「杉山すぴ豊」タグアーカイブ

加隈亜衣、岩浪美和『ニンジャバットマン』トークショー@ Anime Japan2018


映画情報どっとこむ ralph とある出来事により現代から過去にタイムスリップし“歴史改変を狙う最狂の悪党たち”と、それを阻止すべく現代からやってきた”ハイテク装備も富も失ったヒーロー”。世界から熱望されている日本のトップクリエイターたちが、世界中で愛される米国のキャラクターたちをベースに “悪vs正義”の時空を超えた壮大なバトルを 描く、話題の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』が6月15日(土)に公開となります。

この度、「AnimeJapan 2018」にて、キャットウーマン役加隈亜衣さん、音響監督の岩浪美和さんによる本作の魅力や本作設定の特別音響についてのトークイベントが行われました!

「Anime Japan2018」『ニンジャバットマン』トークショー
日時:3月25日(日)
場所:東京ビッグサイト Anime Japan BLUE ステージ (江東区有明3丁目11−1)
登壇:加隈亜衣(キャットウーマン役)、岩浪美和(音響監督)
MC:杉山すぴ豊 (映画評論家・アメキャラ系ライター)

映画情報どっとこむ ralph 朝から大賑わいを見せるAnimeJapan2018の会場

大きな拍手に包まれ、キャットウーマン役の加隈亜衣さんと、音響監督の岩浪美和さんが登場。

早速杉山さんから”カリスマ音響監督”と言われ、

岩浪さん:カリスマはやめてください・・・他のステージに行かなくてよかったと思えるような特別映像も用意しているので!」

と照れる一面も。
今回はキャットウーマンを意識した黒のシックなワンピース姿で登場した加隈さんはファンからの声援にこたえます!

予告映像の前に、メインビジュアルに対して

岩浪さん:ニンジャじゃなくて戦国武将じゃないか!でも安心してください。ちゃんとニンジャなんです。

というフォローが岩浪からされ、ファンは興味津々な様子だった。

映画情報どっとこむ ralph 加隈さん:CM見ました?あれはすごかった!

と同じ神風動画制作のポプテピピックとのコラボCMについての話が飛び出し、多くの観客が笑顔でうなずいていました。山寺宏一さん、高木渉さんを始めとした豪華キャストについて話が及ぶと、”最高にアダルト&セクシーなキャスト”だといわれて、加隈さんに対して観客から大きな拍手が。

加隈さん:私よりもセクシーボイスな(田中)敦子さんがいるので、恥ずかしい!

と照れていたが、本作のキャスティングについては岩波さんも最高だったと納得の表情だった。バットマンを演じた山寺さんの声はやや低めでまさに”バットマンボイス”だったそう。

一方で、ジョーカー役の高木さんについては「好きにやっていましたね。楽しそうだった」とのこと。さらにゴリラ・グロッド役の子安について

岩浪さん:子安さんが『ビースト・ウォーズ』に続いてゴリラのような役をやるっていうのは、キャストが決まった時に絶対突っ込まれると思っていました!

と、自身による配役ではないと、狙ったことを否定。その一方で、

岩浪さん:ゴリラ・グロッドはすごくいいセリフがある。これ絶対ビースト(・ウォーズ)だろ!というセリフがある

と期待してほしいことも明かしてくれた。


今回制作を行った神風動画について、

岩浪さん:今はジョジョやポプテピピックで有名だが、EXILEや安室奈美恵さんなどアーティストのPVや、ロックマン、ドラゴンクエスト、ファイナル・ファンタジーなどのゲームの映像をやっていて、あまり名前が表に出てくることはなくても皆さんがどこかで知らないうちに絶対に見たことがあるっていうものを作っている。それが今回満を持して初めて長編オリジナル作品が完成したんです」と岩浪が語り、神風動画のポリシーとして”妥協は死”という言葉があることを明かしてくれた。その言葉通りの本気精神で作られた作品について「本来、CG映像というものは画面が冷たい感じになりがちなんだけど、本作は熱い!ジョジョの時もすげーなと思ったけど、今回はさらに熱い映像になってる。

とこれまでのアニメ映画とは一線を画す作品となっていることが語られた。

映画情報どっとこむ ralph また、AnimeJapan2018の会場限定で初めて本編の冒頭部分が公開され、過去から世紀の歴史改変を企てるジョーカー率いる最狂の悪党一味を紹介するシーンでは、日本の祭り“ねぶた”を模したデザインも含んだ迫力ある映像となっており来場者からの大きな拍手が。

映像を見終わって・・・

加隈さん:バットマン関係なく面白い!バットマンの知識がなくても十分楽しめる。エンターテインメントとして楽しいです。

と純粋に作品を楽しんでいた。

MC杉山:ジョーカーが第六天魔王(織田信長)になってて、デスストロークというキャラは片目のキャラなんだけど、戦国武将で隻眼というと伊達政宗、ゴリラ・グロッドは猿だから、武将で言うとあの有名な歴史人物?…と配役についても深く考えられているんだよね。

とアニメファンはもちろんのこと、アメコミファンや歴史ファンも大満足で楽しめると説明すると、

MC杉山:脚本の中島さんから聞いたんだけど、ジョーカーが支配する町だから”城下町(ジョーカマチ)”になっているんだよね。(笑) 実は、現在アメリカのアナハイムで開催されている世界的なイベント、ワンダーコンに参加しているという中島さんからも、昨夜行われたイベントで世界中から駆け付けた約4000人近くのファンの前で同様のエピソードも披露されているだろうと思います

と、それに対し

加隈さん:これアメリカ人に通じるんですかね?一緒にレッドカーペットを歩きたかった!なんで呼ばれてないんだろう!?

と岩浪さんと一緒に悔しがっていました。

映画情報どっとこむ ralph ここで音響の話になると、アフレコ時のことを思い出しながら

加隈さん:とにかく頑張りました。何が大変だったって、他のみんなが熱すぎて負けないようにっていうのが精神的に大変で。セリフ回しが独特だし、世界観がかっこいいと思ってたら、意外におバカなとこもあって、(クールな役なので)キャットウーマンとしてどう応えたらいいのかわからなくなりそうでした。(笑)ほんとブッ飛び加減がすごいんです。見終わった後の高揚感とかすごいので、本当にみんなで見てほしいですね。デートで見ても失敗はないです!

というと、

岩浪さん:アニメファン、特撮ファン、映画ファン、アメコミファンみんな見られます!僕のことを『ガールズ&パンツァー』で知っている人も多いと思うけれど、今回も特別音響をやります!僕が劇場に設定に行ってきます

と、世界で初めて本作のための特別音響『時空震(じくうしん)サウンド』が劇場で設定されることが明かされた。

岩浪さん:ぜひ映画館の大きなスクリーンで観て、その後にブルーレイで加隈さんの声を何度も楽しんでください!

とファンに熱く語った。劇場によっては、時空震サウンドにくわえ、上下左右前後360度の立体的な音響を体感できるドルビーアトモスでの上映も決定。
ここで、さらに特別に、その圧倒的映像美と驚異の展開を誰よりも早く体感すべく、アニメジャパン参加者だけに特別に日本で初めて冒頭映像が上映された。観客だけでなく加隈さんも岩浪さんも「映像だけでなく、菅野祐悟さんの音楽もかっこいい!」と見入っていた。

会場には、早くもニンジャバットマンのコスプレをしたファンも駆けつけていて、

MC杉山:コスプレしがいのあるキャラクターが満載なんですよね。

とファンの反応に期待。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

岩浪さん:特別音響で見れるのは日本だけです。ぜひお楽しみに。時空震サウンドもよろしく!

加隈さん:子供から大人までだけでなく、日本でも海外でも楽しめるエンタメ作品です。アメコミの知識がなくても、歴史に詳しくなくても楽しめます。6月15日から映画館で公開となるので、映画館の大スクリーンで見てください!そして、みなさんの感想を楽しみにしています!

と語り、イベントは大盛況のうちに終了した。

ニンジャバットマン(米題:BATMAN NINJA)
公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/
公式Twitter:
@batmanninja2018

【STORY】
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

***********************************

【キャスト】
バットマン 山寺宏一、ジョーカー 高木渉、キャットウーマン 加隈亜衣、ハーレイ・クイン 釘宮理恵、ゴリラグロッド 子安武人、ポイズン・アイビー 田中敦子、デスストローク 諏訪部順一、ペンギン チョー、トゥーフェイス 森川智之、ベイン 三宅健太、
ロビン 梶裕貴、レッドロビン 河西健吾、ナイトウィング 小野大輔、レッドフード 石田彰、アルフレッド 大塚芳忠

【スタッフ】
監督:水﨑淳平
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:岡崎能士
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:神風動画
BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics.
© 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.


映画『ニンジャバットマン』AnimeJapanステージイベント登壇者追加発表!


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザースが世界に放つ、『ワンダーウーマン』、『ジャスティス・リーグ』などのDCコミック映画。

その中で不屈の精神、悪と戦い続ける孤高のヒーローとして、世界で絶大なる人気を誇るキャラクター“バットマン”の最新プロジェクト『ニンジャバットマン』。


2017年10月5日開催の「ニューヨーク・コミコン」イベントでプロジェクト発表が行われ、日本では2017年12月1日に開催の「東京コミコン」にて制作発表会を実施。同時に公開された「日本用トレーラー」および「ニューヨーク・コミコン用PV」は3日で合計100万再生を超えるほどの世界から注目を集めました。


2018年3月24日、25日に開催の「AnimeJapan2018」にて、ステージイベントの実施が決定しており、この度、そのステージイベントへの登壇者が追加で解禁となりました。

登壇がすでに発表されていたキャットウーマン役の加隈亜衣に加え、追加で登壇が決定したのは「ガールズ&パンツァー」や「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ、「ソードアート・オンライン」シリーズなど数々の人気作品の音響監督を務め、本作でも音響監督を務める岩浪美和。そして、アメキャラ系ライターの肩書で、数々のアメコミ映画やドラマなどの紹介コラムを持ち、近年ではステージMC等も手掛ける杉山すぴ豊。

ステージ内容は、未公開映像の上映や収録現場秘話、本作『ニンジャバットマン』のアメコミ的な楽しみ方、音響での拘りなど、ここだけでしか見られない、聞けない内容となる予定です。

因みに!本ステージはネット配信等の予定はないそうです!!

映画情報どっとこむ ralph 『ニンジャバットマン』AnimeJapan2018特別ステージ>
◆日程:3月25日(日) 10:25~ 
◆場所:東京ビッグサイト会場内 BLUEステージ
◆登壇者:加隈亜衣(キャットウーマン役)、
岩浪美和(音響監督)、
杉山すぴ豊(映画評論家/アメキャラ系ライター)

※ステージの観覧申し込み期限:3月4日(日)

詳しくはAnimeJapan2018のサイトへ
https://www.anime-japan.jp/ticket/stage_event/


ニンジャバットマン
(米題:BATMAN NINJA) 2018年公開予定

公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/
公式Twitter:@batmanninja2018 


***********************************

キャスト:
バットマン:山寺宏一 ジョーカー:高木渉 キャットウーマン:加隈亜衣 ハーレイ・クイン:釘宮理恵

監督:水﨑淳平(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP)
脚本:中島かずき(「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」、「仮面ライダーフォーゼ」)
キャラクターデザイン:岡崎能士(「アフロサムライ」、「サマーウォーズ」アバターデザイン)
音響監督:岩浪美和(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、「ガールズ&パンツァー」、「ソードアート・オンライン」シリーズ)
音楽:菅野祐悟(「PSYCHO-PASS サイコパス」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」)
アニメーション制作:神風動画(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP 、「ドラゴンクエスト」シリーズOP)
BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics.
© 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.


杉山すぴ豊、黒須マモル アメコミファンは観とかないと!『ガーディアンズ』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 「まさにロシア版『X-MEN』!(zeenews)」、「マーベルへの挑戦状だ!(quackreview.com)」など、世界各国で話題騒然のロシア発のスーパーヒーロー映画が誕生。『クライム・スピード』(14)のサリク・アンドレアシアン監督最新作『ガーディアンズ』が、1月20日(土)より新宿ピカデリーほか全国順次公開となります。

その公開を記念して、1月10日(水)にアメコミファン限定の試写会が行われ、上映後にアメコミライターの杉山すぴ豊、トイショップ豆魚雷の店長・黒須マモルというアメコミに造詣の深いふたりによるトークイベントを行いました!


日付:1月10日(水)
登壇:杉山すぴ豊、黒須マモル

映画情報どっとこむ ralph 開口一番
すぴさん:僕らが呼ばれているということは、GAGAさんがこの映画をいかにアメコミみたいに見せて売っていきたいかということです(笑)

と語り、すぴさんは、この映画を知ったきっかけについて、

スピさん:この映画は2016年の夏ぐらいに海外予告がYouTubeでバズったんですよ。ロシアが『アベンジャーズ』に対抗してる映画を作ったとかで。それで見てみたらなかなかすごいじゃないかと。

と強い印象を受けていたことを明かす。さらに、

スピさん:前に別のトークイベントで『ガーディアンズ』の話題になって、元SKE48の加藤るみちゃんがこの映画を観ていて“アライグマとクマの違いなんですよ”と感想を言っていて、“なかなかいいトコついてるなぁ!”と(笑)

とエピソードを紹介。


黒須さん:僕はこの映画を観た時に色んなゲームのことを思い浮かべました。熊人間に関しては“これは獣王記みたいだな”とか、忍者龍剣伝とか色々。ゲームの要素が色々つまった『ファンタスティック・フォー』みたいな感じだなと。色んなものを足して足して足して2で割らないみたいな感じで、全然割ってなくてものすごく濃い映画になっている。

と感想を述べ、トークショーの前にふたりは感想を語り合っていたといい、

すぴさん:冒頭15分で仲間4人全員集まってたよね(笑)と

黒須さん:皆意外に力貸す貸すみたいな感じでね(笑)と

と語り、ツッコミつつも本作のテンポのよさを称賛。

黒須さん:さすがロシアだけあって、女性がもれなく綺麗で、男性はそれだけでも観に行く価値があると思います。

と付け加えました。

映画情報どっとこむ ralph 話はロシア映画界の背景へ移り、

すぴさん:僕の勝手なイメージなんですけど、ロシアって西側のカルチャーは余り入ってこないのかと思ってたんですよ。でもロシアでの興行成績を調べると『スター・ウォーズ』とか『アサシン クリード』とか『アベンジャーズ』も1位を取ってたりするんです。結構ハリウッドコンテンツは入ってきてるんだなと。だから、それらを観て育った世代のクリエイターがこういうのを作ってるんだろうなと思ったんです。

さらに、

すぴさん:この映画は全露興行収入1位と謳ってるけど、全然オーバーな売り文句ではなくて、調べてみたらロシア国内での全作品興行成績歴代87位なんです。アメリカ国内でいうと歴代87位は『マトリックス リローデッド』で、そう比較するとこの映画のすごさが分かりやすく伝わってくる。

と情報を紐解いていく。

黒須さん:総製作費3億ルーブルっていったいいくらなんだと調べてみたら6億円弱ぐらいで、他のアメコミ映画を調べてみたら2012年の『アベンジャーズ』が249億円、最近でいうと『ジャスティス・リーグ』が341億円…という中で、『ガーデアンズ』はわずか6億ぐらいでここまでのものを作り上げている。アメコミと同じ予算があるとしたら一体どんなことになるんだと、意外とものすごい訳ですよ。

と続ける。続けて

すぴさん:アメコミの中でロシア出身のヒーローは意外にたくさんいて、『X-MEN』のコロッサス、アメリカとソビエトが冷戦で敵対したということも関係しているのか悪役が多くて、『アイアンマン』でミッキー・ロークが演じたウィップラッシュとか他にも色々いて。その中でヴィラン(敵)とみなされる役が多いですね。

と、ロシアとアメコミとのつながりを紹介。さらに、
スピさん:このポスターをパッと見た時に、どう見ても『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とウィンター・ソルジャー人気に便乗しようとしているこのデザイン(笑)

とツッコミが入り、

黒須さん:このチラシをもらった時に、アメコミファンで“この映画、観ないの?”というのがボーダーラインになるんじゃないかと思うんです。アメコミ好きだったらこの映画はカバーしとかないと!

と語る。

すぴさん:飲み会とかで集まった時に、“お前観てないの?”と責められかねない映画になっていきそうですね。

と続ける。

すぴさん:監督はアメコミ映画とかアメリカのゲームが好きで、それをいい意味パクって変に加工していないのが素直によかったなと思うんです。

と映画について好印象を持ったそう。続けて、

ロシアでアメコミ好きな監督がこういう映画を作ってくる訳だから、あと5年ぐらいしたら中国版の『ガーディアンズ』が出てくるかもしれません。その時はきっとパンダですね(笑)そして京劇の女の子が擬態能力を持って…完全に『ガーディアンズ』をパクっちゃうみたいな(笑)

と語り、

黒須さん:それは楽しみですね!中国にも独自のスーパーマンみたいなキャラクターはいますし、これから世界各地でその国ならではのアメコミみたいなものも登場するかもしれませんね。

と期待を寄せる。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

すぴさん:話のネタとして絶対観た方がいいと思います。褒めるべきところも沢山ある映画です。去年の今頃は全社を挙げて『ラ・ラ・ランド』を売ってたGAGAさんが、今年はこれを推すって言ってる訳だからそれぐらいすごい訳です(笑) この映画を買ってくれたGAGAさんに皆で感謝したいと思います!

黒須さん:一晩ぐらいは語り明かせると思います!

とそれぞれ締めくくった。

ガーディアンズ

公式サイト:gaga.ne.jp/guardians


物語・・・
冷戦下、遺伝子操作によって生まれた超人戦士。国を追われた彼らが、英雄として甦る!
冷戦下のソヴィエト。違法な遺伝子操作により特殊能力を持つ兵士を生み出す組織“パトリオット”による秘密計画が進行し、超人部隊が生み出されようとしていた。だが、名声を我がものとしようとする組織の科学者クラトフの裏切りにより、研究所は爆破され、超人達も姿を消してしまう。50年後、自らも強大な力を持つ超人となったクラトフがロシアを崩壊させようとした時、パトリオットは世を捨てて生きるかつての超人達を見つけ出し、国家の危機を防ごうとする。集められたのは獣化能力を持つ科学者アルスス、念動力を操る賢者レア、超音速の剣の達人ハン、擬態化する美女クセニア。4人の超人は、失ったアイデンティティを取り戻すため、クラトフを倒すことを決意する。チームの名は“ガーディアンズ”。
彼らこそ、最後の希望―。

***********************************

監督:サリク・アンドレアシアン 『クライム・スピード』
出演: アントン・パンプシニ サンザール・マディエフ セバスチャン・シサク アリーナ・ラニナ
英題:THE GUARDIANS/2017年/ロシア/ロシア語/89分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:林完治
© 2017, Enjoy Movies LLC
配給:ギャガ・プラス  


『マックス・スティール』アメコミ映画の伝道師・杉山すぴ豊 絶賛コメント


映画情報どっとこむ ralph 全米大人気スーパーヒーローを実写映画化したSFアクション大作『マックス・スティール』が12/3(土)より池袋HUMAXシネマ、ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開となります。

『マックス・スティール』ポスター 16歳の少年・マックスが、突然目の前に現れたミステリアスなエイリアン・スティールと一体化することによって、スーパーヒーロー“マックス・スティール”に変身! 驚異的なエネルギーで、未知なるパワーを発揮し、邪悪な陰謀に立ち向かう!

この度、アメコミ映画についてのコラムを雑誌や映画パンフレットに展開し、「スパイダーマン」から「アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン」に至るまでの、映画プロモーションにも関わり、クリス・エヴァンス、ヒュー・ジャックマンといったアメコミヒーローたちのインタビューを手掛けるなど、まさに日本を代表するアメコミ映画の伝道師・杉山すぴ豊さまより絶賛コメントを頂きました!

「突然スーパーパワーを身に付けてしまった若者が大慌て、という青春系スーパーヒーロー物のツボを押さえた愛すべき活劇!主人公とエイリアンのドツキ漫才も面白くハイブリッドなスーパースーツのデザインもCOOL!来年のハロウィンはこのかっこうをしたい!」

さらに応援コメント動画と30秒特報映像もどうぞ!!


映画情報どっとこむ ralph 『マックス・スティール』マックス物語・・・
幼き頃に父親が奇妙な事故死を遂げた町に戻ってきたマックスだったが、突然自分ではコントロールできないエネルギーが体から放出される様になる。この予期せぬパワーは次第に大きくなっていき、マックスの手に負えなくなってしまう。そんな折、ミステリアスな地球外生命体スティールが突如現れ、2人が一体化することにより、そのパワーを自在にコントロールし、しかも驚異的なパワーを持つスーパーヒーロー“マックス・スティール”に変身出来ることを知る。一見おかしな組み合わせだったが、互いの間に繋がれた運命を受け入れ、父親の死に関する秘密を解き明かそうと、邪悪な陰謀に立ち向かうのだったが・・・

マックス・スティール
原題:MAX STEEL

***********************************

監督:スチュワート・ヘンドラー『ヘイロー4』
脚本:クリストファー・ヨスト『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
出演:ベン・ウィンチェル、マリア・ベロ、アナ・ビジャファーニェ、ジョシュ・ブレナー、アンディ・ガルシア

2016年/アメリカ/英語/92分/カラー/DCP/
提供:日活 配給:REGENTS、日活
宣伝:ポイント・セット
協力:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2015 MAX STEEL HOLDINGS, LLC. All Rights Reserved.