「本田翼」タグアーカイブ

本田翼、中井貴一 ら『空母いぶき』第三弾追加キャスト発表!コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏による累計400万部突破のベストセラーコミックを、西島秀俊、佐々木蔵之介、高島政宏、玉木宏、藤竜也、そして佐藤浩市といった日本映画界を牽引する超重厚キャストの共演によって映画化する、破格のエンタテインメント『空母いぶき』。

国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、日本はかつて経験したことのない24時間を迎える。


映画情報どっとこむ ralph この度発表された第三弾にして最後の追加キャスト陣は、原作では描かれない映画オリジナルの登場人物たち。


ヒロインには多方面に渡り輝かしい活躍を魅せ、邦画やドラマに欠かせない女優となった本田翼が決定。

「ジャーナリストとしてどんな行動をとって、どんな決断をするのか、一つ一つ考えながら真摯に向き合い丁寧に演じることを心がけました」と語る本田翼は、“空母いぶき”に乗り込む唯一の女性であり、国家危機に翻弄されながらも果敢に立ち向かおうとするネットニュースの記者「本多裕子」を演じる。

部下である裕子の安否を気遣いながらも、その仕事に信頼を寄せるネットニュース社の上司「晒谷桂子」には『三度目の殺人』で第60回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞した斉藤由貴。

そして日本最南端、沖ノ鳥島の西方400キロ海域で壮絶な戦闘が繰り広げられる一方で、変わらぬ日常が続く都内のコンビニ。クリスマス商戦で大忙しの店長「中野啓一」に、日本映画界が誇る名優、中井貴一。

毎シーズン彼が子供たちへの思いを託して販売する様々なお菓子の入った長靴が、この物語のキーとなることなど知る由もなく奮闘する姿を、軽妙かつエネルギッシュに演じる。また、本多裕子と共に“空母いぶき”に乗艦する大手新聞のベテラン記者「田中俊一」に小倉久寛。

裕子が勤めるネットニュース社の先輩ディレクター「藤堂一馬」に片桐仁、アシスタントの「吉岡真奈」に土村芳。

コンビニ店員として中井貴一と心温まるバディ感を魅せる「森山しおり」に深川麻衣といった、魅力あふれる多彩な俳優陣が集まった。経験のない危機に直面した日本。最前線の自衛官たち、総理大臣を中心とする政治家や官僚、そして、ジャーナリストや一般市民は、それぞれ日本人として何を考え、何を選択するのか。その一つ一つの行動がこの国の未来をつくる。

映画情報どっとこむ ralph 第三弾発表キャストからコメントが届いています

本田翼(P-Panel 記者:本多裕子役)
今回「いぶき」に乗り込むネットニュースの新米記者で、原作にはない映画オリジナルの役を演じさせていただきました。彼女は決して心が強いわけではなく、ごく普通の女性なんですが、突然“戦闘”という現場を目の当たりにすることになり、そこでジャーナリストとしてどんな行動をとって、どんな決断をするのか、一つ一つ考えながら真摯に向き合い丁寧に演じることを心がけました。私と同様に戦争を知らない世代の方々が、少しでも平和を考えるきっかけとなる作品となればと思います。

斉藤由貴(P-Panel プロデューサー:晒谷桂子役)
このような、「スペクタクル映画」に出演させて頂くのは私はなかなかないことでしたので、参加させていただきとても光栄です。とは言っても私はいぶきの状況をネットニュースで配信する、という、いぶきの現場からは少し離れたところに存在する役柄でしたので、撮影中は、いぶきはどんななのかな?と空想、想像しながら、その「規模感」に対する畏怖や感動をどのようにしたら表現できるかな、と考えて演じていました。
個人的には、デビュー当時からお世話になった若松監督やスタッフの方々とお仕事を久しぶりにご一緒出来たことが、とっても良い思い出でした。人生早いです。

小倉久寛(東邦新聞記者:田中俊一役)
この映画の登場人物は、日本の国、国民の為に命をかけて戦います。戦争のない日本は、只そこにあったのでは無く、命をかけて守られていたのだという事をこの作品で気付かされました。この映画、たくさんの方に見ていただきたいです。そして、世界から戦争がなくなりますように。

片桐仁(P-Panel ディレクター:藤堂一馬役)
殺伐とした、戦闘行為の向こう側、東京でネット新聞編集長の斉藤由貴さんと、のんきな日常を演じました。短い撮影期間でしたが、楽しく演じさせていただきました。斉藤由貴さんとおにぎりを取り合ったのはいい思い出です。

深川麻衣(コンビニエンスストア アルバイト:森山しおり役)
この作品から投げかけられるたくさんのメッセージに、今の日常に当たり前な事などないのだと、物の見方を改めて考えさせていただくきっかけとなりました。このような素敵な作品に、物語の一員として参加させていただけた事を、とても幸せに思います。

土村芳(P-Panel AD :吉岡真奈役)
私は主に斉藤由貴さん・片桐仁さんとの共演だったのですが、お二人は以前から憧れていた方だったので、演技している間ずっと喜びを噛みしめていました。この作品は何が正しいのか、いま自分はどうすべきなのかを考えさせられる映画だと思うので、観終わった後ぜひ自分の中で感じて、考えて、ゆっくり咀嚼して頂ければと思います。

映画情報どっとこむ ralph 長期連載が続く原作漫画を24時間のドラマとして描く

映画『空母いぶき

は、2019年全国超拡大ロードショー!

HP: 
kuboibuki.jp

<ストーリー>
世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。
空がうっすらと白み始めた午前6時23分。
この後日本は、かつて経験したことのない一日を迎えることになる―。


***********************************

原作・監修】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)

西島秀俊、佐々木蔵之介、高島政宏、玉木宏、藤竜也、佐藤浩市
本田翼、中井貴一、斉藤由貴、小倉久寛、深川麻衣、片桐仁、土村芳

【企画】福井晴敏
【脚本】伊藤和典、長谷川康夫
【音楽】岩代太郎
【監督】若松節朗
【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 
    


『土竜の唄 香港狂騒曲』WEBアプリ『MOGあわせ』配信スタート


映画情報どっとこむ TJ 香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上にミッション絶対インポッシブルな任務に挑む『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日(金・祝)に全国公開となります!。

映画続編公開記念としてWEBゲームコンテンツ「MOGあわせ」が配信をスタートしました!

%e3%82%82%e3%81%90%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%bb%e9%9d%a2
内容としては、カードゲーム~もぐあわせ~と称したトランプの神経衰弱ゲームをWEB上で遊べるというもの。

1日3回までプレイ可能で、ゲームの結果によって獲得できるポイント(モグコイン)が変動。このポイントを貯めていき、上位者には12/19(月)に都内某所で行われる公開直前イベントへの招待枠や、非売品スタッフTシャツなどレアなプレゼントが当たるチャンス!更に、ゲームで貯めたポイント(モグコイン)を使用して、12/5(月)に行われるバトルプレミアイベントの勝敗を予想することが出来ます。見事予想が的中すると、ポイントが10倍以上にもなるチャンスで、あとからゲームを始めたユーザーも十分上位を狙えるシステムになっています。

映画情報どっとこむ TJ なんといってもカードゲームで使用している原作者・高橋のぼる氏の描き下ろしカードはファンにとっては必見!
%e3%82%82%e3%81%90%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%bb%e9%9d%a201
主人公・菊川玲二と、玲二が潜入する広域指定暴力団・数寄矢会の会長を務める轟周宝のカードは特別ルールが設定されていたりと、ファンのみならず幅広く“モグラワールド”を堪能できるお楽しみな仕掛けが散りばめられています。前回、髙橋のぼる氏が本作の本ビジュアルを描き下ろした際に、「公開に向けて、私の魂もお祭り騒ぎです!」と語ったように、実写映画×原作漫画の強力タッグは公開までボルテージMAXでお届け!

「MOGあわせ」概要
配信期間 11/18(金)~公開後までを予定

推奨環境
【PC】
[Windows] Internet Explorer 9.0以降、Google Chrome 48.0以降、Mozilla Firefox 44.0以降
[Macintosh] Safari 9.0以降、Google Chrome 48.0以降、Mozilla Firefox 44.0以降

【スマホ】%e3%82%82%e3%81%90%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%bb%e9%9d%a202 [iPhone,iPad](OS) iOS 8.0 以降
(ブラウザ) OS標準ブラウザ
[Android](OS) Android 4.2 以降
(ブラウザ) OS標準ブラウザ

■URL www.mog-awase.com

映画情報どっとこむ TJ %e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f生田斗真を中心に前作から引き続き仲里依紗、上地雄輔、堤真一も本作で大暴れし、さらに今作からの新キャストとして、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒が加わり、まさに絢爛豪華なキャスト達が「モグラワールド」を彩ります。スリル!コーフン!アクション!お色気!すべてにおいて前作を凌駕した超ハイテンションムービー!

真冬の寒さもぶっ飛ばす、クリスマスとお正月が一緒に来たようなハイテンションムービー『土竜の唄 香港狂騒曲』に引き続きご期待ください!

土竜の唄 香港狂騒曲

12月23日(金・祝)全国東宝系ロードショー

公式サイト:mogura-movie.com

***********************************

原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:三池崇史  
脚本:宮藤官九郎 
音楽:遠藤浩二
出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 上地雄輔 仲 里依紗 堤 真一 ほか

製作:フジテレビジョン 
制作プロダクション:OLM 
制作協力:楽映舎 配給:東宝
©2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM ©高橋のぼる・小学館
    


久松郁実 セクシー過ぎるチャイナドレスで参戦!『土竜の唄 香港狂騒曲』


映画情報どっとこむ TJ 原作である超大ヒットコミック「土竜の唄」(高橋のぼる/週刊ビッグコミックスピリッツ連載中)でも絶大な人気を誇る【チャイニーズマフィア編】。香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上にミッション絶対インポッシブルな任務に挑む『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日(金・祝)に全国公開となります。
%e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f 生田斗真を中心に前作から引き続き仲里依紗、上地雄輔、堤真一も本作で大暴れし、さらに今作からの新キャストとして、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒が加わり、まさに絢爛豪華なキャスト達が「モグラワールド」を彩ります。スリル!コーフン!アクション!お色気!すべてにおいて前作を凌駕した超ハイテンションムービーに大注目です!

そしてこの度、発表された追加キャスト。自身の写真集やDVDが軒並み完売となることを称され「完売ガール」という異名を欲しいままにする、モデルで女優の久松郁実が本作に出演していることが解禁されました!

下を穿き忘れてます!?

映画情報どっとこむ TJ 久松が出演しているシーンは、本作最大の見せ場である香港の高級美女オークション会場。

轟迦蓮(本田翼)のボディーガードという任務中の菊川玲二(生田斗真)だったが、チャイニーズマフィア・仙骨竜により迦蓮が香港へと攫われてしまいます。助けに向かった玲二が行き着いた先は、人身売買が行われる香港の高級美女オークション会場…この会場に、久松演じる中国人・チーリンの姿が!
%e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f%e4%b9%85%e6%9d%be%e9%83%81%e5%ae%9f_%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3 久松は人身売買の被害者という自身にとっても初めての役どころ。グラビアクイーンならでは、足を全面的に見せつける蠱惑的なチャイナ服で、値踏みをする富豪たちの卑しい視線に耐える難しい役を体当たりで好演しました!役どころ、とはいえ久松のフェロモン全開のビジュアルは、まさに本作の世界観を十二分に表現しているファンタスティックな衣装。この度の発表に伴い、「モグラワールド」を押し出すため、横浜中華街で役衣装を身に着け改めて撮影。久しぶりに衣装を身にまとった久松は撮影時を思い出しながら意気揚々と撮影に臨みました。

映画情報どっとこむ TJ 久松郁実さんからのコメントです!

%e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f%e4%b9%85%e6%9d%be%e9%83%81%e5%ae%9f_%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e5%bd%b93人身売買オークションにかけられる中国人の女性「チーリン」役を演じさせて頂きました。
もともと「土竜の唄」の映画の大ファンで、前作は3回観ていたので、出演が決まった時はとても嬉しかったです。
そして、初めて中国人の役でセリフも中国語だったので不安もありましたが、精一杯がんばろうと思いました。撮影中、実際に体験したことのない恐怖、絶望をどう表現していくのかを自分なりに考え、三池監督にご指導頂きながら演じていました。自分自身演じたことのない役に苦戦しましたが全力でぶつかっていけて、とても楽しい撮影期間でした。前作よりもパワーアップし、どのシーンも見逃せない、とてもハラハラドキドキする作品だと思います。
わたしも活躍シーンがあるので是非楽しみにしていて下さい。

映画情報どっとこむ TJ 「週刊ビッグコミックスピリッツ」1号(12月5日発売)にて、 久松が役衣装を着てグラビアページに登場!!

真冬の寒さもぶっ飛ばす、クリスマスとお正月が一緒に来たようなハイテンションムービー

『土竜の唄 香港狂騒曲』

12.23(金・祝)全国東宝系ロードショー

公式サイト :http://mogura-movie.com/


***********************************

原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)

監督:三池崇史  
脚本:宮藤官九郎 
音楽:遠藤浩二
出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 / 上地雄輔 仲 里依紗 / 堤 真一 ほか
製作:フジテレビジョン 
制作プロダクション:OLM 
制作協力:楽映舎 
配給:東宝
©2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM ©高橋のぼる・小学館
    


原作・高橋のぼる先生が映画『土竜の唄』 続編へポスター描き下ろし


映画情報どっとこむ ralph 2014年2月に公開された『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』がパワーアップして帰ってきます!

今作は、原作である超大ヒットコミック「土竜の唄」(高橋のぼる/週刊ビッグコミックスピリッツ連載中)でも絶大な人気を誇る【チャイニーズマフィア編】。

香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上にミッション絶対インポッシブルな任務に挑む『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日(金・祝)に全国公開となります。
映画は実写です。
生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒
上地雄輔 仲 里依紗 堤 真一ら出演の実写映画です。

前作に引き続き監督:三池崇史x脚本:宮藤官九郎! 
主演を務める生田斗真とともに、強烈なインパクトを残した、仲里依紗、上地雄輔、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一、堤真一も続投が決定!

また、今作からの新キャストとして、玲二を追うエリート警察官・兜真矢役に瑛太。玲二の最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝の愛娘であり奇跡の処女・轟迦蓮役に本田翼。キレると手がつけられないはぐれヤクザ・桜罵百治役に古田新太。チャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂(フーフォン)役に菜々緒が出演決定!スリル!コーフン!アクション!お色気!すべてにおいて前作を凌駕した超ハイテンションムービーが再び暴れ出します!


本ビジュアルには主人公・菊川玲二を演じる生田斗真を中心に警察・ヤクザの主要キャストが勢ぞろい。眼前を睨み付ける虎の迫力も猛々しいビジュアルは必見です!そんな本ビジュアルに感銘を受け、なんと原作者である高橋のぼる先生が写し画となるアンサービジュアルを描き下ろしです!

ハイテンションムービー『土竜の唄 香港狂騒曲』!

12月23日(金・祝)公開です! *実写です!

公式サイト:
http://mogura-movie.com/

***********************************

原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:三池崇史  
脚本:宮藤官九郎 
音楽:遠藤浩二
出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 上地雄輔 仲 里依紗 堤 真一 ほか

製作:フジテレビジョン 
制作プロダクション:OLM 
制作協力:楽映舎 
配給:東宝
©2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM
©高橋のぼる・小学館
   


本田翼、山本美月、稲垣吾郎らの闇とは!?『少女』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ヨル(夜)の綱渡り。
17歳という年代を生きる少女たちは、暗闇のなかで綱渡りをしているような、そんな危うい毎日を生きている。映画『少女』は、湊かなえ(原作)×主演・本田翼、山本美月×監督・三島有紀子=4人の“女性たち”が仕掛ける、“死”にまつわる禁断の世界を描いた長編ミステリーです。
%e3%80%8e%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6 そして、ついに迎えた本日10月8日(土)公開初日を迎え、主演の本田翼さん、山本美月さんをはじめ、稲垣吾郎さん、佐藤玲さん、児嶋一哉さん、三島有紀子監督、原作の湊かなえ先生の総勢7名による初日舞台挨拶が行われました。

『少女』初日舞台挨拶
日付:10月8日(土)  
場所:新宿バルト9 シアター9
登壇:本田翼、山本美月、稲垣吾郎、佐藤玲、児嶋一哉、三島有紀子監督、湊かなえ(原作)

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後の舞台挨拶にキャスト陣が登壇すると声援と拍手の渦に。大盛り上がりの中、イベントはスタート。

映画鑑賞後の興奮冷めやらぬ観客に本田さんをはじめとするご登壇の皆さんに、無事に初日を迎えた気持ち・・・そして、自分の中の闇とは。

まずはご挨拶から・・・

本田さん:無事初日を迎えられてとても嬉しいです!キャンペーンでは、皆さん温かく迎え入れて下さったこともすごく良い思い出になっています。

山本さん:今日、無事初日を迎えて嬉しい反面、私達の手から離れてお客様の元に行くのが寂しい気持ちもあります。キャンペーンでは、地元の福岡を訪れ、学校で舞台挨拶をさせて頂いたんですが、後輩の子たちから「美月先輩、おかえりなさい」と言って頂けたことがすごくうれしかったです!ちなみに、私の母校は登下校時は必ず一礼、スカートの丈はひざ下10cmなどと校則が厳しい学校だったので、今回映画に出てきた学校と似ているんですよね。

稲垣さん:生きていく中で誰もが抱える闇や心の傷に寄り添う好きな作品となりました。皆様も気に入ってもらえて2回3回と観に来てもらえればうれしいです。

佐藤さん:こんなに沢山の人に観て頂け嬉しいです。

児嶋さん:(登場するやいなや)児嶋だよ!(笑) 僕がこの場にいるのは場違いに見えるかもしれませんが、初日を迎えることができとても嬉しいです。

三島監督:この映画は皆様の闇を開くかもしれませんが、寄り添い、その先を見つめて頂けたらと思います。

湊先生:「人が死ぬところを見たい」というこの映画のテーマは、後にも先にもこの映画だけだと思います。ハッピーエンドかバッドエンドか、皆さまそれぞれ感じ方は違うと思いますが、今回、素晴らしいキャスト・スタッフの皆様に映画と言う形にして頂け、とてもうれしく思っています。

映画情報どっとこむ ralph 久しぶりに再会した稲垣さんについて

三島監督:10代の方には共感してもらえたという意見を多く聞き、幅広い世代の方に自分の闇を見つけたと言って頂けました。男性の方にも児嶋さんが扮する自信に満ち溢れた教師役に共感したという声を聞き、特に冤罪で稲垣さんの役にも共感する方が多く、男性の方も心の傷が多いなと感じました。稲垣さんと初めてお会いした時に、稲垣さんは一歩下がられて話されるんですよ。その感じがこの役のイメージにぴったりだと感じました。(稲垣さんもパーソナルスペースは大切です!(笑)と答えました。)なので、演じるときにも他の人と距離を持っていただくことをお願いしました。あと、稲垣さんは体が堅そうだと思い、通勤のシーンは車でなく、自転車での通勤シーンにしました。自転車のこぎ方がぎこちなく、それが逆に良かったです(笑)

稲垣さん:本田さんと山本さんの役は大変な役で、自分が20代なら演じきれないのではないかと思いました。それを演じる2人の集中力が凄かったです!本田さんとは現場が一緒になることも少なかったですが、役柄上、あまり現場では会話はしなかったです。でも今思えばもっと話せば良かった(笑)児嶋さんとは和気藹々としていたんですけどね。(児嶋さんから「現場は一度も一緒ではないです。」とツッコまれ会場は笑いに包まれました。)

本田さん:稲垣さんと挨拶しか出来ていないです。(稲垣さんから「僕は話しかけにくいよね」と言われ)話しかけにくかったです!(笑)

山本さん:後半の泣くシーンは何回もやり直して、何時間もかかってしまいました。でも稲垣さんは嫌な顔をせず、優しく真摯に付き合ってくださって、結果すごく良いシーンが撮ることができました。最後は、嬉しくて本当に泣きそうになっちゃいましたね(笑)

映画情報どっとこむ ralph 自分たちが抱える闇を・・・

本田さん:休みを頂いたのですが、一日中ご飯も食べずにぶっとうしでゲームしていました(笑)

山本さん:3日間休みを頂いたのですが、友達を誘うこともなく、ずっとアニメを見続けてたことですかね…(笑)1クール分すべて見ていました。

稲垣さん:僕は基本、闇ですね(笑)蛍光灯NGなんで、自宅は電気もほぼ付けず、間接照明とろうそくで闇のような場所で過ごしています。

児嶋さん:自分が出た番組のウケたところを何回も観て笑っていない人がいたら次会った時にそれを思い出し心から笑えない自分がいます(笑)

佐藤さん:私の家は子犬を飼えないので、1週間だけ祖母の家で預かったんですが、今はもうその子犬が忘れられず2週間程、子犬の夢を毎日見続けています。その寂しさを何で埋めたらいいですかね…(笑)

湊先生:以前、私の小説を読んでくれた人が、お会いした時に「本当によかったです」とおっしゃって頂いたんです。あるとき、その方のブログを発見して読んだら、めっちゃ、悪口が書いてあったんです(笑) その方が、もしこの映画を観て、ブログにどう書くのか楽しみです(笑)

三島監督:今回、高校生がおじさんを土下座しているのを、携帯の写メで撮るというシーンがあるのですが、それは実は、私の友人のことなんです。友人の場合は、サギではなくて、本当に痴漢に合って、それで「土下座させてやりました」っていうことなんですが、それを、自分の映画でネタにしてしまう、というのが、私の<闇>です。

と闇が明かされました・・・あなたのそっとかかえる闇は何?

映画『少女』大ヒット上映中!
少女ポスター 公式サイト:
www.shoujo.jp

自分自身に向ける「死にたい」という想い、他者に向ける「死ねばいいのに」という想い。

死というものが何なのか分からないからこそ、少女たちは死に興味を持つ。女子校のなかに潜む闇、そこで生きる2人の少女が抱える闇、物語が進むにつれて点と点がつながっていく。そして“死”というキーワードによって導き出される結末には一体、何があるのか? ヨルの綱渡りの先にあるものとは……。

***********************************

原作:湊かなえ『少女』(双葉文庫)
監督:三島有紀子(『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』)
出演:本田翼、山本美月、真剣佑 佐藤玲 児嶋一哉 / 稲垣吾郎

配給・宣伝:東映
(C)2016「少女」製作委員会