「杉田協士監督」タグアーカイブ

活弁シネマ倶楽部で『ひかりの歌』杉田協士監督が想いを語った


映画情報どっとこむ ralph ゲストを招いて映画作品を紹介し、その裏側を明らかにすることをテーマの1つとしている“映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」第8回が1月13日(日)17時から放送された。

今回は、杉田協士監督の7年ぶりの長編映画『ひかりの歌』を紹介。
番組内では、「光の短歌コンテスト」で1200首から選ばれた4首をもとにしたという制作の経緯や杉田監督の映画に対する考え方など、インタビュー形式で放送された。


最初は4つの短歌をそれぞれ短編4つの映画にするつもりで、全てをまとめた長編映画にするつもりはなかったとした。

杉田監督は、本作の映画づくりにおいて、まず事前にフリーランスの窓口サイトで仕事依頼を受け付けていた4人の女優を主演にすることを決めており、その上で前述のコンテストで短歌を4首選んだという。そのうえで、それぞれの短歌と主演に合わせて、“ここで映画を撮りたい”と思いついた場所があったらその瞬間に実際に行って、話を聞き、撮影許可や出演許可をとった。

杉田監督:その(現地の)方たちと場所があって私たちスタッフ、俳優の人たちが行くと、もうなにかあるんですよね。私がなにか手を入れる必要がないので、それを私は見ている。こんなことが起きているというのを楽しんでいます。

と語った。

また、現場での指示について、細かい表現の指摘はせず、事前のイメージと俳優の動きのすり合わせを行うとして

杉田監督:演出をしていくというよりは、発見をし続けなければいけない。今そこで起きていることの良さに気づけるかどうか。もし見落としていたらアウト。

と、自論を展開した。

また、杉田監督にとっての映画とは何かという問いに対しては、「気になることに近づくための手段」として、“なんで?”と思うことに対してのアプローチの仕方において、杉田監督が選んだ表現が映画だったとした。

映画監督になったきっかけとして、シネマ・ロサの勝村俊之氏に『河の恋人』で才能を見出され、新たに一作品作ることを提示されて『ひとつの歌』を作ったことが、助監督から監督への歩みを進めたきっかけだったとそう。助監督の経験を積んだ杉田監督は映画監督という職業について、助監督とは異なり責任が伴うが故に

杉田監督:スタッフは監督の判断を信じる必要がある。最終的に責任を取るのはその(監督とプロデューサーの)二人なので。 
と話し、監督の判断が正しいかどうかは何年後かにならないとわからないこともある、変わった世界だと独特な映画現場の世界観を語った。

さらに、チョンジュ国際映画祭について、日本でいうと原宿を歩いているような若者が見に来ており、会場は満席だったと話し、その反応についても涙を流して質問をしてくれた人もいたと笑みを浮かべ、『ひかりの歌』が海を超えた韓国にも届いたことへの実感を伺わせた。


また、今後の自身の仕事については

杉田監督:小説を書こうと思っている。映画は何かが起きたら作ることになる。

と、まずは小説を書くことを決めていると今後について明言した。



「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
https://twitter.com/katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 『ひかりの歌』

2018年1月12日[土]よりユーロスペースほか全国順次ロードショー

http://hikarinouta.jp/

詩人・吉増剛造らから激賞されたデビュー作『ひとつの歌』以来となる杉田協士監督の長編最新作『ひかりの歌』。歌人の枡野浩一と映画監督の杉田協士が、映画化を前提に開催した「光」をテーマにした短歌コンテストで、1,200首のなかから選出した4首の短歌を原作に制作した4章からなる長編映画。それぞれ孤独のなかを生きる主人公4人の女性を、ときに静かに、やさしく包む光がある。この世界で生きるための支えになるささやかな光のありかを描き出す。

<STORY>

都内近郊に住む4人の女性、詩織、今日子、雪子、幸子は、それぞれ誰かを思う気持ちを抱えながら、それを伝えられずに日々の生活をつづけている。旅に出てしまう同僚、店が近いアルバイト先の仲間、他界した父親、長い年月行方知れずの夫のことを思いながら、彼女たちは次の一歩を踏みだしていく。

過去記事:
杉田協士監督 7年ぶりの長編映画『ひかりの歌』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/137919



「活弁シネマ倶楽部」とは

様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていくWEB番組。

***********************************

キャスト:
北村美岬 伊藤茄那 笠原智 並木愛枝
監督・脚本:杉田協士
原作短歌:加賀田優子 後藤グミ 宇津つよし 沖川泰平
配給:GENUINE LIGHT PICTURES
制作:光の短歌映画プロジェクト




杉田協士監督 7年ぶりの長編映画『ひかりの歌』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、杉田協士監督『ひかりの歌』が1月12日(土)ユーロスペースにて公開となり、北村美岬さん、伊東茄那さん、日髙啓介さん、金子岳憲さん、松本勝さん、西田夏奈子さん、渡辺拓真さん、杉田協士監督が登壇して、初日舞台挨拶が行われた。


杉田協士監督 長編映画『ひかりの歌』初日舞台挨拶
1月12日(土)
場所 ユーロスペース
登壇者 北村美岬、伊東茄那、日髙啓介、金子岳憲、松本勝、西田夏奈子、渡辺拓真、杉田協士監督

映画情報どっとこむ ralph 公開初日を迎えたキャスト陣は、

北村さん:『ひかりの歌』は(自分が出演する)第1章を撮影後、それ以外の短編を1本ずつていねいに作っていきました。だから4本揃った時からすでに嬉しくて。でも公開を迎えた今は、さらに嬉しいです。

金子さん:3年前に撮影した時は、この日を迎えられるとは思ってもみなかったです。

と、初日を迎えたそれぞれの心境を語りました。


10代から監督と知り合いだという伊東さんは

伊東さん:これまで一緒に過ごしてきた中で、監督に話したことがセリフに反映されていたりもした。そうして出来上がっていった今日子が、映画の中で生きていたことが嬉しいです。

とコメント。

普段は劇団”FUKAIPRODUCE羽衣”に所属し、劇中で西田さんとのライブシーンで歌唱を披露している日高さんは

日高さん:今日、こうして作品がお客様に触れる機会を共有できることが幸せです!

と万感の表情。

西田さん:ライブがあったおかげで、撮影だということを忘れてリラックスできた。お客さんが実際に楽しんでいる顔を見ながらの撮影で楽しかったですね。

と撮影の裏話を明かしました。

杉田監督とは20年近い付き合いだという金子さんは、杉田監督の前作『ひとつの歌』にも出演していて、

金子さん:杉田監督の変わらないところは、時間を使ってゆったり撮影をするところ。お昼も弁当ではなく、必ずどこかの定食屋でゆっくり食べて、そこでミーティングや無駄話をしながら撮影に入っていくんです。それが今回の映画の“空気”として表れていると思います。

と分析。

第4章に出演した松本さんは、東京国際映画祭や全州国際映画祭に杉田監督と参加したことを述懐。

松本さん:東京国際映画祭では、海外のバイヤーの方々が熱心に質問をしてくださったのが印象的。全州は、街全体が映画祭を盛り上げようという空気に満ちていました。

と松本が明かすと、

杉田監督:みなさん、本当に熱心で。感想を伝えながら泣いてくれる方もいて、とてもありがたい時間でした。

と振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・

登壇者を代表して、杉田監督が挨拶。撮影から公開までの時間を振り返り、

杉田監督:今まで映画を続けてきて、ひとつ分かったことがあります。撮影の間、カメラの横にいて、心が動くことがあります。でもそこで泣いてしまってはだめで。自分が真っ先にその場面に出会い、心が揺れてしまったら、監督としての判断が弱まってしまうからです。だから『ひかりの歌』を撮影している間は、グッとこらえてきました。

そして、満席の会場を見渡しながら、

杉田監督:挨拶用に考えていた構成が全部ふっ飛んでしまいました…。今日でようやく、作品をみなさんにお渡しできることが本当に嬉しいです。

と締めくくり、会場からは温かい拍手が送られていました。

映画情報どっとこむ ralph ユーロスペースにて、初日舞台挨拶&公開記念連日アフタートーク開催決定!

1/13(日)ゲスト:清原惟さん(映画監督)
1/14(月)ゲスト: 歌川たいじさん(小説家・漫画家)
1/15(火)ゲスト:林あまりさん(歌人)、東直子さん(歌人)
1/16(水)ゲスト:樋口泰人さん(boid)
1/17(木)ゲスト:山中瑶子さん(映画監督)
1/18(金)ゲスト:矢田部吉彦さん(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)
1/19(土)ゲスト:高橋久美子さん(作家・作詞家)
1/20(日)ゲスト:文月悠光さん(詩人)
1/21(月)ゲスト:西原孝至さん(映画監督)
1/22(火)ゲスト:佐々木敦さん(批評家)

※連日19:00の回上映後/すべての回に杉田協士監督も登壇致します。


公開劇場
1/26(土)〜
【愛知】名古屋シネマテーク(連日19:25の回)
※1/26(土)初日、杉田協士監督による舞台挨拶を予定。
2/1(金)〜
【大阪】シネ・リーブル梅田
2/23(土)〜
【神奈川】横浜シネマリン
時期未定
【京都】出町座

映画情報どっとこむ ralph 『ひかりの歌』

詩人・吉増剛造らから激賞されたデビュー作『ひとつの歌』以来となる杉田協士監督の長編最新作『ひかりの歌』。歌人の枡野浩一と映画監督の杉田協士が、映画化を前提に開催した「光」をテーマにした短歌コンテストで、1,200首のなかから選出した4首の短歌を原作に制作した4章からなる長編映画。それぞれ孤独のなかを生きる主人公4人の女性を、ときに静かに、やさしく包む光がある。この世界で生きるための支えになるささやかな光のありかを描き出す。

<STORY>

都内近郊に住む4人の女性、詩織、今日子、雪子、幸子は、それぞれ誰かを思う気持ちを抱えながら、それを伝えられずに日々の生活をつづけている。旅に出てしまう同僚、店が近いアルバイト先の仲間、他界した父親、長い年月行方知れずの夫のことを思いながら、彼女たちは次の一歩を踏みだしていく。

***********************************