「杉咲花」タグアーカイブ

綾野 剛 主演『楽園』追加キャスト発表!!柄本 明、村上虹郎ら6名発表!


映画情報どっとこむ ralph 楽園を知らない青年、楽園を探し求める少女、楽園を信じていた男― 人はなぜ、罪を犯すのか?

今最も注目されるベストセラー作家・吉田修一。2007年「悪人」、2014年「怒り」に続き、自身、「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて。」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」を映画化!映画『楽園』2019年秋 全国公開となります!

青田に囲まれたY字路――。
ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけが残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。それから12年後、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士が容疑者として疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。そしてY字路に続く集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する―。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、限界集落で暮らす男。なぜ人は罪を犯すのか?なぜ自分だけ生き残ってしまったのか?それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。
主人公の豪士役・綾野 剛、紡役・杉咲 花、善次郎役・佐藤浩市に続き豪華キャスト解禁です!

映画情報どっとこむ ralph
幼女誘拐事件の被害少女の祖父・藤木五郎役には、日本を代表するベテラン俳優・柄本 明。

柄本明さんコメント
吉田修一さん原作は『悪人』に続き2回目ですが、やはり今回も吉田さんの世界だなと感じました。綾野さん、杉咲さん、佐藤さんともこれまでにご一緒しており、現場も楽しかったです。人間なんて恐ろしい存在だから、本当のところは誰も分からない。紛れもなく瀬々監督の映画になっていると思うので、あとは映画を見て頂ければ嬉しいです。


杉咲 花演じる紡に想いを寄せる幼馴染・野上広呂役に、今最も注目を浴び、急成長を遂げる若手俳優・村上虹郎。

●村上虹郎さんコメント
天使なのか、悪魔なのか。大事な人物を演じさせて頂きました。初の瀬々組ですが、監督の鋭い目つきにゾクワクする日々でした。監督の名台詞集をすぐにでも出版できそうですが此処ではひとつだけ、”さっきの方がグビッときた”スクリーンでお逢いできるのを心待ちにしています。


そして、佐藤浩市演じる善次郎の身を案じる女性・久子役に片岡礼子、

●片岡礼子さんコメント
原作の吉田さんと瀬々監督の強い思い。原作から膨らんでいるような印象の久子。その久子としてその場に居ること。書くとシンプルですが、現場では迷い…考え過ぎる自分をやめたい日々でした。途中から久子の家族や善次郎との未来を信じることだけに集中することにしていました。物語が生きてるかのように変化し続けていたことにも現場で何度も鳥肌が立っていました。映画を見届けるまで現場が終わらないような気分です。


綾野 剛演じる豪士の母・中村洋子役に黒沢あすか、

●黒沢あすかさんコメント
喜びと共にひと筋縄ではいかない役柄を与えられるなと直感。楽しみでした。
台本をめくっていくと綾野さんのお母さん役・中村洋子。ト書にはアジア訛りの日本語を話すと記されていました。
後日、デモCDを手にし洋子という名のクメール人になりきる役作り。発音取りに試行錯誤しながらカタイ頭が柔らかくなっていく手応えを感じていきました。
クランクアップの日は満ち足りた気分でした。今は完成する日が待ち遠しくて仕方ありません。


五郎の妻・藤木朝子役に根岸季衣、

●根岸季衣さんコメント
今迄にも老け役は何度か経験して来ましたが、遂に!初の認知症役でした。幸いあらぬ事を叫び続ける事もなく、余りに辛い現実から逃避するかのように、夫役の柄本明さんの手を拠り所にしっかり握って静かに惚けて行く朝子は、幸せにも思えました。前半には事件が起きる前のテキパキとした姿も演じられたので、落差を描けるのも楽しかったです。素敵なキャストが揃っているので、出来上がりを拝見するのが本当に楽しみです。


善次郎の亡き妻・田中紀子役に石橋静河 

●石橋静河さんコメント
人間の恐ろしさと同時に、誰しもが心の中に持っている、狂気や哀しみが描かれているのが、この作品だと思います。初めて今回の脚本を読んだ時、私が演じさせていただいた紀子という役はこの物語の中のひとつの希望なのだと感じ、その灯りを大切に演じたいと思いました。
たくさんの方たちにこの映画が届くことを願っています。

と、豪華かつ個性溢れる面々が揃った。豪華キャスト・スタッフが集結し、2019年新たな衝撃作が誕生する。

映画情報どっとこむ ralph ●綾野 剛:中村豪士/母親と共にリサイクル品販売をする孤独な青年。
●杉咲 花:湯川 紡/幼女誘拐事件の被害者と事件直前まで一緒にいた少女。心に傷を負う。
●佐藤浩市:田中善次郎/父の介護のため村へ戻り、愛犬と暮らす養蜂家。村おこし事業を進めるが…。
●柄本明:藤木五郎/幼女誘拐事件の被害少女の祖父
●村上虹郎:野上広呂/紡に想いを寄せる幼馴染
●片岡礼子:久子/善次郎の身を案じる女性
●黒沢あすか:中村洋子/豪士の母
●根岸季衣:藤木朝子/五郎の妻
●石橋静河:田中紀子/善次郎の亡き妻

映画情報どっとこむ ralph 『楽園』

2019年秋 全国公開

あらすじ・・・
豪士(綾野剛)は、母親と共にリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女・愛華の誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、心に深い傷を負うこことなった。事件から12年後―、高校を卒業した紡(杉咲花)は、街のホームセンターで働いていた。祭りの前日、準備で集まった公民館で、紡は豪士と出会い、孤独な豪士に対して感情が芽生える。そして祭りの日―、12年前と同じY字路で、再び少女が行方不明となる。やがて豪士が犯人だと疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。それから1年後、東京の青果市場で働く紡。Y字路に続く限界集落では、養蜂家の善次郎(佐藤浩市)が愛犬レオと生活していた。祭りの前日、手伝いで地元に帰省していた紡は善次郎と出会う。そんなある日、善次郎が計画していた村おこしの話がこじれ、村人たちの怒りを買ってしまう。村八分によって善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する――。


***********************************

綾野剛 / 杉咲花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(KADOKAWA刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
© 2019「楽園」製作委員会
   


十二人の死にたい“キャスト”たち 杉咲花、新田真剣佑、北村匠海・・・一斉解禁


映画情報どっとこむ ralph 2019年、1月25日。平成最後の年に、平成で一番ヤバい日本映画が満を持して公開する。

「天地明察」、「マルドゥック・スクランブル」のベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)原作で、第156回直木賞にも候補作となり話題となった冲方自身初となる現代サスペンスの傑作 「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋刊)の実写映画化。先日9月に本作の公開と共に解禁されたのは、出演者全員の塗りつぶされた顔と、彼らが「死にたい」という言葉を放つ衝撃的な映像のみだった。解禁するや否や、ネットでは即座にキャスト予想が始まり、異様な盛り上がりを見せていた…。

更に先日7日には、「11.21発表」という情報がネットで流れ、SNSなどで大きな期待と反響をみせていた。

そして遂にこの度、十二人の死にたい“キャスト”の全容が明らかに――

モザイクの外れたポスターから顔を出したのは、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜という、今年の日本映画界をことごとく席巻した、若手超オールスターキャスト。更に今回、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「SPEC」シリーズで数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤幸彦監督からの白羽の矢が止まったのは、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗といった将来の活躍が期待される6人の俳優。ここまでで名前が挙がったのは11人。

そして一人、モザイクを外してもなお、マスクと深めに被ったニットで顔が見えない12人目のキャストの名は秋川莉胡――彼女は一体誰なのか。

キャストを解禁してもなお、深まっていく謎が、世間を更に賑やかせそうだ。
映画情報どっとこむ ralph またキャスト解禁に加えて、本予告も解禁となった。
解禁された映像では、今回発表された12人の若手超オールスターキャストが、廃病院に集合し、その力を十二分に発揮した感情剥き出しの演技バトルが終始繰り繰り広げられている。さらに、集団安楽死をするために集まった12人の未成年の前に、想定外の13人目の死体が現れる。この12人の中に人殺しの犯人がいるという現実に、状況が一変し、12人は全員が殺されるかもしれない立場に・・・



また、主題歌はThe Royal Concept「On Our Way」が選ばれた。本作の飯沼伸之プロデューサーは、「この映画は未成年の若者たちの一瞬の心の機微を捉えているものです。よってそんな若者たちの代弁者となるような曲を選びました。我々が映画で表現したかったもの、そのものを歌ってくれている。素晴らしい楽曲です。」と語る。

映画情報どっとこむ ralph ミッション:集団安楽死 / 場 所:廃病院 / 参加者:12人の未成年 / 謎:13人目の死体

死にたいけど、殺されるのはイヤ。
その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。
「みんなで死ねば、怖くないから」 ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。
突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。
彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの12人の中に殺人鬼が……?
死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられいく。
全員、ヤバい。 気が抜けない。 
いつ誰が殺人鬼と化すかもわからず、パニックは最高潮に。
彼らは、安心して“死ねるのか”怯えながら“殺されるのか”
監督 堤幸彦(「SPEC」「イニシエーション・ラブ」)が仕掛ける、出口無しのノンストップ未体験・密室サスペンスゲームの幕が上がる。

『十二人の死にたい子どもたち』
2019年1月25日(金) 全国公開

***********************************


杉咲花 新田真剣佑 北村匠海 高杉真宙 黒島結菜
秋川莉胡 吉川愛 萩原利久 渕野右登 坂東龍汰 古川琴音、竹内愛紗

監督 堤 幸彦

原作 冲方 丁『十二人の死にたい子どもたち』(文春文庫刊)
脚本 倉持 裕 音楽 小林うてな
主題歌 The Royal Concept「On Our Way」(ユニバーサル ミュージック)
企画・製作 日本テレビ放送網
制作プロダクション オフィスクレッシェンド
配給 ワーナー・ブラザース映画


『BLEACH』護VS最凶の虚グランドフィッシャーバトルシーンCG制作メイキング映像を公開!


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、2018年12月5日(水)より、映画『BLEACH』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。また、本日11月7日(水)よりデジタル先行配信を開始しました。

一流のVFXスタッフが名を連ねた本作は、約1年半もの歳月を費やし制作された最先端のCGが見どころの一つです。
本作のプレミアム・エディションには、3時間半に及ぶ豪華映像特典が収録されています。
その中の一つである“メイキング・オブCG”より、クライマックスのバトルシーンの舞台となる空座町のバスロータリーと、主人公・一護が戦う虚<ホロウ>・グランドフィッシャーのCG制作に迫る映像を公開いたしました。



この他にも、映像特典”メイキング・オブ CG”では、映画の冒頭に出てくる虚<ホロウ>・フィッシュボーンや、吉沢亮演じる 石田雨竜が用いる弓状の武器などの CG 制作過程も見ることができる。

『BLEACH』
2018年12月5日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
【初回仕様】 ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)¥6,990+税
【初回仕様】 DVDプレミアム・エディション(2枚組)¥5,990+税
ブルーレイ ¥4,990+税/DVD ¥3,990+税
デジタルセル先行配信中
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 
(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会




***********************************



岩田に訪れた《パーフェクトな奇跡》とは?「パーフェクトワールド 君といる奇跡 」スペシャルトークイベント開催!


映画情報どっとこむ ralph この度、10月5日(金)に公開初日を迎え、“ぴあ初日満足度ランキング第1位“”週末動員ランキング実写邦画第1位“を獲得し、SNSでは「めっちゃ感動。すんごい考えさせられる映画」「涙腺が崩壊しました」「何回観ても泣ける」と絶賛するレビューが続出するなど、公開スタートから多くの注目を浴びている本作の大ヒットを記念して、本日10月24日(水)にスペシャルトークイベントを実施。

主演の岩田剛典、杉咲花をはじめ、原作者の有賀リエ、原作のモチーフとなった建築士の阿部一雄が登壇し、作品の映画化に対する想いや公開後だからこそ話せるエピソードなど、ここでしか聞けないトークを披露。さらに、本作のサブタイトル《君といる奇跡》にまつわり、最近訪れた《奇跡》について語りました。


『パーフェクトワールド 君といる奇跡』大ヒット記念スペシャルトークイベント概要

日時: 10月24日(水)
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:岩田剛典、杉咲花、有賀リエ(原作者)、阿部一雄(原作のモチーフとなった建築士)

映画情報どっとこむ ralph 10月5日(金)公開初日を迎え、“ぴあ初日満足度ランキング第1位“、”週末動員ランキング実写邦画第1位“を獲得、この秋、最高のラブストーリーとして公開スタートから多くの注目を浴びている『パーフェクトワールド 君といる奇跡』が、大ヒットを記念して”スペシャル・トークイベント”を実施。主演の岩田剛典さん、杉咲花さんをはじめ、原作者の有賀リエ、原作のモチーフとなった建築士の阿部一雄さんが舞台に登壇し一人ずつ挨拶を行うと、歓声と拍手が沸き起こり会場を沸かせた。


最初、漫画「パーフェクトワールド 」の実写映画化について

有賀先生:最初、主演のみなさんが豪華でびっくりでした(笑)実際作品を拝見し、漫画よりも生身の人間が演じる方がわかりやすいテーマがあったし、本当に実写化が実現したんだ…という気持ちでした!

と語り、笑顔をみせながらも緊張気味の有賀先生。

岩田さん:僕にとって少女漫画は初めての挑戦だったので、よくある胸キュン満載な作品なのかな…?と当初思ったのですが、実際読んでみて涙が出そうになるほどの感動的な漫画でした。

と原作漫画に出会った時の感想を述べ、

岩田さん:ほぼ全編通して車イスに乗っていて、一番大切な部分だったので、現場のスタッフとともに動作の確認をしながら丁寧に撮影に挑みました。そういった経験が俳優としてよりも人として、学ばされることが多かった作品でした。

と、一級建築士になった樹役を演じるうえで、心がけたものを語った。また、杉咲さんはつぐみを演じるうえで

杉咲さん:ラブストーリーが今回、初挑戦で恋愛は人それぞれの形があって今までとは違うことに挑むことで当初不安でしたが、プロのスタッフの方々がラブストーリーのヒロインとして可愛くみせるような現場を作ってくださったので、ひとりの女性として先輩に想いを寄せることだけを考えることができた。

と、つぐみ役についての難しさを語った。

岩田さん演じる樹役について、

阿部さん:今までいろんな映画やドラマで車イスのシーンを観て来ましたが、非常に物足りなさを感じていました。しかし、本作では、漫画でのセリフはもちろん、その表情、車イスのシーンでの操作などで非常にリアルな姿を感じ取れました。とくに《岩ちゃんスマイル》の影にある表情もすばらしかったです!

と感心した様子をみせ、

有賀先生:漫画では表現しきれない表情など、岩田さん、杉咲さんが演じればこうなる!と、私の方がむしろ勉強になったところが多かったです。

と語ると

岩田さん:恐縮です。

とガンちゃんスマイルで照れながらコメント。

映画情報どっとこむ ralph スクリーンで生まれ変わった映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」で最も心に響く<パーフェクトシーン>については、

有賀先生:病院で車イスのつぐみと樹が掛け合い、つぐみが”同じ目線だね”と声をかけるシーン。

をあげ、隣の岩田さんは頷きながら

岩田さん:僕もそのシーンが大好きです!

とコメント。

阿部さん:最後ラストシーンで、杉咲さんの手紙のシーンは何回みても泣いてしまいます。

と語り、

杉咲さん:実は、その手紙を読むシーンをリアルに表現したくて、監督にお願いして撮影本番で初めて手紙を読ませていただきました。

と語った。


続いて、本作のサブタイトルである<君といる奇跡>にちなんで<奇跡>を感じたことについて、

岩田さん:本作が公開して、学生時代の同級生から何年かぶりに連絡が来ました。その同期は、大学時代にラグビーをやっていたんですけど、事故により今、車イス生活をしていて、僕の出演する映画を通じて障がい、車イス、バリアフリーなど、もっと多くの方々に理解が深まるきっかけになったこと、そして自分の携わった仕事で少しでも力になれたことが実感でき、すごく嬉しかったです。

と語り、素敵なエピソードを披露し、会場には拍手が。続いて

杉咲さん:こんな素敵なエピソードの次で難しいですが…私事ですが、ずっと前からラジオ番組をもつことが夢で、つい最近ラジオの冠番組をもつことができてこれは奇跡だと思ってました!

と答え、

岩田さん:いつか、ゲストで出してください!

とコメントし会場が温かい雰囲気に包まれた。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

阿部さん:この作品は温度、手の触った感覚など、五感で感じられる作品だと思いますので、DVDではなく、映画でしか感じられないものを是非劇場へ足をはこんでいただいて感じてほしい。

と述べ、

有賀先生:王道の恋愛映画のストーリーのシーンではトキめいていただき、樹の存在については身近に感じてほしいです!

とコメント。

杉咲さん:今があるからこそ、明日を大事にしていきたい、という気持ちになる映画だと思いますので、みなさんにとって大事な人を思い浮かべながら是非観ていただきたいです。

と語り、

岩田さん:このイベントを持って一つのピリオドを迎えることが少し寂しいです。自分の人生のなかで、大きなことを学ばせていただきました。自分にとって大事な作品でしたので、みなさんにとっても大事な作品であってほしいです。

と感無量な表情と感謝の気持ちを伝えながら大盛況で迎えた大ヒット記念スペシャルトークイベントを終えた。

映画情報どっとこむ ralph

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡

全国大ヒット公開中

岩田剛典×杉咲花 W主演 
ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、感動のラブストーリー誕生!
インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。

***********************************

原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
出演:岩田剛典、杉咲花
須賀健太  芦名星  マギー  大政絢

伊藤かずえ  小市慢太郎  / 財前直見

配給: 松竹 LDH PICTURES 
制作プロダクション:ホリプロ     
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会
   


岩田剛典と杉咲花のウェディング姿到着!映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』


映画情報どっとこむ ralph この秋、最高のラブストーリーとして絶賛上映中の映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』 (「Kiss」連載中/講談社 )。公開週より、試練を乗り越えていく2人の強さに男女問わず全世代から共感を呼び、週末動員ランキング (10月6、7日)実写邦画No.1となった。

本作は、岩田剛典と杉咲花の2人が主演として挑むラブストーリー。事故で車イス生活を送ることになってしまったが、夢に向かって⼒強く生 きる・鮎川樹(あゆかわいつき)役を熱演する岩田。そして、初恋の先輩が車イスに乗っていた衝撃的な<再会>に⼾惑いながらも、ひたむきに 彼を想い、⼀緒に生きていこうとするOL・川奈つぐみ役に挑む杉咲。
この度、樹とつぐみの結婚式場面写真を公開!杉咲花の初となるウエディングドレス姿も披露しております!

今回、解禁されたのは、そんな様々な試練が降りかかる2人の最も幸せな瞬間が切り取られたウェディング姿の場面写真です!

バージンロード を歩くつぐみを笑顔で待つ樹の姿や、バージンロードを家族や知人からの祝福を受けて進む樹とつぐみの姿、愛を誓い合った瞬間の樹とつぐみの姿まで、まさに⼆人の幸せに満ち溢れた結婚式場面写真の解禁となっております!車のタキシードを身にまとった岩田剛典、純愛映画のヒロイン 役を初めて務め、初のウエディングドレス姿を披露した杉咲花の姿にぜひ!ご注目ください! 大切な人と出会い、⼆人でいくつもの壁を乗り越え、絆を深めた先で、幸せに満ち溢れた完璧な世界<パーフェクトワールド>にたどりつくことができるのか―この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリーが誕生。

映画情報どっとこむ ralph この秋、かけがえのない愛の物語に涙する――。

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』
大ヒット公開中!


物語・・・
岩田剛典×杉咲花 W主演 ラスト、きっと愛する気持ちを信じたくなる感涙のラブストーリー。 インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあ い、車イスに乗る生活を送っていた。最初は⼾惑うつぐみだったが、建築⼠として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好 きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「⼀生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も⼼を開いていく。⼀緒にいる幸せをみつけ た2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの試練を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。
***********************************

岩田剛典 杉咲花 須賀健太 芦名星 マギー 大政絢 伊藤かずえ 小市慢太郎 / 財前直見

原作:有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次 脚本:⿅目けい⼦
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
配給:松⽵ LDH PICTURES
制作プロダクション:ホリプロ
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会