「木下愛華」タグアーカイブ

野村周平、柳ゆり菜ら11名登壇!『純平、考え直せ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、9月22日(土)に映画『純平、考え直せ』の初日舞台挨拶がシネ・リーブル池袋にて行われ、“男”純平を演じた主演・野村周平さん、ヒロイン・柳ゆり菜さんをはじめ、毎熊克哉さん、岡山天音さん、佐野岳さん、佐藤祐基さん、藤原季節さん、森田涼花さん、木下愛華さん、片岡礼子さん、森岡利行監督 総勢11名登壇!


映画『純平、考え直せ』初日舞台挨拶
日程:9月22日(土)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:野村周平、柳ゆり菜、
毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、佐藤祐基、藤原季節、森田涼花、木下愛華、片岡礼子、森岡利行監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられ総勢11名が登壇!

人数が多いので、本当に一言!な超速挨拶でイベントはスタート。
監督:今日はよろしくお願いします!

監督も一言のみのレアなものに。11名での登壇で
野村さん:いつもの4-5人の挨拶の時より早く挨拶が終わっちゃった!共に戦ったみんなが集まれたのは嬉しいです!

アニキ役のかっこよい系の強面、毎熊さんが横にいる舞台挨拶に

野村さん:アニキ!って感じですよね。映画同様にアニキ何です。包容力のある先輩です!
と、人たらしで有名な野村さん。
毎熊さん:実際2-3日の撮影だったんですけどね。長台詞ひやひやしながら演じた記憶があります。野村周平6-7歳下なんですけど。カッコいいなと。今ドキではなくて、一昔前の男なんですよ。純平のような感じですね。

野村さん:生まれてくる時代間違えてる!ってよく言われます!
と、昭和チックな男である様です。

映画情報どっとこむ ralph 柳さん、岡山さんは並んで登壇ですが、劇中では柳さんの髪をバッサリ行く岡山さん。
実は本当に切ったそうで・・・


野村さん:酷いよね!お客さんみんなお前のこと嫌いだから!

岡山さん:本当にすみませんでした!緊張しました!プロデューサーさんから手加減するのを映したくないと言われ、メイクさんからはあんまりやらないでと!プレッシャーの中で。

柳さん:謝らないでください!監督カットかけないからドンドンね。お互いひりひりしながらの撮影でした!流石の天音さんで。嫌なやつを本当に見事に演じていて。入ってきた瞬間に怖かったです!本人は優しい方なんですよ。
と、観終えたばかりの観客にフォローの柳さん。実はこのシーンに野村さんは柳さんが心配で、ちょこちょこ撮影観に来ていたと監督が証言!


コインランドリーから出なかったと語る佐野さんは

佐野さん:監督と打ち合わせして、コインランドリーから出ない様に演出を変えてもらいました。
と、役作りの裏設定をしたそう。さらに・・・・話が長い佐野さんに野村さんが一括する場面も!

一方で佐藤さんは、めちゃ簡潔に!
佐藤さん:如何に昔悪かったんだろうな!と先輩ぽいなと言う風に演じました!因みにあのマスクは当日家からしてってます!

と役作りを語りました。

余りシーンは多くなかった森田さんですが

森田さん:クラブのシーンでは、純平と加奈のシーンがお勧めです!
と、話すと

監督:あの役は森田さん当て書きだから。
と言われ、ちょっと納得がいってないご様子。


片岡さん:二人が尋ねてくるシーンは、息子が彼女連れて尋ねてくる。試写観たら凄いことになってて。お母さんとしてはね。
野村さん:凄いかっこよいお母さんでした!

監督:実は鬼火の時に片岡さんがスカジャンを着ていて、そして本作では息子が着ている。僕の中では一つドラマになってます!
と明かしてくれました。

本作では、肝になるSNS上の住人役の木下さんと藤原さんは
木下さん:私は加奈ちゃんに血の通ってないセリフを書くんですけど。部屋に言いいる私は血が通ってるんだよ。と言う風に見えるように演じました。

とし、

藤原さん:台本もらった時は、同世代の俳優と一緒で楽しそうだなと思っていましたが、撮影時は実際誰ともお会いしてないんです。監督が自由にやってと言われて自由にやらせていただきました!

そして、藤原さんは役づくりでホストクラブで働いたそう。

映画情報どっとこむ ralph 最後に
監督:ゆり菜は根性を見せてくれたし、周平は映画を通してイメージが変わった。やはり生身の人間と会ってみないと人となりはわからない。彼は礼儀正しく、魂を込めて演じてくれました。まさに純平!

と2人の熱演に感激。
柳さん:ハードで大変な撮影もあったけれど、この作品に惚れました。そして今の私のすべてを捧げるくらい、作品を愛しました

と思いを込め、
野村さん:SNSでこの映画を広めてほしい。そうすれば『カメラを止めるな!』のようになるはず。僕もカメラを止めたくない!

と最後も観客を野村節で笑わせ、

野村さん:俺のことを嫌いになっても、純平のことは嫌いにならないでください!

とAKB48・前田敦子の名言に絡めて主演作をアピールしてイベントを終えました!

『純平、考え直せ』

公式サイト:
junpei-movie.com

物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!


新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか”一人前の男”
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい”鉄砲玉”になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。

新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。

「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。

すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 

加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/
戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子
原 作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)/ 主題歌:the pillows「眩しい闇のメロディー」(DELICIOUS LABEL)
監 督:森岡利行 / 脚 本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男 / 製作 キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
上映時間:95分
Ⓒ2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ


鉄砲玉?なにそれ、ウケるね『純平、考え直せ』出演者情報一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 9月22日(土)より全国公開される主演・野村周平、ヒロイン・柳ゆり菜映画『純平、考え直せ』の出演者情報が解禁となり場面写真6点を新たに解禁に。


主人公・坂本純平と師弟関係になる兄貴分には、毎熊克哉。
加奈の職場の上司には、岡山天音。

歌舞伎町のコインランドリーで知り合うゲイに、佐野岳。
純平と同じ組の仲間には、戸塚純貴。
更に、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人、森田涼花、木下愛華といった個性溢れる俳優陣が脇を固め、下條アトム、二階堂智、片岡礼子といったベテラン俳優陣が物語への重厚感を押し出すように華を添えている。

そして、お笑い芸人のやしろ優が、本作でスクリーンデビューを果たしました。
金髪で華やかな衣装で登場するやしろ優の役どころは?! 
映画情報どっとこむ ralph 古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしている本作。現代を生きる若者たちを激しくも瑞々しく描き、限られた3日間を刹那に疾走する2人の青春物語に是非ともご注目ください。

物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか?一人前の男?
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい?鉄砲玉?になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。
「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子

原作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)
監督:森岡利行
脚本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男
製作:キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
(c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ


浅川梨奈 座長感漂う『人狼ゲーム マッドランド』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph SUPER☆GiRLS浅川梨奈 主演映画『人狼ゲーム マッドランド』が7月15日(土)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて公開。

浅川梨奈さん、松永有紗さん、門下秀太郎さん、飯田祐真さん、栗原吾郎さん、長谷川ニイナさん、眞嶋秀斗さん、木下愛華さん、坂田将吾さん、綾部真弥監督が登壇して初日舞台挨拶が行われました!

映画は、プレイヤーが村人と、人を殺す役目の人狼などの役職にわかれ、会話から「誰が人狼なのか」を探る人狼ゲームシリーズ。
今まで、主演に桜庭ななみさん、土屋太鳳さん、高月彩良さん、小島梨里杏さん、古畑星夏さんなど今や引っ張りだこの若手女優の登竜門的シリーズ第6弾です!

『人狼ゲーム マッドランド』初日舞台挨拶
日程:7月15日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:浅川梨奈、松永有紗、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾、綾部真弥監督

映画情報どっとこむ ralph 満席&立ち見のお客さんも出る大人気主演の浅川さんから
浅川さん:初日に来てくださった皆様ありがとうございます!

綾部監督:週末の夕方この映画を選んでいただき本当にありがとうございます。シリーズ4本目の監督ですが、満席+立ち見。初めてです嬉しく思っています。
との挨拶からスタート。

長編映画初主演の浅川さん、

浅川さん:第6弾のシリーズに自分がこうして主演として参加できて嬉しいですし、主演は不安でしたが、初日にこれだけのお客様に来てもらえて、ものすごくうれしいです。今はドキドキとワクワクでいっぱいです!

過去シリーズは参考にされました?

浅川さん:ちょうど古畑ちゃんが撮影している時に、他の作品で一緒だったので、次に自分が?でしたし、森川葵ちゃんにも現場の雰囲気とかを聞いていたので、いいタイミングでアドヴァイスをいただけました。勉強になりました。監督とは相談色々させていただきました。
映画情報どっとこむ ralph いままでのシリーズとの変化を聞かれた監督

綾部監督:あまり多くの変化はないですが、同じ場所で撮っているので、場所や美術、演出など工夫して変えていますね。浅川さんは、明るくてその反面寂しがり屋なのを生かせればと演出しました。

松永さんは、浅川さんとは別作品で一緒だったそうで
松永さん:その時は距離が近くなかったんですけど・・・今回はお泊りの部屋も一緒だったので、撮影もオフも近くなりました。役が私の性格と真逆だったので、心の中の心境を出し過ぎず、抑え過ぎず・・・頑張りました。

撮影時の感想などを聞かれ

門下さん:初めての映画作品で不安でしたが、現場に入ると皆が雰囲気が良くて。体当たりで演じました。

飯田さん:内容が内容なので、楽屋とかどうなのかなと思ってましたが、浅川梨奈ちゃんが人懐っこくていい子なんですよ。休憩時間は梨奈チャンが和ませて・・撮影になると監督のスタートの言い方の緩急でシーンに入りやすくしてくれていたんです!
と、撮影時の座長と監督のエピソードを披露!

映画情報どっとこむ ralph 栗原さん:僕の役は・・・なんで、浅川さんにハーレムで嬉しいでしょ!って、いい思いしました。

長谷川さん:長編映画が初めてで、見ていた作品に出られることで不安が大きかったですが、リハで監督に、「思いっきりやっていいよ」って言われて、本番では思っていないほど感情が出て、驚きました。撮影は女子皆で銭湯に行って、帰りにアイスを食べながら和気藹藹で帰りました。

眞嶋さん:男子チームも銭湯で、お湯をかけあいながら「頑張ろうね」って話してました。撮影期間は泊まり込みで気が抜けなくて、その環境にいられることが役者として嬉しかったです。監督の指導も幸せでした。

木下さん:これだけ同世代の方たちとお芝居するのは初めてで楽しかったですし、順どりで、朝から晩まででハラハラが続く撮影は贅沢な時間でしたね。一つの役だけを演じられる1週間は幸せでした。

と、缶詰撮影に幸せを感じる役者さんたち。

坂田さん:長く続く作品い参加させていただけたことに深い感謝をしております(笑)現場おごはんがおいしかったです。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

浅川さん:私達十人本気で死にたくないと、本気で作り上げた作品です!この作品を多くの方に観ていただきたいので宜しくお願いします!#人狼ゲームマッドランド でネタバレしない程度に感想を!エゴサーチしますので!

衝撃の結末が待っている

人狼ゲーム マッドランド

2017年7月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開



監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで<人狼ゲーム>・・・。

とある建物の中で目を覚ました10人の高校生。首には見慣れない器具が取り付けられ、小池萌(浅川梨奈)はそこが、巷で噂になっている「人狼ゲーム」の会場であることを知る。何のつながりも無い10人のメンバーは否応無しに、それぞれカードを引くことに。生存条件は「皆殺し」という圧倒的不利な状況のなかで、生き残りをかけてゲームを遂行する。

公式ホームページ:
http://jinro-game.net/

***********************************

出演:浅川梨奈
松永有紗 門下秀太郎 飯田祐真 栗原吾郎
長谷川ニイナ 眞嶋秀斗 木下愛華 坂田将吾
佐奈宏紀

監督:綾部真弥
脚本:川上亮、綾部真弥
原作:川上亮「人狼ゲーム マッドランド」竹書房刊

企画・配給:AMGエンタテインメント
(C)2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会


スパガ 浅川梨奈『人狼ゲーム マッドランド』予告編&ポスター&場面カット一挙公開!!


映画情報どっとこむ ralph ヨーロッパ発祥のパーティゲーム「人狼ゲーム」を題材にし、桜庭ななみ、土屋太鳳などブレイク女優がヒロインを務めてきた映画シリーズ第6弾『人狼ゲーム マッドランド』の予告編&ポスタービジュアルが完成。



併せて、長編映画初主演となる浅川梨奈が恐怖に怯える姿をとらえた場面カットが一挙公開となりました!
映画は、プレイヤーが村人や人を殺す役目の人狼などの役職にわかれ、会話から「誰が人狼なのか」を探るゲームを基にした、川上亮氏の小説が原作。

拉致・監禁された小池萌(浅川)ら高校生が殺し合い、生き残った者に1億円が与えられるという「人狼ゲーム」。

参加者たちが生死を賭けたゲームに身を投じながらも、殺りくの連鎖から抜け出す方法を模索していく姿を描く。
主人公・小池萌を浅川が演じ、松永有紗、佐奈宏紀、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾が脇を固める。メガホンを取ったのは、前作『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』、前々作『人狼ゲーム クレイジーフォックス』に続き綾部真弥監督。

映画情報どっとこむ ralph 人狼ゲーム マッドランド

2017年7月15日(土)より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか公開!

公式ホームページ:
http://jinro-game.net/ 
物語・・・・
監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで<人狼ゲーム>。
とある建物の中で目を覚ました10人の高校生。首には見慣れない器具が取り付けられ、小池萌(浅川梨奈)はそこが、巷で噂になっている「人狼ゲーム」の会場であることを知る。何のつながりも無い10人のメンバーは否応無しに、それぞれカードを引くことに。生存条件は「皆殺し」という圧倒的不利な状況のなかで、生き残りをかけてゲームを遂行する。
***********************************

出演:浅川梨奈
松永有紗 門下秀太郎 飯田祐真 栗原吾郎
長谷川ニイナ 眞嶋秀斗 木下愛華 坂田将吾
佐奈宏紀
監督:綾部真弥 
脚本:川上亮、綾部真弥 
原作:川上亮「人狼ゲーム マッドランド」竹書房刊
2017年/日本/97分 
(C)2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会 


浅川梨奈「人狼ゲーム マッドランド」公開決定 キャストコメントも


映画情報どっとこむ ralph 第6弾『人狼ゲーム マッドランド』の公開が2017年7月15日(土)に決定しました。

原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部突破!「人狼ゲーム」の実写化も第6弾。歴代主演は桜庭ななみ、土屋太鳳、高月彩良、小島梨里杏、古畑星夏と、今や本格派女優の登竜門となった「人狼ゲーム」第6弾の主演は、現役人気アイドルSUPER☆GiRLS所属の浅川梨奈!

映画・ドラマ『咲 -Saki-』、映画『14の夜』、ドラマ「幽かな彼女」など話題作に続々出演。

さらに、2017年放送予定のフジテレビ系連続ドラマ「ファイブ」にてヒロイン麻生ひな役でも出演が決定していて、これからの活躍が期待されています。因に本作が長編映画初主演です。

映画情報どっとこむ ralph 共演には映画『暗殺教室』で矢田桃花役を演じ、舞台「四月は君の嘘」にて主演・宮園かをり役の公演が控える松永有紗、舞台「パタリロ」でマライヒ役を演じ、舞台「Fate/Grand Order THE STAGE」にて主演・ベディヴィエール役の公演が控える佐奈宏紀、宝島社「smart」専属モデルで「アミノバイタル」TVCMに出演中の門下秀太郎、映画『TOKYO CITY GIRL 2016 「幸せのつじつま」』主演の飯田祐真、映画『リトル・フォレスト冬・春』の栗原吾郎、ドラマ「こえ恋」の長谷川ニイナ、舞台「斬劇『戦国BASARA』小田原征伐」にて主演・伊達政宗役を演じる眞嶋秀斗、舞台版「海街diary」で四女・浅野すず役に抜擢された木下愛華、など。

映画情報どっとこむ ralph キャスト、監督からコメントが届いています。

<浅川梨奈 コメント>(あさかわなな:小池萌 役)
錚々たる方々が出演してきた人狼ゲームシリーズの第6弾の主演をさせて頂けると聞いた時はものすごく嬉しかったですし、歴代の人狼ゲームシリーズが大好きだからこそ、この10人で歴代を越えたいと強く思いました。楽しみな感情の反面プレッシャーや不安、責任を感じながら正面から小池萌に精一杯向き合いたくて、綾部監督と何度も話をしながら萌を自分の中に落としていく作業をしたのですがとても難しくてたくさん悩み、考えました。ゲームが目の前で起こっている現実に戸惑いながらも強くなっていく萌に、演じながらいろんな感情を教えてもらっています。今までの人狼ゲームシリーズとは違い、今回は「狂人村」。普通の人狼ゲームとはルールが異なるので今までとは違う感覚で楽しんで見て頂けるのではないかと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

<松永有紗 コメント>(まつながありさ:佐藤彩乃 役)
人気シリーズの「人狼」に出演できてとても嬉しいです!!今回のマッドランドも、強制的に死に直面させられた高校生達の、生々しいズルさ、裏切り、そして逃げられない恐怖を、台本を読み込むにつれひしひしとリアルに感じて、撮影前からその場に居るような感覚でドキドキでしたが、最高の作品が出来るよう、全力で闘ってきますっ。人狼ゲームを楽しみにしていた皆さん!今回のマッドランドは、新作ならではの新しい展開もあったりで今までにない人狼ゲームになると思うので、過去に負けないくらいのめり込める作品になると思います!是非楽しみにしていて下さい。

<佐奈宏紀 コメント>(さなひろき:庄司蒼空 役)
キャスト一人一人が「絶対に死にたくない、自分だけは生きたい」と本気で思っています。その剥き出しになったパワーみたいなものがガツンとくる作品になると思うので、最近刺激が足りないあなた!僕たちが見せる生へのパワーをぜひ喰らってみて下さい!

<門下秀太郎 コメント>(かどしたしゅうたろう:周太樹 役)
人狼ゲームは自分も見た事のある映画だったので、オーディションに受かり、出演が決まったと聞いた時はしばらく信じられませんでした。ただ、自分が役者として初出演する映画が人狼ゲームであるという事は凄く大きなチャンスを頂いたんだと思いました。この作品では周太樹としてどれだけ存在感を出せるか、そして人間の『死』に対する情感をどれだけリアルに表現できるかを追求し、ご覧になる方々の心を動かすような演技をしていきたいと思います。

<飯田祐真 コメント>(いいだゆま:中川未来 役)
今まで見てきた人狼ゲームシリーズの映画の中で自分も生きられること、綾部監督の作品に出演できることがとても嬉しく光栄に思いました。未来は一見掴み所の難しい子に見えますが、自分の意思と輪郭ははっきりした女の子だと思います。非現実的な世界の中でも生き残りたい強い気持ちを持つ登場人物の一挙一動全てに注目していただきたいです。‪見てくださる方々にわたしたちのぶつける思いが届くことを願っています。

<栗原吾郎 コメント>(くりはらごろう:宇佐美慧 役)
演技力重視のオーディションと聞いていたので、非常に嬉しかったです。決まった宇佐美役ですが、オーディション時の設定では強面・老け顔という設定だったので、自分はそんなに老けて見えるのかと老いを感じました。カップルでご覧いただいて、重た~いデートというのもたまにはいかがでしょうか。

<長谷川ニイナ コメント>(はせがわにいな:根岸すず 役)
以前から「人狼ゲームシリーズに出たい!」と憧れていたので、オーディションでは「この戦いは絶対に勝ち抜きたい!」という思いで臨みました。初めて台本を読んだ時も狂気じみた感覚にゾクゾクと鳥肌が立ち、この世界で生きるチャンスを貰えた事がとても嬉しく、撮影が楽しみで今からワクワクしています。残酷な世界で勝利を勝ち取りに行く姿に生命力とパワーを感じて頂きたいです!

<眞嶋秀斗 コメント>(ましましゅうと:加納蓮 役)
決定の連絡をいただき「加納 蓮」の文字を見たときは、身が引き締まりました。同世代の役者さんが演じる映画『人狼ゲーム シリーズ』を観てきて、「自分もいつかは」とずっと思っていました。この作品に参加させていただけること、本当に嬉しく思います。恐怖とどう向き合うのか。立ち向かえないほどの恐怖を感じたとき、人はどうするのか。劇場で皆様と一緒に体感できる日に向かって、皆様の心に残る作品になるよう、挑んでいきます。

<木下愛華 コメント>(きのしたまなか:三上優花 役)
正直受かった当初は、シリーズとしてこれまで積み上がってきたものが大きすぎる作品なため、期待に応えられるのだろうかと強い不安を覚えました。ですが、人間味溢れる共演者の方々と会い、監督とプロデューサーさんの熱のこもった話で不安が消えて、今はもう楽しみでたまらないのと、これまでにない、観てくださる方が身震いしてしまうような衝撃作にしたいと思っています。人狼ゲームに興味がある方はもちろん、最近刺激が足りないなと思う方は、是非臨場感が味わえる劇場で観て欲しいです。よろしくお願いします!

<坂田将吾 コメント>(すぎもとはると:杉本陽翔 役)
出演が決まった時は、驚きと共に「人狼ゲームの世界に浸る事ができる」という喜びがありました。狂人が7人という特殊ルールの下で「それぞれ何を考えながら人狼ゲームの閉鎖空間で生きているのか」が見所です!

<綾部真弥監督 コメント>
今作でシリーズ6作目となる、映画「人狼ゲーム マッドランド」。まずは、またこうして新作を公開できるということに、喜びを感じております。シリーズ作を観て頂き、支えて頂いている皆さまに感謝致します。今までのシリーズ作にないゲーム展開で、〝村人〟の中から〝人狼〟を探すというセオリーが覆る本作。不条理な暴力の中で、生を実感し、もがく若者の生々しい感情と、混乱を極めるゲームの結末を、是非劇場でご覧下さい。

映画情報どっとこむ ralph 映画『人狼ゲーム』

2017年7月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開

公式HP:
http://jinro-game.net/

物語・・・
監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで<人狼ゲーム>。
気を失った私は、10人の高校生たちと共にバンに揺られていた。
今回の参加者は、村人側:2人(用心棒1人、予言者1人)、人狼側:1人、その他:狂人7人という【狂人村】。
狂人の生存条件は、人狼の勝利。
村人が生き残るには、多数決の投票に頼るしかない…。人狼側圧倒的有利なこのルールの中、私は、勝利を目指して「殺り」まくる。

***********************************

出演:浅川梨奈
松永有紗 門下秀太郎 飯田祐真 栗原吾郎
長谷川ニイナ 眞嶋秀斗 木下愛華 坂田将吾
佐奈宏紀
監督:綾部真弥 
脚本:川上亮、綾部真弥 
原作:川上亮「人狼ゲーム マッドランド」竹書房刊
企画・配給:AMGエンタテインメント 
(C)2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会