「木村良平」タグアーカイブ

下野紘、花澤香菜、木村良平登壇!『センコロール コネクト』初日公開舞台挨拶&サプライズ発表!


映画情報どっとこむ ralph 6月29日(土)、新宿・バルト9で行われた初日公開舞台挨拶には、宇木敦哉監督、テツ役の下野紘、ユキ役の花澤香菜、シュウ役の木村良平が登壇。満員の観客を前に、10年ぶりに公開となる続編の完成をともに祝い、サプライズ発表がされました。


初日舞台挨拶・オフィシャルレポート
日付:6月29日(土)
場所:新宿・バルト9
登壇:宇木敦哉監督、下野紘、花澤香菜、木村良平

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭では、まず主題歌「#Love」および劇中歌「Nanairo night」を第1作に引き続き、supercellが提供していることが明らかに。曲の完成が、公開の1週間前だったこともあり、キャスト陣が曲を聴いたのは、この舞台挨拶が初めて。supercellらしいヴィヴィッドなサウンドに、監督・キャスト陣ともに十分満足している様子だった。
またこの舞台挨拶では、宇木監督自身の口から「3」の制作決定が発表された。
第2作の完成までに10年近くかかったこともあり、「いつ頃、観られるんでしょうか(笑)」と心配するキャスト陣に対し、宇木監督は「なるべく早くお披露目できれば」。まだ構想段階だとしながらも、 「大枠としては、ユキとテツ、そしてふたりを繋ぐセンコ。彼らの物語の完結編にしたい」と話した。


■舞台挨拶に登壇したメインキャストからのコメント

下野紘​「キャスト陣も『センコロール コネクト』の公開を、今か今かと楽しみに待っていました。これだけ多くの方が、同じように楽しみに待ってくれていたと思うと、本当に嬉しいです」

花澤香菜​「『センコロール コネクト』は、ゆるっとした独特の空気感が魅力的な作品です。いろんな方にその魅力を知っていただければと思います」

木村良平​「『センコロール』は何年経っても色褪せない、価値が薄れない作品。この作品でしか見ることができないものがあるので、ぜひ劇場まで足を運んでください」

映画情報どっとこむ ralph 発表となったのは!!!

まず1つめは​【主題歌・劇中歌をsupercellが新曲を提供】​!
2つめに、​ 「センコロール3の制 作が決定」​ !その他にも、​北海道での追加舞台挨拶​が決定など、続々と新情報が発表。 その先も気になる「センコロール コネクト」は全国6館にて、絶賛劇場公開!


■「センコロール コネクト」主題歌・劇中歌をsupercellが提供

今作の主題歌と劇中歌の2曲を、supercellが提供することが、公開初日にサプライズ発表! 主題歌「​ #Love​」、挿入歌「​ Nanairo night​」は、supercellの新曲となります。「#Love」のキービ ジュアルも公開されており、イラストは三輪士郎氏が描きおろし。コンポーザーのryo (supercell)からのコメントも公開。なお「#Love」のミュージックビデオは夏頃公開予定となっ ており、CDのリリースも予定されています。主題歌「#Love」が聴ける「劇場公開中CM(15 秒)」もWEB公開中。



▽主題歌 :「#Love」(はっしゅたぐらぶ) ▽劇中歌 :「Nanairo Night」(なないろないと) ▽アーティスト :supercell ▽公式HP :​https://www.supercell.jp/

ryo (supercell)コメント
こんにちは、supercellです。 ものすごく久しぶりな稼働なので、10年前に戻ったような気 持ちです。 ちょうどその頃宇木さんと出会ってセンコロール1のBGMと主 題歌を担当させてもらったご縁で、今回もまた音楽の方を担当 させて頂きました。 センコロール2、もう完成しないんじゃないかと思ってました が、ついに完成との事で、宇木さんおめでとうございます! ぜひ劇場に足を運んでご覧いただければと思います。



■「センコロール 3」制作決定!
「センコロール コネクト」の続編となる、「センコロール 3」の制作も決定!舞台挨拶にて宇 木敦哉監督本人から発表がなされた。 ライフワークとなる作品として、宇木監督は「登場人物であるテツとユキの物語を完結する」と コメント。公開時期は未定。

■北海道・札幌にて舞台挨拶が決定!

「センコロール コネクト」の宇木監督の故郷である北海道にて、舞台挨拶が決定いたしま した。宇木監督に加え、テツ役の下野紘さんも登壇して、トークを行います。 是非チェックしてください。

■概要 ▽開催日時 :7月13日(土) ①15:45の回 上映後 ②18:10の回 上映前 ▽登壇者 :下野紘、宇木敦哉監督 ▽場所 :札幌シネマフロンティア【Pコード:550-136】 ▽チケット料金 :全席指定2,100円 ▽チケットの販売方法など詳しくはこちら:​ https://www.cencoroll.com/news/

映画情報どっとこむ ralph 「センコロール コネクト」

公式サイト:
https://www.cencoroll.com/ 
公式Twitter:@cencoroll_pjt

『センコロール-コネクト』 【INTRODUCTION】
突如、街に現れた白い巨大生物とそれを操る少年達、そして好奇心旺 盛なショートカットの少女。スクリーンからほとばしる、奔放なイマジネーションに圧倒さ れる、短編アニメーション『センコロール』。マンガ家・イラストレーターとして活躍し、 近年では『デジモンアドベンチャー tri.』のキャラクターデザインでも知られるクリエイ ター、宇木敦哉がほぼ1人で作り上げた本作は、2009年の公開当時、ファンの熱狂的な支 持を得た。……それから約10年という長い沈黙を破って、プロジェクトが再始動。伝説と なった第1作と、その直接の続編となる第2作を合わせた『センコロール コネクト』とし て、私たちの前に姿を現す。緻密に組み上げられたビジュアルセンス、繊細さと凶暴さを併 せ持った縦横無尽なアニメーション、そしてさらにスケールアップし、謎が謎を呼ぶ魅惑的 な世界観。いまだフレッシュな衝撃を失わない『センコロール コネクト』とともに、私た ちは「宇木敦哉」という才能を、再び発見するだろう。

***********************************


【STAFF】
監督・脚本・作画 :宇木敦哉
音楽 :ryo (supercell) 主題歌 :supercell「#Love」
劇中歌 :supercell「Nanairo night」 配給  :アニプレックス

【CAST】 ユキ:花澤香菜/テツ:下野紘/シュウ:木村良平 ケイ:森谷里美/カナメ:高森奈津美/ゴトウダ:赤羽根健治
​ (c)宇木敦哉/アニプレックス (c)2019 宇木敦哉


木村良平“初・ULTRAMANスーツ”姿に大歓声!!エースキラー役・平田広明の出演も解禁!


映画情報どっとこむ ralph 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixでは、2019年4月1日(月)より、Netflixオリジナルアニメシリーズ『ULTRAMAN』を全世界独占配信します。

公式HP

本作のアニメ化を手掛けるのは、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治監督と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志監督。

アクターの演技をキャラクターに反映するモーションキャプチャー技術を導入した演出は、細やかな人間の感情表現からダイナミックなアクションシーンまで、これまでの作品では考えられなかった魅力的な表現を可能としています!


この度、全世界配信前夜の3月31日(日)にワールドプレミアを実施しました。

神山健治監督・荒牧伸志監督をはじめ、木村良平(早田進次郎/ULTRAMAN役)、江口拓也(諸星弾/SEVEN役)、潘めぐみ(北斗星司/ACE役)、諸星すみれ(佐山レナ役)という豪華声優陣が登壇。

さらに木村良平は“ULTRAMANスーツ”姿を初披露、追加キャストとしてエースキラー役・平田広明の出演も解禁されるなど、場内は大歓声に包まれ、配信前夜のワールドプレミアにふさわしく大いに盛り上がりを見せました。

「ULTRAMNA」ワールドプレミア
日時:3月31日(日)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:木村良平(早田進次郎/ULTRAMAN役)、江口拓也(諸星弾/SEVEN役)、潘めぐみ(北斗星司/ACE役)、諸星すみれ(佐山レナ役)役)、
神山健治(監督)、荒牧伸志(監督)、白石稔(MC)

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミアを待ちわびる約800人の観客で場内は満席!熱気に包まれる中、上映開始前には、主題歌「Sight Over The Battle」を歌うOLDCODEXからのコメント映像が紹介され、

「(楽曲を制作するにあたって)様々な要望をいただいて、その中から自分たちの答えを出せた楽曲になっていると思います。空の煌めきみたいなものをシンセサイザーで表しながら、地上の戦闘が多いというところでの重厚感をバンドで表し、何かを問いかけるようなメロディーにできたらいいなと、思って楽曲を作成しました。歌詞も、英雄ゆえの孤独みたいな、そしてなぜ人は戦うのか、深いところを自分たちなりの解釈と、自分たちの「ULTRAMAN」への思いを交えて作りました。「ULTRAMAN」の楽しみの一つになればよいと思います 」

と観客に思いを伝えた。

そして上映が終り、熱気と興奮冷めやらぬ中、白石稔の軽快なMCでイベントがスタート。

まず最初に登場したのは、本作品をダブル監督として制作した神山健治監督と荒牧伸志監督。

今日のワールドプレミアを受けて、

神山監督:スタッフ全員で2年くらいかけて作り上げてきたものが配信されるので楽しみです.

と話し、

荒牧監督:上(劇場の2階席)で観ていたのですが、私自身が抑えきれない気持ちになりました。(今日の上映が)1、2話では物足りないのでは、と思ったのですが、神山さんと作り上げてきた作品ですし手前味噌ですが十分楽しめるな、と思いました.

と、本作の仕上がりに十分な手ごたえと自信をのぞかせていた。

続いて、江口拓也・潘めぐみ・諸星すみれのキャスト陣が紹介され、客席の通路を通って登場。

人気声優たちが間近で見れるとあって場内ではひときわ大きな歓声があがり、キャストたちも笑顔で応えていた。演じたキャストたちからは、

江口さん:まさに今、ご覧いただけたのですよね、早く続きを観てもらいたいです。
潘さん:感無量です。大好きなULTRAMANを明日から皆さんにみていただけるなんて、気持ちがはやっています。
諸星さん:今日のお披露目、嬉しいです。仕上がりのクオリティが高くて、大きいスクリーンで見れた皆さんがうらやましいです。
と、それぞれ今日のプレミアを迎えられた喜びの表情を浮かべていた。

アフレコ現場の様子については、

神山監督:木村さんと江口さんは久しぶりだったけれど、2人の声が好きすぎるので(笑)アフレコが楽しみでした。昔からULTRAMANチームにいたのではと思えるくらいのチームワークを感じられて、楽しくアフレコができました。

とULTRAMAN愛にあふれる現場だったことがうかがえた。

映画情報どっとこむ ralph そして、ここまできて、主役の木村良平さんの姿が見えないことに少しざわつき始めると、MCが「みなさん、そわそわしていますが大丈夫です、会場に来てくれていますから!」とあおり、場内から拍手と歓声があがる中、アニメ本編内にも登場する「科学特捜隊」基地を思わせる舞台上の扉から木村さんが登場。
そこには、ULTRAMANスーツ姿を来た木村さんの姿があり、登場するやこの日一番の歓声が沸き起こった。場内の反応に、木村さんはセンターで決めポーズをとりながら応え、
木村さん:『これ着ていいんですか?』という感じで…本物ですよ、これ!本物のプロが本気で作った本物のスーツを声優の身で着させてもらえるなんて、嬉しいです!
と、興奮を隠しきれない様子。

潘さん:(スーツの後ろが人間の脊椎のようなデザインになっているところを見て)私、この脊椎になりたいです!スーツ姿のウルトラマンがマスクを取った状態で登場するのは初めてですよね。
と熱い感想があり、

荒牧監督:(木村のスーツの状態は)2話のラストの状態ですね。これでアフレコしてほしいですね(笑)

と、メカデザインの第一人者でもある荒牧監督も、スーツに感心している表情を見せていた。

映画情報どっとこむ ralph また、当日は新たな情報も解禁され、エースキラー役で平田広明さんが出演していることが明らかになった。

平田さん演じるエースキラーについては、

木村さん:収録しているときも(キャラクターが)悪いなあ、と思っていたけれど、画がついたらやっぱり悪い。でも、格好良かったです。

潘さん:(ACEと対決する役柄なのですが)声を聴いた瞬間、これは勝てるのか…?と思いました。

と、配信が待ちきれなくなるような、気になる証言が次々と飛び出していた。
 
イベントの最後には、明日から開始する全世界.配信のヒットを願い、お決まりになっている<俺たちがウルトラマンだ!>の掛け声を観客と一緒に行い、最高の盛り上がりでワールドプレミアは終了した。

『ULTRAMAN』

Netflixにて4月1日(月)より全世界同時配信

ストーリー・・・
かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。
やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。
ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。
早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。
そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。
そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。

進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発された、ウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。

「単刀直入に言おう――キミにウルトラマンになってもらいたい」

***********************************

【キャスト】
早田進次郎:木村良平/諸星弾:江口拓也/北斗星司:潘めぐみ/早田進:田中秀幸
佐山レナ:諸星すみれ/井手光弘:魚建/エド:牛山茂/ジャック:竹内良太/遠藤庸介:花輪英司
倉田:関戸博一/白石:白石稔/アダド:津田健次郎/ベムラー:曽世海司

【スタッフ】
原作:円谷プロダクション、清水栄一×下口智裕(「月刊ヒーローズ」連載)/監督:神山健治×荒牧伸志
音楽:戸田信子×陣内一真/アニメーション制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS
主題歌:OLDCODEX「Sight Over The Battle」
©円谷プロ ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULTRAMAN製作委員会


土屋太鳳・志尊淳・木村良平・悠木碧・濱野大輝・土屋神葉『バンブルビー』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 過去5作品の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)突破の世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。
そのシリーズ最新作『バンブルビー』が、3月22日(金)に全国公開いたしました!

この度、本作の公開と大ヒットを記念し、3/23(土)に公開記念舞台挨拶が行なわれました!

先日行われたジャパンプレミアで、ヘイリー・スタインフェルドをはじめとした来日キャスト・スタッフとの念願の対面を果たした土屋太鳳さんと志尊淳さんが登場!初めて吹替を務めたハリウッド超大作が公開を迎た喜びを感無量の様子で語りました。

そして今回、アニメ版ではおなじみでありながらも、実写版では初めて主人公の地球外生命体バンブルビーの声を演じた声優の木村良平さん。かねてより「トランスフォーマー」シリーズの尋常ならざるファンを公言しており、念願かなってバンブルビーを追い詰める敵・シャッターを演じた悠木碧さん。同じく敵のドロップキックを演じた低音イケボの声優・濱野大輝さん、本作で土屋さん演じるチャーリーが密かに思いを寄せる同級生・トリップを演じた土屋神葉(しんば)さんという、超豪華声優が一堂に会したほか、日本全国行脚で様々な場所に出没し、SNSでも話題沸騰中のリアルバンブルビーも会場に駆けつけ、初めて“共演者”と対面!バンブルビーとの奇跡的な出会いが描かれる劇中の物語さながら、ようやく会えたバンブルビーとハイタッチやハグを交わし一同大興奮!!


映画『バンブルビー』公開記念舞台挨拶
日付:3月23日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:土屋太鳳 (チャーリー役)、志尊淳 (メモ役)、木村良平 (バンブルビー役)、悠木碧 (シャッター役)、濱野大輝 (ドロップキック役)、土屋神葉 (トリップ役)

映画情報どっとこむ ralph 桜の開花宣言も聞かれ、春の訪れに高揚する日本列島をますます盛り上げる『バンブルビー』がついに日本公開をむかえたことを記念し、日本語吹替版で声優を務めた土屋太鳳さん、志尊淳さん、木村良平さん、悠木碧さん、濱野大輝さん、土屋神葉さんが公開記念舞台挨拶に登壇!

リアルバンブルビーがお出迎えするなか、黄色いドレスを身にまとった土屋太鳳さんを筆頭に、それぞれがバンブルビーカラーの黄色を採り入れた非常に華やかな衣装で登場し、ノリノリのバンブルビーにキャスト陣もハイタッチしたりハグをしたり、木村さんはスマホを取り出しセルフィーしたり。

太鳳さん:この作品はトランスフォーマー始まりの物語であると同時に、観た人の心に何かが芽生える、疲れや傷を抱えながら踏ん張っている沢山の人に勇気や元気を感じてもらえる作品です。私自身、この作品に救われながらチャーリーを演じたので、この作品からもらえる勇気や愛が日本にやっと届くと思うと本当に嬉しいです!戦い方も自分の特徴を最大限に活かしていて、大切な人を守ろうとするところが本当に好きです!

と目を輝かせて挨拶し、続けて

太鳳さん:今日は、いろいろな作品を拝見して感動を頂いてきた声優の方々とご一緒できて本当に光栄です。特に悠木碧さんは、私が初めて声優に挑戦したときにご一緒させていただいていたんです。何か悩んでいたりする時も、悠木さんの作品を見て乗り越えてきましたし、今回チャーリーを演じて悩んだ時も、悠木さんの声を聴いて、こういう風にしたら良いのかなと考えていたので本当に嬉しいんです。

と明かすと、

悠木さん:マジか…よせやい…(笑)嬉しいです、覚えてもらえた!太鳳ちゃんはすごく丁寧に仕事に取り組まれる素敵な役者さんで、私もとても勉強になったので、またこうしてご一緒できたことが嬉しかったですし、チャーリーと太鳳ちゃんがすごく合っていて素敵でした!

と照れながらコメント。

志尊さんは、先日同じ会場で開催されたジャパンプレミアを思い返しながら

志尊さん:ヘイリー・スタインフェルドさんはずっとハリウッドの作品で拝見していた方だったので、同じ作品に携わらせてもらえたというより、会えた!本当に実在するんだ!とミーハー心がくすぐられました(笑)。

とはにかみ、劇中で声を失った秘密が明かされるバンブルビーの吹替を担当した

木村さん:みなさん決して短くはない映画をご覧になった後ですが、覚えておいででしょうか、バンブルビーが喋っていた時のことを…!(笑) 映画ではバンブルビーは喋らないと聞いていて、演じられることはないんだろうなあと思っていたので嬉しいです。

常日頃からバンブルビーの大ファンであることを公言している悠木さんも

悠木さん:自分の推しが主演の作品が出来るなんてすごい!と思って、時間がある限りは通い詰めて興行収入に貢献していきたいと思います。バンブルビーの作品に関われるだけで有難いんですけど、敵役で、バンブルビーを攻撃するということはバンブルビーに触れられるということなので、すごく光栄だと思いました。一緒に水にも流されたし、すごく幸せです!

と尋常ならざる愛情表現で会場を笑いに包みました。

濱野さん:シャッターもドロップキックも、トリプルチェンジャーというレアなトランスフォーマーなので変身シーンは見どころです。地球に降り立ってはじめて人間を見たときの、戦士としての威厳や誇りを見せるディセプティコンに注目してほしいです。

神葉さん:演じたトリップは、僕自身とタイプが違うので、海外のグルーヴ感だったりノリの良さを出せたらと思って頑張りました!

と自身の役どころをアピールしました。

映画情報どっとこむ ralph 本作ではじめて吹き替えに挑戦した志尊さんが、せっかくプロの声優と一緒に登壇しているチャンスに、

志尊さん:本当に普段声優の皆さんがやられている仕事は凄いと感じたんですが、何個も役をかけもちでやられている中で、ゼロから役を作り出すアプローチはどうされているのかすごく気になるんです。

と問いかけると、

木村さん:セリフをひとつずつ見て、こんな時にこういうことを言うキャラなんだと段々つながっていって埋まっていく感じですかね」とズバリ答えると、志尊さんは「声のトーンの作り方はどうされているんですか?

と問うと、

木村さん:たぶん俳優さんよりももっと声でバランスをとっていくのかなと思います。主人公がこの感じだったら、こっちのキャラはこういう感じかな、と現場で一緒にバランスをとって作っていくのかなと思います。普段ちょっとだけ土俵の違うお2人(土屋太鳳さんと志尊さん)とご一緒するのも新鮮で楽しいです。

と真摯なアドバイスに、志尊さんはもちろん土屋太鳳さん、さらにプロの声優の面々も聞き入り、

悠木さん:お芝居の呼吸や波の付け方、臨場感がいつもと違う幅で見えました。

と重ねると、

太鳳さん:だから声優の皆さんは一つの言葉でも立体感があるんだな、とすごく納得しました。

と喜びながら真剣に耳を傾ける一幕も。

神葉さん:もっと聞かせてください!

と言いつつ、ジャパンプレミアで土屋さんがチャーリーとの共通点として”弟を利用するところがある”と言っていたことに話が及び、太鳳さん がニコニコしながら

土屋さん:利用と言うか、おいしいもの食べたいね、食べようねと言って(一緒に行かせ)るんです(笑)。

と明かすと、

神葉さん:こちらとしてはパワーをもらいたいなと思うときに姉に「ちょっと、お肉食べない?」って誘って(笑)、おいしいところに連れて行ってもらってるので、持ちつ持たれつです!

と仲の良い姉弟ならではの微笑ましいエピソードを披露し、

太鳳さん:そうなんです、好きです(笑)

と満面の笑みを見せました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、全国をまわってきたリアルバンブルビーに、チャーリーと心を通わせる名場面の再現リクエストが各地で寄せられていたことから、太鳳さんも木村さんも揃うこの特別な舞台で、もしもバンブルビーが喋れたら、という設定で太鳳さんとリアルバンブルビーに、木村さんの声が加わるという夢の共演によるスペシャルバージョンで名シーンを生披露することに!
太鳳さんはバンブルビーを前に、

太鳳さん:すごくかわいくて愛おしいですね。一緒にどこか行きたくなります、お花見とか!

と共演が実現した喜びを語り、実演ではしっかりと目を合わせ、木村さんも息を合わせて見事な掛け合いが披露されると、会場からは万雷の拍手!

太鳳さん:全然声が出なかった…(笑)これまでは映像だけだったので、実際にこうして自分でビーに触れられるのが本当に嬉しかったです。気持ちがこもりました。ありがとうございました。

と感無量の様子でコメントし、舞台挨拶となりました。

映画情報どっとこむ ralph 最新作『バンブルビー』

大ヒット上映中!

<STORY>
1987年、海辺の田舎町。父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、18才の誕生日に、海沿いの小さな町の廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、車が突如、変形≪トランスフォーム≫してしまう。驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。チャーリーは記憶と声を失い”何か”に怯える黄色い生命体に、「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付け、かくまうことを決める。ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。
思いがけない友情が芽生えるのだが、しかく、予想もしない運命が待ち受けているのだった――
***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』  
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、ドン・マーフィ、マイケル・ベイ、マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、
全米公開:2018年12月21日 
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


バンブルビー役を木村良平が演じることが発表!3月22日公開映画『バンブルビー』


映画情報どっとこむ ralph 過去5作品の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)突破の世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。

そのシリーズ最新作『バンブルビー』が、3月22日(金)に日本公開!

この度、本作の吹替え版キャストとして、バンブルビー役を木村良平さんが演じることが決定しました!
シリーズを代表する大人気キャラクターであるバンブルビーが主人公、そしてバンブルビーが声を失った秘密がついに描かれることが明かされている本作において、大いに注目が集まること必至であるその”声”。オリジナルの英語版では『メイズ・ランナー』シリーズ主演のディラン・オブライエンが演じていたことが発表され年末の話題となりました。

日本語吹替版については、昨年12月に開催された東京コミコン2018のステージ上で、レジェンド声優・玄田哲章さんがオプティマス・プライム役への続投を発表してから「バンブルビーの声は!?」と熱狂的ファンの間でバンブルビー声優の予想合戦が加熱。そして、この度、2015年から「トランスフォーマーアドベンチャー」「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」シリーズなどで同役を務め、新世代のトランスフォーマーファンに絶大な人気を誇る木村良平さんが演じることが決定しました!!木村さんは、7月に解禁されたティザー予告の際にナレーターを務めており、その時からファンの間では待望論が沸き起こっていました。この度実現した玄田オプティマスとの、世代を超えたトランスフォーマー声優同士の夢の共演に期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph ハリウッドが手掛ける映画『トランスフォーマー』でバンブルビーの声を聞くことを心待ちにしていた多くのファンにとってこれ以上ない待望のキャスティングであることはもちろん、木村さん自身にとっても念願のハリウッド版への参戦!

木村さん:これまで数年に渡ってバンブルビーを演じる機会がありましたが、キャラクターと一つの作品を越えて縁ができると、役という以上に、不思議な親近感を感じてくるものですね。彼の新たな作品に参加できてとても嬉しかったです。

と意気込みを語ってくれました。


映画情報どっとこむ ralph また、この度木村良平さんの声優決定を記念し、ムビチケオンラインでは、先日発表された玄田哲章さんのオプティマスボイスメッセージに続き、木村バンブルビーの、チャーリーを守ってあげたい気持ちが愛おしくなる、眼福ならぬ、耳福必至のオリジナルボイスメッセ-ジ特典の追加が決定!渾身の演技で吹き込まれたバンブルビーの”イケボ”がスクリーンに響き渡り日本中を魅了すること間違いありません!

木村良平さん ボイスメッセージ特典付き 
ムビチケオンライン券の詳細はこちら

映画情報どっとこむ ralph 『バンブルビー』
原題:Bumblebee

公式サイト:
bumblebeemovie.jp/

公式twitter:
@Bumblebee_JP

待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。
チャーリーを演じるのは、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるアカデミー賞(R)ノミネート女優ヘイリー・スタインフェルド。そして、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)のトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たした。
先頃解禁された予告編では、”ドジだけど優しい”可愛さ全開のバンブルビーの魅力に注目が集まり、バンブルビーとチャーリーとの間に芽生える友情と、これまでのシリーズとは異なった新しい展開に、米・映画批評サイトRotten Tomatoesの93%フレッシュ(1/8時点)というハイスコアをはじめ”シリーズ最高傑作”の呼び声も高いほど世界中から絶賛の声が殺到、また2019年初の世界興収No.1を見事獲得しており、(1/5-6週末世界興行収入 Variety調べ)日本での公開が待ち望まれています。
***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、
ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.


『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』:豪華日本語吹き替え版キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソン出演最新作​『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。
公開は、3月30日(金)よりMX4D/4DXにて先行上映。4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります!

​​ゲームの中の世界に入り込んでしまった高校生達は、自分達にいったい何が起きたのか状況をつかめていないまま、見た目も、中身も違うキャラクターとなり<ジュマンジ>の世界を冒険する事に!

そして!この度、本作の日本語吹き替え版キャストに、

<ジュマンジ>の世界で、入れ替りを果たしてしまうアバター役に、楠大典、高木渉、伊藤健太郎、白石涼子が担当!!

<現実>世界の高校生役には、木村良平、M・A・O、武内駿輔、水瀬いのりが務めます!!!

と発表に!

映画情報どっとこむ ralph ロック様演じる、勇敢で無敵なムキムキ冒険家ブレイブストーン博士の吹き替えを務めるのは楠大典さん。
『カリフォルニア・ダウン』(15)といった数多くの作品で、ロック様を演じた経歴がある楠さん

楠さん:前回の『ジュマンジ』をTVで吹き替え版を観て、まだ声の仕事を始めたばかりの私はこんな作品に早く関われるようになりたいなと思った記憶があります。ドウェイン・ジョンソンの吹き替えは何作かやらせて頂いてますが いつもとちょっと違う感じかもしれませんね。何故かは見て頂けると分かると思いますが、見た目がいつものドウェイン、中身が、、、と言うわけで観て下さい。

とコメントを寄せています!

またブレイブストーン博士と共に<ジュマンジ>の世界を冒険する事となるコメディ俳優ジャック・ブラック演じる、デブオヤジの地図専門家・オベロン教授には『愛しのローズマリー』(02)といった作品でも、ジャックの吹き替えを務めた高木渉さん。

チビで足が遅い動物学者・フィンバーには二枚目キャラクターから、三枚目役を見事に演じ分ける事に定評がある伊藤健太郎さん。

タフな美女戦士・ラウンドハウスには、アニメ『ハヤテのごとく!』の綾崎ハヤテ役で知られる白石涼子さんが担当。

皆前作『ジュマンジ』が大好きだと明かしており、前作のスピリットを継承する『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に参加出来た事が嬉しいと明かしている。


さらに現実世界で、学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人の役も豪華声優陣が命を吹き込んでおり、やせっぽっちで気弱なゲームオタク男子・スペンサーには、アニメ『東のエデン』の滝沢朗役や、アニメ「黒子のバスケ」シリーズで黄瀬涼太役を演じる木村良平さんが務めていて

木村さん:最高の第1作をご存知の方にも、初めて『ジュマンジ』に触れる方にも、安心してオススメできる作品です!

と文章を寄せる。

映画情報どっとこむ ralph セルフィー大好きうぬぼれ金髪美人ベサニーには、アニメ「まじっく快斗1412」のヒロイン・中森青子役を演じたM・A・Oさん。

勉強苦手で背が高いアメフト部のスーパースター・フリッジには、アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」シリーズで、プロデューサー役を担当した武内駿輔さん。

シャイで地味で真面目なガリ勉マーサには、劇場アニメ『心が叫びたがってるんだ。』(15)で、主人公・成瀬順を演じた水瀬いのりさん。

水瀬さん:個性豊かなキャラクターたちが<ジュマンジ>の中で更に魅力を増していきます。彼らが体験する大冒険をぜひ劇場で楽しんでください!

と、豪華声優陣が集結しています!

物語・・・
学校で居残りをさせられていた高校生4人は「ジュマンジ」という名のソフトが入った古いテレビゲーム機を発見。
プレイするキャラクターを選んだ途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれてしまった!
そして、現実の自分とは身体も性格も性別までも違うキャラに入れ替わり~!
気弱でやせっぽっちなゲームオタク男子は、ムキムキつるつるで勇敢な冒険家に。
自撮り大好きインスタ美少女は、まさかのヒゲもじゃ中年デブという衝撃的な姿に!
しかも、そこはジャングル!カバ、ジャガー、ゾウ、ヘビ、サイ、サイ、サイ、サイ、サ~イ!
現実世界に生きて帰りたければ、もはや、難攻不落のステージを各自のスキルを使ってクリアするしか道はない!
ライフは3回。使い切ったらゲームオーバー・・・。
果たして彼らは、〈ゲームクリア〉して現実世界に戻ることができるのか~!?



ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 

3月30日(金)よりMX4D/4DXにて先行上映
4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://www.jumanji.jp/ 
公式Twitter:
https://twitter.com/JumanjiJP
#マジジュマンジ

***********************************

米公開:2017年12月20日 
監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』)
出演:
ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、
ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、
ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、
カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、
ニック・ジョナス

ボビー・カナヴェイル