「朝加真由美」タグアーカイブ

三浦貴大 x 知英「大綱引の恋」追加キャスト決定! 子役の募集も開始


映画情報どっとこむ ralph 6月1日の、主演・三浦貴大さんと、ヒロイン・知英(ジヨン)さんの発表に続き、メインキャストを発表

鹿児島県薩摩川内市に420年続く勇壮な“川内大綱引”(せんだいおおづなひき)に青春をかける鳶(とび)の跡取り有馬武志(35)と、甑島の診療所に勤務する韓国昌寧郡出身の女性研修医ヨ・ジヒョン(28)との切ない恋と、その二人を取り巻く家族模様を描く映画「大綱引の恋」。

そのメインキャストが決定しました。

武志の妹・敦子役に、現在NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、一見妖艶に見えるも心優しい前島光子役を好演し、その圧倒的存在感が脚光を浴びファン層が広がりつつある比嘉愛未さん。

武志の母・文子役に、TVドラマ、映画、ライブなどで幅広く活躍し、見る者の心を癒し、デビュー曲「狼なんか怖くない」以来多くのファンに愛され続けている石野真子さん。

武志の幼なじみであり、友情以上の思いを持っている上園典子役に、佐々部監督作品「この道」で、妖艶で羽衣をまとった天女のような雰囲気を漂わせ注目を浴びた松本若菜さん。

大綱引で武志の敵方の花形・一番太鼓を務める福元弦太郎役に、スマートな顔立ちの中にもほとばしる情熱を感じさせる存在感が、多くのファンの心をつかむ中村優一さん。

映画情報どっとこむ ralph 大綱引きの恋
本日より下記の子役の募集も開始します。

【募集役柄】
■有馬武志(兄)役・・・三浦貴大さんの子供時代(10才設定)
■有馬敦子(妹)役・・・比嘉愛未さんの子供時代(8才設定)
■前園典子役(有馬兄弟の幼なじみ)・松本若菜さんの子供時代(10才設定)
■吉留鼓太郎(有馬組職人・吉留隆治の子供)役・・(10才)

詳細は、公式ホームページをご覧ください。
http://ohzuna-movie.jp

映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・
有馬武志は鳶職・有馬組の三代目だが、35歳にしてまだ独身。鳶の親方でもあり、“大綱引”の師匠でもある父親寛志(60)から常々「早う嫁を貰うて、しっかりとした跡継ぎになれ。」と、うるさく言われている。仕事柄女性とめぐり合う機会が少ない上に奥手の武志には、交際している女性がいない。
とある日、消防団員でもある武志が、川内駅のコンコースですれ違いざまに倒れた老人の救命措置をしているところに、薩摩川内市と友好都市盟約を結んでいる韓国昌寧郡出身で甑島の診療所に勤務する、女性研修医のヨ・ジヒョン(28)が通りかかり、連携プレーにより老人の命は救われる。お互いに名前を名乗ることもなく別れた二人だが、後日韓国からの訪問団の通訳のボランティアで、偶然にも再び出会う。大学で学んだ韓国語を得意とする武志は、ほどなくジヒョンと心を通わせるようになる。年に一度、秋分の日の前夜に催される“大綱引”が近づくにつれ、さらに父親から国が違うことを理由に反対されればされるほど、二人の恋心のボルテージは上がっていき、結婚を意識するようになる。
しかし“大綱引”開催日直前に、武志はジヒョンから「あと2週間で研修期間が終わり、帰国して韓国の病院で勤務することになっているの…」と告げられる。果たして海を越えて日本と韓国とで離ればなれになる二人の恋のゆくえは?
家族愛をテーマにした作品を世に送り出し続けている佐々部清監督により、二人の恋愛を通して「結婚とは?」、「家族とは?」に迫る感動作!

***********************************


出演者:三浦貴大 知英
比嘉愛未、石野真子、西田聖志郎
松本若菜、升毅、朝加真由美、中村優一、恵俊彰
金児憲史 (他のキャストは、7月下旬に発表予定

企画 :西田聖志郎
脚本 :篠原髙志
監督 : 佐々部清

製作 : パディハウス
制作協力 : シネムーブ
形式 : 劇場用映画
撮影時期 : 2019年9月~10月(実景ロケは2018年9月)
撮影地域 : 鹿児島県薩摩川内市および鹿児島市
配給会社 : 選定中
後援 : 薩摩川内市 川内商工会議所 川内大綱引を継承する会
川内大綱引保存会 他
  


松井玲奈 私、結婚やめます!『女の機嫌の直し方』第一弾ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『妻のトリセツ』で話題のAI研究者・黒川伊保子氏のベストセラー『女の機嫌の直し方』を原案とした同名作品が連続ドラマ &映画化されます。連続ドラマは3月16日(土)より全3回で放送、映画は初夏より全国公開を予定しております。
また、映画 は公開に先駆け、4月18日~4月21日に沖縄で開催される「島ぜんぶおーきな祭第11回沖縄国際映画祭」のTV DIRECTOR’S MOVIE部門に正式出品されることが決定しております。

結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを、男女脳の違いを分析した最新のAI研究をもとに次々と解決していく物語。 そんな本作の、魅力あふれる新キャスト陣が決定! そして、愛いっぱい!?の第一弾ポスター到着!
個性的なキャラクターたちが詰め込まれた、コミカルでハートフルな本作らしいポスターも完成しました!

映画情報どっとこむ ralph 人生で最も幸せな瞬間を迎えるはずの結婚式に、 なにやら不穏な空気が漂っている……。

早見あかり扮する、大学でAI(人工知能)を研究 している理系女子の真島愛が、データ収集のため結婚式場 でアルバイト、ウェディングプランナーの青柳誠司(平岡祐 太)と担当した結婚式で、脳科学を駆使して男女トラブルを解 決していきます。 式の準備を進めるにつれ夫への不満が爆発寸前の新婦・北 澤茉莉(松井玲奈)と、彼女の不機嫌の理由がわからず困 り果てる新郎・悠(佐伯大地)のその結婚式は、他にも男女 トラブルが続発!

そんな物語を彩る新キャストは……!

余興やりたくないと泣き出す同僚女子に水沢エレナ。 その梓に恋心を抱く同僚男子に前田公輝。

式の途中で新婦と衝突する新郎の母に朝加真由美。

夫の不遜な態度に熟年離婚を考え始めている新婦の伯母に原日出子。

妻の不満に気づかず亭主関白を気取る伯 父に金田明夫。

映画情報どっとこむ ralph
果たしてこの結婚式、笑顔でお開きにできるの !? ドタバタ劇は、涙、涙の、感動のフィナーレへ!

『女の機嫌の直し方』

連続ドラマ放送日:関東ローカル放送「日本テレビにて」
2019年3月17日(日)〜3月31日(日) 午前0時55分〜午前1時25分(日曜未明・土曜深夜)全3回

そして、

2019年初夏 全国公開

***********************************


キャスト: 早見あかり 平岡祐太 松井玲奈 佐伯大地 水沢エレナ 前田公輝 朝加真由美 原日出子 金田明夫

原案:『女の機嫌の直し方』黒川伊保子(集英社インターナショナル刊)
監督:有田駿介
脚本:蛭田直美
脚本協力:横澤夏子
音 楽:吉川 慶
プロデューサー:松原 浩 (日本テレビ) 戸倉亮爾 (日テレ アックスオン) 松永洋一 (R.I.S Enterprise)
連続ドラマ チーフプロデューサー:池田健司 (日本テレビ)
映画プロデューサー:坂本直彦(よしもとクリエイティブ・エージェンシー) 高島里奈(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
制作プロダクション:日テレ アックスオン
製作著作: 連続ドラマ:日本テレビ
劇場用映画:製作委員会(日本テレビ/吉本興業)


『八重子のハミング』有楽町スバル座にて再上映決定


映画情報どっとこむ ralph 昨年山口県にて先行公開し、2 万 5000 人以上の動員を記録し、2017 年 5 月 6 日より全国順次公開した 『八重子のハミング』が 6 月 25 日(日)より有楽町スバル座にて再上映することが決定しました!

名匠佐々部清が原作に惚れ込み、自らリスクを背負って製作に踏み切る。監督・脚本・プロデューサーの三役 を務めた渾身の一作。四度のガンの手術から生還した夫が、アルツハイマー病を発症した妻に寄り添って介護を 続ける 12 年間を描いた、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた物語。

2016 年の山口県内動員ランキングでは、『シン・ゴジラ』を抜き、8 月より公開していた大ヒットアニメ映画『君の名は。』にも迫り 2 位の動員を記録し、全国公開への足掛かりに。

そして 2017 年5月6日に全国公開を迎え、公開週には 8館で始まりミニシアターランキングで3位を 記録。新宿武蔵野館では連日満席、有楽町スバル座でも盛況の内に上映が終了した。
その後も主演の升毅、佐々部清監督を中心に舞台挨拶全国行脚を遂行。北は青森、南は鹿児島、各地の劇場へ足を運び、毎週舞台挨を行っている。

現在20箇所での舞台挨拶を終え、今後も7館での登壇を予定しています。

最終的には全国70館で上映の見込みです。

映画情報どっとこむ ralph お客様からは「映画を観てこんなに泣きっぱなしだったことは今までありません。」といった感動のコメントや「たくさんの人に見て欲しい」「息の長いロングラン上映になって たくさんの人が触れれば いいですね」など 応援のコメントが寄せられ、ついに 6 月 25 日(日)より有楽町スバル座にて再上映が決定!!

再上映の決定について佐々部清監督からは

佐々部監督:低予算の゛自主的映画“でも想いは伝わるんだ!

と感謝の想いのこもったコメントも寄せられた。 有楽町スバル座での再上映初日には主人公石崎誠吾を演じた升毅とその娘千鶴子を演じた文音、誠吾の教え子 を演じた月影瞳、そして本作の監督・脚本・プロデューサーの三役を務めた佐々部清が登壇する舞台挨拶も行われます。

舞台挨拶は 11:00 の回上映後。(尚、上映は 7/14 迄) 是非とも再上映決定の情報と併せて、本作をご紹介頂けますよう、何卒宜しくお願いいたします。

物語・・・
「四十年よとせ過ぎ 妻と歩めし 瀬戸の人生 みち うず潮の道 今ぞなつかし」 どこからか聞こえてくる男性の声…。「やさしさの心って何?」と題された講演。 演台に立つ、白髪の老人・石崎誠吾。若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して、自らが経験した こと、感じたことを語っていく。

「妻を介護したのは 12 年間です。その 12 年間は、ただただ妻が記憶 をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛 けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと 僕の思い出にしようかと…。」

誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。かつて音 楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、誠吾が歌を口ずさめば笑顔を取り戻すことも…。 家族の協力のもと、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩んでいく誠吾と八重子。山口県・萩市を舞台に 描く、夫婦の純愛と家族の愛情に溢れた 12 年間の物語。

***********************************

出演:升 毅 高橋洋子/文音 中村優一 安倍萌生 辻 伊吹 二宮慶多 上月左知子 月影 瞳 朝加真由美 井上 順 梅沢富美男

監督・脚本:佐々部 清
原作:陽 信孝「八重子のハミング」(小学館)
エンディング曲:谷村新司「いい日旅立ち」 (avex io/DAO)
劇中曲:谷村新司「昴」(avex io/DAO)
プロデューサー:佐々部 清、野村展代、西村祐一
音楽:穴見めぐみ/撮影:早坂 伸(JSC)/美術:若松孝市(APDJ)/録音:臼井 勝/照明:田島 慎/装飾:柳澤 武

編集: 川瀬 功(JSE)/記録:山下千鶴/助監督:山本 亮
製作担当:馬渕敦史/スチール:下瀬信雄
ヘアメイク:井手奈津子/衣裳:袴田知世枝/協力プロデューサー:藤得 悦
音楽プロデューサー:原田泰男
製作:Team『八重子のハミング』(シネムーブ/北斗/オフィス en)
配給:アークエンタテインメント
2016 年/日本/カラー112 分/5.1ch/ビスタサイズ
(C):Team『八重子のハミング』