「本広克行監督」タグアーカイブ

『亜人』Blu-ray・DVDの豪華版に収録メイキング映像を一部特別公開


映画情報どっとこむ ralph 「踊る大捜査線」シリーズ、「SP」、「PSYCHO-PASS」など、数々の大ヒット作品のメガホンをとり、王道エンターテインメントの可能性を切り開いてきた本広克行監督とその類まれなる身体能力で不可能と呼ばれてきた数々のアクションを成立させてきた佐藤 健というタッグが送る誰も見たことがない、壮絶な新感覚アクション大作映画『亜人』のBlu-ray&DVDが4月18日(水)に発売となります。

Blu-ray&DVD豪華版の特典ディスクには、佐藤 健、綾野 剛、城田 優、川栄李奈、本広克行監督といった豪華な面々が集結したビジュアルコメンタリーが収録されるほか、貴重なメイキング映像やイベント映像集などここでしか見ることができない特典映像が満載です。

この度、Blu-ray&DVDリリースに先駆けて、Blu-rayおよびDVDの豪華版に収録されるメイキング映像を一部特別公開です!



映画情報どっとこむ ralph ある日突然“亜人”である事が発覚し、国家から狙われる逃亡者となってしまった 主人公<永井 圭>役を演じた佐藤は、撮影初日を終えて、「いよいよ始まった なという感じです。しっかりと準備をすることができたので、あとは僕たちがやるだけ。 なんとかいい作品に仕上げたいですね」と意気込みを語る。一方、永井と死闘を 繰り広げる「最強・最恐・最凶」な不死身のテロリスト<佐藤>役を演じる綾野は、 「なかなか難しい役どころだなと改めて<佐藤>の偉大さというか大きさにねじ伏せられそうな感じがしています」と恐縮している様子。それでも綾野は「みなさんの 協力を得て、なんとかなっています」と笑顔をのぞかせた。 「首を切ったり、高いところから飛び降りたり、死なないからこそ、できることしかない アクション」と佐藤が語るように、本作では絶対に死なない“亜人”同士の終わら ない【エンドレス・リピート・バトル】が繰り広げられる。高いところから飛び降りる シーンでは、佐藤自らがワイヤーアクションを担当し、華麗なアクションを披露。 ワイヤーアクションでは、躍動感あるアクションを撮影するため、カメラマンが佐藤の動きにあわせて後ろ向きに建物から飛び降りるというアクロバティックな撮影方法が 取られていたことも明らかになっている。撮影を終えると、本作でアクション監督を 担当している大内貴仁は、佐藤のワイヤーアクションを「これは本人がやっている ことはあんまりないですよ」と絶賛。類まれなる身体能力を持つ佐藤とスタッフの阿吽の呼吸によって本作の迫力あるアクションが撮影されていることが映像から見て取れる。


続けて、映像的な説得力を自身の肉体によって持たせるべく、筋肉のパンプアップを行ったという綾野は「ベンチプレスやダンベルとかを 使って、奥底にあるものを引き起こす」とコメント。そんな綾野を本広監督は「彼があそこまで追い込んで、一生懸命やるから、全 スタッフ・全キャストに余波がいっていますね」と絶賛している。

映画情報どっとこむ ralph
亜人

4月18日(水) Blu-ray&DVD発売
Blu-ray&DVD 好評レンタル中

■Blu-ray豪華版 6,800円+税
■DVD豪華版 5,800円+税
■DVD通常版 3,800円+税

発売元:東宝・講談社 販売元:東宝
(c) 2017映画「亜人」製作委員会 (c)桜井画門/講談社
***********************************


“IBM”撮影の舞台裏に佐藤 健&綾野 剛らがビジュアルコメンタリーで大爆笑!映画『亜人』Blu-ray&DVD、4月18日(水)発売!


映画情報どっとこむ ralph 「踊る大捜査線」シリーズ、「SP」、「PSYCHO-PASS」など、数々の大ヒット作品のメガホンをとり、王道エンターテインメントの可能性を切り開いてきた本広克行監督とその類まれなる身体能力で不可能と呼ばれてきた数々のアクションを成立させてきた佐藤 健というタッグが送る誰も見たことがない、壮絶な新感覚アクション大作映画『亜人』のBlu-ray&DVDが4月18日(水)に発売となります。
Blu-ray&DVD豪華版の特典ディスクには、佐藤健、綾野剛、城田優、川栄李奈、本広克行監督といった豪華な面々が集結したビジュアルコメンタリーが収録されるほか、貴重なメイキング映像やイベント映像集などここでしか見ることができない特典映像が満載です。

この度、Blu-ray&DVD豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーを一部特別公開します!

URL:

映画情報どっとこむ ralph
『亜人』
4月18日(水)Blu-ray&DVD発売
Blu-ray&DVD 好評レンタル中

■Blu-ray豪華版 6,800円+税

■DVD豪華版 5,800円+税
■DVD通常版 3,800円+税

発売元:東宝・講談社
販売元:東宝
(c) 2017映画「亜人」製作委員会 (c)桜井画門/講談社
***********************************



福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝 らが好きなキャラを発表!「曇天に笑う」完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 昼間には東京・増上寺で大ヒット祈願とプレミアイベント“曇天祭り”が行われ900名のファンの前でトークとおひねり投げが行われ(記事はこちら

続いて同日夜に、舞台を丸の内ピカデリーに移して完成披露試写会。
上映前には福士蒼汰さん、中山優馬さん、古川雄輝さん、桐山漣さん、大東駿介さん、小関裕太さん、市川知宏さん、若山耀人さん、本広克行監督が登壇して上映前舞台挨拶が行われました。

日時:1月29日(月)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、若山耀人、本広克行監督

映画情報どっとこむ ralph
福士さん:天火は明るく笑顔が多い役。みなさんにも笑顔になって見てもらえたら嬉しい!

とスマイル全開でコメント。女性客の黄色い悲鳴が鳴りやまぬ会場を見た本広監督は、

本広監督:この映画のターゲットは女性だと思って作ったけど、今日はほとんど女性ですね。

とさっそく手ごたえを感じていた様子。

今回のオファーをもらって
福士さん:自分が大きい男を担えるか、不安は大きかったです。天火は懐が深いんです。でも自分自身はないので、自分が出来る事、笑顔で人と接すること。これは現場で笑顔でいるようにしました。

と、不安をかき消すためにも笑顔を続けたそう。本作で「座長」務めた福士に対する印象を聞かれると、

中山さん:福士さんとは同じ年で(観客:エーッツ!)。最初兄役どうだろうと。でも現場で積極的に話しかけて皆を繋げる役割をしてくれたので、自分に兄貴がいたらこんな感じかなと思いました。

すぐに兄弟役に集中できたことを告白。同じく弟役の若山くんも
若山君:福士さんは僕を引っ張ってくれて、強くて、身長が高くてイケメンで、今でもずっと大好き。(福士と中山と)かっこいいお兄ちゃんが二人もいて幸せです!

と目を輝かせ話す姿に、会場からはカワイイ!!!の声が多数。そんな純粋さが際立つ最年少の若山さんは撮影現場でも全キャストからかわいがられていたようで、

福士さん:(この中で)誰が一番好きなの?監督以外で!

と無茶ぶり!悩んだ末に

若山さん:福士さんで
と答えると、福士は満面の笑みを浮かべ、他キャストは残念そうな顔を見せ、会場からは大きな笑いが沸き起こった。

映画情報どっとこむ ralph 続いて映画の見どころに話題に変わり
古川さん:ヤマイヌで一番強い役なので、アクションが初めてとはいえ強く見えるように意識しましたので、強そうに見えていたらと思っています。それから原作があるので漫画も何度も読み返して演じました。

とその役作りを明かしました。続いて
大東さん:映画冒頭の「お祭りのシーン」。自分が出演している作品は客観的に見えないけど、このシーンを見たら一瞬でお客さんになった!どうやって撮ったんだろうって思いますよ!

とその迫力あふれる映像を絶賛。
小関さん:見どころは武器!ぼくは2丁拳銃、ヤマイヌは武器や戦い方にも其々個性がある戦い方をしています。でも全体を見た時に全員でヤマイヌだし、全体通して見た時にかっこよくて憧れます、自分が小さい頃に見たかった作品です。特に素手で戦っていた加地さんは大変だったと思います。

と熱い思いを吐露するとともにこの場にいない加地さんも紹介する仲間思いの小関さん。

一方、昼間もいじられキャラだった石川さんは
市川さん:ヤマイヌの登場の仕方やタイミングがかっこいい!

と回答するも、

本広監督:市川は登場する全カットで立ち位置を探してるよね。

とまさかの暴露!?思わぬ“見どころ”の登場に、会場も大盛り上がり!

監督は、本作の注目ポイントを
本広監督:萌え。軍隊萌え、制服萌え、いろんな“萌え”を凝縮させているから、各々で見つけてほしい!

とそのこだわりを熱弁した。

映画情報どっとこむ ralph 次のトークテーマは、「自分が女性だったら、登場人物の誰に惚れるか」。

福士さんが選んだのは、桐山さん演じる金城白子。

福士さん:やっぱり優しい人が好き。白子の支えてくれる感じが素敵。

とキャラクターへの思いを語った。

中山さん:(大東演じる)鷹峯誠一郎。見るからに強い感じに惚れる。
古川さん:(福士演じる)曇天火。笑顔が素敵なので。

そして桐山さんも天火を挙げながら、
桐山さん:カップル成立?天火は明るく前向きな言葉をくれるのでそこに引き寄せられるし、男も女も明るい人がいいですよね!

と見解を述べた。

大東さんは、同日昼に行われた“曇天祭り”で若山さんに「現場で一番優しかったお兄ちゃん」に選ばれなかったことを受け、
大東さん:(若山演じる)曇宙太郎!選ばれなくて本当にがっかりしたんですよ!だから自らアプローチ。

小関さん:(中山演じる)曇空丸。ハングリー精神が好きです。
として、ストイックに強さを追い求める姿を称賛した。

市川さん:(東山紀之演じる)岩倉具視さん!

とまさかの登壇者以外のキャラクターを指名。

市川さん:権力者が好きなんで(笑)東山さんがかっこいいし色気も凄い!

と、理由を語った。そんなキャスト陣を

監督:結局いちゃついてるよなあ。ここは市川くんって言うしかないよね!役とかじゃない、立ち位置を探す市川くん!

の回答で会場は爆笑に。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・
福士さん:この映画は、出演者やスタッフが全身全霊で、命がけで作った作品です。かっこいい男たちがたくさん出ていて、胸熱な映画だと思うので、皆さんも胸が熱くなって、最後は笑顔で帰ってください。

本広監督:2年ぐらいかけてみんなで苦しんで一生懸命作った作品。最後にサカナクションの主題歌『陽炎』がかかりますが、これは『シネマバージョン』といって映画館でしか聞けない編集になっているので、そこも楽しんでください!

と舞台挨拶をしめました。

曇天に笑う
3月21日(水・祝)全国ロードショー
donten-movie.jp

***********************************

出演:福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人、池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太/東山紀之

原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝

監督:本広克行
脚本:高橋悠也
音楽:菅野祐悟

主題歌:「陽炎」サカナクション(NF Records/ビクターエンタテインメント)

©︎映画『曇天に笑う』製作委員会 ©︎唐々煙/マックガーデン


福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝ら着物姿で曇天祭りプレミアイベント『曇天に笑う』


映画情報どっとこむ ralph 本広克行作品監督映画『曇天に笑う』が3月21日に拡大ロードショーとなります。

この度、公開に先駆け増上寺大殿内にて主演の福士蒼汰を始め、中山優馬、古川雄輝、桐山漣ほか総勢8名の豪華キャストと監督が集結し、プレミアイベント曇天祭りを行いました。

完成披露イベントでは、にて、本編の冒頭にも登場する和太鼓バンドGOCOOによるド派手な和太鼓パフォーマンスとともに曇印の特製山車に乗り和装を纏ったキャスト陣が境内へ豪快に登場!晴れを曇り空にする“曇天祭り”が行われました!

『曇天に笑う』 “曇天祭り”プレミアイベント
日時:1月29日(月)
場所:浄土宗 大本山 増上寺
登壇:福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、若山耀人、加治将樹、本広克行監督

本編の冒頭にも登場する和太鼓バンドGOCOOによるド派手な和太鼓パフォーマンス
とともに曇印の特製山車に乗り和装を纏ったキャスト陣が境内へ豪快に登場!おひねりを集まった900人のファンに向けて投げ入れるサービスからイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 福士さん:皆さん!今日は!!!天気は晴天でも曇天でもない、みんなの笑顔で生転移しましょう!噺家さん風な監督ですが・・・

本広監督:イケメンがいっぱい見れていいですね♥
と、2.5次元的な男子たちに嬉しそうな監督。


話は戦闘・アクションシーンに、主演の福士さんの接近戦は見もの。
福士さん:鉄扇での戦いはカリと言う武道をやっているので大丈夫でしたが、下駄は大変でしたね。大きな怪我はなかったと思っています。

と言う、福士さんの足の骨にひびが入っていたそう。それでもアクションはそのまま続行。どうやら福士さんの中ではヒビはケガに入らないらしい。

そして、3兄弟役の福士さん、中山さん、若山さんですが実は男兄弟のいない3人。でも、

中山さん:兄弟らしさを福士君が長身でイケメンやし。最初に会ったときにアニキ!って思いました。弟は可愛いしね。男兄弟いたらこんな感じかなと。

福士さん:優馬と耀人がすでに弟として現場にいてくれていたので、お兄さんにしてもらった感じでした。

と、語ります。

映画情報どっとこむ ralph するとMCは弟役の若山くんに、正直現場で一番優しかったのは・・と、ちょっと意地悪な質問!
これにはキャスト一同、自分では?とハラハラな面持ちでしたが・・・
若山くん:・・・・兄弟とか山犬の皆さんとかではなくて・・一番は本広お兄さん!

と大人の回答!「お兄さんたち無駄にドキドキ。」「社会の生き方を覚えたね?」と悔しがる面々に会場も大笑い。

本作で母親的な立場の桐山さんもかなり悔しそう。
桐山さん:役柄的にも3人と近いので、3人は映画まんまですね。僕、輝人に選ばれると思ってました。怖いから一緒にお風呂入って。一緒に入って兄弟の契り交わしたのに。でも、いい思い出です。

映画情報どっとこむ ralph 男だらけの現場に関しては、

福士さん:この映画のヒロインは優馬だと思っているので。

山中さん:そうよ!(女性らしい声で返答)

古川さん:男だらけなんで、ワイワイやってましたね。市川君がちょいちょいNGを出して、話題を作ってくれるんです。

市川さん:生まれつき、一生懸命やってもミスが多いタイプなんです。ムードメーカーになってたんですね。今知りました嬉しいです。

と言う市川さんは周りからお茶目に見えるらしい。


撮影現場では洞窟の中が多かったそうで、
大東さん:撮影は楽しかったですね。休みの日もみんな一緒で、携帯の電波も入らなくて、ひたすらUNOでコミュニケーション。輝人がUNO初めてで、映画の撮影の後に、UNOの大会で優勝したんですって!師匠としては感動しました。
輝人さん:師匠だったんです。
小関さん:真夏なのに洞窟の中は寒くて、外に出ると暑くて。寒暖差は大変でした。

と、小関さんは笑顔で撮影の大変さを明かしました。

加地さん:なぞかけ大会やってたね。覚えてないけど。

映画情報どっとこむ ralph これがあれば元気になれるものを問われると

福士さん:家族の笑顔。特にお母さんの。

中山さん:ワンちゃんが好き。ベッドからなかなか出てこない。

若山さん:欲しいものを好きな買って、好きなことを好きなだけやると。

誕生日の時は、お兄ちゃん達がいろいろプレゼントしてくれたそう。

桐山さん:犬、猫、動画を見て癒されています。ピコピコ見てます

古川さん:僕も猫。

大東さん:音楽。今、GOCOOさんのサカナクションが好きなので。

小関さん:食パンですね。

市川さん:カタオ、体ほぐすのが好きで。笑顔になります。

加地さん:プリン。甘いもの食べられなかったのですが、差し入れのプリンがおいしくて今は抹茶のプリンです。

と、其々の元気の素を明かした後はフォトセッション!

最後に・・・
福士さん:この映画は誇れるスーパーテインメント。明るく元気な作品なので炊く阿讃の人に見ていただきたいです。


プレミア完成披露舞台挨拶につづく

曇天に笑う

3月21日(水・祝)全国公開!
donten-movie.jp

物語・・・

明治維新後の滋賀県・琵琶湖畔。代々その土地を守る曇神社を継ぐ曇家の長男・天火(福士蒼汰)は、武 芸に秀で豪快で明るく、村人にも愛されるカリスマ兄貴であった。次男の空丸(中山優馬)、三男の宙太郎(若山耀人) と共に、皆が笑って過ごせることを願い、町を守っていた。300年に一度曇天が続くとき、この国に災いをもたらす巨大 な力を持つ大蛇(オロチ)が復活すると言われ、世の中が乱れ始めた時、三兄弟は平和を守るために立ち上がる。

一方、 明治政府の精鋭部隊・犲(やまいぬ)のリーダー・安倍蒼世(古川雄輝)ら隊員たちや、曇家に居候する天火の親友・金 城白子(桐山漣)らも、人に宿って甦るという大蛇(オロチ)を見つけ出し、封印しようとしていた。しかし、大蛇の力 を手に入れ政府転覆を企てる最強の忍者集団・風魔一族が、曇天三兄弟の前に立ちはだかる。 大蛇は誰の元に現れるのか?天火はこの国を、皆の笑顔を守ることができるのか―?!


***********************************

出演:福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人 池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太/東山紀之

原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝

監督:本広克行
脚本:高橋悠也
音楽:菅野祐悟
主題歌:「陽炎」サカナクション(NF Records/ビクターエンタテインメント)
©2018映画「曇天に笑う」製作委員会 ©唐々煙/マッグガーデン
  


『亜人』佐藤健で実写映画化決定!佐藤健・本広監督コメント!


映画情報どっとこむ TJ 2012年より『good!アフタヌーン』で連載されるや否や、“殺しても死なない”“何度でも命をリセットできる”というセンセーショナルな設定の面白さが受け、20代後半~30代前半男性を中心に、目の肥えた漫画好きを唸らせた気鋭・桜井画門による漫画「亜人」。

この度、漫画実写映画化として大ヒットを記録した『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と、『踊る大捜査線』シリーズで日本映画の可能性を切り開いてきた本広克行監督を迎え、エンタメ衝撃作として、実写映画化。大ヒットメーカー同士の初タッグを組みます!

%e5%8e%9f%e4%bd%9c%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%8c%e4%ba%9c%e4%ba%ba%e3%80%8d1%e5%b7%bb%e6%9b%b8%e5%bd%b1【亜人】とは、人間と姿かたちは同じだが“死ぬことがなく”、どれだけ傷ついても、絶命と共に再生を始める死を超越した特殊な能力を持つ新人類です。それまで人間として生きていた主人公は、死の状況に直面し、初めて自分が【亜人】だと知ります。【亜人】という少数派になってしまった主人公は、世界の差別や隔絶を経験しながら「自己」「生きる道」を懸命に模索し、国家権力や同じ種族の【亜人】と戦っていきます。

主人公は、冷徹で合理的な考え方を持ち、危機に瀕した時は他人を犠牲することも厭わない、言わば“ヒーロー拒否”のシニカルなニューヒーロー。佐藤健にしか、この独特な世界観を持つキャラクターを具現化できる俳優はいないと、佐藤の実年齢に合わせた設定変更をしていりそうです。

また、今まで数々の実現不可能なアクションをスクリーンに映し出してきた佐藤だからこそできる新たな不死身アクションも必見となります。

さらに【亜人】が分身として操る“IBM(インビジブル・ブラック・マター)”と呼ばれる黒い物体の存在はどのように表現されるのか?気になるところです。

映画情報どっとこむ TJ 佐藤健さんと本広監督からコメントが届きましたのでご紹介です!

佐藤健さん(主人公・永井圭役)からのコメント

%e4%bd%90%e8%97%a4%e5%81%a5_%e5%86%99%e7%9c%9f漫画原作の実写化は今もなお賛否両論あるものの、もはや今の時代を象徴しているようなところもあり、避けては通れないものだと感じています。それに成功例があることも事実で、それを目指して多くの映画人たちは、何か良い原作はないものかと様々な漫画を読み漁っているというのが今の業界の実状です。
もちろん、僕もその内のひとりですが、当然のように漫画を映画にするということはとても難しい作業なわけで、この原作を映画化したいと思えるような作品には簡単に出会うことはできません。

二年ほど前に今回のお話をいただき、すぐに原作を読みました。
一読者として楽しませて頂いたのはもちろん、この作品を映画化したいと思いました。
理由は明快で、この「亜人」という原作を映画化する意義がしっかりと見えたからです。
それは、“死なないという特性を利用して、今までにないアクション映画がつくれる“ということです。

絶対に死なない亜人は殺してもすぐに復活するため、捕獲拘束するために麻酔銃などで眠らせようとします。戦闘中腕に刺さった麻酔が全身に巡ることを避けるため自らで麻酔の刺さった腕を切り落としながら、更に自らで自らの頭を銃で撃つ(リセットする)ことで損傷された腕を復活させながら、俳優たちが戦闘している『画』が見えました。

『るろうに剣心』のときにお世話になったアクションチームのみなさんと久しぶりに再会し、これからの撮影に向けて、今は日々アクションを練っている段階です。まだクランクイン前ですが、これは上手くいけば相当極上なエンターテインメント作品に仕上がるのではないかと手応えを感じております。
楽しみに待っていて頂いて大丈夫かと。よろしくお願いします。

映画情報どっとこむ TJ 本広克行監督からのコメント

原作を読んだ時は、とにかく“殺しても死なない”という今までにありそうでなかった設定が衝撃的でしたが、日本映画でそんなスケールの大きな話が撮れるのかと悩みました。

%e6%9c%ac%e5%ba%83%e5%85%8b%e8%a1%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3しかし、今まで普通に生きてきた男が大きな運命に巻き込まれ、何も分からないまま絶対的な敵と戦うことになるというストーリーの本質は、自分が関わってきた『踊る大捜査線』『SP』『PSYCHO-PASS サイコパス』の世界観にも通じるなと感じ、今回挑戦することになりました。

佐藤さんはずっとご一緒したいと思っていた役者の一人で、クールで達観したように見えて、実は熱いものを芯に秘めている感じが、本作の主人公にぴったりだと制作陣と満場一致で決定しました。『るろうに剣心』で魅せた身のこなしも、アクションが肝の今作で現場を引っ張ってくれる存在になるのではと期待しています。

その他のキャストも、原作のキャラクターの本質、世界観を一緒に積み上げてくれる方にお願いしました。“絶対に死なない男のアクション”を追求して、皆さんに驚いてもらえるような、アクションの枠を超えた世界初の映像体験をお届けしたいと思っています!
これからの撮影が楽しみです。

映画情報どっとこむ TJ %e5%8e%9f%e4%bd%9c%e4%b8%bb%e4%ba%ba%e5%85%ac%e3%83%bb%e6%b0%b8%e4%ba%95%e5%9c%ad%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e7%94%bb%e5%83%8fストーリー
2017年東京、研修医・永井圭(ながい・けい)は、ある日、トラックと衝突し、死亡。しかし直後
に肉体が回復し、生き返ってしまう。不死身の新人類【亜人】と発覚した圭は、懸賞金目当ての周囲の人間や警察に追われ、亜人研究施設に監禁され、非人道的なモルモットにされる。そんな圭に“帽子”と呼ばれる、圭と同じく【亜人】のテロリスト・佐藤が助けの手を差し伸べる。しかし、国家転覆を図り、大量虐殺を繰り返す佐藤に、加担できない圭。そんな圭に気づき、佐藤の怒りの矛先は圭に向かっていく。戦いたくない最弱の【亜人】vs最強最悪の【亜人】。佐藤を止めるため、圭は走り出す。

2017年全国東宝系にて公開!!

***********************************

作品概況
撮影予定 :2016年11月~
完成予定 :2017年夏
公開時期 :2017年全国公開
配給   :東宝
Ⓒ2017映画「亜人」製作委員会 Ⓒ桜井画門/講談社