「木竜麻生」タグアーカイブ

自由に生きたい!瀬々敬久監督『菊とギロチン』の貴重なメイキング写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、7月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開となる瀬々敬久監督『菊とギロチン』の貴重なメイキング写真解禁。

主演の木竜麻生さん、東出昌大さん、寛 一 郎さん、韓英恵さんの貴重なオフショット写真です。

瀬々敬久監督の三十年越しの企画として、ついに完成した『菊とギロチン』。

舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリーだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画本編では全身全霊の熱気あふれる演技を見せる俳優たちだが、今回解禁されたメイキング写真には、真剣な表情だけでなく思わず心が和む開放的な笑顔も。

主役の女力士・花菊役の木竜麻生の初主演の重責に不安げな表情と女の子らしい素の笑顔、

過去のある女力士・十勝川役の韓英恵も最高に嬉しそうな笑顔。

対してアナキスト・グループ、ギロチン社のリーダーで詩人でもある中濱鐵を演じる東出昌大は気迫溢れる表情で現場を引っ張っているのがわかる。


同じくアナキスト役の寛 一 郎は初めての映画の現場に緊張した表情を浮かべ、
一方では爽やかさ満点の笑みも見せる。

「自由に生きたい!」という若者たちの思いがみなぎる本作にふさわしくメイキング写真にも熱っぽさと現場を思い切り楽しむ自由な開放感が伝わってくる。こんなにいい表情が見られる現場から生まれた本編は絶対に面白い!

映画情報どっとこむ ralph 菊とギロチン

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

物語・・・

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太 

ナレーション:永瀬正敏 

2018年/日本/189分/カラー/シネスコ/DCP/R15+
配給:トランスフォーマー

©2018 「菊とギロチン」合同製作舎 


木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵「女相撲」×「ギロチン社」瀬々監督『菊とギロチン』予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督が傑作『ヘヴンズ ストーリー』(10)から8年振りに放つオリジナル企画、アナーキー青春群像劇『菊とギロチン』(7月7日よりテアトル新宿全国順次公開)の本ビジュアルと予告編が完成しました。


瀬々監督が本作を企画したのは、なんと三十年前。

長年企画を温め続け、「この映画を何としてもつくりたい」という監督の想いからついに完成した入魂作『菊とギロチン』。かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリー。
舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。様々な過去を背負って女相撲の世界に飛び込んだ女たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っている若者たちと運命的に出会い、立場は違えど、「自由な世界に生きること」を願う彼らが次第に心を通わせ、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む。

映画情報どっとこむ ralph このたび解禁となった本ビジュアルは、約300名の中から主人公・花菊に選ばれた新人女優・木竜麻生、『寝ても覚めても』、『OVER DRIVE』と年内に相次いで主演作が公開される東出昌大、俳優・佐藤浩市を父に持つ寛 一 郎、演技力は折り紙付きの韓英恵のメインキャスト4人が放つ、力強い眼差しが印象的なデザインとなった。明治に始まり、昭和30年代まで存在した女相撲興行。木竜と韓が演じる女力士とアナキスト・グループ「ギロチン社」のメンバーに扮する東出と寛 一 郎。それぞれの境遇はバラバラだが、「同じ夢を見て闘った」というコピーから彼らの運命的な出会いを予感させ、画面下に配置された女相撲の一座が海辺で生き生きと踊る様子からは、彼らがともに夢見た理想郷とはこういうものかもしれないと思わせる解放的で自由な空気があふれ、本作を通じて“窮屈な世界に風穴を空けたい”と願う瀬々監督の想いも伝わってくる。
映画情報どっとこむ ralph 同時に完成した予告編は、女相撲一座の親方(渋川清彦)の「東西東西(とざいとうざい〜)」という口上の声から始まる。迫力ある女相撲に大喜びで拍手するのはギロチン社のリーダーであり詩人としても名を残した中濱鐵(東出)。一方、土俵下で自分の取り組みを待つのは緊張した面持ちの花菊(木竜)。ギロチン社と女相撲一座の出会いを軽やかさやユーモアも交えて描く前半から、暴力的な夫から逃げて一座に加わった花菊の強くなりたいという夢、社会を変えたいというギロチン社の夢が語られる中盤、そして花菊を連れ戻そうとする夫や、女相撲を中止させようとする警察が登場し、波乱のドラマを感じさせる後半へ一気に盛り上がる。自由に生きることをともに夢見る彼らが辿り着く先は――?本編が待ち遠しくなる「乞うご期待」の予告編をご覧ください。



映画情報どっとこむ ralph 菊とギロチン

テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開!

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/


物語・・・
大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。


***********************************


監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太

ナレーション:永瀬正敏 
189分 
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎 
  


瀬々敬久監督 アナーキーな青春群像劇『菊とギロチン』特報到着!公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々監督が本作を企画したのは、なんと三十年前。
長年企画を温め続け、「この映画を何としてもつくりたい」という監督の想いに賛同した多くの会社や個人の支援によってついに完成させた入魂作『菊とギロチン』。
舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。登場するのは、かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たち。

様々な過去を背負った女たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っている若者たちと運命的に出会い、立場は違えど、「自由な世界に生きること」を願う彼らが次第に心を通わせ、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む――という内容。

同時代に「女相撲」と「ギロチン社」が実在したという興味深い史実をベースに、瀬々監督と「空族」の相澤虎之助が書き上げた胸にズシンと響くオリジナルストーリーを、本作が初主演となる木竜麻生、東出昌大、寛一郎と演技力は折り紙つきの韓英恵というフレッシュな魅力触れる主要キャストが演じている今年有数の話題作だ。

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、特報が完成、初めてその映像が公開された!冒頭は、女力士姿も初々しい木竜麻生演じるヒロイン・花菊の「強くなりてぇ!」という心の底からの叫び。


偶然目にした女相撲一座の強さに魅了され、乱暴な夫から逃げ出して一座に入り、自分も強くなりたいと願う花菊の必死さが伝わる。そして、「ギロチン社」メンバーで実在した詩人の中濱鐵を演じる東出昌大が、同じく中心メンバーで純粋な夢に殉じる古田大次郎役の寛一郎に「女一人助けられなくて、何が革命だ!」と声を絞り出すシーンの迫力、韓英恵扮する過去のある女力士・十勝川と中濱の互いを求める熱情あふれるショットなど、約30秒ながら特報映像は本編の熱量を想像させてくれる。


さらに主要キャストの魅力だけでなく、黒澤明の『羅生門』や溝口健二作品に参加してきた日本映画界の至宝、美術監修の馬場正男らによる当時の混沌を見事に再現したセットや、『ヘヴンズ ストーリー』『彼女の人生は間違いじゃない』の撮影・鍋島淳裕の臨場感あるカメラと見所はたっぷり。また、実際の女相撲をよく知る関係者も感動したという力士役の女優たちが全力で体当たりした女相撲シーンも必見だ。

打楽器がリズムを畳み掛け、映画タイトルデザインの巨匠・赤松陽構造による迫力ある題字がラストを飾る特報映像。もがき、泥だらけになり、時にかっこ悪い姿をさらしながらも、自由を追い求め、世界に風穴をあけたいと願った若者たちのアナーキーなエネルギーが溢れ出してくる。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開です!

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太

ナレーション:永瀬正敏 
189分 配給:トランスフォーマー
©2018「菊とギロチン」合同製作舎 


瀬々敬久監督『菊とギロチン』木竜麻生、東出昌大らキャスト発表!


映画情報どっとこむ mari 主人公の女相撲力士役に、木竜麻生が大抜擢!

そして、関東大震災時に活動したアナキスト役には東出昌大が!!

瀬々敬久監督が20年以上あたためてきたオリジナル企画映画『菊とギロチン』!

%e8%8f%8a%e3%81%a8%e3%82%ae%e3%83%ad%e3%83%81%e3%83%b3 映画は、瀬々監督が長年あたためてきた意欲作。

第一次世界大戦後の大正時代を舞台に、農村を中心に活況を呈していた「女相撲興行」の力士たちと格差のない理想世界を夢見るきアナキストたちの出会いを軸に描く、ロマンスあり、アクションあり、社会風刺ありの骨太エンタテインメント。

現在 10月7日から京都・滋賀県などを中.心に撮影が始まっています。

本作の主人公である女相撲力士“菊”役は、長期にわたる厳しいオーディションの結果、約300名の女性応募者の中から1994年生まれの木竜麻生(きりゅうまい)が抜擢。初主演作品。

かたやアナキストグループ「ギロチン社」のリーダー中濱鐡に今秋公開の映画『聖の青春』でも独特な存在感を放つ東出昌大。

映画情報どっとこむ mari 彼等を取りまく主要キャストとして、韓英恵、佐藤寛一郎が決定。

他に渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、川瀬陽太など日本映画界を背負う豪華な個性派キャストになっています!

『菊とギロチン』

2017年公開。
公式HP:http://kiku-guillo.com


***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助(空族)
キャスト:木竜麻生、東出昌大、韓英恵、佐藤寛一郎
渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、川瀬陽太