「木竜麻生」タグアーカイブ

瀬々組 木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎ら30名登壇!『菊とギロチン』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督渾身の青春群像劇『菊とギロチン』。
7 月 7 日(土)に初日を迎えテアトル新宿で初日舞台挨拶を行いました。

監督が 30 年も温め続けた本作。その想いに応えるか のように、総勢 30 名のキャストが集結しました。
30名の登壇はテアトル新宿史上最多人数の舞台挨拶だそうです!


日付:7月7日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真 歩、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太、大森立嗣、仁科あい、持田加奈子、播田美保、和田光沙、前原麻希、背乃じゅ ん、田代友紀、原田夏帆、荒巻全紀、池田良、飯田芳、小林竜樹、木村知貴、小水たいが、伊島空、東龍之介、 瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 大正時代を舞台に、女相撲の力士たち と世界を変えることを夢見るギロチン社の青年たちが出会うという、史実から創造されたオリジナル・ストーリー。初日を迎えたテアトル新宿は満席立見の大盛況。

舞台挨拶はまず、女相撲一座「玉岩興行」の面々が、親方を演じた渋川清彦さんを先頭に劇中衣装で登場。

客席 内を練り歩き。

舞台では、ギロチン社のリーダーで詩人でもある中濱鐡を演じた東出昌大さんを筆頭に、次の登壇者 を紹介し呼び込む「マイクリレー方式」で、寛 一 郎さんはじめギロチン社のメンバーが順に登場。

挨拶がひとしき り終わると、東出さんと寛 一 郎さんも女相撲の練り歩きに加わり、初日のサプライズプレゼントとして用意された T シャツや手ぬぐいを客席に投げ入れると、客席から大きな歓声!

そこからさらに、劇中で重要な役を演じた大森立嗣さんらも登場し、

大西信満さん:出演している井浦新くんも今日来たいと言ってたんですが、他の仕事で来れなかったので、きょうは井浦さんがつくったジャケットを着て来ました。

と粋な挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 後半には劇中で披露された女相撲甚句「イッチャナ節」を嘉門洋子さんの三味線、山田真歩さんの鈴、仁科あいさんと木竜麻生さんの唄で聞かせ、そして、劇中で女相撲・最高位の大関・梅の里を演じた前原麻希さんの「祝い四股」!

前原の四股とともに「ヨイショ!」の掛け声が客席からも飛ぶ。そこへ瀬々監督の無茶ぶりが炸裂。「寛 一 郎、行け!!」 と監督。

「えーっ!」とびっくり顔の寛 一 郎だったが、監督命令とあっては拒めず、恥ずかしそうにしながらも 四股を披露。
すると今度は「東出、行けー!」と監督の声。最初は、いやいやと後ずさりした東出だったが、さすがにギロチン社リーダー、覚悟を決めると「ヨシ!」とばかりに力を込めた四股!
客席は大盛り上がり。

ヒロインの木竜麻生は、初めての主演作の舞台挨拶に感極まった様子で

木竜さん:映画がこうやって広がっていくのが 本当に嬉しいです。

と涙の挨拶。

東出さん:たくさんの方の支援やこうして足を運んでくれる方が あってこそ、できあがった映画です。夏の暑さを吹き飛ばす、閉塞感を打ち破る作品となりました。監督の言葉ではないですが、あとは世界の風穴へ。そうなればいいなと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

とコメント。

寛 一 郎さん:撮影が 2 年前だったんで今まで実感がなかったんですが、今日みんなの顔を見たら、あの懐かしい現場を思い出しました。お客さんを前にして、今日公開なんだと、今実感しました。
と場を和ませた。

瀬々監督の心の底から絞り出すような「ありがとうございました!」
東出さんが音頭をとった一本締めで舞台 挨拶は終了した。

映画情報どっとこむ ralph 菊とギロチン

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

物語・・・
大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるな か、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感 にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、 元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、 新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に 耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を 重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜 するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨 し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第 に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。


***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久
出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山 田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太
ナレーション:永瀬正敏

2018 年/日本/189 分/カラー/シネスコ/DCP/R15+
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎


野尻克己 劇場映画初監督作品『 鈴木家の嘘 』 ティザービジュアル・予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開することが決定いたしました。

公開日決定に合わせ、ティザービジュアルおよび30秒予告が完成しました。

“作家主義” “俳優発掘” をテーマに『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)、『ピンカートンに会いにいく』(坂下雄一郎監督)などを生み出して来た松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾となる『鈴木家の嘘』。本作は、橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己さんの劇場映画初監督作で、脚本もみずから手掛けたオリジナル。

鈴木家の家長である父・幸男役に岸部一徳さん、母・悠子役に原日出子さん、ひきこもりの長男・浩一役に加瀬亮さん、鈴木家の長女・富美役に、ワークショップを経て400名もの応募者から選ばれ、瀬々敬久監督作『菊とギロチン』でもヒロインを務める新星・木竜麻生さん。そのほか、岸本加世子さんや、大森南朋さんら演技派が脇をかためています。

30秒予告では、ひきこもりの長男・浩一の死にショックを受け、記憶を失った母に「お兄ちゃん、ひきこもりやめてアルゼンチンで働いてる!」という衝撃の嘘をつく場面からはじまる。母のために嘘をつく鈴木家だったが、嘘を積み重ねていくにつれ、家族それぞれ胸の内に隠していた長男への想いが溢れ出していく。家族が向き合い一歩ずつ前に進もうとする様子が観る者の胸を熱くする30秒予告となっている。



映画情報どっとこむ ralph この度解禁となったティザービジュアルでは、テーブルを囲む鈴木家が写し出され、母一人笑顔を見せる一方、他3人には複雑な空気が漂う。

しかし、

“母の笑顔を守るため、私たちは嘘をつく。”

というコピーは、なにかを決意した父と長女の表情を際立たせ、鈴木家のこれからの未来を想像させるビジュアル。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木家の嘘

11月16日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

公式サイト:
www.suzukikenouso.com


あらすじ
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。

ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、

悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮  岸本加世子 大森南朋
製作:松竹ブロードキャスティング

制作プロダクション:ハーベストフィルム 
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド 
©松竹ブロードキャスティング


木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎ら登場『菊とギロチン』ヒット祈願法要および女相撲イッチャナ節の奉唱&土俵入り


映画情報どっとこむ ralph 女相撲と世界を変えようとする若者を描いた瀬々敬久監督『菊とギロチン』が7月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

東京・両国にある回向院(えこういん)は江戸から明治にかけて勧進相撲が盛んにおこなわれたことから、明治42年には当時の敷地内に旧国技館が建設されました。本作『菊とギロチン』に描かれる「女相撲興行」は、明治中頃より最もお客が入る大衆娯楽として全国のお祭りや縁日に呼ばれるようになり、明治23年には回向院境内で興行が大々的に開催され、女力士たちの真剣勝負を一目見ようと多くの人々がつめかけました。現在、旧国技館跡地は複合商業施設となって回向院横に隣接しています。また境内には、本作の時代背景である関東大震災の犠牲者を祀った慰霊碑が建立されています。

そして、本作にとって非常にゆかりのあるこの場所で、ヒット祈願法要および女相撲イッチャナ節の奉唱&土俵入りを行いました。

日時:6月27日
場所:回向院
登壇::木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、渋川清彦、 嘉門洋子、前原麻希、仁科あい、他、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 阿弥陀如来の前に勢ぞろいのキャストと監督。
東出さん:今回、僕たちは映画『菊とギロチン』のヒット祈願にうかがいました。

寛一郎さん:どうか『菊とギロチン』のヒット祈願のほどよろしくお願いいたします。

との挨拶に合わせ、ヒット祈願読経がスタート。

お焼香を行うキャストと監督
東出昌大さん
寛 一 郎さん
木竜麻生さん
渋川清彦さん
嘉門洋子さん
瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph ヒット祈願法要が終わると本殿前の参道での女相撲イッチャナ節の奉唱&土俵入りが渋川さんと木竜さんの口上からスタート

渋川さん:古今東西。さてはこれより、映画『菊とギロチン』のヒット祈願を執り行わせていただきます
。まずは、相撲に縁のある領国、回向院。ご当地のこの場所で「女相撲イッチャナ節」ならびに土俵入りで奉納させていただきます。
木竜さん:それでは皆さま。映画『菊とギロチン』千代八千代、末広までたまわるご贔屓、御願い奉ります。

ここで、嘉門さんのお三味線キカッケで・・

イッチャナ節を披露。

そして、前原さんによる土俵入りが行われました。

映画情報どっとこむ ralph そして、ご挨拶。

木竜さん:本作を感じさせていただける場所にてヒット祈願できました大変嬉しく思っています。

東出さん:今の言っちゃな武士の女性陣からもわかるように、熱く!嘘のない映画になっています。クラウドファンディングでのご支援による資金調達いたしましたので、セリフ、シーンなどリアリティーを追及してなかなか今の映画ではできない撮影を行いました。3時間の長尺ですが観た後には濃いものを残せるのではないかと思います。

と、熱いコメント。
7/6までMotion Galleryにて資金調達中!是非!

寛 一 郎さん:久しぶりに皆で会えてうれしいです。僕らの熱い思いに加え、先ほどヒット祈願法要しましたので、盤石だと思います!

渋川さん:法要に向けて風が騒いでいまして、皆の気持ちなのか・・・何しろ素晴らしい映画に仕上がっています!痺れました。

嘉門さん:ここにいる全員が瀬々監督の熱い情熱に食らいついてここまでやってきました!よろしくお願いいたします。

瀬々監督:寛 一 郎くんが泣きそうなので、こちらも涙が・・・。寛 一 郎の演技が素晴らしく、木竜にはこのままでは主役とられるぞ!と言ってしまうぐらいでした。そういう若い力がこの映画を素晴らしくしてくれました。ここ領国回向院は大相撲や関東大震災の碑もあり、そういう縁のある場所でこの日を迎えられて嬉しいです。この映画、スタッフ・キャスト全員の気持ちでできています!よろしくお願いいたします。

最後は一本締めで終了!

映画情報どっとこむ ralph 『菊とギロチン』

テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開!

公式サイト:http://kiku-guillo.com/

ヒロインの新人力士・花菊役には、本作が映画初主演の木竜麻生。「ギロチン社」のリーダーで実在した詩人の中濱鐵(なかはま・てつ)には映画・テレビで大活躍の東出昌大。もう一人の中心メンバーで、純粋な夢に殉じる古田大次郎役には、俳優・佐藤浩市を父に持ち、将来を期待される寛 一 郎。中濱と心を通じ合わせる女力士の十勝川役に、演技力は折り紙つきの韓英恵。脚本には「空族」の相澤虎之助が参加。構想30年、監督の想いに賛同した多くの人々の支援でついに完成!!

***********************************

監督:瀬々敬久 脚本:相澤虎之助・瀬々敬久
出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太 ナレーション:永瀬正敏 

189分
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎 


自由に生きたい!瀬々敬久監督『菊とギロチン』の貴重なメイキング写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、7月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開となる瀬々敬久監督『菊とギロチン』の貴重なメイキング写真解禁。

主演の木竜麻生さん、東出昌大さん、寛 一 郎さん、韓英恵さんの貴重なオフショット写真です。

瀬々敬久監督の三十年越しの企画として、ついに完成した『菊とギロチン』。

舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリーだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画本編では全身全霊の熱気あふれる演技を見せる俳優たちだが、今回解禁されたメイキング写真には、真剣な表情だけでなく思わず心が和む開放的な笑顔も。

主役の女力士・花菊役の木竜麻生の初主演の重責に不安げな表情と女の子らしい素の笑顔、

過去のある女力士・十勝川役の韓英恵も最高に嬉しそうな笑顔。

対してアナキスト・グループ、ギロチン社のリーダーで詩人でもある中濱鐵を演じる東出昌大は気迫溢れる表情で現場を引っ張っているのがわかる。


同じくアナキスト役の寛 一 郎は初めての映画の現場に緊張した表情を浮かべ、
一方では爽やかさ満点の笑みも見せる。

「自由に生きたい!」という若者たちの思いがみなぎる本作にふさわしくメイキング写真にも熱っぽさと現場を思い切り楽しむ自由な開放感が伝わってくる。こんなにいい表情が見られる現場から生まれた本編は絶対に面白い!

映画情報どっとこむ ralph 菊とギロチン

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

物語・・・

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太 

ナレーション:永瀬正敏 

2018年/日本/189分/カラー/シネスコ/DCP/R15+
配給:トランスフォーマー

©2018 「菊とギロチン」合同製作舎 


木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵「女相撲」×「ギロチン社」瀬々監督『菊とギロチン』予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督が傑作『ヘヴンズ ストーリー』(10)から8年振りに放つオリジナル企画、アナーキー青春群像劇『菊とギロチン』(7月7日よりテアトル新宿全国順次公開)の本ビジュアルと予告編が完成しました。


瀬々監督が本作を企画したのは、なんと三十年前。

長年企画を温め続け、「この映画を何としてもつくりたい」という監督の想いからついに完成した入魂作『菊とギロチン』。かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリー。
舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。様々な過去を背負って女相撲の世界に飛び込んだ女たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っている若者たちと運命的に出会い、立場は違えど、「自由な世界に生きること」を願う彼らが次第に心を通わせ、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む。

映画情報どっとこむ ralph このたび解禁となった本ビジュアルは、約300名の中から主人公・花菊に選ばれた新人女優・木竜麻生、『寝ても覚めても』、『OVER DRIVE』と年内に相次いで主演作が公開される東出昌大、俳優・佐藤浩市を父に持つ寛 一 郎、演技力は折り紙付きの韓英恵のメインキャスト4人が放つ、力強い眼差しが印象的なデザインとなった。明治に始まり、昭和30年代まで存在した女相撲興行。木竜と韓が演じる女力士とアナキスト・グループ「ギロチン社」のメンバーに扮する東出と寛 一 郎。それぞれの境遇はバラバラだが、「同じ夢を見て闘った」というコピーから彼らの運命的な出会いを予感させ、画面下に配置された女相撲の一座が海辺で生き生きと踊る様子からは、彼らがともに夢見た理想郷とはこういうものかもしれないと思わせる解放的で自由な空気があふれ、本作を通じて“窮屈な世界に風穴を空けたい”と願う瀬々監督の想いも伝わってくる。
映画情報どっとこむ ralph 同時に完成した予告編は、女相撲一座の親方(渋川清彦)の「東西東西(とざいとうざい〜)」という口上の声から始まる。迫力ある女相撲に大喜びで拍手するのはギロチン社のリーダーであり詩人としても名を残した中濱鐵(東出)。一方、土俵下で自分の取り組みを待つのは緊張した面持ちの花菊(木竜)。ギロチン社と女相撲一座の出会いを軽やかさやユーモアも交えて描く前半から、暴力的な夫から逃げて一座に加わった花菊の強くなりたいという夢、社会を変えたいというギロチン社の夢が語られる中盤、そして花菊を連れ戻そうとする夫や、女相撲を中止させようとする警察が登場し、波乱のドラマを感じさせる後半へ一気に盛り上がる。自由に生きることをともに夢見る彼らが辿り着く先は――?本編が待ち遠しくなる「乞うご期待」の予告編をご覧ください。



映画情報どっとこむ ralph 菊とギロチン

テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開!

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/


物語・・・
大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。


***********************************


監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太

ナレーション:永瀬正敏 
189分 
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎