「木村佳乃」タグアーカイブ

川栄李奈、板野友美、コムアイ、木村佳乃ら映画『Diner ダイナー』追加キャスト発表


映画情報どっとこむ ralph 監督:蜷川実花×主演:藤原竜也で映画化!映画『Diner ダイナー』が、7月5日(金)に公開となります。

映画『Diner ダイナー』 主演は、藤原竜也。今回演じるのは、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

ヒロインは大抜擢された玉城ティナ。

ボンベロのダイナー<食堂>に集うのは、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら日本映画界を代表する本格派の豪華俳優たち。豪華キャストで、まさかの全員“殺し屋”!

この度、本作に登場するさらなる豪華出演キャストが解禁に!
Diner ダイナー
解禁された画像に映る、黒髪にカラコンという出で立ちでピンクの洋服を着こなす女性は川栄李奈。カナコが<ダイナー>に売られる直前に訪れた旅行代理店のスタッフとして働いており、カナコの名前を見て小馬鹿にする女性を演じている。

そして、カナコが眺めているTV画面に映るお天気キャスターには板野友美。

また、小説「白鯨」を手に湖の前で物憂げな表情を見せる女性は「水曜日のカンパネラ」のボーカルとしても活躍するコムアイ。彼女が登場するのは、衝撃の事実が明かされる重要なシーン。

モノクロの写真の中に収まるのは木村佳乃。劇中でも写真としての登場のみにはなっているが、実は、殺し屋の一人“スキン”の亡くなった母親役。スキンは母の写真を肌身離さず持ち歩き、母との大切な思い出に生きる希望を見出している。

さらに、母に捨てられ、孤独な少女時代のカナコをあやす祖母役に角替和枝。カナコの唯一の特技である料理を教え、優しさと温かさ溢れる祖母として映画に登場している。

解禁された画像の中でも、強烈なインパクトを放つのが品川徹。今回解禁されたキャストの中で唯一、<ダイナー>に来店するキャラクターとなっており、本郷奏多演じる“キッド”にとって欠かせない存在だ。

映画情報どっとこむ ralph いつ、どこで、どんな風に彼女たちが登場するのか、些細なシーンも見逃し厳禁のチェックポイント!ぜひスクリーンでチェックしてみては?

映画『Diner ダイナー』

公式サイト:
diner-movie.jp

公式Twitter:
@DinerMovie

公式Instagram:
@dinermovie

#ダイナー

Diner ダイナー
<ストーリー>
ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる!

***********************************


藤原竜也 玉城ティナ

窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ

小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花 音楽:大沢伸一

主題歌:DAOKO✕MIYAVI 「千客万来」(ユニバーサル ミュージック)
監督:蜷川実花

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会
蜷川監督フォトクレジット:(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

芦田愛菜、木村佳乃、田中圭のG級俳優陣が日本語吹き替え!『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』


映画情報どっとこむ ralph 2019年。
ゴジラが誕生して65年。日本発、ハリウッド製作の世界最大級の超大作『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、再び全世界を蹂躙する。

そして、この度、日本語吹き替え版キャストに芦田愛菜、木村佳乃、田中圭という、モンスターに負けず劣らずのゴジラ級の豪華俳優陣が決定いたしました!!

映画情報どっとこむ ralph ミリー・ボビー・ブラウンと同い年の芦田愛菜はまるで彼女にシンクロしたかのように反抗期の少女・マディソン役を演じています。


芦田愛菜さん【マディソン・ラッセル役】コメント
【エマとマークの学者の両親も持つ娘。落ち着きがあり大人びている。母の研究に興味があり、行動を共にする。】
昔から皆さんに愛されていて、続編を皆さんが待ちわびているゴジラに参加出来て嬉しく思います。吹き替えは、自分の演技の表現ではなくて、マディソン役を演じられたミリー・ボビー・ブラウンさんの演技、声、表情に合わせて表現するので難しかったです。彼女の演技に合った声を出すことを心がけました。
この作品は、人間たちによって自然が汚染されていて、地球が破滅へ向かっていることへの警鐘を鳴らしていると感じて深く考えさせられました。幼いころは、ゴジラに対して怖い印象があって触れずに来ましたが奥が深くてもっとゴジラについて知りたいと思いました。モスラも印象的で、すごく美しくて優雅なのに強い。カッコいいと思いました。
そして、とにかく迫力が満点でラスト15分は息をするのを忘れるくらい見入ってしまい、ゴジラだけでなくモスラ、ラドン、キングギドラと次から次へと怪獣が出てきて圧倒されました。早く皆さんにもこの迫力を映画館のスクリーンで体感して欲しいと思います!

映画情報どっとこむ ralph 演技派女優の木村佳乃は、物語の鍵を握り学者であり母親でもある重要な役所。

木村佳乃(43)【エマ・ラッセル役】コメント
【元モナークの幹部で、純古生物学者。マディソンの母親であり、マークの元妻。】
エマ役のヴェラ・ファーミガさんのファンだったので、その役の吹き替えを行うことが出来て嬉しかったです。叫び声のセリフが多かったですが、優秀な博士の役所なのとヴェラさんのトーンに合わせて落ち着いた声で演じました。ただ、本編の映像の迫力が凄くて、画面を見入ってしまいセリフのタイミングを間違いまくってしまいました(笑)
今作は、迫力ある映像に加えて、博士たちの専門用語がたくさん出てくる会話など子供から大人まで楽しめる要素がたくさん入っています。関係が壊れてしまったところから始まる夫婦や反抗期の年頃の娘との家族ドラマも見所で、あっと驚く展開が最後に待ち構えているのでお楽しみにしてくださいね。怪獣では多くが飛ぶ中で、地道に二足歩行で、まさに地に足が付いたゴジラが一番好きで、「シン・ゴジラ」の野村萬斎さん(ゴジラのモーションキャプチャー演者)の動きをよく真似をしていたくらい(笑)そんなゴジラをはじめ怪獣たちが登場する今作はもの凄い映画となっていますので是非劇場でご覧になってください。

映画情報どっとこむ ralph 吹き替えに初挑戦という田中圭は実年齢がかなり離れた父親役という難しい条件の中、家族と世界を守ろうとする役を演じています。

田中圭(34)【マーク・ラッセル役】コメント
【コロラドで生活する動物学者。マディソンの父親でありエマの元夫。特務機関モナークに協力を要請される。】
吹き替えは、初めての経験でしたので楽しみで興味を持っていました。実際にやってみると、自分が吹き替えたマーク役を演じたカイル・チャンドラーさんが演技で作った感情をどこまで掴んでそれを吹き替えとして反映させたら効果的かを考えました。さらに年齢差もあったので役に合うようになるべく低い声を心がけましたが、そうすると表現できる感情の幅が限られてくる。すごく楽しかったのですがすごく難しかったです。
ゴジラは子供の頃、自分にとってはヒーローの存在でした。リアリティとフィクションの狭間にいて、ずっと僕らの心に居続け、いつもワクワクして見たいと思わせてくれるキャラクター。この先ももっと愛され続けていくのだろうと思います。今回登場するモンスターではキングギドラのフィギュアを持っていたくらい好きです。そんなゴジラに関われて本当に嬉しいです。初めて吹き替えに挑戦して未熟な所がありましたが、ゴジラは全然未熟でないので映画を楽しんでご覧ください(笑)

映画情報どっとこむ ralph この3人の家族が世界の危機の状況下で、愛する人を守る為に行動する姿を描いた家族ドラマは本作の見所です!!

人智を超えた圧倒的な脅威との対峙。モンスターが現れた時、我々全人類はどう立ち向かうのか!?本編への期待がますます高まる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は本年2019年5月31日に世界同時公開となります。生誕65周年を迎えたゴジラの咆哮の幕開けです!!

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

ストーリー                               
『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を舞台に、復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦い、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする未確認生物特務機関・モナークの活躍を描く。この単なる伝説にすぎないと思われていた古来の圧倒的な力をもつ生物たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争いを始めたとき、全人類の存在すらもが危ぶまれてゆく。

***********************************


監督:マイケル・ドハティ
脚本:マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
エグゼクティブ・プロデューサー:ベリー・H・ウォルドマン、ザック・シールズ、 
松岡宏泰、大田圭二、ダン・リン、ロイ・リー、坂野義光、奥平謙二
プロデューサー:メアリー・ペアレント、アレックス・ガルシア、トーマス・タル、
       ジョン・ジャシニ、ブライアン・ロジャース、
共同プロデューサー:アレクサンドラ・メンデス
撮影監督:ローレンス・シャー
美術監督:スコット・チャンブリス
音楽:ベン・マクリアリー
編集:ロジャー・バートン
衣装:ルイーズ・ミンゲンバック
VFX監修:ギヨーム・ロシェロン
キャスト:カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、
ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、
渡辺謙、チャン・ツィイー 他
日本語吹き替え版キャスト:芦田愛菜、木村佳乃、田中圭 他
製作:レジェンダリー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース
北米公開日(日本同時公開):2019年5月31日 
日本配給:東宝
© 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

三谷幸喜 『記憶にございません!』の舞台は政界!新キャスト&ティザーチラシビジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 国民的脚本家・演出家・映画監督:三谷幸喜監督 最新作映画監督作品8作目となる本作の舞台は、“政界”!
国民から嫌われ、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、彼は記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、直近の秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく。やがて、あらゆるしがらみから開放され、真摯に政治と向かい合うことになった啓介は、次第に本気でこの国を変えたいと思い始める‥‥。
主人公の総理大臣・黒田啓介には、三谷作品に多数出演し絶大なる信頼を得る中井貴一。黒田総理を支える首相秘書官・井坂には、三谷作品初参加となるディーン・フジオカ。総理の妻・聡子に三谷映画初出演の石田ゆり子。さらに、政界を牛耳る官房長官・鶴丸大悟に、三谷監督が脚本を担当したNHK大河ドラマ「真田丸」での好演が記憶に新しい草刈正雄。そして、総理をゆするタブロイド紙のフリーライター・古郡に、三谷映画には欠かせない佐藤浩市。

映画情報どっとこむ ralph そして新たに、本作のキャストが発表となりました!

首相秘書官・井坂と共に総理を支える熱い事務秘書官・番場のぞみに小池栄子。

総理官邸で黒田一家に仕えるマイペースな官邸料理人、寿賀さんに斉藤由貴。

記憶を失った総理の元にやってくるアメリカ初の日系女性大統領、スーザン・セントジェームス・ナリカワに木村佳乃。

そして、黒田総理と敵対する白いスーツの野党第二党首・山西あかねに吉田羊と超豪華四女優が決定!

今までドラマや舞台では三谷作品への出演歴がありますが、今回三谷映画初となる女優陣。この豪華な女優陣が加わり、さらに三谷映画でしか見られない、オールスターキャストによる笑いの競演が実現します!

映画情報どっとこむ ralph さらに、今作のビジュアルがついに解禁!

解禁された本作のティザーチラシは、両面仕様。

表面はイラスト仕立て。描いたKEI-COの本業は主婦。三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ「真田丸」放映時、ファンの描いたイラスト(いわゆる「丸絵」)がネット上でブームとなりました。その中でもKEI-COが描く繊細な似顔絵は注目を集め、三谷監督もその技術とセンスを絶賛。今回の抜擢となりました。
裏面は、“記憶喪失の総理大臣”を中心に、一癖も二癖もありそうな絶妙な表情をした政治家とそれを取り巻く人々を人間臭さたっぷりに表現し、『記憶にございません!』の世界観を構築したビジュアルになっています。

なお、このティザーチラシは4月19日(金)より全国の劇場で提出されます。

***********************************


■脚本と監督 三谷幸喜
映画監督作品 「ラヂオの時間」(97)、「みんなのいえ」(01)、「THE 有頂天ホテル」(06)、 「ザ・マジックアワー」(08)、「ステキな金縛り」(11)、「清須会議」(13)、 「ギャラクシー街道」(15)

キャスト
■三谷幸喜 最新作『記憶にございません!




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

棚橋弘至サプライズに涙!寺田心も貰い泣き『パパはわるものチャンピオン』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至の主演で待望の映画化となりました。

『パパはわるものチャンピオン』が9月21日(金)に、ついに公開を迎え、本日公開記念舞台挨拶を行いました。

本業が多忙なさなか、この映画の撮影のためプロモーション活動を全力で行ってくれた棚橋さんへ、本気のサプライズを敢行!!

撮影中に棚橋さんを支えてきたあるスタッフからの手紙が読み上げられると、これには棚橋さんも我慢できずに号泣!感動包まれた、あたたかな舞台挨拶となりました。


日程:9月22日(土) 
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:棚橋弘至、木村佳乃、寺田心、高橋優、藤村享平監督

映画情報どっとこむ ralph 棚橋さんと寺田さんは手をつないで登場、本作が映画は初主演となった棚橋さんは登壇直後、

棚橋さん:みなさんいかがでしたか?

と尋ねると、会場からは大きな拍手で返され、

棚橋さん:これで安心して進められます。(笑)

と笑顔で一言。満員の劇場をみて、藤村監督も感無量の様子。

9月22日の今日は、本作の最初の打ち合わせから493日目。500日近くこの映画に向き合ってきて本日の舞台を迎えた今の気持ちを聞かれると、

棚橋さん:ハレの舞台。プロレスラーになってから、こんなに大きな劇場で、こんなに多くのみなさんの前で舞台挨拶することになると思ってなかったので嬉しいです。僕監督に聞いてみたかったのですが、初めての打ち合わせのとき、本当に『棚橋でいける!』と思ってくれたのかなって・・・。

と恐る恐る監督に質問し、

棚橋さん:初めにお会いしたときは、棚橋さんと、一緒にやることは本当に決めていました。最初はどんな方かわからなかったので、不安だったんですが、お会いして、棚橋さんの覚悟をすごく感じたんです。僕も初めてで、棚橋さんも今回初主演できっとそうとうプレッシャーもあったと思いますが、そこに立ち向かっていく意思をすごく感じて、きっとそれが映画にも反映されていると思います。

と、初対面から棚橋の強さと覚悟を感じたという想いを明かす。

座長として気を付けたことについて聞かれ

棚橋さん:木村さんや寺田さんに演技の面ですごく助けられたので、スタッフさんやエキストラさんに積極的に声をかけたり、いい雰囲気で撮影できるように座長として勤めていました。

と座長としての立ち回りでの心がけを語った。

そんな座長・棚橋さんについて、

木村さん:棚橋さんは、とっても強そうですが、すごく可愛らしい一面もあるんです。差し入れのスイーツに飛びついたり。甘いものを嬉しそうにみて写真を撮ったりして、女子力が高いな~と(笑) こんなに男らしいのに、『でもあんまり食べたら太っちゃうな』とか悩んでる姿がとってもかわいらしいなと思ってみていました。

と、意外な一面があったことを語りました。

心くん:棚橋さんはたくさん遊んでくださりました。プロレスごっこしたり。

と明かすと、当時よくやっていた“オカダカズチカのレインメーカーをよけて棚橋に一撃する”という遊びを二人で実演し、和気あいあいとした撮影現場だったことを感じさせた。

心くん:思い出がつまっている毎日でした。毎日ワクワクがいっぱいでした。毎日撮影が楽しみだなと思っていました。

と話し、撮影が楽しいものだったと明かした。

今回の主題歌を担当した高橋は、映像を観て、何度も曲を書いたそうで、

高橋さん:何度もみて、その都度新しい発見があって、大好きな映画になりました。プロレスのシーンを観ているとかっこいい男の人の背中、というような曲もいいなと思ったのですが、人のあたったかさが伝わってくる映画だなと思ったので、そういう方向で曲をつくっていきました。

と曲作りの裏話を語った。

このプロモーションのため、100媒体を超える取材を一人で背負ってきた棚橋さんは、まさに“100媒体を背負う逸材”。

棚橋さん:やっぱり繰り返し情報を発信していかないと、映画があるということが伝わらない。なので、いろんな角度からみなさんに少しでも届けられるようにがんばりました。

と話し、座長ということに対するプレッシャーもあったからでは?と聞かれると、

棚橋さん:すごくプレッシャーを感じていました。一ミリもみせませんでしたけど。(笑)

と本音を暴露した。

映画情報どっとこむ ralph ★本気のサプライズ!!塩崎監督補からの手紙に棚橋さんは思わず…?

するとスクリーンにクランクアップで花束を受け取り、挨拶をしながら男泣きする棚橋さんの姿が投影され、普段は常に笑顔でふるまっている棚橋さんの貴重な姿が見られる、ファンにとっては嬉しい映像がここで初解禁となった。映像を

棚橋さん:本人なのにもらい泣きしてしまいました。

と照れ笑い。

するとここで、本舞台挨拶のメイン威厳とである、サプライズを敢行!!本作の監督補で、主題歌の『ありがとう』のPVの監督も務められた塩崎監督補からのサプライズの手紙が読み上げられた。棚橋さんを演技面で支え続けてきたスタッフからの手紙に、

棚橋さん:笑顔無理ですよ…(笑)ありがとうございます。

を天井を見つめながら、その瞳からは涙がこぼれ落ちていた。
監督から「我らのエース」と書かれた色紙のプレゼント。そんな、初めての映画主演で撮影からプロモーションまで走り続けてきた棚橋の姿に対し、

心くん:棚橋さんがんばりました…!

が涙声でコメント。

キャストに感情移入し、涙する観客もおり、場内があたたかい空気で満たされていった。

最後に

棚橋さん:これからも宣伝頑張っていきますので、みなさんも周りの方に『パパわる面白かったよ』と広めていってくださいね。みなさん!愛してま~す!

と締めたあと、客席に向かって、寺田と一緒に劇中に自身が演じた役の“ゴキブリポーズ”のサービス。

イベントは大盛況の中幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『パパはわるものチャンピオン』

www.papawaru.jp

2018年9月21日(金)全国ロードショー


物語・・・
まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか。

***********************************

出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」
作:板橋雅弘 
絵:吉田尚令(岩崎書店刊)
監督・脚本:藤村享平
制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン
配給:ショウゲート
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『パパはわるものチャンピオン』×焼肉レストラン「安楽亭」コラボ決定


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と、『パパはわるものチャンピオン』(岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至の主演。そして、パパの本当の仕事を知ってショックを受ける息子・祥太役には、寺田心くんで待望の映画化となりました。

そして今回、本作と株式会社安楽亭が運営する焼肉レストラン安楽亭、全国約177店舗で、映画の公開を記念したコラボキャンペーンを2018年8月29日(水)から10月9日(火)まで実施する運びとなりました!
安楽亭で一番人気の上タン塩が、映画にちなみプロレスサイズの厚切りになって登場!期間中に、Twitterで画像を投稿すると抽選で、映画『パパはわるものチャンピオン』豪華キャストのサイン入りマスコミ向けパンフレットや、棚橋弘至サイン入りTシャツをプレゼント致します。

愛する家族のために戦うパパ・孝志と家族の織り成す感動映画『パパはわるものチャンピオン』と、ファミリー層に大人気の安楽亭のコラボキャンペーンとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 【コラボキャンペーン】
キャンペーン名:映画『パパはわるものチャンピオン』公開記念 「俺が焼肉チャンピオン」フェア

実施期間:8月29日(水)~10月9日(火)

対象店舗:安楽亭 全国約177店舗

参加方法:安楽亭店舗で厚切り上タン塩(1,580円(税別))を注文して、画像とハッシュタグ【#安楽亭】【#パパわる】を付けてTwitterで投稿すると、抽選で豪華賞品が当たる!

※抽選で賞品①②いずれかの賞品が当たります。

賞品①:豪華キャストのサイン入り!マスコミ向けパンフレット+安楽亭お食事券3,000円分(5名様)

賞品②:棚橋弘至サイン入りTシャツ(Mサイズ)+安楽亭お食事券3,000円分(5名様)   
 
キャンペーンURL:http://papawaru.anrakutei.jp

※8月29日(水)午前10時公開    

映画情報どっとこむ ralph パパはわるものチャンピオン


www.papawaru.jp

【STORY】
大事なのは勝つことじゃない。人生を戦い続けるすべての人に贈る感動の物語。
まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか―。

***********************************

出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」作:板橋雅弘 絵:吉田尚令(岩崎書店刊)

監督・脚本:藤村享平 
主題歌:高橋優「ありがとう」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン
配給:ショウゲート 
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ