「木村文洋」タグアーカイブ

映画『息衝く』公開記念 木村文洋監督一挙上映!鈴木邦男、宮台真司ら登壇!2.23前夜祭イベント


映画情報どっとこむ ralph この度、2月24日よりポレポレ東中野にて公開する木村文洋監督最新作『息衝く』の公開記念として、木村文洋監督による過去長編作『へばの』『愛のゆくえ(仮)』、そして幻の初期傑作『なしくずしの志』がポレポレ東中野にて、2月17日より一週間、特別上映が決定しました。また、2月23日に前夜祭イベントをロフト9渋谷で行います。

木村文洋監督の作品群を一挙上映!
宗教・原発・家族をテーマに掲げ、宗教団体で育った青年たちの群像を描く木村文洋監督の最新作『息衝く』の公開を記念し、公開劇場であるポレポレ東中野では、公開前週の2月17日(土)から23日(金)の一週間、木村文洋監督の過去作を特集上映します。

木村監督の長編デビュー作『へばの』は、3.11の福島第一原発事故が起こる以前より、その問題意識により制作された作品。核燃料再処理工場がある青森県六ヶ所村を舞台に、それと共存し生きる土地の人々が、被ばくや環境変化を経ても尚もそこに残るのか、そうでないのかを問うた、今なお刺激的な作品です。

『愛のゆくえ(仮)』は、「地下鉄サリン事件」オウム真理教の幹部・平田信と、逃亡を助ける女性の、実在の話をベースに、そのありえたかもしれない束の間の愛のすがたを描いた作品。この宗教のモチーフが『息衝く』にも引き継がれていることは言うまでもありません。

そして今回蔵出し上映となる『なしくずしの志』は木村監督の初期作品。外では正体不明の衝突が起こっている中、室内で世界を俯瞰するための“地図”をつくる集団の議論とやり場のない想いが描かれます。『息衝く』に繋がるテーマをもった初期衝動溢れる異形の作品です。

常に社会と個のあり方と関わりに、鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督の作品群を俯瞰して鑑賞するまたと無い機会となります。是非、お見逃しなく。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木邦男、宮台真司ら登壇!宗教、政治について徹底的に語り尽くす!

2.23前夜祭イベントをロフト9渋谷で開催!
宗教団体「生長の家」での青年時代と集団生活、その思想を三島由紀夫没後「一水会」へ結集させ、今なお、政治活動家として発言を続けている鈴木邦男氏。戦後の日本の宗教団体とその思想、そして鈴木氏自身が、何を内なる動機として活動を続けてきたのか。加えて本作の宗教団体と登場人物たちを鈴木氏がどう見たのかを伺います。

加えて、90年代、オウム真理教事件より社会学者のキャリアをスタートさせ、政治、社会、性愛に至るまで広く現代日本を射程に捉えている宮台真司氏さんも登壇。宮台氏がこの現代社会で必要な“正しさ”をどう考えるのか。また3.11以後のこの社会の姿を、本作を軸として語って頂きます。
映画側からは、98年、京都大学在学中に創価学会に一年所属し、その後自主映画製作を開始した木村文洋監督。そして本作の脚本にも関わり、ゼロ年代より派遣労働やフリーター問題に密接にコミットし、『フリーターにとって「自由」とは何か』などの著作もある批評家の杉田俊介さんに登壇頂きます。

トーク後には、本作の音楽を務めたミュージシャンの北村早樹子さんによるミニライブを行います。

息衝く
2018年2月24日(土) ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

URL: ikiduku.com

***********************************

監督:木村文洋
出演:柳沢茂樹 長尾奈奈 古屋隆太 木村知貴 齋藤徳一 西山真来 川瀬陽太 坂本容志枝 小宮孝泰 寺十吾/
脚本・プロデューサー:桑原広考 中植きさら 木村文洋
脚本:杉田俊介 兼沢晋/撮影:高橋和博/撮影・照明:俵謙太/俗音:近藤崇生/助監督:遠藤晶/編集:上田茂/音楽:北村早樹子/録音・ミックス:葛西敏彦/宣伝美術:大橋祐介/宣伝・配給協力:岩井秀世
製作・配給:team JUDAS 2017

2017年/DCP/16:9/130分
©teamJUDAS2017
 


木村文洋監督最新作『息衝く(いきづく)』公開日決定 予告編&メインビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 社会と個のあり方と関わりに鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督『へばの』(’08)、『愛のゆくえ(仮)』(’12)最新作『息衝く(いきづく)』の公開日が2月24 日(土)に決定、ポレポレ東中野、以降 全国順次公開となります。

これを受け、予告編とメインビジュアルが解禁となりました。


映画情報どっとこむ ralph 本作は混迷する国。
宗教団体で育ったよるべなき子供たち。

20年後、彼らは失踪したカリスマ宗教家に会うために再会した。
子供の頃、見上げた空の先には何があったのか―

これはわたしたちの希望を紡ぐ「この国」の物語

と本作に対し、宗教学者:島田裕巳 さん、小説家の木村友祐さんからも本作への真摯な推薦コメントが到着しました。

島田裕巳(宗教学者)
親と子と信仰。これは、三位一体の関係にある。そんな関係が成立してしまうのも、その背景には貧しさがあり、社会 の矛盾があるからである。社会は冷酷で、その矛盾を弱者に押し付けてくる。弱者は居場所を失って、新宗教に逃 げ場を求める。 その組織は果たして、そうした矛盾から人を救い出してくれるのだろうか。 それは、映画が提起する重要な課題だ。

木村友祐(小説家)
息衝く』を観ながら、おれはこんな小説が書きたかったんだと全身がざわつき、高ぶり、軽い嫉妬をおぼえていた。 息ができない現代日本の空気感を生々しくとらえながら、それでも〝まっとうさ〟を希求する本作の純真なたたずま いに、胸打たれずにはいられない。

映画情報どっとこむ ralph 『息衝く』
物語・・・
3.11、数年後の夏を迎える、東京。参議院選挙が始まろうとしていた。この国にとって幾度目か、そして則夫、 大和にとって―果たして幾度目の「忙しい夏」なのか。彼らはカリスマ・森山の失踪後、久しくして“種子の会”選挙に呼び 戻される。「原発廃炉が争点となるか」、その言葉を幹部との人質に交わしながら。活動に邁進する大和。一方、則夫は、幼少 期に核開発が始まった青森県・六ヶ所村に妹と父とを残してきた記憶に決着をつけられず、母・悦子との最後の時間を目前に していた。そのさなか、かつて想いを抱いていた慈と再会する―

URL: ikiduku.com


***********************************

監督:木村文洋
脚本・プロデューサー:桑原広考 中植きさら 木村文洋
脚本:杉田俊介 兼沢晋
撮影:高橋和博
撮影・照明:俵謙太
俗音:近藤崇生
助監督:遠藤晶
編集:上田茂
音楽:北村早樹子
録音・ミックス:葛西敏彦
宣伝美術:大橋祐介
宣伝・配給協 力:岩井秀世
製作・配給:team JUDAS 2017


伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里らが登壇『秋の理由』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 60代を迎えてもなお、「まだ途中だ。なにひとつ終わっていない」とあがく二人の男(伊藤洋三郎、佐野和宏)の友情を軸に、その妻(寺島しのぶ)と、二人の前に突然現れてその三角関係に波紋を投げかける若い女(趣里)を描いた、詩人や映画評論家としても活躍する福間健二監督の最新作『秋の理由』。

10月29日に公開初日を迎え、伊藤洋三郎さん、佐野和宏さん、趣里さん、安藤朋子さん、木村文洋さん、吉野晶さん、小原早織さん、正木佐和さん、安部智凛さん、福間健二監督が登壇する初日舞台あいさつが行われました。なお、残念ながら撮影中のため寺島しのぶさんは欠席でした。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6
『秋の理由』初日舞台挨拶
日付:10月29日(土)
場所:新宿・K’s cinema
登壇:伊藤洋三郎、佐野和宏、趣里、安藤朋子、木村文洋、小原早織、正木佐和、安部智凛、福間健二監督

映画情報どっとこむ TJ %e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e7%a6%8f%e9%96%93%e5%81%a5%e4%ba%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3
福間監督:『秋の理由』スタッフキャストに恵まれて思い通りの映画ができたなと思っています。

と第一声。

伊藤さん:一期一会。来ていただいた皆様が幸せになりますように。この映画は観る人によって、観る角度によって全然違うのが一つの魅力だと思う
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e4%bc%8a%e8%97%a4%e6%b4%8b%e4%b8%89%e9%83%8e
と挨拶、咽頭癌で声を失った佐野さんは筆談を伊藤さんが代読!
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f
佐野さん:代読:役になりきって声が出なくなってしまいました(笑)

と、笑いをとります。

趣里さん:去年、素敵な皆さんと一日素敵に過ごした日々がこうして初日を迎えられて嬉しく思っています。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e8%b6%a3%e9%87%8c
安藤さん:演劇を主でやっていますが、映画初デビューです。緊張して演じましたが楽しませていただきました。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%ae%89%e8%97%a4%e6%9c%8b%e5%ad%90
木村さん:学生からベテランカメラマンまで、自立した緊張感があって不思議な現場でした。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e6%9c%a8%e6%9d%91%e6%96%87%e6%b4%8b
小原さん:2作前から福間監督の作品に出させていただいていて、沢山の方がかかわってこのような作品が出来上がってとてもうれしく感じています。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%b0%8f%e5%8e%9f%e6%97%a9%e7%b9%94
正木さん:見どころは・・・こちらにいらっしゃる佐野和宏さん、木村文洋監督を始め、色んな映画監督たち(瀬々敬久監督、佐藤寿保監督、サトウトシキ監督、いまおかしんじ監督)が出演しているので、ぜひ発見してください。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e6%ad%a3%e6%9c%a8%e4%bd%90%e5%92%8c
安部さん:マスコミさん向けのネタを・・準備していません(笑)・・でも、どうぞよろしくお願いします!
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%ae%89%e9%83%a8%e6%99%ba%e5%87%9b
と一言挨拶。

映画情報どっとこむ TJ 伊藤洋三郎、佐野和宏、寺島しのぶと本作で初めてご一緒して監督は

福間監督:伊藤さんは、“今一番撮りたい男の顔”という感じでキャスティングしたので、顔を撮りに行ったのだけれど、手がきれいなんで、手に注目してください。伊藤さんだけじゃなく、みんな手がいい。佐野和宏さんとは長い付き合いだけれど、監督もされていて、芝居もうまいので、毎日驚かされ、助けられました。“佐野アイデア”でやればいけるな、というの多かったです。作家は書けない時や悩んでいる時、何かを拭いているなと思って、脚本には『雑巾がけ』と書いたのだけれど、佐野さんが『裸でやりたい』と言ってきた。そうなると、監督の仕事は、佐野さんが衣装合わせに持ってきた自前のパンツ3枚の内、どれにしようかと決めること。(会場笑い)どんなパンツを選んだか、見てください。

と答え、会場は笑いに包まれました。また、寺島さん、趣里さんに関して、

福間監督:集中力がすごい。寺島さんに思いっきりやってもらっているところを見てください。趣里ちゃんは何の心配もなくて。駄目だししたら台本に書いてありますって!さすがだなと・・

と、監督が言うとすかさず佐野さん筆談で

佐野さん:その若さで口答え!?

趣里さん:いやいやいや。そんな・・そんな感じじゃないです。

と一番若い趣里さんをいじって会場を温めます。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f%ef%bd%98%e8%b6%a3%e9%87%8c
趣里さん:みなさん素敵な方々で、最後には家族のようでした。監督の力だと思います。切ない秋でしたが心は温かかったですね。

伊藤さんについて聞かれると・・・

趣里さん:紳士でお若い。(撮影当時)60歳というのが信じられないですよね。楽しかったです。素敵です。

と言われた伊藤さんは

伊藤さん:ちゃんといい家庭で育っているから、ちゃんと褒めてくれてありがとうございます。

とかなり恥ずかしそう。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af 続けて

伊藤さん:趣里ちゃんに、『趣里ちゃんのお父さん(水谷豊)は僕のことを知っている』という話をして、『何か言ってた?』と聞いたら、『あいつ、いい奴だよ』って言ってたとのことだったので、良かったと思った

というエピソードを語りました。

映画情報どっとこむ TJ 佐野さんは寺島とのエピソードとして、

佐野さん:ほとんど現場でしか会っていなかったのに、仲の悪い夫婦がよくできたなと思う。

と回答し、会場の笑いを誘った。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e7%a6%8f%e9%96%93%e5%81%a5%e4%ba%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3_ 監督は、映画『海炭市叙景』、『そこのみにて光輝く』、『オーバー・フェンス』などの原作者で、41歳で自ら命を絶った作家の佐藤泰志さんと親友で、本作には佐藤さんへの想いが詰まっている。

監督:作家の話をやるかどうか、佐藤泰志についての想いがあるので、どうしようかと思った時期もあった。『男同士の友情の話はやりたい、やれるな』と思い、『それなら“編集者と作家”』という風になっていったんですけれど、佐野和宏にその作家をやってもらうことで、彼もここまで色々なことがあったでしょうし、僕は僕で詩や映画をやっていますけれど、いつもどうしていいかわからないという状態なので、それをやるとどうしても佐藤泰志に引きずられていく。けれど佐藤泰志は亡くなった。でもこの映画では、佐野和宏を通して“生きている”という意味を確かめたかった。

と話しました。

最後に

監督:88分、250カットあるんですけれど、1カットずつ本当に心を込めて作りました。K’s cinemaは画も音もすごくいいので、画と音をぜひ味わってください。映画は闇と光だということを体験してもらえたらと思います。

と観客にメッセージを送りイベントは終了!


映画情報どっとこむ TJ 新宿K’sシネマにて上映中(~11/18)他、順次公開です。

秋の理由_チラシ土浦セントラスシネマズ(11/5~11/18)
岡山メルパ(11/12~11/25)
萩ツインシネマ(11/12~)
中州大洋劇場(11/12~11/18~)
ニュー八王子シネマ(11/19~12/2)
シネマルナティック(11/19~11/25)
桜井薬局セントラルホール(11/28~12/9)
横浜シネマジャック&ベティ(12/3~)
ガーデンズシネマ(12/10、12/11)
第七藝術劇場(12/17~)
京都みなみ会館(12/17~12/23)
元町映画館(12/17~12/23)など

物語・・・
宮本守(伊藤洋三郎)は、本の編集者で、小さな出版社「黙示書房」を経営しているが、経営は苦しく、事務所をたたむことになる。宮本の友人・村岡正夫(佐野和宏)は作家だが、代表作『秋の理由』以降、もう何年も小説を発表していない。精神的な不調から声が出なくなり、筆談器を使っている。宮本は村岡の才能を信じ、彼の新作を出したいと思っている。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e3%82%b5%e3%83%963%e4%bc%8a%e8%97%a4%e6%b4%8b%e4%b8%89%e9%83%8e%e3%83%bb%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f そして実は、村岡の妻・美咲(寺島しのぶ)が好きなのである。ある日、宮本と村岡の前に『秋の理由』を何回も読んだというミク(趣里)が現れる。ミクは『秋の理由』のヒロインに似ていて、まるで村岡の言葉から生まれたかのような存在である。ミクと過ごす時間の中で、宮本は美咲への思いをはっきりと自覚するが、美咲はそれを受け入れてくれない。けれど、美咲と村岡の関係は険悪になる。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1-_%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f%e3%83%bb%e5%af%ba%e5%b3%b6%e3%81%97%e3%81%ae%e3%81%b6%e9%83%a8%e5%b1%8b 村岡は、正気と狂気の間を揺れ動き、難民的な男女の群れの中に自分がいる夢をよく見る。村岡は自分のそばに宮本がいることを苦痛に感じ、宮本にそれを言ってしまう。すると、宮本は怒りを爆発させる。村岡に、自分に、そしてこの世界のあり方に。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1-%e3%82%b5%e3%83%962%e8%b6%a3%e9%87%8c%e3%83%bb%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f
公式サイト:akinoriyuu.com/ 
公式Twitter:@toughmama

***********************************

出演:伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶほか
監督:福間健二 
脚本:福間健二・高田亮 
プロデューサー:福間恵子・小林良二 
撮影:鈴木一博 
録音・音響:小川武 
編集:秦岳志 
音楽:清岡秀哉

宣伝・配給:渋谷プロダクション 
製作:「秋の理由」製作委員会(tough mama 渋谷プロダクション)
2016年/DCP/5.1ch/日本/16:9/88分
(c)「秋の理由」製作委員会