「月影 瞳」タグアーカイブ

『八重子のハミング』有楽町スバル座にて再上映決定


映画情報どっとこむ ralph 昨年山口県にて先行公開し、2 万 5000 人以上の動員を記録し、2017 年 5 月 6 日より全国順次公開した 『八重子のハミング』が 6 月 25 日(日)より有楽町スバル座にて再上映することが決定しました!

名匠佐々部清が原作に惚れ込み、自らリスクを背負って製作に踏み切る。監督・脚本・プロデューサーの三役 を務めた渾身の一作。四度のガンの手術から生還した夫が、アルツハイマー病を発症した妻に寄り添って介護を 続ける 12 年間を描いた、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた物語。

2016 年の山口県内動員ランキングでは、『シン・ゴジラ』を抜き、8 月より公開していた大ヒットアニメ映画『君の名は。』にも迫り 2 位の動員を記録し、全国公開への足掛かりに。

そして 2017 年5月6日に全国公開を迎え、公開週には 8館で始まりミニシアターランキングで3位を 記録。新宿武蔵野館では連日満席、有楽町スバル座でも盛況の内に上映が終了した。
その後も主演の升毅、佐々部清監督を中心に舞台挨拶全国行脚を遂行。北は青森、南は鹿児島、各地の劇場へ足を運び、毎週舞台挨を行っている。

現在20箇所での舞台挨拶を終え、今後も7館での登壇を予定しています。

最終的には全国70館で上映の見込みです。

映画情報どっとこむ ralph お客様からは「映画を観てこんなに泣きっぱなしだったことは今までありません。」といった感動のコメントや「たくさんの人に見て欲しい」「息の長いロングラン上映になって たくさんの人が触れれば いいですね」など 応援のコメントが寄せられ、ついに 6 月 25 日(日)より有楽町スバル座にて再上映が決定!!

再上映の決定について佐々部清監督からは

佐々部監督:低予算の゛自主的映画“でも想いは伝わるんだ!

と感謝の想いのこもったコメントも寄せられた。 有楽町スバル座での再上映初日には主人公石崎誠吾を演じた升毅とその娘千鶴子を演じた文音、誠吾の教え子 を演じた月影瞳、そして本作の監督・脚本・プロデューサーの三役を務めた佐々部清が登壇する舞台挨拶も行われます。

舞台挨拶は 11:00 の回上映後。(尚、上映は 7/14 迄) 是非とも再上映決定の情報と併せて、本作をご紹介頂けますよう、何卒宜しくお願いいたします。

物語・・・
「四十年よとせ過ぎ 妻と歩めし 瀬戸の人生 みち うず潮の道 今ぞなつかし」 どこからか聞こえてくる男性の声…。「やさしさの心って何?」と題された講演。 演台に立つ、白髪の老人・石崎誠吾。若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して、自らが経験した こと、感じたことを語っていく。

「妻を介護したのは 12 年間です。その 12 年間は、ただただ妻が記憶 をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛 けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと 僕の思い出にしようかと…。」

誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。かつて音 楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、誠吾が歌を口ずさめば笑顔を取り戻すことも…。 家族の協力のもと、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩んでいく誠吾と八重子。山口県・萩市を舞台に 描く、夫婦の純愛と家族の愛情に溢れた 12 年間の物語。

***********************************

出演:升 毅 高橋洋子/文音 中村優一 安倍萌生 辻 伊吹 二宮慶多 上月左知子 月影 瞳 朝加真由美 井上 順 梅沢富美男

監督・脚本:佐々部 清
原作:陽 信孝「八重子のハミング」(小学館)
エンディング曲:谷村新司「いい日旅立ち」 (avex io/DAO)
劇中曲:谷村新司「昴」(avex io/DAO)
プロデューサー:佐々部 清、野村展代、西村祐一
音楽:穴見めぐみ/撮影:早坂 伸(JSC)/美術:若松孝市(APDJ)/録音:臼井 勝/照明:田島 慎/装飾:柳澤 武

編集: 川瀬 功(JSE)/記録:山下千鶴/助監督:山本 亮
製作担当:馬渕敦史/スチール:下瀬信雄
ヘアメイク:井手奈津子/衣裳:袴田知世枝/協力プロデューサー:藤得 悦
音楽プロデューサー:原田泰男
製作:Team『八重子のハミング』(シネムーブ/北斗/オフィス en)
配給:アークエンタテインメント
2016 年/日本/カラー112 分/5.1ch/ビスタサイズ
(C):Team『八重子のハミング』