「未来のミライ」タグアーカイブ

快挙!『未来のミライ』が第46回アニー賞の長編インディペンデント作品賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 細田守監督の最新作『未来のミライ』。
甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹〝ミライちゃん“が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語が、この度、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞の各部門の受賞作品が発表され、長編インディペンデント作品賞を受賞しました。
長編インディペンデント作品賞を受賞したのは、日本人監督作品として初の快挙となります。

アメリカのロサンゼルスで開催された授賞式に参加したスタジオ地図・細田守監督。喜びのコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 細田守監督 コメント

名前を呼ばれたときに驚きましたが、本当に嬉しかったです。

この映画は私の子供をモデルにしたプライベートな作品なんですが、こんなに小さな作品が世界を網羅する大きな賞をいただき、世界中の人と手をつなぐことができた、気持ちが通じ合えたということに、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

日本のとある普通の家族の話が、いろんな国の人たちに届き、観ていただけたということを光栄に思います。『未来のミライ』を観てくださった人たち、スタジオ地図のみんな、そして奥さんと子どもたちに感謝しています。

どうもありがとう。
映画情報どっとこむ ralph 『未来のミライ』
Blu-ray&DVD好評発売&レンタル中!

公式サイト:http://mirai-no-mirai.jp/

■スペシャル・エディション(Blu-ray/本編ディスク+特典映像ディスク)
7,800円+税(2枚組)
■スタンダード・エディション(Blu-ray /本編ディスク)
4,800円+税
■スタンダード・エディション(DVD /本編ディスク)
3,800円+税
発売・販売元:株式会社バップ



【ストーリー】
誰もがみんな“くんちゃん”だった— 
小さな男の子の成長と、過去と未来をつなぐ家族の物語!

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんに、 生まれたばかりの妹がやってきます。妹に両親の愛情を奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん――。 そんな時、くんちゃんは家の庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、 不思議な少女と出会います。彼女は未来からやってきた妹・ミライちゃんでした。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。待ち受ける見たこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母との不思議な体験、 そして父の面影を宿す青年との出会い。 そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは? ミライちゃんがやってきた本当の理由とは——
【キャスト】
上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治
 
【スタッフ】
監督・脚本・原作:細田守
作画監督:青山浩行 秦綾子 美術監督:大森崇 髙松洋平
音楽:高木正勝
オープニングテーマ「ミライのテーマ」
エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図

(C)2018 スタジオ地図

***********************************



第91回アカデミー賞ノミネーション発表!日本からは『万引き家族』『未来のミライ』2作品!


映画情報どっとこむ ralph 「第91回アカデミー賞」の各部門ノミネーションが1月22日(火)夜10:20(LA時間午前5:20)から発表されました。
日本作品では是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞に、細田守監督の『未来のミライ』が長編アニメ映画賞にノミネート!!
©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.  
(C)2018 スタジオ地図

そして!

今回の最多ノミネートは『ROMA/ローマ』が作品賞と外国語映画賞のWノミネートほか10部門。こちらNetflix独占配信映画。

続いて、『女王陛下のお気に入り』も助演女優賞に2人ノミネートされるなど9部門10ノミネート。日本でも大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』も作品賞、主演男優賞など5部門入り、『アリー/スター誕生』も作品賞ほか8部門。

レディー・ガガが主演女優賞ノミネートの快挙!授賞式でのパフォーマンスに期待が高まります。

■10部門ノミネート『ROMA/ローマ』
作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、外国語映画賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、録音賞、音響編集賞

■9部門10ノミネート『女王陛下のお気に入り』
作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞(2人)、撮影賞、衣装デザイン賞、編集賞、美術賞、

■8部門ノミネート『バイス』
作品賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞、編集賞、メイク・ヘアスタイリング賞

■8部門ノミネート『アリー/スター誕生』
作品賞、主演女優賞、主演男優賞、助演男優賞、撮影賞、歌曲賞、録音賞、脚色賞

■5部門ノミネート『ボヘミアン・ラプソディ』
作品賞、主演男優賞、編集賞、音響編集賞、録音賞

映画情報どっとこむ ralph 日本時間2月25日(月)午前8:30~ WOWOWプライムにて、独占生中継されます。

生中継!第91回アカデミー賞授賞式
放 送 日:2019年2月25日(月)午前8:30 [二] [同時通訳]/夜9:00[字幕版][WOWOWプライム]
【アカデミー賞関連番組】
「第91回アカデミー賞ノミネーション徹底紹介」:2月3日(日)午後0:30 他※随時放送
「第91回アカデミー賞 直前総予想」 :2月17日(日)午後5:00 他※随時放送
番組HP:
https://www.wowow.co.jp/academy/


第90回アカデミー賞授賞式よりTodd Wawrychuk A.M.P.A.S.

ノンフィクションW WHY MEXICO? ~アカデミー賞に輝く越境者たち~
2月17日(日)午後1:30 [WOWOWプライム]
メキシコの映画監督たちがハリウッド映画を席巻している。今回『ROMA/ローマ』で最多ノミネートとなったアルフォンソ・キュアロン監督を含め、映画界のトップランナーを輩出するメキシカン・パワーの原点を探る。


映画情報どっとこむ ralph 順番WOWOW発表順

作品賞 Best Motion Picture
『ブラックパンサー』
『ブラック・クランズマン』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『女王陛下のお気に入り』
『グリーンブック』
『ROMA/ローマ』
『アリー/ スター誕生』
『バイス』

監督賞 Achivement in Directing
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』
パヴェウ・パヴリコフスキ『COLD WAR あの歌、2つの心』
ヨルゴス・ランティモス『女王陛下のお気に入り』
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
アダム・マッケイ『バイス』

主演男優賞
クリスチャン・ベール『バイス』
ブラッドリー・クーパー『アリー/ スター誕生』
ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』
ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』

主演女優賞
ヤリッツァ・アパリシオ『ROMA/ローマ』
グレン・クローズ『天才作家の妻 40年目の真実』
オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』
レディー・ガガ『アリー/ スター誕生』
メリッサ・マッカーシー『Can You Ever Forgive Me?(原題)』

助演男優賞
マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』
サム・エリオット『アリー/ スター誕生』
リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
サム・ロックウェル『バイス』

助演女優賞
エイミー・アダムス『バイス』
マリナ・デ・タヴィラ『ROMA/ローマ』
レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』
エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』
レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』

外国語映画賞
『CAPHARNAÜM(原題)』※読み:カぺナウム(レバノン)
『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド)
『Never Look Away(原題)』(ドイツ)
『ROMA/ローマ』(メキシコ)
『万引き家族』(日本)


脚本賞
『女王陛下のお気に入り』
First Reformed(原題)
『グリーンブック』
『ROMA/ローマ』
『バイス』

脚色賞
『バスターのバラード』
『ブラック・クランズマン』
『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
『ビール・ストリートの恋人たち』
『アリー/ スター誕生』

撮影賞
『COLD WAR あの歌、2つの心』
『女王陛下のお気に入り』
『Never Look Away(原題)』
『ROMA/ローマ』
『アリー/ スター誕生』

編集賞
『ブラック・クランズマン』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『女王陛下のお気に入り』
『グリーンブック』
『バイス』

美術賞
『ブラックパンサー』
『女王陛下のお気に入り』
『ファースト・マン』
『メリー・ポピンズ リターンズ』
『ROMA/ローマ』

衣装デザイン賞
『バスターのバラード』
『ブラックパンサー』
『女王陛下のお気に入り』
『メリー・ポピンズ リターンズ』
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
『Border(原題)』
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
『バイス』

作曲賞
『ブラックパンサー』
『ブラック・クランズマン』
『ビール・ストリートの恋人たち』
『犬ヶ島』
『メリー・ポピンズ リターンズ』

主題歌賞
『ブラックパンサー』All The Stars
『RBG(原題)』I’ll Fight
『メリー・ポピンズ リターンズ』The Place Where Lost Things Go
『アリー/ スター誕生』Shallow
『バスターのバラード』When A Cowboy Trades His Spurs For Wings

録音賞
『ブラックパンサー』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『ファースト・マン』
『ROMA/ローマ』
『アリー/ スター誕生』

音響編集賞
『ブラックパンサー』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『ファースト・マン』
『クワイエット・プレイス』
『ROMA/ローマ』

視覚効果賞
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
『プーと大人になった僕』
『ファースト・マン』
『レディ・プレイヤー1』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

長編アニメーション賞
『インクレディブル・ファミリー』
『犬ヶ島』
『未来のミライ』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン:スパイダーバース』

長編ドキュメンタリー賞
『Free Solo(原題)』
『Hale County This Morning, This Evening(原題)』
『Minding The Gap(原題)』
『Of Fathers And Sons(原題)』
『RBG(原題)』

短編ドキュメンタリー賞
『Black Sheep(原題)』
『エンド・ゲーム 最後のあり方』
『Lifeboat(原題)』
『A Night at the Garden(原題)』
『Period. End of Sentence(原題)』

短編アニメーション賞
『Animal Behaviour(原題)』
『Bao』
『Late Afternoon(原題)』
『One Small Step(原題)』
『Weekends(原題)』

短編実写映画賞
『Detainment(原題)』
『Fauve(原題)』野獣
『マルグリット』
『Mother(原題)』
『Skin(原題)』

***********************************


日本初!『未来のミライ』ゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞にノミネート 細田守監督コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本初!『未来のミライ』がゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞にノミネート!

★日本初!『未来のミライ』がゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞にノミネート!
この度、第76回ゴールデン・グローブ賞の各部門のノミネートが発表され、2018年に公開されたアニメーション映画を対象にするアニメーション映画賞の候補に、『未来のミライ』が選出されました。このアニメーション映画賞で日本の作品がノミネートされるのは初めてとなります。ノミネートに伴い、細田守監督、米国で配給の「GKIDS」CEOエリック・ベックマンよりコメントも到着しております。

細田守監督さんからのコメント
この度、第76回ゴールデン・グローブ賞へのノミネートと聞き、ただただ驚いています。これをきっかけに、この小さな可愛らしい作品がより広く、深く、たくさんの方々に楽しんでもらえたら嬉しく思います

米国配給「GKIDS」CEOエリック・ベックマンさんからのコメント
細田守はアニメーターの域を超え、アニメーションという手法を使う映画作家となった。彼はここに本当に美しく繊細な作品を作り上げた。それはまさに家族、愛、命について描かれたパーソナルな物語であり、その時空を超える旅は私たちに笑顔を感動を等しく与えてくれる。このノミネーションに対し、HFPAに感謝すると共に、細田監督の実力が正しく評価されたことを非常に嬉しく思う

映画情報どっとこむ ralph 作画監督・青山浩行氏による新規描き下ろし三方背BOXのイラストが到着!

細田守監督作品『時をかける少女』『サマーウォーズ』でも作画監督を務めた青山浩行氏が、『未来のミライ』スペシャル・エディション(Blu-ray)三方背BOXのイラストとして、新規で描き下ろしたイラストが到着しました。甘えん坊の男の子くんちゃんはイヤイヤながらもおかあさんに歯磨きをしてもらい、妹のミライちゃんはおとうさんのお菓子作りをお手伝い!家族での微笑ましいやり取りが描かれております。

作品の優しい世界観をそのままに、新たなくんちゃんやミライちゃんが描かれたスペシャル仕様の三方背BOXに是非ご期待下さい!

『未来のミライ』2019年1月23日(水)Blu-ray&DVD発売!<レンタル同時リリース>
2018年夏!観客動員数225万人!!(2018年10月末時点)
スタジオ地図が贈る、細田守監督最新作


『未来の未来』2019年1月23日(水)Blu-ray&DVD発売!<レンタル同時リリース>
『未来のミライ』スペシャル・エディション(Blu-ray/本編ディスク+特典映像ディスク)¥7,800+税
『未来のミライ』スタンダード・エディション(Blu-ray /本編ディスク)¥4,800+税
『未来のミライ』スタンダード・エディション(DVD /本編ディスク)¥3,800+税

公式サイト:
http://mirai-no-mirai.jp/


【ストーリー】
誰もがみんな“くんちゃん”だった— 小さな男の子の成長と、過去と未来をつなぐ家族の物語! とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんに、生まれたばかりの妹がやってきます。妹 に両親の愛情を奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん――。そんな時、くんちゃんは家の庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議 な少女と出会います。彼女は未来からやってきた妹・ミライちゃんでした。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくん ちゃん。待ち受ける見たこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母との不思議な体験、そして父の面影を宿す青年と の出会い。 そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた 本当の理由とは——
***********************************


【キャスト】
上白石萌歌 黒木華 星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子 役所広司 / 福山雅治

【スタッフ】
監督・脚本・原作:細田守
作画監督:青山浩行秦綾子
美術監督:大森崇 髙松洋平 音楽:高木正勝
オープニングテーマ「ミライのテーマ」 エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図
(C)2018 スタジオ地図


細田守監督最新作『未来のミライ』公開記念!Huluにて『バケモノの子』独占配信決定!


映画情報どっとこむ ralph スタジオ地図が贈る、細田守監督の最新作『未来のミライ』が現在、大ヒット上映中です。

『未来のミライ』は第71回カンヌ国際映画祭開催期間中の「監督週間」にアニメーション作品として唯一選出、上映され、さらにアヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出されるなど、日本国内はもちろん世界中でも大きな注目を集めている作品です。
この度、Huluでは『未来のミライ』の大ヒットを記念して、本日より『バケモノの子』を月額定額制サービスにて独占配信することが決定しました!
Huluではほかにも不朽の名作『時をかける少女』や、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』が期間限定で配信中です!これまでの細田守監督の世界を存分に堪能頂ける大チャンス!現在上映中の『未来のミライ』を観た人も、まだ観ていない人も、細田守監督の爽やかな過去作品を観て夏の猛暑を吹き飛ばしましょう!

映画情報どっとこむ ralph Huluでは、特別映像集も配信。フランスで開催されたカンヌ国際映画祭に、細田守監督と主人公“くんちゃん”を演じた上白石萌歌が登壇した時の模様や上映会後の独占インタビューのほか、全国公開に先駆けて行われた大阪での親子試写会に細田守監督、上白石萌歌、黒木華、星野源が登壇した模様なども絶賛配信中。

そのほか、『未来のミライ』の公開を記念してプレゼントキャンペーンも実施中。細田守監督 最新作『未来のミライ』公開記念!

『バケモノの子』Hulu独占配信決定!&過去3作品期間限定配信中!
※『バケモノの子』は月額定額制にて独占配信となります。
配信開始日:8月3日(金)配信スタート(9月30日まで)

映画情報どっとこむ ralph 『バケモノの子』とは?

06年『時をかける少女』、09年『サマーウォーズ』、12年『おおかみこどもの雨と雪』。
手掛けた作品すべてが傑作として評価され、国内外の映画賞を席巻し、今や世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守。『バケモノの子』は、バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの棲む異世界での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台にした壮大なアクション、そして親子の絆やヒロインとの淡い恋愛など…。
子どもから大人まで、あらゆる世代が共感できる、エンターテインメントの全ての要素が詰まった≪新冒険活劇≫となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『未来のミライ』とは?

2018年7月20日(金)より全国大ヒット上映中

映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知る様々な「家族の愛」の形。
様々な時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とはーー

***********************************

監督・脚本・原作/細田守
キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治
音楽/高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 美術監督/大森崇、髙松洋平 プロデューサー/齋藤優一郎
企画・制作/スタジオ地図
©2018 スタジオ地図
スタジオ地図公式Instagram
https://www.instagram.com/studio_chizu/


上白石萌歌「未来のミライxすみだ水族館」オープニングテープカット


映画情報どっとこむ ralph 『すみだ水族館』は、昨日7月13日(金)に、「未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」のオープニングイベントが行われ、映画「未来のミライ」の主人公である、甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんの声を担当した上白石萌歌さんがゲストとして登場!映画のワンシーンを表現しているかのようなカージナルテトラ2000匹の水槽の前でトークセッションとテープカットを行いました。
「未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」
日付:7月13日(金)
場所:すみだ水族館
登壇:上白石萌歌、くんちゃん

映画情報どっとこむ ralph すみだ水族館は、以前からプライベートで何度か遊びに来ていた水族館とのことで、

上白石さん:今回、未来のミライのイベントとしてここに来られることにすごくご縁を感じます。

とコメントしました。

また、映画のモチーフにもなった自然水景の展示については、
上白石さん:カージナルテトラという魚は映画本編でも出てきていて、これは本当に映画の中と行き来しているような気持ちになりますね。

と話されました。

映画情報どっとこむ ralph その後、公開が迫った映画「未来のミライ」について、ごく普通の小さなお家から話が始まるとした上で、

上白石さん:家族の歴史をくんちゃんと一緒に冒険できる、すごく大きな広がりを持った映画だなと思います。家族の話なので、お子さま連れや育児中のお父さんお母さん、あとは小さなお子さまにも夏の冒険として見てほしいですね。

と水族館同様、親子連れで楽しめるとおすすめをしました。

また、上白石萌歌は主人公のくんちゃんと一緒にイベントの開始を記念したテープカットを行い、
上白石さん:4歳の男の子が主人公ということで、普段忘れがちな大切なことをくんちゃんが教えてくれるような映画になっているので、ぜひ家族の縦のつながりを考えながら見ていただきたいです。

とトークを締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 『未来のミライ』は、甘えん坊の4歳の男の子くんちゃんと“未来からやってきた妹”ミライちゃんが織りなすちょっと変わった“きょうだい”が、過去から現在そして未来をめぐる家族と命の物語です。本作は第71回カンヌ国際映画祭開催期間中の「監督週間」にアニメーション作品として唯一選出、公式上映され、さらにアヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出されるなど、日本国内はもちろん世界中でも大きな注目を集めています。

細田守監督最新作 映画「未来のミライ」

2018年7月20日(金)全国ロードショー 


物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知るさまざまな「家族の愛」の形。さまざまな時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とはーー

映画公式サイト URL:
http://mirai-no-mirai.jp/

***********************************


監督・脚本・原作/細田守

キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治
音楽/高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 
美術監督/大森崇、髙松洋平 
プロデューサー/齋藤優一郎 
企画・制作/スタジオ地図
©2018 スタジオ地図」