「朴璐美」タグアーカイブ

宮沢りえ公開アフレコで生歌も披露!映画『ムーミン谷とウィ ンターワンダーランド』


映画情報どっとこむ ralph ムーミン映画最新作となるパペットアニメ『ムーミン谷とウィ ンターワンダーランド』2017年12月2日(土)より丸の内TOEIほか全国公開

この度、日本語吹き替え キャストでムーミン役を務める宮沢りえの公開アフレコを行いました。

今回、皆に愛されるキャラクター・ムーミン役の日本語吹き替えを担当したのは宮沢りえさん。

本日のアフレコ取材に臨みました!
本作でも鍵となる重要な2シーンをたしかな演技力で演じる見事な宮沢は、一気に会場を 作品の世界へと引き込みました。

そして 「ねぇムーミン」生歌も披露!

宮沢に取っても想い出深いキャラクター・ムーミン

映画情報どっとこむ ralph ムーミン役の練習は “男の子っぽく”!?研究を重ねて挑んだアフレコ お気入りの台詞は「クリスマスさん」

MCより、今回の様に声優として「声だけで演じること」 について尋ねられると

宮沢さん:声だけで演じることの難しさを改めて感じました。さらに、ムーミンは「妖精」。その存在を声 で演じることは、さらに難しかったですね。家で男の子っぽい声を出してやってみたりもしたんです。でも、そうやって作りこんでしまうと、逆に耳障りになってしまって。こうかな、どうかなと研究して臨みました。

と告白。

想い入れの あるムーミンとその世界を大切に演じた、女優としてのこだわりが垣間見えました。続いて本作のお気に入りのシーンを聞かれると、

宮沢さん:“クリスマスさん”!シーンというより、本作で出てく る台詞なんですが。ムーミンは冬を過ごすのが初めてなので、クリスマスを人だと思っているんです。だから、“クリスマス さん”って呼ぶ。そこがすごくチャーミングだなと思って、すごく好きな台詞の1つです。

と笑顔を見せました。

宮沢さん:ムーミンを演じている時は、清らかで純粋な気持ちでいられることができたので、 とても素晴らしい時間でした。是非、みなさんにも劇場でその世界を感じて欲しい。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

宮沢さん:パペットアニメーションは、その動き1つで表情もガラッと変える、独 特の世界観をもっています。ムーミンの世界観と相まって、本作は観ている人の想像力をかきたて、心を温めます。わたし 自身演じている時は、清らかで純粋な気持ちでいることができ、素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。この作品は、 わたしが小さい頃楽しんだように、お子様と一緒にご家族で楽しめることはもちろん、大人の方にも是非観ていただきたいです。深いストーリー、愛くるしいキャラクターたち、必ず楽しんでいただけると思います。冬の寒い時期、心がほっとあ たたかくなる作品です。是非楽しみにしていてください。

と、優しく、そして力強く語りました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、今回公開アフレコを実施した宮沢をはじめ、そのほかの声優に森山智之、朴璐美、そしてナレーションに神田沙也 加が揃った超豪華キャストによる、ムーミンの映画シリーズ初となる冬の物語。初めてやってくる冬、そして“クリスマスさ ん”の存在を知ったムーミンの冒険が、この冬始まります!

ムーミン谷とウィンターワンダーランド

原題:『MOOMINS and the WINTER WONDERLAND

2017年12月2日(土)全国ロードショー

公式サイトURL:
www.moominswonderland.jp

物語・・・
はじまりは、木の葉が舞い落ちる秋。冬になるとムーミン一家は春まで眠りにつきますが、好奇心 いっぱいのムーミントロールはムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけます。そこで知ったのは、まもなくやっ てくるという「クリスマス」の存在。”クリスマスさん”って誰? どんな人? ムーミン一家はクリスマスさんをもてなそ うと大騒ぎ! やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜・・・・・・。ムー ミンたちが初めてクリスマスを迎えるまでを描いた、心あたたまる物語。

***********************************

監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン
エグゼクティブ・プロデューサー:トム・カーペラン
声の出演:宮沢りえ、森川智之、朴璐美
ナレーション:神田沙也加

主題歌:サラ・オレイン(ユニバーサル ミュージック)
配給:東映
©Filmkompaniet / Animoon
Moomin Characters ™
    


『スノーホワイト/氷の王国』“豪華日本語吹替え版”予告が完成&コメント到着


映画情報どっとこむ mari 「マレフィセント」「アリス・イン・ワンダーランド」製作スタッフが贈るアクション・アドベンチャー超大作『スノーホワイト/氷の王国』が5月27日(金)より公開となります。

この度、そんな声優陣の演技が初披露となる“豪華日本語吹替え版”予告が完成&コメントが到着しました。
スノーホワイト日本版予告解禁用
クリス・ヘムズワース演じる“ハンター”エリック役を杉田智和さん、ジェシカ・チャステイン演じる“戦士”サラ役を朴璐美さん、シャーリーズ・セロン演じる“邪悪な女王”ラヴェンナ役を田中敦子さん、エミリー・ブラント演じる“氷の女王”フレイヤ役を水樹奈々さん、そして、浪川大輔さん、茶風林さん、落合弘治さん、松本梨香さん、武田華さん、大塚明夫さんと、これ以上ない豪華声優陣のキャスティングが実現した本作。

今回到着した予告では、大塚さん演じる鏡男が田中さん演じるラヴェンナに語りかけるところからはじまり、ラヴェンナと水樹さん演じるフレイヤがあわや一触即発状態になっている場面が映しだされています。

映画情報どっとこむ mari 「私のために命を捧げよ」と冷酷に命令を下す一方、姉ラヴェンナに対して、「お姉様、黙って!!」と感情をあらわにする姿も見せるフレイヤ。そんなフレイヤに対し、ラヴェンナは「あら、生意気ね」と余裕の返しを見せるなど、田中さん、水樹さんによる姉妹バトルに、思わずハラハラドキドキしてしまうはず。


さらに、邪悪な女王の企みを阻止するため、共に戦うことを決意したエリックとサラの美男美女コンビも登場。
イケメン度増し増しの杉田さんと、凛々しく美しい朴さんの演技が、キャラクター達の強さをさらに引き立て、
最後には全員そろって激しい闘いを繰り広げるという、なんとも羨ましすぎる状況がお楽しみいただける予告編です。
 

映画情報どっとこむ mari 日本語吹替え版キャストの皆さんからコメントが到着してます!

・エリック(クリス・ヘムズワース)…杉田智和さん
・サラ(ジェシカ・チャステイン)…朴璐美さん
・ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)…田中敦子さん
・フレイヤ(エミリー・ブラント)…水樹奈々さん
・ウィリアム(サム・クラフリン)…浪川大輔さん
・ニオン(ニック・フロスト)…茶風林さん
・グリフ(ロブ・ブライドン)…落合弘治さん
・ミセス・ブロムウィン(シェリダン・スミス)…松本梨香さん
・ドリーナ(アレクサンドラ・ローチ)…武田華さん


■エリック(クリス・ヘムズワース)…杉田智和さん
<作品について一言>
自分しか好きじゃない奴が気まぐれで寂しがると大きな騒動が起こる。女性が強い作品です。

<演じるキャラクターについて一言>
見た目強そうなのにやられっぱなしの姿に夢中。

■サラ(ジェシカ・チャステイン)…朴璐美さん
キレのあるアクション!少し小首を傾げ愛している人を見つめるキュートさ!セクシーさ!強くて、可愛くて、セクシーで、聡明!!
女性の武器全部持っている彼女に魅了されました。どんなカタチであっても、一人に男性への愛のために生きていることを意識し、演じています。『私は絶対に外さない』←このセリフに注目です!

■ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)…田中敦子さん
幼い頃、父に買ってもらった『白雪姫』のオーディオドラマレコード。秀逸の出来栄えだったことを鮮明に覚えています。「鏡よ、鏡よ・・・」と女王のセリフを真似したのが私の声優としての原点であったことを思い出し、このたび眩いばかりに美しい女王・ラヴェンナへと導かれたことを運命のように感じています。きっと皆さんも私と同じく、シャーリーズ・セロンの美しさと邪悪さの虜となることでしょう。

■フレイヤ(エミリー・ブラント)…水樹奈々さん
<作品について一言>
まさかあのラヴェンナに妹がいたなんて…!意外なストーリー展開はもちろん、ファンタジックで美しい映像と世界観、魅力的なキャラクター達に一気に引き込まれました。

<演じるキャラクターについて一言>
フレイヤは、ラヴェンナの妹でとても哀しい過去を持ち、心を閉ざしてしまった女王。最強の軍隊を作り、人々から恐れられる存在になっていますが、表情や言葉の端々からどこか切なさと儚さを感じる…。

様々なキャラクターと対峙することで見え隠れする彼女の本心をどう表現するかがポイントでした。全力で演じさせていただきましたので、ぜひ日本語吹き替え版でもご覧になってください!

■ウィリアム(サム・クラフリン)…浪川大輔さん
新キャラクターも登場しパワーアップした今作。前作に引き続き映像美や迫力は健在!より細部にまでのこだわりを感じました!ウィリアム王子はポイントでの登場ですが観てくれる皆様の心に残ればいいなと思います。どうぞよろしくお願い致します‼

■ニオン(ニック・フロスト)…茶風林さん
<作品について一言>
夢の様なゴールデンキャストでお送りする「スノーホワイト」!だれがこんなキャストを思いついたのだ!?

<演じるキャラクターについて一言>
前作よりもコミカルになったニオン。ドワーフ、ニオンとグリフの珍道中、お楽しみに!

■グリフ(ロブ・ブライドン)…落合弘治さん
<作品について一言>
「スノーホワイト」三部作の二弾目ということで、楽しみにしていました。女の子が大好きなおとぎ話というよりも、血沸き肉躍る冒険活劇という感じで、興奮しました。この後の展開が楽しみです。

<演じるキャラクターについて一言>
僕が吹き替えた「グリフ」はドワーフの一人です。前作から引き続いて登場する「二オン」とコンビの役です。
物語の中ではコメディリリーフの様な存在です。向こうの役者さんの醸すとぼけた味わいを再現することに腐心しました。
小狡くて小賢しいのに間抜けなかわいいおじさんでした。

■ミセス・ブロムウィン(シェリダン・スミス)…松本梨香さん
<作品について一言>
シンプルで、わかりやすい物語なだけに、いろいろな人にメッセージが真っ直ぐ届くと思います。個人的に大好きな作品です。

<演じるキャラクターについて一言>
ブロムウィンは下町っぽい人間味溢れる女性。些細な失敗もなんのその。笑い飛ばして前向き♪「梨香さんにピッタリです」と音響監督に言われ「女は愛嬌♪」そんなイメージで誰からも愛して貰える役作り、頑張りましたぁ♪

■ドリーナ(アレクサンドラ・ローチ)…武田華さん
<作品について一言>
本当に美しいラヴェンナの復活シーンの美麗さが印象的。氷の女王フレイヤとの鏡を挟んだやり取りも個人的にとても盛り上がりました!!

<演じるキャラクターについて一言>
ファンタジーが大好きなので旅の仲間としてドワーフとして冒険できるなんて最高でした。ドリーナはちょっと天然で素直ないい子なのでとても楽しかったです。

映画情報どっとこむ mari そんな、大人おとぎ話
この世で一番美しく、邪悪な姉妹が目覚める。

スノーホワイト/氷の王国
原題: The Huntsman: Winter’s War は、

5月27日(金)より TOHOシネマズ日劇 ほか全国ロードショーです。

北米で観るなら公開日は2016年4月22日!

公式サイト
公式Facebook
公式Twitter

***********************************

『スノーホワイト/氷の王国』ポスター
監督:セドリック・ニコラス=トロイヤン
脚本:エヴァン・スピリオトポウロス、クレイグ・メイジン
製作:ジョー・ロス 「マレフィセント」「アリス・イン・ワンダーランド」
製作総指揮:サラ・ブラッドショウ、パラク・パテル

出演:クリス・ヘムズワース(“ハンター”エリック)
   シャーリーズ・セロン(“邪悪な女王”ラヴェンナ)
エミリー・ブラント(“氷の女王”フレイヤ)
ジェシカ・チャステイン(“戦士”サラ) 
ニック・フロスト

配給: 東宝東和
(C) Universal Pictures
  

  


スノーホワイト続編 田中敦子、水樹奈々が邪悪な姉妹に!


「鏡よ、鏡。」世界中の誰もが知るグリム童話の名作白雪姫『スノーホワイト』の続編となるアクション・アドベンチャー超大作『スノーホワイト/氷の王国』が5月27日(金)より公開となります。

シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワースといったシリーズオリジナルのキャストに加え、新たにエミリー・ブラント、ジェシカ・チャステインといった世界的人気女優が参戦し、圧倒的な映像美と壮大なスケールで、「白雪姫」の背後に隠されていた壮大な物語が明らかになります。

そして!この度、日本語吹替え版に超豪華声優陣が決定しました!
スノーホワイト_全声優写真
『スノーホワイト/氷の王国』 日本語吹替え版キャスト一覧

エリック(クリス・ヘムズワース)杉田智和さん
サラ(ジェシカ・チャステイン)朴璐美さん
ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)田中敦子さん
フレイヤ(エミリー・ブラント)水樹奈々さん
ウィリアム(サム・クラフリン)浪川大輔さん
ニオン(ニック・フロスト)茶風林さん
グリフ(ロブ・ブライドン)落合弘治さん
ミセス・ブロムウィン(シェリダン・スミス)松本梨香さん
ドリーナ(アレクサンドラ・ローチ)武田華さん
鏡男…大塚明夫さん

氷の王国を舞台に壮大な戦いを繰り広げる

スノーホワイト/氷の王国
原題: The Huntsman: Winter’s War

5月27日(金)より TOHOシネマズ日劇 ほか全国ロードショーです。

公式HP:http://snow-movie.jp/

物語・・・

この世で一番美しく、邪悪な姉妹が目覚める。
魔法の鏡に向かって、女王が訪ねる。

「鏡よ、鏡。この世で一番美しいのは誰―?」

かつて、その美貌と邪悪な力で世界を闇に包んだラヴェンナ女王は、白雪姫<スノーホワイト>とハンターのエリックの手によって滅ぼされ、世界に平和が訪れたはずだった。

…だが人々は知らなかった。ラヴェンナ女王には、さらに強力な魔力を持つ“氷の女王”フレイヤという妹がいた事を…。
SnowWhite2
********************************************************************


北米公開日:2016年4月22日
監督: セドリック・ニコラス=トロイヤン
脚本: エヴァン・スピリオトポウロス、クレイグ・メイジン
製作: ジョー・ロス 「マレフィセント」「アリス・イン・ワンダーランド」
製作総指揮: サラ・ブラッドショウ、パラク・パテル
出演: クリス・ヘムズワース(“ハンター”エリック) / シャーリーズ・セロン(“邪悪な女王”ラヴェンナ)/エミリー・ブラント(“氷の女王”フレイヤ) / ジェシカ・チャステイン(“戦士”サラ) / ニック・フロスト
配給: 東宝東和
(C) Universal Pictures