「未来のミライ」タグアーカイブ

細田守監督最新作『未来のミライ』公開記念!Huluにて『バケモノの子』独占配信決定!


映画情報どっとこむ ralph スタジオ地図が贈る、細田守監督の最新作『未来のミライ』が現在、大ヒット上映中です。

『未来のミライ』は第71回カンヌ国際映画祭開催期間中の「監督週間」にアニメーション作品として唯一選出、上映され、さらにアヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出されるなど、日本国内はもちろん世界中でも大きな注目を集めている作品です。
この度、Huluでは『未来のミライ』の大ヒットを記念して、本日より『バケモノの子』を月額定額制サービスにて独占配信することが決定しました!
Huluではほかにも不朽の名作『時をかける少女』や、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』が期間限定で配信中です!これまでの細田守監督の世界を存分に堪能頂ける大チャンス!現在上映中の『未来のミライ』を観た人も、まだ観ていない人も、細田守監督の爽やかな過去作品を観て夏の猛暑を吹き飛ばしましょう!

映画情報どっとこむ ralph Huluでは、特別映像集も配信。フランスで開催されたカンヌ国際映画祭に、細田守監督と主人公“くんちゃん”を演じた上白石萌歌が登壇した時の模様や上映会後の独占インタビューのほか、全国公開に先駆けて行われた大阪での親子試写会に細田守監督、上白石萌歌、黒木華、星野源が登壇した模様なども絶賛配信中。

そのほか、『未来のミライ』の公開を記念してプレゼントキャンペーンも実施中。細田守監督 最新作『未来のミライ』公開記念!

『バケモノの子』Hulu独占配信決定!&過去3作品期間限定配信中!
※『バケモノの子』は月額定額制にて独占配信となります。
配信開始日:8月3日(金)配信スタート(9月30日まで)

映画情報どっとこむ ralph 『バケモノの子』とは?

06年『時をかける少女』、09年『サマーウォーズ』、12年『おおかみこどもの雨と雪』。
手掛けた作品すべてが傑作として評価され、国内外の映画賞を席巻し、今や世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守。『バケモノの子』は、バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの棲む異世界での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台にした壮大なアクション、そして親子の絆やヒロインとの淡い恋愛など…。
子どもから大人まで、あらゆる世代が共感できる、エンターテインメントの全ての要素が詰まった≪新冒険活劇≫となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『未来のミライ』とは?

2018年7月20日(金)より全国大ヒット上映中

映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知る様々な「家族の愛」の形。
様々な時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とはーー

***********************************

監督・脚本・原作/細田守
キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治
音楽/高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 美術監督/大森崇、髙松洋平 プロデューサー/齋藤優一郎
企画・制作/スタジオ地図
©2018 スタジオ地図
スタジオ地図公式Instagram
https://www.instagram.com/studio_chizu/


上白石萌歌「未来のミライxすみだ水族館」オープニングテープカット


映画情報どっとこむ ralph 『すみだ水族館』は、昨日7月13日(金)に、「未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」のオープニングイベントが行われ、映画「未来のミライ」の主人公である、甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんの声を担当した上白石萌歌さんがゲストとして登場!映画のワンシーンを表現しているかのようなカージナルテトラ2000匹の水槽の前でトークセッションとテープカットを行いました。
「未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」
日付:7月13日(金)
場所:すみだ水族館
登壇:上白石萌歌、くんちゃん

映画情報どっとこむ ralph すみだ水族館は、以前からプライベートで何度か遊びに来ていた水族館とのことで、

上白石さん:今回、未来のミライのイベントとしてここに来られることにすごくご縁を感じます。

とコメントしました。

また、映画のモチーフにもなった自然水景の展示については、
上白石さん:カージナルテトラという魚は映画本編でも出てきていて、これは本当に映画の中と行き来しているような気持ちになりますね。

と話されました。

映画情報どっとこむ ralph その後、公開が迫った映画「未来のミライ」について、ごく普通の小さなお家から話が始まるとした上で、

上白石さん:家族の歴史をくんちゃんと一緒に冒険できる、すごく大きな広がりを持った映画だなと思います。家族の話なので、お子さま連れや育児中のお父さんお母さん、あとは小さなお子さまにも夏の冒険として見てほしいですね。

と水族館同様、親子連れで楽しめるとおすすめをしました。

また、上白石萌歌は主人公のくんちゃんと一緒にイベントの開始を記念したテープカットを行い、
上白石さん:4歳の男の子が主人公ということで、普段忘れがちな大切なことをくんちゃんが教えてくれるような映画になっているので、ぜひ家族の縦のつながりを考えながら見ていただきたいです。

とトークを締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 『未来のミライ』は、甘えん坊の4歳の男の子くんちゃんと“未来からやってきた妹”ミライちゃんが織りなすちょっと変わった“きょうだい”が、過去から現在そして未来をめぐる家族と命の物語です。本作は第71回カンヌ国際映画祭開催期間中の「監督週間」にアニメーション作品として唯一選出、公式上映され、さらにアヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出されるなど、日本国内はもちろん世界中でも大きな注目を集めています。

細田守監督最新作 映画「未来のミライ」

2018年7月20日(金)全国ロードショー 


物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知るさまざまな「家族の愛」の形。さまざまな時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とはーー

映画公式サイト URL:
http://mirai-no-mirai.jp/

***********************************


監督・脚本・原作/細田守

キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治
音楽/高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 
美術監督/大森崇、髙松洋平 
プロデューサー/齋藤優一郎 
企画・制作/スタジオ地図
©2018 スタジオ地図」


星野源まさかの結婚宣言!?『未来のミライ』大阪親子試写会舞台挨拶で!


映画情報どっとこむ ralph 細田守監督の全世界待望の最新作『未来のミライ』は、2018年7月20日(金)に公開となりました。

本作で細田守監督が挑むのは、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語です。

主人公である甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんを、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ・上白石萌歌さん、未来からやってくる妹・ミライちゃんを今作で細田作品3作目となる黒木華さんが務めます。

また、くんちゃんとミライちゃんの両親は、おとうさん役を俳優・音楽家・文筆家と様々なジャンルで活躍する星野源さんが務めます!

そして、このたび、映画の公開を記念して本日7月12日(木)に主演の上白石萌歌さん、黒木華さん、星野源さん、細田守監督が大阪に赴き、親子試写会の舞台挨拶に登壇しました。

日付:7月12日(木)
登壇:上白石萌歌、黒木華、星野源、細田守監督

映画情報どっとこむ ralph 本イベントには、映画のテーマでもある家族にちなんで、関西の親子800名が参加し、キャストや監督が登壇すると温かい拍手で包まれました。

そして、自分の子供のころの夏休みのエピソード

上白石さん:夏休みに朝6時に起きてラジオ体操に行くのが日課でした。今でも行きたい。

星野さん:公園で花火をしていたら半ズボンの隙間から花火の灰が中に入って股間を火傷したことがある(笑)皆さんは真似をしないように!
などを披露すると会場からは驚きのリアクションもあがりました。

映画情報どっとこむ ralph 子供たちからの質問コーナーでは、細田監督の熱烈なファンという女の子からファンレターが読み上げられて、直接細田監督に手渡しされ、温かい雰囲気に会場が包まれました。

また、『隣のクラスに気になる子がいるのだけど、どうしたらうまく行きますか?』という可愛らしい恋の悩みに対して、

上白石さん:私も小学生のころ隣のクラスに好きな子がいて手紙を渡した事があるので、是非手紙を書いてみては?

と自身の体験に基づくアドバイス。

そして、『星野さんはどうして結婚しないのですか?』という直球な質問が。
それに対して、

星野さん:したいです!相手を探してください!

さらに他の女の子から『好きです!結婚してください!』というまさかのプロポーズが飛び出しました!

星野さん:まさか結婚相手が現れるとは!よろしくお願いします!
と相思相愛で、二人だけでの写真撮影のポーズをするなど満更でもない様子でした。そして、フォトセッションでは、「未来のミライ」にふさわしく子供たちとキャスト・監督が一緒に笑顔で溢れる和やかな撮影となりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

細田監督:とても楽しい時間をありがとうございました。この会場にいる子供たちの笑顔を見ていると3年間かけてアニメーションを作ってきて良かった。そんなに長くない映画なので最後まで楽しめると思います。是非楽しんでください!

とご挨拶。大盛況のうちに舞台挨拶は終了しました。


未来のミライ

は7月20日(金)全国公開です!

映画公式サイト
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

細田守監督作品ポスター復刻版ポストカードセット付き前売り券 発売中
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/mirai-no-mirai.html


とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。

そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。

それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
そして父の面影を残す青年との出会い。

そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは

小さな庭から時をこえる旅へ

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

***********************************

監督・脚本・原作:細田守

『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)

キャスト:上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治

オープニングテーマ「ミライのテーマ」・エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎

音楽:髙木正勝
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
©2018スタジオ地図


細田守監督最新作『未来のミライ展』!誰も見たことのない全く新しい体感型大規模展覧会!


映画情報どっとこむ ralph この夏、スタジオ地図が贈る細田守監督最新作『未来のミライ』が7月20日(金)に公開となります。

本作の公開に合わせ、2018年7月25日(水)より、“未来のミライ展~時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』”が東京ドームシティGallery AaMoにて開催!細田守監督が描く『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景美術などを通じて立体的なイベントとして再現。また、過去作の展示も豊富に揃えたダイナミックで大規模な展覧会となります。

本展は、おおきく5つのエリア(A~E PART)で構成され、イントロダクションやポストショーなどがご覧頂けます。

また『未来のミライ』の映画資料展示においては、明治大学大学院の氷川竜介特任教授がキュレーションを務め、映画制作時に描かれた直筆の絵コンテや原画、背景美術などを通して、細田守監督の演出の特徴やこだわり、映画の見どころを探ります。さらに、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』も数多く展示。『未来のミライ』との共通性も紐解き、まさに“時を越える細田守の世界”を存分にお楽しみいただけます。

更に更に、映画『未来のミライ』の主人公くんちゃんが住む家のデザインを手がけた建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICEの谷尻誠氏や、物語で重要な役割を果たす“黒い新幹線”デザインを手がけた、川崎重工業車両カンパニーの亀田芳高氏などに、本展への参加を依頼。映画同様にジャンルを問わない様々なプロフェショナルたちの協力を得て、本展は映画の世界を表現することにチャレンジします。また、細田作品を彩る過去作品も含めた登場キャラクターやキーアイテムを等身大フィギュアや立体模型物としても展示。他にもプロジェクションマッピングやホログラムなど、テクノロジーを活用した体感型展示など数多くご用意しており、子どもから大人までが一緒に楽しめる、これまでにない新しい大規模展覧会となっています。

映画情報どっとこむ ralph ≪A PART:ミライちゃんとの出会い≫

主人公のくんちゃんと、生まれたばかりの妹・ミライちゃんとの出会いを表現したエリア。映画『未来のミライ』にプロダクションデザインとして参加し、「しろくまのパンツ」「パンダ銭湯」などで著名なtupera(ツペラ) tupera(ツペラ)が描き下ろした、劇中絵本「オニババ対ヒゲ」が、本展では巨大な絵本になって登場!まるで絵本に入り込んだかのような写真撮影も可能です。tupera tuperaによる手描きの原画も展示されます!


≪B PART:未来のミライちゃんとの出会い≫
未来からやってきた、ミライちゃんとの出会いを表現したエリア。ミライちゃんの等身大フィギュアが設置される等、お客様がくんちゃんになった気分で、ミライちゃんとの出会いを体感できるエリアとなっています。また、ミライちゃん同様、細田監督の過去作に登場する、真琴(時をかける少女)や楓(バケモノの子)などの“魅力的なヒロイン”もフィーチャーします。

≪C PART:幼き母との出会い ~ D PART:青年との出会い≫

少女時代の母との出会いを表現したエリア~“父の面影を宿した青年”との出会いを表現したエリア。過去作を含め、映画製作時に描かれた数百点に及ぶ絵コンテや原画などをダイナミックに一挙展示!本展で“初出し”となる、手描きのオリジナル原画や背景美術を堪能できるエリアとなっています。細田監督からスタッフへのコメントも記された貴重な原画や、鮮やかで繊細、そして美しい背景美術なども必見です。

≪E PART:未来の東京駅と“黒い新幹線”≫

映画の中でも大きなインパクトを放つ、未来の東京駅と本編で重要な役割を果たす架空の新幹線を表現したエリア。没入感を感じる、未来の東京駅の空間を立体的に表現し、tupera tuperaがデザインを手がけた遺失物係に加え、駅長を最新技術の3Dホログラムで再現!さらに、川崎重工業車両カンパニーで実際の新幹線デザインを数多く手がけ、『未来のミライ』では“黒い新幹線”のデザインを手がけた亀田芳高氏の協力のもと、細田守監督が本展での展示を熱望した、実際に座れる“黒い新幹線”の座席も登場!そのほかにも貴重な資料展示を行います。

★その他のゾーン

さらに、『サマーウォーズ』でのOZや、『バケモノの子』での渋天街など、細田作品の現実世界との対比となる「もう一つの世界」をフィーチャーしたコーナーを設置。ここでは『サマーウォーズ』で高い人気を誇るキャラクター“ラブマシーン”の巨大フィギュアが初登場!
スマートフォンを使って楽しめる仕掛けもご用意しています。また、面白法人カヤックが手がける、ポストショー“細田作品インデックス”では、細田守監督の過去作の名場面の数々を、インタラクティブに体験・鑑賞いただける最新のデジタル空間も展開されます。



他にも、プロジェクションマッピングで表現する“不思議な庭”や、建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE(建築家 谷尻誠氏他)の協力を得て、「ミライちゃん&くんちゃんの家」の一部を再現したエリアなど、映画『未来のミライ」のストーリーを軸に、過去作の魅力にも出会え、細田監督の世界を堪能できる貴重な展覧会となります。
この夏、東京ドームシティ Gallery AaMoで、『時をかける少女』から最新作『未来のミライ』まで、時を越える細田守の世界に、みんなでタイムリープしに来てください。


開催概要
会  期:2018年7月25日(水)~ 9月17日(月・祝)
会  場:東京ドームシティ Gallery AaMo(文京区後楽1-3-61)
時  間:10:00 – 18:00(17:30最終入場)※予定
公式ホームページ:
http://mirai-ten.jp/
公式twitter:
https://twitter.com/mirai_ten

主 催:日本テレビ放送網、ムービック・プロモートサービス、東京ドーム、KADOKAWA
特別協力:スタジオ地図
協力:面白法人カヤック、NTTドコモ
画像クレジット:©2006 TK/FP ©2009 SW F.P. ©2012 W.C.F.P 
©2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU

映画情報どっとこむ ralph 未来のミライ


物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんが出会ったのは、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんでした。このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。それは、誰も観たことのない、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。たくさんの人との出会い、待ち受ける困難や成長、そして家族の愛。時間も空間もこえて、二人がたどり着いたその場所とは?ミライちゃんがやってきたその理由とは。

2018年7月20日(金)全国ロードショー 

***********************************

監督・脚本・原作/細田守 
キャスト:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治 
音楽:高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/
山下達郎
作画監督:青山浩行、秦綾子 
美術監督:大森崇、髙松洋平 
プロデューサー/:齋藤優一郎 
企画・制作:スタジオ地図
©2006 TK/FP ©2009 SW F.P. ©2012 W.C.F.P 
©2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU


細田守監督 フランスで大歓迎受ける!『未来のミライ』アヌシー国際アニメーション映画祭で上映


映画情報どっとこむ ralph 細甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語『未来のミライ』は細田守監督の最新作は2018年7月20日(金)公開となります。

そして、この度、世界最大規模のアニメーション映画祭として知られるフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭2018の長編部門コンペティションに選出され、6月12日(火)(現地時間)に公式上映&舞台挨拶が行われました!

『未来のミライ』海外版ポスター


現地時間の6月11日(月)にフランス・アヌシー市でアヌシー国際アニメーション映画祭が開幕。

長編部門オフィシャルコンペティションに『未来のミライ』が選出された細田守監督が現地を訪れ、大歓迎を受けました。

アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年にカンヌ国際映画祭から独立してスタート。以来、世界で最も古く、最も大きなアニメーション映画祭として知られています。なかでも長編部門はこれまでに宮崎駿監督『紅の豚』、高畑勲監督『平成狸合戦ぽんぽこ』もグランプリを受賞するなど、毎年、世界を代表するアニメーション映画が集まります。細田守監督も2009年に『時をかける少女』で特別賞を受賞しています。

映画情報どっとこむ ralph 映画祭初日の6月11日(月・現地時間)にアヌシー入りした細田監督は、当日午後から早速メイン会場の「ボリュー」にてサイン会を行いました。
監督と会えるのを心待ちにする大勢のファンで長蛇の列が出来ました。多数のファンに応えるため、サイン会は予定していた時間を大幅に延長するほどの盛況ぶり。熱心な若いファンが監督のこれまでの作品のキャラクターのイラストをお願いする姿も見られ、細田作品の人気がフランスに深く根づいていることがうかがわれます。描いてもらったばかりのサインとイラストをその場で見せ合いっこするなど、微笑ましい様子も。

映画情報どっとこむ ralph 公式上映は期間中6回実施されますが、その全チケットが早々にソールドアウト。6月12日(火)20:30から上映を行う映画祭メイン会場「ボリュー・グラン・サル」は、950名の観客で埋め尽くされ、上映前から高い熱気で包まれました。舞台挨拶に細田監督が登場すると大歓声が沸きあがりました。

細田監督:『未来のミライ』は兄妹の話ですが、世界の映画のなかでも4歳の男の子が主人公なのはそうないでしょう。子どもだけでなく、昔、4歳の子どもだった人にも昔を思い出しながら観ていただけたら、きっと楽しめるのでないかと思います。

と作品を紹介。上映が始まると山下達郎さんのオープニングテーマ曲に合わせて手拍子が起こり、早くも映画と観客が一体化。さらにくんちゃんの可愛い仕草に何度も笑い声が沸き、クライマックスには鼻をすすり、涙を流す人も。上映終了後は会場から大きな拍手が巻き起こり、10代・20代の若者から長年の映画ファンやシニア層まで広い年代が、同じように『未来のミライ』の描く家族の絆や美しい映像に感嘆しました。

今回初めて細田監督の作品を観たという初老の夫婦は、「どのシーンをとっても美しくグレート。子どもたちの可愛らしさに惹きこまれました」と。また熱心な細田作品のファンで本作のために映画祭に訪れたという10代後半の女子学生は「家族のつながり、子どもの持つ繊細で複雑な心の描きかたが素晴らしかったです」と興奮気味に語り、別の女子学生も「細田監督の映画はどれもですが、『未来のミライ』はとりわけ個性的。子どもにとってはエンタテイメントなのに、大人にとってはインテリジェンスなところもあってとっても気に入りました」と話していました。映画を観終えた人々はみな笑顔で会場を後にし、素晴らしい上映会となりました。
さらに、翌日6月13日(水)には、細田監督が登壇する記者会見が行われ、前日の舞台挨拶の大盛況を受けてか、メディアから熱心な質問が相次ぎました。劇中のお父さんと細田監督を重ねての質問や、くんちゃんやミライちゃんの住む家の構造やアニメーションの表現の可能性についてまで。海外のメディアの『未来のミライ』への関心の高さを感じさせました。

尚、映画祭の授賞式は現地時間の6月16日(土)現地時間の夜に行われる予定です。


映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶を終えた感想

細田守監督コメント
「11年前に『時をかける少女』で初めてコンペティションで上映されて、その後の『サマーウォーズ』以来のアヌシーでした。(上映のあった「ボリュー・グラン・サル」は)あらためて大きな会場だなと思いました。そこにたくさんのお客さんがいらして、上映後にはとても大きな歓声と拍手をいただけました。上映中の反応もすごくよく、笑いもたくさん起きて。素晴らしくいい反応で、本当にうれしかったですね」

映画情報どっとこむ ralph
未来のミライ

全国東宝系にて2018年7月20日(金)ロードショー!!

映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
https://twitter.com/mirai_movie

物語・・・

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
そして父の面影を残す青年との出会い。

そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――

小さな庭から時をこえる旅へ―
それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

***********************************

監督・脚本・原作:細田守
『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、
『バケモノの子』(15)
キャスト:上白石萌歌 黒木華
     星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治
オープニングテーマ「ミライのテーマ」・エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎 
音楽:髙木正勝
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
©2018スタジオ地図