「杉咲花」タグアーカイブ

杉咲、神木、セカオワ登壇『メアリと魔女の花』花の日スペシャル舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 7月8日(土)に公開され、公開30日間22億円を超え大ヒットを記録している『メアリと魔女の花』。さらに世界155の国と地域で公開していくことも発表されるなど、この夏一番の話題作として日本中から注目を集めています。
そんな映画の大ヒットを記念して、作品のタイトルでもあり、劇中でも重要なカギを握るアイテムである“花”にちなみ、8月7日=花(はな)の日ということで大ヒット御礼舞台挨拶を、大阪・TOHOシネマズ梅田にておこなわれました!

舞台挨拶にはヒロイン・メアリ役を演じ、名前にも“花”の一文字が入っている杉咲花さんに加え、杉咲のことを“花様”と呼び数多くのプロモーションを共にしてきた神木隆之介さん、映画のラストに主題歌で“花”を添えたSEKAI NO OWARIさんのメンバーが登場!さらに米林宏昌監督と西村義明プロデューサーも駆けつけチームメアリが再び集結しました!

日付:8月7日
場所:大阪・TOHOシネマズ梅田
登壇:杉咲花、神木隆之介、SEKAI NO OWARI、米林宏昌監督、西村義明プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
イベントでは夏休み期間中ということで各キャストが夏休みにしてみたいことを発表!

杉咲さん:大人数でBBQに挑戦したい!

神木さん:ラベンダー畑に行ってみたい!そこでFukaseさんにRAINを歌ってほしい!

とSEKAI NO OWARIさんへのラブコールを送りました。
SEKAI NO OWARIを代表して

DJ LOVEさん:ウォータースライダーなどプールで遊びたい!

と発言すると、先日男子メンバーでプールに遊びに行っていたことが判明!NakajinとDJ LOVEがひと泳ぎした後にプールサイドでの会話を楽しむ中、一切誰とも会話をすることなくFukaseさんが黙々と泳ぎ続けていたというストイックエピソードも暴露され会場は笑いに!

映画情報どっとこむ ralph そして杉咲さんにはサプライズで神木さんから映画のプロモーションを完走した彼女への労いの気持ちを込めた“花”の冠をプレゼント!

突然のサプライズに杉咲は動揺を隠せず、

杉咲さん:生まれてはじめて花冠をかぶりました。本当に嬉しいです。大事にします。

とコメント。神木も大成功に終わったサプライズに満面の笑みを浮かべていました!

その後行われたフォトセッションでも舞台挨拶に集まった観客一人一人が“花”のパネルを持ち、劇場に壮大なお花畑を創出!まさに“花”尽くしの記念すべきイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph
杉咲さん:この映画を観て、日常に転がっている小さな幸せを見つけて、少しでも明日が楽しみになればと思います。私はこの映画が大好きです。何回でもこの映画を観て、みなさんにとっての魔法を見つけてもらえるとうれしいです。

神木さん:今日は本当に来てくださってありがとうございます。本当に心からこの映画を皆様が愛してくださっているのだなと感じることができて本当にうれしいです。先日、カラオケでRAINを歌ってみたのですが、歌いだしの部分が難しすぎて心が折れました(笑)

SEKAI NO OWARIコメント(代表して

Nakajinさん:こうしてチームメアリの一員として舞台挨拶に参加し、映画を観たお客さんの前でお話しする機会を与えていただいて本当に幸せです。主題歌RAIN」がこれからも長く、多くの人に愛される曲になればいいなと思います。

米林監督:今日は本当にすごくたくさんの人に集まってもらえてうれしいです。主題歌RAINが映画を観た皆様の心にしみわたり、心の中にきれいな花を咲かせることでいつまでも思い出として残ってもらえれば。

西村プロデューサー:今日は8月7日で“花”の日ということで、こうやって舞台挨拶を実施することができて本当にうれしいです。映画が公開され、最近は小さな子からお手紙や写真を送っていただく機会が増え、映画が本当に多くの方に愛していただいていることを実感しています。

映画情報どっとこむ ralph メアリと魔女の花

7月8日(土)全国東宝系公開中!
URL:maryflower.jp

あらすじ
この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生!

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。
魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。
奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。
メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう――。
しだいに明らかになる「魔女の花」の正体。
メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。
魔法渦巻く世界で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。
メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会


『メアリと魔女の花』 福岡・名古屋 そして 大阪!地方プロモーションを敢行中!


映画情報どっとこむ ralph 『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)でその年の邦画興行収入NO.1を記録し、スタジオジブリで鮮烈な監督デビューを飾った米林宏昌。次作『思い出のマーニー』(2014年)では米アカデミー賞にノミネートされるなど快進撃を続けてきた米林監督が、2014年末にスタジオジブリを退社して新たに挑むのが、この夏最大の話題作『メアリと魔女の花』。

主人公メアリ役を杉咲花さん。メアリと一緒に冒険を繰り広げることになるピーター役を神木隆之介さん。

7月8日(土)より公開を迎えます!

この度『メアリと魔女の花』の公開に先駆けて、杉咲花さん・神木隆之介さん・米林宏昌監督の3名による地方プロモーションを敢行中!

今回は通常の舞台挨拶ではなく各地区のオープンスペースでのファンイベントを実施!6月24日(土)の福岡・ソラリアプラザでのイベントを皮切りに、名古屋・大阪、そして札幌と全国を飛び回っております。すでに実施された福岡・名古屋でのイベントは大盛況!

福岡・ソラリアプラザでは300名、
名古屋・ミッドランドスクエアでは500名を超えるお客様が集まり、

それぞれの都市の印象や、メアリの制作秘話を披露しました!

映画情報どっとこむ ralph そして本日、大阪駅前のグランフロント大阪にある「うめきた広場」にてFM802「TACTY IN THE MORNING」の屋外での公開収録を実施!大阪は朝からあいにくの雨模様だったものの、イベント前にまるで魔法のように雨があがる奇跡も。そして会場にはなんと2500人の観客が集まりとんでもない熱気に包まれるなど、この夏一番の話題作として多くの人から注目されていることを証明する結果に。

観客は入場時に配布された青く光るブレスレットをつけ、映画に登場する夜間飛行の花のように青白く光る幻想的な会場に主演の杉咲さんが登壇し、

杉崎さん:まいどおおきに!杉咲花やで!

と挨拶すると、会場からは“かわいい!”“もう一回聞きたい!”という声がかけられるなど大盛り上がり!神木がお好み焼きをおかずとして、白いご飯と一緒に食べても気にならないというエピソードを披露すると会場のファンから「私も!」「お好み焼きはおかず!」といった賛同の嵐も起きました。

今回のプロモーションでお互いを花様・神様と呼び合うようになった二人の仲の良さと作品への惜しみない愛情が感じられるトークが展開され会場は優しい雰囲気に包まれました。

米林監督:こんなに大勢の人の前で挨拶するのは生まれて初めて。

と語るなど、大阪の街がまるで一夜限りの魔法にかけられたような、すべての人が幸せな気持ちでいっぱいになれる素敵なイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph 残すは7月2日(日)の札幌でのイベント!
杉咲、神木、米林監督の3名が札幌・大通公園で行われている花フェスタ2017でトークおショーを実施します!
福岡から始まった“メアリ”大ヒット前線は徐々に東に移動し、最後の地・札幌へと北上中!

そして!『メアリと魔女の花』は7月8日(土)の公開です。


あらすじ
この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生!

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。
魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。
奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。
メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう――。
しだいに明らかになる「魔女の花」の正体。
メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。
魔法渦巻く世界で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。
メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

メアリと魔女の花

7月8日(土)全国東宝系公開

URL:maryflower.jp

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
   


岩田剛典 杉咲花 W主演「パーフェクトワールド」映画化決定!コメントも!


映画情報どっとこむ ralph 再会した初恋の人は車イスに乗っていた――

この度、有賀リエ先生の『パーフェクトワールド』(講談社)の映画化が決定しました!

『パーフェクトワールド』は、車イス生活になった初恋の人との再会を軸に、仕事、生きること、そして恋する気持ちを障がいという難しいテーマで扱いながら、ストレートに伝える純愛ストーリーです。


突然の事故で下半身に障がいをもち、車イス生活になってしまった建築士の主人公・鮎川樹(あゆかわいつき)を演じるのは、EXILE/三代目J Soul Brothersのメンバーとして絶大な人気を誇る岩田剛典さん、初恋の先輩である樹を一途に思い、悩み、もがきながらも、一緒に前を向いて生きていこうとするOL・川奈つぐみ(かわなつぐみ)を演じるのは、杉咲花さん。

岩田さんは映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』に続く2作目の主演、杉咲さんは、本作で初主演となり、2人は、本作品にて初顔合わせでW主演をつとめます。


大切な人と出会い、2人でさまざまな困難を乗り越え絆を深めた末に、幸せに満ち溢れた完璧な世界にたどりつくまでを描く感動の物語に、フレッシュな主演2人が挑みます。

映画情報どっとこむ ralph 主演のお二人と監督、原作者の先生からコメントが到着しました。

主演・岩田剛典さんからのコメント
漫画原作のキャラクターかつ身体に障がいをもった役柄ということで、どちらも自分にとっては初めて経験させて頂く役どころになります。
この作品のテーマでもある大切な人と障がいと共に生きていくという難しいテーマをより身近に感じて頂けるよう、真摯に向き合い、丁寧に演じたいと思います。

主演・杉咲花さんからのコメント
樹とつぐみが想い合うように、スタッフ・キャストの皆様と 儚くて優しい時間を現場で過ごすことができるよう、頑張っていきたいと思います。
原作の魅力を肉体を使って表現させていただくなかで、足し算や引き算が必要になることはきっとあると思うのですが、この作品を皆様の元へまっすぐお届けできるよう、映画だからこそ表現できる強さのような魅力があると信じて、自分にできることを考え、この作品に身を委ねていきたいです。
読者の皆様に愛されている原作、そしてその原作者である有賀リエ先生の想いに敬意をはらい、向き合わせていただきます。

監督・柴山健次さんからのコメント
漫画原作を読ませていただいたとき、慎重に扱う必要のある題材だと思ったと同時に、登場人物たちの力強く生きる姿勢に、撮りたい、という意欲をかきたてられました。変えられない過去、未来に対する不安。一歩を踏み出すために、登場人物たちは必死に、現在と向き合います。この物語が持つ光と闇を丁寧に描きたいと思います。

原作・有賀リエさんからのコメント
漫画作品の実写化には色んな意見がありますが、本作はありがたいことに「実写化して欲しい」「した方がいい」と言っていただけることが多く、今回それが実現することとなり本当に嬉しく思います。内容は原作を大変尊重してくださっていて、製作側の皆さんには感謝でいっぱいです。主演は、岩田剛典さん、杉咲花さんという力強いお二人に決まりわくわくしています。二人の恋にときめいたり、そして見終わった後はテーマの部分を身近に感じてもらえるような、そんな映画になればいいなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

この世界は不完全
君がいなければ。

インテリアデザイン会社に就職した川奈つぐみは、設計事務所との飲み会で高校の先輩であり初恋の人・鮎川樹と再会する。樹にときめきを覚えるつぐみだったが、彼は事故で車イスに乗る障がい者になっていた。

「先輩との恋愛はムリ」

最初はそう思うつぐみだったが、昔と変わらずまっすぐな彼にどんどん惹かれていき、あの頃閉ざした感情が止められないほど溢れてくる・・・・。

【私は――先輩が好きなんだ、今でも】

樹もまた、全身でぶつかってくるつぐみの、素直で優しく思いやりのある性格に惹かれていくが、彼は、「自分は誰かを幸せにすることができない」と思い込み、女性と付き合うことを諦めていた。それを知ったつぐみは、樹のことを諦めようとするが、どうしても諦めきれないでいた。二人は、すべてのハードルを乗り越え、幸せなパーフェクトワールドにたどり着くことができるのか?

二人が迎える結末とは―。

岩田剛典×杉咲花 W主演
まっすぐで、ピュアな気持ちが心を揺さぶる、感動のラブストーリー誕生!

パーフェクトワールド

2018年 全国公開

***********************************

原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
主演:岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、杉咲花
配給: 松竹 LDH PICTURES 
制作プロダクション:ホリプロ     
制作スケジュール: 2017年6月2日クランクイン、2017年7月中旬クランクアップ

©有賀リエ/講談社
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会  ©有賀リエ/講談社


SEKAI NO OWARIの新曲「RAIN」が映画『メアリと魔女の花』の主題歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph SEKAI NO OWARIの新曲「RAIN」(7月5日リリース)が7月8日公開の映画『メアリと魔女の花』の主題歌に決定しました!

この情報は昨日のLINE LIVEの生配信にてSEKAI NO OWARIのメンバーの口から発表。

番組では、米林宏昌監督・西村義明プロデューサーと対談し、オファーの経緯・制作秘話などをたっぷりと語り合った時のもの。
SEKAI NO OWARIが初めてLINE LIVEに出演するということで大きな話題をよんでいましたが、放送終了後にはLINE LIVE史上最高のコメント数(494,288件)をたたき出し、SNS上で話題を集めました!

映画情報どっとこむ ralph このプロジェクトは、昨年の年末にメンバーと米林宏昌監督、西村義明プロデューサーとミーティングしたところから始まり、その時点で出来ていた映画の中の重要なシーンを見ながら、監督から直々にストーリーの解説がありました。

映画への熱意に触れ、ミーティングが終った後、すぐにメンバーで話し合い、楽曲制作に取りかかり、優しく温かで懐かしさを感じるような、彼ら流の“王道ポップソング”に仕上がっています。

また、映画『メアリと魔女の花』の劇中音楽と主題歌に神秘的な音色で奏でる打弦楽器のハンマーダルシマーを取り入れており、映画の世界観ともぴったりと重なる新曲「RAIN」が完成しました。


<SEKAI NO OWARIコメント>
「RAINはメアリの心の中を空模様になぞらえて書いた楽曲です。
映画を見終わった後、メアリの成長と共に自分も一歩踏み出してみようと思えるような主題歌にしようと、米林監督や西村プロデューサーと話し合いを重ねながら楽曲を作り上げてきました。
米林監督はじめ、スタジオポノックの制作陣がまさに命を削ってこの作品を作り上げる所を見させて頂きました。この作品が1人でも多くの人に届くことを願っております。」

<米林宏昌監督コメント>
「SEKAI NO OWARIのみなさんには絵コンテを見ていただき、作品のことを十分にお伝えした上で主題歌を作っていただきました。完成に至るまでは何度もやりとりしましたが、その結果すばらしい一曲が出来上がり、映画のラストを温かくしめくくってくれました。
はじめて主題歌をエンディングにはめたものを観たとき、暗喩を込めたフレーズのひとつひとつがスッと入ってきて胸にせまりました。悲しみの雨は不意にやってきて僕たちを濡らしますが、そんな中でも力強く歩いていきたいと思えるような、勇気をくれる歌です。
これは僕が「メアリと魔女の花」で表現したかったことと同じで、まさに”主題”歌です。「RAIN」が映画と共に、観て聞いて下さった方たちの”主題”になってもらえたら、作り手としてうれしく思います。」


映画情報どっとこむ ralph そして!!!!

6月10日(土)から全国の映画館で上映予定の最新予告編は、今まで解禁されてこなかったシーンがふんだんに使用された全世界中が待ちに待っていたものが完成!


メアリ役の杉咲花をはじめ、神木隆之介、天海祐希ら超豪華俳優陣による声の演技も初披露されます。そしてなんといってもSEKAI NO OWARIが歌う主題歌「RAIN」が、主人公・メアリの小さな勇気とシンクロし、映画の世界に彩りを加えます。


メアリと魔女の花』は、7月8日(土)全国東宝系公開されます。

公式サイト:
www.maryflower.jp/

映画公式Twitter:
@mary_flower_jp

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
     
<RAINシングル商品情報>
初回限定盤A(CD+謎のDVD) 
TFCC-89620 \1,800+税 
初回限定盤B(CD+謎解きDVD) 
TFCC-89621 \1,800+税 
通常盤(CD)
TFCC-89622 \1,200+税


映画『メアリと魔女の花』JA共済タイアップキャンペーン


映画情報どっとこむ ralph JA共済連では、本年夏に特別協賛する7月8日公開の映画『メアリと魔女の花』とのタイアップキャンペーンが、6月1日(木)から7月31日(月)までの期間、「『メアリと魔女の花』×JA共済タイアップキャンペーン 特設Webサイト」で実施となります。

特設Webサイトでは、本キャンペーン実施に伴い、映画『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督が特別に描きおろした『JA共済オリジナルビジュアル』をトップ画面に採用。JA共済が提案している「ひと・いえ・くるま」の総合保障を、『メアリと魔女の花』の世界観で表現した温かい絵となっています。

また、特設Webサイトでクイズに応募いただいた方に、パソコンやスマートフォン、SNSの壁紙等で使える『JA共済オリジナルビジュアル』をもれなくプレゼント。

さらに、クイズに正解した方の中から抽選で、日頃の感謝(サンキュー)を込めて『オリジナルブック型クロック』を390名様、『オリジナルキャラクタートランプ』、『オリジナルメアリのホウキペン』をそれぞれ3,900名様にプレゼント。いずれも『JA共済オリジナルビジュアル』と、映画に登場するキャラクターやアイテムを使用した本特設Webサイト限定の素敵なグッズです。

米林宏昌監督描きおろし『JA共済オリジナルビジュアル』は、6月から出稿予定のテレビCM等でも登場する予定です。

映画情報どっとこむ ralph タイアップキャンペーンの概要

期間:2017年6月1日(木)~7月31日(月)
応募方法:「『メアリと魔女の花』×JA共済タイアップキャンペーン 特設Webサイト」でクイズに回答していただくと、どなたでもご応募いただけます。
特設Webサイトはこちら  
内容:米林宏昌監督描きおろし『JA共済オリジナルビジュアル』をプレゼント。
さらに、クイズに正解した方の中から抽選で『オリジナルブック型クロック』(390名様)、『オリジナルキャラクタートランプ』(3,900名様)、『オリジナルメアリのホウキペン』を(3,900名様)をプレゼントいたします。

映画情報どっとこむ ralph 映画「メアリと魔女の花」について

この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生。
7年に一度しか咲かない花“夜間飛行”。
それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔女の国へ飛び立つが―。
『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の監督・米林宏昌が圧倒的なアニメーションで描く夏のエンターテインメント超大作。

スタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』、7月8日(土)全国ロードショー

映画公式サイト:
www.maryflower.jp

映画公式Twitter:
@mary_flower_jp

映画情報どっとこむ ralph STUDIO PONOC(スタジオポノック)について
2015年4月15日設立。アニメーション制作会社。
2014年末にスタジオジブリを退社した後、プロデューサー西村義明が立ち上げたアニメーションスタジオ。「ポノック」とはクロアチア語で深夜0時を意味し、“新しい1日の始まり”の意味を込めた。現在は、映画『メアリと魔女の花』の制作にスタジオジブリで活躍してきた卒業生であるクリエイターやスタッフが多数参加、名を連ねる。

映画『メアリと魔女の花』は、スタジオポノック制作として初の長編映画となる。

詳しくはこちら      

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会