「月永理絵」タグアーカイブ

『あの日々の話』撮影秘話を玉田真也監督 活弁シネマ倶楽部で自ら語る


映画情報どっとこむ ralph 本日21:00より映画『あの日々の話』にて監督を務めた玉田真也監督が、“映画を語る”WEB番組「活弁シネマ倶楽部」にゲスト出演。自身監督デビュー作となった本作。番組では、その撮影秘話を監督自らが語った。
MCは月永理絵さん。

「活弁シネマ倶楽部」は、毎回映画に携わるゲストを招き、制作の裏側や作り手のこだわりについてほぼノーをカットでトークすることで、“映画を語る”楽しさを提供し、映画業界を新たな側面から盛り上げていくことをテーマにしている。

『あの日々の話』は、深田晃司、山内ケンジらに絶賛された“玉田企画”の舞台『あの 日々の話』を映画化しており、映画版には若手俳優の太賀と村上虹郎が出演している。
本作は「大学生のカラオケオール」をテーマに、絵変わりのしないワンシチュエーションで制作された、会話群像劇であり、若者たちの裏切りと騙し合いが繰り広げられる人間味溢れた一作となっている。

舞台版と映画版の違いについて

玉田監督:一番大きいのは“動線”。舞台だと二人でずっ と動かず会話劇をしていても場はもつけど、映画の場合、画変わりしないワンシチュエーションだと、それだけではもたない。舞台版と動きの演出は大きく変えました。

と話した。 また、今回ワンシチュエーションで常に絵変わりのしない作品作りとなっていることについて

玉田監督:やっていくうちに、演技だけでもたせるのは難しいんじゃないかとなったけど、これはワンシチュエーションで濃密に群像劇を会話劇だけで見せる、密室劇だから面白いはずだから、(絵変わりさせてしまうと)ありがちなものになってしまう。そこは振り切ろうとした。

とこだわりをみせた。

物語の着想について自身の体験談も交えていると話し

玉田さん:(カラオケオールすると)必ず途中で後悔する。これは物語のなかでも同じで、朝カラオケボックスを出るときの会話などではリアルな大学生同士の会話を入れている。

と、自らの体験談を踏まえて、本作をリアリティに富んだドラマに仕上げたという経緯を語った。

そして、舞台の公演時より時代を越えても通用する作品作りについて

玉田さん:やっているや りとりが、嫌な同調圧力とか、集団でマウントとってくる感じとか、その核の部分はセリフでも芝居でも触れられてるはずだから、そこさえ明確にカメラに映せていれば、各時代に起こる、例えば#MeToo運動などがあるが、その問題の根源は人間関係だから、どの時代でも通用するはず。
と本作の核心について、自ら明かし、熱を込めた。

番組内では、本作の映画祭での反応や、玉田監督自身の今後についてなど深く掘り下げられ、たっぷりと語られている。



映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」は、
映画の制作陣がゲストに登場する貴重な番組であり、ネタバレの縛り もなく想いを吐き出せる場として制作側の支持が熱いそうだ。独自の目線で作品を 選定し紹介して
いるため、まだまだ視聴者に知られていない作品やその内容について十分に語られていない作品にも出会えるチャンスかもしれない。 WEB 配信での特別番組だが、引き続き定期的に配信され、今後は生配信の可能性もあるとのことで、映画好きにとっては、必見の番組だ。

「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph ■『あの日々の話』■
https://anohibi.com/
4月27日ユーロスペースほか全国順次公開

イントロダクション
「大学生のカラオケオール」という、陳腐とも言えるテーマを題材に、パワハラやマウンティング、世代間ギャップなど、人間社会の縮図を生々しく描き出していくワンシチュエーション会話群像劇。劇団「玉田企画」で 2016 年に初演され、2018 年に再演された同名舞台「あの日々の話」の映画版である。原作となった舞台は、深田晃司、山内ケンジ、前田司郎らに名だたる映画監督、演出家に絶賛され、今回、劇団「玉田企画」を主宰する玉田真也自らがメガホンを取った。

【原作・監督・脚本:玉田真也 プロフィール】
1986 年生まれ、石川県出身。大学在学中に演劇を始める。大学卒業後、2011 年に青年団演出部入団。2012 年、劇団「玉田企画」を旗揚げし、以降すべての作品で脚本・演出を担当。日常の中にある「変な空気」を精緻でリアルな口語体で再現する。観る者の、痛々しい思い出として封印している感覚をほじくり出し、その 「痛さ」を俯瞰して笑いに変える作風が特徴。
これまで担当した作品は、映画『シェアハウス』(脚本/監督: 内田英治、2016 年)、NHK「ちょいドラ/ロボカトー中島と花 沢さん」(脚本/2017 年)、現在放送中の T フジテレビ「JOKER x FACE」(脚本/2019 年)など。
本作で長編映画監督デビュー。自身の劇団「玉田企画」で好評を博した同名の舞台を原作に、自らの手で完全映画化した。


原作・監督・脚本:玉田真也
出演者:山科圭太 近藤強 木下崇祥 野田慈伸 前原瑞樹 森岡望 高田郁恵 菊池真琴 長井短 太賀 村上虹郎


***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

活弁シネマ倶楽部 新進気鋭の若手監督・井樫彩『真っ赤な星』について本音トークを展開!


映画情報どっとこむ ralph 12月11日(火)21時から、“映画を語る”WEB番組「活弁シネマ倶楽部」第3回放送が行われた。本番組は、“映画を語る”楽しさを提供し、映画ファン必見の“コア情報”満載の番組でありながら、映画業界を新たな側面から盛り上げていこうという番組である。第3回となる今回の紹介作品は、注目株の若手監督、井樫彩(いがし・あや)監督(22)の初長編作品『真っ赤な星』。

本作は小松未来、桜井ユキが出演し、14 歳の少女と 27 歳女性のラブストーリーを描いている。英レインダンス映画祭BEST INTERNATIONAL FEATURE部門の最優秀作品にノミネートされた。

MCには、映画ライターの月永理絵氏を迎えて、井樫監督の意外な内面に迫った。

映画情報どっとこむ ralph 井樫監督の前作にあたる中編作品『溶ける』は、カンヌ国際映画祭がシネフォンダシオンに選ばれ、日本の若手監督の作品がカンヌ国際映画祭に選ばれたことは、多くの映画関係者から注目を集めていた。そして、今回番組内で紹介されている『真っ赤な星』は、小さい頃から漫画や小説を作成していても、長編を作ることが出来ない性格だったという井樫監督にとって、自身初となる長編作品。

岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』をきっかけに書かれた脚本は、監督自身が子供の頃に体験した看護師とのエピソードと、大人になって感じた“他者との繋がれなさ”という感覚を合わせた物語になっている。完成した映画は、主演の小松未来、桜井ユキの好演によって、観るものの感情を揺さぶる作品となっている。


作品内で、感情を爆発させるシーンがあり、実際の撮影現場では、カットがかかった直後に役者が倒れ込むこともあったことについて、月永氏から“監督として迷って(台本を)変えたりとかは考えたのか”と聞かれ、桜井ユキに対して「あなたの全部を私(この映画)にください」と自分の想いを伝えていたことを話し、倒れ込むほどすべてを差し出してくれた役者への愛情を吐露、そこまで追い込んだのは映画のため、そして女優への愛ゆえだったと話した。
また、最近好きな映画を聞かれた際に、シアーシャ・ローナン主演の「レディ・バード」を挙げ、MCの月永氏に“女の子が主人公の映画が好き”かを聞かれると、「それ、この期に及んで今気づいたかも(笑)」と井樫監督自身も意識していなかった部分が引き出された瞬間をみることが出来た。

作品の内容について話が及ぶと、映画の中のキャラクターが非常に追い込まれ苦しんでおり、あまりにも救いがない、という感想が多いのではないか?と聞かれると、実際そういう意見は多いとしつつも、「この映画は色んな解釈が自由にできる、余白の部分が多い。受け取り方も多様」と答えた。

映画のラストにも言及し、映画が一元的なものではなく、受け取り手によって、異なる感情を生むことを「面白いですね」と語った。

撮影現場での様子についても意外な一面がさらけ出されており、井樫監督は撮影時には普段とは異なり、怒鳴ることもあったと語った。現場ではお互い本気だから、ぶつかり合うのは仕方がないものだと自身の考えを示した。才能ある若手監督の“本音トーク”が聞けるのは、WEB番組の面白みでもある。

MCの月永氏から、”22歳”“最年少”“女性監督”といった冠で評価をされてしまうことに対するプレッシャーはあるのかと問われた井樫監督は、「プレッシャーはないけど、すごく嫌」と素直に答えた。映画監督はあくまで裏方の仕事であり、映画の裏側は関係なく作品を見てほしいと語る井樫監督には、1人の映画監督としての姿を垣間見ることができた。

映画情報どっとこむ ralph 今回、井樫監督が出演した「活弁シネマ倶楽部」は、様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。

番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていく。

WEB配信での特別番組という扱いだが、今後も定期的に配信されるそうです。

■活弁シネマ倶楽部■


FRESH LIVE:
https://freshlive.tv/katsuben_cinema/254300


「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 真っ赤な星
2018年12月1日(土)より、テアトル新宿ほか全国公開中!

公式HP:
http://makkanahoshi.com/

あらすじ
片田舎の病院に怪我をして入院した 14 歳の陽(小松未来)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井ユキ)に対 し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計 を立てている弥生だった。再会後、学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。一方、弥生には誰に も言えない悲しい過去があった。満たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく。
出演者:小松未来 桜井ユキ
毎熊克哉 大原由暉 小林竜樹 西山真来 菊沢将憲 湯舟すぴか 大重わたる(夜ふかしの会) PANTA 中田クルミ(声の出演)
脚本・監督: 井樫彩
撮影:萩原脩
照明:仁藤咲
録音・整音:柳田耕佑
衣装:藤山晃子
ヘアメイク:藤原玲子

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

柳下毅一郎『ヘレディタリー/継承』は観てる最中に“嫌だ、これでやめてくれ”な映画!


映画情報どっとこむ ralph 「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー/継承』が11月30日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。主演は『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット。本作で見せる鬼気迫る怪演で、既に来年のオスカー主演女優賞ノミネートが確実視されています。

3週間後に控える劇場公開を前に、映画評論家・特殊翻訳家の柳下毅一郎さんをゲストに迎えた試写会トークイベントを11月7日(月)に開催いたしました。


『ヘレディタリー/継承』柳下毅一郎トークイベント
日程:11月7日(水)
場所:ユーロライブ
登壇:柳下穀一郎(映画評論家・特殊翻訳家)、月永理絵(映画ライター)

映画情報どっとこむ ralph 「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、“今年最恐のホラー”との呼び声高い映画『ヘレディタリー/継承』。

映画評論家・特殊翻訳家として幅広く活躍し、ホラー映画に造詣が深い柳下毅一郎さんを迎えてトークイベント付き試写会を行った。

柳下毅一郎さんは、全米をその恐怖で凍りつかせた本作について、

柳下さん:凄く面白かったです。そして、今年見た映画で一番怖かったです。本当に久しぶりに観てる最中に“もう嫌だ”、“これでやめてくれ”と思ってしまう映画でした。

と本作の恐怖を絶賛。近年隆盛のホラー映画やドラマと比較して

柳下さん:今の流行のホラーとは一線を画していて、例えば何も無い空間を写すだけでも、怖い雰囲気を出すことができています。伝統的なホラー映画の系譜に連なっています。

と語る。

さらに本作の恐怖のについて語ると、

柳下さん:観ていて起きてほしくないな、と思うことが起こってしまうのがホラー。本作も、そっちに行っちゃダメだよ・・・というところに登場人物が向かって何かが起きてしまいますが、さらにこの映画は、惨劇の様子をはっきり見せなくても、ずっと嫌な雰囲気が出ているのです。(観客に)ショックを与えるだけだと面白くないというのを分かっている演出です。そして予想もつかない方向に物語が向かっていくのです。

アリ・アスター監督が、海外のインタビューで日本のホラー映画に影響を受けていると語っていたことについて、

柳下さん:本人は気づいていないけれど、親から受け継いでしまっている。親の因果が子に向かう。と言える物語です。”自分ではどうしようもない運命に操られてしまう”という恐怖は、日本のホラーの影響があると言えます。

と論じた。

本作が長編初監督作品となったアリ・アスターについては、

柳下さん:とても緻密な設計をしていて、撮影に入る前に全てのカットをどう撮るか決めているんです。ヒッチコックのようにすでに頭の中で映画が出来上がっているタイプの監督。

と称賛。あらゆるシーンが伏線になっている作品であることについては

柳下さん:観れば観るほど発見があり、細かい設定やバックボーンも知りたくなりますね。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 『ヘレディタリー/継承』
公式HP:
hereditary-movie.jp

公式twitter:
@hereditarymoviejp


物語・・・
この家族の物語は、あなたの永遠のトラウマになる。

グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通う。夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていたのだ。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまってことに気づかぬまま・・・。

チャーリーの様子がおかしい。祖母が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめている。

彼女の部屋を覗くと、アニーがミニチュアを作るように、チャーリーも自分の部屋でこっそりと人形を作り続けていた。それは、動物の生首とガラクタでできた狂気のオブジェだった。

やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発する。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声が聞こえる、暗闇に誰かの気配がする・・・。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。

“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺した“何か”とは一体?

***********************************


出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド

脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック

撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
原題:HEREDITARY|2018年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127分| PG-12
©2018 Hereditary Film Productions, LLC
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ