむ ralph 名匠エドワード・ヤン監督が1991年に発表した、伝説の傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』が4Kレストア・デジタルリマスター、3時間56分版として、3月11日(土)より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館(3/18~)他全国順次公開となります。


エドワード・ヤン監督の生誕70年、没後10年となる節目の今年、本作が25年ぶりに日本のスクリーンに!

1960年代の台湾を舞台に、実際に起きた事件に着想を得た本作は、少年少女の青春のきらめきと残酷さ、そして「時代のうねり」を鮮烈な映像と秀逸な脚本で映し出し、BBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選出されるなど、映画史上に燦然と輝く傑作として、評価され、これまで世界中のクリエイターや多くの映画ファンたちに熱狂的に支持されてきました。

映画情報どっとこむ ralph 日本では初上映以来25年間DVD化もされず、観る機会がなかっただけに、公開を待ち望んでいた各界の著名人(加瀬 亮、から公開が待ち遠しくなるような、アツいコメントが数多く寄せられましたのでご紹介!


問答は無用だ。だまって映画館にかけつけ、この真の傑作に打ちのめされるがよい。
――蓮實重彦(映画評論家)

デジタルリマスタリングには基本的には否定的だが、本作を観て考えを改めざるを得なかった。初見の記憶を遥かに上回る奇妙で圧倒的な感動。異様に新鮮で懐かしい血と光、青春の生々し過ぎる躍動と家族という原理。全ての日本人が観るべき。 
―― 菊地成孔(音楽家/文筆家)

『牯嶺街少年殺人事件』は二十二歳の時に観ました。当時いろいろと将来のことを不安におもい迷っていた自分は、懐中電灯で足元だけを小さな光で頼りなく照らしながらなんとか先の見えない闇の中を歩いていく少年の姿にひどく動揺したものでした。映画というものが自分自身の内面の現実に深く触れてきたことも初めてでしたし、映画の言葉にならない大きな力を感じたのもこのときが最初でした。観終わったあとに感じた胸の痛みが、自分が映画の道に進むきっかけとなりました。 
―― 加瀬 亮(俳優)

小四が懐中電灯を消した直後の残像は、まだ光の世界かそれとももう闇の世界か? わずかな瞬間に全てがまるごと見える。その姿はなんと痛ましく残酷で、そして、息苦しいほどみずみずしいことか。嗚呼、プレスリーが切なく美しく胸に迫ります! 
―― イッセー尾形(俳優)

まだ映画館の闇と映写機の光、そこに身を沈めるよろこびを知らない人こそ、この映画に駆けつけて欲しい。『牯嶺街少年殺人事件』は繭(まゆ)のような闇の中で自分を作り変える体験を、見る者すべてに約束する光だ。この映画をスクリーンで発見できる若い世代を、心の底から羨ましく思います。 
―― 濱口 竜介(映画監督)

何も知らずに、私はあの撮影現場にいた。その時は、台湾映画史に残る傑作映画になるとは分かるはずもなかった。もう一度あの日の現場に戻って、もっといろいろなものを見たいと思った。自分の現場もあの日のような空気感になっているだろうかと、今でも考える。『牯嶺街少年殺人事件』は、僕にとって「映画の原風景」である。偶然では作れない緻密な作品だが、ある少年の青春の一瞬を偶然にとらえた奇跡の映画でもある。唯一無二の映画だ。
―― 行定勲(映画監督)

どこか懐かしく穏やかな暮らしの風景と、青春のまばゆい光。それらの隙間に絶望の影がひたひたと浸透していくさまを私たちは遠くから見つめることしか出来ない。
―― ほしよりこ(漫画家)

語っていないのに伝わってくるという、イーストウッドの『許されざる者』と近い空気感。個々の人間を描きながら、同時にその人間が生きている社会、世界を描いている。スクリーンの外にも世界があり、時間が続いていることを感じさせる稀有な傑作。 
―― 李相日(映画監督)

90年代のはじまりに現れたこの映画は、90年代のすべてを超越している。最小から最大まで、光と闇の間にあるあらゆるもののつながりを可視化し、世界全体を視野に収めつつ、一少年の感情の移ろいを鮮明に描きだす。そんな唯一無二の作品である。
―― 阿部 和重(作家)

映画情報どっとこむ ralph 私のよく知る台北の街角で起きた殺人事件に瞠目した。時を経ても変わらない少年の純真と激情、報われない憧憬が、やり場のない怒りへと育ってゆく。すべての少年時代が内包する脆さを見事に描ききった傑作だ。
―― 東山 彰良(作家)

盗んだ懐中電灯で照らされる範囲だけが少年に見える場所。この先を少女が照らしてくれさえしたら進めると思ったの? 「君を守りたい」なんて少年にしか言えない。どうしようもない取り返しのつかない一瞬 ――。 訳ありの少女と居場所のない少年の台北60’sボーイ・ミーツ・ガール。
―― 松田洋子(漫画家)

『牯嶺街少年殺人事件』は、長いこと忘れかけていた、日本もアジアなのだということを相対化する視点を与えてくれ、しかもアジアが楽園であり、その楽園はすでに蹂躙され尽くしているのだということをも報せてくれた。映画を作るときに、頭の片隅にいつもある作品だ。どれほど待ち焦がれても権利問題で上映が叶わず、その理由はいわくつきの噂と共にもはや都市伝説化していった。だったら俺たちがと数年前に思い立ち、動きはじめると本当にたくさんの方々に一緒にやろうと声をかけられ驚いた。その後の詳しい経緯は知らないが、最後はスコセッシが話をつけてくれたという噂。さすがはストリートの大先輩、とかなんとか。とにかくリバイバルにご尽力くださった皆さまに感謝を!漸くその時はきた!あざす!
―― 富田克也(空族)

こんな映画に選ばれてしまった少年少女の運命よ。だから青春映画が好きだと思うのかもしれない。若い身体に、映画を刻み込むような236分、青春の影――撮影現場の暗闇を、踊り場から覗き込むふたりと、確かに目が合った。 
―― 山戸結希(映画監督)

印象的なのは、少年、少女たちの瞳が危うくも堂々としていること。こんな映画に出会えて、とても嬉しかった。
―― 茂木 欣一(東京スカパラダイスオーケストラ/フィッシュマンズ)

舞台は台湾なのに、日本の昭和30年代が生々しくよみがえる。 思春期の純粋が、残酷で無謀なまま息づいていた時代が。
―― 姫野カオルコ(作家)

最高傑作という言葉を、10年に一度だけ使ってよいとすれば、迷わず『牯嶺街少年殺人事件』を挙げるだろう。揺るぎないショットを刻む映画作家として、社会を洞察する思想家として、人間性を優しく見つめる一人の年長者として、エドワード・ヤンを深く敬愛する。
―― 舩橋淳(映画作家)

『牯嶺街少年殺人事件』は、夭折した偉大な映画監督エドワード・ヤンの最高傑作だ。
―― マーティン・スコセッシ

『牯嶺街少年殺人事件』が1991年に発表された時、新たな才能の登場に世界中が驚いた。いま、若い観客が初めてこの傑作を観て興奮できることが、非常に嬉しい。
―― ウォン・カーウァイ

エドワード・ヤンの作品は常に私の映画に影響を与えてくれた。彼は世界を新たな秩序で作り替えることの出来る、冷徹かつ思いやりのある明晰な観察者である。
―― オリヴィエ・アサイヤス

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1960年代の台湾・台北。夜間中学に通う小四(シャオスー)は不良グループ〝小公園“に属する王茂(ワンマオ)らといつもつるんでいた。小四はある日、小明(シャオミン)という少女と知り合う。

彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ〝217”のボスと、小明を奪い合い、相手を殺し、姿を消していた。

小明への淡い恋心を抱く小四だったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、小四たちを巻き込んでいく。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

3月11日(土)より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館(3/18~)ほか全国順次ロードショー!

***********************************

監督:エドワード・ヤン 
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、チャン・クオチュー
1991 年/台湾/236分 /
配給:ビターズ・エンド
(C)1991 Kailidoscope


映画『ブルーハーツが聴こえる』ポスタービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングが好調で4月8日に劇場公開が決まった映画『ブルーハーツが聴こえる』。ポスタービジュアルが到着しました。


「耳をすませば、いつだってあの名曲が、心の中で叫んでる。」

ザ・ブルーハーツの6曲が映画になった!豪華キャスト×人気クリエイターが贈る贅沢な1本!

ストレートなメロディーとメッセージ性の強い歌詞が、今でも多くの人の心を刺激(魅了)し続けている、1995年に解散した伝説のバンドTHE BLUE HEARTS。2015年の“結成30年”を機に、世代を超えて愛されるTHE BLUE HEARTSの名曲6曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」が映画になりました!

映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングの締切がいよいよ2/15(水)まで!

2016年12月7日(水)からクラウドファンディングサイト「Makuake」にて劇場公開のための資金を集めが、いよいよ締切が2月15日(水)となりましたので、最後のご支援、何卒よろしくお願い申し上げます。

本プロジェクトにご支援頂いた支援者の皆様には、お好きな作品のエンドロールに名前を入れる権利等、「Makuake」でしか手に入らないプレミアムなリターンも用意されております。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ブルーハーツが聴こえる』
6つのオムニバス映画

「ハンマー(48億のブルース)」

監督:飯塚健
尾野真千子 × 角田晃広(東京03)
の掛け合いに笑い、恋愛に悩むアラサー女子をポップに描く
詳細と画像は⇒ こちら

「人にやさしく」

監督:下山天
市原隼人 × 高橋メアリージュン
がアクションで魅せ、極限下の人間模様を描く本格SF作品
詳細と画像は⇒ こちら

「ラブレター」

監督:井口昇
斎藤工 × 要潤 × 山本舞香
によるノスタルジックで、可笑しくも泣ける初恋ファンタジー
詳細と画像は⇒ こちら

「少年の詩」

監督:清水崇
優香 × 内川蓮生 × 新井浩文
が挑む、シングルマザーと思春期に差し掛かった少年の絆を描く
詳細と画像は⇒ こちら

「ジョウネツノバラ」

監督:工藤伸一
永瀬正敏 × 水原希子
による、究極の愛を美しく壮大なビジュアルで描いた異色ラブストーリー
詳細と画像は⇒ こちら

「1001のバイオリン」

監督:李相日
豊川悦司 × 小池栄子 × 三浦貴大 × 石井杏奈
による、震災に翻弄された家族を描くヒューマンドラマ
詳細と画像は⇒ こちら


この映画に登場するのは、自分に圧し掛かってきた困難を打破しようと戦う人間ばかり。そう、THE BLUE HEARTSから「がんばれ!」というメッセージを受け取った私たちのように―。
恋愛、友情、家族、青春、喪失と再生。人生の普遍的な営みや感情の機微を優しく見つめつつ、明日への一歩をそっと後押しする珠玉の物語が、名曲と共に描かれます。


映画『ブルーハーツが聴こえる

4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式HP:
tbh-movie.com

***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大

監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日

上映時間:159分/日本
配給:日活/ティ・ジョイ 
宣伝協力:MUSA
Ⓒ TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight


『ブルーハーツが聴こえる』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph THE BLUE HEARTSの名曲6曲を6人の監督で描く
クラウドファンディングが好調で4月8日に劇場公開が決まった映画『ブルーハーツが聴こえる』。

本作初の映像素材となる予告編が到着しました。


「耳をすませば、いつだってあの名曲が、心の中で叫んでる。」

名曲とともに豪華キャスト陣の熱演に心揺さぶられる予告編ストレートなメロディーとメッセージ性の強い歌詞が、今でも多くの人の心を刺激(魅了)し続けている、1995年に解散した伝説のバンドTHE BLUE HEARTS。2015年の“結成30年”を機に、世代を超えて愛されるTHE BLUE HEARTSの名曲6曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」が映画になりました!

映画情報どっとこむ ralph 尾野真千子×角田晃広(東京03)の掛け合いに笑い、恋愛に悩むアラサー女子をポップに描く
「ハンマー(48億のブルース)」
© TOTSU

市原隼人×高橋メアリージュンがアクションで魅せ、極限下の人間模様を描く本格SF作品
「人にやさしく」
© Solid Feature

斎藤工×要潤×山本舞香によるノスタルジックで、可笑しくも泣ける初恋ファンタジー
「ラブレター」
© DAIZ

優香×内川蓮生×新井浩文が挑むシングルマザーと思春期に差し掛かった少年の絆を描く
「少年の詩」
© SHAIKER

永瀬正敏×水原希子による、究極の愛を美しく壮大なビジュアルで描いた異色ラブストーリー
「ジョウネツノバラ」
©BBmedia

豊川悦司×小池栄子×三浦貴大×石井杏奈による、震災に翻弄された家族を描くヒューマンドラマ
「1001のバイオリン」
© geek sight

映画情報どっとこむ ralph 監督には『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の飯塚健、『L-エル-』の下山天、『ヌイグルマーZ』の井口昇、『呪怨』シリーズの清水崇、CMディレクターの工藤伸一、『怒り』の李相日ら、人気クリエイター陣が挑みます。

この映画に登場するのは、自分に圧し掛かってきた困難を打破しようと戦う人間ばかり。そう、THE BLUE HEARTSから「がんばれ!」というメッセージを受け取った私たちのように。

恋愛、友情、家族、青春、喪失と再生。人生の普遍的な営みや感情の機微を優しく見つめつつ、明日への一歩をそっと後押しするような珠玉の物語が、名曲と共に描かれてます。

劇場公開への想いが結実しクラウドファンディング締切前に早くも目標達成!2月15日まで続行!!

クラウドファンディング「Makuake」(https://www.makuake.com/project/the-blue-hearts/)

映画『ブルーハーツが聴こえる』

4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー 
公式HP: tbh-movie.com

***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/
優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大
監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
配給:日活/ティ・ジョイ
宣伝協力:MUSA