「木村ひさし」タグアーカイブ

『屍人荘の殺人』ミステリ&謎解き界絶賛コメント&最新場面スチール公開


映画情報どっとこむ ralph 小説「屍人荘の殺人」を木村ひさし監督率いる超一流トップクリエイター陣により、ついに実写映画化!!
12月13日(金)に劇場公開!!
『屍人荘の殺人』
主演の神木隆之介が探偵に振り回される探偵助手(ワトソン)を、浜辺美波と中村倫也が2人の探偵(ホームズ)を演じ、人気と実力を兼ね備えた3人が前代未聞の連続殺人事件の謎に挑みます! さらに、容疑者候補となる怪しい登場人物には葉山奨之、矢本悠馬、佐久間由衣、山田杏奈、大関れいか、福本莉子、塚地武雅、ふせえり、池田鉄洋、古川雄輝、柄本時生と、個性豊かな俳優陣が勢ぞろいしました!

そんな本作の主題歌を歌うのは、今やワールドワイドに活躍し、来年デビュー15周年を迎える大人気の3人組テクノユニット・Perfume。中田ヤスタカにより新曲『再生』が書下ろされました。

そしてこの度、綾辻行人(「館」シリーズ)・有栖川有栖(「学生アリス」シリーズ)・天樹征丸(「金田一少年の事件簿」原作者)・松丸亮吾(謎解きクリエイター)ら、ミステリ界、謎解き界のトップを走る面々から映画「屍人荘の殺人」の感想コメントが到着致しました!!

ミステリを愛する人ならその名を知らない人はいないミステリ作家・綾辻行人は「制作陣が打ち出した方向性といくつもの工夫は、原作の美点を充分に活かしたうえで、よりいっそう作品のエンターテインメント性を高めることに成功している。お見事である。」と述べ、ミステリ界の第一線を走る有栖川有栖は「これほどトリッキーな館ものの本格ミステリが、これほどきっちりと映画化されたのは快挙でしょう。二人の名探偵+ワトソン役のキャスティングも、ぴたりとはまっています。」とコメント、さらに「屍人荘の殺人」原作者・今村昌弘先生が大ファンと公言する、「金田一少年の事件簿」原作者・天樹征丸からは「ミステリを愛しその未来に期待している者として、この映画を心より推薦したいと思う。」という言葉が届き、ミステリ界の大物たちが本作を大絶賛!!

映画情報どっとこむ ralph 更に、謎解きクリエイターとして、テレビに著書に、大活躍中の松丸亮吾から、「「これは難しそう、犯人はどうやってやったんだろう…?」と感じたトリックも、進んでいくうちに全て解くための情報が揃っていて、解説を聞くと思わず「これは先に思いつきたかった…!」と悔しくなりさえしました(笑) そういった意味では、観てる人も一緒に参加して楽しめる”謎解きゲーム”的な見方もできるのかなと。もし探偵よりも先に答えにたどり着けたら相当快感です。」との気持ちのこもったコメントも! いよいよ公開まであと【10日】に迫った本作が、ますます楽しみになること間違いなしの、「謎」を愛する各界のトップクリエイターのコメントをご覧ください。

≪感想コメント一覧(順不同・敬称略)≫

綾辻行人 (『十角館の殺人』など)
原作小説を読んだとき最も感心したのは、破天荒な特殊設定を用いながらもあくまで本格ミステリの正道を行くトリックやロジック、その強度と巧妙さだった。同時に、映像化との相性の良さも強く感じたものだったが、早くもそれが実現したわけだ。ここで制作陣が打ち出した方向性といくつもの工夫は、原作の美点を充分に活かしたうえで、よりいっそう作品のエンターテインメント性を高めることに成功している。お見事である。
 それにしても、剣崎比留子を演じる浜辺美波の、何と可愛くもオモシロイことか。すっかり私、やられてしまいました。

有栖川有栖 (『月光ゲーム』など)
これほどトリッキーな館ものの本格ミステリーが、これほどきっちりと映画化されたのは快挙でしょう。二人の名探偵+ワトソン役のキャスティングも、ぴたりとはまっています。
全編にちりばめられた謎を解き、犯人を見破るための手掛かりがフェアに提示されるので、ぜひスクリーンに集中して、とんでもない状況下(とんでもなさすぎる……)での推理ゲームをお楽しみください。
原作にはないオリジナルのアイディアも盛り込まれています。

松丸亮吾(謎解きクリエイター)
小説と漫画を分け隔てなく読みながら育った新世代のミステリ作家が、またひとつ刺激的な作品を著し、
それが早くも映画になった。金田一少年シリーズが拠り所とした、ビジュアライズされて活きる設定やトリック、
キャラクターに、ある『新しいエレメント』が加わったこの映画は、ミステリファンのみならず、
誰しもが楽しめる上質なエンターテイメントに仕上がっている。
しかもそのスタッフには、金田一少年の映像化に携わったクリエーターが、複数人関わっていると聞いた。
これは観なくてはならない。ミステリを愛しその未来に期待している者として、この映画を心より推薦したいと思う。                                            天樹征丸 (「金田一少年の事件簿」原作者) 序盤・中盤に散りばめられた伏線が、終盤にかけて余すところなく回収されるさまが本当に鮮やかでした。「これは難しそう、犯人はどうやってやったんだろう…?」と感じたトリックも、進んでいくうちに全て解くための情報が揃っていて、解説を聞くと思わず「これは先に思いつきたかった…!」と悔しくなりさえしました(笑)そういった意味では、観てる人も一緒に参加して楽しめる”謎解きゲーム”的な見方もできるのかなと。もし探偵よりも先に答えにたどり着けたら相当快感です。ぜひ劇場で挑んでみてください!                                                     

映画情報どっとこむ ralph そして、この「謎」を愛する各界のトップクリエイターたちの絶賛コメントに応えるかのごとく、「屍人荘の殺人」の原作者・今村昌弘が、シリーズ新作短編を発表! 12月11日(水)発売の『ミステリーズ!98号』に「屍人荘の殺人」エピソード0 「明智恭介 最初でも最後でもない事件」が掲載されます!!

原作でも映画でも異彩を放つ存在、「自称ホームズ」の明智恭介にスポットライトを当てた物語となっており、明智ファン垂涎間違いなしの短編となっております! エピソード0では、事件をかき乱しながら(!?)謎を解いていく明智と、それにふりまわされながらも少しづつ真相に近づいていく葉村の「神紅のホームズ&ワトソン」の活躍が描かれています。映画公開前に読めば、さらに映画が楽しみになり、すでに原作を読んでいる原作ファンは、明智の意外な一面が楽しめるスペシャルな短編となっております!

さらにさらに、綾辻行人に「剣崎比留子を演じる浜辺美波の、何と可愛くもオモシロイことか。すっかり私、やられてしまいました。」と言わしめた比留子…、そんな彼女の可愛さが溢れ出る(!?)シーンを含め、最新場面スチール7点が初公開!!

比留子の可愛さが溢れ出るスチールから、神妙な面持ちで鉄パイプを持つ葉村(神木)のスチール、さらには、葉村(神木)・明智(中村)・比留子(浜辺)が大学内で出会い、謎を解くシーンのスチールまで、映画の重要なカギを握る(!?)計7点の最新スチールが初解禁となりました。






映画情報どっとこむ ralph ≪新作短編情報≫
「ミステリーズ!vol.98 DECEMBER 2019」 (東京創元社刊)
・「明智恭介 最初でも最後でもない事件」 掲載

※12月11日より全国書店(一部を除く)、電子書籍、LINEノベル等にて発売
 

映画情報どっとこむ ralph 『屍人荘の殺人』

12月13日(金)、「面白いことが起きそうだ…!」

『屍人荘の殺人』

<ストーリー>
神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は学内の事件を推理する自称【ホームズ】と【ワトソン】。しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。

そんなある日、2人の前に剣崎比留子(浜辺美波)という謎の美人女子大生探偵が現れ、
ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、
去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。

3人が向かった先は山奥に佇むペンション【紫湛荘(しじんそう)】。そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。しかし葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。
一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。
それは死因もトリックも全てが前代未聞の連続殺人の幕開けだった――

映画公式SNS
■『屍人荘の殺人』公式Twitter(『ミステリー愛好会』の会員を大募集中!)
@shijinsou_movie 

■『屍人荘の殺人』公式Instagram
@shijinsou_movie

■スペシャルサイト『ようこそ屍人荘へ』 
yokoso-shijinsou.jp

***********************************

作品概要
神木隆之介 浜辺美波
葉山奨之 矢本悠馬 佐久間由衣 山田杏奈 大関れいか 福本莉子
塚地武雅 ふせえり 池田鉄洋 古川雄輝 柄本時生
中村倫也
監督:木村ひさし 
脚本:蒔田光治 
原作:今村昌弘「屍人荘の殺人」(創元推理文庫刊)  
製作:「屍人荘の殺人」製作委員会 
製作プロダクション:東宝映画 ドラゴンフライエンタテインメント 
配給:東宝 
©2019「屍人荘の殺人」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

坂口健太郎 x 永野芽郁 コメント到着!ノンストップ脱出ミステリー 『仮面病棟』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 犯人からも、得体の知れない病院からも逃げられない!ノンストップ脱出ミステリー!
鉄格子で閉ざされた元精神科病院。一日限りの当直を代わった医師・速水は目的の見えない事件に巻き込まれる。ピエロ面の凶悪犯が、負傷した美少女・瞳と立てこもり、身元不明の64名の入院患者と職員たちと共に監禁された。病院内で次々と遭遇する不可解な出来事―― そして発見された1人の遺体。犯人からも、得体の知れない病院からも逃げられない!ノンストップ脱出ミステリー。

坂口健太郎 x 永野芽郁 『仮面病棟』
事件当日に一日限りの当直医を代わった医師の速水秀悟。突然訪れたピエロ面の凶悪犯に、自ら撃った女子大生・瞳の治療を要求され、救った瞳と共に脱出を試みる。主人公の医師・速水秀悟役には、本作で「映画」単独初主演作となる坂口健太郎。これまで『ヒロイン失格』(15)、『64-ロクヨン-』(16)、『ナラタージュ』(17)、『今夜、ロマンス劇場で』(18)、「シグナル 長期未解決事件捜査班」(18)、「イノセンス 冤罪弁護士」(19)、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(19)、さらには公開が控える『そして、生きる』(19)など、その爽やかでいて観るものすべてを惹きつける確かな演技力が絶賛され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。日本を代表する若手実力派俳優となった坂口が、不慮の事故で婚約者を亡くした過去を隠し事件に巻き込まれる医師役として、これまで一度も見せたことのない、秘密を抱えた主人公に挑む。そして、偶然、ピエロ面の凶悪犯に撃たれ傷を負った女子大生の川崎瞳。拉致された先の病院で当直医の速水に治療を施され、救われた速水と共に脱出を試みる。ヒロインの拉致された女子大生・川崎瞳役には、透きとおるような演技力で日本中を魅了する永野芽郁。2018年のNHK連続ドラマ小説「半分、青い」で日本中の注目を集め、NTVドラマ「3年A組‐今日から皆さんは、人質です‐」(19)や、映画『君は月夜に光り輝く』(19)など話題作に次々と出演。人気と実力を兼ね備えた若手実力派女優がこれまでに演じたことのないミステリアスなヒロインを、臨場感と緊迫感溢れた迫真の演技で息をもつかせぬ心理戦を繰り広げる。

■坂口健太郎 コメント
・これからクランクインを迎えますが撮影への意気込みをお願いします。
閉鎖された病院という空間の中で、一ヶ月近くお芝居をすることになります。とても過酷な撮影が続くとは思いますが、役と作品を楽しみたいと思っています。

・台本を読まれどのような作品になると期待されますか。
最初に台本を読んで感じた緊迫感と緊張感をしっかり表現できたら、とても面白い作品になるんじゃないかなと思います。

・これまで演じてこられた役柄とは異なった一面を魅せて頂けると思っています。
ご自身が演じられる役柄に関しましてどのように演じようと思っていますか。

まだまだ速水に対しては分かっていないことも多いですが、今までと役作りの仕方は同じく、役に寄り添って、
彼の考えを理解できるように演じたいです。

・もしご自身が実際に「謎だらけの病院」に閉じ込められ、信用できない人たちに囲まれ、籠城犯からも、病院からも逃げれない、としたらどうされますか?
その状況なら、正直どうしようもできないですね。笑 ただ、人でなくても、環境や、周りの空間、情報だったり、なにか信用できる「味方」を見つけるために試行錯誤すると思います。

■永野芽郁 コメント
・これからクランクインを迎えますが撮影への意気込みをお願いします。
閉鎖空間だからこそ起こる一つ一つの反応を大切に表現できたらと思います。また、坂口さんとは久しぶりにご一緒するので少し恥ずかしさもありますがとても笑顔が溢れた現場になるんだろうな、と今から楽しみにしています。

・これまで演じてこられた役柄とは異なった一面を魅せて頂けると思っています。ご自身が演じられる役柄に関しましてどのように演じようと思っていますか。
言っていることやっていること、真実は何なんだろう。と思っていただけるように演じられたらと思います。

・もしご自身が実際に「謎だらけの病院」に閉じ込められ、信用できない人たちに囲まれ、籠城犯からも、病院からも逃げれない、としたらどうされますか?
とにかく大人しく静かに過ごしますね。笑 目立つなんてことは絶対せずに、ただ過ぎていく時間を待ちます。笑

映画情報どっとこむ ralph 監督はドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」シリーズなど、話題のサスペンスミステリーを数々手掛け、『屍人荘の殺人』の公開も控える木村ひさし。
原作は作家でありながら現役医師である知念実希人にしか描けない、精巧で緻密な病院ミステリー作品がポスト東野圭吾と称されるほど全国の書店員の心をつかみ、2年連続で本屋大賞ノミネートを果たすなど今最も注目を集めるミステリー作家渾身のミステリー小説「仮面病棟」が自身初となる待望の実写映画化を果たす。撮影は9月下旬からクランクインの予定。

■監督:木村ひさし コメント
(かんばんは。木村ひさしです。)
本作は僕にとって今まで経験のないジャンルであり、出演される坂口さん、永野さんも御一緒したかった俳優さんです。新しい作品にチャレンジするのに、大変良い環境が整いました。仮面病棟は僕にとって間違いなく新境地を開く作品になると思います。

■原作:知念実希人 コメント
『仮面病棟』が私の作品の中で初の映画化となり、嬉しく思っております。若手実力派俳優である坂口健太郎さんと永野芽郁さんが本作をどのように演じて下さるのか、今からとても楽しみです。息つく間もないほど緊張感に溢れるサスペンス&ミステリー作品になると期待しておりますので、皆様ぜひご覧になってください。

映画情報どっとこむ ralph 異彩の現役医師が圧倒的リアリティで描く、傑作ベストセラーが初映画化!

『仮面病棟』

2020年3月6日(金)全国公開  
kamen-byoto.jp  

この病院、なにか変だ。
鉄格子で閉ざされた元精神科病院。
一日限りのバイト医・速水は目的の見えない事件に巻き込まれる。
ピエロ面の凶悪犯が、負傷した美少女・瞳と立てこもり、身元不明の64名の入院患者と職員たちと共に監禁された。
病院内で次々と遭遇する不可解な出来事――そして発見された1人の遺体。
犯人からも、得体の知れない病院からも逃げられない!
ノンストップ脱出ミステリー!

***********************************

原作: 知念実希人「仮面病棟」(実業之日本社文庫)
監督:木村ひさし(『屍人荘の殺人』)
出演:坂口健太郎、永野芽郁
製作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ワーナー・ブラザース映画
原作クレジット:(c)知念実希人/実業之日本社
映画クレジット:(c)2020 映画「仮面病棟」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』キャラクターイラスト到着!


映画情報どっとこむ ralph 社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で、遂に映画化!

第一弾はシリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』!真面目過ぎるが故、空回りしながらも世の為、人の為に走り回る不器用な彼らが、日本列島を笑顔で満ち溢れさせる!まさに“令和”の「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」シリーズとも言える人情コメディ。
西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』

このたび、西島秀俊&西田敏行の”西西コンビ”が率いる世直し大好きな阿岐本組の個性豊かなメンバーが、なんとも可愛らしいキャラクターイラストになりました!
西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』キャラクターイラスト
イラストでは、世のため人のため、社会貢献が大好きな阿岐本組長(西田敏行)を筆頭に、そんな世直し組長に巻き込まれがちで、なにやら浮かない顔をした組のみんなの兄貴分・日村(西島秀俊)。大好きな柄シャツに身を包み、何故か片手に花束を持った稔(伊藤淳史)。エプロン姿が妙にマッチした料理上手のグラサン武闘派の健一(池田鉄洋)。チャラ男風だけど可愛いパンダのリストバンドをした金髪若手組員・真吉(佐野和真)。パソコン片手に頭脳派アピールの最年少・徹(前田航基)。見るもバラバラで個性豊かな面々ながら、抜群のチームワークをもつ阿岐本組の特徴を見事に捉えた姿が描き出されている。ちなみにそれぞれが持つアイテムは、実は劇中で活躍する??<大事な必見アイテム>となっている!

『任俠学園』

公式HP:
www.ninkyo-gakuen.jp

Twitter:
@ninkyogakuen

<ストーリー>
困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだった。
『任侠学園』© 今野 敏 / © 2019 映画「任俠学園」製作委員会

***********************************

出演: 西島秀俊 西田敏行
伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋
佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・
桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久
監督:木村ひさし
脚本:酒井雅秋
音楽:末廣健一郎
主題歌:「ツギハギカラフル」 東京スカパラダイスオーケストラ 
挿入歌:「また逢う日まで」 歌:西田敏行 演奏:東京スカパラダイスオーケストラ 
原作:今野 敏『任俠学園』(中公文庫) 
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ
企画・制作プロダクション:ROBOT 
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

西島秀俊 x 西田敏行『任俠学園』映画化決定!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 昔気質のヤクザ者が、世のため、人のため、義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文庫)。「仕事をする上でとっても勉強になる!」、「彼らと一緒に働いてみたい!」など書店員からの口コミがみるみると拡がり、累計45万部を突破。2019年2月1日からはシリーズ第5弾「任俠シネマ」が、読売新聞オンラインでの連載開始を予定している痛快ヒットシリーズです。

そしてこの度、善悪の基準が見えにくい時代に、あまりに正論で攻めるヤクザが次第に世直しヒーローに見えてくるこの大人気シリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』が、2019年秋全国公開することが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 主演を務めるのは、映画にテレビドラマ、CMなど、メディアで目にしない日はないと言えるほどの人気を誇り、日本映画界をリードし続ける男、 西島秀俊さん 。

「義理と人情の任俠役を演じてみたい」と熱望し続けた想いが遂に実現。「親分の言うことは絶対!」真面目過ぎるがゆえ、時に空回ってしまうお茶目な側面を持つ、昭和過ぎる阿岐本組(あきもとぐみ)ナンバー2の日村を見事に演じます。

西島秀俊さん コメント

本作はこれまでのキャリアの中で大きな意味を持つ作品の一つになると確信しています。日村という役は今まで演じたことのない、全く新しいキャラクターです。何が正しく何が間違っているのか、誰もが迷うこんな時代だからこそ、“昔気質”の真っ直ぐ過ぎる日村のような男が新たな道を切り開いてくれるのではないでしょうか。念願の親分役、西田敏行さんの怒涛のアドリブに日々応え続けた素晴らしい共演者の皆さんのキレッキレの名演。平成から新しい時代へ変わる節目の年、笑って泣ける世直しエンターテインメントを是非劇場でお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph そして、西島演じる日村やその弟分たちを、振り回しながらも、そのストレートな言葉で多くの人の心を揺さぶる阿岐本組・阿岐本組長を演じるのが、 西田敏行さん 。

『釣りバカ日誌』シリーズで20年以上にもわたり演じた「浜ちゃん」の陽気さに、『アウトレイジ』シリーズで日本中を震撼させた強面っぷりをも加えた、西田さんにしか演じられない“究極のキャラクター”が完成。

今や日本映画界には絶対に欠かせない二人の俳優が主演を担う、夢の豪華競演が実現しました。

西田敏行さん コメント

この映画は今の時代にとって、とても画期的な作品になりそうでワクワクしています。本作で生きるヤクザたちが示す、「お互いを愛し合い、見つめ合い、そして理解し合う」というある種の一本筋を通すという“任俠道”は、万国共通の人々が幸せになるための一本の道だと思います。この映画が、今悩んだり、くすぶっている皆さんを勇気づけるエネルギーとなるような作品になれば嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、大ヒットドラマ「99.9 –刑事専門弁護士-」シリーズ(18、16/TBS)や「民王」(15/テレビ朝日)など数多くの人気ドラマや『劇場版 ATARU』(13)を手がけた 木村ひさし 。全力で笑わせ、ホロっと涙を誘う、温かくコミカルな人間ドラマで日本列島を暖かくします。

木村ひさし監督 コメント

かんばんは。木村ひさしです。今では絶滅危惧作品と言える程、観る機会が減った“ヤクザ”映画。フィクションである映画の中のヤクザな人たちは悪いヤツらもいれば、義理人情に厚い、人間味のある人たちも多く描かれていました。人付き合いが薄くなった現代社会にタイムスリップしたかの様な阿岐本組が、今の世の中で何が出来るのか?楽しんでいただければと思っています。

任俠学園
2019年秋 全国公開

公式HP:
www.ninkyo-gakuen.jp

Twitter&Facebook:
@ninkyogakuen

***********************************

主演:西島秀俊 西田敏行
原作:今野敏「任俠学園」(中公文庫刊)
脚本:酒井雅秋
監督:木村ひさし
企画・制作プロダクション:ROBOT
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作:映画「任俠学園」製作委員会
(C)今野 敏 / (C) 2019 映画「任俠学園」製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ