「杉咲 花」タグアーカイブ

映画『楽園』×「犯罪小説集」書店イベント 綾野剛「まだまだ吉田ワールドの中で生きたい」


映画情報どっとこむ ralph 国内外で多数の映画賞を受賞した『悪人』(10)、『怒り』(16)と映像化が続くベストセラー作家・吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」が、『64 -ロクヨン-』(16)を大ヒットさせた瀬々敬久監督により映画化。心えぐられる衝撃のサスペンス大作、映画『楽園』が10月18日(金)に全国公開する。

この度、10月8日(火)に紀伊国屋新宿本店にて開催されました「『楽園』まもなく公開!スペシャルイベントin新宿」に、主演の綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督そして原作者の吉田修一が登壇しました!

映画『楽園』×「犯罪小説集」書店イベント
日時:10月8日(火)
場所:紀伊國屋書店新宿本店1Fイベント広場
登壇:綾野剛、佐藤浩市、吉田修一(原作者)、瀬々敬久(監督)

映画情報どっとこむ ralph 綾野剛さん、佐藤浩市さん、瀬々敬久監督、吉田修一先生が紀伊国屋新宿本店にサプライズで姿を現すと街行く人は足を止め、大歓声が沸き起こる中イベントはスタートしました。

MCより本作のタイトル『楽園』に絡め、東京の楽園“新宿”のど真ん中でのイベント開催となった気持ちを聞かれ

綾野さん:とても嬉しいですね、映画と書店が連動して作品を盛り上げるのは良いことですよね。でも新宿が“楽園”ですか?『新宿スワン』の撮影中に一般の人に髪の毛を掴まれた思い出もあり、激しい街ですよ。(笑)

と過去の撮影時のエピソードを披露しました。

佐藤さん:私も書店でのイベントは初めてですけど、日本映画界も一時期は危ない時代がありましたけど、今は書籍の方も大変な時期を迎えている中で、お互いが手を取って、何かひとつでも身になれば良いなと思います。新宿に関しては夜の歌舞伎町の撮影は本当に大変なんですよ。ここでは話せないエピソードも沢山あってそっちのほうが印象深いですね。

と綾野さんと同じく新宿での撮影にまつわる苦労話で会場からは笑いが起こりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、先日行われたヴェネチア国際映画祭や完成披露試写会、そして現在も開催中の釜山国際映画祭でも大喝采を浴びている本作への手ごたえを聞かれ

綾野さん:釜山国際映画祭ではレッドカーペットも歩かせていただいて、お客さんのパワーに圧倒されました。改めて映画は国境を越えるなって実感しました。現地では自分たちのことを知らない人も全力で拍手を送って歓迎してくれている姿に感動しました。

とレッドカーペットを歩いた際の気持ちを述べました。同じく映画祭に参加していた

瀬々監督:今は日韓が政治的に大変な時期ですが、釜山のお客さんは暖かく迎えてくれました。そうした意味では映画は国境を超えると思いましたし、映画で手と手を取り合えると確信しました。映画の力というのは本当に素晴らしいなとも思いましたね。

とコメントしました。
そして映画を見た感想を聞かれた

吉田先生:一言で言うと圧倒されました。映画を見終わった後に人間の感情がすべて奪い取られるような、今まで感じたことのない気持ちになりました。本当に作品を作ってくれた監督やキャスト、スタッフに感謝しています。

と伝えました。それに対して

綾野さん:めちゃくちゃ嬉しいです。吉田さん原作の作品に出演するのは『楽園』で3本目になるんですけど、まだまだ吉田ワールドの中で生きたいなと思いますし、もっともっと頑張ろうと思います。

と吉田先生に感謝を述べました。
そして本作の魅力に関しても

綾野さん:この作品に出ている人物は誰一人として心が乏しい人はいないと思っています。そのような人は周りの環境によって生まれてしまうのだと思いますし、会場にいる人たちの近くにもそうした人はいて、私たちはそれに気づかなければいけないし抱きしめてあげなければいけない。だからこの作品をみなさんに託したいです。

と本作に対する熱い気持ちを語りました。
綾野剛x佐藤浩市映画『楽園』×「犯罪小説集」書店イベント 続けて

佐藤さん:瀬々監督の作品で『楽園』というタイトルを見てファンタジーを期待する人はいないと思いますけど、人によって楽園の受け止め方は違うと思いますので、色々なことを考えながら見てもらえますし、見終わってから良い意味での後味の悪さを感じることができます。

とコメントしました。


続いて本作の原作である〈犯罪小説集〉の続編となる〈逃亡小説集〉の話になり

吉田さん:元々三部作で考えていまして、第一弾が〈犯罪小説集〉で、その次に何かから逃げる人たちを描いている〈逃亡小説集〉があります。

と説明すると、

綾野さん:〈逃亡小説集〉瀬々さん一緒にやりましょうよ!何かから逃げたいです!

と続編の映画化をその場で瀬々監督にオファーし会場は盛り上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

佐藤さん:人間はどこにいようが、等しいです。人間がどうやってボタンを掛け違っていくのか、考えながら本作を見ていただきたいです。

と話し、

綾野さん:地方に対して中央も、もっと見つめ直さなければいけないことが沢山あると思います。私たちは政治的観念で伝えることが出来ないので、映像化して想いを届けたいと思っています。本作は“今何を見つめ直さなければいけないのか”を描いています。是非劇場でお楽しみください。

と挨拶しイベントは終了しました。

映画『楽園』

10.18[FRI]全国ロードショー
rakuen-movie.jp

楽園
***********************************

綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎  片岡礼子  黒沢あすか  石橋静河  根岸季衣  柄本 明
佐藤 浩市
主題歌:上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ)
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)  監督・脚本:瀬々敬久
  
配給:KADOKAWA  
制作プロダクション:角川大映スタジオ 
©2019「楽園」製作委員会

⦅第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント“Focus on Japan”正式出品作品⦆
⦅第24回釜山国際映画祭“A Window on Asian Cinema”正式出品作品⦆




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

村上虹郎、日本映画の良さをもっと伝えていきたい『楽園』第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久によって、遂に映画化。
心えぐられる衝撃作、映画『楽園』が10月18日(金)に全国公開となります。

この度、ヴェネチア国際映画祭(2019年8月28日~9月7日)にて初めての開催となるプレス・業界関係者向けの日本映画特集上映&交流イベント「ジャパン・フォーカス」が開幕。選出された『楽園』、『人間失格 太宰治と3人の女たち』、『カツベン!』、『蜜蜂と遠雷』の関係者から、代表者が現地時間の9月2日に行われた合同記者会見に出席した。


第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント 「ジャパン・フォーカス」
日程: 2 019 年 9月2日(月)、3日(火)
会場 Sala Pasinetti
上映作品:
『楽園』 瀬々敬久監督 (KADOKAWA 配給)
『人間失格 太宰治と3人の女たち』 蜷川実花監督 (松竹 アスミック・エース配給) 『カツベン!』 周防正行監督 (東映配給) 『蜜蜂と遠雷』 石川慶監督 (東宝配給)

映画情報どっとこむ ralph 今回が初開催となる「ジャパン・フォーカス」の記者会見の場には各国から多くのメディアが集まり、本イベントに対する現地の期待の高さが感じ取れる。映画『楽園』からは俳優の村上虹郎と二宮直彦プロデューサーの両名が記者会見に出席。
村上虹郎 映画『楽園』「ジャパン・フォーカス」 村上さん:映画祭は色々な人と出会える、ご縁のある場所だと思っていて、僕もデビュー作で海外の映画祭に行かせていただき、様々な映画監督や俳優さんと出会えて、今もそのご縁が続いているのがありがたい。こういった海外の映画祭で日本という国、そして日本映画の良さをもっともっと伝えて行きたいです。

と歴史あるヴェネチア国際映画祭に参加出来た喜びをコメントし、

二宮プロデューサー:全世界共通だと思いますが、映画が完成するのは小さな奇跡の連続だと思っています。『楽園』が完成したのは2つの奇跡がありました。一つは瀬々監督の脚本。この脚本無くしてはこの企画は成立しませんでした。そしてもう一つは、主演の綾野さんやここにいる村上さんを始めとした、日本を代表するキャスト陣が魂と心を削りながら演じてくれたことです。

と世界に向けて堂々と作品をアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 合同記者会見と同日に行われたレッドカーペットセレモニーには「ジャパン・フォーカス」に選出された面々が登場すると会場は拍手喝采!
『楽園』二宮直彦P、村上虹郎 『人間失格 太宰治と3人の女たち』蜷川実花監督、池田史嗣P、『カツベン!』天野和人P
〈『楽園』二宮直彦プロデューサー、村上虹郎〉、〈『人間失格 太宰治と3人の女たち』蜷川実花監督、池田史嗣プロデューサー〉、〈『カツベン!』天野和人プロデューサー

レッドカーペットを囲うようメディアが溢れかえっており、様々な言語が飛び交い国境を越えた映画の祭典を盛り上げていた。レッドカーペットを歩いた村上さんは各国のメディアからのリクエストに丁寧に答え、時には蜷川監督と2ショットでの取材に応じるなど楽しんでいた。

村上さん:今回は是枝裕和監督、塚本晋也監督、オダギリジョーさんなど日本映画界の先輩方が数多く来ており、改めて日本と密接にある映画祭だと感じました。

と映画人としてヴェネチアの地に降り立った喜びを語った。
雷雨の予報で天候が危ぶまれたが、見事もちなおし華やかなレッドカーペットとなった。

『楽園』二宮直彦P、村上虹郎 『人間失格 太宰治と3人の女たち』蜷川実花監督、池田史嗣P、『カツベン!』天野和人P 今回、世界三大映画祭の一つで歴史あるヴェネチア国際映画祭にて、日本映画の最新話題作を集めた上映会の催しは初めてであり、イタリアの映画業界並びに欧州において日本映画のプレゼンスをより高めることを期待され開催されることとなった。日本での公開に先立ってヴェネチアで盛り上がりを見せる映画『楽園』の公開に期待が高まる。※映画『楽園』の上映は〈現地時間9月3日17時〉から上映となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『楽園』

公式HP:
rakuen-movie.jp 

公式Twitter:
@rakuen_movie

『楽園』本ポスター ストーリー:
ある地方都市で起きた少女失踪事件。家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたり。だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていた。だが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤独を深める次第に正気は失われ、誰もが想像つかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、粗衣の陰に隠される真実とはー。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだものの運命とはー。

***********************************

綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
©2019「楽園」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

綾野剛・杉咲花・佐藤浩市 映画『楽園』感情を剥き出しにした圧巻の姿を捉えた場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph ベストセラー作家・吉田修一。その最高傑作と評される「犯罪小説集」が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久によって、遂に『楽園』として映画化。

この度、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣そして柄本明と日本映画界を支える錚々たる顔ぶれが熱演を見せている新たな場面写真が解禁となった。

村上虹郎は杉咲花演じる紡に思いを寄せる幼馴染の”野上広呂”を演じ、片岡礼子は同じ集落に住む佐藤浩市演じる善次郎の身を案じる”黒塚久子”を演じている。彼女自身も事件の渦中に巻き込まれマスコミに囲まれている姿は切迫した世界観を見事に描いている。
映画『楽園』片岡礼子
また、黒沢あすかが演じるのは綾野剛演じる豪士の母親”中村洋子”。善次郎に押さえられながら何かを叫ぶ姿を写し出しており、まさに魂を込めた熱演を披露している。
映画『楽園』黒沢あすか
石橋静河が演じるのは善次郎の亡き妻“田中紀子”。優しい微笑を見せ透明感あふれる一枚となっている。
映画『楽園』石橋静河
そして、Y字路で失踪した少女の祖父である“藤木五郎”を演じた柄本明の激昂している表情、電話を受ける五郎の妻・朝子(根岸季衣)の不安で曇った表情は見るものにより一層の緊張感を与える。
映画『楽園』根岸季衣
さらに綾野、杉咲、佐藤それぞれの新規カットも併せて解禁となった。

ひどく怯えた様子の豪士、
映画『楽園』綾野 剛 村の人には言えない秘密を抱えながらも村の行事に参加している紡、
映画『楽園』杉咲 花 不遇の中でも安らぎのひと時を愛犬・レオと過ごす善次郎。
映画『楽園』佐藤浩市
映画情報どっとこむ ralph そんな豪華キャスト陣が感情剥き出しの演技で本作の重厚で複雑なドラマを見事に創り上げている。
瀬々敬久が作り上げるシリアスで人間味溢れる世界観に豪華役者陣の魂の熱演が合わさり、令和最初にして最大の衝撃作となっている本作品の公開に期待が高まる。

映画『楽園』

10月18日(金) 全国公開

公式HP:
rakuen-movie.jp 
公式Twitter:
rakuen_movie

主演にはその実力と人気の高さからトップスターの座を築いた綾野 剛。確かな演技力で急成長をみせる杉咲 花が、緊張感溢れる本編に華を添える。そして日本を代表する名優・佐藤浩市が、重厚なドラマを支えて作品世界を完成させた。更には、柄本 明、村上虹郎などの顔ぶれが揃い、新たな衝撃作が誕生する。  ある地方都市で起きた少女失踪事件。家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたり。だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して、事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていた。だが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤立を深める。次第に正気は失われ、誰もが想像もつかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、その陰に隠される真実とは―。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだ者の運命とは―。

綾野 剛・杉咲 花・佐藤浩市_楽園
ストーリー:
ある地方都市で起きた少女失踪事件。家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたり。だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていた。だが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤独を深める次第に正気は失われ、誰もが想像つかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、粗衣の陰に隠される真実とはー。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだものの運命とはー。

***********************************

綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
© 2019「楽園」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

瀬々敬久監督× 綾野 剛・杉咲 花・佐藤浩市 映画『楽園』超特報映像&ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「悪人」「怒り」など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。

その最高傑作と評される「犯罪小説集」が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久によって、遂に映画化。主演にはその実力と人気の高さからトップスターの座を築いた綾野 剛。

確かな演技力で急成長をみせる杉咲 花が、緊張感溢れる本編に華を添える。そして日本を代表する名優・佐藤浩市。

映画化決定から注目を集める映画『楽園』の公開日が令和元年10月18日(金)に決定しました。


これに併せ、超特報映像&ポスタービジュアルが完成!

綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら豪華キャスト陣、「悪人」「怒り」の吉田修一と『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督の作品世界が表現され、観る者をぐっと物語に引き込み、胸に迫ります。映像のラストには、衝撃の展開を予感させるシーンも。



映画情報どっとこむ ralph 解禁映像のみどころ・・・

①「悪人」「怒り」の吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」が映像化。

「悪人」「怒り」など映像化が続く、今最も注目されるベストセラー作家・吉田修一。自身でも「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて。」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」が遂に映像化。『64-ロクヨン-』の瀬々敬久がメガホンを取り、最高のキャスト・スタッフの、夢の競演が実現しました。そしてこの度、本作の映像が本邦初解禁となります。


②日本を代表する超豪華キャストが集結した本作初となる映像解禁で役柄の詳細が明らかに。

主人公・豪士役には、演じる役柄の幅広さとその演技力が高く評価され、主演作多数の人気実力派俳優・綾野 剛。『怒り』でも好演を魅せた綾野が、本作では容疑者の孤独な青年という難しい役どころに挑戦する。紡には、TV・映画で幅広く活躍し、急成長を遂げる若手注目女優・杉咲 花。心に負った深い傷を抱えながら、もがき生きる少女を熱演する。善次郎には、その存在感で作品世界を支える、日本を代表する俳優・佐藤浩市。狂気へと転落していく男の心情を安定の演技力で表現する。日本を代表する超豪華キャストが集結した本作。本映像では、キャスト陣が演じたキャラクターを表現した映像を公開。魅せるほんの一瞬の表情の揺らぎだけで我々を物語に引き込み、心を掴んでしまう熱演にご注目ください。また、“衝撃の展開“が予想される一幕も。
名匠が最高のキャストで最高傑作を映像化した本作。令和元年に名を残す名作が誕生!

映画情報どっとこむ ralph 映画『楽園

令和元年10月18日(金) 全国公開

公式HP:
rakuen-movie.jp


【STORY】
ある地方都市で起きた少女失踪事件。家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたり。だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して、事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていた。だが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤立を深める。次第に正気は失われ、誰もが想像もつかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、その陰に隠される真実とは―。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだ者の運命とは―。

***********************************

綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市

原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
© 2019「楽園」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

綾野剛 x 杉咲花 x 佐藤浩市で瀬々敬久監督が描く慟哭のヒューマン・サスペンス 『楽園』


映画情報どっとこむ ralph 多数の著書が映像化され、今最も注目されるベストセラー作家・吉田修一。2007年「悪人」、2014年「怒り」に続き、自身、「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて。」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」を映画化!

青田に囲まれたY字路――。

ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけがしこりのように残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。

映画『楽園』綾野剛、杉咲花、佐藤浩市
それから12年後―、再びそこで2つの悲劇が起こる。
少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士が容疑者として疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった。そしてY字路に続く集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、そして限界集落で暮らす男。なぜ人は罪を犯すのか?

なぜ自分だけ生き残ってしまったのか?それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。

映画情報どっとこむ ralph 今回、発表となったキャストは、綾野剛、杉咲花、佐藤浩市の3名。

綾野 剛:中村豪士:
母親と共にリサイクル品販売をする孤独な青年。
『怒り』でも好演を魅せた綾野が、本作では容疑者の孤独な青年という難しい役どころに挑戦する。

●綾野さんからのコメント
ただただ、そこに存在する事。映るのではなく、居る。それだけです。
杉咲さん、浩市さん、お二人との大切な時間を、愛おしく抱きしめながら過ごしたいと思います。


杉咲 花:湯川 紡:
未解決の幼女誘拐事件の被害者と事件直前まで一緒にいた少女。心に傷を負い、苦しみながら生きる。
心に負った深い傷を抱えながら、もがき生きる少女を熱演する。

●杉咲さんからのコメント
綾野さんとは、これまで何度か映画の授賞式などでお会いする機会があり、その度に「いつか一緒にやろうね」と声を掛けてくださっていたので、今回ついにご一緒させていただけることをとても嬉しく思います。そして4年前、映画の世界にほぼ初めて足を踏み入れたあの頃の私に、格好良くて優しいお人柄で、その背中で、色々なことを教えてくださった尊敬する佐藤さんとまたご一緒させていただけること、心から幸せに思います。紡は難しい役ですが、どうか彼女がこの映画の中の一筋の光になりますように。初めての瀬々組、心して臨みたいと思います!


佐藤浩市:田中善次郎:
父親の介護のため村へと戻り、愛犬レオと暮らす養蜂家。村おこし事業を進めるが・・・。
狂気へと転落していく男の心情を安定の演技力で表現している。

●佐藤さんからのコメント
人種、宗教、個人で心の折れ方バランスの崩れ方は多様です、人の数だけある。他人がそれを解りたいと思うのは日常の生活に余計な不安を取り除きたい、安心に暮らしていきたいという当然の思いです。しかし最後のスイッチが何処に在るのか?それは壊れていくその人自身にも分からない。作者の吉田さんも監督の瀬々さんも、そして僕自身も、最後に背中を押されるその瞬間の人間の脆さ、怖さに目を向けていきたい。『楽園』はそれを体現する作品です。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、瀬々敬久。豪華キャスト,スタッフが集結し、2019年新たな衝撃作が誕生します。

楽園


豪士(綾野剛)は、母親と共にリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女・愛華の誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、心に深い傷を負うこことなった。事件から12年後―、高校を卒業した紡(杉咲花)は、街のホームセンターで働いていた。祭りの前日、準備で集まった公民館で、紡は豪士と出会い、孤独な豪士に対して感情が芽生える。そして祭りの日―、12年前と同じY字路で、再び少女が行方不明となる。やがて豪士が犯人だと疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。それから1年後、東京の青果市場で働く紡。Y字路に続く限界集落では、養蜂家の善次郎(佐藤浩市)が愛犬レオと生活していた。祭りの前日、手伝いで地元に帰省していた紡は善次郎と出会う。そんなある日、善次郎が計画していた村おこしの話がこじれ、村人たちの怒りを買ってしまう。村八分によって善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する――。


***********************************

綾野 剛 杉咲 花 佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」 (KADOKAWA刊)
監督・脚本:瀬々敬久
© 2019「楽園」製作委員会
配給:KADOKAWA




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』初日に野村萬斎、安田章大、杉咲 花、ちすん登壇!


映画情報どっとこむ TJ 快晴のGW初日!4月29日(祝・金)映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』公開となり、主演・野村萬斎をはじめ、ともに事件解決に奔走する安田章大と杉咲花、雪絵の同僚の音楽教師・ちすん、金子修介監督が登壇する舞台合いア冊が行われました!

スキャナー初日舞台挨拶
『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』初日舞台挨拶
日程:4月29日(祝・金)
場所:丸の内TOEI①
登壇:
野村萬斎 安田章大 杉咲 花 ちすん 金子修介監督

映画情報どっとこむ TJ MC:凄い映画でしたよね。安田さんファンには衝撃的な映画でしたよね~。それでは監督キャストの皆さまに登場していただきましょう。

客席からの登場に、黄色い歓声の嵐!!

萬斎さん:ひと夏が凝縮されている思いです。お披露目できてうれしく思っています。
野村萬斎
安田さん:みなさまありがとうございます。今日から公開ということで、毎日忙しくなりますね。ずっと観に来てください!

杉咲さん:こんにちは、やっと皆さんに観ていただけてうれしいです。
杉咲花
ちすんさん:朝早くから、本当に嬉しく思っています。最高の初日です。
ちすん
金子監督:初日の最初のお客様。ありがとうございます!
金子監督
映画情報どっとこむ TJ MC:映画を観たばかりのお客様にどんな思いですか。

萬斎さん:腰抜けました!?奇想天外な内容。大いに宣伝してください。

安田さん:凄く変態的な役で。こう言う役どころでオファーいただくのは、なかなか無いことなので。一生懸命・・・した次第です。皆さまの反応が楽しみです。便利な世の中なので、良い情報を拡散していただきたいですね。

MC:萬斎さんも癖のある役でしたが。

萬斎さん:現代劇初めてで。なかなか危ない感じでスキャニングしてましたね。

監督:難しい役を真摯にやっていただきまして、満足です。

MC:杉咲さん安田さんとのシーンは?

杉咲さん:初めて安田さんとのシーンは迫ってきたとき怖かったんですけど笑ってしまいました。似合ってましたけど。

杉咲花 安田章大
MC:ちすんさんの撮影時の苦労は?

ちすんさん:真夏の撮影で、蝉の鳴き声やみを待つのが印象的でした。萬斎さんは厚着でしたから一番大変だったと思います。

萬斎さん:そうですね。熱いアスファルトに手でスキャニングもしましたしね。

MC:今後新たに挑戦したい役は?

萬斎さん:現代劇。悪い奴。刑事とかね。

安田さん:僕は時代劇を経験したいです。池の上の舟で踊るとか。

杉咲さん:特殊メイク、角とか尻尾とかつけてみたいです。

ちすんさん:芸人のやりたいですね。マイキーズはアドリブだったそうで、怖いですけど、挑戦するならそれぐらいがいいですね。

金子監督:大筋は決まってましたが相手がプロでしたからね。

映画情報どっとこむ TJ スキャナー初日トーク
MC:物に宿った思念をスキャンしますが、もし千国に触られて残って見られてしまう思念は。

萬斎さん:狂言の稽古場ですかね。血と汗がね染みていますから。

安田さん:昔、マネージャー車が一台だった時の、小さくなって乗ってる自分が映ると思います。

杉咲さん:かき氷屋さん。かき氷が好きでいろいろ行くので。

ちすんさん:家のソファー、家から出ないので。ソファーが一番私を知っていると思います。

金子監督:映画館ですね。自分の思念が残っていると思います。カメラ男が出てくるかも。

MC:GWで一番残っている記憶は

萬斎さん:人が休みのときに働くのでね。道が混んでる思いですね。

安田さん:ライブと歌が結構多いので・・子供の頃にお父さんとお母さんと動物園の草っぱらでおにぎりを食べた記憶ですね。

杉咲さん:渋滞してますし・・・私でかけないので。GWはスキャナーを映画館に観に行きます!

ちすんさん:新幹線が混んでて2時間立ちっぱなしの記憶ですね。なので、私もスキャナーを観にいきます。

金子監督:GWって映画会社が作ったんですよ!お客さんはいるんでゴールデンウィークって言ってたんです。31年前デビューの時も日活、東映、東宝で激突してましてそれがGWの思い出です。そして、ことしも日本映画対決カルタとか、ゾンビとか、ゴキブリとかに勝ちたいです。是非お願いします。

安田さん:是非お願いします。

MC:劇中と普段の生活は?宮迫さんから明るい方だと聞いてますが。

萬斎さん:籠ることはないですね。落ち着かないでうろうろしています。明るい?普通です。彼が暗いだけです。

安田さん:最初は近づきににくかったんですけど。話しているうちに明るく凄いなーと。

杉咲さん:宮迫さんとかを脅かすことはできたんですけど。萬斎さんは驚かせなかったんです

萬斎さん:楽しそうだったんで仲間に入りたかったなー。

杉咲さん:本当ですか!

金子監督:現場でまたマイティーズ観たいなー

映画情報どっとこむ TJ 記憶ゲームで萬斎さんがみぬいたところで・・・最後に
野村萬斎2
萬斎さん:面白いし、怖いところもあるし。木も可愛いところもあったり。色々抱えながら生きてる人間が成長していくテーマが入ってます。2度3度観ていただくと。いろいろ浮かび上がってくると思います。

GWSゴールデンウイークはスキャナー!

大ヒット!

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男

4月29日(金)全国ロードショー
公式サイト:scanner-movie.jp

***********************************

『スキャナー』WEB版ポスター野村萬斎 宮迫博之
安田章大 杉咲 花 木村文乃 ちすん 梶原 善
福本愛菜 岩田さゆり 北島美香 峯村リエ 嶋田久作
風間杜夫 高畑淳子

脚本:古沢良太
音楽:池 頼広
監督:金子修介
配給:東映
(C)2016「スキャナー」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ 4月29日(祝・金)より公開となります映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』が。

本作は、『探偵はBARにいる』、『リーガルハイ』などを手掛ける脚本家・古沢良太が書き下ろした、予測不能な異色の謎解きミステリー。

その完成を祝し、完成披露舞台挨拶が行われ、野村萬斎さん、宮迫博之さん、安田章大さん、杉咲花さん、木村文乃さん、高畑淳子さんと脚本の古沢良太さん、メガホンをとった金子修介監督が登壇しました。
スキャナー舞台挨拶 舞台上には、萬斎さん演じる仙石の特殊能力”スキャン”する手をイメージした、高さ約3メートルの超巨大“スキャナー”ハンドが飾られていました。

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』 完成披露舞台挨拶

日程:3月27日(日)
場所:丸の内TOEI
登壇者:野村萬斎 宮迫博之
安田章大 杉咲 花 木村文乃 ちすん 高畑淳子
古沢良太(脚本) 金子修介(監督) 

映画情報どっとこむ MC:お1人ずつ完成披露を迎え、お客様を前にしたお気持ちと共にご挨拶をお願いします。

萬斎さん:ようこそおいでくださいました。これから皆さんには面白いものを観ていただきます。オリジナル作品で、すごい展開になっておりますので、ぜひ観終った後はSNSでよかったと呟いていただけたらと思います。
スキャナー野村萬斎
宮迫さん:どうも、宮迫です!皆さん、関ジャニ∞のファンでしょうけど(笑)、最後まで息もつかない展開なので、お楽しみください!!
スキャナー宮迫博之
安田さん:(宮迫さんの自己紹介ネタ風に)安田です!

宮迫さん:本家超えたらあかんがな~。

安田さん:今日はありがとうございます。ずっとドキドキハラハラしっぱなしの作品です。早く観ていただきたいので、このへんで挨拶終わらせます!

杉咲さん:(宮迫さんの自己紹介ネタ風に)杉咲です!…すいません(笑)今日観ていただいて、皆さんがどんなふうに思っていただけるのか楽しみです!

木村さん:…(宮迫さんの自己紹介ネタは)やらないですよ!(笑)今日一日天気も良く、よい一日だったので、最後この作品でしめていただけたら嬉しいです。

ちすんさん:こんなにたくさんのお客さんの前で緊張しています!今日やっと皆さんに観ていただけるの嬉しいです。最後まで楽しんでください。

高畑さん:(宮迫さんのネタ風に)高畑です!
スキャナー高畑淳子 去年暑い中での撮影でした。今日お披露目できるのは、本当に嬉しいです。”記憶”って面白いなって作品です。ちなみに事務所のシーンで私の若いころの写真があるので、ぜひチェックしてみてください。(笑)

金子監督:素敵なキャストに恵まれました。つまらなかったら、私のせいです。(笑)面白かったら皆さんのおかげです。ぜひ楽しんでください。

古沢さん:今日はありがとうございます。オリジナル映画は近年作られることが少ないので、この脚本がこんな素晴らしい作品に仕上げていただき嬉しいです。つまらなかったら僕のせいです。最後まで楽しんでください!

映画情報どっとこむ MC:それでは、私より質問させて頂きます。“記憶”というものをテーマに、萬斎さんのあて書きで脚本を執筆されたということですが、古沢さんはどのように脚本をつくりあげていったのでしょうか。
スキャナー古沢良太
古沢さん:もともと萬斎さんで何かという話があったので飛びつきました。変わっている方なのかなって思っていたのですが、実際会ったら、思っていたよりも変わっている方でした。(笑)その変わっているところをもっと知ってもらうため、たくさんの人に観ていただけるよう作った作品です。(笑)

MC:萬斎さんは、現代劇には初挑戦ということでしたが、一風変わった仙石というキャラクターを演じてみていかがでしたか。

萬斎さん:プロのお笑い芸人の方とご一緒できるなんて一生の思い出です。普段、いい姿勢でいることが多いので、真逆の役が新鮮でした。そうゆうところも含めて面白いので、楽しんでいただけると思います。

MC:木村さん演じる雪絵との恋愛とも取れるような切ないやりとりもあったかと思いますが、いかがでしたか?

萬斎さん:幸せでした…狂言の世界は男性ばかりなので、本当に今回ありがとうという気持ちでいっぱいです。

映画情報どっとこむ MC:宮迫さん、安田さん、杉咲さん、木村さんは萬斎さんと共演されていかがでしたでしょうか?

宮迫さん:変わった方です(笑)初対面で”漫才(まんざい)やるんだ、僕は萬斎(まんさい)”なんておっしゃったので、意外でした。2人の言い合いのシーンでは、思わず声が張ってしまうそうで注意されていたんですが、そんな注意されることあるんだってなんか面白かったです。
スキャナー野村萬斎_宮迫博之
MC:安田さんは?

安田さん:クランクインの時は怖い人の印象が強かったのですが、その後の撮影でフランクに声を掛けてくださって、優しいって思いました。

宮迫さん:ギャップがあるんですよね!

安田さん:やっぱり狂言の方だから少し…ね!

萬斎さん:よくそう思われます。って両サイド(宮迫、安田)から関西弁で突っ込まれてタジタジです。(笑)

MC:杉咲さんは?

杉咲さん:…あの、萬斎さんがハンバーガー食べてて、食べるんだって思いました。

萬斎さん:一応、現代人なので…(笑)
スキャナー野村萬斎_宮迫博之_杉崎花
MC:木村さんは?

木村さん:寡黙な印象だったのですが、虫眼鏡を持った少年のような方でした。関心を持つ姿がキラキラしていて、可愛らしい方だなって…

MC:…だそうですが、萬斎さん!

萬斎さん:撮影現場でも、そう言われてキュンとしました。

映画情報どっとこむ MC:高畑さん、ちすんさん、金子監督は、萬斎さんと宮迫さんは劇中で、マイティーズというお笑いコンビを組んでいる設定でしたが、2人のコンビ感がいかがでしたでしょうか?

高畑さん:水と油のような2人がよく合わさったなって思いました。お笑いコントも…今、いかがですか?

宮迫さん:さすがに、急には無理です…!!

高畑さん:とにかく絶妙の組み合わせです!

MC:ちすんさん、いかがでしたか?

ちすん:タイプが全然違うお二人なのですが、出来上がった作品を観て、いい意味でおかしなコンビでした!

MC:監督はいかがでした?

監督:何年もコンビを組んでいるって感じます。それぞれお互いの実力を引き出し合っていて、いいコンビです。

映画情報どっとこむ MC:仙石は残留思念を読みとる特殊能力を持っていましたが、安田さん、杉咲さん、木村さん、宮迫さん、萬斎さんはどんな特殊能力が欲しいですか?

安田さん:だいたい皆さん同じだと思うのですが、エラ呼吸できるようになりたいです。ダイビングが趣味なので。できたらいいなぁって思ってます。

杉咲さん:宮迫さんを現場でよく驚かしていたので…もっと驚かせるように透明になりたいです。

宮迫さん:これ以上驚かされたら、死んじゃう(笑)

木村さん:ガメラが好きなんですけれども、特に『ガメラ3 邪神覚醒』が大好きで。その時代に戻って、撮影現場に入りたいです。未だに赤貝をみると邪神(イリス)って思っちゃいます…。
スキャナー木村文乃、高畑淳子
宮迫さん:僕はもう能力持っているんです。家の玄関の扉を開けたら、その日の嫁の機嫌がわかります。(笑)気を感じるんでしょうね…9割の確率で当たります。なので、他の能力はいらないです。(笑)

MC:萬斎さんは?

萬斎さん:伝統に携わっているので、先祖代々伝わる作品は大もとの方はどんな想いで作られたのか知りたいですね。その時代によって、いろんな解釈が加わっていると思うので。

映画情報どっとこむ スキャナー野村萬斎_宮迫博之lastMC:最後にメッセージを。

萬斎さん:今日は本当にありがとうございました。古沢さん、監督がおっしゃっていたように、素晴らしいキャストが揃いました。笑えるところもあり、サスペンスもロマンスもあり、自分の才能とどう向き合うのかを描いています。深みのある作品なので、何度観ても楽しめる作品です!ぜひ二度三度と言わず、四度、五度でも楽しんでいただけたらと思います。

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』

4月29日(金)全国ロードショー

公式サイト:scanner-movie.jp
***********************************

『スキャナー』WEB版ポスター野村萬斎 宮迫博之
安田章大 杉咲 花 木村文乃 ちすん 梶原 善
福本愛菜 岩田さゆり 北島美香 峯村リエ 嶋田久作
風間杜夫 高畑淳子

脚本:古沢良太
音楽:池 頼広
監督:金子修介
配給:東映
(C)2016「スキャナー」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ